・このブログのオリジナルコンテンツ一覧

「PR」本ブログはアフィリエイト広告を利用しています

☆ブロマガコンテンツ更新案内

寝取られ体験談や萌えた体験談サイトの更新分です。
・妻が不倫相手を嫉妬させるために廻されていたー完ー
電子書籍を出版しました!
・僕の出世のために、部長のセクハラに耐える妻(kindle)
寝取られ・人妻作品レビューサイトの更新分です。
・夜な夜な響く、お隣の元ヤン若妻のあの声8
NTR使える寝取られサイトの更新分です。
・親友に、妻の身体よりも心を寝取って欲しいとお願いして2
アブノーマルな動画やマンガと体験談の更新分です。
・後輩に男の娘動画を見ていることがバレて
エッチで萌えた体験談厳選ブログの更新分です。
・タイで妻に内緒で性感マッサージを受けさせてみたら6
エッチな体験談や萌えた体験談ブログの更新分です。
・意地っ張りな嫁は、他人棒では感じないと言った4

【クレジットカード以外でのFC2ポイント購入の方法】

後輩に男の娘動画を見ていることがバレて(マガブロ 転載禁止)

「じゃあ、そろそろ帰るね。明日も早いし」
 まさみが、恋人の尚之に寂しそうに言う。尚之も寂しそうな顔で、
「そうだね、楽しかったよ。また明日ね」
 と答えた。まさみと尚之は、同じ大学の2年生と3年生だ。尚之の方が1つ上で、交際して一年ほど経つ。大学の中でも際立って美しいまさみと、男らしいイケメンだと言われることの多い尚之は、似合いのカップルだと言われている。
 今日は一緒にクライミングジムで汗を流し、軽くファミレスで食事をして別れた。筋肉質で体力もある尚之は、男性ホルモンのせいか性欲も強い。それなのに、まさみはどちらかというと淡泊なので、尚之は少し不満を感じている。


 そして、尚之は帰宅すると、シャワーを浴びてノートパソコンでSNSのチェックをしたり、今日の出来事を眺めたりしていた。最近の若者の例に漏れず、テレビをつけることはない。とりあえずテレビをつけるという事もないし、必ず見ている番組もない。テレビは、若者世代に関しては完全にオワコンになってきているようだ。
 尚之は、毎日確認しているSNSのアカウントを見始めた。それは、いわゆる女装系男子、男の娘のアカウントだ。最近はブームなのか、男の娘系のアカウントはとても多い。オナニーを見せたり、ディルドを使って疑似セックスをしたり、中には輪姦プレイをアップしているアカウントまである。
 尚之は、まさみという完璧に近い恋人までいるくらいなので、女性が好きというごく普通の性的指向を持っている。でも、このアカウント、ミルクちゃんの動画や画像にはどハマりしてしまっていた。
 小柄で可愛らしい雰囲気のミルクちゃんは、アイマスクというか、目と鼻の辺りだけを隠すマスクをして活動をしている。そのマスクも、穴が大きいので可愛らしい目は丸見えだ。ほとんど鼻しか隠れていないようなマスクで、けっこう過激なオナニー動画をアップしている。

 今日はピンク色のウィッグに、スケスケのキャミソールみたいなランジェリー姿だ。透けて乳首が見えていて、尚之はもう勃起していた。考えてみれば、男の乳首だ。興奮する物でもないはずだが、完全女装をしたミルクちゃんのその姿は、そっちの気がない男性も興奮するようななまめかしさがある。
 最近の女装男子のアカウントは、短い動画をアップしているが、続きを見るために有料サイトに誘導して会員になってもらうというビジネスモデルが確立してしまっている。ただ、ミルクちゃんはそんな事はしていなくて、SNSのアップ出来る上限の長さの動画をアップしていて、本編はアメリカのエロ系の動画アップ系のサイトにアップしている。
 動画を見ることに関しては、全て無料で出来るようになっていて、そんなところも尚之が気軽に鑑賞するようになった原因の1つだ。
 ただ、ミルクちゃんは課金行為はしていないが、買い物サイトの欲しいものリストはアップしている。ファンがそれを見て、ミルクちゃんの欲しいものを買ってあげているという状況だ。SNSでは、男女問わずよく見る行為だ。中には金券をリストに入れていたりして、口さがない人は乞食行為だと言って馬鹿にしていたりする。ミルクちゃんはそういう事はしておらず、ランジェリーやコスチューム、ディルドやバイブなど、配信に使うものしかリクエストしていない。尚之は、ランジェリーをプレゼントしたことがあるくらいには、ミルクちゃんにハマっている。

 尚之は、新しい動画がアップされているのを確認すると、ズボンとパンツを降ろしてオナニーの準備を始めた。ミルクちゃんは、いつもどおりに乳首を触り始める。余計なおしゃべりはなく、いきなりオナニーを始めるのがいつものスタイルだ。
 キャミソール越しに、小ぶりなペニスが勃起していくのはっきりと映っているが、薄いモザイクがかかっている。SNSの方の動画には、ペニスには薄いモザイクがかかっている。尚之は、すでにペニスをしごき始めた。ただ、勃起していく男のペニスを見て興奮することに、いまだに多少の恥ずかしさを感じているようだ。
「んっ、うぅっ、気持ち良い。乳首気持ち良い」
 可愛らしい声であえぐミルクちゃん。声も可愛らしいのが特徴だ。あまりに高くて女の子みたいな声なので、何か細工をしているのかなと思うほどだ。

 キャミソール越しに、乳首を触り続けるミルクちゃん。触り方も激しくなってきている。勃起したペニスはキャミソールを盛り上げていて、尚之は、そのペニスですら可愛いと思うようになっていた。その尚之のペニスは、ミルクちゃんの小ぶりなものと比べると、大人と子供くらいの差があるほど大きい。
 尚之は、大きなペニスを持っていることをそれほど良いことだとは思っていない。女の子によっては、痛がってしまってセックスが中断してしまうこともあるからだ。どれだけ念入りに愛撫をしても、そもそも膣のサイズとギャップがありすぎて、どうしても痛いと言われることもあった。
 今交際しているまさみは、痛がることはない。強い快感を感じてくれているが、まさみ自体はセックスには淡泊だ。まさみ曰く、感じすぎて疲れるからだそうだ。まさみに対して、ほとんど不満のない尚之だが、そこだけは不満を持っているようだ。

「気持ち良い。乳首気持ち良いよぉ」
 可愛い声であえぎながら、乳首をこすり続けるミルクちゃん。キャミソールをまくり上げ、小ぶりなペニスを剥き出しにする。薄いモザイク越しでも、先走りがダラダラと垂れているのがわかる。
「ダメぇ、イッちゃう、おチンポミルク出ちゃうっ」
 切羽詰まった声で叫ぶミルクちゃん。そのまま射精を始めてしまった。小ぶりなペニスから、驚くほど大量に精液が飛び出していく。ドクドクと何度も何度も精液を飛び散らせながら、とろけきった顔でうめいている。
 乳首への刺激だけで射精してしまう姿に、尚之は強い興奮を感じながらオナニーを続ける。そして、すぐにリンク先の動画サイトにも飛んだ。さっきの動画からの続きの動画が、すでにアップロードされていた。

 小ぶりなペニスから、精液が飛び出す瞬間から動画は始まった。モザイクのない動画なので、小ぶりなペニスが丸見えだ。仮性包茎で皮が余っているようなペニス……おちんちんと呼んだ方が良いようなペニスだ。毛は剃っているのかツルツルの無毛で、可愛らしさが強調されている。
「うぅあぁ、出ちゃった、おチンポミルク出ちゃった」
 可愛い声でうめくように言うミルクちゃん。尚之は、男の射精を見ながら夢中でオナニーをしているという事になる。飛び散った精液は、ほとんど全てがミルクちゃんの身体の方に飛び散っている。キャミソールに大量に降り注いで汚してしまっている状況だ。一部マスクで隠れているとはいえ、可愛い顔がほとんど見えている。ちゃんとメイクもしていて、濡れたような唇や、より大きく見えている瞳も可愛らしい。

 ミルクちゃんは、キャミソールに飛び散った精液を指ですくい取るように集めていく。そして、それを自分の口に持っていき、すすり取り始めた。自分の出した精液を口に含む……普通なら嫌悪感を覚えるような姿だ。可愛らしい顔で自分の精液を飲み干していくミルクちゃんを見て尚之は興奮しきっていて、射精感を堪えながらひたすらオナニーを続けている。
 そして、ミルクちゃんは無言でディルドを取り出した。そこそこ大きなディルド……熱っぽい目でそれを見つめている。ミルクちゃんは、それを舐め始めた。熱心に丁寧に舌を絡めていく姿は、女の子が本物のペニスをフェラチオしているように見える。

「おチンポ美味しい。オマンコうずいちゃいます」
 そんなはしたない言葉を口にしながら、大きく口を開けてくわえ込むミルクちゃん。小顔なので、ディルドが大きく見える。卑猥なランジェリー姿で疑似フェラチオをする姿に、尚之の興奮はさらに高まる。ミルクちゃんは、喉の奥までくわえ込み、涙目になりながらフェラチオを続けている。
「おチンポ欲しい……おチンポハメても良いですか?」
 カメラに向かって、媚びたように言うミルクちゃん。そして、くわえていたディルドを床に立てた。ディルドの底には吸盤がついているようで、固定されている。ミルクちゃんは、カメラに向かって背を向けてまたがっていき、腰を下ろしていく。
 すでにヌラヌラ光っているアナル周り。ワセリンが塗り込まれているようだ。ミルクちゃんは、お尻を突き出すようにしてカメラにアピールしていて、自分でアナルを左右に拡げた。
 まったく毛がなく可愛らしいお尻は、女の子のお尻のように真っ白で形も良い。お尻だけを見ていると、とても男性のお尻には見えない。細い指で拡げられたアナルは、色素沈着も少ない。ただ、微妙に形がいびつになっていて、少なからず拡張されているのがわかる。

 ゆっくりと腰を下ろしていくミルクちゃん。ディルドがアナルに押し当たるが、そのままさらに腰を下ろしていく。あっけなく、ディルドがアナルを押し拡げて入っていく。
「うぅっ、おチンポ気持ちいいっ」
 すぐにとろけた声をあげるミルクちゃん。そのまま腰を上下に動かし始めた。可愛い顔をしていても男なので、動きは力強い。最初からいきなり激しい動きだ。
「あっ、アンッ、気持ち良いっ、おチンポ気持ちいいっ」
 はしたない声をあげながら、あえぎ続けるミルクちゃん。尚之は、射精を堪えながらオナニーを続けている。
「欲しい……本物のおチンポで犯して欲しい。あぁ、ダメぇ、イク、イクっ、んおぉっ、イグッ」
 ミルクちゃんは、身体をのけ反らせながらガクガクッと震えた。強い快感を感じているのは間違いなさそうで、本物のペニスが欲しいと思っているようだ。このアカウントには、色々なオナニーの動画がアップされている。でも、今のところ男性とのリアルな絡みはない。

 ミルクちゃんは、身体の向きを変えて正面を見るような体勢になった。キャミソールはまくれ上がり、勃起したペニスが揺れている。小ぶりで可愛らしい見た目が、可愛らしい姿ととてもマッチしているようだ。
 ミルクちゃんは、そのまま腰を上下に動かし始めた。ペニスが縦に揺れ、尚之はさらに興奮した顔になっている。もしかして、自分はゲイなのだろうか? そんな疑念を持ちながらも、尚之はオナニーを続けている。最近の男の娘系のアカウントの増加は、驚くほどだ。必ずしも、男性が好きという性的指向の男性ばかりに支持されているという事ではないようだ。
 尚之は、ミルクちゃんのオナニー動画の影響で、オナニーをするときに乳首を触るようになっていた。大きなペニスをしごきながら、指先で乳首をこすり続けている。最初はさほど感じなった乳首も、今ではすっかりと感じるようになっていた。

「気持ち良い。おチンポ気持ちいいの。あぁ、中に出されたい。本物のおチンポに、種付けしてもらいたい」
 ミルクちゃんは、切なげな顔で言いながら腰を動かし続ける。ファン獲得のために言っていると言うよりは、本気で男性に犯されたいと言っているような表情だ。そして、腰を激しく動かしながら、両方の乳首を指でこすり始めた。
 あまりにもはしたなくて浅ましい姿だ。ただ快感を貪欲に追い求める姿に、尚之は興奮している。まさみには圧倒的に足りない部分だ。尚之は、常々もっとセックスに興味を持って欲しい、少しは淫乱になって欲しいと思っている。ミルクちゃんにハマったのも、そのあたりの圧倒的な違いがあるからかもしれない。

「気持ち良い。おかしくなっちゃう。おチンポ気持ちいいの。あぁ、イクっ、イクっ、おチンポミルク出るぅっ!」
 ミルクちゃんは、叫びながら射精を始めた。ペニスには一切手を触れていないのに、ドクドクと大量の精液が勢いよく飛び散る。ミルクちゃんは、そのアカウント名の通り射精の量が多い。大量のミルクをまき散らすのが人気のようだ。
 尚之は、本当に可愛らしい顔で射精をするミルクちゃんを見ながら、あっけなく射精を始めた。乳首を激しくこすりながら、大量の精液を射出する尚之……。快感が強すぎて、うめき声が抑えられていない。
 画面の中では、とろけきった顔のミルクちゃんが、まき散らした精液を指で集めて口に持って行っている。口の周りをドロドロにしながら、とろけた顔で画面を見つめるミルクちゃん。そのまま飲み干していき、舌で口の周りを舐めるような仕草をしている。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

・引退直前!渚みつきの青空ぶっかけファン感謝祭 素人男性たちを全力おもてなし!ザーメン抜きまくりツアー ごっくん・ぶっかけ・生中出し!合計35発



人生で一度くらいは…アイドル級の激カワ美少女とHなことがしたいと思ったことはありませんか?そんな妄想を叶える企画、渚みつきpresent!ファン感謝祭を開催します!【野外ぶっかけ】【1対1でエッチなお悩み相談】【中出し鬼ごっこ】…。ファンのみんなに喜んでもらうためにみつきちゃん自ら考えた数々の企画で、さらに「みつきに病みつき!」にさせちゃいます!熱くて濃ゆ~い精子と気持ちをみつきちゃんにぶつけられるのはここだけ!

僕の事が大好きな彼女は、僕を興奮させるためにネトラレた5(オリジナル 転載禁止)

前回の話

「キャッ、出た? フフ、出ちゃったの?」
 唐突に射精した僕に、ひまりは驚いた顔になった。でも、すぐに楽しそうな顔になる。僕は、射精の快感にうめきながら、本当に泊まりになるの? と聞いた。
「わかんないよ。でも、誘われたら断らないつもり。だって、もう好きになっちゃったから。東野さんのこと、好きだよ」
 ひまりは、真っ直ぐに僕を見つめながら言う。もしかしたら、今のこの状況は大きな分岐点なのかもしれない。ここでの決断が、僕とひまりの将来に大きな影響を及ぼすのかもしれない。


「どうする? 止める? 止めない?」
 ひまりは、恐ろしく無表情で聞いてくる。オナホは握ったまま、動かすのも止めている。僕は、オナホが動いていないのに射精しそうな感覚になっている。そして、止めないと答えた。泊まってきても良いと伝えた。
「そう言うと思った。真吾はドヘンタイだもんね」
 ひまりは楽しそうに笑った。無表情から笑顔に変わり、心底ホッとした。無表情で見つめられると、すごく怖い。
「どうする? このまま東野さんと付き合い始めたら。真吾は影に隠れる? それとも、別れちゃう?」
 ひまりは、挑発的な笑みを浮かべた。僕は、色々な言葉が頭に浮かんでくるが、何も言えない。でも、別れるなんてあり得ない。それだけは伝えた。
「そうなんだ。じゃあ、東野さんと結婚したらどうする? それでもずっと隠れたまま?」
 ひまりは質問しながらオナホを抜いた。引き抜かれた衝撃で、危うく射精するところだった。なんとか堪えながらひまりを見つめる。東野さんとひまりが結婚するなんて、考えたくもない。でも、それを想像すると、射精しそうなほど興奮してしまう。
「あれれ? 止めないの? フフ、本当にヘンタイなんだね」
 ひまりは楽しそうにからかう。僕は、うなだれるばかりで何も言えなかった。

「じゃあ、楽しみにしててね。エッチすることになったら、こっそり撮影しとくね。見たいでしょ?」
 ひまりは、からかうような、小馬鹿にするような言い方をした。それでも僕は、うなずいた。見たいと答えた。
「ドヘンタイ。ホント、真吾って信じられないくらいのドヘンタイだね。そんな真吾には、罰が必要だね」
 そんなことを言いながら、ひまりはペニスバンドを取り出した。まさか、こんなものを持って東野さんとデートしていたとは思っていなかった。
 あっという間に、ひまりはペニスバンドを装着した。すっかりと慣れたようだ。ショーツとブラだけの姿で、ペニスバンドがそそり立っている。小柄で童顔のひまりに、10インチディルドがそそり立っている。違和感しか感じない光景だ。
「フフ、物欲しそうな顔してるよ」
 ひまりは、ニヤニヤと楽しそうだ。僕は、ドキドキしながらペニスバンドを見つめてしまう。ペニスバンドを見た途端に、前立腺の辺りがうずき始めた。キュンキュンとうずいて、欲しいと思ってしまう。

「じゃあ、準備して。大っきなおちんちん、ハメてあげる」
 ひまりは、興奮した顔になっている。ペニスバンドで挿入しても、ひまりは気持ち良くないはずだ。それなのに、こんなに興奮しているのはどうしてだろう? ひまりは、少し目が血走っていると思うほど興奮しているようだ。

 僕は、四つん這いになった。お尻を高く上げ、ひまりに突き出す。この屈辱的な姿をすると、より前立腺がうずいてたまらない気持ちになる。
「欲しがりさんだね。エッチなお尻」
 そんなことを言いながら、ひまりが僕のアナルにローションとワセリンを塗りたくっていく。強引に指をねじ込まれ、腸内にも塗られていく。もう、これだけでも射精してしまいそうだ。指が前立腺に触れるたびに、女の子みたいな声であえいでしまう。
「可愛い声。ホント、お尻大好きだよね。私が他の人のこと好きになるよりも、お尻をメチャクチャに犯して貰った方が興奮するんじゃない?」
 ひまりは腸内に塗り込みながら、イジワルっぽく聞いてくる。何も答えられない僕を無視して、ペニスバンドを挿入してきた。すでにほぐされているので、あっけないくらいに簡単に入ってしまう。太すぎるカリ首が、ゴリゴリと前立腺をこする。それだけで、気持ち良すぎて牝声を出してしまう。

「フフ、可愛い声。良いよ、もっと声出して。メチャクチャに犯してあげる」
 ひまりは楽しそうに腰を動かし続ける。あまりの快感に、身体が痙攣したり硬直しながら、牝声であえいでしまう。もう、射精していないのにオルガズムに達したような感覚だ。
「ほら、乳首触ってみて。もっと気持ち良くなって」
 ひまりは興奮しきっている。僕は、指示どおりに自分の乳首を触り始めた。さらに快感が増し、気持ち良すぎて涙も溢れる。まさか、彼女にペニスバンドで犯されながら、自分で乳首を触るようなプレイをする事になるなんて、夢にも思っていなかった。
 僕の寝取られ性癖を刺激するために始まった、ディルドでのプレイ……それがエスカレートして、高山君に抱かせるところまで行ってしまった。その上、こんな風にひまりに責められるなんて、どこでどう間違ってしまったのだろう? 自分でも、よくわからない。

「ホラホラ、もっと声出して」
 ひまりは、さらに楽しそうに腰を振る。僕は、悲鳴のような声をあげながら、あっけなく射精してしまった。うめきながら射精を続ける僕……でも、ひまりは腰の動きを止めてくれない。もう、快感が強すぎて怖いくらいだ。止めてくれと言いながら逃れようとするが、ひまりはサディスティックに責め続ける。
 なんとか逃れようと身体を前に動かすが、ひまりは僕を寝バックのような体勢にして犯し続ける。すると、テコの原理が働くのか、ペニスバンドが前立腺を持ち上げるように強く当たる。快感が強すぎて、ほとんどパニック状態になってしまった。
「ほら、もっと! 声出してっ! オマンコイクって言って!」
 可愛い顔から、どぎつく下品なことを言う彼女。でも、僕はオマンコイクと叫びながらあえぐ。声に出すと、さらに快感が強くなる。もう、全身がオマンコになったみたいだ。

「可愛い。ほら、もっと鳴いてっ!」
 ひまりは、完全にSキャラになっている。女王様かと思うような態度だ。僕は、うめき声をあげながらお漏らしを始めてしまった。排泄ではなく、潮吹きの感覚。実際に、臭いはない。でも、とめどなく漏れ続けてしまう。
「シーツグチャグチャだよ。どうするの? こんなに漏らして」
 ひまりは、そんなことを言いながらさらに腰を動かし続ける。僕は、泣きながらもう許してくれと叫んだ。やっと動きを止めたひまり。強引に僕の顔を後ろに向けてキスをしてくる。僕の口内をメチャクチャにかき混ぜながら、
「気持ち良かった? もっと、ひまりに夢中になった?」
 と、聞いてくる。いびつな形だが、ひまりが僕の事を大好きだという事が伝わってくる。もっと夢中にさせたい……僕を夢中にさせるために、他の男と恋人になる。ひまりの方が、僕なんかよりも遙かにドヘンタイなんだと思う。

 そして、セックスが終わると、ひまりは甘えてじゃれてくる。さっきまでのサディスティックな顔は綺麗に消えて、甘えた女の子の顔に変わっている。
「ねぇ、好き? 嫌いになってない?」
 ひまりは不安そうな顔になっている。二重人格みたいだなと思いながらも、大好きだと伝えた。
「よかった……。東野さん、すごく優しいんだよ。話も面白いし、ドライブ楽しみ。真吾は、土曜日は何してるの? 浮気とかしちゃダメだよ」
 ひまりは、正気かと思うようなことを聞いてくる。自分は他の男とドライブデートに行くのに、こんなことを言ってくることが不思議だ。一日家にいるつもりだと答えると、
「真吾も来たら? たぶん泊まりになるから、宿に泊まれば良いじゃん。イチャイチャするところ、見せてあげたいな」
 ひまりは、とんでもない提案をしてきた。でも、その提案が良いなと思ってしまった。そして、久しぶりにバイクでツーリングに行くことにした。
「じゃあ、どこにいるかいっぱいメッセージ送るね」
 ひまりは、楽しそうに言う。複雑な気持ちはあるが、楽しみだと思ってしまった。

 そして、あっという間に土曜日が来た。仕事が忙しくてひまりに会えないまま、この日が来てしまった。とりあえず、僕も準備をした。一応、泊まりの準備もした。ひまりと交際し始めて、めっきりバイクに乗る機会は減っていた。休日はひまりとデートすることがほとんどだ。
 走り始めると、やっぱり楽しいと感じる。400ccのネイキッドバイクなので、乗るのは楽だ。ポジションもキツくないし、パワーもそこそこある。とりあえず、首都高速に乗って横浜の方を目指した。久しぶりに走る首都高速は、やっぱりちょっと怖い。流れが速いわりに、コーナーがキツい。なによりも、道路のつなぎ目がバイクだと怖い。
 そして、横浜から西湘バイパスを目指して走る。海が見えると、ますます楽しくなってきた。そんなに飛ばす方ではないが、やっぱりスリルもあるし爽快感がたまらない。一時、ひまりのことを忘れる。でも、スマホにメッセージが届いた。と言っても、高速を走っているので確認出来ない。
 気になりながらも走り続け、西湘バイパスに入った。そして、パーキングエリアで停まると、すぐに確認した。今、同じく西湘バイパスを走っているそうだ。でも、少し先を走っていて、このままターンパイクを経由して、展望台まで行くそうだ。そこで昼を食べる予定だと書いてある。

 僕は、トイレを済ませると、すぐに走り出した。ちょっとだけペースを上げて、ターンパイクを目指す。ターンパイクに入ると、さらにペースを上げた。正直、楽しい。速度はけっこう超過してしまっているが、ターンパイクは道も良いしコーナーもそれほどキツくない。
 テンションを上げながら走っていると、ひまりから教えてもらっていた東野さんの車を見つけた。コンパクトなSUVで、色が独特なので一発でわかった。一車線なので追い抜くこともなく、少し離れて後ろを走る。
 薄いスモーク越しに、なんとなく人影もわかる。たったこれだけのことなのに、猛烈に嫉妬してしまった。少しそのまま走ると、車がウィンカーを出しながら減速した。譲ってくれたみたいだ。
 追い抜きながら、チラッと車内を見た。すると、笑顔のひまりが見えた。ひまりは、僕に気がついたかどうかはわからないが、笑顔だった。ひまりが、他の男と二人きりでドライブをしている……それを目の当たりにして、心臓がドキドキしてしまう。

 そして、展望台の所に到着した。バイクを停め、メットを脱いでレストランの建物の所に移動した。少しして、東野さんの車が入ってきた。ひまりは、何か話をしながら笑顔だ。東野さんも楽しそうに笑っている。実に優しそうな笑顔だ。

 車を停め、二人はこっちに歩いてくる。すると、ひまりが彼の手を握った。一瞬戸惑ったような感じになった東野さん……でも、嬉しそうな笑顔になった。そのまま楽しそうに話ながらこっちに来る二人。ひまりは、僕を見ることもなく横を通り過ぎていく。
 もう、止めてくれと叫びたくなった。僕は、そっと後をつける。二人は、とりあえず展望台に向かった。本当に楽しそうに歩いていて、ずっと手を繋いだままだ。もう、付き合っているみたいな感じがしてしまう。

 二人は、展望台でスマホで撮影をしている。お互いに取り合ったり、一緒に自撮りをしている。仲の良いカップルにしか見えない……。僕は、何をしているのだろう? 愛する彼女の浮気デートを見ながら、嫉妬している。それだけではなく、興奮もしている。どう考えても、まともではないことをしていると思う。
 二人は、ブランコで遊び始めた。ひまりは無邪気に楽しそうに笑っている。こんなに楽しそうに笑う彼女を、久しぶりに見た気がする。僕は、このまま消えた方が良いのかな? と思ってしまった。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

・夏・田舎帰りのお手伝い



仕事がうまくいかなくなった夫とともに帰省した田村さち(旧姓:篠原)

地元にパート先はほぼ無くどうしようというところに
元教師・岡元哲也からの提案で家政婦として働く事になる。

暑い夏の田舎で汗でぴったりとした豊満な体を無自覚に晒すさちに
思わず視線が行ってしまう岡元。

次来るまでに着替えをもってくるようにと指示したものの、
翌日畑仕事で汚れたさちは、岡元のシャワーを借りざるを得なくなる。

シャワーを貸している間、着替えの入った荷物を持ってきた岡元はさちの下着を思わず手に取り、思わずシャワー中のさちを襲ってしまう。

今まで溜まっていた欲望をさちにぶつけ、潮を吹かせ激しく中出しをする。

もうさちは家政婦としてやってくることはないだろうと思っていたのだが――

夏・田舎帰りのお手伝い


夏・田舎帰りのお手伝い

巨根中年サラリーマンに連続ガン突きされ息が出来なくなるほどイキまくる妻



中年のサラリーマンの男性とお会いした時の第一印象は、物静かな少しモサッとしたサラリーマンと言う印象のみ。
正直なところ あぁ〜 
妻を満足させる事、妻ががっつりイカされる様なプレイは見れないだろうなぁって思っていた。。。
妻が先にシャワーを浴びに行く
夫の私は撮影する為の機材の準備を進めながら
お相手の男性と非日常会話・・・
男性から『NG事項や希望など教えて頂けますか?』っと
私は期待もしていなかったので
特に希望はないけど 痛い汚いはNGだし
内容はお任せでと伝えた。
男性は『プレイの時間なども任せてもらっていいですか?』っと

・催●娘と天然ママ



真面目な女子校生・葵。
付き合いたての彼氏とのファーストキスの翌日、
目の前に怪しいおじさんが現れて……!?

催●アプリモノです。

流されやすい葵のママ、優子も登場。

催●娘と天然ママ

・夏日5



夏日4からの続編になります。(主人公:常盤薺/ときわなずな)

二人の不倫関係が続く中、ついに薺は奥さんの居ない間に自宅へやってくる!
そして…夫婦の空間を背徳する、上書き中だしSEXが始まるのであった…

夏日5


夏日5

Kindle新作です 僕の出世のために、部長のセクハラに耐える妻 136



僕の出世のために、部長のイヤらしいセクハラにも笑顔で対応してくれる妻。

あまりに不甲斐なく、申し訳ない気持ちで日々過ごしていたが、妻は優しく気にしないでと言ってくれる。

その期待に応えるために、がむしゃらに頑張る日々。

ある日、自宅のソファに見慣れない電子タバコが落ちていることに気がついてしまい……。

「何だそれ。もしかして、今日はずっとそれ穿いてたのか?」
「そうだよ。まこととのデートの時も、これ穿いてたの」



可愛いと思っていた後輩は、寝ている俺にとんでもないイタズラをしていた。

女の子かと思うような可愛い顔、彼女を作らない理由は俺だった。

男の娘の後輩との真剣な恋愛、でも、どうしても元彼のことも気になってしまう。

そして、どうしても試してみたいことがあった。俺より大きなものを体験しても、気持ちが変わらないかという事を……

寝取られ系ですが、今回は男の娘とのお話です。大幅に加筆しています。


《アマゾンKindle内の私のページです。新作がどんどん増えています!》

・妻の連れ子の入浴中に〜いつでも抱ける義理の娘に連続種付け〜



連れ子のすみれを密かに女性として意識している義父の武海。

これまですみれの母、由美子の再婚相手として良き父親を演じて来たが、すみれの若さ溢れる豊満な身体を前に、もう我慢の限界だった。

狂おしい程に募るすみれへの想いと激しい性欲から、武海はある計画を企てる。

それは由美子の居ない間に、すみれを浴室で襲うという卑劣なものだった。

浴室であれば、すみれは裸…逃げられない。

卑しくもそれを好都合だと考えた武海は首尾良く、狡猾な段取りで浴室押し入り、遂にすみれを襲ってしまう…

ドス黒い目的を果たした丁度その時…思いがけず妻、由美子が突然帰って来た。

絶体絶命のピンチをすみれのおかげで逃れた武海。
自責と後悔の念を抱きながら、真夜中にすみれの部屋へ…。

土下座して詫びる武海に、すみれは思いがけない言葉を返して来る…。

驚く武海…。

しかし数日後…更に驚くべき告白を聞くことになろうとは、その時武海は夢にも思わなかった…。

妻の連れ子の入浴中に〜いつでも抱ける義理の娘に連続種付け〜


妻の連れ子の入浴中に〜いつでも抱ける義理の娘に連続種付け〜

男の新ドライオーガズム 夢のM性感痴女『北川エリカ』編 初公開!


巷の痴女M性感店で最近マゾ傾向の低い男性でもドライオーガズムや男の潮吹きに興味があるといいます。同時に、風俗店勤務ではない女性でも男性をドライオーガズムに導いてみたい、興味がある、という一般女性も存在するようです。そんな男女のために、今作品は疑似M性感店という形で、ドS女性による男性をオーガズムに導く過程をお見せします!本編シーンに加え、初公開の撮り下ろし映像を収録したスペシャルエディションです!

寝取られ電子書籍

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
237位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
16位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

電子書籍出版情報

本を出しました

2話収録です

2話収録です

2話収録です

ハード系です

新刊です

姉さん女房です

新刊です

新刊です

バッドエンド


ランキング

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:マガブロの体験談は、本ブログだけのオリジナルです。
他では読むことが出来ないものだけです。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。
なお、規約の変更などにより、予告なく削除されることがございます。
大変にお手数ですが、webページの保存などをしてください。
※以前購入されたブロマガが削除により購読出来なくなった方は、読めなくなった作品のタイトルをメールにてお知らせ下さい。個別で対応いたします。
netorarezuki@gmail.com

購読していただいた方の情報は、FC2より私へは一切通知されませんのでご安心下さい。
また、FC2ポイントは銀行振り込みやペイジー、コンビニ決済、銀行ATMで購入できますので、クレジットカードを利用しなくてもブロマガ購入できます。
※無断転載は禁止します。
筆者のマガブロ一覧です
http://netoraretaiken.com/blog-entry-9059.html

【クレジットカード以外でのFC2ポイント購入の方法】
http://abtaiken.com/blog-entry-3215.html

現在、VISAカードでの決済がしづらいようです。VISAカードは、アダルト系のサイトでの決済に使えなくなっているようです。楽天カードが年会費無料で、JCBやMasterカードで作れます。すでに楽天カードを持っていても、2枚目をJCBやMasterカードで無料で作れます。

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

PRエリア