このブログのオリジナルコンテンツ一覧

おっぱいパブに行ったことが嫁にばれて、寝取られ生活が始まりました4(転載禁止)

前回の話

『なんか、私より可愛いんだけど。ムカつく』
麻衣子は、笑いながら言う。僕は、彼女にグロスを塗ってもらいながら、ごめんなさいと謝っていた。
『じゃあ、あとはウィッグだね。ホント、可愛い。これなら、上条さんにいっぱい愛してもらえるんじゃない?』
麻衣子は、少しすねたように言う。僕は、ウィッグをかぶせてもらいながら、早く鏡を見てみたいと思っていた。

あの時、目の前で上条さんに麻衣子を寝取られ、その上僕まで犯された。僕はすっかりとメスイキの快感に負けてしまい、毎日のように上条さんに犯され続け、とうとう女装まですることになってしまった。でも、それがイヤではないし、むしろ嬉しいと思うようになってもいた。


『私も、負けてられないな~。もう少し大きくしちゃおうかな?』
麻衣子は、自分の胸を鷲づかみにして揺らしながら言う。元々Eカップくらいはあった麻衣子の胸は、今ではFとかGカップくらいになってしまっている。

上条さんに可愛がってもらうためだけに豊胸手術までしてしまった麻衣子……。小柄な彼女にこの胸は、あまりに大きすぎると思う。麻衣子がした手術は、それだけではない。クリトリスの包皮を切除する手術も受けたし、右の乳首にはピアスを通してしまった。今も、ハート型の大きなピアスがついているはずだ。

『終わり。良いよ、鏡見て』
麻衣子は、そんな風に言う。僕は、すぐに振り返って姿見で自分の姿を見た。自分の姿なのに、ドキッとしてしまうくらいに女の子になっていた。
メイクとウィッグのおかげだと思うが、我ながら可愛いと思ってしまった。どんなメイクをしたのかわからないが、目がパッチリとしている。そして、薄いピンクのグロスも、なまめかしくてセクシーだと思う。

そして、肩までのウィッグが女性らしさを強くしている感じだ。これならば、街を歩いても大丈夫……。そんな風に思える仕上がりだ。僕は、麻衣子にお礼を言った。

『せっかく可愛い格好なのに、なにこれ。シミになってるじゃん』
麻衣子はそんな風に言うと、僕の股間を握ってきた。すでに麻衣子のショーツとスカートを穿いた僕……。確かに、僕のペニスは勃起しすぎてスカートにシミを作ってしまっている。僕は、ごめんなさいと言いながらも、握られた快感で射精しそうになっていた。

『なんでもっと固くなってるの? イッちゃいそうじゃん。自分の姿見て興奮するなんて、ホントに変態だね。やっぱり、風俗行くような人は、変態なんだ』
麻衣子は、冷たい口調で言う。僕は、またごめんなさいと謝った。でも、僕が行ったのはおっぱいパブだ。抜きもないただのおっパブだ。風俗ではないと思う。でも、麻衣子の怒りはいまだに消えないようだ……。

麻衣子は、スカートごと僕のペニスをしごき続ける。僕は、イキそうな気配を感じながら、あえいでしまっていた。
『ねぇ、出しちゃうの? せっかく2週間も溜めたんでしょ? いま出したら、上条さんがっかりしちゃうよ』
麻衣子は、イタズラっぽく笑いながら言う。僕は、必死でイクのを我慢しながら、しごくのをやめて下さいとお願いをしていた。でも、どうしてもあえぎ声が出てしまう。

『可愛い声。もう、すっかり女の子になっちゃったんだね~』
麻衣子は、からかうように言いながらしごき続ける。僕は、やめて下さいとお願いをしながら、イクのを堪えていた。

『ホント、可愛い顔であえぐんだね。なんか、嫉妬しちゃう』
麻衣子は、少しムッとした顔で言う。僕は、麻衣子に嫉妬されるのが少し嬉しいと感じてしまっていた。

すると、インターホンが鳴った。
『あっ、来たよ!』
麻衣子は、すぐにしごくのをやめて玄関に走って行く。僕も、慌ててスカートを直しながら玄関に向かう。すると、玄関で麻衣子は上条さんとキスをしていた。濃厚に舌を絡める麻衣子。でも、上条さんはあまり動きがない。

麻衣子は興奮しきった顔でキスを続けながら、上条さんのズボンのボタンに指をかけている。そして、慌ただしく脱がしていく。上条さんは、麻衣子とキスをしたまま僕の方を見た。僕は、彼と目が合っただけで、アナルの奥の方がキュンとしてしまった。
妻を寝取られ、改造された上に、僕までメス堕ちさせられてしまった……。そんな異常な状況なのに、僕は乙女のようにトキメいてしまっている。

麻衣子は、むき出しになった上条さんのペニスをすぐにくわえてしまった。まだ勃起していないペニス……。でも、太くて長い。その上、二重のシリコンリングが異様な迫力を醸し出している。

麻衣子は、夢中でフェラチオを続ける。バキューム音を立てながら、卑猥な舌使いで必死で勃起させようとあがく麻衣子。でも、なかなか大きくならない。麻衣子は彼の乳首を触ったり、睾丸を舐め回したりもしている。

すると、上条さんが目で僕を呼んだ。僕は、吸い寄せられるように彼に近づく。彼は、僕のアゴを持って引っぱりながら、いきなりキスをしてきた。激しく舌を使われ、僕は夢中で舌を絡めていく。

すると、足下で麻衣子が、
『あっ、大きくなった。ひどい。剛とキスした途端に大きくなるなんて、ズルいよぉ』
と、すねたように言う。上条さんはなにも言わずに僕にキスを続けていく。僕は、荒い息遣いのまま夢中で舌を絡め続ける。すると、麻衣子が立ちバックのような姿勢で上条さんのペニスを挿入してしまった。いつの間にか下半身裸になっていた麻衣子……。

一気に大きなペニスを根元までくわえ込んでしまった。
『うぅあぁっ、おチンポ来たぁ。気持ちいいっ、こすれて凄いのっ、うぅあっ、あんっ、あぁんっ』
麻衣子は、腰をぶつけるように動かしながらあえぎ続ける。上条さんは、僕とキスを続けている。麻衣子は、あえぎながら動き続け、自分で乳首やクリトリスをまさぐり始めた。

『気持ちいいっ、上条さんのおチンポ、気持ち良くてすぐイッちゃいそう』
麻衣子は、とろけた顔で言う。僕は、妻が他の男性とセックスをしている状況なのに、早く僕にも入れて欲しいと思ってしまっていた。

そのまま、上条さんのキスは続く。麻衣子の腰の動きもさらに早くなっていく。
『イクっ、イクっ、イクぅっ!!』
麻衣子は、あっけなくイッてしまった。ペタンと床に女の子座りになる麻衣子……。上条さんのペニスを見上げるようにしている。
『やっぱり、このおチンポ凄い……。ねぇ、剛もしてもらったら? 綺麗にしてあるんでしょ?』
麻衣子は、そんな風に言う。さっきまでの嫉妬心は消えたようだ。僕は、黙ってうなずく。さっき、シャワー浣腸で腸内はまっさらにしてある。ローションも仕込んであるので、そのまま入れて欲しいと思うくらいだ。

「よし、ベッド行くぞ」
上条さんは、ぶっきらぼうに言う。そして、僕をお姫様抱っこにした。いくら軽い体重とは言え、僕も男性だ。そんなに軽いと言うことはないと思う。でも、上条さんは軽々と僕を抱えたまま歩いて行く。僕は、ドキドキしていた。こんな風にお姫様抱っこされていることにもだが、このあとベッドでどんな風に愛してもらえるのだろう? そんな期待で、ペニスが何度も脈打つように跳ねてしまう。

そして、ベッドに僕を降ろすと、僕の服を脱がせていく上条さん。脱がされると、さらにドキドキが加速するのを感じる。女性にとって、服を脱がされることも愛撫の一種なんだなと実感する瞬間だ。

僕は、卑猥な下着姿になった。マイクロミニのブラに、おちんちんが隠れない程小さなショーツ……。どれも、麻衣子が上条さんを喜ばせようとして着用しているものだ。

上条さんは、ブラごと僕の乳首を舐めてきた。僕は、あまりの快感に声が漏れてしまう。メス堕ちさせられて以来、僕の乳首の感度は異常に上がってしまった。まるで、女性になってしまったような敏感ぶりだ。

「あっ、あっ、ダメぇ」
僕は、女の子みたいな声であえぎながら、上条さんの愛撫に身を任せ続けている。そんな僕を見ながら、麻衣子はオナニーを始めた。手術でむき出しになってしまったクリトリスをこすりながら、乳首のピアスも触っている彼女……。すでに全裸になっていて、大きな胸がユサユサと揺れている。
わざわざ豊胸などする必要はなかったはずなのに、そこまでして上条さんに気に入られたいのかと思う。

上条さんは僕のショーツを脱がすと、勃起した僕のペニスをくわえてくれた。くわえると同時に、舌が絡みついてくる。僕は、気持ち良すぎるフェラに、あえぎっぱなしになってしまう。

そして、そのまま僕のペニスをくわえ続ける上条さん……。その上、乳首まで触ってきてくれる。一気に射精感が増していき、気を抜くと射精してしまいそうになる。上条さんは、イヤイヤしている感じではなく、熱心にしてくれている。
僕は、嬉しくなりながらも射精寸前だ。

「よし、交代だ」
ボソッと指示をする上条さん。僕は、すぐに彼のペニスを舐め始めた。麻衣子の中に入っていたペニスは、少し塩気がある。でも、それすら興奮に繋がる感じだ。すると、麻衣子もフェラに混じってきた。

二人で上条さんのペニスを舐めたりくわえたりする僕ら……。夫婦でこんなことをするなんて、異常すぎるなと思う。でも、麻衣子は嬉しそうにフェラチオを続ける。そして、時折僕ともキスをする。僕は、すっかりと興奮してしまいながらも、これはレズなのか夫婦としてのキスなのかと判断に迷ってしまう。

「よし、入れて良いぞ」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

おっぱいパブに行ったことが嫁にばれて、寝取られ生活が始まりました3(マガブロ 転載禁止)

前回の話

麻衣子は、廊下に飛び散った物を舐め続けている。リングのついた異形のペニスで狂わされ、お漏らしまでしながらイキ狂っていた麻衣子……。
僕は、そんな麻衣子を見て固まったように動けなくなっていた。でも、股間だけは激しく勃起している。

そして、麻衣子は床をすっかりと舌で綺麗にすると、
『急に呼んでごめんなさい。でも、嬉しいです』
と、可愛らしい声で言う。


「近くにいたからな。て言うか、今日は旦那もいるんだな。たっぷり見学してもらうか。旦那さん、よろしくな」
麻衣子が上条さんと呼ぶ男は、ニヤリと笑いながら僕に挨拶をしてきた。僕は、彼のカタギっぽくない雰囲気にビビりながら、よろしくお願いしますと言ってしまった。

そして、そのまま寝室ではなくリビングに移動する二人。麻衣子は、卑猥なランジェリー姿のままだ。ブラもショーツも肝心の場所に穴が開いてしまっていて、隠さなければいけない部分が丸見えだ。

リラックスした雰囲気でソファに座る上条さん。見た目は、仕事の出来るサラリーマンという感じがする。でも、目つきや醸し出す雰囲気が、カタギの職業ではないと思わせる。

麻衣子は、彼のズボンとパンツを脱がせていく。そして、上着も脱がせると、いわゆる和彫りの入れ墨が姿を見せた。全身に入っているわけではなく、右肩と上腕までの入れ墨だ。それでも、異様なほどの迫力がある。
麻衣子は、彼の乳首を舐め始めた。そして、乳首を舐めながらペニスもしごいている。上条さんのペニスは最初は勃起していなかったが、麻衣子の愛撫で徐々に大きくなっていく。

大きさもそうだが、竿に二重に入れられているリングが異様な迫力を醸し出している。まるで、亀頭のカリ首が3つあるような感じだ。実際、このペニスで麻衣子は信じられないほどに強い快感を感じ、お漏らしをしながら泣き出していた。

女性が泣いて漏らすほどの快感……。僕には想像も出来ない領域だ。麻衣子は、うっとりとした顔で彼に愛撫を続けている。
『剛、見える? このリングすごいんだよ。これでオマンコの中ゴリゴリされたら、もう戻れなくなっちゃう』
麻衣子は、信じられないほどに顔を上気させながら言う。発情した牝は、きっとこんな顔になるんだろうなと思うほどだ。

「旦那さんも、オナニーして良いぞ。せっかくだから楽しめよ」
上条さんは、そんな風に言ってくる。もう、完全に上下関係が出来てしまったような口調だ。僕は、情けない声でありがとうございますと言い、ペニスを出してしごき始めた。
言うとおりにしないと、なにをされるのかわからない……そんな気持ちもあるが、オナニーをしたくてたまらないほど興奮しているのも事実だ。

「なるほどな。アレじゃ、麻衣子には物足りないだろうな。オマエは、デカいチンポが好きだからな」
上条さんは、薄く笑いながら言う。僕は、馬鹿にされているのに何も言い返せないでいる。

『うん。大きいおチンポじゃないと、子宮まで届かないもん。奥をメチャクチャにしてくれないと、全然気持ち良くないです』
甘えた声で言いながら、彼のペニスを舐め始める麻衣子。丁寧に睾丸まで舐めている。
『あぁ、本当にすごい。こんなの舐めてたら、すぐ欲しくなっちゃう』
麻衣子はそんな風に言いながら、クリトリスをまさぐり始めた。フェラチオしながらオナニーをする麻衣子……。僕は、麻衣子がこんなに淫乱になってしまったのは、上条さんの調教のせいなのではないかと思い始めていた。

上条さんは、麻衣子が目の前で卑猥な行動をしているのにあまり興奮している様子はない。それどころか、時折オナニーをしている僕を見て薄ら笑いを浮かべている。

麻衣子は、大きく口を開けて異形のペニスをくわえ込む。かなりキツキツな感じで、歯が当たらないように必死になっている感じが伝わってくる。そして、麻衣子は指二本を膣に入れてかき混ぜ始めた。

こんなに激しいオナニーをする麻衣子……。僕は、僕の知らない麻衣子を見せつけられながら、狂ったようにオナニーを続けている。

「旦那さん、スゲぇな。そんなに興奮するのかよ。ほら、もっと近くに来なよ」
上条さんは、あきれたように言う。僕は、素直にすぐ横まで移動した。

上条さんを中心に、夫婦そろってオナニーをしている……。僕は、どうしてこんなことになってしまったのだろう? と、泣きそうな気持ちで考えていた。あの時、上司に誘われておっぱいパブなんかに行かなければ……。でも、おっぱいパブに行ったくらいで麻衣子がこんな行動を取るようになったのは、考えれば考えるほど納得出来ない。

『もう、我慢出来ないよぉ。おチンポ入れても良いですか?』
甘えた声でおねだりをする麻衣子。上条さんは、薄い笑いを浮かべたまま、
「旦那に聞けよ」
と、言う。麻衣子はすぐに僕の方を見て、
『剛、入れても良い? このリング付きのおチンポ、本当に気持ちいいの。もう、我慢出来ないよぉ』
と、甘えた声で言う。僕は、今さら僕の許可なんて必要なのかな? と、思っていた。勝手にすれば良いのに……。そんなことを思いながらも、良いよと答えた。

すると、麻衣子はすぐに上条さんの上にまたがる。そして、ペニスを握って膣に誘導すると、腰を下ろしていく。
「ほら、もっと近くで見てみろよ。嫁さんのオマンコがガバガバになるところ、もっと近くで見ないとダメだろ」
上条さんは、僕にそんなことを言う。僕は、言われるままに顔を結合部近くに近づけていく。

太くて長いペニス……。リング部分はまだ挿入されていない。
『剛、見える? そのリングがすごいんだよ。それでGスポットゴリゴリされたら、気が狂いそうになっちゃうんだ』
麻衣子は、腰をゆっくりと下ろしながら僕に言ってくる。僕は興奮しながら、リングの部分を凝視していた。ヤクザが、ペニスに真珠を入れるというのは聞いたことがある。でも、真珠なんて入れても痛いだけなのではないか? そんな風に思っていた。

でも、上条さんのペニスのリングは、たぶん収縮性がある素材なのだと思う。そうでなければ、勃起に対応出来ないはずだ。

そして、リングが麻衣子の膣中に入っていく。
『うぅぁあぁっ、見て、入ってきたよぉ』
麻衣子は、震える声で言う。まるで、僕に見せつけることで興奮しているような感じだ。
僕は、ズブズブと入っていくペニスを凝視していた。確かに、さっきの上条さんの言葉の通り、麻衣子の膣はすごく拡げられてしまっている。そんなに簡単にガバガバになるとは思えないが、多少なりとも緩くなってしまうのではないか? そんな心配をしてしまう。

そして、リングの2本目も膣中に入っていくと、麻衣子は身体をブルブルッと震わせるようにして、
『うぅあああっ、こすれてるぅ。リングがゴリゴリこすれてるよ』
と、僕に向かって言う。
「ほら、旦那が見てるぞ。頑張って興奮させてやれよ」
上条さんはそんな風に言う。あまり感情がこもっていない声で、興奮している気配はない。麻衣子は興奮した声で、
『見てて。剛、このおチンポで狂うところ、ちゃんと見てて』
麻衣子はそう言って腰を動かし始めた。ソファに座る上条さん。その上に対面座位でまたがる麻衣子。僕は、ソファの前で寝そべるような格好になりながら結合部を見ている。

『あぁ、気持ちいい。おチンポすごいのっ。剛、上条さんのおチンポ、本当に気持ちいいのっ』
麻衣子は、そんなことを言いながら腰を振り続ける。ソファがきしみ、クチョクチョという水音が響く。僕は、変な体勢のまま狂ったようにオナニーを続けている。

「これじゃ、よく見えないだろ。麻衣子、向き変えろ」
上条さんは、冷たい口調で命令する。すると、麻衣子はハイと返事をして向きを変えていく。ペニスが入ったまま、後ろを向くように体勢を変えていく麻衣子……。

『へへ。なんか、恥ずかしいな』
麻衣子は、太いペニスを根元まで膣中に挿入した姿で言う。麻衣子の顔は完全にとろけているし、声もうわずっている。穴の開いたショーツに、穴の開いたブラ。全裸よりも、よほど卑猥に見える。そして、よく観察すると、麻衣子のクリトリスも乳首も限界まで勃起しているように大きくなっている。

『じゃあ、動くね。ちゃんと見ててね』
麻衣子はそんな風に言うと、腰を動かし始めた。
『あっ、アンッ、気持ちいい。こすれてるよ。リングがゴリゴリ来てるのっ』
麻衣子は、本当に気持ちよさそうな顔で言う。僕は、太いペニスが麻衣子の中に出入りするところを間近で見ながら、オナニーを再開した。

『んおぉおっ、おぉお゛ッ、おチンポすごいのっ、気持ちいいっ、剛、すぐイッちゃうっ』
麻衣子は、僕の方を見つめたまま腰を振り続ける。僕は、上下に動くたびに出入りするリングを見つめていた。アレがGスポットをゴリゴリこすっている……。ただでさえ長くて太いペニスなのに、あんな物がついていては絶対に勝ち目がない……。そんな風に思ってしまう。

麻衣子のあえぎ声は、徐々に悲鳴みたいになってきている。かと思うと、野太いうめき声のような声にもなったりしている。
「ほら、旦那さん、舐めてやれよ。クリ舐められるの好きって知ってるだろ?」
そんな指示をしてくる上条さん。薄笑いを浮かべたまま、楽しそうな声だ。僕は怯えていることもあるせいか、素直に麻衣子のクリトリスを舐め始めた。麻衣子は、身体をブルブルッと震わせながら、
『気持ちいいっ! 剛、もっとっ! もっと舐めてっ!』
と、叫ぶ。こんな風に3Pになってしまい、僕は戸惑うばかりだ。でも、戸惑いながらも興奮が高まり続けてしまう。

麻衣子の腰の動きはさらに激しくなる。すると、クリトリスを舐めている僕の舌がズレたりする。そして、上条さんのペニスに舌が触れてしまった……。愛する妻の膣を冒す他人棒……。それを舐めてしまった僕は、敗北感のような物を感じている。

「なんだよ、舐めたいのか? 良いぞ、舐めてみろよ。間男のチンポ舐めたら、もっと興奮するんだろ?」
上条さんは、小馬鹿にしたように言う。すると、麻衣子はスッと身体を上にずらして上条さんのペニスを抜いてしまった。
『フフ。面白そう。剛、ちゃんと気持ち良くしないとダメだからね』
麻衣子は、ソファの横に座る。僕は、上条さんの脚の間にひざまずくような体勢になっていた。目の前には、太くて長いペニスがそそり立っている。竿には異形のリングが二巻きしてある。そして、彼のペニスは全体的に白っぽく汚れていた。麻衣子の本気汁だと思う。話では聞くが、実際に見るのは初めてだ。僕のペニスでは、こんなになるまで麻衣子を感じさせることは出来ない。

僕は、素直に羨ましいと思っていた。女性を、こんなになるまで感じさせる……。男なら、一度は経験してみたいと思う。でも、僕のペニスでは絶対に無理だと思う……。

『ほら、早く舐めて』
麻衣子は、僕を急き立てる。なぜこんなことをさせたいのだろう? 僕は、麻衣子の意図がわからない。でも、僕は怯えるように彼のペニスに舌を這わせていく。

さっきも触れているのでそれほど動揺はないが、固くて熱い感じだ。僕は、麻衣子がしていたように上条さんのペニスを舐め続けた。

舌がリングに触れ、カリ首にも触れる。これが麻衣子を狂わせている……。そう思うと、悔しい気持ちもある。でも、やっぱり羨ましいと思ってしまう。
『ほら、くわえないと。歯、当てちゃダメだからね』
麻衣子は、妙にうわずった声で言う。僕は、気になってチラッと麻衣子を見た。すると、麻衣子はオナニーをしながら僕の奉仕を見ていた。

「なかなか上手いぞ。ちゃんと出来たら、チンポ入れてやるぞ。メスイキさせてやるからな」
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

おっぱいパブに行ったことが嫁にばれて、寝取られ生活が始まりました2(マガブロ 転載禁止)

前回の話

前回の麻衣子とのセックスで、僕は麻衣子に久しぶりに挿入出来たと喜んだ。でも、結局僕が入れたのは、麻衣子のアナルに差し込まれたオナホの中だった……。
麻衣子は、本当に僕のことが許せないのだと思う。でも、離婚することなく一緒にいるのは、どうしてなのかわからない。

今日も、今頃麻衣子は何をしているのだろう? また、合コンという名の乱交をしているのだろうか? そんなことを考えながら仕事をした。そして、帰宅すると玄関に複数の靴が置いてあった。


部屋の中からは、複数人の話し声も聞こえてくる。僕は、ドキドキしながらそっとリビングに移動する。薄く開いたドアから中を覗くと、ソファに男性が二人座っている。二人とも下半身裸で、いきり立ったペニスをさらしている。そして、その二人の目の前には、セーラー服姿の麻衣子がひざまずいてフェラチオをしていた。

自宅に、男達を連れ込んでいる……。僕は、想像もしていなかった状況に、なにも出来ずにいた。声をかけることも出来ず、ただ気配を殺して中を覗き続ける僕……。

「あぁ、気持ちいい。出そうだよ。出すよ」
男性は、ソフトな口調で言う。おそらく30歳代くらいのサラリーマンという感じの男性だ。麻衣子は、そんな風に言われて激しく頭を前後に振る。
激しいバキューム音とともに、舌がなまめかしく動いているのが見える。麻衣子は、その男性の隣の男性のペニスも握ってしごいている。
一度に、二人の男性の相手をする麻衣子……。僕は、まるでAVの現場のような状況に、ドキドキしすぎて倒れそうだ。

そして、男性は麻衣子の喉奥に押し込むようにして射精を始めた。
『ん~っ』
麻衣子は、可愛らしいうめき声をあげながら男性の射精を受け止めている。
「ご、ごめんなさい。出しちゃった」
男性は、慌てて謝る。麻衣子は、
『平気ですよ。それより、お兄さんのおちんちん、大きくてビックリしちゃった』
麻衣子は、口の端を手の甲で拭いながら言う。口の中の物は、全部飲み干してしまったようだ。
「えっ? 飲んじゃったの? 平気?」
男性は、心配そうに言う。
『平気ですよ。お兄さんの、濃くて美味しい。じゃあ、次はそっちのお兄さんも』
そう言って、麻衣子はもう一人の男性のペニスをくわえてしまった。

「あぁ、気持ちいい。ホント、良いんですか?」
フェラされている男性が、恐縮したように言う。僕は、まるで状況がわからなかった。男性は、二人ともひどく恐縮している。誰なんだろう? どんな関係なんだろう? そんな疑念がわいてくる。

『フフ。私が相手じゃ、イヤですか?』
麻衣子は、フェラしながら言う。
「イ、イヤなわけ無いです! でも、飛び込み営業に来てこんなことしてもらえるなんて、ホントラッキーです」
男性は、嬉しそうに言う。僕は、その言葉を聞いてびっくりしてしまった。元々の知り合いではなく、飛び込み営業に来た男性とセックスをしている? 僕は、いくらなんでもやりすぎだと思ってしまった。

すると、先にイッた方の男性が、フェラチオしている麻衣子の後ろに回り込み、胸を鷲づかみにするように揉み始めた。麻衣子は、そのままフェラチオを続ける。胸を揉んでいる男性は、麻衣子のセーラー服をまくり上げていく。すると、ノーブラの胸があらわになる。
形の良い大きな胸が、見ず知らずの男性の手で揉みしだかれている。男性は、麻衣子の乳首を触り始めた。
『んっ、んふぅ』
麻衣子は、ペニスをくわえたまま甘えた声を漏らす。男性は、乳首をつまむように、さするように触り続けている。

しばらくすると、麻衣子が男性のペニスをくわえたままお尻を突き出すようにする。そして、スカートをまくり上げる。ブラと同じで、下着を身につけていない。麻衣子は、フェラチオをしたままお尻をもう一人の男性に突き出すようにしている。それだけではなく、自分でアソコを拡げるようにし始めた。

すると、男性は堪えきれなくなったようにペニスを麻衣子の膣口に押し当てる。コンドームもなにもつけていないペニスが、あっけなく麻衣子の膣中に入ってしまった。
『んぅっ~っ!』
麻衣子は、ペニスをくわえたままうめく。男性は、生挿入したそばから腰を振り始める。かなりの興奮状態のようで、いきなりクライマックスな動きだ。

『んっ、んっ、んぅ~っ!』
麻衣子は気持ちよさそうにうめきながらも、ペニスはくわえたままだ。すると、フェラチオされている男性も、腰を振り始めた。まるで、麻衣子の口が性器にでもなったような感じで、ガンガン腰を使われてしまっている。

『ンッ、んぅっ! ンおぉっ! んオェッ!』
麻衣子は、吐きそうにえずきながらも抵抗をしていない。
「あぁ、ヤバい。メチャ気持ちいい」
膣に入れている男性が、気持ちよさそうに言う。喉を犯している男性も、
「最高だな。来て良かったよ」
と、言いながら腰を動かし続けている。

麻衣子は、上下の穴を塞がれながらあえぎ続ける。こんな3Pを、自宅でしている……。僕は、信じられない気持ちになりながらも、ペニスをまさぐり始めた。ズボンの上からまさぐっただけで、あっけなくイキそうになる僕……。でも、なんとか堪えながら3人のプレイを見つめる。

「あぁ、出る。出るッ、飲んでッ!」
フェラチオされている方の男性が、限界が来て射精を始めた。麻衣子は、喉奥に射精されても抵抗することなく精液を注がれ続けている。そして、出されたそばから飲み干しているような音が聞こえてくる。

『いっぱい出ましたね。ごちそうさま』
麻衣子は、気持ちよさそうな声で言う。僕は、立て続けに飲精した麻衣子を見て、強い嫉妬を感じてしまう。いつもは、麻衣子の口から状況を聞くだけだった。実際に、麻衣子がセックスをしている姿を見たわけではなかった。

こんな風に麻衣子が他の男性とセックスをしている姿を見て、僕は興奮が高まるばかりだ。嫉妬や不安は感じるが、怒りのような感情はわかない。

麻衣子の膣を犯している男性は、もう一人が射精をしたことでさらに動きが速くなった。麻衣子の腰のあたりを掴んで、パンパンと音が響くくらいに腰を振っている。
『あっ、あっ、おちんちん、大きいっ! 気持ちいいっ! お兄さんのおちんちん、奥まで届いてるよっ』
麻衣子は、本当に気持ちよさそうな声をあげる。
「すごいね。本当にエッチ好きなんだ。いつもこんなことしてるの?」
男性は、腰を動かしながら質問する。
『してるよ。エッチ大好きなの。ねぇ、もっと早く動いて。メチャクチャにして。中にイッても良いから、イッたらもう一人とすぐ変わって。休まずに、失神するまで犯し続けて欲しいっ』
麻衣子は、とろけきった顔で言う。
「マジか」
男性は、あきれたように笑う。でも、すぐに言われたとおりに腰をメチャクチャに早く動かし始めた。イク時のスパートのような感じで腰を動かす彼。麻衣子は、ソファに身体を突っ伏すようにしてあえぎ続ける。
ソファをギュッと握りしめ、声にならないような声をあげる麻衣子。男性は、アスリートのように休まず腰を振り続ける。
『あっあっ、あっ、あぁっっ! 気持ちいいっ! もっとっ! もっとしてっ! オマンコ壊れて良いからっ!』
麻衣子は、はしたない言葉を叫びながらあえぐ。僕は、麻衣子の考えがまったくわからなくなってしまった。

元々は、おっぱいパブに行った僕へのバツのような感覚だったと思う。でも、いまの麻衣子は、セックスを楽しんでいるようにしか見えない。

『んおぉおっ! おぉおお゛お゛お゛ぉっ!! イグっ! イグっ! オマンコイグぅっ!』
麻衣子は、はしたない言葉を叫び続ける。男性はそんな麻衣子により興奮したのか、さらに腰の動きを加速していく。
『あぁああ゛あ゛あ゛ぉっ! 死ぬっ! イクっ! 死んじゃうっ! イグイグイグっ!!』
麻衣子は、我を忘れて快感に狂っている。すると、男性が興奮しきった声で、
「イクぞ、中に出すからなっ!」
と、叫ぶ。
『イッてっ! 中にッ! 子宮に全部かけてっ!!』
麻衣子は、ほとんど絶叫状態だ。そして、男性はそのまま麻衣子の膣中にぶちまけてしまった。その瞬間、麻衣子はのけ反りながら身体をガクガクッと震わせる。すると、男性はすぐにペニスを抜く。そして、もう一人に目配せをする。

もう一人の男性は、すぐに麻衣子の膣中にペニスを突き入れた。そのまま腰を動かし始めると、やっぱりメチャクチャに早く腰を振る。
『んおおおっ! おぉおお゛お゛お゛っ! 気持ちいいっ! イッてるっ! イッてるのにイクのっ! オマンコ壊れるっ! もっと、もっと壊してっ! イクっ! イグゥ~~ッ!』
麻衣子は、嗚咽するような声で叫ぶ。でも、男性はでたらめに腰を振り続ける。麻衣子は、泣いているのかな? と、思うような声を出している。

僕は、続けざまに犯される麻衣子を見てもうイク寸前だ。男性は、全力で腰を振り続ける。まるで、短距離走をしているような感じだ。

麻衣子は追い詰められたような顔で叫びながら、何度も身体を震わせる。麻衣子が他の男性とセックスをしているのは、もちろんわかっていた。でも、やっぱり実際に見るのはショックが大きい。

『気持ちいいっ! すごいのっ、イキっぱなしになってるのっ! もっと、もっとっ!!』
麻衣子は、夢見心地という感じの顔で叫ぶ。もう、意識が飛んでいるのではないか? と、思うような顔になっている。
「ほら、もっとイケっ! 狂えって!」
男性も、興奮したような声出叫ぶ。
『狂ってるっ! もうおチンポに狂ってるのっ! もっと、もっと狂わせてっ! おまんこイクぅっ!!』
麻衣子は、可愛い顔には似つかわしくないような下品な言葉を叫び続ける。
「あぁ、ヤバい。イクっ! 中に出すぞっ!」
男性は、叫ぶ。
『おぉお゛お゛お゛お゛っ!!』
麻衣子は、言葉にならないような声出叫ぶ。男性は、そのまま麻衣子の膣中に射精した。すると、麻衣子は電気ショックを受けたように身体を仰け反らせる。
『うぅ……あぁ、あ、うぅ……』
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

おっぱいパブに行ったことが嫁にばれて、寝取られ生活が始まりました(マガブロ 転載禁止)

嫁の麻衣子とは、まだ結婚して1年しか経っていない。でも、些細なことをきっかけに、完全に尻に敷かれるというか、逆らえない状況になってしまった。

些細なことと言うのは、会社の上司に無理矢理おっぱいパブに連れて行かれたという、サラリーマンにとっては避けられないようなよくあることだった。でも、麻衣子はそれが絶対に許せないと言い出し、離婚の危機にまで発展した。

もともと僕の一目惚れで始まった交際だったし、麻衣子はとても僕とは釣り合わないくらいに可愛くて美しい女性だったこともあり、僕は離婚を避けるために必死になった。


その結果、麻衣子の浮気を許すという、異常な状況になってしまった。と言っても、麻衣子が浮気をしていたわけではなく、将来的にと言う話だった。でも、その日はすぐに来てしまい、麻衣子は日常的に浮気をするようになってしまった……。

『ただいま~。ゴメンね、遅くなっちゃった』
麻衣子は、酔っ払った状態で、日付が変わってから帰ってきた。僕は、心配でなにも手につかずに待っていたので、少し強めの口調でどこで何をしていたのかと聞いてしまった。

『そんなの、勝手でしょ。もしかして、怒ってるの? 剛、怒る資格あるの?』
麻衣子は、かなりムッとした顔で言う。僕は、その表情に気後れしてしまい、慌てて謝った。
『そうだよね。怒れるわけないもんね。あんなお店行ったんだから』
麻衣子は、そんな風に言う。僕がおっぱいパブに連れて行かれて、半年ほど経つ。でも、麻衣子の怒りは収まるどころか、まったく変わっていないように思える。

でも、僕が謝ったことで冷静になった麻衣子は、さっきの僕の質問に答え始めた。
『今日は、合コンだよ。大学生の男の子達としてきたんだ。元気すぎて、疲れちゃった』
麻衣子は、そんな風に言う。僕は、その言葉を聞いただけで、どうしようもないほどの焦燥感を感じていた。
「……どこでしたの?」
僕は、イヤな予感しかしない気持ちで質問した。
『いつものホテルだよ。どうせそうなるんだから、手っ取り早いでしょ?』
麻衣子は、そんな風に言う。どことなく、声がうわずって興奮してきているように感じる。
「……また、したの?」
僕は、胃が重くなるような気持ちで質問する。
『なにを?』
麻衣子は、楽しそうな顔で言う。僕は、絞り出すように、
「その……セックスを……」
と、言った。

『確かめてみたら?』
麻衣子は、小悪魔のような顔で言う。僕は、じっくりと彼女の姿を観察した。いつものように、かなり短いスカート姿だ。身長150cmちょっとで小柄なので、似合っているかというと、微妙だなと思う。身長に対して、スカートが短すぎると思う。そして、胸元がざっくり開いたブラウスは、胸の部分が主張しすぎなほど主張している。
上から覗くような格好になっているので、胸の谷間が丸見えだ。Eカップくらいはあるのだろうか? 下手なグラビアアイドルよりも、よっぽどセクシーな身体をしていると思う。

そして、僕は舐め回すように彼女の身体を観察している。すると、スカートのウエスト部分が妙に凸凹していることに気がついた。

僕がそれを指摘すると、麻衣子はスカートの裾を指でつまみ、ゆっくりと持ち上げ始めた。なまめかしい太もも……そして、ピンク色のショーツが見えてくる。でも、麻衣子はさらにまくり上げていく。すると、ショーツのウエストのゴムの部分に、一週ぐるっと使用済みのコンドームが何個もぶら下げられていた……。

そのどれもが、中身が入っているのがわかる。ざっと見て、10個はあると思う。僕は、脚の力が抜けるのを感じながら、
「ど、どうしたの、それ?」
と、言うのがやっとだった。
『お土産だって。剛にプレゼントだって』
麻衣子は、楽しそうに言う。僕は、ソファにへたり込むように座ってしまった。すると、すぐに麻衣子が脚で僕の股間を踏んでくる。
『やっぱり大きくなってる。ホント、すっかりヘンタイになっちゃったんだね』
麻衣子は、脚で僕の股間をグイグイ押しながら言う。僕は、確かに完全に勃起してしまっている。それだけではなく、脚で踏まれることによって、イキそうな感覚まで襲ってきている。
僕は、またごめんなさいと謝った。
『ねぇ、縛っちゃってるから、ほどいてくれる?』
麻衣子は、スカートを脱ぎながら僕にそんなことを言う。僕は、震える指で、ショーツに縛り付けられたコンドームを外し始めた。

『今日ね、男の子5人だったんだ。それで、女の子は3人だったの。でも、1人帰っちゃったから、2人で相手したんだよ。若い子達ばっかりだから、みんな、3回以上は出してくれたんだ』
麻衣子は、楽しそうに言う。こんな風に、合コンという名の乱交をするようになって、もう2ヶ月ほど経つ。
僕は、何度もやめて欲しいとお願いをしたが、その度におっぱいパブの話を出され、押し切られてしまった。それだけではなく、興奮していることも見抜かれてしまった……。

麻衣子が、他の男とセックスをしている……。それを考えるだけで、自分でも理解出来ないほど興奮してしまう。麻衣子は、それを見抜いて以来、僕をいじめるのが好きになってしまったみたいだ。

そして、僕はなんとか一つのコンドームをほどいた。すると、麻衣子はそれの中身を口に垂らし始めた。それだけではなく、そのまま飲み干していく……。他の男の精液を、飲んでいる……。そう思うだけで、僕は嫉妬で泣きそうになる。でも、麻衣子はそんな僕にいきなりキスをしてくる。他人の精液のむせかえるような臭いと味……。でも、麻衣子が脚でペニスを刺激し続けているせいもあってか、僕は射精してしまった……。ズボンの中で、勢いよく飛び出す精液……。僕の口の中は、他人の精液にまみれている。そんな状況で射精してしまうことに、我ながら驚いてしまう。

『早いよ~。まだ、一つ目でしょ? ホント、早漏なんだから』
麻衣子は、小馬鹿にしたように言う。僕は、ただ謝ることしか出来ない状態だ。
『ほら、まだ残ってるでしょ? 全部ほどいてくれないと、着替えられないよ』
麻衣子は、楽しそうに言う。僕は、言われるままに、彼女のショーツに縛り付けられた使用済みのコンドームをほどき続けた。

ほどくたびに、強い精液の臭いが立ちこめてくる。僕は、嫉妬でおかしくなりそうになりながら、次々にほどいていく。
『すごい臭い……。あぁ、ダメ、興奮しちゃう』
麻衣子は、そんなことを言いながらクリトリスをまさぐり始めた。精液の臭いの中、オナニーをする麻衣子……。あのことがあるまでは、麻衣子は恥ずかしがりで清楚な感じの女の子だった。

『この臭い……。あぁ、ダメ、欲しくなる』
そんなことを言いながら、オナニーを続ける麻衣子。僕は、すっかりと勃起してしまい、麻衣子の中に入れたくて仕方ない気持ちになってしまった。そして、コンドームを全部外してから、セックスをさせて欲しいと告げると、
『ダメだよ。もう、剛は入れちゃダメなの。言ってるでしょ?』
と、麻衣子は冷たく言う。あの一件以来、僕は麻衣子の膣中に挿入することを許されていない。麻衣子は、手や足、たまに口でしてくれたりするが、膣には入れさせてくれない……。

僕は、ダメだと言われても、引き続きお願いをした。
『仕方ないなぁ。じゃあ、目隠しするね。それで、私が入れてあげる』
麻衣子は、上機嫌で言う。僕は、まさかの承諾に驚いてしまった。そして、良いの!? と、テンション高く聞いてしまった。

『フフ。たまにはね。じゃあ、そこに寝て』
麻衣子に言われるままに、ベッドに寝転がる僕。麻衣子は、どこから取り出したのか、目隠しを手に持っている。そして、僕にそれを装着し始める。
視界を奪われ、真っ暗になる。でも、久しぶりに麻衣子とセックスが出来ると思うと、不安な気持ちはない。

そして、少しすると、いきなりペニスが熱い肉に包み込まれた。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

寝取られ電子書籍


強気な姉さん女房が寝取られ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
415位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
16位
アクセスランキングを見る>>

おすすめ動画

検索フォーム

ランキング

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:マガブロの体験談は、本ブログだけのオリジナルです。
他では読むことが出来ないものだけです。
姉妹サイトのNTR使える寝取られサイト、エッチな体験談や萌えた体験談ブログとは違い、アブノーマルな話だけを紹介します。

姉妹ブログとは違い、スカ、グロ、暴力、ゲイ、等々、一般受けを考えずに、好きに書いています。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読むことが出来ます。また、月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、FC2より私へは一切通知されませんのでご安心下さい。
また、FC2ポイントは銀行振り込みやペイジー、コンビニ決済、銀行ATMで購入できますので、クレジットカードを利用しなくてもブロマガ購入できます。
※無断転載は禁止します。
筆者のマガブロ一覧です
http://netoraretaiken.com/
blog-entry-9059.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。