このブログのオリジナルコンテンツ一覧

兄貴の娘がセックス好きだったので、色々以上に調教しちゃいました!


ネグレクトで「俺」のところに転がり込んできた、「姪」の「柑那(カンナ)」。
無邪気で騒がしいカンナは、実は経験豊富でセックス好きの淫乱少女だった。
それを知った俺は、長年思い描いていた特別な調教をカンナに施すことにした。
カンナとなら、夢でしかなかったそれができると思ったからだ。
・・・ピアスによる、不可逆調教。
カンナは嫌がりもせず、それを受け入れてくた。
部屋の一つは調教部屋となり、カンナも毎日の責めを楽しむ・・・。
そんな二人だけの、調教の蜜月が続き、俺たちは二人だけで結婚式をあげることにした。
そして、カンナはやがて母となり・・・。

という、近親ラブラブ調教ものです。
SM、繩、性器ピアス、ボディピアス、ボテ腹、等があります。

続きを読む

嫁が子作りを始めたいと言ってきたので、寝取られ性癖を告白した7(ブロマガ転載禁止)

前回の話

典子は、イヤらしいスケスケのキャミソール姿のまま、男性の上にまたがっている。ショーツも脱がずに、ずらしただけの状態だ。
『ごめんなさい。本番はダメでしたか?』
典子は、うわずった声で言う。
「い、いや、それって、客が言うセリフじゃないの?」
男性客は、戸惑ったような感じで言う。それにしても、逞しい身体をしていると思う。大胸筋もクッキリと段差が出来るほど発達しているし、腕も三頭筋が蹄鉄のように盛り上がっている。

『そうなんですか? 私、勝手に入れちゃったから、イヤだったかなって……。勝手な事してすみません』
典子は、本気で謝っている感じだ。

「いやいや、謝る必要なんてあるはずないじゃん。俺は、メチャクチャ嬉しいしラッキーだよ。でも、ゴムしてないけど……。避妊は平気なの?」
心配そうに質問する男性。お客さんに心配されるなんて、不思議な感じだ。

『あっ、忘れてました……。ピル、まだ処方してもらってないです』
典子は、慌てて言う。
「マジで? ヤバいじゃん、抜くよ!」
男性は、慌てて典子から離れようとする。でも、典子は唐突に彼にキスをした。目を見開いて驚く男性。でも、典子は舌を使ってイヤらしいキスを始めた。対面座位で繋がったまま、イヤらしいキスをする典子……。息遣いはどんどん荒くなり、腰の動きもより激しくなっていく。男性は、典子と離れようとするのを諦め、自分からも舌を絡めていく。

もう、完全にセックスになってしまっている。典子もお客さんも、まだシャワーも浴びていなければうがいもしていない。サービスが良すぎるというレベルの話ではなくなっている。

『本当に素敵です。お客さんのおちんちん、固くて凄く気持ち良いです』
典子は、そんな事を言いながら腰をくねらせる。避妊の事など、飛んでしまっているようだ。
「ノリコちゃんも、メチャ名器だよ。絡みついてきて、すぐにイッちゃいそうだよ」
男性は、あまり余裕のない声で言う。僕は、初めてのお客さんに中出しされそうになっている典子を見て、イク寸前になっていた。ペニスをしごく手を少し緩め、イクのをコントロールしているが、気を抜くとすぐに出ちゃいそうだ。

すると、突然典子が、
『出来たよ~』
と、キッチンから戻ってきた。でも、オナニーをしている僕を見て、
『あらら、お楽しみ中なんだ。じゃあ、手伝ってあげるね』
と、言って僕の横に座った。そして、ペニスを握ってきた。
『もう、出ちゃいそうだね。でも、まだ一人目でしょ? 早すぎるんじゃない?』
典子は、そんな事を言う。そう言えば、今日は4人も接客をしたと言っていた。僕は、他の3人ともこんな風にしたのかな? と、不安に思ってしまった。そして、避妊の事を聞いた。
「安全日だったんだよね? 生で入れちゃってるけど、大丈夫な日なんだよね?」
僕は、すがるような気持ちで質問した。
『多分ね。でも、自信ないよ』
典子は、僕を挑発するように言う。僕は、出来ちゃったらどうするつもりなの? と、少し強い口調で聞いてしまった。

『そんな心配するなら、行かせるなって。ホント、勝手なんだから』
典子は、珍しくキレ気味に言う。確かに、言うとおりだ。僕には、典子を責める資格なんて一ミリもない。

『大丈夫だよ。ちゃんとアフターピルもらって飲んだから』
典子は、優しい口調で言う。僕は、ホッとした。でも、すぐに、
「それって、中に出されちゃったって事? 中に出されちゃったから飲んだんだよね?」
と、慌てて聞いた。
『フフ。さぁ? 見ればわかるんじゃなぁい?』
典子は、はぐらかす。そして、僕のペニスをしごき始める。僕は、すでにイキそうになっているだけに、出ちゃうよと情けない声を上げた。

『良いよ、いつでも出して。ほら、動画見てなよ。私がしごいてあげるから』
そんな風に言う典子。僕は、誘惑に勝てずに再び動画を見始めた。

動画の中では、お互いに褒めるような事を言い合いながら濃厚なセックスを続ける2人。本番行為は禁止なのに、典子は気にもしていないようだ。

『あっ、あんっ、ダメぇ、イッちゃう。イッても良いですか? 私ばっかり気持良くなって、ごめんなさい』
典子は、謝りながらあえぐ。かなり高まっているようで、イク寸前というのは間違いないようだ。

全くの初対面の男性客と、生性交している……。しかも、メチャクチャに感じている。僕は、典子が僕を喜ばせよとしているだけとは思えなくなっていた。

「ヤ、ヤバい、出そう、出るっ! 抜かないと!」
慌てる男性客。でも、典子はなまめかしく腰を動かし続けている。
『イッちゃうんですか? コンドームしてないですよ。赤ちゃん出来ちゃうかも。孕ませてくれるんですか?』
典子は、男性にイジワルするような口調だ。男性は、オタオタしながらも興奮が増したようで、歯を食いしばるようにして耐えている。

『ほらほら、イッちゃえ。いっぱい出しちゃえ!』
典子は、そんな事を言いながら腰の動きを加速していく。
「ダ、ダメだって、出るよ、出ちゃうから!」
男性は、なんとか典子を押しのけようとしている。でも、典子はさらに動きを加速するばかりか、男性客にキスをして、さらに指で男性の乳首も触り始めた。

男性は、キスをしながらうめく。そして、何かモゴモゴと言っている。でも、典子の舌が絡みついていて、言葉になっていない。
すぐに、男性客はうめいて身体を震わせた。
『キャッ。あぁ、気持ち良い。すっごく熱いです。ドクンドクンってしてます。お兄さんのおちんちん、めっちゃ気持ち良いです』
典子は、うっとりとした顔で言う。そして、もう一度キスをし始めた。中に出されながら、濃厚なキスをする彼女……。典子は、僕の妻のはずだ……。

すると、僕のペニスをしごく典子が、僕のペニスの根元をギュッと握って絞め始めた。
『明憲は、まだイッちゃダメだよ。お楽しみはこれからなんだから』
典子は、そんな風に言う。そして、ペニスをまったくしごいてくれない。イキそうになっていたところで宙ぶらりんにされ、僕は切なくてもどかしかった。

動画の中では、典子が舌を絡め続ける。そして、長い時間キスをした後、
『こんなに沢山出されたら、本当に種付けされちゃったかも』
と、イタズラっぽく言う。
「ゴ、ゴメン。溜まってたし、ノリコちゃんエロすぎるから……。どうしたらいい?」
すっかりと怯える男性。でも、典子は笑顔で、
『なにもしなくて良いですよ。だって、私はヘルス嬢ですから。出来ちゃっても、自己責任ですよ~』
と、言った。そして、なにも言われていないのに、男性客のペニスをお掃除フェラし始めた。なまめかしく動く舌。そして、大きく口を開けて口内に納めてしまう。
シャワーも浴びていない上に、さっきまで典子の膣中に入っていたペニスだ……。典子は、まったく気にしていないような感じで男性客のペニスを清めていく。

「そうなんだ。でも、悪かったね。気持良すぎて我慢しきれなかったよ」
『良いんですよ。私も我慢出来なかったんだから。もう、出来ちゃっても良いから中に欲しいって思っちゃったんです』
典子は、可愛らしい口調で言う。その言葉に、男性客はテンションが上がったようだ。
「シャワーもまだだったね。どうする? 今さらだけど浴びる?」
男性客は、落ち着いた口調で言う。イッた事で冷静になったような感じだ。
『帰る時で良いんじゃないですか?』
典子はそんな風に言う。
「え? 終わりじゃないの?」
『まだ30分もありますよ。もう1回……2回は出来るんじゃないですか?』
典子は、甘えた声で言う。
「良いの? 中出しまでさせてもらったのに、まださせてもらえるの?」
男性客は驚いている感じだ。
『私がしたいんです。だって、お兄さん凄く素敵な身体してるから……。まだうずいてます』
典子はそう言うと、男性のペニスをくわえてフェラチオし始めた。今度は、お掃除フェラではなく強制的に勃起させようとしている感じのフェラだ。
「ノリコちゃん、マジでエロいんだね。でも、大丈夫? 体力保つの?」
男性客は心配そうに言う。
『わかんないです。だって、今日が初日だもん。でも、うずいちゃうんだから仕方ないでしょ?』
典子は、そんな風に言う。僕を喜ばせるためなのか、自分自身の快感のためなのか、まったくわからない。

「じゃあ、たっぷり気持良くさせてやるか。ほら、ケツ向けろ」
男性は、急に命令口調になる。すると、典子はうわずった声ではいと返事をして、男性にお尻を向けて四つん這いになる。男性は、典子のショーツをはぎ取るように脱がせた。
さっきまでの優しい雰囲気は消えて、サディスティックな感じになっている。でも、典子はショーツをはぎ取られている時も、潤んだような目で男性を見つめている。

すると、僕のペニスを手で絞めつけている典子が、
『あんな風にされて、キュンってしちゃったんだよ。私、乱暴にされるのが好きみたい』
と、耳元でささやいた。僕は、典子に乱暴にした事はない。と言うか、性格的に出来ない。いつも、気を使いすぎなほど気を使ってしまう。


男性客は、
「よし、拡げてみろ」
と、命令する。典子は、興奮に震える声で返事をし、両手の指でアソコを拡げ始めた。
「ザーメン、あふれ出てるぞ。もっと出してみろよ。ほら、力入れろ」
男性はさらに命令する。典子は、力み始めた。すると、典子のアソコからザーメンが流れ出てくる。それは、ベッドの上に垂れていく。
「スゲぇな。これじゃ、孕んだかもな」
男性は、そんな風に言う。典子は、その言葉に身体をビクッと震わせた。

男性は、その立派なペニスを典子の膣口に押し当てる。そして、上下に動かしてこすりつける。
『ウゥ、あぁ、固いです。欲しい。早く入れて下さい。もう、我慢出来ないよぉ』
典子は、切なげな声を上げる。欲しくて仕方ない……。そんな口調だ。でも、男性は黙ってこすり続けるだけで、入れようとはしない。
典子は、四つん這いのまま腰を男性の方に押しつけるように動かす。なんとかペニスを入れようとあがいている感じだ。でも、男性は腰を引いて入れさせない。
「エロい女だな。そんなにチンポが欲しいのか?」
男性は、役に入り込んだように芝居がかった言い方をする。普段、こんなプレイをしているんだろうなと感じる。

『欲しいです。イジワルしないで。おチンポ下さい。ノリコのオマンコに、お兄さんのぶっといおチンポ入れて下さい』
典子は、泣きそうな声で言う。僕は、典子のその言動に興奮しすぎて涙まであふれてきた。そして、射精しそうになっている。でも、典子がギュッと握っているので、強制的に射精が止められている感じだ。

『フフ。ビクンビクンってなってる。出したいの? 私がお客さんと本番してるのに、興奮してるの?』
典子は、いじめるように言ってくる。僕は、何度もうなずいた。
『まだダメだよ。ほら、ハメちゃうよ。ちゃんと見てないと』
典子は、笑いながら言った。

僕は、イキたくてもイケないもどかしさの中、画面に目を戻す。典子は、なんとかペニスを入れようとあがいている。はしたない姿……まるで、発情期の動物のようだ。

「そんなに欲しいのか?」
『欲しいです。おチンポ欲しいです!』
典子は、叫ぶように言う。すると、男性はイキなりペニスを押し込んだ。一気に根元まで押し込んだ男性……。典子は、のけ反って完全に天井を見上げている。
『んおぉオオッ! イッちゃったぁ、おチンポ奥に届いてるぅ』
典子は、快感に震える声で言う。僕は、典子がこんなにも淫乱だったとは知らなかった。……僕では、典子の本性を引き出せなかっただけなのかもしれない。

「よし、自分で腰振れ。この淫乱!」
男性は、典子のお尻を叩く。
『ヒィッ、ウゥ、もっとぶってぇ』
典子は、震える声で言う。そして、腰を振り始めた。四つん這いでバックの体位なのに、典子は夢中で腰を振る。みるからに動かしづらそうなのに、必死で動かしている。
『気持ち良い、おチンポ気持ち良いです。こんなの初めてなの』
典子は、気持ち良さそうにあえぎながら腰を振り続ける。
「スゲぇな。マジで、風俗が天職だな」
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

9月22日 オリジナルの体験談 新作アップ情報

すごく抜ける寝取られ体験談や萌えた体験談の更新分です。
・出張から3ヶ月ぶりに帰ると、嫁が優しく淫乱に変わっていた6
エッチで萌えた体験談厳選ブログの更新分です。
・姉さん女房の妻に、友人とのセックスをお願いした結果 完
アブノーマルな動画やマンガと体験談の更新分です。
・年上の嫁を寝取ってもらうために、友人のアレを型取ってディルドを作った3
エッチな体験談や萌えた体験談ブログの更新分です。
・恥ずかしがりで清楚な嫁が、調教されて鈴の音でイク女に変えられていました5
NTR使える寝取られサイトの更新分です。
・少女のように純真な嫁が、お尻丸出しでソファで失神していた2
すごくエッチな寝取られ体験談と萌えた体験談の更新分です。
・妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2
人妻の官能的な体験談~不倫・寝取られ~の更新分です。
・隣から毎日聞こえてくる若妻のあの声

じゃあ先輩(♂)が彼女になってくださいよ!


先輩(♂)彼女(仮)
「じゃあ先輩が彼女になってくださいよ!!」
綺麗で優しい先輩は、俺にとって憧れの的。
気になってしょうがないけど、先輩は紛れも無く男…。
そんな心のモヤモヤが思わず口から溢れてしまった!

「彼女(仮)」になった先輩にあれやこれやのおねだりを!
引き締まった身体に大きなお尻、そしてだらしなく蕩けた顔…。
もう性別なんて関係ない!いや、むしろ…!


後輩視点で物語は展開します。
Hシーンは
女子制服、黒タイツ、剣道着、男子制服、競泳水着、
エロレオタード、マイクロビキニ、セクシーランジェリー、全裸
です。

続きを読む

年上の嫁を寝取ってもらうために、友人のアレを型取ってディルドを作った3(ブロマガ転載禁止)

前回の話

私は、自分でも信じられない思いだった。手も触れず、しごいてもいないのに射精してしまう……。私は、自分がどれほど興奮状態だったのかと驚いていた。

嫁は、確かに本物の巨根に犯されたいと叫んだ。そして、彼女は床にへたり込むようにして女の子座りをしている。床から生えている秋雄のディルドは、ほぼ全部が嫁の膣内に消えている。

『イッちゃったの? 触ってないよね?』
嫁は、トロンとした顔のままそんな事を言う。驚いている感じだが、それ以上に快感でとろけているみたいだ。

私は、黙ってうなずいた。そして、
「気持良かった?」
と、興奮したままの気持ちで質問した。
『うん。凄かった……。すごすぎて怖かった』
嫁は、いつもの強気がウソのように、弱気な顔で言う。
「その……。本当にしてみたいの?」
私は、緊張しながら質問した。
『え? してみたいって?』
嫁は、キョトンとした顔で言う。本当にピンと来ていないような顔だ。
「ほら、巨根の人と……本物と」
私は、怒られるんじゃないかとビビりながら言った。
『そ、そんなわけないじゃん。バカじゃないの!』
嫁は、ムキになったような感じで言う。
「でも、さっき言ったでしょ?」
私が指摘すると、顔を真っ赤にしながら、
『言ってない! わけわかんなくなってたから、覚えてない!』
と、言った。私は、それ以上言えなくなってしまった。

『……ほら、続けるよ。まだ出来るでしょ?』
嫁は、ゆっくりと立ち上がりながら言う。ディルドが抜ける時、嫁は何とも言えない悩ましい声をあげた。そして、床に生えているディルドを見て、
『なにこれ……。なんか、生々しいね。こんなのどこで買ったの?』
嫁は、怪訝な顔になっている。でも、目は好奇心で光っているようにも見える。私は、曖昧に誤魔化した。

『ふ~ん。じゃあ、どうする? もう一回入れる? 出しちゃったみたいだけど、続けて出来る?』
嫁は、ベッドに寝転がりながら質問した。私は、さすがに射精したばかりで、続けては無理だと答えた。

『じゃあ、回復するまで雄太がしてよ』
嫁は、モゴモゴと恥ずかしそうに言う。私は、いじわるな気持ちで、
「どのオモチャ使えばいいかな?」
と、質問した。すると、嫁はさらに顔を赤くしながら、
『ど、どれでもいいよ。好きなの使いなよ』
と、言う。私は、最初に使ったMサイズのディルドを手に取った。
『それ使うの?』
嫁は、わかりやすく不満そうだ。私は、秋雄のディルドも手に取りながら、
「こっちがいい?」
と、質問した。
『べ、別に。どっちでも同じだよ』
嫁は、強がりを言う。私は、Mサイズの方のディルドを嫁のアソコに押し当てた。
嫁は、不満そうな顔を見せたが、Mサイズのディルドが入っていくと、
『うぅあぁ、こすれてるぅ』
と、とろけた声をあげ始めた。私は、こんなオモチャで感じてしまう嫁を、複雑な気持ちで見ていた。私よりも太いオモチャ……。明らかに、私のペニスを入れた時よりも反応がいい。

私とするよりも感じてしまう嫁……。オモチャにすら勝てないのかと思うと、悲しい気持ちになる。でも、私では与える事が出来ない快感にあえぐ嫁を見るのは、信じられないほどに興奮する。

私は、リズムよくディルドを動かし続けた。嫁は、最初は控えめにあえいでいたが、私が奥に押し込んで子宮口を刺激し始めると、
『ダメッ! 雄太っ、ダメぇっ! そこダメなの、気持良くておかしくなっちゃうっ!』
と、激しくあえぎ始めた。私は、のけ反りながらあえぎ続ける嫁を見て、秋雄とセックスをしたらどうなるのだろう? と、そんな想像ばかりしてしまった。

私は、いったん動きを弱くした。そして、秋雄のディルをも手に取り、嫁に握らせた。
「どう? やっぱりこっちの方がいい?」
私は、そんな風に質問した。
『そ、それは……』
口ごもる嫁。私は、口ごもる嫁に無性に興奮してしまった。やっぱり、大きい方が気持ち良い……。きっと、嫁に関してはそうなのだと思う。女性によっては、巨根が痛い人もいると思う。でも、嫁は奥が本当に気持ち良いようだ……。
嫁は、口ごもりながらも秋雄のディルドをしごくような素振りを見せている。無意識でそうしているのかもしれないが、とても物欲しそうに見える。

「じゃあ、こっちのは捨てていいの?」
私は、嫁の弱気な姿を見て、いつもとは違い強気な感じで聞く。
『ダ、ダメ、もったいないよ』
嫁は、慌てている。私は、ゆっくりと嫁の膣中のMサイズのディルドを引き抜いた。
『うぅっ』
思わずうめく嫁。私は、すぐに秋雄のディルドを膣口にあてがった。
「欲しいんでしょ?」
そろそろ怒られるんじゃないかとドキドキしながらも、私はそんな風に言ってみた。
『……うん。欲しい……。入れて』
嫁は、焦れた顔で言う。私は、ゆっくりと秋雄のディルドを押し込んでいった。実際に、秋雄のペニスが入っていくところをイメージしながら、ゆっくりと押し込んでいった。
『拡がってる。あぁ、太いよ、大きすぎるぅ』
嫁は、気持ち良いと言うよりは戸惑っているように見える。さらに押し込んでいくと、強い抵抗を感じる。嫁の膣は、締まりが良いと思う。私は、いつもすぐにイッてしまうくらいだ。

ディルドが、突き当たる感じになる。でも、私はさらに押し込んでいく。
『うぅっ、当ってる、子宮潰れてるぅ』
嫁は、気持ち良さそうに声を震わせる。私は、さらにディルドを押し込んでいった。
「気持ちいい? 大きいおチンポ、気持ちいいの?」
『気持ちいいっ。このおチンポ、本当にすごいの。入れてるだけでイッちゃいそうになるのっ』
嫁は、泣きそうな顔で私を見つめる。私は、嫁にキスをした。すると、嫁の舌が勢いよく飛び込んできて、私の口の中をメチャクチャにかき混ぜる。こんなに激しいキスは、初めてだと思う。

私は、嫁と激しく舌を絡めながら、ディルドを動かし続ける。嫁は、私にしがみつくように抱きつきながら、キスを続けている。

『雄太、イクっ! 気持ちいいっ! おチンポ気持ちいいっ!』
嫁は、卑猥な言葉を口にしながら高まっていく。
「欲しいんだろ? 大きなおチンポ欲しいんだろ? 本物がいいんだろ!?」
私は、叫ぶように言う。
『ほ、欲しいっ! おチンポ欲しいっ! 本物が良いのっ!』
叫ぶ嫁。私は、秋雄に抱かれる嫁のイメージでいっぱいだった。そして、嫁は激しく身体を震わせながら果てた……。

『……変な事言わせるなよ。バカ……』
嫁は、すねたように言う。可愛いなと思いながらも、秋雄と実際にセックスをする日は近いなと思った。

そして、私は次のステップに移行した。息子を実家に泊りに行かせた金曜日の夜、秋雄を自宅に招いた。
「こんばんは。ご無沙汰です」
秋雄は、涼しい顔で嫁に挨拶をする。嫁も、機嫌良く挨拶をしている。私は、1人でドキドキしていた。オモチャとはいえ、嫁はすでに秋雄のペニスを経験している……。激しくあえぎ、何度もイッてしまっていた。

そして、軽く食事をしながら飲み始めた。
『へぇ、まだ独身なんだ。どうして?』
嫁は、不思議そうに質問する。確かに、秋雄は結婚相手にするには、条件が良い方だと思う。ルックスも悪くないし、腹も出ていなければ頭も薄くなっていない。なによりも、話が面白い。

「なかなかいないんだよね~。美冬ちゃんみたいなイイ女ってさ」
褒める秋雄。でも、嫁は”はいはい”と言って取り合わない。確かに、嫁は美人と言い切れるようなルックスではない。身体こそエロくて100点だと思うが、顔は、まぁ平均だ。

「あとさ、アレの相性が合う子がいないんだよね」
秋雄は、早くも仕掛けてきた。私は、生唾を飲み込んでなりゆきを見守った。
『え? アレって?』
ポカンとした顔の嫁。秋雄は、軽いノリで、
「エッチの。なんか、痛がる子が多くてさ」
と、言った。
『痛がるって、アンタが下手なんじゃないの?』
小馬鹿にしたように言う嫁。下ネタに、抵抗はないようだ。
「そんな事ないって。大きさが合わないだけだし」
『またまた~。ちゃんと丁寧にしないから、痛がるんだよ。どうせ、すぐに入れちゃうんでしょ?』
嫁は、ビールで酔っているせいもあるのか、下ネタを話している。私は、それだけでもドキドキしていた。嫁が、他の男と話をする……。そんな光景を見る事自体が少ない。しかも、下ネタだ。私は、それだけで嫉妬してしまっていた。

おかしなものだと思う。私みたいに独占欲の強い男が、寝取られ性癖を持つ……。まるで、矛と盾だ。

「そんな事ないって。めっちゃ前儀するし。ちゃんと指でほぐしたりもするから」
少しムキになっているような感じの秋雄。でも、それは演技だと思う。次の展開を考えての言動のはずだ。

『そんなに大きいって事? でも、痛いくらい大きいなんて、嘘くさいな~』
嫁は、端から信じていない口ぶりだ。
「じゃあ、見る? 見ればわかるし」
秋雄は、トントン拍子に話を持ってきた。
『そんなのいいよ。見ても仕方ないでしょ? 私が見たところで、何も変わらないでしょ?』
嫁は、冷静に答える。確かに、言うとおりだと思う。でも、秋雄も引き下がらない。
「いや、そこまで言われたら見てもらわないと。なんか、悔しいし」
ムキになった感じで言う明雄。
『雄太、どうすればいい? 超セクハラ受けてるんだけど』
嫁は、困ったように質問する。
「別に、見るくらい良いんじゃない?」
私は、声が震えるのを必死で抑えながら言った。
「ほらほらっ! 旦那がOKって言ってるんだから!」
雄太は、たたみかける。
『なに? そんなに見せたいの? それなら、電車とかで見せれば良いじゃん』
嫁は、あきれたような顔で言う。

「そんなの、ヘンタイじゃん」
秋雄はそう言った。
『いや、実際ヘンタイでしょ。友達の嫁におちんちん見せたがるなんて、どう考えてもヘンタイじゃん』
嫁は眉間にシワを寄せて言う。
「でも、見てくれないと俺が嘘つきみたいになっちゃうでしょ」
秋雄は必死で言う。
「そうだよ。見るだけ見たら? もしかしたら本当かもしれないでしょ」
私も、そんな風にアシストする。
『ふ~ん。まぁ、そこまで言うならね。じゃあ、見せてみてよ』
私は、ガッツポーズを取るところだった。

「見て驚くなよ~」
秋雄はそう言って、さっさとズボンを脱ぐ。そして、パンツも勢いよく降ろした。
『わっ、本当に脱いだ! ……確かに大きいね。でも、痛いくらい大きいかな?』
嫁は、あまり興味が無いという感じで言った。でも、さっきから一度も秋雄のペニスから視線を外していない。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

★交際している彼氏に嫉妬して欲しくて企画参加


あひるさん OL
交際している彼氏に嫉妬して欲しくて企画参加
彼氏にもしてもらった事がないのに、
オ〇ンコの中出しで口内射精も体験


尻奥のGを攻められ人生初のア○ル絶頂を経験する事になったビッチな男の娘


手癖の悪い甥っ子が今では従順でビッチな男の娘
『ちぇ!なんだよあいつら…
昨日まではボクのメダルを羨ましがってたクセに
アイツがレアバッジ持ってきた途端に見向きもしない…。
悔しい! もっとレアなバッジが欲しいよ!!
そうだ!この前みたいに、あの優しいおじさんちに行って
お金貰ってこよーっと!』

近所に住む優しいおじさんの家に時々遊びに行っては
姑息な盗みを働くクソ○キ、裕樹くん。
いつまでもそんな事してたら、
変態オジサンにとんでもないイタズラ…
されちゃいますよ~?

尻奥のGを攻められ人生初のア○ル絶頂を
経験する事になった裕樹くんはもう後戻りできません。
おじさんの絶妙な指の動きに全身が更なる刺激を求め
イヤイヤながらも次々過激な行為も受け入れかわいいペ○スも泣き放題!
しまいには近所で遊んでたヤツらも迎え入れる始末…。

続きを読む

ショタに乗り輪姦されて…


子供の性玩具となったデカ乳妻は四つん這いで雌犬の如く扱われ、勃起した少年ナマペニスに穴という穴を塞がれると、終いには膣中にドロッドロのショタ汁を注入される。【脅迫中出し性交】マ●コ内を指と生ペニスで掻き回されてしまう。【玩具責め】裸の杏に跨がってお馬さんごっこする雄太。【雄太の遊び相手~中出しSEX】杏の口にチ●ポをねじ入れて更に大きくすると、そのまま本能で女性器に挿入して中出し童貞喪失。

泥酔させれば楽勝セックス~叔母編~


「もっとぉっ!もっと若いオチンチンっ…叔母さんにちょうらいぃっ!あはぁあんっ……!」

お正月の夜深く。居間にいるのは、泥酔して眠っている美人な叔母と従姉、そして、僕…。
これはすごいチャンスだ、でも…どうしよう…どっちにしよう…?
う~ん……

→叔母
従姉

「よし、叔母さん!君に決めた!!」

サークル「ソーラレイ」モーションコミックシリーズ第2弾!泥酔しきった親戚に、Hなイタズラ仕掛けちゃえ!大ヒット泥酔姦ADVゲーム、またもやsurviveが動かしちゃいました!
今回のターゲットは熟れはじめの豊満ボディーが魅力の叔母、「麻里子」さん!!
夜ごとに激しさを増すあなたのイタズラに、眠っていたはずの叔母さんもいつしか…!?

続きを読む

寝取られ電子書籍


強気な姉さん女房が寝取られ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
521位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
25位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ランキング

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 220

紹介文:ブロマガの体験談は、本ブログだけのオリジナルです。
他では読むことが出来ないものだけです。
姉妹サイトのNTR使える寝取られサイト、エッチな体験談や萌えた体験談ブログとは違い、アブノーマルな話だけを紹介します。

姉妹ブログとは違い、スカ、グロ、暴力、ゲイ、等々、一般受けを考えずに、好きに書いています。

また、このブロマガは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のブロマガは全て読むことが出来ます。また、月が変わっても、購入した月のブロマガはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、FC2より私へは一切通知されませんのでご安心下さい。
また、FC2ポイントは銀行振り込みやペイジー、コンビニ決済、銀行ATMで購入できますので、クレジットカードを利用しなくてもブロマガ購入できます。
※無断転載は禁止します。
筆者のブロマガ一覧です
http://netoraretaiken.com/
blog-entry-9059.html

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。