カテゴリー  [ アブノーマルなオリジナル体験談 ]
次ページ ≫




・このブログのオリジナルコンテンツ一覧

スーパー銭湯でパートしている嫁が、セクハラされていた7(オリジナル 転載禁止)

前回の話

俺は、この男のやっていることを見て少しホッとする気持ちもわいてきた。多分、この男は嫁をただのセフレくらいにしか思っていない。失神した嫁のこんな姿を撮影し続けるなんて、愛情があるなら出来ないはずだ。さっきも失神した嫁をオナホ代わりにしていたし、顔に精液をかけていた。

動画で見る限り、嫁はこの男にかなりの好意を持っている。恋愛感情と言っても良いかもしれないくらいの気持ちだと思う。俺は、この男も嫁に恋愛感情を持っていたら、かなりの脅威になるだろうなと思っていた。でも、それがなさそうだとわかり、心底ホッとしている……。


男性は、ひたすら嫁を撮し続ける。普段の隠し撮りの画像と違い、動きもあるし秘部のドアップもある。俺は、こんな酷いことをされている嫁が可愛そうと思いながら、動画を凝視し続ける。

アナルから垂れ流れてくる精液……。男は、嫁のアナルを指で拡げたりもしている。ただでさえ穴が空いたようにぽっかりと広がっているアナル。指で拡げたことでさらに精液が溢れてくる。
男性は、嫁の膣に入ったままのディルドを握って動かし始めた。嫁は、意識がまだ戻らず、身動き一つしない。男性は、ディルドが出入りするところをアップにして映し続ける。画面いっぱいに嫁の秘部が映っていて、俺はどうしたら良いのかわからなくなってしまう。

男性は、時折嫁の顔も映す。精液まみれのまま、目を閉じている嫁……。不思議なほど美しく感じてしまう。他人の精液まみれの顔が、美しいわけはないと思う。でも、俺は興奮しきっているし、激しく勃起もしてしまっている。射精したばかりでも、鉄のようにカチカチになってしまっている。

俺は、判断に迷っていた。どうするべきか。こんな風に、ホテルでセックスをしてしまうのは不倫としか言えないと思う。でも、職場のスーパー銭湯でセックスまでしてしまうのも、考えてみれば不倫だ。
俺は、嫁を止めるべきなんだろうと思う。当然、夫としては、嫁を止めてこの男にも制裁を加えるべきなんだと思う。でも、俺は結局またオナニーを再開してしまった。

嫁が、狂ったように感じていた姿。本当に、死んでしまうのではないか? そんなレベルであえぎまくっていた。そんな姿を、もっと見てみたい……。そして何よりも、俺自身も久美さんとの関係を継続したいと思ってしまっている……。

動画は、そのまま少しすると終わってしまった。俺は、オナニーの途中で放り出されたような気持ちになり、不完全燃焼になってしまった。でも、時間も時間なので、とりあえず寝ることにした……。

結局、俺は嫁に対してなにもしなかった。何も言えなかった。いびつかもしれないが、いまの状態が一番幸せなんじゃないか? そう思うようになっていた。

久美さんは、本当に俺のことが気に入ったようで、ちょくちょくお誘いをかけてくれるようになった。申し訳ないので銭湯の方に行くと言っても、商売抜きで楽しませてと言うばかりだ。

俺は、不思議だった。あの男の動画にも、久美さんの動画はあった。あの男のペニスと比べると、俺のペニスはかなり小さい。どうして、あの男ではなく俺なんかとプレイをしたがるのだろう? でも、そんな風に思いながらも、ペニスバンドの快感が忘れられない俺がいる……。

『今日は、ちょっと拘束してあげるわ。気持ちよすぎておかしくなりそうでも、逃げられないわよ~』
久美さんは、楽しそうに言いながらこれの手首と足首を革の拘束具のようなもので連結した。四つん這いの格好のまま、身動きが取れなくなった俺……。全裸でアナルをさらけ出しながらも、俺は勃起していた。

『あらあら、もうこんなにして。そんなに楽しみなの? ケツマンコ犯されて、女の子になりたいのね』
久美さんは、サディストの口調で言いながら、指をいきなりアナルに突っ込んできた。ローションでヌラヌラに光る指が、あっけなく二本も入ってしまう……。俺は、思わずうめいた。でも、それは痛みではなく快感からだ。

『あら、簡単に入っちゃうのね~。もう、ガバガバになっちゃった?』
そんな風に言いながら、指を動かし始めた彼女。俺は、指先が強く前立腺に当たるたびにうめいてしまう。久美さんは、巧みな指使いで俺の前立腺を責め続ける。俺は、快感でうめきっぱなしだ。
『可愛い声出てるわよ~。じゃあ、アレ入れちゃう?』
久美さんは、からかうような口調で聞いてくる。俺は、快感にあえぎながらうなずく。すると、久美さんはちょっと待っててと言いながら浴室の方に行き、しばらくすると戻ってきた。

レザーのSM衣装。見るからに、女王様という感じのコスチュームだ。人の良さそうな久美さんなのに、こんな格好をすることで急にちょっと怖い感じになる。そして、股間にはペニスバンドがすでに装着済みだ。

前回のものよりも、明らかに大きい。日本人にはまずいないようなサイズで、まるっきり黒人のペニスが生えているようなサイズ感だ。

『そんな顔で見つめないの。物欲しそうよ。今日は、これ入れてあげるから。ほら、四つん這いになってお尻向けてごらん』
久美さんは、そんな風に命令をしてくる。俺は、言われるままに四つん這いになって久美さんにお尻を向ける。恥ずかしい気持ちと屈辱的な気持ちが大きくなる。でも、俺はあの快感を思い出し、期待にドキドキしていた。

嫁を抱いているあの男。あの男は、このディルド以上のものを入れられていた。嫁に拳を突っ込まれ、気持ちよさそうにあえいでいた。俺は、嫁に拳を埋め込まれる場面を想像し、少し興奮してしまった。

すると、久美さんは躊躇なくペニスバンドを押しつけてくる。さっきワセリンとローションでヌルヌルにされていたせいか、一気に入ってくる。痛みと言うよりは、圧迫感を感じる。

『あらあら、簡単に入っちゃうわね~』
久美さんは、楽しそうに言いながらペニスバンドをどんどん押し込んでくる。俺は、うめきながらも無抵抗でされるがままになっている。

すると、亀頭のカリ首部分が前立腺をゴリッとこすりながら入ってきた。俺は、悲鳴のような声を上げながら、快感に身体を震わせる。
『フフ。淫乱なケツマンコねぇ』
久美さんは、本当に楽しそうに言いながら腰を動かし続ける。あんなに大きなペニスバンドだったのに、いったん入ってしまうとスムーズに動く。俺は、強すぎる快感に驚きながらも必死で拳を握りしめ続ける。

『ほら、もっと感じてごらん。もっと気持ちよくなってごらん』
そう言いながら、腰を痛いくらいに打ち込んでくる彼女。でも、痛みよりも快感の方が遙かに大きい。太すぎるカリ首が前立腺をゴリゴリこするたびに、女のような声を漏らしてしまう。

『本当に気持ちよさそう。じゃあ、全力で行くわよ』
久美さんはそう言って激しく腰を動かし始めた。あまりの快感に、恐怖を感じるほどだ。シーツを強く握りながら、あえぎ続ける俺。
『ほらほら、ダラダラ漏れてるわよ。イッちゃうの? ほら、イッてごらん』
そんな風に言いながらさらに激しく腰を動かす久美さん。俺は、ほとんど叫んでいるような声を上げてしまう。そして、まったく手も触れていないのに、射精をしてしまった……。

『いっぱい出たわね。気持ちよかった?』
久美さんは、そんな風に言いながらペニスバンドを引き抜く。ガクガクッと身体が震えてしまう。久美さんは、身動き出来ない俺を見つめ、ニヤニヤしながら見つめている。俺は、拘束を解いてくれとお願いをした。

『ダメよ。今日は、もっと狂わせてあげるから』
久美さんは、嬉しそうに言うとペニスバンドをねじ込んできた。俺は、どうなってしまうのだろう? と思いながらも、強い快感に声を堪えられなくなってしまっていた……。

久美さんとの浮気も、定期的にするようになっていた。そして、あの男の動画を確認するのも日課になっていた。嫁の浮気動画は1ヶ月に1本くらいは増えていく。俺は、久美さんとの浮気以上に動画が増えるのを楽しみにしていた。

嫁は、男の部屋でセックスをするようになっていた。男は、部屋の中のあらゆる場所に隠しカメラを設置しているようで、動画の品質は格段に上がっていた。

今回の動画も、男の部屋の中で始まった。見たこともないような小さな水着。マイクロビキニとか言うジャンルの水着だと思う。乳輪がギリギリ隠れるようなブラに、クリトリスがかろうじて隠れるようなショーツ。ヘアはいつの間にか完全に剃り上げられてしまったようで、はみ出たりはしていない。

『ちょっと、小さすぎますよ。恥ずかしいです』
嫁は、顔を真っ赤にしながらモジモジとしている。俺は、38歳の由美子がこんなはしたない姿で恥じらっている姿に、言い様がないほどの興奮を感じている。
「可愛いよ。由美ちゃん、似合ってるよ」
男は、嬉しそうに言う。
『でも、身体たるんでるし……』
本当に恥ずかしそうに言う嫁。確かに肉付きの良い身体なので、こんな小さな水着を着ていてはお腹や太ももが気になる。
「セクシーだよ。ほら、もうこんなになってる」
そう言って、男は股間を指さす。すでに勃起しているようで、股間が大きく盛り上がっている。
『興奮してますね。嬉しいな。じゃあ、脱がせちゃいますよ』
嫁は、ニコニコと嬉しそうに言う。本当に、嫁はこの男に心を許している。表情がとても楽しそうだ。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

出張先で見た妊婦物動画には、見慣れたリビングが映っていた完(オリジナル 転載禁止)

前回の話

孝弘は、信じられないくらいの強い快感を感じながら、とめどなくさゆみの腸内に射精を続けていた。寝たフリをしている手前、声は出せないので必死で声を押し殺していた。

『先生、愛してる。愛してます。妊娠します。また、先生の赤ちゃん産みます』
とんでもないことを言うさゆみ。恍惚とした顔で、本当に幸せそうだ。でも、すぐに、
『あれ? 孝弘さんも出てる?』
と言い始めた。孝弘は、ドキッとして脇に汗が噴き出るのを感じながら身動き一つしない。


「また、夢精したんじゃないの? あんなに刺激したら、そりゃ出ちゃうでしょ」
男性は、そんな風に言う。孝弘は、ドキドキしながら成り行きを聞き続ける。
『そうなんだ……。なんか、変な気持ち。先生には子宮に注いでもらってるのに、孝弘さんはお尻に出しちゃうんだ……。いくら出しても、お尻じゃ妊娠しないのにね』
さゆみは、哀れむような感じで言う。孝弘は、屈辱的な気持ちを感じながらも、寝たフリをすることに集中をしていた。

「じゃあ、どくよ。さゆみも、旦那さんを起こさないようにそっとどくんだよ」
男性は、そう言ってペニスを引き抜く。さゆみは、ペニスが抜けていくときにもうめくような声を上げた。まだ、身体中が敏感なままのようだ。そして、ペニスが抜けると、さゆみはゆっくりと孝弘の上から移動した。
『まだ大きいままだ……。いつもは、出したらすぐにフニャフニャになるのに。どんな夢見てるのかな? 変なの』
さゆみは、孝弘のペニスを指でつつきながら言う。楽しそうな顔で、幸せそうだ……。

さゆみは、孝弘のパンツとズボンを穿かせていく。男性は、
「やっと、夢が叶ったね。旦那さんの前で妊娠するなんて、本当に悪い奥さんだ」
と、からかうように言った。さゆみは、恥ずかしそうにモジモジしながら、
『はい。すごく感じちゃいました。孝弘さんのおちんちん入れたまま先生に妊娠させてもらうなんて、夢みたいです。先生、まだ出来ますか? 今度は、先生にケツマンコ犯されながら、孝弘さんの拳を入れたいです』
と、とろけきった顔で言う。孝弘は、絶望的な気持ちになっていた。さゆみは、あまりにも淫乱になりすぎてしまっている。男性の前で浣腸されて排泄をしたり、膣に拳を入れられたりしている。あまりにも、常軌を逸したような行動だ。

もう、後戻りなんて出来ないに決まっている……。孝弘は、そんな風に思っていた。すると、孝弘は腕を掴まれた。そして、拳を握るような形に指を整えられていく。
「今度は、これをお尻に入れてみようか」
男性は、淡々と言う。
『えっ? お尻に、フィストですか? そんなのダメです……アナルまでガバガバになっちゃったら……』
さゆみは、珍しく抵抗をする。本当に、困惑しているのがわかるような声だ。
「なに言ってんの。あんなにぶっといオモチャ使ってるでしょ? もう、ガバガバだよ」
ひどいことを言う男性。でも、さゆみはその言葉に明らかに興奮した顔になった。
『お尻を孝弘さんの拳で犯されながら、もう一回先生に種付けしてもらいたいです。出来ますか?』
さゆみは、そんな事まで言う。もう、孝弘はまるっきり理解出来ない状態だ。なぜ、そんな事をしたがるのだろう? 自分なんて、必要ないのではないか? この男性とオモチャを使ってプレイをした方が、よほど気持ち良いのではないだろうか? そんな事を考えてしまう。

「良いよ。でも、まずは拳を入れないとね。さすがに、まだ無理かな?」
そんな風に言う彼。さっきから、さゆみは孝弘の腕を握ったままだ。
『試します。ちょっと怖いけど、入ると良いな……』
さゆみは、そんな風に言いながら孝弘の腕をたぐり寄せていく。そして、拳をアナルに押しつけた。客観的に見て、どう考えても入るようなサイズ感ではない。もうすっかりと通常の形に戻ったアナルは、キツく口を閉じているような感じだ。

さゆみは、グイグイと腕を押し込んでいく。でも、さすがに入る気配もない。
「さすがにキツいかな? 拡げるよ」
男性はそう言ってさゆみのアナルを拡げ始めた。目一杯左右に拡げる彼。穴が空いたように口を開くアナル。ピンク色の肉壁が動いているのがわかる。さゆみは、孝弘の拳を押し込んでいく。すると、一気に拳頭部分がズルンと入ってしまった。
『うぅぅうううぅう゛っ!!』
言葉もなくうめき声をあげるさゆみ。その顔は、さすがに痛そうだ。すると、男性が孝弘の腕を掴んでさらに押し込んでいく。
『んおおぉおっ、おぉおお゛っ!』
さゆみは、野太いようなうめき声をあげつつ、全力で孝弘の腕を握りしめる。孝弘の腕を引き抜こうと言う事ではなく、苦しみや痛みのせいで、力が入ってしまったような感じだ。

『せ、先生……無理です、裂けちゃいます』
ほとんど泣いているような顔のさゆみ。孝弘は、包み込まれる感触に驚いていた。さっきの膣の時も、大きな驚きを感じた。でも、まだ膣は出産があるので大きな拳が入るのも理解出来た。小さなアナルにこんな大きなものが入ってしまうなんて、孝弘はまるで想像していなかった。

「大丈夫、そんな簡単には裂けないよ。ダブルフィストとかしても、平気だから」
男性は、そんな恐ろしいことを言う。
『そ、そんな……。先生、抜いて下さい、裂けちゃいます』
さゆみは、弱々しく男性にお願いをした。でも、男性は抜くどころか腕を思い切り押し込んだ。さらに入っていく孝弘の拳。もう、ほぼ入ってしまっている。孝弘は、ごく薄く目を開けて状況を確認する。

さゆみのアナルに、自分の腕が生えている……。それは、膣へのフィストよりも衝撃が大きい。もう、元に戻れなくなる……。オムツの世話になるような身体になるのではないか? そんな心配で、息が苦しい。

男性は、黙って腕を動かし始めた。まるっきり、孝弘の腕はディルドのように扱われてしまっている。
『うぅうあっ、あっ、ダメぇ、裂ける、裂けちゃうっ』
さゆみは、うめき声と悲鳴を上げながらアナルを拳で犯され続ける。男性は、リズミカルに力強く孝弘の腕を動かし続ける。
『あっ、あんっ、あぁっ! 気持ちいいっ! 先生、気持ちよくなっちゃいましたっ!』
さゆみは、もうすっかりとあえぎ声に変わっている。さっきまで、泣き顔で叫んでいた。でも、今はとろけた顔であえぎっぱなしになっている。

「気持ちいいの? ケツマンコ、旦那の拳で犯されて感じてるの?」
男性は、心から楽しそうに言う。さゆみは、
『気持ちいいですっ! ケツマンコ拡がって、ゴリゴリこすれてるのっ。もっと奥に突っ込んで!』
と、我を忘れて叫んでしまっている。気持ちよさそうにあえぎ続ける彼女。すると、男性は孝弘の腕をさゆみに握らせる。
「自分でしてごらん。私は、オマンコに入れてあげるよ」
男性は、得意気な顔で言う。さゆみは、すぐに孝弘の腕を動かし始めた。大きすぎるディルド……そんな感じで孝弘の腕を抜き差しし続けるさゆみ。男性は、さゆみの膣にペニスを挿入した。
『んおぉっ、先生のおチンポ気持ちいいっ』
さゆみは、我を忘れたような声で言う。孝弘は、寝たフリをしながらなすがままに腕を動かされている。

腕全体を締め付けられる感覚に、孝弘は興奮が高まる。ペニスも勃起して何度も縦に揺れている。この状態で、寝ているというのはあまりにも無理がある。それでも、孝弘は寝たフリを続ける。

「子宮がすごく降りてきてるね。拳に押されて降りてるのかな?」
そんな風に言いながら腰を動かし続ける男性。その顔は、快感を感じているのがわかるような顔になっている。
『先生の、当たりっぱなしです。子宮にずっとキスしてます。出して欲しいです。このまま、子宮の中に直接出して欲しい』
さゆみは、我を忘れたような声で言う。孝弘は、この地獄のような状況でも興奮し続けていて、しごいてもいないペニスが射精しそうな感覚になっていた。

「次は、女の子がイイね。さゆみに似て、可愛い子になるはずだよ」
男性は、そんな風に言いながら腰を動かし続ける。
『はい。可愛い女の子妊娠します。あぁ、気持ちいい。ねぇ、キスして下さい。キスしながら妊娠したいです』
さゆみはそんな事を言い続ける。男性は、さゆみにキスをしながら腰を振る。でも、さゆみはキスをしながらも夢中で孝弘の腕を動かし続けている。貪欲に、快感を求める姿。孝弘は、さゆみの中の淫乱な部分に、今さらながら驚いている。

「本当に、良いの? 二人目は、旦那の種じゃなくていいの?」
男性は、さゆみに質問する。もう、余裕のない声になっている。
『良いの。先生に妊娠させてもらうの! 二人目も、先生の種で妊娠するのっ!』
さゆみは、うっとりした顔で言う。でも、こんな事を言いながらも孝弘の腕を激しく動かし続けている。そして、男性はさゆみの膣中に射精を始めた……。

『うぅあぁっ、先生、愛してる。いま受精してますっ』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

スーパー銭湯でパートしている嫁が、セクハラされていた6(オリジナル 転載禁止)

前回の話

俺は、ほとんどブリッヂしているような格好で潮吹きを続ける嫁を見ながら、ひたすらオナニーを続けてしまっている。まさか、嫁がこんなにも激しいセックスをしているとは思っていなかった。

よくある不倫カップル……。そんな生やさしいものではない気がする。男性の方にフィストファックをしたり、潮を吹き散らしながらクリトリス吸引バイブを使ったり、あまりに激しすぎるプレイだと思う。


『イクっ、イクっ!! イクゥ~~ッ!!』
嫁は、ほとんど絶叫しながら潮を吹き散らかしている。スーパー銭湯の時とは大違いだ。あそこでは、なるべく声を出さないようにしているのがよくわかったし、実際に声を聞かれるのはとてもマズいのだと思う。

「もっとでしょ? いつも、声我慢してるもんね。良いよ、もっと出してごらん」
そんな風に言いながら、クリトリスにバイブを当て続ける彼。嫁は、頭をブンブン振ったりしながらイキ続ける。最近芸能人の不倫で話題になったクリトリス吸引型のバイブ。存在は知っていたが、こんなに気持ち良いものなんだろうか? 嫁は、本当に狂ったようにあえぎ続け、身体の水分を全部出してしまいそうな勢いで潮を吹き続ける。

『もうダメっ!! ダメぇっ!! イグぅっ!!』
嫁は、腰を完全に浮かせた状態で身体を痙攣させる。そして、スイッチが切れたように身体をベッドに横たえた。男性は、やっとバイブのスイッチを切った。
「もうイッちゃったね。ホント、これ大好きなんだ」
男性は、クリトリス吸引バイブをテーブルに置きながら言う。
『本当に気持ち良いです……。でも、やっぱりおチンポ欲しいです』
甘えたように言う嫁。高校生の息子までいる由美子だが、いまの仕草は少女のように可愛らしい。俺は、オナニーをしながら少しときめいてしまった。嫁のこんな可愛い仕草は、何年も見た記憶がない。俺は、嫁を寝取られてしまったような気持ちになっていた。

「じゃあ、まずはお口で奉仕してみて」
男性は、そんな指示をする。まるで、ご主人様のような態度だ。さっきまで、アナルを拳で責められてあえぎまくっていた男とは思えないような態度だ。

でも、俺は思っていた。こんな風に、お互い包み隠さずに性癖をさらけ出せる関係……。それは、理想的なパートナーなのかもしれない。でも、夫婦でそれは難しいのかも……そんな風に思った。実際、俺も久美さんとあんなことをしてしまっているが、これを嫁にしてくれとは言えないと思う。
きっと、嫁にペニスバンドでアナルを犯してくれと言ったら、喜んでしてくれるのだと思う。でも、夫婦でそれをしてしまったら、おしまいのような気もする……。

嫁は、男性のペニスを口で奉仕し始めた。丁寧に、いやらしく舐め回す嫁……。その顔は、早くもとろけているように見える。凄く丁寧に愛情を込めてフェラチオをする嫁を見て、俺は敗北感を感じている。でも、興奮は高まるばかりだし、オナニーをしている快感は大きすぎるくらいだ。

『高橋さんのおチンポ、本当に素敵です。このおチンポ、早く欲しかった。ずっと考えてるんですよ』
そんな風に言いながら、ひたすら舐め続ける嫁。カリ首に巻き付くように舌が絡みつき、睾丸や竿も舐め回す。そして、大きく口を開けてくわえていくと、一気に喉奥までくわえてしまう。嫁は、長いペニスをくわえ込んでいく。喉の奥の方まで届いているように見える。すると、嫁はえずいて咳き込み始めた。
『やっぱり、大きい。全部は無理です』
涙目で言う嫁。でも、そのままもう一度挑戦する。さっきまで奥まで入ったように見えるが、またえずく。でも、咳き込むことはないので、えづきながら挑戦を続ける。
すると、男性が腰を動かし始めた。嫁の頭を手で固定して腰を振ると、嫁はえづきながらよだれを大量に垂らし始めた。苦しそうに見えるが、男性はそのまま嫁の喉を犯し続ける。嫁は、ほとんど泣きそうな感じだ。でも、不思議と嫌がっている感じはない。

嫁は、粘度の高い唾液のようなものを垂らしながらうめき続ける。そして、嫁は身体を震わせた。男性はペニスを引き抜く。粘液でドロドロになったペニスは、光っていて妙に迫力がある。
「イッちゃったね。ホント、由美ちゃんはマゾでサドだね」
男性は、楽しそうに言う。
『違いますよ。マゾです。サドの方は、高橋さんがおねだりするから仕方なくですよ』
嫁は、口の周りを拭いながら言う。そして、男性を寝かせると、待ちきれないという感じでまたがっていく。当たり前のように生ペニスを入れてしまった嫁……。嫁は、まだ上はセクシーなランジェリーを身につけたままだ。黒のレースのいやらしいブラ。そんな格好のまま、騎乗位で腰を動かしている。

『やっぱり気持ちいい。高橋さんのおチンポ、本当に気持ち良いです。あぁ、ダメ、すぐイキそう。子宮にいっぱい当たってるの』
嫁は、本当に満足そうな顔になっている。そして、いやらしく腰を動かし続ける。
「そんなに気持ちいい? 今日は、いくらでも声出して良いから、もっと感じてよ」
男性が言うと、嫁は嬉しそうに、
『はい。いつも我慢してる分、いっぱい声出しちゃいますね』
と、言った。そのまま嫁は、腰を動かし始める。そして、宣言通りにあえぎ声を上げっぱなしになっていく。気持ちよさそうにあえぐ嫁。俺は、嫁のこんな姿は見たことがない。本当に気持ちよさそうに、夢中で腰を振る由美子。もう、40間際のいい歳なのに、元気いっぱいに動いている。

『本当に気持ち良い。高橋さんのおチンポ、奥にずっと当たってる。すぐイッちゃう。こんなのすぐイッちゃうよ』
嫁は淫らに腰を動かしながら言う。そして、身体を折り曲げるようにして男性の乳首を舐め始める。でも、乳首を舐めながらも腰は動きっぱなしだ。男性は、気持ちよさそうにあえぎながら、
「由美ちゃん、気持ちいいよ。今日も中で良いのかな?」
と、質問する。嫁は、
『もちろんです。中に出して下さい。高橋さんので溢れさせて欲しいです』
と、とろけた顔で答えた。
「相変わらず淫乱だね。でも、妊娠は平気なの?」
『平気です。高橋さんと生でしたいから、ちゃんと対策してますよ』
嫁は、そんな事を言いながら淫らに腰を振り続ける。俺は、対策とは!? と、動揺してしまった。でも、動揺しながらもオナニーを続ける俺は、やはりどこかおかしくなってしまったのかもしれない。

さらに何か聞こうとする男性。でも、嫁は男性の口を塞ぐようにキスをする。激しく舌を使いながら、全力で腰を動かす……。俺は、どうしようもないほどの興奮を感じながら、射精を必死で堪え続ける。

嫁は、男性に舌を突き出させた。そして、突き出された舌に自分の舌を絡めていく。こんなに卑猥なキスを、嫁としたことがない。絡み合う舌が丸見えで、俺は見ていてツラくなってきてしまう。でも、興奮がさらに増すのを感じてしまう。

二人は、本当に楽しそうにキスを続ける。こんなのは、恋人同士がするようなキスだ。すると、嫁は少し顔を離して、男性の口の中に唾液の塊を垂らしていく。男性は、それを嬉しそうに飲み干しながら、濃厚なキスを続ける。

そのまま二人は、対面座位になった。すると、今度は男性の顔の位置が上になる。男性は、嫁の口内に唾液の塊を垂らしていく。嫁はそれを嬉しそうに飲み干しながら、むさぼるような激しいキスを続ける。

こんなキスをしながらも、嫁の腰の動きは止まることがない。いやらしく、まるで別の生き物のように動き続ける。俺は、男性が羨ましいと思ってしまった。嫁にこんなにもしてもらえるなんて、俺でも経験がないことだ。嫁は、激しくキスをしながら指で男性の乳首を触り始める。男性は、さらにうめきながらキスを続ける。

『イクっ、イクっ、うぅっ、高橋さん、好きっ!!』
嫁はそう言ってまたキスをする。そのままガンガン腰を振り、少しすると身体を震わせた……。
『イッちゃった……。気持ちよくておかしくなりそう。ねぇ、次は後ろから』
嫁は、そう言ってバックの体勢になった。お尻を突き出すようにして男性を誘う嫁……。肉付きの良い嫁。太ももも太めでセクシーだ。そんな嫁がバックで誘う姿は、本当に悩殺的だ。

男性は、すぐに嫁の膣中にペニスを挿入した。嫁はのけ反りながら叫ぶ。
『うぅああぁ、すごい、もっと奥まで来てるっ』
すでにイキそうになっているみたいだ。男性は、そのまま腰を動かし始めた。けして激しい動かし方ではない。ストロークが長く、一定のリズムだ。それでも、嫁は身体を小刻みに震わせるようにしながらあえぐ。
『気持ち良い……。もうダメ、これしか考えられなくなる……あぁ、高橋さん、好きです。好き……もっとして……あぁ、ダメ、またイク、うぅっ』
嫁は、弱々しく言う。もう、イキすぎて疲れてしまったのかもしれない。すると、男性は腰の動きを早くした。肉と肉がぶつかる音が響くくらいに強くした。

『あぁっ、あっ、あぁぁあ゛っ! 壊れる、オマンコ壊れちゃうっ、あぁっ、あぁ~~っ! 壊してっ! オマンコ壊してっ!!』
嫁は、卑猥な言葉を口にする。まさか、嫁の口からこんな言葉を聞くことになるとは思ってもいなかった。

男性は、さらに腰を動かし続ける。力強く、そして早い動きだ。のけ反ったり震えたりしながらあえぐ嫁。男性は、いきなり嫁のお尻を平手で叩き始めた。
『んぐっ! うぅあ、あぁ、イッちゃったぁ、ダメぇ、もっと、もっとぶって下さいぃ』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

スーパー銭湯でパートしている嫁が、セクハラされていた5(オリジナル 転載禁止)

前回の話

俺は、完全に世界が変わってしまったなと思っていた。嫁の秘密も知ってしまったし、久美さんにアナルの気持ちよさを教えられてしまった……。

久美さんに教えられる前は、アナルの快感なんて信じていなかった。男は、入れる側。入れてこそ快感がある。そんな風に思っていた。あのペニスバンドで犯されて以来、あの時のことを想像してしまうようになっていた。


そして、嫁の行動を気にする日常になってしまった。今頃、客に性的なマッサージをしているのだろうか? それとも、あの男とホテルか何かに行ってプレイをしているのだろうか? そんな想像をし、なおかつあの男のクラウドストレージも毎日のように確認するようになった。

もしかしたら、嫁のファイルがアップロードされるのではないか? そんな期待と不安を感じながら……。ただ、なかなかアップロードされない。俺は、彼の他の動画を見るようになっていた。彼は、久美さんに対しては責められる側だが、他の女性に対してはなかなかの凄腕だった。

カメラが映し出す彼のペニスは、かなりのサイズだ。画面で見ると、余計に大きく見えるものなのかもしれない。そのペニスを生かして、女性を追い詰めるように感じさせる姿……。私は、雄としての能力の差に、落ち込んでしまうような感じだ。

ただ、彼の動画を見ていると、女性に挿入しているときよりも、久美さんに犯されているときの方が気持ちよさそうに見える。俺は、ますます久美さんの事を想像するようになってしまった。

そして、結局lineのIDから彼女に連絡を取ってしまった。すると、久美さんは本当に俺のことを気に入ってくれていたのか、かなり積極的に返信があり、すぐ明日、会うことになった……。

俺は、こんなのは完全に嫁に対する裏切りだな……と思った。でも、嫁も同じようなことをするつもりだし、あのペニスバンドの快感をもう一度味わいたいと思ってしまった……。

待ち合わせ場所には、すでに久美さんがいた。上品なワンピースを着た彼女は、銭湯で会うときと違ってメイクをしている。汗で落ちたりするからか、銭湯ではほとんどノーメイクっぽかった久美さん……。メイクをしただけで、まるで別人のように若々しく美しく見える。
人の良さそうな愛嬌のあるおばさん……。そんなイメージから、人妻系素人AV女優のような感じになった。

『フフ。やっと会えた。ずっと待ってたのよ。ホント、いい男ね。今日は、たっぷり可愛がってあげるわ』
久美さんは、銭湯の時とはモードが違う。完全に、S女モードだ。その冷たいまなざしに、ドキドキしてしまう。

そして、すぐ横のラブホテルに入室した。嫁以外の女性と、こんな場所に入るなんてもうないと思っていた。緊張しながらソファに座ると、
『じゃあ、脱いでごらん。時間もったいないから、すぐに浣腸するわよ』
久美さんは、カバンから色々なグッズを取り出しながら命令をしてきた。俺は、なぜか反抗する気持ちも起きず、素直に服を脱ぎ始めた。全裸になると、久美さんに四つん這いになるように命令を受けた。すぐに床に四つん這いになると、久美さんは浣腸をしてきた。
『力抜きなさい。いっぱい入れてあげるからね。漏らしたらお仕置きよ』
そう言って、浣腸器で次々に溶液を注ぎ込んでくる彼女……。俺は、まだ部屋に入って10分も経っていないのに、こんな状況になっていることに戸惑ってしまう。

そして、お腹が痛くなりトイレに行って排泄をする。こんな風に女性に排泄をコントロールされるなんて、屈辱的な気持ちもわく。でも、ドキドキしている私もいる……。

そして、3回それを繰り返されると、俺も少し疲れを感じる。お腹の中を綺麗にするのに、こんなに手間がかかるんだなと思いながら、俺は未知の体験への期待にドキドキしていた。

部屋に戻ると、すでに久美さんはペニスバンドを装着済みだった。そそり立つペニス……。この前使ったヤツよりも大きい。そして、久美さんは革のビスチェというのだろうか? いかにもSMの女王様という衣装を身につけている。胸の谷間が目一杯強調されているそれは、とても卑猥な感じに見える。

『綺麗になった? じゃあ、始めるわよ。ほら、そこにひざまずいてくわえなさい』
久美さんは、慣れた口調で命令をしてくる。俺は、言葉の圧に押されるように、言われるままにひざまずく。すると、すぐにペニスバンドを俺の口に押しつけてきた。俺は、反射的にくわえてしまった。

目一杯口を開け、戸惑う俺。久美さんは、そのまま腰を動かし始める。俺は、えずきそうになりながらも無抵抗で耐える。喉の奥まで犯されて、俺は今までに感じたことのない感情を持っていた。牝になったような感覚……。

『ほらほら、ちゃんとご奉仕しなさい。天国に連れて行ってくれるおチンポなんだから』
久美さんは、楽しそうに俺の喉を犯し続ける。俺は、気がつくと勃起していることに気がついた。こんな風にされているのに、興奮してしまう……。

すると、久美さんは俺のペニスを踏みつけてきた。
『こんなにしちゃって。ホント、淫乱な牝だわね』
久美さんは、俺のペニスをグイグイ踏みつけながら楽しそうに言う。俺は、感情の整理がつかないままに喉を犯され続けた。

『じゃあ、ベッドに寝てごらん。脚を抱えてケツマンコ見えるようにしてみなさい』
久美さんは、滑らかに指示をする。マッサージをしているときとは、まるで違う顔だ。この顔が本来の彼女の顔なのだろうか? そう考えると、嫁の本当の顔はどれなんだろう? と思ってしまう。久美さんは、ローションを指に塗りたくると、まったく躊躇なく俺のアナルにねじ込んできた。指二本が、あっけなく入ってしまう。少しだけ痛みを感じたが、すぐに前立腺の快感で声が漏れてしまう。

久美さんの指は、最初から前立腺を強く刺激してくる。弾くような、不思議な指の動かし方だ。俺は、痺れるような快感に、声がこらえきれない。
『あらあら、すっかり牝になったのねぇ。気持ちいい? もっと狂わせてあげるから』
久美さんは、そんな風に言いながら巧みに前立腺を責め続ける。俺は、どうしてこんなに気持ちいいのだろう? と、怖くなりつつあった。この瞬間、俺は嫁の不倫のことは頭にない。それを忘れてしまうほどの快感に、完全に囚われている。

久美さんの指は、前立腺を弾いたりひっかくように動いたりする。その度に、今まで経験したことのない、内側から広がっていく快感を味わっている。これが、女性の快感なのだろうか?

『あら、どうしたの? こんなにダラダラ漏れてるじゃない』
久美さんは、そう言いながら俺のペニスを掴む。そして、ガマン汁があふれてドロドロになっている亀頭をこすりあげていく。俺は、さらに快感が大きくなり、完全にあえぎ声をあげていた。出そうと思っているわけではないのに、女みたいにあえぎ声を上げてしまっている……。

すると、久美さんは満足げに笑いながら指を引き抜く。そして、ペニスバンドにローションを塗りつけ始める。
『ほら、脚抱えてごらん。入れて欲しいんでしょ?』
久美さんは、冷たく言う。俺は、ほとんど条件反射的に両脚を抱えるようにして開脚する。久美さんは、口の端を持ち上げるようにして冷笑すると、ペニスバンドを押しつけてきた。

アナルに押し込まれる感覚。一気に大きなペニスバンドが体内に入ってきた。俺は、悲鳴に近いような声を上げながら、強すぎる快感を感じていた。

久美さんは、雑にペニスバンドを奥まで入れると、すぐにピストンをしてきた。慣らすとかそういう感じはまるでなく、いきなり力強いピストンをする。前立腺をこすられる強い快感と、奥まで押し込まれて奥の方を圧迫される違和感。でも、違和感はすぐに快感に変わってしまう。

俺は、両脚を抱えたまま犯され続けている。どうしてこんなに気持ちよくなってしまうのだろう? 男がこんな快感を感じる必然性はないはずだ。子作りにも影響はないし、なぜ気持ちよくなるのだろう? 人体のバグではないか? そんな事を考えながらも、俺はほとんど女の子のようにあえぎ続けている。

『フフ。可愛い声。もう、すっかり女の子ねぇ。後で、女装させてあげるわ』
久美さんは嬉しそうに言いながら腰を振り続ける。俺は、まさか40を超えて新しい扉が開くなんて想像もしていなかった。女装させられた俺をイメージしながら、あえぎ続けていると、久美さんがキスをしてきた。荒々しく俺の口の中をかき混ぜる彼女……。男が女にしているようなキスの仕方だ。自分が牝の立場でキスをされる……。俺は、一気に自分がオンナになっていくのを感じながら、夢中で彼女に抱きついた。

『フフ。気持ちいいの? 可愛いわねぇ』
久美さんはそんな風に言いながら腰をガンガン使う。俺は、気持ちいいですと叫びながらあえぐ。
『じゃあ、自分の乳首触ってごらん』
久美さんが笑いながら指示をしてくる。俺は、言われるままに両乳首を指先で転がし始めた。すると、今まで感じたことのない強い快感を感じてしまい、さらに声が出てしまう。

『あら、いい声。もっと触りなさい。もっと感じて狂っちゃいなさい』
久美さんは嬉しそうに言いながら腰を動かし続ける。俺は、怖くなってしまった。こんなに強い快感……。下手したら普通のセックスよりも気持ちいい。牝の快感を知ってしまったら、戻れなくなってしまうのではないか? そんな不安を感じる。

『フフ。白いのも混じってきたわ。射精しちゃいそうね』
久美さんは、俺のペニスを握りながら言う。確かに、ガマン汁に混じって白いモノが出てきている。精液が、出そうになっているのだろうか? 俺は、自分の身体に起こっている事が信じられない。

腰を振りながらペニスをしごき始めた久美さん。俺は、快感が強すぎて腰が引けてしまう。でも、久美さんは手を離さない。そのまましごき続ける。俺は、快感に頭が真っ白になりそうになりながらも、乳首を触り続ける。

『ほらほら、もっと感じてごらん。女の子にしてあげる』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

出張先で見た妊婦物動画には、見慣れたリビングが映っていた7(オリジナル 転載禁止)

前回の話

孝弘は、射精しながら必死で声を押し殺していた。彼の拳は、まださゆみの膣中に入ったままだ。この状態で声を出せば、薬が効いていないことがバレてしまう。孝弘は、今までに経験したことのないくらいの強い快感に襲われながら、必死で声をこらえて寝たフリを続けていた。

さゆみは、身体を痙攣させている。そして、まだ潮吹きを続けている。ビチャビチャという湿った音。すると、さゆみは、
『んおぉおおっ、おぉおおぉっ! 死ぬ、死んじゃうっ』
と、うめきながら腰を動かし続ける。

まるで、孝弘の拳がディルドになったような状態だ。そして、さゆみはうめきながら何度も男性とキスをする。孝弘は、それを薄目で見ながら絶望的な気持ちになっていた。

とうとう、こんなことまでしてしまったさゆみ……。孝弘はこの先どうなってしまうのだろう? と心配になっていた。それでも、彼は起きている事を気取られないように脱力し続ける。

さゆみは、快感が大きくなりすぎたのか慌てるようにして孝弘の拳を引き抜く。大きくうめきながらベッドに突っ伏すさゆみ……。
「凄いな。こんなにビチャビチャにしたら、交換しないとマズいでしょ」
男性は、淡々とそんな事を言う。孝弘は、ドキドキしていた。寝ているフリ……バレていないだろうか? 射精してしまったので、シミになっていないだろうか? そんな心配で胸が苦しくなる。でも、さゆみは淡々とシーツを交換し始める。寝ている孝弘を上手く移動させ、テキパキと交換していく。

『本当に、ぐっすりなんですね。あんなことしても起きないなんて、ビックリです』
さゆみは、感心したような声だ。
「朝まで効いてるはずだよ。どうするの? まだ続ける?」
男性は、そんな風に質問する。
『はい、まだしたいです。孝弘さんの前で、もっと狂わせて下さい』
さゆみは、興奮しきったような声でおねだりをする。
「本当にさゆみはドヘンタイだね。どうする? どうやってされたい?」
男性は、落ち着いた声で質問する。さゆみは、
『お尻に下さい……』
と、うわずった声で言う。
「でも、お尻だと妊娠しないでしょ?」
男性は、意地悪っぽい口調だ。
『でも、まだ出来るでしょ? 朝まで時間ありますから。まずは、お尻で狂わせて下さい』
さゆみは、甘えたような声で言う。孝弘は、自分の妻が他の男に媚びた態度を取っていることに、どうしようもないほどに興奮してしまっている。よく見ると、股間は少し盛り上がっている。彼の小さなペニスでも、勃起していればそれはわかる。

「じゃあ、ケツマンコ拡げておねだりしてごらん」
男性がそんな指示をすると、さゆみはすぐに、
『先生のおチンポ、さゆみのケツマンコにハメて下さい』
と、あっさりと卑猥な言葉でおねだりをした。孝弘は、もう後戻りなんて出来ないんだなと感じながらも、さらに興奮が増すのを抑えられない。

「じゃあ、旦那さんの顔の上にオマンコ持って行きなさい。そしたら、ハメてあげるよ」
『そ、そんな……ダメ……そんなのダメ』
さゆみは、そんな風に言いながらも口調は信じられないくらいにとろけきっている。
「早く。さゆみだって、そうしたいんでしょ? そんな演技はいいから」
男性がそんな風に言うと、さゆみは素直に動く。目を固く閉じている孝弘は、状況がわからない。でも、顔のすぐ上に気配がある。
『あぁ、ダメぇ、孝弘さん、ごめんなさい』
さゆみの声が聞こえてくると、孝弘は堪えきれずにごくごく薄く目を開ける。すると、すぐ目の前にさゆみの膣があった。まだ穴が空いたようになっている膣……。所々に白い液体が付着している。すると、すぐに男性のペニスがアナルに押しつけられていく。目の前に、男性のペニスまである状態……。孝弘は、慌てて目を閉じる。

『うぅあぁ、おチンポ入ってるっ。ケツマンコに入ってます。孝弘さんの目の前で、ケツマンコ犯されてます』
さゆみは、卑猥な言葉であえぐ。男性は、そのまま腰をゆっくうごかし始めた。
『うぅっ、あっ、あっ、気持ちいいっ。先生、ケツマンコ気持ちいいですっ』
さゆみは、卑猥な言葉であえぎ続ける。孝弘は、いまだにさゆみの口からそんな下品な言葉が出ていることが信じられない。

揺れるベッド、あえぐさゆみ……。孝弘は、ますます興奮が高まっていく。でも、心配もしていた。この状況だと、さゆみの顔は自分の股間あたりにある……。勃起していることがバレないだろうか? 射精してしまっているのがバレないだろうか? そんな心配で、脚が震えそうになる。

すると、孝弘は自分の額や頬に熱いものが落ちてきたことに気がついた。
『あぁっ、ダメッ、垂れちゃうっ、孝弘さんの顔に、かかってる』
さゆみは、快感と困惑で言葉がうわずる。でも、男性はかまわずに腰を動かし続ける。孝弘は、顔にさらに精液が落ちてくるのを感じながら、それでも寝たふりを続けた。間男の精液が顔にかかっている……。あまりにも屈辱的な状況だ。でも、孝弘は呼吸も出来なくなるくらいの強い快感を感じてしまっている。

降りかかってくる精液、さゆみのとろけきったあえぎ声……。孝弘は、とうとう堪えきれずに薄目を開けた。信じられないくらいに太いペニスが、さゆみのアナルを出入りする光景……。孝弘は、見たくないと思いながらも目が離せないでいる。アナルにペニスが出入りするたびに、膣の方も不思議な動きをしている。そして、垂れてくると言うよりは、飛び散ってくる精液……。
孝弘は、さゆみの野太いようなうめき声を聞きながら、ただただ敗北感にまみれ続ける。

「あ~あ、ひどいね。旦那さんの顔、精液まみれになってる」
男性のその言葉に、孝弘は慌てる。顔を見られてる? 薄く目を開けていることに気がつかれてる? 孝弘は、再び目を閉じた。
『孝弘さん、ごめんなさい。でも、気持ちいいの。本当は、見てもらいたい……さゆみの本当の姿、見てもらいたい』
さゆみは、声を震わせながら言う。本当に興奮しきっているとしか思えない声だ。そして少しすると、孝弘は顔を舐められて驚いてしまった。でも、必死で動かずに寝たフリを続ける。
さゆみは、孝弘の顔中に飛び散ってしまっている精液を舐め回す。孝弘は、顔を舐め回されてドキドキし、興奮もしてしまっている。さゆみは、荒い息遣いのまま孝弘の顔を舐め続ける。

孝弘は、目を閉じていても振動を感じていた。さゆみは、こんな状況でもアナルを犯され続けている……。そう思った途端、さゆみは孝弘にキスをしてきた。強引に舌をねじ込んでくるさゆみ……。精液の味が口に広がり、孝弘は怯みそうになる。でも、寝たフリを続けるしかない彼は、そのまま寝たフリを続行する。

『孝弘さん、ごめんなさい。お尻におチンポハメられてるの。孝弘さんのじゃないおチンポで、気持ちよくなってるの。ごめんなさい。イキそうです……。あぁ、ダメぇ、イッちゃう。孝弘さんの目の前で、先生のおチンポでイッちゃうっ』
さゆみは、興奮しきった声で言いながらまたキスをする。孝弘は、自分のペニスが異常なほど固くなっているのを感じながらも、やっぱり寝たフリを続ける。
「旦那さんとキスしながら他の男のチンポでイケるなんて、夢が叶ったね」
男性は、少し小馬鹿にしているような口調だ。でも、さゆみはその言葉にも強く反応し、
『イ、イクっ、孝弘さん、イクっ、先生のおチンポでイクっ! 孝弘さんのより、100倍気持ちいいおチンポでイクっ!』
と、声を震わせながら言う。そのまま孝弘にキスをするさゆみ……。孝弘にしがみつくようになっている。

孝弘は、いくらなんでもやり過ぎだと思った。これでは、薬を飲ませていても起きてしまうのではないか? そんな風に感じる。さゆみは、孝弘の心配をよそにメチャクチャに舌を使う。孝弘は、精液の味が口いっぱいに広がるのを感じながらも、嫌悪感よりも興奮を感じている。そして、さゆみはうめきながら身体をガクガクッと大きく震わせた……。

「派手にイッたね」
男性は、動きを止めて言う。
『凄かった……。頭真っ白になっちゃった……。今までで一番気持ちよかったです』
さゆみは、甘えたような声で言う。
「それは良かった。でも、旦那さんが起きてる方が、もっと興奮するんじゃないの? 起こしてみる?」
男性は、そんな提案をし始めた。
『え? でも、薬が効いてるんでしょ?』
さゆみは、驚いたような口調だ。
「軽いヤツだから、下手したらもう起きてるかも」
男性は、楽しそうに言う。
『そ、そんな……。朝までぐっすりだって……』
明らかに動揺し始めたさゆみ。
「冗談だよ。でも、本当は見てもらいたいんでしょ?」
男性は、そんな事を言う。孝弘は、心臓がドキドキしすぎてその音が聞こえてしまうのではないかと心配するくらいになっている。

『ビックリした……。でも、凄く興奮しちゃいました……。いつか、見てもらいたいな……。孝弘さんの見てる前で、先生といっぱいエッチしたい……』
さゆみは、そんな事を言う。孝弘は、さゆみの性癖に驚くばかりだ。孝弘自身、自分に寝取られ性癖があったことに驚いている。さゆみにまで、異常な性癖があったことにさらに驚いてしまう。似たもの夫婦なのかな? そんな事を自虐的に思う彼。

「じゃあ、今度話してみたら? 意外にすんなりOKになると思うよ」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

スーパー銭湯でパートしている嫁が、セクハラされていた4(オリジナル 転載禁止)

前回の話

俺は、強い快感に少しボーッとしながらも、隣のブースを覗き続ける。嫁は、客の男のペニスをくわえながら前立腺マッサージまでしてしまっている。その上、このまま射精するか他の何かをするかという質問までしている。
俺は、一体どんなことをするつもりなのだろう? と、ドキドキしっぱなしだった。もしかして、久美さんみたいに本番までしてしまうのだろうか? 口でしてしまったと言うだけでも信じられないのに、それ以上のことをする? 俺は、どうしたら良いのかわからないまま、黙って隣を見続ける。


久美さんは、飛び散った俺の精液をあらかた飲み干すと、
『いっぱい出たわね。美味しかったわ。じゃあ、マッサージ始めるわね』
と言って俺の上にまたがり、背中をマッサージし始めた。当然、こちらが本職なので上手だ。こりがほぐれていくのを感じながら、それでも俺は隣を盗み見し続ける。施術台の位置を多少変えたのが効いて、嫁の行動がよく見える。

嫁は、男のアナルの中に入れた指を動かしながら、亀頭周りを舌で舐めている。こんなのは、スーパー銭湯のマッサージの仕事ではない。完全に、風俗嬢の仕事だ。

俺は、自分の嫁が風俗嬢まがいのことをしているのを見て、申し訳ない気持ちが大きくなっていた。俺がもっと稼げれば……。そんな気持ちで胸がいっぱいになる。

嫁の客は、嫁の”どうしますか? このまま出しちゃう?”と言う質問に対して、
「まだ出さないよ。今日は、あっちの方が良いな」
と言った。俺は、ドキドキしすぎて息が荒くなってしまう。久美さんは、ひたすら俺の背中をマッサージしてくれている。それも気持ちよくて声が出そうだ。

嫁は、
『フフ。じゃあ、準備しちゃいますね。リラックスしてて下さい』
と言って、彼のアナルから指を引き抜く。そして、部屋の隅のカバンから何かを取り出して準備をする。嫁は、男性のペニスにコンドームを装着し始めた。俺は、まさか……と思いながらも、ドキドキとしてしまっている。久美さんは、ひたすら背中のマッサージをしてくれている。本当に上手で疲れが取れていくようだ。

嫁は、客にコンドームを装着すると、
『高橋さんの、カチカチになってる』
と、嬉しそうに言う。そして、久美さんが俺にしたように、あっけなく男性にまたがってしまった。
『うぅ、あぁ、大きい』
嫁は、声を必死にこらえながら言う。でも、こらえているのはわかるが、はっきりと聞こえてきてしまっている。日頃から、こんなリスキーなことをしているのだろうか? 俺は、もしかしたらこのスーパー銭湯のマッサージは、暗黙の了解でこういうことをするのが普通になっているのだろうか? と、思った。でも、台湾でもあるまいし、こんな町中のスーパー銭湯で、そんな事があるはずがないとも思う。

嫁は、ゆっくりと腰を動かす。音が出るのを気にしてか、ピストンをするような動きではなく、膣口をこすりつけているような動きだ。
『うぅ、うぅ、あっ、んっ、うぅ』
嫁は、あえぎ声をこらえながら腰を動かし続ける。本当に気持ちよさそうな声だ。

すると、いきなり久美さんが施術台と俺の身体の間に手の平を滑り込ませる。そして、俺の乳首を刺激し始めた。後ろからこんな風に乳首を触れると、驚くほど気持ちよくて声が出そうになる。
『あらあら、カチカチ。もっと気持ちよくなりたい?』
久美さんは、俺の耳たぶを甘噛みしながら聞いてくる。俺は、嫁のことが気になりながらもうなずいてしまった。すると、久美さんはさらに激しく乳首を責めてくる。俺は、すぐにペニスがガチガチに勃起するのを感じながら、それでも嫁の方を見続ける。

嫁は、小さな動きで腰を動かし続ける。声を必死で抑えながら、夢中で動かしているように見える。俺は、まさかと思いながらも、予想が的中してしまったなと感じていた。

それにしても、やっぱりやり過ぎだと思う。ここまでする必要があるとはとても思えない。指名のためにここまでしても、割に合うとは思えない。

嫁は、腰を動かし続ける。声を潜め、動きも小さくしているが、甘いうめき声のようなものが漏れ続ける。感じているのは間違いないと思う。

もしかしたら、これはセックスを楽しむためにしているのではないか? 欲求不満の解消のためにしているのではないか? そんな風にも思えてしまう。

すると、急に久美さんが責めるのをやめた。俺は、時間かな? と思って備え付けの小さな時計を見るが、まだまだ時間はかなり残っている。なぜ? と思いながら久美さんを見ると、久美さんはペニスバンドを装着していた。驚く俺に、
『フフ。任せておいてね。あなた、素質あるから。私に委ねなさい』
と言ってくる。俺は、久美さんの言っていることがよくわからないし、こんなものまで用意している彼女が信じられなかった。

俺は、慌てて拒否しようとした。でも、ここで拒否したら嫁の様子を覗き見ることが出来なくなってしまいそうだ。俺は、黙って身を委ねる。すると、久美さんは満足そうにうなずき、ペニスバンドにローションを塗り始めた。ぱっと見、そこまで大きなペニスバンドではない。でも、一般的な日本人よりはかなり大きいかもしれない。

『力抜いておいて。さっきほぐしたから、きっと平気よ』
久美さんは、やたらと息遣いが荒い。このプレイに、心底興奮しているように見えてしまう。
すると、ペニスバンドが俺のアナルに押しつけられてきた。俺は、一瞬身を固くしてしまうが、すぐに力を抜いた。それと同時に、ペニスバンドが入ってきた。思っている以上にすんなりと入ってくるペニスバンド……。俺は、痛みを感じないことに驚く。そして同時に、指で前立腺を責められているときよりも遙かに大きな快感を感じてしまった。

久美さんは、そのまま荒っぽく腰を動かし始める。俺は、未知の感覚に恐れおののいてしまう。でも、確実に快感はある。俺は、アナルを犯されて感じてしまう自分に驚いていた。
『そうよ、力抜いててね。気持ちいいでしょ? あんなにクッキリした前立腺してたら、気持ちいいに決まってるわよね』
久美さんは、そんな風に言いながら腰を動かし続ける。その腰の動かし方は単純なピストン運動ではなく、緩急をつけたり浅く入れたり深く入れたりを繰り返している。俺は、うめくような声で気持ちいいと告げる。

『フフ。良いわよ。もっと感じてね』
久美さんは、可愛らしく言いながらもエグい腰の使い方をする。俺は、中のものが引きずり出されてしまいそうだと思いながらも、快感にうめきそうになっている。俺は、自分が夢の中にいるのかと思った。スーパー銭湯で、ペニスバンドで犯される……しかも、隣では嫁が他の男とセックスをしている……。こんなことが、あるはずがない。そんな風に思いながらも、前立腺がもたらす快感に声が漏れそうになってしまう。

嫁は、腰を機械的に動かし続けながら、声が少しずつ大きくなっている。声を抑えきれない……。そんな感じだ。すると、嫁は身体を男性に倒しこんでいき、キスをし始めた。

俺は、強烈に嫉妬心を燃やしてしまう。嫁が、他の男とキスをしながら腰を振っている……。許せるような状況ではない。でも、俺は久美さんにアナルを犯され続けていて、動くこともままならない。

うめき声を上げながら腰を動かし続ける嫁。動きは、さっきよりも大きく激しくなっているように見える。しかし、キスをしたことで声は漏れなくなっている。俺は、嫁がどんな顔でキスをしているのか見たくて仕方ない気持ちになっている。でも、角度的に見えないし、見えてしまったら、向こうからも俺が見えると言うことになる。

『んっ、うぅ~っ、うぅっ!』
キスをしながら腰を動かしていた嫁が、大きくうめく。そして、身体を一瞬ビクンと跳ねさせた。まさか、イッてしまった? こんな状況の中、イッてしまった? 俺は、とても信じられない気持ちだ。でも、俺自身もイキそうになってしまっている。

『フフ。良いわよ。出して。出ちゃいそうなんでしょ? お尻犯されて、イッちゃうんでしょ?』
久美さんは、まるでS女になったような感じで言う。気の良い愛嬌のあるおばちゃん……そんなイメージだった。でも今は、女王様キャラみたいだ。

俺は、うめきながら頭を左右に振る。まだ、イクつもりはない。嫁の状況を見守りたい気持ちが大きい。嫁は、ひたすらキスをしながら腰を動かし続ける。すると、また身体を跳ねさせるようにして震わせた。

「由美ちゃん、イキすぎだよ。こんなところで2回もイッたらダメでしょ?」
男性は、からかうように言う。
『だって、高橋さんの凄すぎるから……。ダメだよ、こんなの。反則』
嫁は、甘えたような声で言う。まるで、媚びているように見えてしまう。俺は、あまりに親密な二人の感じに危機感を感じる。

「由美ちゃん、敏感だからね。どうする? 代わろうか?」
男性がそんな風に質問すると、嫁はすぐに、
『はい。その……後ろから……』
と、恥ずかしそうにモジモジと言う。
「わかってるよ。バック好きだもんね」
男性はそんな風に言いながら、嫁を施術台の横に立たせる。そして、立ちバックの体勢でハメてしまった。こんな場所で、あまりに大胆だなと思う。でも、嫁は施術台を掴むようにしながらうめく。声を必死にかみ殺しているようだ。

俺は、射精感が信じられないくらいに大きくなるのを感じていた。そして、射精しそうになると前立腺がより強くペニスバンドに当たるのを感じる。快感が一気に増し、女の子みたいなあえぎ声が出そうだ。俺は、なんとかそれをこらえながら射精をこらえる。でも、こらえればこらえるほど、前立腺に強く当たるように感じる。もしかしたら、射精しそうになると前立腺の位置関係が変わるのかな? と、思ったりもした。

『フフ。良いわよ。出して』
久美さんは、妖艶な笑みを浮かべた顔で言う。こうやって男性を犯すことに、本当に快感を感じるようだ。人は見かけによらないと言うが、久美さんは本当にギャップがすごいなと思う。

俺は、うめきながら射精をした。今まで、こんなにも快感が大きい射精を経験したことがない。しかも、射精がいつもよりも長い。俺は、射精の快感が長く続くことが、こんなにもヤバいものだとは思ってもいなかった。
これがもう少し長く続いたら、俺は女の子みたいな声を上げてしまっていたと思う……。

荒い息遣いの俺に、久美さんが、
『抜くわよ。少しゆっくりしてて』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

スーパー銭湯でパートしている嫁が、セクハラされていた3(オリジナル 転載禁止)

前回の話

嫁は、想像以上に性的なサービスをしていた。セクハラをされてしまっている……。そう思っていたのに、どう見ても自分から積極的に射精させるようなサービスをしているような状況だ。

俺は、どうしたら良いのだろう? と、悩んでいた。普通にパートに出ていると思っていた嫁が、風俗嬢まがいのことをしている……。当然、すぐに止めるべきだと思う。でも、嫁の収入はいまの生活にとっては必須と言えるような状況だ。


俺の稼ぎが少ないばかりに、嫁にこんなことをさせてしまっている……。そう思うと、何も言えなくなってしまう自分がいる。そして、俺も久美さんに、あんなことをして貰っている。もう、嫁のしていることに文句を言える立場にもない……。

『パパ、どうしたの? ボーッとしてるよ。疲れてる?』
夕食の時、嫁が心配そうに言ってくる。俺は、そんな事はないと告げる。逆に、嫁に疲れていないかと聞いた。
『平気だよ。そうだ、たまにはパパもマッサージしてあげる!』
嫁は、明るく言う。俺は、そんなの悪いからいいよと言ったが、嫁は、
『いいからいいから』
と言って俺をベッドにうつ伏せに寝かせる。そして、背中や腰をマッサージし始めてくれる。
『あれ? あんまり固くなってないね。こってないんだ。ストレッチとかしてるんだっけ?』
俺の身体をもみほぐしながらそんな事を言ってくる嫁に、俺は罪悪感を感じてしまう。嫁は、本当に上手に揉みほぐしてくれる。俺は、
「いつも、こんな感じでしてるの?」
と、聞いてみた。
『うん。でも、アカスリの方が多いかな? びっくりするくらい、アカが出るんだよ』
嫁は、そんな会話をしながらマッサージを続けてくれる。当然、セクシャルなマッサージはない。ただひたすら、太ももや腰のあたりをほぐし続けてくれる。俺は、申し訳ないなと思いながらも、久美さんの事や嫁のマル秘サービスのことを思い出し、勃起してしまっていた。

嫁は、どこまでのサービスをしているのだろう? 久美さんは、前立腺マッサージまでしてきた。あんなことまでしているのだろうか? そもそも嫁は、すでに口に出された精液を飲んでしまっていた。あまりにもリスクが高い気がする。病気の心配はしていないのだろうか?

俺は、そんな事を考えているくせに、嫁が犯されている姿まで想像して興奮している……。
『パパ、またいつでもしてあげるね』
嫁は、優しくそんな風に言ってくれる。俺は、勃起しているのを気がつかれないようにしながらお礼を言った。すると、
『あれ? パパの、大きくなってる』
と、楽しそうに言う嫁。俺は、慌てて股間を隠すようにした。でも、嫁が、
『フフ。そんなに気持ちよかった? じゃあ、もっとしてあげる。仰向けで寝てみて』
と、指示をしてくる。俺は、もう隠しても仕方ないなと思い、隠さずに仰向けで寝転がる。すると、嫁は指で俺の股間をつつきながら、
『若いね』
と、言った。そして、そのまま俺の身体を揉みほぐしてくれる。太ももや腕、胸のあたりをマッサージしてくれる嫁。俺は、乳首舐めをしている嫁を想像し、さらに興奮してしまう。

すると、嫁は俺のパジャマを脱がせてくる。そして、指で乳首を触り始めた。
『フフ。ここはこってるね。カチカチだね』
そんな風に言いながら乳首を触り続ける嫁……。俺は、覗き見た嫁のマッサージを思い出しながら、異常なほどに高ぶっていた。

嫁は、すぐに俺の乳首を舐め始めた。そして、ズボンごと股間を握ってくる。俺は、快感に声が漏れそうになる。でも、今日は息子達もいる。俺は、声をこらえながらなすがままになっていた。

すると、嫁がパジャマの下も脱がせてくる。そして、剥き出しになったペニスをしごいてきた。
『ここは、もっとこってるね』
そんな風に言いながら乳首舐めと手コキをしてくれる嫁……。俺は、実際にお客にこんなことをしていた嫁を思い出し、さらに興奮を強めてしまう。

『気持ちいい?』
小さな声で聞いてくる嫁。やっぱり、息子達がいることを気にしているのだと思う。俺は、黙ってうなずく。すると、嫁は俺のペニスをくわえてくれた。絡みついてくる舌、バキュームされる感覚……。俺は、一気に射精感が高まる。

嫁は、俺の乳首も指で触りながら口での奉仕を続けている。俺は、嫁が他の男にこんなことをしている現実に、暗い気持ちになる。でも、そんな事を考えれば考えるほど、さらに興奮は増してしまう。

もう、イキそう……。そう思っていると、嫁は急にフェラチオをやめた。そして、興奮した顔でパジャマの下と下着を脱ぐ。驚く俺にかまわず、嫁はまたがって挿入してしまった。
『うぅ、パパの固い』
小さな声で言う嫁。声を出さないように気をつけているんだなと思う。俺は、コンドームをつけていないことを告げる。
『今日は平気……。パパ、いっぱい気持ちよくなってね』
そんな風に言いながら、腰を上下に動かし始めた嫁。俺は、一気に射精感が限界近くになってしまう。

『パパ、まだダメ……もっと頑張って』
嫁は、とろけたような顔で言いながら腰を動かし続ける。でも、ベッドのきしむ音が気になるのか、動きはおとなしい。俺は、想像してしまった。嫁は、こんな風に最後までしている時もあるのだろうか? あの時の若い男性は、スペシャルサービスがあると言っていた。
俺は、嫁が他の男の上で腰を振っている姿を想像してしまった。その瞬間、一気に射精をした……。

『あっ、パパ、出ちゃったの?』
嫁は、前触れもなくイッてしまった俺に驚いたような声を上げる。俺も、自分自身驚いていた。こんなにも一気に、爆発的に射精をした経験はない……。

『フフ。溜まってたんだね。今度は、もっと頑張ってね』
嫁は、上機嫌に言う。俺は、嬉しそうな嫁を見て少しホッとしていた。たぶん、いくらなんでも最後まではしていない……そう思った。

そして、また2週間くらいたったあと、俺はまたスーパー銭湯に行ってみた。この前のように久美さんを指名すると、この前と同じブースに通された。そして、俺は久美さんが来る前に施術台の位置を少し動かした。

『あら、また来てくれたのね~』
久美さんは、嬉しそうに言ってくれる。ムッチリした感じの体つき。愛嬌のある笑顔。2回性的なサービスを受けたせいか、最初に会ったときよりもいい女に感じる。俺は、今さらだけど久美さんが意外に巨乳なのに気がついた。

『じゃあ、脱いじゃって』
そう言って、浴衣を脱がせてくる久美さん。俺は、あっという間に全裸に剥かれた。
『今日は、どうする? 最初からスペシャル?』
久美さんは、妙に色っぽい顔で聞いてきた。俺は、その表情にドキドキしながらうなずく。そして、施術台に仰向けで寝転がると、久美さんは両手にたっぷりとオイルを塗って俺の乳首あたりをマッサージし始めた。

『お兄さん、男前ね。また来てくれて嬉しいわ』
久美さんは、そんな風に言いながら乳首を責め続けてくれる。俺は、快感に声が漏れる。すると、久美さんは俺のペニスもしごき始めた。オイルまみれの指で乳首を触りながらの手コキ……。一気に快感が増す。

『気持ちいい?』
久美さんは、優しい笑みを浮かべながら言う。俺は、黙ってうなずく。もう、嫁の様子を覗きに来たという目的を忘れてしまいそうな状況だ。すると、久美さんは顔を俺の顔に近づけてくる。
『本当にいい男ね。私好みだわ』
荒い息遣いでそんな事を言う久美さん。そして、そのまま唇を押しつけてきた。予想もしていなかったキスに、俺は動揺してしまう。でも、そんな俺にかまわず、久美さんの舌が俺の口の中に飛び込んできてかき混ぜてくる。キスをしながらの手コキは、快感が一気に増すような感じだ。

すると、隣のブースに男性客が入ってきた。そして、施術台に座る。さすがに、3回連続で嫁が隣に来るはずないなと思いながらも、俺は隣を気にする。でも、久美さんはそんな俺にかまわずにキスを続ける。

少しすると、隣から、
『お待たせしました~。今日も、ありがとうございます』
と、元気の良い嫁の声が響く。俺は、意外にマッサージする女性は少ないのかな? と、感じた。

「由美ちゃん、今日も元気だね」
『はい、高橋さんが会いに来てくれたから、元気になっちゃいました』
二人は、親しげに会話を続ける。自分の嫁が他の男と仲良く会話をしているのは、それだけでかなりの嫉妬心を燃え上がらせる。

久美さんは、荒い息遣いでキスをしながら、
『いやだわ。発情しちゃった』
と、はにかみにながら言う。その表情が、妙に可愛らしいと思ってしまった。久美さんは、急に施術台の横に立つ。そして、キュロットパンツみたいな制服の下を脱ぎ始める。俺は、あっけにとられながらそれを見つめた。すると、ショーツまで脱いでしまった久美さんは、そのまま施術台の上に乗っかって俺にまたがってきた。

久美さんは、人差し指を口の前に立ててシーッと言う。そのまま彼女は、俺のペニスを挿入してしまった。包み込まれる膣肉の感触……。俺は、まさかここまでするとは思っていなかったので動揺してしまう。

『ん、んぅ、うぅ』
久美さんは、ごく小さなうめき声を上げながら腰を動かし続ける。気持ちよさそうな顔にドキドキしてしまう。
『気持ちいい?』
久美さんは、そんな風に言いながら腰を動かし続ける。俺は、黙ってうなずく。そして、思い出したように隣を見た。

嫁は、マッサージをしている。でも、男性は仰向けで全裸だ。すでに股間ははち切れそうに勃起している。嫁は、オイルまみれの手でそれをしごいている。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

出張先で見た妊婦物動画には、見慣れたリビングが映っていた6(オリジナル 転載禁止)

前回の話

さゆみは恥ずかしそうに顔を赤くしながらも、グイグイとディルドを押し込んでいく。結局、ほとんど全部入ってしまっているような状況だ。
『うぅあぁ、入った……。パパ、全部入ったよ』
さゆみは、トロンとした顔で言う。孝弘は、そんな姿を見て興奮しきっている。手も触れていないのに、射精すらしてしまいそうな状態になっている。



さゆみは、ディルドを動かし始めた。ゆっくりと抜いて行き、ゆっくりと入れて行く。
『うぅあぁ、あぁ、パパ、太いの……裂けちゃいそう』
さゆみはそんな風に言いながらもディルドを止めない。裂けそうだと言っている割には、痛そうな仕草をしない。孝弘は、痛いわけないのに……と、思っていた。あんなに激しいプレイ……拳まで入れられているのに、今さらこんなディルドで痛いはずがないと思っていた。

孝弘は、
「気持ちいいの? そんなに太いの入れてるのに、感じてるの?」
と、質問する。意地悪な気持ちがわいているようだ。
『ご、ごめんなさい。気持ちいい。パパ、こんなに太いの初めてなのに、気持ちよくなってる……淫乱でごめんなさい』
さゆみは、泣きそうな顔で言いながらディルドを動かし続ける。徐々にペースも速くなってきていて、クチョクチョという水音も大きくなっている。

『うぅっ、あっ、あっ、ンッ、アンッ、パパ、気持ちいいっ、ごめんなさい、気持ちいいのっ!』
さゆみは、謝りながらもディルドをガンガン動かし続ける。
『イ、イクっ、イクっ、イッちゃうっ!』
さゆみは、ディルドを激しく抜き差ししながら身体を震わせた。
『……ごめんね。イッちゃった……』
さゆみは、ディルドを入れたまま孝弘に謝る。孝弘は、ディルドを握った。
「こんなに大きなオモチャ、よく入ったね」
『う、うん。ちょっと怖かったけど……。まーくん産んでるから平気だったみたい』
「動かすよ」
『う、うん。ちょっと怖いな』
さゆみは、モジモジしながら言う。孝弘は、ディルドを動かし始めた。さゆみは、すぐに腰を浮かせ気味にしながらあえぐ。孝弘は、意外に抵抗感がないなと思いながらディルドを動かす。締まりがないというか、ディルドを締め付けてくる感触がないなと思っていた。

『パパ、気持ちいいっ。すごくこすれてる。ああっ、あっ、アンッ、パパもっとっ!』
さゆみは、太いディルドに強い快感を感じているようだ。孝弘は、拳を入れられてあえいでいるさゆみを思い出しながら、夢中でディルドを動かし続ける。

『パパ、気持ちいいっ、見てっ! こんなに太いので気持ちよくなってるのっ! 淫乱な私を見てっ!』
さゆみは泣き叫びそうな勢いであえぐ。本当に気持ちよくて仕方ないというあえぎ方だ。

「太い方が気持ちいいの? 奥まで届く方が気持ちいいの?」
孝弘が、そんな質問をしながらディルドを動かし続ける。
『ごめんなさい。気持ちいいの。感じちゃう。パパ、もっと!』
さゆみは、我を忘れたように叫ぶ。そして、腰をガクガクッと震わせてまたイッてしまった。孝弘は、ディルドを引抜ながらさゆみの膣口を見つめる。ぽっかりと空いたような膣。孝弘は、拳が入るようにはとても思えず、ついつい凝視してしまう。

『そ、そんなに見ないで……恥ずかしい……』
さゆみは、恥ずかしそうに言う。
「さゆみちゃん、もしかしたら、今まで満足してなかった? 僕のじゃ、物足りなかった?」
孝弘が質問する。
『そ、そんな事……』
モジモジと恥ずかしそうにするさゆみ。
「そうだったんだね……。ごめんね、気がつかなくて」
孝弘は、申し訳なさそうに謝る。
『そ、そんな……』
口ごもるさゆみ。孝弘が、
「でも、もう大丈夫だね。これがあれば、満足出来るでしょ?」
と、言うと、
『う、うん。そうだね。パパ、愛してる』
と、さゆみが嬉しそうに言った。

孝弘は、結局オモチャのことだけで終わったな……と、安心していた。もしかして、本当に自分の目の前であの男とのプレイをしたい……そんな風に言うのではないかと緊張していた。そして、自分もそれを期待していたのではないか? と思った。

そんなある日、さゆみが、
『今日、試供品もらってきたんだ。なんか、血液サラサラになるヤツだって。パパにあげる。脂っこいの好きだから心配なんだ』
と、カプセル状のサプリメントを渡してきた。孝弘は、すぐに直感した。何をするつもりなのか、一瞬で理解してしまった。孝弘は、
「へぇ、ありがとう。じゃあ、飲んでみようかな?」
と言って、すぐに飲もうとした。
『あ、待って、寝る前が良いんだって』
と、少し慌てて言った。孝弘は、
「そうなんだ。じゃあ、寝る前に飲むよ」
と、笑顔で言う。このあと、どうなるのだろう? 孝弘は、不安よりも期待している自分に気がついていた。

そして、夜になると孝弘はサプリメントを飲んだ。と言っても、飲んだフリだ。孝弘は、少しすると寝たフリを始めた。そのまま15分ほど経過すると、さゆみが孝弘に声をかけ始めた。
『パパ、パパ』
声をかけても、孝弘はリアクションしない。さゆみは、繰り返し3回声をかけたあと、孝弘の肩を揺らし始めた。
『パパ? 起きてる?』
さゆみは、緊張した声で言う。でも、孝弘は寝たフリを続ける。すると、さゆみは寝室を出て行った。孝弘は、強い緊張を感じていた。もう、どうなるのか想像はついている。少しすると、ドアが開いた。

『本当に、大丈夫かな?』
さゆみの弱々しい声で響く。
「朝までぐっすりだよ。じゃあ、さっそく始めるか」
男性の声が響く。孝弘は、本当にするんだ……と、驚いていた。予想通りの展開だが、本当にこんな大胆なことをするとは確信が持てなかった。

『起きちゃったら、どうしよう……』
さゆみは、不安そうに言う。
「起きたら、見てもらえば良いだろ? 本当のさゆみを。夫婦に隠し事なんて、ダメだよ」
男性は、ニヤニヤしながら言う。孝弘は、そんな二人のやりとりを、ドキドキしながら聞いていた。

「よし、オマンコ拡げてみなさい」
男性が指示をする。孝弘は、ドキドキしながらごく薄く目を開ける。すると、全裸のさゆみと服を着た男性が見えた。二人とも、孝弘の方は向いていない。孝弘は、もう少し目を開けてみた。

さゆみは、ぎこちなく自分の膣口を拡げ始める。
「なんだ、もうあふれてるぞ。旦那の前だと興奮するのかい?」
男性は、妙に余裕たっぷりの声で言う。孝弘は、ドキドキしながらそれを見つめる。
『は、はい。すごくドキドキして……。見られたらどうしようって思うと、子宮の奥がうずきます……。先生、もう我慢出来ないです。すぐ入れてください』
さゆみは、緊張しながら言う。
「どっちが欲しい?」
『お、おチンポが欲しいです。パパの前で、中に出してもらいたいです』
さゆみは、震えるような声で言う。
「パパ? パパは私でしょ?」
男性は、からかうように言う。
『そうでした。ごめんなさい。孝弘さんの前で、もう一回種付けしてもらいたいです』
さゆみは、嬉しそうに言う。
「また僕ので妊娠しちゃうの? 旦那さん可愛そうに」
孝弘は、その言葉に今さらショックを受けてしまう。本当に、息子は彼の種なのだろうか? そんな疑念を感じてしまう。

『そんな事ないです。だって、おチンポ小さいのが悪いんです。先生のおっきなおチンポ、早くハメて欲しいです。身体が、先生のザーメン欲しがってます。妊娠させて欲しいってうずいてます』
さゆみは、そんな風に言う。すると、男性は服を脱ぎ始めた。すぐに勃起したペニスが姿を見せる。さゆみは、吸い寄せられるように彼のペニスをくわえた。

「旦那の前で、よくこんなこと出来るね」
からかう口調で言う男性。孝弘は慌てて目を閉じる。こちらを向くのではないか? と思ったからだ。
『美味しいです。先生のおチンポ、くわえてるだけでイキそう』
さゆみは、うわずった声で言う。孝弘は、これが現実なんだなと暗い気持ちになっている。自分や息子が寝ている寝室に男を引っ張り込み、フェラチオをしている……。とても信じられる状況ではない。でも、これが現実なんだなと、ツラい気持ちで思っていた。

「本当に美味しそうにくわえるね」
『はい。美味しいです。ずっとくわえていたいです。先生のおチンポ、いつもくわえていたいです』
声を震わせながら言うさゆみ。孝弘は、また薄く目を開けて観察を始めた。

さゆみは、男性の大きなペニスをくわえながら、クリトリスのあたりをまさぐっている。フェラチオをしながらオナニーまでするさゆみに、孝弘の興奮は高まる。

『んっ、んぅ、うっ、んっ、あぁ、大きい。全然違う。やっぱり、先生のおチンポが良い』
卑猥な言葉を口にしながらどんどん高まっていくさゆみに、孝弘は敗北感を感じていた。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

出張先で見た妊婦物動画には、見慣れたリビングが映っていた5(オリジナル 転載禁止)

前回の話

孝弘は、ひたすらペニスをしごき続けている。画面の中では、顔にごく薄いモザイクをかけられた女性が、男の拳を膣中に入れられた状態であえぎ続けている。見慣れた食卓の上で、どう見ても愛する妻がそんなことをしているのを見ながら、孝弘は興奮の絶頂にいる。

「ほら、子宮握りつぶしてあげるよ」
男性は、興奮気味の声で言う。他の動画では淡々とした印象の男性も、さすがにフィストファックが成功したことには興奮が抑えられないようだ。


『イグッ、イグッ、アグッ、アガッ、壊れる、オマンコ壊れちゃうっ』
さゆみは、狂ったように叫ぶ。快感が強すぎて、まるで痛みを感じているような声になっている。
「ほらほら、もっと感じてごらん。もう、これじゃなきゃ、イケなくなるんだから。ガバガバになって、チンポじゃ感じなくなるんだから」
男性は、そんな事を言いながら腕を動かし続ける。ズボズボと激しく抜き差しをしながら、そんな言葉をかける男性。さゆみは、のけ反ったり身体を折り曲げるようにしたりしながら、あえぎ続けている。
『ダメッ、ガバガバになっちゃうっ。でも、気持ちいいのっ、もっとして下さいっ。もっと奥にっ、うぅあぁっ!』
さゆみは、ほとんど絶叫状態だ。

孝弘は、オナニーを続けながら色々と考えていた。この動画のあと、孝弘は帰宅している。さゆみと夜にセックスもした。まさか、昼間にこんなことをしていたなんて、夢にも思わずに……。孝弘は、悔しいとかそういう感情ではなく、ただただ興奮している。孝弘自身も、理由がわからないまま興奮し、オナニーを続けている。

「すごいね。痛いくらいに締め付けてる。ほら、言ってごらん。旦那とするよりも気持ちいいって」
男性は、そんな風にさゆみを煽る。さゆみは、すぐに、
『気持ちいいっ! 旦那の小っちゃいのより気持ちいいっ! もっとして下さいっ! オマンコガバガバにして下さいっ!』
さゆみは、叫ぶ。拡張されることに、強い興奮を感じているようだ。
「ひどいこと言ってるね。でも、旦那さんの事愛してるんでしょ?」
男性は、腕を動かしながら言う。
『はい。愛してます。先生より愛してる。でも、セックスはダメなの。小っちゃいし早いし、全然気持ちよくないの』
さゆみは、そんな事を言いながら高まっていく。男性は、その言葉を聞きながらさらに早く腕を動かす。さゆみは、腰を浮かせるようにしてあえぎっぱなしになっている。

『ダメぇ、出ちゃうっ、先生出ちゃうっ!』
さゆみが絶叫する。すると、さゆみの膣口から噴水のように透明の液体が飛び散り始めた。腕の動きに合わせ、ものすごい量の液体が飛び散る。男性は、
「あ~あ、食卓が台無しだ」
と、男性はあきれたように言う。孝弘は、いつもの食卓の上で膣に腕を差し込まれて潮吹きするさゆみを見て、もうイク寸前になっている。

『ダ、ダメッ、先生もうダメっ! うぅうう゛っ! イグッイグッ!! オマンコイグッ!!』
さゆみは、はしたない言葉を口にしながら腰をガクガクと震わせる。
「ほらほら、もっと感じて! 狂ってごらん!」
男性は、腕をさらにズボズボと抜き差しする。さゆみの膣があまりに締め付けるせいか差し込んだ腕をもう片方の腕で引っ張る感じで動かしている。
孝弘は、内臓が引きずり出されてしまうのではないか? そんんな心配すらしているような状況だ。それでもさゆみは、あえぎ続ける。薄いモザイク越しでも、快感に顔がとろけきっているのがわかるほどだ。

男性は、腕を目一杯押し込む。入れていない方の腕でも目一杯押しているような感じだ。グポグポと言う、人体からしているとはとても思えないような音を立てて、フィストファックが続いていく。
そして、さゆみは悲鳴のような声を上げて、痙攣しながら腰を落とした。そのまま、テーブルの上に身体を横たえるさゆみ……。男性は、やっと動かすのをやめた。
『も、もう……無理……』
弱々しく言うさゆみ。もう、力尽きたような感じだ。男性は、拳を引き抜く。引き抜くときも、さゆみは大きく身体を跳ねさせるようにしてうめいた。

男性は、カメラを手に持ってさゆみの膣をアップにする。ぽっかりと穴が開いたようになっている膣。中のピンク色の肉壁がうごめいているのが見える。孝弘は、こんなに拡がってしまったら、もう戻らなくなるのではないか? そんな心配をしてしまった。

それでも、孝弘はまだペニスをしごいている。イカないように、ゆっくりとしごく彼。カメラは、拡がってしまった膣口を映し続け、とろけきった顔もアップにしていく。すると、口の周りのモザイクが消え、口も鼻も見えるようになってしまう。

とろけきった口元、幸せそうに微笑んでいるようにすら見える。孝弘は、そんなさゆみの表情を見て強い危機感を感じている。動画の中では、孝弘を一番愛してると言っているさゆみ……。でも、孝弘はとてもそうとは思えない気持ちだ。

「あ~あ、ガバマンになっちゃったね。これじゃ、旦那さん気持ちよくなれないよ」
あきれたように言う男性。でも、さゆみは、
『大丈夫です。パパ、早いから。これでもすぐにイッちゃうはずです』
と、いらずらっぽく言う。そして、男性の拳を舐めて清め始めた。お掃除フェラをしているような感じで、さっきまで自分の膣中に入っていた拳を舐めるさゆみ……。
『すごく気持ちよかったです。これ、頭バカになっちゃう。あとで、もっとして下さい』
さゆみは、とろけた声でおねだりをする。男性は、
「本当に気に入ったみたいだね。じゃあ、今度はこのサイズのディルドを買ってきてあげるよ」
と、言った。
『嬉しいです。でも、隠すの大変そう』
おどけたように言うさゆみ。
「別に隠さずに、旦那に使ってもらえば? それを使えば、旦那とでもイケるんじゃない? 夫婦円満になるよ」
男性は、本気とも冗談ともつかない口調で言う。
『そんなのダメです。淫乱なのがバレちゃいます』
さゆみは、意外なほど真面目に言う。
「隠さなくても、バラしちゃった方が良いと思うけど。セックスが楽しくなるんじゃない? 旦那さんも、本当にさゆみが見られるし、良いと思うけどな~」
男性は、そんな風に言う。
『ダメです! 嫌われちゃう。パパは、真面目なんです。セックスなんて、なくても良いって思ってるくらいなんです!』
さゆみは、そんな風に言い切る。孝弘は、その言葉を聞いて思わずオナニーをやめた。浮気していることは間違いないが、さゆみは自分を愛している。嫌われないように、淫乱な部分を見せないようにしている……。孝弘は、嬉しいと思うと同時に、申し訳ない気持ちもわいている。自分がそう思わせてしまっているばかりに、さゆみは欲求不満解消をこの男性としている……。

さゆみは、さらに続けて、
『パパに嫌われちゃったら、生きていけないです』
と、真剣に言う。
「他の男の赤ちゃん産んでおいて、よく言うよ」
男性は、あきれて言う。
『他の男の赤ちゃんじゃないです。パパの赤ちゃんですよ』
さゆみは、いたずらっぽく言う。
「そんなに愛してるのに、セックスは他で楽しむんだね」
からかうように言う彼。
『それは……。パパのが小さいのが悪いんです』
さゆみは、笑いながら言う。罪悪感は、あまり感じていないようだ。

さゆみは、散らかってしまった食卓やビショビショになった床を拭き始める。すると、動画はいったん終わった。場面が変わると、さゆみは寝室のベッドの上で、バックで犯されていた。固定アングルの動画……。さゆみの膣にはまた拳が入れられている。
男性は、拳を引き抜く。
『あがっ、あぁっ、うぅあぁ』
さゆみは、声になっていないような声を上げる。男性は、抜いた拳をすぐに押し込む。
『うぅぐっ、あぁ、ダメぇ』
さゆみは、うめく。男性は、すぐに拳を抜いてまた押し込む。その度に、さゆみは大きくのけ反り、身体を震わせたりする。
「もう、簡単に抜き差しできるようになってきたね。さっきよりガバガバになってきたよ」
笑いながら言う彼。さゆみは、うめきっぱなしになりながら、お尻を突き出し続ける。
『もうダメ、死んじゃう』
苦しげに言うさゆみ。でも、男性は拳を抜いたり入れたりを繰り返す。さゆみは、シーツをギュッと握ってうめき続ける。全力で握っているのがわかるような握り方だ。

「大丈夫、死なないから。もっと感じて良いよ」
男性は、そう言って抜き差しを続けていく。あんなにも大きな拳が出たり入ったりするのを見て、孝弘は少し心配そうな顔になっている。どう考えても、尋常ではない行為だ。
『ダメッ、ダメッ、イグッ、ぐぅぅっ、イグゥゥッ!!』
さゆみは、お尻を突き出しながら身体をガクガク震わせる。そして、急に電池が切れたみたいにぐったりする。
男性は、拳を引き抜いてさゆみに声をかける。
「もう、満足? 今日はやめる?」
そんな風に聞く男性。さゆみは、
『まだ続ける。でも、ちょっと休みます』
と、楽しそうに言う。すると、スマホが鳴った。慌ててスマホを確認するさゆみ。
『あれ? パパ、もう駅に着いてる! 帰って来ちゃう!』
慌てるさゆみ。孝弘は、やっと理解した。急に一日予定を繰り上げて帰ったのに、さゆみは一人でいた。どうやっているのかわからないが、位置情報でアラートが鳴るようになっていた……。そういうことだと理解した。

「予定変わったんだね。じゃあ、帰るよ」
男性が言うと、
『まだ駅だから。あと1時間は平気です。もう一回して下さい』
と、さゆみは甘えきった声で言う。
「本当に淫乱だね。どうする? 何でする?」
男性が質問すると、さゆみは四つん這いになって自分で膣口を拡げ始める。
『また、腕突っ込んで下さい。やめてって言っても、やめちゃダメです』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

スーパー銭湯でパートしている嫁が、セクハラされていた2(オリジナル 転載禁止)

前回の話

『え? パパ、もう出ちゃったの?』
嫁は、びっくりしてキョトンとした顔になっている。俺は、かなり動揺しながら”ごめん”と謝った。
『フフ。久しぶりだもんね。溜まってたの?』
嫁は、飛び散った精液をティッシュで拭きながら聞いてくる。俺は、うなずきながらそうだと答えた。
『フフ。パパの、まだカチカチだね。本当に溜まってたんだ。ねぇ、まだ出来る? 私、まだしたいな……』
嫁は、少し恥ずかしそうに言う。

俺は、色々と考えてしまった。アカスリでお客さんにあんなことをしたので、欲求不満になっているのだろうか? あんな風にセックスの途中までみたいなことをしたので、最後までしたいと思っているのだろうか? そんな事を考えながら、俺はまだ出来ると答えた。そして、嫁を押し倒すようにしてキスをした。

すぐに絡みついてくる嫁の舌。息遣いがすごく荒い。興奮しているのが伝わってくるような状況だ。俺は、キスをしながら嫁のパジャマを脱がせていく。すぐに肉付きの良い上半身があらわになる。大きな胸は、昔よりも多少崩れてきてはいると思う。でも、抜けるような白い肌が、とても官能的に見せている感じだ。

俺は、昔よりも多少大きくなった乳首にむしゃぶりついていく。カチカチに固くしこった乳首。俺は、舌で強めに弾くように舐めていく。
『ンッ、あ、パパ、気持ちいい。もっと舐めて』
嫁は、少しうわずった声を上げる。俺は、さっきの光景を思い浮かべながら夢中で嫁の乳首を舐め続けていく。さらに固くなった乳首、大きくなっていくあえぎ声……。

『ンッ、うぅぅ、フゥ、あっ、アンッ、パパ気持ちいい』
嫁は、悩ましい声を上げながらさらに息遣いを荒くしていく。俺は、指でも乳首を責め始めた。
『パパ、気持ちいい。すごく気持ちいいの。もっとして。もっと舐めて』
嫁は、とろけかかった声を上げる。俺は、感じている嫁に興奮しながらも、さっきの光景を思い浮かべ続けている。さらに固くなったような乳首。気持ちよさそうなあえぎ声。俺は、興奮しながら嫁の乳首を責め続ける。
『パパ、もうダメ、来て。我慢出来なくなっちゃった』
嫁は、恥ずかしそうに言う。俺は、嫁が強く興奮していることに色々と邪念をわかせてしまう。お客さんに性的サービスをしたことで、嫁自身も興奮しているのではないか? そんな事ばかりを考えてしまう。

俺は、嫁の言葉に興奮しながら全裸になり、嫁のパジャマも全部脱がせる。そして、すぐにコンドームを装着して覆い被さっていった。
『あっ、パパ、すごく固いっ』
嬉しそうに声を上げる嫁。俺は、久しぶりの膣の感触に声が出そうな程快感を感じる。そして、すぐに腰を振り始めた。
『あっ、ンッ、アンッ、パパ気持ちいいっ』
嫁は、すぐにあえぎ始めてくれる。俺は、興奮しきった状態で夢中で腰を振りながら、嫁の身体を見つめていた。
肉付きの良い身体。子供を産む前より10kgくらいは違うのだろうか? でも、俺は今の嫁の身体の方がずっと好きだ。揺れる胸、あまりくびれのないウェスト。お腹の肉も、俺の腰の動きに合わせて動いているように見えてしまう。それでも、すごくセクシーだと思う。

『パパ、気持ちいい? もっと気持ちよくなって』
嫁はそう言って俺の乳首を舐めてくれる。正常位でセックスをしながら、乳首を舐めてくれる嫁。俺は、こんな風にしてくれることがあったかな? と、考えてしまう。久しぶりにセックスをしたら、嫁がこれまでと違うことをする……。それは、イヤな予感しかしないような状況だと思う。

俺は、気持ちいいと口にしながら夢中で腰を振る。でも、さっきから頭の中は、立ったまま指でイカされてしまった嫁の姿ばかりが浮かんでいる。あの時、嫁は確かにイカされてしまったように見えた。他の男の手でイカされる……。それは、どう考えても許せないようなことだ。それなのに、俺はなぜか早くもイキそうになっている。
興奮している? 嫁が他の男の手でイカされたことを思い出しながら、興奮している? 俺は、パニックになりそうな気持ちのまま腰を動かし続けた。

『パパ、気持ちいい。すごく気持ちいい。固いよ。カチカチになってる。もっと興奮して。もっと固くなって』
嫁はそんな風に言いながら俺の乳首を舐め回す。舐め方がすごくイヤらしい感じがするし、妙に上手だ。もしかしたら、こんな風にお客の乳首を舐めてあげているのかな? と、考えてしまう。
俺は、他の男の乳首を舐めながら手コキをする嫁をイメージしながら、あっけなくイッてしまった。
『アンッ、パパ、イッちゃったの? フフ。今日はすごく興奮してるね。嬉しいな……』
嫁は、嬉しそうに言う。笑っている顔を見ると、本当に可愛らしいと思う。とても二人の子供がいるとは思えないくらいに、少女っぽい表情になっている。俺は、嫁にキスをした。嫉妬がそうさせるのかわからないが、激しく舌を絡めて彼女を抱きしめた。嫁も、嬉しそうに舌を絡めながら抱きついてくれる。

その後、少し休憩をした後にもう一度セックスをして、疲れ切って眠った……。次の朝、嫁は上機嫌だった。セックスをした次の朝、嫁がこんな風に上機嫌になっていると妙に嬉しい。愛されているなと感じることが出来る。でも、やっぱり昨日の事を思い出してしまう。

嫁は、日常的に性的なサービスもしているのだろうか? そして、スペシャルなサービスとは、なんだろう? 俺は、モヤモヤしっぱなしだった。

そんなモヤモヤを抱えたまま日々は過ぎる。そして、1週間ほどたったある日、俺はもう一度スーパー銭湯に行った。今日は、嫁がいるのはわかっている。俺は、嫁に見つからないように気をつけて行動した。そして、前回マッサージをしてくれた女性を指名して、今度はアカスリではなくオイルマッサージをお願いしてみた。

少しすると、この前の女性がブースに入ってきた。前回はあまりちゃんと見ていなかったが、今日はちゃんと彼女のことを観察した。やっぱり、40過ぎくらいだと思う。でも、童顔というか、可愛らしい顔をしている。太ってもいないし痩せてもいない。胸は、そこそこある感じだ。
人妻系の風俗店なら、人気が出そうなタイプに見える。
『あら。また来てくれたのね。嬉しいわ』
おばちゃんは、そんな風に言う。そう言えば、この前もらった名刺には久美と書いてあった。

久美さんは、笑顔で挨拶をしながら施術台にタオルを敷いたりし始める。テキパキと準備を続ける久美さん。俺にも、
『じゃあ、着替えちゃってね~』
と、楽しそうに言う。俺は、すぐに浴衣を脱いで紙パンツを穿く。でも、すでに軽く勃起してしまっている。久美さんは、俺の盛り上がった股間を指でつつき、
『あらあら、若いのね』
と、嬉しそうに言う。俺が照れながら股間を隠そうとすると、
『じゃあ、最初から仰向けになって下さいね』
と、妙に艶っぽい顔で言う。俺は、ドキドキしながら施術台に仰向けで寝転がった。久美さんは、すぐにオイルを両手につけて俺の身体に塗っていく。いきなり乳首を刺激され、思わず腰が浮く。
『気持ち良いですか? もっとリラックスして下さいね~』
久美さんは、そんな風に言いながら乳首を重点的に責めてくる。俺は、目的を忘れて快感に没頭してしまう。それにしても、今の世の中でこんなことがあることに驚いてしまう。
これは、ナイショのサービスだと思う。でも、こんなことはすぐにネットで情報が拡散しそうに思う。摘発とかされないのだろうか? そんな事を心配してしまう。

すると、隣のブースにお客さんが入ってきた。俺は、急にドキドキし始めていた。隣のブースの男性は、この前の若い彼ではない。まぁ、そんな偶然はなかなかないとは思う。
おそらく40代くらいの落ち着いたイメージの男性。リラックスした様子で座っている。

俺は、嫁が来るのかどうかドキドキしながら待っていた。今日は、久美さんが来る前に施術台を少しズラしておいた。隣のブースが、より覗けるような位置にしておいた。

久美さんは、俺が隣のブースを見ている事に気がつかずに俺の乳首を責め続ける。
『あらあら、はみ出ちゃってるわね』
久美さんは隣のお客さんを気にしてか、小声で言う。俺は、恥ずかしくなってしまいながらも隣をチラチラ覗き続ける。すると、久美さんが俺の紙パンツを引っ張って破ってしまった。慌てる俺を見つめる久美さん。人差し指を口の前で立ててシーッと言うゼスチャーをする。

そして、オイルまみれの手で俺のペニスをしごき始めた。単純に握ってしごくだけではなく、指を絡みつかせるようにしてしごく彼女。俺は、あまりの快感に声が漏れそうになる。久美さんは、イヤらしい指使いで手コキをしながら、乳首を舐めてきた。俺は、ドキッとしてしまった。この前、俺が想像してしまった嫁の姿と同じだ。

すると、隣のブースで、
『お待たせしました~。いつもありがとうございます』
と、嫁の声が響く。俺は、思惑通り隣に嫁が来たことに、良かったと思う気持ちと、どうしよう? と、戸惑う気持ちで揺れてしまう。

「こちらこそ、いつもありがとね」
男性が、落ち着いた声で言う。俺は、隣を気にし続ける。嫁の右半身しか見えないが、この前の時よりは見えている範囲が広い。何をするのだろう? ドキドキしてしまう。お客の男性は、どうやら常連みたいだ。スペシャルなサービスを受けるのだろうか? 

『じゃあ、着替えて下さいね』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

スーパー銭湯でパートしている嫁が、セクハラされていた(オリジナル 転載禁止)

嫁がセクハラされているのを見て、寝取られ性癖に目覚めてしまった。きっかけは、嫁のパート先をのぞきに行ったことだ。
嫁の由美子は、先月38歳になった二人の子持ちだ。最近は少しふくよかになってきたけど、むっちりした、なかなか肉感的なボディをしている。
俺は、そんな由美子の身体が好きだし、今でもたまにラブホテルに行って嫁とセックスをしたりしている。嫁は、俺の収入がたいしたことないせいで、家計の足しにするためにパートに出てくれている。近所のスーパー銭湯だ。そこで、アカスリのようなことをしている。


最初は、嫁が他の男の身体を触ることに抵抗は感じたが、意外なほどに時給が良いので、あまり気にならなくなった。背に腹は代えられないというヤツかもしれない。嫁はもう40歳近いし、ぽっちゃりしたような感じでそれほど美人というわけではないので、心配もないだろうなと思っていた。お客さんに誘われたりとか、そんな事もないはずだと……。

ある日、俺は仕事で力仕事をしてけっこう汗をかいた。嫁がいるのかどうかもわからないまま、嫁のパート先のスーパー銭湯に寄った。嫁がいるのかな? と、妙にドキドキしながら受付をし、ロッカーの所に行った。その途中、アカスリの部屋が見えた。でも、お客さんが誰もいないので、アカスリをする女性の姿も見えなかった。

平日はこんなものかと思いながらシャワーを浴び、風呂に入ってリラックスしてると、そう言えばアカスリって一度も経験したことがないなと思った。そして、俺は嫁がいるかもなと思いながらも、アカスリを申し込んだ。

受付で指示されたとおりにアカスリの部屋に行き、簡単なパーテーションで区切られた区画の一番奥に移動すると、ベッドに座って施術する人を待った。すぐにやってきた女性は、嫁よりもおそらく年上のベテランという感じの女性だった。

『お待たせしました。じゃあ、服脱いでうつ伏せに寝転がっちゃって下さいな』
女性は、テキパキと指示をしてくる。俺は、まさか全裸になるとは思っていなかったので驚きながらも、言われるままに全裸になってうつ伏せになって寝転がる。俺は、嫁はこんな風に全裸の男性を相手にしているのだろうか? と、心配になってきた。すると、女性は俺に使い捨てっぽい感じの紙で出来たパンツを穿かせ始めた。

俺は、少しホッとしながらも、ちょっと恥ずかしいなと感じていた。たぶん、睾丸もチンポも丸見えだったはずだ。俺は、自分の粗末なチンポを見られたことに、ちょっとだけ引け目を感じていた。

でも、女性はとくになにも言わずに施術を始めた。
『痛かったりしたら、言って下さいね』
そう言って、腕や足をアカスリ特有のグローブみたいなものを手にハメてアカスリをしていく彼女。絶妙な力加減で、痛みはない。もっと力任せで痛いのかな? と、イメージしていたので、少し安心した。世間話をしながら、俺の身体をこすり続ける彼女。俺は、気持ちいいなと思いながら、嫁もこんなことをしてるんだなと思った。けっこう力仕事っぽいので、申し訳ないなという気持ちもわいてくる。

すると、隣のブースにお客さんが入ってきた。そして、少しすると施術の女性が入ってくる。でも、パーテーションがあってあまり様子が見えない。でも、ベッドの端の方は見えている感じだ。

『お待たせしました~。いつもありがとうございます』
その女性が声を出す。俺は、それが嫁だとすぐにわかった。まさかの状況に、俺は少し緊張してしまう。まるで、覗き見しているような気持ちになってしまう。

「お姉さんに会いたくなっちゃったからまた来たよ」
お客は嬉しそうに言う。
『ありがとうございます。嬉しいです』
嫁は嬉しそうに言う。そして、
『では、この下着を履いて下さいね』
と、お客さんに指示をする。俺は、施術する人によってやり方は違うんだなと思った。
「え~。着せてほしいな~」
お客さんは、少し不満そうに言う。
『ダメですよ~』
嫁は、そんな風に言うが明るい口調だ。
「今日ダメなの?」
男性が言う。典型的な面倒くさいお客さんという感じだ。
『お隣もいますから。時間、なくなっちゃいますよ~』
嫁は、お客を怒らせないようにするためか、軽いノリで言う。
「は~い」
男性は、そんな風に言いながら着替え始めた。パーテーションがあるので全部は見えないが、少し不満そうに着替えている感じが伝わってくる。俺は、早速始まったセクハラまがいのことに、少し腹が立っていた。

すると、俺の施術しているおばさんが、
『じゃあ、仰向けになって下さいね』
と、笑顔で指示をする。俺は、言われるままに仰向けに寝転がる。すると、おばちゃんは俺の太ももや胸のあたりをアカスリし始める。少し痛がゆい感じはするが、気持ちいい。でも、俺はアカスリのことよりも嫁のことが気になってしまう。

『じゃあ、失礼します。痛かったら言って下さいね』
嫁がそんな風に言いながら施術を始める。ちょうど、嫁の背中が見えているような感じだ。嫁は、男性の足を腕をアカスリしている。色々と世間話をするが、男性はあまりしゃべらない。声の感じがまだ若いので、世間話とかは苦手なのかもしれない。
嫁は事務的にアカスリを続ける。すると、俺を施術している女性が、俺の太ももの付け根あたりをアカスリし始めた。かなり際どいところをされている感じだ。時折、アカスリのグローブが俺の睾丸や竿の付け根あたりに当たる……。わざとしているのかわからないが、少しムラムラしてしまいそうになる。

すると、嫁がお客さんに、
『では、仰向けになって下さいね』
と、指示をした。男性は、言われるままに仰向けになる。でも、俺はドキッとしてしまった。男性の股間は、完全に勃起している。紙のパンツを突き破りそうな感じでいきり立っている。

嫁は、
『あらあら、お客さん、若いですね~』
と、軽くいなすように言う。
「お姉さんが色っぽいから、元気になっちゃったよ。握ってみる?」
男性は、完全にセクハラモードになっている。俺は、ムッとしながらも、何故かドキドキしていた。

『そんなサービスはないですよ~』
嫁は、やっぱり軽くいなす。こういうことにも、慣れているんだなと感じた。そして、申し訳ない気持ちになる。家計のために、こんなイヤな思いをしながらパートしてくれてるんだなと思うと、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいだ。

嫁は、男性の身体をアカスリしていく。男性のチンポは、勃起したままだ。
「ちょっとだけ握ってよ」
男性は、そんな事を言う。でも、嫁は、
『セクハラはダメですよ~』
と、軽くいなす。自分の嫁がセクハラをされていて、それを慣れた感じであしらう光景……。俺は、ドキドキしてしまっている。自分でも、何のドキドキなのかわからないまま、それを見続けている。

すると、俺の身体をアカスリしているおばちゃんが、急に俺のチンポを指でつつきながら、
「あら、若いわね」
と、言ってきた。俺は、指で突かれて初めて自分が勃起していることに気がついた。慌てて手で隠すと、
「隠さなくて良いですよ~」
と、おばちゃんはニコニコ笑いながらアカスリを続ける。このおばちゃんの態度を見ても、こういう場所では客のセクハラ行為は多いのかもしれないと思った。

俺は、勃起しているチンポを見られている居心地の悪さを感じながらも、アカスリされるに任せている。そして、視線を隣のブースに戻す。

嫁は、男性の脚のあたりをアカスリしている。でも、よく見ると客の手が嫁のお尻を触っている。鷲掴みみたいにしているお客……。嫁は、なにも言わずにアカスリを続ける。そして、男性はそのまま嫁のお尻を揉むように触り続けている。

俺は、慌ててしまった。止めないと……助けないと……そんな風に思った。でも、嫁が、
『痛くないですか?』
と、男性に質問する。男性は、
「痛くないよ。お姉さん、上手だね~」
と、明るい声で言う。嫁は、
『お姉さんじゃないですよ。もう、おばちゃんです』
と、上機嫌で言う。お尻を触られ続けているのに、怒ってる感じも嫌がっている感じもない。

すると、いきなりチンポを握られた。慌てて施術の女性を見ると、彼女はウィンクをして人差し指を立てる。シーッと言っている感じだ。女性は、いつの間にか俺の紙パンツもズラしていた。そんな事にも気がつかないくらいに、俺は興奮をしてしまっていたようだ。
女性は、ゆっくりと俺のペニスをしごき始めた。俺は、まさかこんな普通のスーパー銭湯で、こんなことを経験するとは夢にも思っていなかったので焦ってしまっている。

『お客さん、こってますね~』
おばちゃんは、そんな事を言いながら俺のチンポをしごき続ける。正直、気持ちよくて射精しそうになってしまっている。よく見ると、おばちゃんは手にオイルのようなものを塗っていて、ヌルヌルしてかなり気持ちいい。

俺は、嫁に見られてしまうのではないか? そんな心配でドキドキしてしまう。恐る恐る嫁の方を見ると、嫁は手を動かすのをやめて施術台に両手をついていた。よく見ると、客の男性が嫁の短パンの隙間ら指を差し込んでいる。そして、かなり激しく上下に動かしている。

指を入れられてしまっている!? 膣の中に!? 俺は、セクハラの範囲を超えたその行為に、思わずフリーズしてしまった。嫁は、施術台の上のタオルを握りながら何かに耐えるように身体を硬直させている。客は、かなり激しく手を動かしている。かなり激しく指を出し入れしているような感じだ。AVで見るような、激しい手マンだ。でも、嫁は無抵抗だ。押しのけようともしていないし、声を出してもいない。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

嫁の浮気相手は、ハゲた中年太りのおっさんだった完(オリジナル 転載禁止)

前回の話

久美は下駄箱に両手を突いたまま、お尻をバチンバチンと川井にぶつけていく。避妊具なしの生ペニスが、久美の膣奥まで入ってしまっている。久美は、必死で腰を動かし続ける。仁王立ちになって動かない川井に対して、久美はアスリートのように動き続けている。

俺は、強いショックを受けていた。こうなるだろうなと言う予想はしていた。でも、久美が川井を拒絶するパターンも想像はしていた。そして、そうなることを強く望んでいた。


久美は、本当にあっけなく川井を受け入れてしまった。抵抗は、ほとんど……と言うよりも、まったくなかったように見える。俺とのセックスでは、やっぱり物足りなかったという事なんだろうなと思う。

「良いんですか? 中に出したら本当に出来ちゃうよ? 安全日なの?」
川井が、仁王立ちのままそんな風に言う。久美は、狂ったようにお尻をぶつけ続けながら、
『あ、危ない日です。赤ちゃん出来ちゃう日です。でも、良いの。出して欲しいです。久美のオマンコに、川井さんのザーメン注いで欲しいですっ』
久美は、叫ぶように言う。川井は、ニヤけたような顔で、
「じゃあ、妊娠しなさい」
と言った。久美は、
『はい! します、妊娠します! 川井さんのザーメンで、孕みます!』
と、嬉しそうに叫ぶ。玄関で、着衣のままセックスをする久美は、痴女にでもなってしまったような感じだ。俺と子作りをする……。そんな事は、すっかりと忘れてしまっているように見える。

『うぅあっ、あぁっ、気持ち良いっ! 川井さんのおチンポ、子宮に当たりっぱなしなのっ! やっぱり、これが好きっ! 川井さんのおチンポ、大好きですっ!』
久美は、とろけた顔で叫ぶ。もう、リミッターのようなものは壊れてしまったようだ。久美は、腰をガンガン振り続ける。立ちバックの体位で、久美の方が腰を振り続けるのは、夫としては見るのもツラいような状況だ。でも、俺はペニスを出してしごき始めた。嫉妬や怒りなんかよりも、興奮の方が遙かに大きい。しごいた瞬間に、脳がしびれるような強い快感を感じてしまう。

「うねってきたね。イクの? 相変わらずイキやすいね」
からかうように言う川井。久美は、身体をガクガクッと震わせながら果てた。
『イッちゃった。やっぱり、川井さんのが好き。このおチンポがすき。全然違います』
久美は、とろけきったような顔で言う。そして、自分からペニスを引き抜くと、今度は川井に対して正面を向く。そして、川井の大きすぎるペニスを掴むと、自分の膣口に押しつけていく。身長がほとんど同じ二人。立ったままハメてしまった。立位とでも言うのだろうか? 久美は、向かい合ったままハメると、腰を振り始めた。

川井の大きなペニスが、久美の膣を犯し続ける。俺とは一回もしたことのない体位で、久美は狂ったように腰を動かし続けている。
立ったまま腰を上下に動かしているので、ストローク量は少ない。でも。、体重がそのままかかるせいか、かなり深いところまで入っているように見える。実際、久美の顔はさっきよりもとろけきっているし、苦しそうにも見えるくらいだ。
俺は、久美のとろけきった顔を見ているのがツラくなってきてしまった。すると、久美は川井にキスをする。立位でキスをしたままセックスをする二人……。
でも、やっぱり久美が積極的に舌を動かしている状況で、川井の方はほとんど舌を動かしていない。久美は、ルックスも悪くないと思うし、胸も大きい。川井のようなハゲ散らかした不潔なおっさんでは、一生抱くことの出来ないような相手だと思う。
それなのに、夢中になっているのはどう見ても久美の方だ。俺は、悔しいなと思ってしまう。久美のことを軽く扱われているような気持ちになってしまう。

『飲ませて。川井さんの、飲みたい』
久美が、荒い呼吸で言う。すると、川井が久美の口の中に唾液を垂らしていく。見ていて、気持ち悪くなってしまうような絵面だ。タバコ臭そうな、気持ち悪いとしか言えない唾液の塊が、久美の口の中に垂らされていく。
久美は、嬉しそうな顔で口を開け続けている。欲しくて仕方ない……。そんな表情になっている。そして、たっぷりと口に注ぎ込まれると、それを嬉しそうに飲み干しながら、
『美味しいです。もっと飲みたいです』
と、おかわりをおねだりする。川井は、しょうがないなと言うような顔で、唾液の塊を垂らしていく。
『あぁ、川井さん、もっと、好き。大好き。川井さんの牝にして下さい』
声を震わせて久美が言う。俺は、ペニスをしごきながらそれを見つめる。
「結局、私のチンポが忘れられなかったんだね」
得意気に言う川井。
『はい。忘れられなかったです。無理です。川井さんのおチンポ忘れるなんて、絶対に無理です。あぁ、気持ち良い。子宮に響く……。早く中に出して下さい。孕ませて欲しいです』
久美は、とろけた顔で腰を振り続ける。発情した雄犬のように腰を振り続ける久美。俺は、バカなことをしてしまったなと思っていた。久美は、欲求不満は溜まっていたかもしれないが、俺がバカなことをしなければ、川井とこんな風にセックスをすることはなかったかもしれない。

わざわざ川井にこんな事をさせてしまった結果、結局久美はまた川井のペニスに堕ちてしまった。久美は、またキスをする。本当に、キスをしたくて仕方ないと言う感じだ。ホームレスと間違われてもおかしくないような風貌の川井。ペニスの性能という一点だけで、久美を虜にしてしまった。

『あぁ、イク。イキます。おチンポイクっ! うぅああっ、あっ、イク、イク、イクっ!! おぉおおおぉ!』
久美は、トロトロにとろけた顔でうめきながら身体をガクガクッと震わせた。久美がこんなに激しく動き続けているのに、川井はイク気配もない。俺は、川井に敗北感しか感じなくなってきた。
俺なら、久美にこれだけ奉仕をされたらとっくに果ててしまっていると思う。ペニスの大きさだけではなく、持続力や回復力も人並み外れているように思える。

「あ~あ、またイッちゃって。悪い奥様だねぇ~」
川井は、嬉しそうにからかうように言う。
『だ、だって。気持ち良いんだもん。ずっと我慢してたから……。川井さんのおチンポのこと考えて、おもちゃでオナニーしてたから……』
久美は、甘えた声で言う。すると、やっと川井が、
「旦那の粗チンじゃ、満足できなかったんだね」
と、小馬鹿にしたように言うと、やっと腰を動かし始めた。突き上げるような感じで腰を動かすと、久美が背中をのけ反らせる。
『うぅああっ、気持ち良いっ! もっとっ! 川井さん、もっと突いてっ! 子宮の中まで犯してっ!』
久美が叫ぶ。川井は、一定のリズムで腰を突き上げ続ける。すると、久美は川井にしがみ付いていく。
『おぉおおっ、おぉおぉおおっ、おチンポ気持ち良いっ! 違う、違いすぎる。やっぱり気持ち良いの。全然違う。気持ち良いっ』
久美は、そんなことを言いながら身体を震わせる。そして、ビチャビチャッと股間からしぶきを飛び散らせ始めた。
「ほらほら、もっと感じて」
川井は、笑いながら言う。そして、腰をガンガン突き上げる。久美は、泣き叫ぶような声であえぎながら潮吹きを続ける。床がビチョビチョになり、土間の方にまで流れていくのが見える。
『あぁっ、あぁ~~っ! イグッ! んおぉおっ! 川井さん、イッて下さいっ! オマンコ溢れさせてっ!!』
久美が、泣き声で言う。すると、川井がやっと、
「出すよ。ほら、妊娠して」
と言いながら、あっさりと中出しを始めた。久美は、嬉しそうな顔で身体を震わせ、むしゃぶりつくように川井にキスをし始めた。

他の男に中出しされながら、嬉しそうにキスを続ける久美。俺は、イキそうなのを堪えながらオナニーを続ける。なんとなく、こんなにあっけなく射精してしまったら、負けた気持ちになる……。そんな、わけのわからない対抗心だ。

『川井さんのザーメン、凄くいっぱい出てます。こんなに出されたら、絶対に妊娠しちゃってます』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

出張先で見た妊婦物動画には、見慣れたリビングが映っていた4(オリジナル 転載禁止)

前回の話

孝弘は、目を疑うような光景を見ながら射精をしていた。あまりの快感に声が漏れる中、信じられないほど大量の精液が放出され続けている。

画面の中では、さゆみがベビーベッドに身体を預けながら、腰を男性に押しつけるようにして動かしている。息子は、母親が変な顔をして変な声を出しているのが面白いのか、無邪気にキャッキャと笑っている。



『あぁ、ダメぇ、見てる、まーくんが見てる……。でも、止まらないの。腰、止められないの』
さゆみは、ガンガン腰を振り続ける。男性は、仁王立ちで身動きしない。さゆみは、ベビーベッドを揺らしながら腰を振り続けている。

すると、男性がさゆみのお尻を叩いた。
『ひぃっ! うぅあぁ、イッちゃった、またイッちゃいましたぁ』
さゆみは、腰をガクガク震わせながら言う。その悲鳴のような声を聞き、息子は大はしゃぎだ。遊んでもらっていると勘違いしているのかもしれない。
「ほら、笑ってるよ。淫乱なママだって笑ってるよ」
男性は、からかうように言う。さゆみは、そんな言葉を聞かされて、余計にとろけた顔になる。

『ダメ……先生のおチンポ気持ちよすぎるの。子宮にギュッてなってるの、パパのと全然違います』
さゆみは、声が震えすぎて裏返りそうだ。
「どう違うの? 旦那のじゃ、気持ちよくないの?」
男性が質問する。
『……気持ちよくないです。少しも気持ちよくないです。だって、短くて細いから……。先生の立派なおチンポとは、全然違います』
さゆみは、そんなひどいことを言う。孝弘は、馬鹿にされているのにもかかわらず、強い興奮を感じていた。

「でも、セックスはしてるんでしょ?」
男性が質問すると、
『はい。でも、全然気持ちよくなれないんです。欲求不満がたまっちゃいます』
と、さゆみはさらにひどいことを言う。
「だったら、もうやめたら? しなければいいでしょ?」
男性が言うと、さゆみは恥ずかしそうに、
『でも……。好きだから……。パパのこと、好きなんです』
と、言った。孝弘は、ホッとしながらも矛盾しすぎているなと思っていた。自分のことが好きなら、なぜ浮気をしているのだろう? 昔から調教されていたとしても、結婚を機に関係を打ち切ればいいはずだ。孝弘は、そんな疑念を感じていた。

「好きなのに、浮気して、ほかの男の子供まで産んじゃうの?」
男性がとんでもないことを言う。
『だって……。先生の赤ちゃん、欲しかったから……。でも、パパの子供です。まーくんは、パパの子なの』
さゆみは、いたずらっぽく笑う。孝弘は、さゆみの闇の部分を見せつけられている気持ちになっていた。そして、さゆみは腰を振り続ける。
『先生、ここじゃダメ……。ベッドで、もっと激しくして欲しいです』
甘えたように言うさゆみ。すると、画面が転換する。ベッドの上で、騎乗位で腰を動かしているさゆみ。さっきの卑猥なランジェリーは、身につけたままだ。黒のレースの首輪が、M女っぽさを強調している。

『気持ちいいですか? 先生、さゆみのオマンコ気持ちいいですか?』
さゆみは、わいせつな言葉を口にしながら腰をガンガン振り続ける。よく見ると、単純な騎乗位ではなく、男性が正常位をするような格好で腰を振っている。男性は、足を抱えるようにして持ち上げている。さゆみは、男性になったように腰を動かし続ける。サディスティックな男性が、まるで受け身の女性みたいな格好をしているのはかなり違和感がある。

『あっ、あんっ、気持ちいいっ! 先生も気持ちいい? もっと感じてくださいっ。オマンコきつく締めますからっ』
さゆみは、夢中で叫ぶ。本当に、一生懸命に頑張っている感じだ。さゆみは、男性顔負けの力強さで腰を振り続ける。さゆみの方が犯しているような状態だ。孝弘は、気がつくとペニスをしごき始めていた。自分の妻が、犯すように男性の上で腰を振っている姿……。それは、信じられないほどに孝弘を興奮させている。

さゆみは、男性のように腰を振りながら、下になっている男性の乳首を舐め始める。男性は、顔に濃いモザイクがかかっているので表情はまるでわからない。でも、吐息のようなものも漏れているし、息づかいも荒い。相当に気持ちいいのだと思う。

『あぁ、先生のおチンポ、ガチガチです。出ますか? イッちゃいますか? 二人目孕ませてくださいっ』
さゆみは、とろけきった声で叫ぶ。
「さゆみ、イクよ。もう一度妊娠しなさい」
男性は、そう言ってさゆみの膣中に射精を始めた。さゆみは、膣中に注ぎ込まれた途端、背中をのけぞらせながら果てた。こんな、男女逆転のようなセックスをする二人。男性は、さゆみに奉仕させるばかりでほとんど自分からは動かない。さゆみは、うれしそうに奉仕を続けるのが常だ。

そして今は、膣中に射精されたまま、放心状態のような顔で男性にキスを続ける。さゆみの顔のモザイクは、薄すぎて表情までわかるほどなのに、男性の顔のモザイクは濃すぎて表情もまるでわからない。

さゆみは、しばらくキスを続けた後、男性の上からどいて彼のペニスを舐め始めた。ごく当たり前に、お掃除フェラを始める姿に、孝弘はドキドキしていた。動画は、また場面が変わる。

ソファの上で、男性にまたがっているさゆみ。黒のレース仕立てのセクシーなランジェリー姿で、アナルにペニスを入れた状態で腰を動かしている。カメラは、ペニスをくわえ込んで広がりきっているアナルを映している。

『気持ちいいです。ケツマンコ、もうイッちゃいそうです』
さゆみは、声を震わせながら言う。卑猥な言葉を口にするのも、アナルに入れるのも、ごく当たり前のような感じになってしまっている。孝弘は、またペニスをしごき始めた。

「まだ足りないの? もう、疲れたでしょ」
男性があきれたように言う。
『足りないです。せっかくパパがいないんだから、いっぱいしてください』
さゆみは、甘えたような声でおねだりをする。すると、スマホがなった。さゆみは、慌てた顔になる。でも、男性が勝手にスマホを手に取って通話状態にする。さゆみは、慌てた顔で、
『パパ、お疲れ様。夕ご飯食べた?』
と、言う。孝弘は、あのときのことを思い出していた。まさか、通話中にアナルセックスをしていたなんて、想像もしていなかった。
『明後日は、何時くらいに帰ってこられるの? 早く帰ってきて欲しいな』
さゆみは、そんな言葉を口にしながらも、腰をくねらせるように動かしている。孝弘と会話をしながらも、すでに快感を求めに行ってしまっている。

さゆみは、孝弘と会話を続けながら体の向きを変える。そして、男性にキスをしたりする。会話の隙を見てそんなことをするさゆみ……。もう、この状況ですら楽しんでいるような感じだ。

『じゃあ、パパの好きなモノ作って待ってるね。お仕事、頑張ってね』
さゆみは、そんな言葉を口にする。声だけ聞いていると、心のこもった温かい言葉だ。でも、さゆみはキスを繰り返しているし、腰はかなり激しくくねらせている。薄いモザイク越しに、顔がとろけきっているのがわかる感じだ。

そして、通話は終わった。すぐに腰を激しく上下に動かし始めるさゆみ。
『興奮しちゃった。パパと話してて、何回もイッちゃった』
さゆみは、とろけた声で言う。そして、男性にキスをする。孝弘は、興奮しきっていた。もう、イク寸前にまでなってしまっている。

『パパに見られたい……。パパに見られながらケツマンコでイカされたい……。あぁ、ダメ、想像しただけでイキそう』
さゆみは、声を震わせる。孝弘は、さゆみの秘めた性癖に驚くばかりだ。

「じゃあ、してみる? 面白そうじゃん」
男性は、無責任に楽しそうに言う。
『ダ、ダメだよ。捨てられちゃう。嫌われちゃう』
動揺するさゆみ。
「でも、したんでしょ? じゃあ、眠らせてしてみたら? まずはそこから」
男性が提案をする。
『……うん。それ、すごくしたい。パパの目の前で、イカせてくれますか?』
さゆみは、とろけきった顔で言う。男性は、良いよと言った。

さゆみは、さらに興奮した声を上げながら腰を振り続ける。
『イグっ! んおぉおっ、ケツマンコイグぅっ!! 先生、出してっ、中に出してっ!』
さゆみは、泣き叫ぶような声で言いながら腰を振り続ける。そして、背中をのけぞらせながらガクガクッと震える。もう、イキっぱなしになっているような状態だ。少しすると、男性はさゆみの腸内に射精をした……。

男性は、ペニス引き抜くと、さゆみに脚を大きく広げさせる。膣からもアナルからも精液が流れ出るのが映ると、孝弘はこらえきれずに射精をした。自分の妻の膣からもアナルからも他人の精液が流れ出ている……。しかもそれが、無断で販売までされている。
どこにも興奮する要素などないはずなのに、孝弘は息が苦しくなるくらいに興奮したままだ……。

動画は、そこで終わった。孝弘は、やっと少し冷静になっていた。そして、どうして自分が帰ったとき、さゆみは一人だったのだろう? そんなことを考えていた。驚かせるために、日程を1日前倒しして帰宅した。それなのに、さゆみは男と一緒にいなかった。孝弘は、その謎のことを考え続けていた。

販売ページに戻ると、動画が新しく登録されていた。すぐに購入する孝弘。動画を再生し始めると、裸にエプロン姿のさゆみが、椅子に座って朝食を食べる男性に、口での奉仕をしていた。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

嫁の浮気相手は、ハゲた中年太りのおっさんだった7(オリジナル 転載禁止)

前回の話

俺は、ただただ絶望的な気持ちになっていた。久美は、激しく身体を震わせてイキ果てながらも、また川井にキスをしている。川井は、ほとんど何もしない。ただ、久美が一方的にキスをしたり腰を振ったりしているような状況だ。

川井は、興味がなさそうな冷めた目で久美のことを見ている。早く終わらないかな? とでも思っているような態度だ。それに引き換え、久美は愛し合っているような気持ちのこもったセックスを続けている。俺は、久美に足で踏まれてイッてしまい、床に精液をぶちまけてしまった。情けない気持ちと絶望感に包まれながらも、どうしても興奮が収まってくれない。


『イクっ、川井さん、イキますっ! 久美イッちゃうっ、川井さんのおチンポでイクっ!!』
久美は、はしたない言葉を口にしながらイキ果てる。もう、顔はとろけすぎてわいせつ物のような感じになってしまっている。
久美は、そのまま腰を振り続け、続けざまに3回イッた後、身体をぐったりと川井にもたれかからせた。
「もう、満足ですね?」
川井は、そう言って久美をソファに座らせる。そして、ティッシュでペニスを綺麗にしながら、
「わかってもらえましたか? 奥さんの方が、どうしてもって言うからしただけなんです。恨まないで下さいね」
と、言う。そして、そのまま服を着ると、さっさと部屋を出て行ってしまった。

久美は、まだぐったりしたままソファに横たわっている。俺が、
「どういう事なの? もう会わないって言ったでしょ?」
と、問い詰めると、
『ごめんなさい。もう会わないって思ってるのに、ダメだって思ってるのに、思い出しちゃうの……。あなたも見てたでしょ? 川井さんの大きなのを入れられると、頭が真っ白になって、なにも考えられなくなっちゃうの……。どうしたら良い? どうしよう……ダメなのに、考えちゃうの……』
久美は、本当に苦悩している顔で言う。そして、ボロボロと涙をこぼし始めた。俺は、とりあえず妊娠の可能性のことを尋ねた。

『危ない日だから……。もしかしたら……』
久美は、言いよどむ。俺は、アフターピルを飲むしかないのだろうか? と、久美に質問した。
『……うん』
久美は、凄く言いづらそうに答える。そして、色々と心当たりをあたり、夜間でもやっているクリニックでアフターピルの処方を受けた。
それを飲み終えると、久美は憑き物が取れたような顔になり、
『もう、絶対に会わない。あなた、もう一度だけチャンスを下さい』
と、真剣な顔で言ってきた。俺は、すぐにうなずいて彼女を抱きしめた。でも、抱きしめながらも、正直半信半疑だった。そして、最悪なことに、俺はまた川井に抱かれる久美を見たいと思ってしまっていた……。

それからしばらくたち、久美には無事に生理が来た。ホッとする俺と久美。そして、俺たちは本格的に子作りを始めた。基礎体温をしっかりと取り、周期に合わせてセックスをする……。俺は、幸せを感じながらも、あの時の脳がしびれるような強烈な興奮を思い出していた。再び見たい……。そんな気持ちばかりが強くなっていった。

そして、半年が経ち、俺は結局川井に連絡を取ってしまった。
「意外に、遅かったですね。もっと早く電話してくるかと思ったのに」
川井は、あの時の恐縮した態度ではなく、横柄な態度だ。でも、俺は何も言うことも出来ず、話を続ける。いきなり家を訪ねて、久美を抱いて欲しい……そんな、気の狂ったような話をした。

「良いですよ。どうするんですか? ご主人は、どこで見るんですか?」
川井は、そんな質問をしてくる。俺は、カメラをセットしておくので、それで見るつもりだと言った。
「すっかりハマったみたいですね。じゃあ、どうしますか? 何か、リクエストはありますか?」
川井は、余裕の声だ。いきなり尋ねて、久美が断るという可能性をまるで考慮していない感じだ。自分が行けば、久美は確実に身体を許す……。そう思っているような感じだ。

俺は、中に出す以外は好きにしてくれと言った。
「本当に、中に出さなくても良いですか? 見たいんでしょ?」
川井は、馴れ馴れしい口調で言ってくる。俺は、妊娠したらどうするつもりだと言った。すると、川井は意外な告白をしてきた。パイプカットをしているそうだ。
「セックスして欲しいって女性が6人くらいいるんで、何かあったら面倒なんで」
川井は、そんなことを言う。別に自慢している感じでもなく、淡々とそんなことを言う彼に、俺は怯んでしまった。こんなにハゲ散らかした不潔そうな醜男でも、巨根とセックスのテクニックで、6人もセフレがいる……。俺は、雄としての敗北を強く感じてしまった。

俺は、パイプカットしているなら、どうして言わなかったのかと質問した。
「妊娠しないってわかってたら、興奮しないですから。夫じゃない相手に孕ませられるかもしれないってことが、興奮に繋がるんですよ」
川井は、得意気にレクチャーをしてきた。俺は、何も言い返せず、そうですかとだけ言った……。
「じゃあ、明日、なんとか時間作って行くようにします。お礼は、良いですよ。久美はなかなかの名器なんで、こっちも多少は楽しめますからね。無料にしておきます」
川井は、そんなことを言って電話を一方的に切ってしまった。俺は、ただただ屈辱を感じながらも、股間は信じられないくらいにいきり立ってしまっている。そして、俺はすぐにカメラの設置を始めた。玄関とリビング、寝室のコンセントプレートを交換し、3台のカメラをルーターに接続した。そして、ノートパソコンとの接続を確認した。

うちは、もともと防犯カメラの兼ね合いで固定IPを利用しているので、あっけなく接続は確立した。そして、スマホのテザリングで接続して視聴を開始すると、意外なほどの滑らかな動画が映った。

俺は、準備が終わると同時に、罪悪感が強くなってきてしまった。こんなことをしていいのだろうか? 盗撮なんて、許されるのだろうか? 夫婦とは言え、さすがにこれはやりすぎ……。そんなことを思ってしまう。
そんな風に逡巡していると、久美が戻ってきた。
『ただいま~。早かったんだね。ゴメンね、ご飯すぐ作っちゃうね』
久美は、少し驚いたような顔で言う。俺は、その代り明日は結構遅くなると言った。
『そうなんだね。お疲れ様。ご飯作って待ってるね』
久美は、優しい顔で言う。俺は、優しい顔で微笑んでいる久美を見て、あの時の姿は幻だったのだろうか? と、思ってしまった。俺が見ているのも気にせず、ひたすら快楽を追い求める姿……。妊娠しても良いから中に出してと叫んだ姿……。
今の久美の姿からは、想像も出来ない。そして、俺は思った。明日、きっと久美は川井のことを拒絶するはずだと……。

その夜、久美は、
『あなた、明日遅いなら、今日良いですか? 本当は明日の方が良いと思うけど、今日でも大丈夫なはずだから』
と、言ってきた。俺は、ドキッとしてしまった。明日は、妊娠する確率の一番高い日……。俺は、たまたまとは言え、最悪なタイミングで川井に連絡をしてしまったということになる。

そして、夜になると久美と子作りをした。久美は、セックスになると、あの時の片鱗を見せ始める。
俺の乳首を舐めながら、指でカリ首のあたりを刺激してくると、
『フフ。おチンポカチカチだよ。興奮してる? どうしたの? いつもより元気みたいだよ』
と、嬉しそうに言ってくる。俺は、清楚な女性に戻った久美が、急にこんな風に卑猥な言葉を口にするのを、ものすごくドキドキしながら興奮していた。俺は、久しぶりだからだと告げる。
『私も、興奮してる。早くして欲しかった。まさるさんのおチンポ、入れて欲しいって思ってた』
うわずった声で言いながら、久美は俺のペニスをくわえてくる。そして、口の中に含むと同時に、強烈なバキュームが始まり、舌もあらゆる場所に絡みついてくる。俺は、一気に射精感が高まり、余裕のない状態になってく。

久美は、卑猥な音を立てながらペニスを責め立てる。同時に、指も乳首に伸びてくる。さらに射精感が高まる俺に、久美は嬉しそうな顔で、
『気持ち良い? でもダメだよ。出すのは、オマンコの中にだよ。お口でイッても、妊娠出来ないよ』
と、言ってくる。そして、俺にまたがると、すぐに腰を振り始めた。
『すごく固いよ。気持ち良い。まさるさんのおチンポ、固くて気持ち良いの』
久美は、そんな風に言いながら腰を前後に動かし続ける。俺は、まるで手で握られているような強い刺激に驚きながら、あっけなく射精感が限界に近づいていく。

俺は、腰を動かし続ける久美を見て、どうしても比べてしまっている。川井とセックスをしているときは、久美は我を忘れるくらいに感じていた。あえぎ、叫び、よだれや涙まで流していた。それに比べると、今の久美の姿は余裕がありすぎてしまうように感じる。
俺とのセックスは、たいして気持ち良くないのだろうな……。そんな風に思ってしまう。俺は、悔しい気持ちを感じながらも、イクのを必死でこらえていた。川井は、久美が何度もイキ果てても、簡単にはイカなかった。俺は、対抗心を燃やすように必死で堪え続ける。

すると、久美が身体を折り曲げて俺の乳首を舐めてきた。乳首を舐めながらも、激しく腰をグラインドさせ続ける久美。俺は、さらに快感が高まってしまい、結局すぐに射精を始めてしまった……。
『フフ。いっぱい出てるね。これで、妊娠したかな?』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

出張先で見た妊婦物動画には、見慣れたリビングが映っていた3(オリジナル 転載禁止)

前回の話

孝弘は、あまりの快感に声が漏れてしまっている。画面の中では、さゆみが排泄を続けている。
『イヤッ、見ないで、うぅ、お願いします、見ないで……あぁ、ダメぇ、止まらないの、うぅあぁ』
さゆみは、泣きながら腸内のモノを排泄し続ける。バケツには、排泄物が溜まっていく。男性は、それをカメラで写し続けている。さっきから、カメラはアングルがよく変わる。手持ちと固定式、いくつのカメラで撮影しているのだろう? 恐らく、最初から販売することを考えていたはずだ。



「ほら、早く出さないと旦那が帰って来ちゃうでしょ」
男性は、淡々と言う。
『うぅ、も、もう出ないです、全部出ました……』
泣きながら言うさゆみ。孝弘は、一番恥ずかしい姿をさらけ出し、泣きながら恥ずかしがっているさゆみを見て、自分でも理解出来ないほどの興奮を感じてしまっている。どうしてこんなにも興奮するのだろう? 孝弘は、自分がおかしくなってしまったのかと不安な気持ちになっていた。

「よし、じゃあ、まずはこれを片付けてきなさい」
男性が指示をすると、さゆみは泣きながらバケツを持ってリビングを出て行った。そして、数分で戻ってくると、
『ハメて下さい。先生のオチンポ、さゆみのケツマンコにハメて下さい。もう、我慢出来ないです。おチンポハメて下さい』
と、興奮しきった声で言いながら男性にお尻を向けて突き出す。そして、自分でアナルを左右に大きく拡げ始めた。男性は、それを手持ちのカメラで撮影しながら、
「自分で入れなさい」
と、指示をする。すると、さゆみはそのままお尻を男性のペニスに向けて降ろしていき、ペニスがさゆみのアナルにズブズブと入ってく。
『んおおぉおおぉ、おチンポ気持ち良ぃ』
さゆみは、品のない野太い声であえぐ。孝弘は、さゆみのそんなあえぎ方は見たことがない。美少女としか言えないような美しい顔。童顔で幼いイメージの彼女が、そんな声をあげてアナルにペニスを入れて行く……。孝弘は、足下の床がひび割れて自分が奈落の底に落ちていくような感覚に陥っていた。

『気持ち良いです。先生は気持ち良いですか? さゆみのケツマンコ、締まってますか?』
さゆみは、声を震わせながら言う。
「締まってるよ。オマンコは緩くなっちゃってるけど、こっちはまだキツキツだね」
男性は、さほど興味がない感じで言う。自分の種で人妻を孕ませておきながら、こんなにも他人事のような態度……。孝弘は、そんな男性に怒りを感じている。でも、どうしても興奮が収まらない。

『良かった。じゃあ、動きますね。いっぱい気持ちよくなって下さい』
甘えたような声で言うと、腰を動かし始めるさゆみ。それは、最初からクライマックスという感じの激しさだ。
『あっ、あんっ、うぅっ、おぉおっ、おぉおぉっ!!』
さゆみは、甲高い声と野太い声をごちゃ混ぜにしながらあえぐ。顔には薄いモザイクがかかっているが、とろけきった顔になっているのがなんとなくわかる。
孝弘は、あっけなくアナルに大きなペニスが入ってしまったのを見て、またショックを受けていた。高校の頃から調教されていた……。そして、つい最近生まれた息子の本当の親はその男……。色々な事実を突きつけられ、孝弘は精神が破綻しそうな状況にまで追い込まれている。

それでも、孝弘のペニスはいきり立っている。そして、孝弘はペニスをしごき始めた。射精したばかりでも、強い快感を感じている孝弘。目が血走り、鬼気迫ったような表情になっている。

『イグッ、んおぉおおっ、おぉお゛っ! ケツマンコイクっ!! 先生、イッても良いですか? ケツマンコでイッても良いですか!?』
さゆみは、卑猥な言葉を口にし続ける。
「私じゃなくて、旦那さんに許可して貰いなさい」
男性は、からかうような口調で言う。さゆみは、
『パパ、ごめんなさい。先生のオチンポで、イッても良いですか? オマンコじゃなくて、ケツマンコでイッても良いですか? パパの小っちゃいオチンポが、一回も入ったことのないケツマンコでイッても良いですか?』
と、震えるような声で言う。すると、男性はさゆみのお尻を平手で叩いた。パチンと乾いた音が響くくらいの強さだ。
『ひぎぃっ! うぅあぁ、イッちゃったぁ。パパ、ごめんなさい、イッちゃったの』
さゆみは、声を震わせながら言う。本当に気持ちよさそうで、とろけきった声だ。男性は、続けざまにさゆみのお尻を叩き続ける。その度に、さゆみは大きな声をあげて身体を震わせる。そして、5回目に叩かれたとき、お漏らしを始めてしまった。

『ご、ごめんなさいっ、あぁ、ダメぇ、出ちゃう、止まらないの、先生、ごめんなさい』
さゆみは、謝りながらお漏らしを続ける。床がビショビショになっていくのがわかる。
「あ~あ、旦那さん帰ってきたら、どう言い訳するの?」
男性は、心の底から楽しそうに言う。さゆみは、泣きながらお漏らしを続け、出し尽くした後、
『すぐに拭かないと……。先生、ごめんなさい。今日はもう――』
さゆみが言い終わらないうちに、男性は腰を動かし始めた。突き上げるように、さゆみのアナルを責める彼。さゆみは、
『ウグゥっあぁっ! ダメッ、あっ、あっ、先生、ダメッ! もう戻ってきちゃう。見られちゃう。浮気チンポでイッてるの、見られちゃうっ! パパのより気持ち良いオチンポでイキ狂ってる姿、見られちゃうっ!』
と、信じられないくらいに興奮した声で叫ぶ。腰のあたりはガクガクと震えているし、いつの間にかさらに薄くなった顔のモザイク越しに、だらしなく口を半開きにしてよだれまで垂らしているのがわかる。

孝弘は、ほとんど見えてしまっているさゆみの顔を見て、あらためて間違いなくさゆみなんだなと思った。そして、強いショックを受けながらも、イク寸前まで高ぶっている。

「ほらほら、早くしないと本当に見られるよ。ケツマンコ締めて、早く終わらせないと」
男性は、心の底から楽しそうに言う。人妻を支配し、肉奴隷状態にする……。男としては、最高の勲章なのかもしれない。

『イッて下さいっ。本当にダメなの、見られたら、終わっちゃう。さゆみの本当に姿、絶対に見せられないっ。先生、イッて下さい。さゆみのケツマンコに、いっぱい種付けして下さいっ』
さゆみは、泣き声で叫ぶ。孝弘は、こんなにも美しいさゆみを、まだ少女だった頃から調教している男性に激しく嫉妬してしまっている。なにも知らない無垢な美少女に、異常な行為を強要し続けてきたんだろうなと思ってしまう。

孝弘は、想像していた。セーラー服姿のさゆみが、浣腸をされて教室で排泄する姿……。誰もいない教室で、全裸にされてフェラチオする姿……。そんな異常なシチュエーションばかりを想像してしまう。

「よし、出すよ。こっちでは妊娠しないけど、たっぷり子種を注ぎ込んであげるよ」
男性は、得意気な声で言う。もう、完全にこの牝を支配している……。そんな気持ちになっているみたいだ。
『ありがとうございます。出して下さい。先生の子種、さゆみの淫乱ケツマンコに出して下さいっ』
さゆみは、震える声で叫ぶ。すると、男性は腰を奥まで突き上げた状態で射精を始めた。腸内射精をされた瞬間、さゆみはのけ反りながら身体を震わせる。
『うぅああぁぁ、出てる、先生の子種、いっぱい出てますぅ』
とろけきった声で言うさゆみ。孝弘は、少し大きくなったお腹のさゆみが、快感に声を震わせながら腸内射精を受けるのを見て、あっけなく射精をしてしまった……。

動画は、程なくして終わった。孝弘は、どうしたら良いのだろう? どうするべきなのだろう? と、考えていた。そして、今さゆみは何をしているのだろう? 自分が3日間いないことで、この男と浮気をしているのではないか? そんなことを考えてしまう。

孝弘は、しばらく放心状態になっていた。そして、さゆみに電話をした。すると、孝弘の想像とは違って、さゆみはすぐに電話に出た。
拍子抜けしながらも、ホッとする孝弘。
『パパ、お疲れ様。夕ご飯食べた?』
さゆみは、いつも通りの声で優しく聞いてくる。孝弘は、色々な感情が渦巻きながらも、平静さを保ちながら電話を続ける。食事のこと、仕事のこと、色々と話した。さゆみは、特におかしなところもなく、いつも通りの声で会話を続ける。
『明後日は、何時くらいに帰ってこられるの? 早く帰ってきて欲しいな』
さゆみが言う。孝弘は、夕方くらいになってしまいそうだと告げた。
『じゃあ、パパの好きなモノ作って待ってるね。お仕事、頑張ってね』
結局最後まで、さゆみは普通の感じで会話を続けた。孝弘は、複雑な感情は持ったままながら、とりあえず少しホッとして電話を切った。しかし、電話を切る瞬間、一瞬さゆみのうめくような声が聞こえた気がした。孝弘は、通話が終わったスマホを見つめながら、すぐに電話をかけ直すべきか迷った。でも、結局怖くて電話をすることは出来なかった。

孝弘は、移動の疲れもあり、すぐに寝てしまった。あまりのひどい状況に、思考が止まってしまったような感じだ。そして朝になり、慌ただしく準備をして仕事に出かける孝弘。役場や法務局を訪れ、必要な書類を集めていく。そして、それを持って客先に出向き、打ち合わせをする。

食事もせずに仕事を進めた結果、夕方前にはホテルに戻ることが出来た。これならば、今日中に帰宅することも出来なくはない。黙っていきなり帰宅したら、現場を押さえることが出来るのではないか? そんなことを想像する孝弘。そして、それを実行した。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

寝取られ電子書籍


強気な姉さん女房が寝取られ

フェス帰り相部屋NTR 彼氏の愚痴を聞いてくれるバイト先の店長と性欲解消するまで中出ししまくった絶倫性交 石原希望寝取られ好きの管理人が、お勧めの間違いのない寝取られ動画や漫画を紹介しています

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
495位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
26位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

ランキング

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:マガブロの体験談は、本ブログだけのオリジナルです。
他では読むことが出来ないものだけです。
姉妹サイトのNTR使える寝取られサイト、エッチな体験談や萌えた体験談ブログとは違い、アブノーマルな話だけを紹介します。

姉妹ブログとは違い、スカ、グロ、暴力、ゲイ、等々、一般受けを考えずに、好きに書いています。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読むことが出来ます。また、月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、FC2より私へは一切通知されませんのでご安心下さい。
また、FC2ポイントは銀行振り込みやペイジー、コンビニ決済、銀行ATMで購入できますので、クレジットカードを利用しなくてもブロマガ購入できます。
※無断転載は禁止します。
筆者のマガブロ一覧です
http://netoraretaiken.com/
blog-entry-9059.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。