このブログのオリジナルコンテンツ一覧

不妊に効くと噂のマッサージを受けた嫁が、敏感な身体になって帰ってきた3(マガブロ 転載禁止)

前回の話

僕は、すでに興奮した顔になっている真冬と濃厚なキスを続けた。すっかりと出来上がったような顔になっている真冬……。言われてみれば、セックスをした後の牝の顔そのものだ。
キスをしながら、真冬は僕の股間を触ってくる。そして、ズボンごとしごきながら、
『なお君の、カチカチになってる。もう入れて欲しい』
と、切なげな声で言う。僕は、さっきの動画のことで頭がいっぱいになっているのに、異常なほど高ぶって真冬をソファに押し倒した。真冬は、スカートをまくり上がるとショーツだけを脱ぐ。僕も、ズボンとパンツを降ろす。そして、二人ともほとんど着衣のまま正常位でセックスを始めた。


『なお君、すごい、カチカチになってる。愛してる。赤ちゃん、今なら出来ると思う』
真冬は、あえぎながら言う。でも、動画の真冬と比べると、あまり気持ちよさそうには思えない。僕は、自分のペニスのサイズに劣等感を感じながらも、今なら本当に僕の精子で妊娠させられるのではないかと思いながら腰を動かし続けた。
『なお君、もっと固くなってきた。イッて、妊娠させてっ』
真冬は、そんな言葉を口にする。僕は、さほど快感を感じていないような真冬に敗北感を感じながらも、なるべく奥に押し込みながら射精を始めた。

『ドクドクしてるよ。いっぱい出た? 妊娠してると良いね』
幸せそうな顔で言う真冬。僕は、複雑な気持ちのまま彼女にうなずいた。

ただ、真冬は妊娠しなかった。でも、真冬はそれほどがっかりした感じはなく、
『次は出来るといいね』
と、明るく言う。僕は、どうしたらいいのわからないまま日々を過ごしていた。警察に行くべきなのかもしれない。でも、あの動画を見せるのは抵抗がある。真冬に行くのをやめさせれば良いのかもしれないが、それも出来ない……。自分でもおかしいと思うが、新しい動画を見てみたいという気持ちがあるからだ。

自分の嫁が、他の男とセックスをしている姿……。一番見たくない姿のはずなのに、見たくて仕方ないと思ってしまう僕がいる。
僕は、サイトに登録のある真冬の他の動画も探して閲覧した。一番古い動画は、おそらく真冬が最初にそこに行ったときのモノだと思う。

うつ伏せになっている真冬に、マッサージをする男性。タオルが掛けられた状態の真冬の、腰のあたりをマッサージしている。でも、普通のマッサージにしか見えない。男性は、色々と声をかけながらマッサージを続ける。

「痛くないですか?」
声をかける男性。
『はい。気持ち良いです』
真冬は、そんな風に答えた。でも、それは快感を感じている気持ち良いではなく、単にマッサージが気持ち良いという感じだ。
そのまま揉み続ける男性。すると、太もものあたりをマッサージし始めた。しばらく揉んだ後、タオルをまくり上げる彼。お尻のきわどいところまで見えている状態だ。真冬は、恥ずかしそうにモジモジ動いているが、とくになにも言わない。

「身体を妊娠モードにするには、性感を高める必要がありますからね」
男性は、そんなことを言いながら真冬の内股を揉み始めた。
『性感を高めるって、どういう風にですか?』
真冬は、その言葉に食い付いている。普通は、マッサージに来てこんなことを言われたら、怪しいとしか思わないはずだ。でも、追い詰められていた真冬は、素直にその言葉を信じてしまったのかもしれない。

「例えば、ご主人と子作りの時、もっと前戯に時間をかけるとかです。子作りをしたい気持ちが強すぎて、そのあたりがおざなりになっていませんか?」
男性は、真冬の内股の際どいところをマッサージしながら言う。
『そ、そう言われてみれば……。他は、何かありますか?』
真冬は、すっかりと話に引き込まれている。占い師にはめ込まれてしまった純粋な人みたいな感じになっている。
男性は、
「失礼ですが、オナニーはされていますか?」
と、とんでもないことを聞く。
『してないです。した方が良いんですか!?』
驚いた声で聞く真冬。
「やっぱりしてないんですね。不妊の女性のほとんどがしてないんですよね」
男性は、そんなことを言い始めた。詐欺師の話術みたいになってきた。
『そうなんですか!?』
真冬は、驚いた声で言う。
彼は、淡々と、
「やっぱり、性感が未発達なのが良くないんですね」
と、言った。
『……そうなんですね。やってみます』
真冬は、そんな風に言う。僕は、真冬がこんな会話を他の男性としているのに、興奮が信じられないほど大きくなっていく。
「もしかして、今までしたことがないんですか?」
男性は、内股を揉みながら聞く。
『……はい。ないです』
真冬は、恥ずかしそうに答える。初回から、こんな会話をしていたなんて……。

「是非、してみて下さいね。性感を高めないことには、妊娠なんて出来っこないですから」
男性は、完全に言い切った。
『わかりました。頑張ってみます』
真冬は答えた。
「出来たらディルドを使って中の方も刺激して下さいね」
男性は、そんなことまで言う。
『ディルド?』
意味がわからないという感じで言う真冬。男性は、ディルドの説明をした。
『……でも、恥ずかしくて買えないです』
真冬は恥ずかしそうに言う。
「では、後でお渡しします。奥様みたいな方に渡すようにストックがあります」
男性は、そんな風に言った。そして、マッサージは仰向けになって続く。タオルで隠されているが、なんとなく乳首のあたりが主張しているような感じがする。

男性は色々なところを揉みほぐしていくが、いやらしいことはしていない。そして、徐々に胸のあたりをさするようにマッサージし始める。でも、乳首は触らない感じだ。
薄くモザイクがかかった真冬の顔からは表情は見えないが、たまに漏れる吐息が妙にセクシーだ。

「はい、終了です。初回なので、ソフトなマッサージです。もし、継続して続けていただけるのなら、徐々にマッサージも強度を強めていきます」
男性は、そんな説明をする。
『は、はい。継続してお願いしたいです』
真冬は、少し息遣いが荒い感じがする。
「ありがとうございます。では、ディルド持ってきますね。服着て待ってて下さい」
そう言って、男性はカメラから消えた。真冬は、男性がいなくなったのを確認すると、身体の上のタオルを外す。そして、自分の指をアソコに持っていった。そのまま指でアソコを拭うように触ると、自分の顔の前に持っていく。その指は、はっきりとわかるほど濡れている。

真冬は、慌てて指をタオルで拭う。そして、恥ずかしそうな仕草で服を着ていった。あんなにソフトなマッサージでも、十分なほど興奮していたようだ。

そして、ノックの音がする。真冬が返事をすると、男性が入ってきた。
「どのサイズが良いですか? 好きな大きさで決めて下さい」
そう言って、ディルドを3本施術台の上に並べる彼。ディルドは、僕のペニスと同じ位のサイズのモノ、一回り大きいモノ、かなり大きいモノの3つだ。

『色々な大きさがあるんですね。こんなにリアルなんだ……』
真冬は、3本のディルドを見て感心したように言う。
「はい。でも、人体ではあり得ないほどカリ首が広がってるので、本物よりも気持ち良いと思いますよ」
男性は、そんな説明をする。確かに、一番小さなモノですら、カリ首が大きく張り出しているのがわかる。

真冬は、一番小さなディルドを手に取った。そして、握ったりして大きさを測り始める。
「これ……。なお君の位かな?」
そんな風に言う真冬。
「大きさ選びは、大切ですから。私、少し隣に行ってますから、良かったらフィッティングしてみて下さいね」
男性は、そう言って部屋を出た。男性がいなくなると、真冬は小さな方のディルドをよく観察し始める。何度も握ったりしごいたりする。

そして、スカートをまくり上げると、ショーツだけを脱いでしまった。そのままディルドをアソコに押し当て、一気に入れてしまった。
『うぅっ、こ、これすごい……』
真冬は、驚いたような声をあげる。そして、そのままディルドを動かし始めた。ゆっくりと、探るように抜き差しする真冬……。
『ヒィ、うぅ、擦れて……あぁ、うぅ、すごいぃ』
真冬は、そのままディルドを抜き差しし始める。
『あっ、ンッ、ンッ、うぅ~ッ、あっ、ダメぇ』
真冬は、必死で声を押させているような感じだ。隣に他の男性がいるのに、ディルドでオナニーをしてしまう真冬……。僕は、初めて見る真冬のオナニー姿に驚きながらも興奮してしまっている。

そして、徐々に真冬は動きを早くしていく。口を手で押さえて声を殺す真冬……。すると、ガクガクッと身体を短く震わせた。まさかイッた? と、思っていると、真冬はディルドを引き抜く。そして、もう一回り大きなディルドを手に取ると、顔の前に持ってきて観察するようにし始めた。

それは、真冬が手に持ったことで大きさが良くわかるようになった。かなり大きい。僕のよりも全然大きいが、たぶん、日本人ではなかなかいないサイズなんじゃないかな? と、思う。

真冬は、それをアソコにあてがった。そして、そのまま入れてしまう。
『う゛ぅっ!』
真冬は、聞いたことのない声をあげる。痛いわけではなく、強い快感を感じたような感じだ。
『こ、これ……すごい……』
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

不妊に効くと噂のマッサージを受けた嫁が、敏感な身体になって帰ってきた2(マガブロ 転載禁止)

前回の話

画面の中の女性は、髪型や体形が嫁の真冬そっくりに見える。全裸に、申し訳程度にタオルが掛かっている状態……。胸の大きさや、足の太さなんかも彼女にしか見えない。

男性は、女性の上にかろうじて乗っているタオルをあっさりとはずしてしまった。慌てて胸と秘部を隠す女性。薄いモザイクがかかっているので、顔ははっきりとは判別出来ない。でも、目を細めると真冬の顔のように見えてしまう。


男性は、女性の腕を握って横に移動させる。女性は、胸もアソコも丸見えの状態になった。顔にはモザイクがかかっているのに、アソコにはかかっていない。ヘアも丸見えだ。

そして、やっぱり胸の感じも真冬と同じように見える。偶然の一致で、乳輪の大きさや乳首の色が一致することがあるのだろうか?

真冬は、普段はEカップのブラジャーを身につけている。大きな胸をしている割に、ウェストは細い。そして、元々色白なこともあるので、裸は本当に官能的だ。
画面の中の女性は、普段見慣れた真冬の身体と一致してしまっているように見える。

真冬が、盗撮被害に遭っている? 僕は、激しい動揺を感じながらも、画面を注視した。

男性は、女性の胸を手の平で軽く潰すようにマッサージし始める。最初から、乳首を重点的にマッサージしているような感じだ。
『うぅっ、んっ、あっ、んふぅ、うぅあっ』
女性の吐息は、さらに甘く大きくなる。男性は、女性の乳首をつまんだり指で弾くように触り始めた。
『あぁっ、アンッ、うぅっ、ダメぇ、声、あぁっ、我慢出来ない、うぅあぁっ』
女性は、あえぎ声のような声をあげ始めた。男性は、
「我慢する必要はないですよ。もっと気持ち良くなって、身体が受精しやすくしましょう」
と、真面目な声で言う。そのまま、両手で女性の胸を刺激し続ける男性……。もう、普通のマッサージではなく性感マッサージになってしまっているようだ。

『も、もう……下も……中からして下さい』
女性は、媚びるような声で言う。男性は、ゆっくりと女性の脚を広げ始めた。両脚を大きく広げた女性……。恥ずかしいのか、顔を両手で覆っている。こんなに全てをさらけ出しているのに顔だけ隠している姿は、妙に滑稽だ。

女性の秘部が丸見えになる。そこは、まるでローションを塗ってしまったように濡れて光っている。どう見ても、感じている……。性的に興奮している……。そんな感じだ。子供が出来やすくなるためのマッサージ……のはずなのに、完全に趣旨が変わってしまっているように見える。

男性は、親指がクリトリスのあたりに当たるようにしながら女性の下腹部を押す。リズミカルに押すマッサージをしているように見えるが、親指は完全にクリトリスを触っている。

『うぅあっ、あっ、アンッ、ダメぇ、クリ気持ちいいですっ、もっとっ、もっと強くっ』
女性は、もう完全におねだりモードになってしまった。子供を授かりやすくするためのマッサージ……。そんな建前はなくなってしまったようだ。

男性は、ひたすら押し続ける。クリトリスを重点的に押しながら、その周りも刺激している。
『アンッ、アンッ、気持ちいいっ、ダメぇ、もう、うぅっ、イ、イッちゃう、イッちゃいますっ!』
女性は、切なげな顔で叫ぶ。すると、男性はスッと手を引いた。
『ど、どうしてやめちゃうんですか?』
女性は、少し不満そうだ。会話の声を聞いていても、真冬の声にしか聞こえなくなってきてしまった。

男性は、
「そんなに簡単にイッてしまったら、身体は受精モードになりませんよ。もっと我慢して、大きなオルガズムを感じて下さいね」
と、女性に指示をする。どこまでも真面目な感じの声。本当に、不妊治療なのかな? と、信じ込まされてしまいそうな声だ。

『わ、わかりました……我慢します』
女性は、自身がなさそうな声で言う。すると、男性は指を二本女性の膣口にこすりつけ始めた。
『うぅっ、あっ、あぁぁ、早く……。入れて……』
女性は、切なげな声で言う。本当に欲しくてたまらないという声だ。
男性は、ゆっくりと指を挿入していく。
『うぅあぁ、ダメぇ、イッちゃうぅ』
女性は、指を入れられてすぐにのけ反りながら身体を震わせる。まだ、指を入れただけで動かしてすらいない。そして、男性は指をゆっくりと動かし始めた。
『うぅっ、うぅっ!! うぅ~っ! ダメぇ、そここすっちゃダメぇっ』
女性は、切なげな声で叫ぶ。男性は、ペースを変えることなく指を動かし続けている。白衣のようなものを着て、どこから見てもマッサージ師や整体師にしか見えない。それなのに、やっていることは完全に性感マッサージになってしまっている。

「もう、子宮降りてきてますよ。ほら、触れる」
男性は、落ち着いた口調で言う。興奮している気配もない。
『うぅう゛っ!! ダメぇ、イ、イクぅぅっ!』
女性は、身体を跳ねさせるようにしてうめく。その瞬間、顔のモザイクが完全にずれてしまった。一瞬とは言え、顔が見えてしまっていた。僕は、慌てて動画を戻して一時停止した。

もう、完全に真冬だ。間違いようのない顔だ。まさか、自分の嫁が盗撮の被害に遭っているなんて、想像もした事がなかった。
いくらモザイクがかかっているとは言え、知り合いなどに見られたらバレてしまうかもしれない。それ以前に、嫁がこんなところに通っているなんて、とても信じられない。どう見ても、自分の意志でこのイヤらしいマッサージを受けているように見える。

すると、男性は動きをとめた。
『ど、どうして!? もう少しなのに、とめないで』
真冬は、哀願するように言う。
「ダメです。そんなにあっさりとイッてしまったら、受精モードにならないです。もっと、我慢して深い快感を感じて下さいね」
男性は、そんなことを言って指を引き抜いた。
『うぅっっ』
思わずうめく真冬。男性は指をタオルで拭いながら、ディルドを取り出した。男性器をリアルに模した大人のおもちゃのようだ。
「それでは、これで自分でしてみて下さい。ここに通わなくても、自宅で自分で受精モードにする練習です」
そう言って、男性はディルドを真冬に手渡した。
『今日は……先生がしてくれないんですか?』
真冬は、モジモジと恥ずかしそうに言う。
「ちゃんと後でしますよ。まずは、自分で訓練してみて下さいね」
男性は、淡々と言う。まるで興奮していない感じだ。真冬のこんな姿を見ているのに性的な興奮を感じていないとすると、夫の僕としては複雑な気持ちになる。

『は、はい、やってみます……』
真冬は、恥ずかしそうにディルドを膣口に押し当て始めた。真冬が手に持つと、その大きさが良くわかる。僕のペニスよりは大きい。でも、少し大きい程度だ。

真冬は、そのままディルドを膣中に押し込んでいく。
『うぅっ、あっぁっ、気持ちいいっ』
真冬は、そんな言葉を漏らしながらさらに押し込んでいく。
『当たってます。奥に、もう当たってる』
真冬は、震えるような声で言う。
「はい。子宮かなり降りてきてますよ。そのまま、たくさん刺激してみて下さい」
男性は、優しい口調で言う。すると、真冬はディルドを抜き差しするように動かし始めた。
『うぅあぁっ、あっ、アンッ、気持ちいいっ、当たってます。奥まで当たってるのっ』
真冬は、そんな言葉を口にしながらディルドを動かし続ける。本当に気持ちよさそうな声をあげながら、どんどん動きを早くしていく。

無修正の動画なので、ディルドが出入りするのがよく見えている。あんなに激しく動かして、痛くないのだろうか? そんな心配をしてしまう。

しばらく夢中でディルドを動かし続ける真冬。彼女がこんな激しいオナニーをしているなんて、とても信じられない。
「良いですね。それでは、これを壁にくっつけます。立ちバックの格好でしてみて下さい」
男性は真冬からディルドを受け取ると、すぐ横の壁にディルドを貼り付けた。そこが吸盤になっているようで、ピタッと張り付いている。

壁に、ディルドがくっついている……。それは、かなりインパクトのある光景だ。そして、黒いディルドは所々白く汚れてしまっている。

真冬は、そのディルドのすぐ前に立つと、後ろ向きになる。そして、ディルドを手で導きながら挿入してしまった。
『うぁぁっ、これ気持ちいいですっ』
真冬は、立ちバックの体勢でディルドを根元まで入れてしまった。少し背中をのけ反らせ気味になっているのが、快感の大きさを物語っているようだ。

「良いですよ。好きに動いて下さい」
男性は、優しい声で指示をする。真冬は、言われるままに腰を動かし始めた。立ちバックの体勢で、ぎこちなく腰を振る真冬……。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

不妊に効くと噂のマッサージを受けた嫁が、敏感な身体になって帰ってきた(マガブロ 転載禁止)

「それって、本当なのかな? そんなに簡単に妊娠出来るなら、もっと話題になってそうな気がするけど」
僕は、嫁の真冬の言葉にそんな風に言った。
『そうだね……。でも、高田さんも向井さんも、そこに通って半年も経たないうちに妊娠出来たって言ってたよ』
真冬は、少し落ち込んだ感じで答えた。僕は、せっかく真冬が持ってきた情報にケチをつけてしまい、申し訳ない気持ちになっていた。


僕と真冬は、結婚して6年ほど経つ。ただ、比較的若いときに結婚したのでまだ30歳ちょうどだ。結婚して2年くらいは子作りをしなかったけど、3年目からは真剣に子作りを始めた。
でも、2年経ってもダメで、二人で検査を受けた。すると、原因は二人ともにあった。どちらも、正常のギリギリ下限くらい。普通に妊娠する事も出来る範囲だけど、僕と真冬の組み合わせだと、かなり難易度が高くなりそうだと言われた。

そこからは、いわゆる不妊治療を開始して子作りを続けたが、2年経っても授かることが出来ずにいる。体外受精なども勧められたが、まだ30歳ちょうどと言うこともあり、もう少し頑張ろうという結論に至った。

そんなある日、真冬が妊娠しやすくなるマッサージの話を聞いてきた。実際に、ママ友とママ友の知り合いがそこに通って授かったと言うことのようだ。


ただ、僕はものすごく猜疑心を持っていた。そんなもので、妊娠するはずがない……。そんな気持ちだ。授かり温泉とか、授かり神社なんかも信じていない僕は、マッサージくらいで妊娠するはずがないと思っていた。

『でも、それで妊娠したら嬉しいよね……。そんなに高い訳でもないみたいだし、試してみても良いかな?』
真冬は、真剣な顔でそう言った。最近、めっきり真冬は元気がなくなってしまった。長い妊活で疲れてしまったのか、笑顔も少なくなってしまっている。

僕は、そのマッサージを信じたわけでは無いが、真冬の気分転換になれば良いかな? と言う程度の気持ちで、
「そうだね。試してみたら良いよ!」
と、言った。

そして、数日経ち、真冬はそのマッサージに行くことになった。僕は、相変わらず怪しい話だなと思っていたが、頑張ってねと言って彼女と別れた。

会社で仕事をしている間も、今頃マッサージを受けているのかな? と、想像していた。そして、僕は真冬がどこでどんなマッサージを受けるのか知らないことに気がついた。

もしかしたら、宗教的な組織とか、詐欺みたいなお店ではないか? そんな心配までしてしまった。そして、あまり仕事に集中出来ないまま仕事を続け、夕方仕事を終えて帰宅した。

『あっ、お帰りなさい! 今日もお疲れ様!』
真冬は、満面の笑みで出迎えてくれた。僕は、久しぶりに見る真冬の全力の笑顔に、ビックリしてしまっていた。そして、僕の方からも質問した。マッサージはどんな感じだったのかと。

『うん。すごくよかったよ。年配のおばちゃんが、しっかりとマッサージしてくれた。あと、お灸もしてもらったよ』
真冬は笑顔で言う。僕は、具体的にどんな効果があるマッサージなの? と、質問した。
『えっと、血行をよくしたり、リンパの流れとかホルモンのバランスを整えるんだって』
真冬は、そんなことを言い始めた。僕は、怪しいワードが並んでいるなと思いながらも、笑顔になっている真冬を見て嬉しいと感じていた。
『なんか、この辺が熱い感じがする……。ねぇ、今のうちに……』
真冬は、下腹部のあたりを押さえながら言う。なんというか、表情が妙に色っぽい。発情しているとでも言うのか、目が潤んでいるように見える。

そして、二人ともそれぞれシャワーを浴びると、まだ夕方なのに寝室で子作りを始めた。僕に抱きついてキスをしてくる真冬。荒々しく舌が飛び込んでくる。僕の口の中をかき混ぜるように動くと、
『ねぇ、もう欲しい……。なお君、来て……』
と、耳まで真っ赤にしながら言ってきた。僕は、マッサージで身体が妊娠モードになっているのかな? と、思いながら彼女に覆い被さっていく。

そして、彼女の中に入っていくと、愛撫もしていないのに驚くほど濡れていることに気がついた。
『うぅっ、なお君、すごいっ』
真冬は、いつもとまったく違うリアクションをする。いつもは、あまり声を出すことも無い。気持ち良くないのかな? と、心配になってしまうようなリアクションだ。でも、今日の真冬は反応が強い。僕は、どうすごいの? と、思わず聞いてしまった。

『身体が、敏感になってるみたい……。すごく気持ちいいの。子宮が、キュンキュンってうずいてるみたいだよ』
真冬は、そんな風に言った。僕は、驚いてしまった。不妊治療のためのマッサージが、身体を敏感にする? すると、真冬が説明を続ける。
『気持ちいいって思ってる方が、身体が妊娠しやすくなるんだって』
真冬は、恥ずかしそうに言う。僕は、子作りのことは別にしても、真冬がこんなにも感じてくれているのが嬉しくて腰を動かし始めた。

『あっ、アンッ、き、気持ちいいっ。いつもと違う、なお君、すごく気持ちいいのっ』
真冬は、戸惑ったような声で言う。でも、顔はすっかりととろけたようになっていて、強い快感を感じているのがわかる。

今まで、こんな風に感じている彼女を見たことがない。そして、腰を振っていて気がついたが、真冬の膣中の感触もいつもと違う。なんというか、うねっているような感じがする。絡みつくような感覚も強く、僕は早くも射精感が強くなってしまった。

僕は、僕もいつも違う感覚だと告げた。
『本当に? なお君も気持ちいい? 嬉しい……ねぇ、キスして……愛してる』
真冬は、嬉しそうに言う。僕は、すぐにキスをした。舌が絡み合うと、さらに快感が増してしまう。僕は、今までで最短で射精を開始してしまった……。

『すごい……。ドクドクしてるのわかるよ……やっぱり敏感になってるみたい』
真冬は、嬉しそうに言う。僕は、いつも以上の快感にうめいてしまっていた。
『きっと、これなら上手く行きそうだね。身体が、妊娠したいって思ってるみたい』
真冬は、嬉しそうだ。僕も、こんなに効果があるとは思っていなかったので、驚きながらもそうだねと言った。

ただ、やっぱりそんなに簡単には妊娠は出来ず、生理が来てしまった。でも、真冬は目に見えて明るくなっていた。今までと違った展開があると信じているようだ。

そして、真冬は週に一度程度、そのマッサージを受けることになった。1回5000円程度なので、そこまでの負担では無い。これで、もしも妊娠することが出来たら安いものだと思ってしまう。

真冬は、マッサージに行った日には、激しく求めてくるようになった。必ずしも妊娠可能なタイミングではなくても、セックスをした。妊娠可能なタイミング以外でもセックスすることで、身体がより妊娠しやすくなるという事のようだ。
さすがに、その話はうさんくさいと思ったが、恥ずかしがりながらも求めてくる真冬に、僕はものすごく興奮してしまっていた。

そして、2ヶ月くらい経ってくると、真冬はセックスの仕方も変わってしまった。僕にまたがって腰を振るようになった真冬……。今日も、前後にこすりつけるように激しく腰を動かしながら、
『イ、イクっ、イクっ、なお君、イッちゃうっ!』
と、顔を真っ赤にしながら叫ぶ。相変わらず恥ずかしがる感じは残りながらもはしたなく腰を動かす真冬に、僕はあっけなく射精をしてしまった……。
『ゴメンね。はしたないことしちゃった……』
真冬は、顔を真っ赤にして言う。本当に恥ずかしそうだ。さっきまでの淫乱な姿は嘘のように消えている。
僕は、そろそろ本当に妊娠出来そうだなと感じていた。そんなある日、僕はなんとなくパソコンで不妊治療のマッサージのことを調べてみた。

色々なサイトが出てくる中、アダルトなサイトも出てきた。慌てて閉じようとしたが、サイトの文章が目にとまってしまった。盗撮とか、性感マッサージ、騙すなどの文字が躍っています。

僕は、不謹慎だなと思いながらも興味を引かれてしまい、そのサイトを見始めた。すると、サンプル動画があり、僕は迷いながらも再生し始めた。

動画が始まると、全裸でうつ伏せになった女性に、タオルが掛けられている。整体なんかで見るような簡単なベッドの上で寝ている女性を、男性がマッサージをしている。

腰や太もものあたりを揉みほぐしている感じだ。普通にマッサージをしている感じがする。とくに、イヤらしい感じには見えない。

僕は、なにか間違えたかな? と、思いながらも動画を見続けた。すると、男性がタオルの中に手を入れ、内股のあたりをマッサージし始めた。ただ、まだ普通のマッサージに見えなくもない。

すると、
『んっ、うぅ、んっ、うぅ、うぅ』
と、女性が吐息というか、うめき声のような声を漏らし始めた。
「痛いですか?」
マッサージ師が声をかける。おそらく、50がらみの男性だ。オールバックで精悍な感じがする。よく日に焼けているので、マッサージ師と言うよりはスポーツ選手みたいに見える。

『大丈夫です。続けて下さい』
女性は、すぐにそんな風に言う。すると、男性の手の動きがさらにきわどいものになっていく。タオルが邪魔でよく見えないが、内股と言うよりは秘部の辺りを触っているように見える。
『んっ、うぅ、んっ、んっ、うぅっ』
女性は、さらに漏れる声が大きくなる。よく見ると、爪先が広がったり閉じたり曲がったり、せわしなく動いている。

そのまま、しばらくマッサージが続く。でも、AVで見るような感じには進まない。あくまで、揉んでさすっているだけ……そんな感じだ。

少しすると、男性がタオルから手を抜いた。
「それでは、仰向けになって下さいね」
男性は、そう言って後ろを向く。すると、女性は身体を起こして仰向けになる。タオルが外れて、全裸が見えてしまっている。ただ、男性は後ろを向いているので見られていない感じになっている。

女性は、おそらく30代半ばくらい? 少しぽっちゃりしていて、肉感的な体つきだ。胸はかなり大きく、さほど垂れていない。そして、顔に薄くモザイクがかかっている。

女性は仰向けになると、タオルを自分の身体に掛けた。一応、胸もアソコも隠れているが、画像でもわかるほど乳首が浮き出ている。

『仰向けになりました』
女性は、そんな風に言う。さっき変なところをまさぐられたのに、声に不信感や恐怖はない。やっぱり、AVなんだなと思ってしまった。

でも、なとなく真冬がこんなことをされているのを想像して、モヤモヤしてしまった。不安と嫉妬? よくわからない感情が浮かぶ。

「それでは、失礼しますね。身体を敏感にして、妊娠モードにしないと受精出来ないですから。リラックスして任せて下さいね」
男性は、落ち着いた声で言う。本物の整体師というか、マッサージ師のように見える。
『よろしくお願いします。……今日は、下の方を多めでお願いします』
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

寝取られ電子書籍


強気な姉さん女房が寝取られ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
298位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
13位
アクセスランキングを見る>>

おすすめ動画

検索フォーム

ランキング

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:マガブロの体験談は、本ブログだけのオリジナルです。
他では読むことが出来ないものだけです。
姉妹サイトのNTR使える寝取られサイト、エッチな体験談や萌えた体験談ブログとは違い、アブノーマルな話だけを紹介します。

姉妹ブログとは違い、スカ、グロ、暴力、ゲイ、等々、一般受けを考えずに、好きに書いています。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読むことが出来ます。また、月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、FC2より私へは一切通知されませんのでご安心下さい。
また、FC2ポイントは銀行振り込みやペイジー、コンビニ決済、銀行ATMで購入できますので、クレジットカードを利用しなくてもブロマガ購入できます。
※無断転載は禁止します。
筆者のマガブロ一覧です
http://netoraretaiken.com/
blog-entry-9059.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。