このブログのオリジナルコンテンツ一覧

オッパブ好きの友人が遊びに来て、嫁と3人で飲んでいたら完(オリジナル 転載禁止)

前回の話

僕は、大量に射精をしてしまい放心状態みたいになっていた。望も、アナルの中に射精をされて小刻みに震えているような状況だ。四つん這いになったままの望。祐介は、目一杯奥まで押し込んだ状態のまま、
「あぁ、ヤバい。気持ち良すぎる。望ちゃん、最高だよ」
と、本当に満足げな顔で言う。祐介は、本当に最高に気持ち良かったというような顔になっている。

『……中に出したでしょ。ダメって言ったのに』
望は、そんな風に言う。でも、怒っているような感じではなく、少しトロンとしたような感じになっている。


「ゴメン。でも、お尻なら妊娠しないし……」
祐介は、謝りながらもそんなことを言う。
『そう言うんじゃなくて……。中に出して良いのは、たっちゃんだけだよ。気持ちの問題なんだからね』
望は、少しすねたような口調で言う。
「そうなんだ……でも、アナルセックスはしたことないんでしょ? 先にしちゃって、悪いね」
祐介は、少し得意気な感じで言う。
『ホントだよ。オプション代、高いからね!』
望は、そんな風に言う。でも、僕はオナニーをして射精までしてしまっている。祐介のことを責める資格もないような気がする。

「もちろん! じゃあ、続けてしていいかな? まだ、ギンギンなんだよね」
祐介は、そんなことを言い始める。
『え? 出したばっかりなのに?』
望は、驚いた顔で言う。
「うん。望ちゃんとアナルセックス出来るなんて、最高だからね。じゃあ、次は正面向いてしようよ」
祐介は、望を抱えるようにして態勢を入れ替え始める。アナルにペニスを入れたまま、器用に正常位に移行する彼。望は、腸内でペニスが暴れるのか、うめいたり身体をのけ反らせたりしている。
「じゃあ、動くよ」
そう言って、祐介は腰を動かし始めた。ここに至るまで、一切僕に許可を求めていない。僕の存在など、ないように思ってるのだろうか?

『あっ、うぅっ、あっ、んっ、やっぱり気持ちいい。お尻初めてなのに、気持ちいいのっ』
望は、戸惑ったような顔で言う。初めてのアナルセックスで感じてしまうことに、罪悪感のようなものを感じているみたいだ。
「良いよ、もっと感じてよ。感じてくれた方が、お尻の中うねって気持ちいいからさ」
そう言って、腰を動かし続ける祐介。望は、アナルに入れられているので、脚をいつもよりも高く上げるような格好になっている。その体勢が苦しいのか、両脚を自分で抱えるような姿になっている。

僕は、ごく普通にアナルセックスを受け入れ、立て続けに2回目もしてしまっている望に、強い不安を感じている。新しい扉が開き、ハマってしまうのではないか? そんな不安を感じてしまう。

『うぅっ、あっ、あっ、この格好だと、前の気持ちいいところにも当たる、うぅぁっ、あっ、気持ちいいっ! ダメぇ、すごく気持ちいいのっ!』
望は、本当に気持ちよさそうな声をあげながら、両脚を抱え続ける。祐介は、嬉しそうな感じで腰を動かし続ける。僕は、このままでは本当に取り返しがつかなくなってしまうのではないか? そんな不安で苦しくなる。

「すごいね、こっちもすごく勃起してるじゃん」
祐介はそう言って望の乳首を摘まみ始める。
『うぁあっ、ダメぇ、乳首気持ちいいっ!』
望は、軽い悲鳴のような声をあげる。祐介は、乳首がギュッと変形するほど強く摘まんでいる。でも、望は痛そうな感じはなく、とろけた顔に変わっている。
全身が敏感になっている……。そんな風に思える。僕とのセックスでは、そんな風にならない。僕とのセックスでは、リミッター解除にはならないという事みたいだ。

「望ちゃんも乳首触ってよ」
祐介が、望に指示をする。すると、望はあえぎながら自分の乳首に指を持って行く。
「イヤ、そうじゃなくって、俺の乳首触ってよ」
祐介が、笑いながら言う。
『あっ、ご、ごめんね。そっちか……』
恥ずかしそうに、耳まで真っ赤にしている望。おずおずと祐介の乳首に指を伸ばす。そして、祐介の乳首をイヤらしい指使いで触り始めた。
「あぁ、気持ちいい。望ちゃんの指、最高に気持ちいいよ」
祐介は、そんな風に言いながら望の乳首を触り続ける。僕は、お互いに乳首を触りながらアナルセックスを続ける二人を見て、異様なほど興奮してしまった。そして、もう一度ペニスをしごき始めてしまった。
自分の妻が、他の男とアナルセックスしてるのを見ながらのオナニー……。常軌を逸していると思う。でも、あまりに気持ち良く、すぐに射精感が湧いてきてしまう。

『ダメぇ、イッちゃう、イッちゃうよぉ』
望は、可愛らしい声で言う。さっきから、祐介に対する態度が媚びるような感じになってきている。僕は、さらに焦燥感が強くなってしまう。

祐介は、いきなりキスをした。腰を振りながら、激しく舌を使う彼。望も、すぐに舌を絡め始めてしまった。祐介に抱きつきながら、夢中で舌を使う望。祐介は、長いストロークでペニスを抜き差しし続ける。
キスで口を塞がれたまま、うめき、のけ反り、しがみつく。ついさっき初体験をしたばかりのアナルセックスで、こんなにも快感を感じることがあるんだろうか? 僕は、望の淫乱な面を見せつけられているような気持ちになってしまった。

僕は、二人の結合部を見ながら夢中でペニスをしごき続ける。強い快感に、すぐに射精寸前になってしまいながらも、オナニーの手がとめられない。

「あぁ、ヤバい。メチャ気持ちいい」
祐介が、本当に気持ちよさそうに言う。望は、祐介の乳首にむしゃぶりつくように吸い付き、舐め始める。
「望ちゃん、それヤバい。気持ち良すぎる」
祐介は、一気に余裕のない声になっていく。アナルをガンガン責められながら、乳首舐めをする望……。オッパブ代わりに少し胸を揉ませるだけだったはずが、全力の風俗プレイになってしまっている。

祐介は、杭を打ち込むような動きで腰を動かし続ける。夢中で乳首を舐めていた望が、
『もうダメっ、イクっ、イッちゃうっ、お尻気持ちいいのっ! イクぅっ! うぅっ!!』
と、とろけきった顔で叫び始める。
「良いよ、イッて。俺もイクから。中に出すよ!」
そう言って、スパートをかけ始めた祐介。肉がぶつかる鈍い音が響き続ける。
『イクっ! イクぅっ! うぅああぁっ! イッくぅっ!』
望は、しがみつきながら叫ぶ。祐介は、腰を奥まで押し込んだまま、体をブルッと震わせた。
『うぅああぁ、熱いの出てるよ、あぁ、すごい』
望は、腸内深く精液を注ぎ込まれ、うっとりしたような顔でうめくように言う。祐介は、吸い寄せられるように望にキスを始めた。

絡み合う舌……。望は、脚を上げるのに疲れたのか、脚を祐介の身体に巻き付けるようにしている。その状態で、むさぼるように舌を使い続ける二人。僕は、再びうめきながら射精を始めてしまった……。

少しすると、
「ありがとう。なんか、本当にありがとう」
と、祐介が照れたように言い始める。そして、ペニスを引き抜く。望は、なとも言えないなまめかしい声を出す。
『ううん。良いよ。私も、すごく良かったし……』
望は、やっぱり媚びたような感じの仕草だ。二人の仲が、急速に近づいていくのを感じながら、僕は慌ててペニスをしまった。

そこからは、一気に空気が変わった。恥ずかしそうにペニスをティッシュで拭き、服を着ていく祐介。望は、布団の上でグッタリとしたまま寝転んでいる。でも、視線は祐介の股間のあたりに注がれているような感じがする。

『もう、おしまいなの? もう、出来ない?』
望は、上気したような顔で言う。まだ足りないのだろうか?
「え? う、うん。さすがに、もう悪いし……。交代した方が良いんじゃないかな?」
祐介は、チラチラと僕の方を気にしながら言う。
『ダメだよ。パパもいっぱい出しちゃったから、交代なんて出来ないよ』
望は、そんな風に言う。確かに、僕のペニスはすっかりと縮みきってしまっている。
「え? そうなんだ。でも、さすがにそんなにお金ないし……」
祐介は、少し言いづらそうな顔で言う。
『そんなの良いよ。サービス。私も、欲しくなっちゃってるし……。ねぇ、このおちんちん入れて欲しいの……。我慢出来ないよ』
望は、甘えたような声で言う。僕は、望の媚びた仕草と甘えた声に、クラクラしてしまった。僕以外の男性に、そんな姿を見せる……。普通に生きていたら、絶対に経験出来ないような状況だと思う。

「マジで? そういうことならお願いしたいよ」
祐介は、そんな風に言う。すると、望は服を着ている途中だった彼を布団に押し倒す。穿きかけだったズボンを剥ぎ取るように脱がす望。その顔は、いたずらっ子のように目がキラキラしている感じだ。

望は、パンツごと祐介のペニスをくわえ始めた。パンツを穿いていても、もっこりと盛り上がった感じのペニス。望は、パンツごと甘噛みするような感じで弄んでいる。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

オッパブ好きの友人が遊びに来て、嫁と3人で飲んでいたら5(オリジナル 転載禁止)

前回の話

『パパも、すごくいっぱい出たね。気持ち良かった?』
望は、顔に祐介の精液を付着させたまま言ってくる。僕は、言葉が出せず、黙ってうなずく。望は、祐介の精液をほとんど飲み干してしまった。それでもまだ、望の顔の至る所に精液が付着したままだし、髪の毛にもついてしまっている状態だ。

「ありがとう。飲んでくれて、嬉しいよ。今日は、いつも以上にサービス良いね」
祐介は、そんな風にお礼を言う。
『オプションだからね。ちゃんと、プラスして払ってよ』
望は、おどけた感じで言う。


「もちろん。じゃあ、次は俺が責めてもいいかな?」
祐介は、射精しても興奮が収まっていないようだ。
『うん。でも、ここだと座りづらいでしょ? ソファの方行こうよ』
望は、そんな風に言って立ち上がる。短すぎるスカートに、セクシーなニット。祐介を喜ばせるためにわざわざ用意した衣装だ。僕は、そんなことにまで嫉妬してしまう。

『どうすれば良い? 脱いだ方が良いのかな?』
望は、ソファの前で質問する。祐介は、
「そのまま座って。脚は上にのせて」
と、指示をする。望は、ソファの上に座り、脚をM字開脚のようにした。短すぎるスカートは完全にまくれ上がり、ショーツが丸見えだ。祐介は、ショーツに指をかけて脱がせていく。

そして、完全に脱がせると、それをじっと見つめ始めた。
『は、恥ずかしいよ! そんなに見ちゃダメ!』
慌てる望。祐介は、
「こんなになってるよ。いくらなんでも、濡れすぎなんじゃないの?」
と、ショーツを拡げてみせる。確かに、ショーツの中央には大きなシミが出来ていて、触ると指が濡れてしまいそうなほどに見える。
『だって……。あんなことしたら興奮しちゃうよ……』
望は、恥ずかしそうに言い訳をする。祐介はショーツを床に置くと、望の前にあぐらをかくようにして座り込む。彼の目の前には、濡れすぎて光っている膣口がある。内股やお尻の方まで濡れている感じだ。

「濡れすぎてあふれてるじゃん。望ちゃん、淫乱なんだね~」
からかうように言う彼。望は、顔を真っ赤にしながら手で顔を隠す。でも、脚は拡げたままだ。顔は隠すのに、アソコは隠さない。どういう心理状態なのだろう? 

「じゃあ、頂きます」
そう言って、祐介は濡れて光る望の膣周りを舐め始めた
『んっ、うぅ、ん~っ』
うめくような声を漏らす望。祐介の舌は、わざとなのか音を立てながらクリトリスあたりを舐め回す。望のクリトリスは完全に大きくなっていて、包皮からほとんど出てしまっている。ちっちゃい乳首に対して、クリトリスは大きめ……。
祐介に見られたとき、彼にオナニーのしすぎだと言われていた。望は否定していたが、もしかしてそうなのかもしれない。僕とのセックスでは満足出来ず、そんな風に自分を慰めていたのかもしれない。

祐介は、ひたすらクリトリスを舐め続ける。望の声はどんどん大きくなっていて、うめき声とあえぎ声が入り交じったようになっている。

「クリ、ホント大きいね。こうすると気持ち良い?」
そう言って、祐介は望のクリトリスを甘噛みし始めた。
『うぅううっ!! ダ、ダメぇ、噛んじゃダメぇ』
望は、うわずった声で言う。でも、言葉とは裏腹に、イヤがっている感じはない。それどころか、微妙に股間を突き出すようにした感じがする。さらに舐めやすくした……そんな風に感じる。

「もっと強くするよ」
そう言って、さらに強く噛み始める祐介。望は、ビクンと小さく身体を震わせる。
『あっ、あんっ、ダメっ、噛んじゃ、うぅっ、あっ、あんっ』
望は、身体を折り曲げるようにしてあえぎ続ける。足の指がせわしなく開いたり閉じたりするところを見ても、強い快感を感じているんだろうなと思う。

『あぁ、あぁぁ~ッ、ダメっ、イ、イッちゃうっ! パパ、イキそう、ゴメンね、イッても良い?』
望は、泣きそうな顔で僕を見ながら質問してくる。僕は、目の前で他の男にイカされそうになっている妻を見て、喉がカラカラになるような焦燥感を感じていた。でも、すぐにうなずいてしまった。

すると、祐介はいきなり舐めるのをやめた。
『な、なんでやめるの?』
望は、不満そうな声で言う。
「そろそろ、次のオプションもお願いしても良いかな?」
祐介は、遠慮がちに言い始めた。
『え? うん。どんなオプション?』
望は、まだ息遣いが荒いままだ。
「アナルセックスのオプション」
祐介は、そんなことを言い始めた。
『えっ!? そ、そんなの無理だよ! したことないし!』
望は、ビックリして言う。
「そうなんだ……。でも、よくあるオプションなんだけどね。試しにしてみたら?」
祐介は、そんな風に言う。僕は、予想もしていない展開にドキドキしていた。多分、普通にセックスまでは行ってしまうと思っていた。それは、ある程度覚悟していた。でも、祐介が言い始めたことは全くの想定外だった。

『え? でも……。痛そうだし……』
望は、そんな風に言う。僕は、思ったよりも拒否反応がないことに驚いてしまった。
「痛いってイメージあると思うけど、それはちゃんとほぐさずに入れるからだよ。ちゃんとほぐしてから入れれば、最初から気持ち良いみたいだよ」
祐介は、控えめな口調で言う。
『……どうしよう。パパ、どうしたら良い?』
望は、迷った顔で僕に質問してくる。僕は、聞いてくると言うことは、望の中ではOKが出ていると言うことなのかな? と、思ってしまった。そもそも、本来は入れる場所ではないと思う。でも、AVなんかの影響もあるのか、アナルセックス自体はもう一般的になってきているような感じもする。

僕は、
「望ちゃんが嫌じゃなかったら……。何事も経験かなって……」
と、答えた。
『……うん。じゃあ、してみるね。でも、痛かったら中止してね』
望は、祐介にそう言った。あまりにあっけなく同意してしまった望……。僕は、本当に実行するのだろうか? と、ドキドキしていた。

「もちろん! じゃあ、ちょっと準備しようか。お手洗い行ってきてよ」
祐介はそんな指示をする。
『え? う、うん』
恥ずかしそうに言う望。
「綺麗にしとかないと、色々汚れちゃうかもしれないからね」
祐介は、淡々と言う。
『お店とかだと、どうしてるの? トイレで出ないときとかもあるでしょ?』
望は、質問する。好奇心で聞いているような感じだ。
「うん。お店によっては浣腸したりもあるよ。でも、普通はウオッシュレットで自分で浣腸みたいにするって言ってたよ」
そんな説明をする彼。望は、やり方を聞く。要は、力を抜いて肛門を開き、ウオッシュレットでセルフ浣腸をするという感じだ。

『そんな使い方あるんだ……出来るかな?』
望は、心配そうだ。
「でも、朝トイレしたなら、なにもしなくても多分大丈夫。意外に汚れてないもんだよ」
そんな風に説明する祐介。でも、望はとりあえずトイレに向かった。僕は、祐介と二人きりになり、気まずくなってとりあえずパンツとズボンを穿いた。

「本当に、良いのか? なんか、やりすぎかなって……」
祐介も、気まずそうに言う。でも、僕は望がイヤがらなければ大丈夫だと告げる。
「マジか……。ホント、お前って変わってるよな。しかも、オナってるし」
笑いながら言う祐介。すると、望が戻ってきた。
『ゴメンね、お待たせ』
望は、モジモジと恥ずかしそうに言う。すでに服も脱いでいて、タオルを身体に巻き付けた状態だ。

「ちゃんと出た?」
祐介が、デリカシーなく聞く。
『バカ……』
望は、顔を真っ赤にしながら言う。
「じゃあ、どこでする? ソファで?」
祐介は質問をする。
『狭いし……和室に布団敷くね』
そう言って、和室に布団を用意し始める望。僕は、ドキドキしっぱなしだ。他の男にアナルを犯されるために布団を敷く……。僕は、望は本気なんだなと覚悟した。

ベッドに寝転がる望。祐介は、服を脱いで全裸になると、望に覆い被さった。そして、そのままキスをした。すぐに舌を絡め合う二人……。もう、キスすることに抵抗はなくなってしまったようだ。

舌が絡み合う……そして、抱き合う二人。僕は、これだけで息が止まりそうになってしまっている。祐介は、キスをしながらタオルを外していく。細い見た目に反して、意外に大きな胸。薄目のヘアも丸見えだ。祐介は、望の乳首を舐め始めた。
『んっ、うぅ、あぁ』
望は、気持ちよさそうな声をあげる。祐介は、そのまま乳首を舐めたり指で触ったりしながら、普通のセックスのように愛撫を続ける。そして、手を伸ばしてクリトリスの方も触り始める。

さらにあえぐ望。あっという間に上り詰め、イキそうになっている。すると、祐介は望に向かって、
「じゃあ、四つん這いになってみて」
と、指示をする。
『う、うん』
恥ずかしそうに言う望。そして、言われるままに四つん這いになっていく。望が、他の男の目の前で、全裸で四つん這いになっている……。僕は、それだけで一気に射精感が湧き上がってきてしまった。

「じゃあ、ほぐしていくよ。ちょっと冷たいからね」
祐介は、そんな風に言う。いつの間にか彼は、手にローションの小さなボトルを持っていた。望が、ビックリしてどうしたのそれ? と、質問すると、
「いつも持ち歩いてるよ。オプションがないお店でも、交渉でさせてもらえたりするからさ」
と、風俗通いのベテランのようなことを言う。少し笑ってリラックスしたような感じの望。祐介は、指先にローションを乗せるとそのまま望のアナルに塗りつけていく。

『ンッ、冷たい……』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

オッパブ好きの友人が遊びに来て、嫁と3人で飲んでいたら4(オリジナル 転載禁止)

前回の話

僕は、うめき声をあげながら射精をしてしまった。望は、僕の方を見て、
『え? パパ、イッちゃったの?』
と、聞いてくる。その口の周りには、まだ祐介の精液が付着したままだ。

僕は、なにを言って良いのかわからなくなってしまい、思わずゴメンと謝った。
『興奮しすぎだよ。ホント、変なの』
望は、そう言いながらティッシュで口の周りを拭き始める。

祐介が、
「ゴメン、めっちゃ出た。ホント、ありがとね」
祐介は、満足げに言う。
『出し過ぎだよ。少し飲んじゃったじゃん。うがいしてくる』
望はそう言って、キッチンの方に移動する。僕は、飲んでしまったという言葉に強いショックを受けてしまった。望が、他の男の精液を飲んでしまった……。僕は、今さら強い後悔を感じてしまった。

すぐに戻ってきた望。まだ、裸エプロン姿のままだ。
『本当にお店でこんなことしてるの? 騙してない?』
望は、そんな質問をする。
「イヤ、普通のサービスだよ。お店によっては、オプションで精液飲んでもらうヤツや、アナルセックスするお店もあるよ。普通のセックス以外は、ほぼ何でもある感じだよ」
祐介は、そんな説明をする。僕もあまり知識がないので、その言葉を聞いて驚いてしまった。

『お、お尻でエッチするってこと? どうして? 普通のエッチはダメなのに、お尻は良いってこと?』
望は、意味がわからないという顔で質問する。祐介は、そのあたりの説明をした。

『そうなんだ……お尻は性器じゃないってことなんだ。でも、普通のエッチはどうしてしちゃダメなの?』
望は、さらに質問を重ねる。祐介は、色々と法律的なことを説明し始めた。
『ソープランドは?』
望は、好奇心を刺激されたようで、さらに質問をする。祐介は、ソープランドのことも説明した。

『変なの。そんな一瞬で恋愛関係になるなんて、不自然じゃん』
望は、ソープランドの建前の、自由恋愛のことにツッコミを入れる。
「まぁ、そんな建前がないと売春との線引きが出来なくなっちゃうしね」
祐介は、そんな風に説明をする。
『祐介さんは、ソープには行ったりするの?』
望は、質問を続ける。
「たまにね。さすがに高いから、めったに行けないけど」
祐介はそんな風に言った。
『そうなんだ。高いって、いくらくらいなの?』
望は、さらに突っ込んだ質問をする。
「お店にもよるけど、4万から10万くらいかな」
祐介は、具体的な金額を言う。僕は、10万という金額に驚いてしまった。
『そんなに! もったいない!』
望は、驚いた顔で言う。
「まぁ、高いには高いだけの理由があるよ」
祐介は、そんな風に答える。

ほとんど裸の望は、興味深そうに話を聞き続ける。僕は、パンツの中が気持ち悪いなと思いながらも、二人の話を聞き続ける。

そして、そのまま会話が続き、望も聞きたいことはほとんど聞けたようだ。

「今日は、本当にありがとうね。じゃあ、また」
祐介は、すっきりした顔で帰って行った。
『パパ、興奮しすぎだよ。パンツの中、大変なことになってるでしょ?』
そう言って、望は僕のズボンを脱がせにかかる。裸エプロンのままの望……。僕は、興奮状態で脱がされるに任せる。あっという間にパンツまで脱がされると、望は、
『いっぱい出たね。それに、まだカチカチ』
と、言って僕のペニスを握ってくる。僕は、興奮状態で望に覆い被さる。

そして、慌てるように望に挿入すると、
『あぁっ、パパ、すごく固くなってる』
と、嬉しそうな声をあげる。僕は、ついさっき、祐介とシックスナインをしていた望を思い出しながら、夢中で腰を振った。対抗心を燃やすように、激しく動かす僕。でも、負けるかと思いながら腰を振っているのに、あっけないほど早く射精感がやってきてしまう。

「ゴメン、もう出そう」
僕がそんな風に言うと、
『まだダメっ、もっとして欲しいっ』
と、望が叫ぶ。僕は、いままで言われたことがない言葉に戸惑いながら、イクのを堪えるようにして腰を動かす。
『パパ、私が上になるね』
望は、そんな風に言って態勢を入れ替えにかかる。動きをセーブし始めた僕に、じれったくなったのかもしれない。

そして、僕は仰向けに寝転がった。その上に、望が乗っかってくる。裸エプロンのまま上に乗られると、興奮もいつも以上に高まるのを感じる。
『パパ、さっきの話、どう思った?』
騎乗位で腰を動かしながらそんな質問をしてくる望。僕は、どの話のことかわからず、質問した。
『ソープランドの話……』
望は、少し声が小さくなった。僕は、ドキッとした。もしかして、それもセットにするつもりなのだろうか? 僕は、ドキドキしすぎてなにも言えない。
『もったいないもんね……。手伝ってあげてもいいかなぁって……』
そんな風に言う望。僕は、
「最後までするってこと?」
と、震える声で聞いた。
『……うん。パパ、もっと固くなったよ。想像して、興奮しちゃってるでしょ?』
望は、ニヤニヤしながら言う。僕は、確かに激しく興奮してしまっている。
「でも、さすがにそれはやりすぎだと思うよ」
僕は、なんとかそう言った。正直、本当に最後までしてしまうのを、見てみたいという気持ちはある。でも、さすがにそれをしてしまうと、後戻り出来ないような状況になってしまいそうで同意出来なかった。

『そうだよね。ゴメンね。パパ、愛してる』
望は、そんな風に言うと、身体を僕の方に倒し込みながらキスをしてきた。僕は、夢中でキスをしながら、あっけなく射精を始めていた……。

そして、この日から僕は想像をするようになってしまった。望が、祐介とセックスをする場面を……。シックスナインまでしているので、セックスをしたも同然だとは思う。でも、それでも最後までしてしまうのは、かなりの抵抗を感じる。

望は、セックスのたびに色々と祐介のことを話すようになってきた。僕を興奮させるようなことを言う望。そうやって煽られるたびに、僕はより興奮し、祐介と望がセックスをする場面ばかりを想像するようになってしまった。

そんなある日、祐介からメッセージが来た。バイクでソロツーリングをしたので、手土産があるという内容だった。僕は、ドキッとしながら、夕方遊びに来るように提案した。

望に電話すると、
『うん、わかった! じゃあ、お鍋にするね!』
望は、嬉しそうに言う。僕は、望が喜ぶ理由がどこにあるのか、気になって仕方ない気持ちになる。

そして仕事を終えて帰宅すると、望は普段あまり見ないような短いスカートを穿いていた。上着も、見たことのないセクシーなニットを着ていた。胸の中央あたりが丸く開いていて、胸が見えてしまっている。
ブラジャーを付けていないので、胸の谷間どころか、乳房の形が見えているような状態だ。ただ、乳首のあたりはちゃんとニットで隠れていて、一応は普通の服なのかな? と、思えるギリギリのラインだ。

僕は、その服どうしたの? と、質問する。
『祐介さんが遊びに来た時用に、買っておいたんだ。どう? 興奮しちゃう?』
望は、妙に挑発的だ。僕は、思わず息子のことを聞いた。まだ乳幼児とはいえ、こんな格好は教育に悪い気がする。
『もう、寝てるよ。昼間、いっぱい遊んだからクタクタになったみたいだよ』
望は、そんな風に答える。僕は、少し安心しながらも、こんな格好で祐介を出迎えたら、鍋どころではなくなってしまうなと思った。

少しすると、祐介がやってきた。
「久しぶり~」
祐介は、にこやかに入ってきた。
『久しぶりって、まだ2週間も経ってないでしょ?』
望は、セクシーな姿で出迎える。祐介は、望の姿を見て一瞬固まる。
「どうしたの!? スゲぇセクシーじゃん!」
ハイテンションで言う祐介。その視線は、望のおっぱいと太ももを交互に見ているのがわかる。
『うん。祐介さんを興奮させようかなって……。興奮した?』
望は、そんな風に言う。僕は、妙に積極的な望に、ハラハラしてしまった。

「した! めっちゃ興奮してる! ほら、もうこんなになってるし!」
祐介は、股間を指さして言う。彼の股間は、ズボン越しでもはっきりとわかるほど勃起しているようで、見事にテントを張ってしまっている。
『高校生みたい。じゃあ、お鍋始めようか』
僕は、てっきりそのまま卑猥なことが始まってしまうと思った。でも、望はテキパキと鍋の準備をする。祐介も、手土産の鹿やイノシシの肉を取り出す。
「猟師さんがその場で処理してるから、全然生臭くないんだよ」
祐介は、股間を膨らませたまま言う。僕は、初ジビエだなと思いながら、正直それどころではない気持ちになっていた。

『ホントだ! 全然臭くない! でも、ちょっと固いというか、歯ごたえあるんだね。美味しい!』
望は、ホントに感激しているような口調で言う。確かに、生臭さは感じない。独特の歯ごたえと野性を感じる味に、僕も舌鼓を打つ。

「でしょ~。めったに買えないんだけど、たまたま買えたからさ」
祐介は、少し得意気だ。そして、楽しい食事の時間は続く。セクシーな姿の望を見ながら、祐介は本当に楽しそうだ。食べていて気が付いたが、隠れているように見えた乳首も、望が動くとチラチラと見え隠れしている。

そして食事も終盤になってくると、祐介は下ネタばかりになってくる。
「望ちゃん、乳首見えてるよ。舐めても良い?」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

オッパブ好きの友人が遊びに来て、嫁と3人で飲んでいたら3(オリジナル 転載禁止)

前回の話

『ダメぇ、強く吸いすぎだよぉ』
望は、おどけたように言う。祐介に強く舌を吸われ、少し戸惑ったような感じだ。裸エプロンのまま、ソファに座っている望。すぐ横に座った祐介が、さらにキスをする。

望は、チラチラと僕の方を見ながらも、祐介とキスをしている。祐介の舌に対して、望の舌も積極的に絡んでいるのがわかる。祐介は、望に濃厚なキスをしながら、エプロン越しに望の胸を揉み始めた。


『んっ、うぅっ』
キスをしたままうめく望。祐介の指は、エプロン越しに乳首を触っているようだ。さっきから、キスしっぱなしだ。こんなに長時間キスをしたことは、僕とはないと思う。自分の嫁が他の男とキスをしている……。考えられる限り、最悪な状況のはずなのに、僕は射精寸前になってしまっている。さっきまでは、ズボン越しにペニスをしごいていた。でも、今はしごいたらすぐに射精してしまいそうだ。

『お店でも、こんなに長くキスするの?』
望は、上気したような顔で質問する。
「う、うん。もちろん。お店でしてるとおりだよ」
祐介は、少し焦っているような口調だ。多分、お店ではこんなに長い時間のキスをしていないのだと思う。
『そうなんだ……。なんか、キスだけでも気持ち良くなっちゃうんだね』
望は、そんなことを言い始める。
「え? キス、気持ち良かった?」
祐介は、嬉しそうだ。
『うん。こんなに長くしたことないから……。なんか、この辺がキュンってなった』
望は、自分の下腹部あたりをさすりながら言う。僕は、望のそんな態度に、強い危機感を持ち始めてしまった。

「そっか、じゃあ、もっとキュンキュンさせてあげるよ」
祐介はそう言うと、エプロンの中に手を突っ込んだ。そして、望の秘部のあたりをまさぐる。
『だっ、だめっ! そこはダメだよっ!』
大慌てで言う望。祐介の腕を掴んで押しのけようとする。
「え? なんでダメなの?」
祐介は、キョトンとした顔で言う。
『だって、お店でこんなことしないでしょ?』
望は、動揺しながら言う。
「イヤ、するって。最後まではしないだけで、普通のエッチみたいなことするんだよ」
祐介は、そんな風に説明した。
『えっ!? ……そうなんだ……』
望は、絶句した。本当に驚いたような感じだ。
「うん。俺はどっちかというと、責めるほうが好きなんだ」
祐介はそう言って、さらに手を突っ込んでいく。望は、困ったような顔になりながら、抵抗をやめる。

「すっごい濡れてる」
祐介は、良い笑顔で言う。本当に嬉しそうな顔だ。望は、うつむいて顔を真っ赤にした。でも、なにも言わずにいる。祐介は、そのまままさぐり続ける。
『んっ、うぅ、んっ、うぅっ、うぅあっ、あっ』
望は、アソコをまさぐられて吐息を漏らし続ける。もう、かなり甘い響きも混じっている感じだ。

「太ももまでビチョビチョだね」
祐介は、望の耳元でささやくように言いながら手を動かし続ける。望の吐息に混じって、湿った水音までが聞こえてくる……。他の男に気持ち良くさせられてしまい、太ももまで濡らす望……。僕は、こんな状況なのに、興奮が高まってしまい呼吸がどんどん荒くなってしまう。

『イヤァ……。言わないで……』
望は、耳まで真っ赤になっている。でも、祐介はさらに手を動かし続ける。
『ンッ、あっ、あんっ、ダメぇ、うぅっ、剥いちゃダメぇ』
望は、恥ずかしがりながらそんな風に言う。
「乳首と違って、クリは大きめなんだ。オナニーしすぎなんじゃない?」
祐介はそんな風に言いながら触り続ける。
『あっ、ンッ、イヤッ! してない、そんなのしてないもん、あっ、あんっ、ダメぇっ』
望は、完全にあえぎ声になってしまった。僕は、望がオナニーをしているのだろうか? と、気になってしまった。雰囲気的には、オナニーなんてしたことないという感じはする。でも、そんなにクリトリスが大きいのだろうか?

すると、祐介はエプロンをまくり上げ始める。そして、強引に望の脚を拡げると、顔を突っ込んだ。
『ダメっ! 汚いっ! イヤッ、あっ、舐めちゃダメぇ、うぅあっ、あっ、あんっ、あぁっっ!!』
望は、アソコを舐められ始めてしまった。快感を感じながら、あえぐ望。祐介はわざとなのか、大きな音を立てて望のクリトリスを舐め続ける。望は、意外なほど抵抗しない。

『うぅっ、うぁうっ、うぅ~っ! ダメぇ、気持ち良いっ、気持ち良くなってるっ』
望は、罪悪感を感じているような口調で叫ぶ。祐介は、ひたすら舐め続ける。手を伸ばして、乳首も触り始めた。

『あっ、あんっ、あんっ、ダメっ、イッちゃうっ、気持ち良いっ、パパ、ごめんなさい、イクっ、イクっ!』
望は、僕に謝りながら身体を震わせる。僕は、いきり立ったペニスを握りながら、必死で射精を我慢していた。

グッタリした望。祐介は、ズボンとパンツを脱ぎ始める。あらわになる立派なペニス。ズボンの盛り上がりで想像はしていたが、本当に大きなペニスだ。
「じゃあ、交代してくれる?」
祐介は、優しい口調で言う。
『交代?』
望は、まだ少しボーッとしている。
「うん。口でしてもらえる?」
祐介は、そんな風に指示をする。
『あ、うん。するね……』
望は、戸惑ったような感じながらも、祐介の前にひざまずく。そして、そそり立ったペニスを握った。
『太い……。すごく大きいんだね』
望は、祐介のペニスを握ったままボソッと言う。望が、他の男のペニスを握ってしまった……。僕は、嫉妬で泣きそうになってきた。僕としか経験がないというのが本当ならば、こんな風にペニスを握るのも2人目と言うことになる。僕は、嫉妬以上に後悔も感じていた。それなのに、握りしめているペニスは、気を抜くとすぐにでも射精を始めてしまいそうだ。

『痛かったら、言ってね』
望は、そう言って祐介のペニスをしごき始めた。裸エプロンのまま、祐介のペニスをしごき始めた望……。僕は、ただただ後悔をしていた。望が、祐介に胸を触られたとき、僕は確かに興奮した。でも、ここまでするなんて、想像もしていなかった。

「メチャ気持ちいいよ。望ちゃんの手、柔らかいね!」
祐介は、ハイテンションで言う。望は、ゆっくりとしごき続ける。よく見ると、指がほとんど回っていない感じだ。望の手は小さいが、それでも指が回るかどうかなんて、いくらなんでも太すぎると思う。
『本当に太いね。それに、すごく固いよ。いつも、こんなに固くなるの?』
望は、祐介のペニスをしごきながら会話をする。いつもの見慣れたリビングで、あまりにも非日常的な状況が生まれている。僕は、もしかしたら夢でも見ているのかな? と、思ってしまった。

「そりゃ、相手が望ちゃんだからだよ。こんな美人、お店にはいないから」
祐介は、そんな風に望を褒める。望は、そんなことないよと言いながらも、まんざらではない感じだ。男性経験が僕しかなく、ずっと女子校だったこともあって、こんな風に男性に褒められる事もなかったのかもしれない。

『どうすればいい? お店じゃ、どうやってもらうの?』
望は、イヤがっている感じはない。それどころか、好奇心いっぱいの顔になっている。
「じゃあ、乳首も舐めてくれる?」
祐介は、そんな風に言いながらシャツも脱いでいく。ほぼ全裸になった祐介、相変わらず無駄な肉のない、引き締まった身体だ。
『うん。舐めるね』
望は、手でしごきながら乳首を舐め始めた。気持ちよさそうにうめく祐介。望は、可愛らしい舌で乳首を舐めながら、太すぎるペニスをしごき続ける。本当に、風俗嬢になってしまったような感じだ。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

オッパブ好きの友人が遊びに来て、嫁と3人で飲んでいたら2(オリジナル 転載禁止)

前回の話

望は、
『もう終わり! やりすぎだよ!』
と、少し怒ったような声をあげる。そして、スッと立ち上がりながら、まくれ上がったブラウスを元に戻す。
「え~、もう終わりなの?」
祐介が、がっかりしたように言う。望は、
『舐めるなんて、ダメに決まってるでしょ。ホント、エッチなんだから』
と、少し怒ったように言う。でも、夫の僕には、望がそれほど怒っていないのはわかる。


「まぁね。でも、ありがとう。最高のおっぱいだったよ」
祐介は、そんな風にお礼を言う。
『ありがとう。おっぱいは、少し自信あるんだ』
望は、少し得意気だ。僕は、パンツの中に射精をしてしまい、気持ち悪いなと思いながら二人の会話を聞いていた。

「じゃあ、そろそろ行くわ。ムラムラしちゃったから、ちょっと抜いて帰るよ」
祐介は、そんなことを言いながら出て行った。祐介がいなくなると、望は僕をソファに座らせ、その上にまたがってきた。
『パパにもしてあげる。オッパブだよ』
望は、おどけたように言いながら胸を僕の顔に押しつけてくる。柔らかい感触に、僕はすぐに興奮してしまう。
『フフ。パパのも固くなってきた。もっとサービスするね』
望はそう言って、上着を脱ぎ、ブラジャーも外してしまった。妊娠をきっかけに大きくなった胸は、出産後も大きなままだ。真っ白でお餅のような胸。乳首も、すごく小さい。でも、さすがに母乳で育てているので、色は少し濃いめだ。

望は、ダイレクトに胸を顔に押しつけてくる。直に押しつけられる胸の感触。望は、嬉しそうにグイグイ押しつけてくる。そして、腰を動かし始めた。さっき祐介にしていたみたいに、対面座位のセックスのような動きだ。

『パパ、興奮する? オッパブ、楽しい?』
望は、そんな風に聞いてくる。その声は、どこかうわずっているように聞こえる。僕は、
「望も……気持ち良かったの?」
と、質問した。
『え? う、うん。だって、舐めたりされちゃったし……。祐介さんのすごく固くなってて、こすれちゃってたから……』
望は、やっぱり興奮したような感じで言う。僕は、他の男相手に興奮してしまった望に、強い嫉妬を感じていた。

「……本当に、イキそうだったの?」
僕は、嫉妬で胸が苦しいと重いながらも質問した。
『……うん。ゴメンね。イッちゃいそうだった……』
望は、腰をくねらせるように動かしながら言う。僕は、嫉妬以上に対抗心を燃やし、望の乳首を舐め始めた。
『あっ、あんっ、パパ、気持ち良いっ、もっと、指でも触って』
望は、そんな風に言う。僕は、乳首を舐めながら指でも望の乳首を触る。望の乳首は、驚くほど固くなっている感じだ。僕は、いつもよりも強めに乳首を摘まんだり、軽く歯で噛んでみたりする。
『あぁっ、気持ち良いっ! パパ、もっと! もっと強くっ!』
望は、いつものセックスではほとんどしゃべらない。こんな風に、リクエストをしてくることもない。今日の望は、かなりの興奮状態になっているみたいだ。

僕は、ひたすら乳首を責め続ける。望は、あえぎながら腰を動かし続ける。
『パパ、イキそう……イッちゃう、パパ、イクっ、うぅうっ!!』
望は短くうめくと、身体を震わせた。僕は、望がイッた事に驚きながら舐めるのをやめる。すると、望はすぐにキスをしてきた。興奮した感じで激しいキスをする望。僕の口の中を舌でかき混ぜるようにしてくる。

『パパ、したくなっちゃった。我慢出来ない……』
望は、今までに見たこともないようなセクシーな顔になっている。そして、望はいったん僕の上から離れると、僕のズボンを脱がせ始める。僕は、慌ててしまった。脱がされたら、射精した事がバレてしまう。でも、興奮しているのは僕も同じで、結局、抵抗出来ずに脱がされていく。

『あれ? パパ、イッちゃったの? 精液でてるよ?』
望は、不思議そうな顔で言う。僕は、慌てて、
「う、うん。望ちゃんがいっぱいこするから……出ちゃった」
と、言い訳をした。
『フフ。パパも興奮しすぎだよ。祐介さんにオッパブしたの見て、興奮しちゃった? パパもエッチだね』
望は、嬉しそうに言う。そして、精液にまみれた僕のペニスをくわえてくれた。普段のセックスで、こんな風にフェラチオしてもらうことは少ない。今日は、ものすごく熱心にしてくれている感じだ。さっき射精したばかりなのに、もう射精しそうな感覚が湧き上がってきてしまった。

『パパの、カチカチ。まだ出しちゃダメだよ』
望はそんな風に言いながら、僕にまたがってきた。僕は、慌ててコンドームのことを言う。まだ、二人目を作るタイミングではないと思っているからだ。
『今日は大丈夫。もう我慢出来ないもん』
そう言って、望は僕のペニスを挿入してしまった。コンドームがないことで、いつも以上に刺激が強い。あっという間に射精しそうになってしまう。

『パパの、すごく固いよ。いつもより、カチカチになってる』
望は、嬉しそうに言いながら腰を動かし続ける。僕は、気を抜いたらすぐにでもイッてしまいそうになりながら、必死でイクのを堪える。
『気持ち良いっ。パパの、すごく固いから気持ち良い。ねぇ、さっきは興奮したの? 私が祐介さんにオッパブしてるの見て、興奮しちゃったの?』
望は、そんなことを聞きながら腰を動かす。僕は、正直に興奮してしまったと告げた。
『じゃあ、またして欲しい? また、祐介さんにオッパブして欲しい?』
望は、そんな風に言いながら腰を動かし続ける。望の顔は、すっかりととろけてしまっているように見える。いつも以上に興奮している姿。僕も、いつも以上に興奮している。

祐介にあんなことをしたことが、僕と望のマンネリを打破してくれたのかな? と、思い始めていた。すると、望が、
『祐介さんも、今頃風俗行ってるのかな?』
と、質問してきた。僕は、そう言っていたねと言う。
『もったいないね。オッパブで1万円使って、風俗ではもっとでしょ?』
望は、そんな風に言う。僕は、確かにもったいないねと言う。
『それも、やってあげようかな? オッパブとセットで安くしてあげたら、喜ぶんじゃない?』
望は、そんなとんでもないことを言い始めた。僕は、さすがにダメだよと言う。でも、望は、
『パパの、もっと固くなったよ。想像して、興奮してるんでしょ?』
と、言ってくる。僕は、慌てて否定しながらも、実際はものすごく興奮している。
『私が祐介さんのおちんちん触ったり舐めたりするの、見たいんじゃないの?』
望は、そんな風に言ってくる。僕は、その言葉を聞いた瞬間、望が祐介のペニスをくわえている姿を想像し、あっけなく射精してしまった……。

『あんっ、イッちゃったの? フフ。やっぱり興奮するんだね』
望は、妖艶とも言えるような笑みを浮かべながら言う。僕は、信じられないくらいに大量に射精をしながら、快感にうめいていた。

祐介とのことがあってから、望とのセックスは大きく変わってしまった。いままでは、僕が攻める立場だったのに、いまは望が僕を攻めるパターンになっていた。

望は、僕を興奮させるためか、祐介のことを持ち出す。祐介に風俗のサービスをする事を言いながら、僕にまたがって腰を振る。僕は、本当に情けないほど早くイッてしまう。でも、望は満足げで、僕がイッた後はすごく甘えてくる。僕は、彼女を抱きしめながらも、祐介にフェラチオする望のことばかりを想像するようになってしまった。

そんな中、祐介が遊びに来ることになった。それを望に話すと、
『じゃあ、いっぱい美味しいご飯作るね』
と、嬉しそうに言う。僕は、オッパブのことばかりが気になっていたが、それは言わずにいた。

「こんばんは~。おじゃましま~す」
いつもの軽いノリで部屋に上がる祐介。
『こんばんは。いっぱい食べてね』
エプロン姿の望が出迎える。すでに、良い匂いが漂っている。
「良い匂い! お腹ペコペコなんだよね。ありがとう!」
祐介は、本当に嬉しそうだ。そして、食事が始まる。ただ、この前のことは話題に出ず、普通の楽しい食事が進む。僕は、このあとの展開が気になりながらも、楽しく食事を続けた。

そして食事の終わりがけ、祐介が、
「望ちゃん、今日もオッパブしてくれる?」
と、ストレートに言ってきた。僕は、ドキドキしながら望の方を見る。望は、特に迷った感じもなく、
『良いよ。そう言うと思ってた』
と、答えた。すると、祐介はホッとしたような顔で、
「良かった、怒ってるかなって思ってたよ」
と、言う。望は、
『怒る? なにを?』
と、質問する。
「ほら、この前舐めちゃったでしょ? 望ちゃんの乳首」
少しバツが悪そうな祐介。
『怒ってないよ。じゃあ、始める?』
望は、どんどん話を進めていく。
「さっきのエプロン姿、メチャ可愛かったからさ、エプロン姿でお願い出来る?」
祐介がそんなお願いをする。
『え? エプロン? 別に良いよ、それくらいなら』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

オッパブ好きの友人が遊びに来て、嫁と3人で飲んでいたら(オリジナル 転載禁止)

『おっぱぶ? なにそれ?』
嫁の望が、キョトンとした顔で言う。僕の友人の祐介が、
「え? 知らないの?」
と、驚いた顔で聞く。

今日は、週末と言うこともあって、僕の高校の頃からの友人の祐介がウチに遊びに来ていた。もともとよく一緒に遊んでいたのだけど、嫁の望が妊娠して出産をし、子育てなどでバタバタしてて、2年くらいは遊んでいなかった。


ただ、最近は少し落ち着いてきたこともあって、また遊びに来るようになっていた。祐介はまだ独身で、バイクやクライミングなんかに熱中している気ままな29歳だ。
スポーツをし続けているので、贅肉のない引き締まった身体をしているし、顔も悪くないと思う。でも、特定の女性と付き合うのが苦手で、彼女を作ったりはしない主義みたいだ。
「だって、バイクもクライミングも、絶対反対されるだろ?」
祐介は、以前彼女を作らない理由を聞いたとき、笑いながらそんな風に答えた。確かに、彼女になる女性からしてみたら、危険な趣味を二つもしているのは心配で仕方ないだろうなと思う。

そして、僕の嫁の望は、東北出身の色白の28歳だ。夫の僕が言うのも恥ずかしいが、本当に可愛くて、絵に描いたような東北美人だと思う。名前が同じ東北出身の女優さんと、よく似ているねと言われることが多い。

望は、
『うん。なぁに、それ?』
と、可愛らしく質問する。祐介は、オッパブのことを説明し始めた。僕も、オッパブがおっぱいパブのことだとは知っていたが、行ったことはないので詳細は知らない。

『そ、そんなお店があるんだ。それって、風俗店って事なの?』
望は顔を赤くしながらも、興味を持ってしまったのか質問を重ねる。
「風俗って言えば風俗かもしれないけど、抜きはないんだよね」
祐介は、そんなことまで言う。僕は、いつになく下ネタが激しいなと感じながらも、なんとなくスルーしていた。ちょっと、飲み過ぎていたせいかもしれない。

『抜き?』
望は、やっぱり意味がわからないという顔で質問する。祐介は、抜き=射精の説明を始める。僕は、なぜかドキドキしていた。女子校出身で、おとなしい望。僕とのセックスも、本当にノーマルな物しかしない。下ネタを話すこともないし、僕も話すことはない。なので、こんな話をするのは初めてだと思う。

望は、顔を真っ赤にしながら、
『そ、そういう意味なんだ……。でも、そう言うこと出来ないのに、どうしてオッパブに行くの?』
と、質問する。
「おっぱいが好きだから」
祐介は、これ以上ないくらいにシンプルに答える。望は、そうなんだ……と、ささやくように言った。

「そういえば、望ちゃんのおっぱい、デカくなったよね!」
祐介は、いきなりそんなド直球を投げ込んでくる。望は、自分の胸の前で腕を交差するようにして胸を隠しながら、
『エッチ! そんな目で見てたんだ!』
と、少し怒った顔で言う。
「ゴメンゴメン。でも、エッチな目で見ないのも失礼かなって」
祐介は、悪びれもせずに言う。
『失礼じゃないよ。もう、エッチな目で見ないでね』
望は、そう言うと腕を元に戻した。別に、それほど嫌がってるわけではないみたいだ。あらためて見ると、確かに望の胸はかなり大きくなった感じだ。母乳で育てているのも影響しているのかもしれない。

もともと、美人だけど胸は小さめで、もう少し胸があったら最高だなと思うこともあった。でも、いまの望は、Dカップくらいはあるのだろうか? ウェストが細いので、もしかしたらもっとカップは大きいのかもしれない。

『でも、どうしてオッパブとか風俗とか行くの? 彼女作れば良いんじゃないの?』
望は、そんな疑問を口にする。確かに、言うとおりだと思う。でも、祐介はいつもの感じで、
「面倒じゃん」
と、答える。
『そっか、そう言ってたもんね。でも、お金高いんじゃないの?』
望は、好奇心いっぱいの顔で質問する。
「まぁ、仕方ないんじゃない? 趣味とかにお金使うのは普通でしょ」
祐介は、涼しい顔で答える。
『そっか……。いくらくらいなの?』
望は、本当に興味を持ってしまったようで、さらに掘り下げていく。確かに、風俗のことなんて女性にとっては未知の世界かもしれない。祐介は、ざっくりと金額を伝える。
『えっ! そんなにするの!』
望は、ただ驚く。
「だって、望ちゃんもおっぱい触らせるなら、それくらいは欲しいでしょ?」
祐介は、そんな例えをする。
『そ、そうだね。言われてみればそうかも』
望は、納得した感じだ。
「じゃあ、1万円払うからおっぱい触らせてよ」
祐介は、あきらかに冗談だとわかる言い方をする。少し悪ノリが過ぎるなと思いながらも、僕は何も言わない。

『えっ? 良いの? 1万円ももらえるの?』
望は、ビックリするようなことを言う。僕は、慌てて、
「ダメだよ! そんなのダメに決まってるじゃん!」
と、口を挟んだ。祐介も、
「じょ、冗談だよ。ゴメンゴメン」
と、焦りながら言う。望は、
『そうなんだ。真に受けちゃった』
と、照れくさそうに言う。僕は、ドキドキしながらも、ホッとしていた。

そして、話題は変わり、楽しい時間が過ぎていき、遅くなったので祐介は帰っていった。風呂に入ったり、息子を寝かしつけた後、ベッドにもぐり込む。
『パパは、オッパブ行ったことあるの?』
望が質問してきた。僕は、素直にないと答える。
『そうなんだ。行ってみたいって思う?』
望は、さらに質問してくる。僕は、思わないと告げる。
『どうして? おっぱい嫌いなの?』
望は、不思議そうに質問してくる。僕は、望がいるから他のおっぱいに興味はないよと答えた。
『フフ。ありがとう。パパ、大好き』
望は、嬉しそうに言いながら抱きついてくれた。僕は、幸せを感じながらも、さっきから変な想像ばかりをしてしまった。あの時、本当に望はおっぱいを触らせるつもりだったんだろうか? 1万円をもらって、どこまでするつもりだったんだろう? 僕は、祐介に胸を揉まれる望を想像してしまった。
イヤな気持ちになりながらも、どうしても興奮してしまう自分に驚いていた……。

2週間後、また祐介がウチに来た。そして、いつも通りの感じで楽しく食事を続ける。すると、祐介が、
「望ちゃん、やっぱりオッパブしてくれない? 1万円払うからさ」
と、言い始めた。今日の祐介は、少し酔いすぎな感じがする。
『え? う、うん。私は別にいいけど』
望は、そんな風に言う。胸を触られることに、抵抗がないんだろうか? 僕がとめようとする前に、
『パパ、どうする? やめた方が良い?』
と、望が質問してくる。さらに、祐介が、
「達也、お願い! 減るもんじゃないし、良いだろ!?」
と、熱心にお願いをしてくる。僕は、勢いに押されるように、思わずうなずいてしまった。すると、祐介はすぐに財布を取り出し、1万円をテーブルに置く。

『……どうしたら良いの?』
望は、少し緊張した顔で質問する。
「じゃあ、ソファに移動しよっか。横に座ってよ」
そう言って、祐介はさっさとソファに移動する。望は、僕のことを気にしながら後を追う。そして、祐介の横に座った。祐介は、すぐに望の胸を揉み始める。僕は、強い衝撃を受けながらも、それを凝視している。

「うわっ、デカいっ! 思ってる以上にデカいね!」
祐介は、嬉しそうに望の胸を揉み続ける。ブラウス越しに、胸を揉まれている望……。イヤがる素振りはない。
『そんなことないよ。お店の子とか、もっと大きいんじゃないの?』
望は、意外に普通の口調で話を続ける。僕は、何を見せられているのだろう? と、混乱してきた。望の胸が、揉まれている……。僕以外の男性が、望の胸を鷲づかみにして揉みしだいている……。

「いやいや、このサイズはなかなかいないよ」
祐介は、そんなことを言いながら胸を揉み続ける。
『そうなんだ。お店だと、どんな風にしてるの? こんな風に、おっぱい揉みながらお話ししたりするの? お酒飲んだりするの?』
望は、好奇心に満ちた顔で質問する。
「うん。そんな感じ。でも、女の子によってはもっと色々してくれるよ」
祐介が答えると、望はキョトンとしたような顔で質問する。
『色々って?』
すると、祐介は、
「じゃあ、俺の上に乗って。俺の方向いて座ってよ」
と、望に指示をする。望は、
『うん。こんな感じ?』
と、言いながら祐介の膝の上にまたがって座り始めた。望が乗っているのは祐介の太ももの上あたりなので、そこまで密着している感じではない。でも、僕はやりすぎだと思いながら、心配な気持ちになっていた。

「そうそう。こんな風に、顔を埋めたりするんだ」
祐介はそう言って、望の胸の谷間あたりに顔を押しつける。
『あんっ、こんなことするの? フフ、変なの、赤ちゃんみたい』
望は、胸に顔を埋める祐介に、楽しそうに言う。さっきから、望はイヤがる感じがない。僕以外の男性に、胸をこんな風に触られたりしてイヤじゃないんだろうか?

すると、祐介はしばらく顔を埋めて楽しんだ後、顔を上げて両手で望の胸を揉み始めた。
「ホント、柔らかくて大きいね。ずっと揉んでたいよ」
祐介は、本当に幸せそうに胸を揉み続ける。大きな胸が、複雑に形を変えている。
『こんな風に、ずっと揉んでるだけなの?』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

寝取られ電子書籍


強気な姉さん女房が寝取られ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
328位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>

おすすめ動画

検索フォーム

ランキング

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:マガブロの体験談は、本ブログだけのオリジナルです。
他では読むことが出来ないものだけです。
姉妹サイトのNTR使える寝取られサイト、エッチな体験談や萌えた体験談ブログとは違い、アブノーマルな話だけを紹介します。

姉妹ブログとは違い、スカ、グロ、暴力、ゲイ、等々、一般受けを考えずに、好きに書いています。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読むことが出来ます。また、月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、FC2より私へは一切通知されませんのでご安心下さい。
また、FC2ポイントは銀行振り込みやペイジー、コンビニ決済、銀行ATMで購入できますので、クレジットカードを利用しなくてもブロマガ購入できます。
※無断転載は禁止します。
筆者のマガブロ一覧です
http://netoraretaiken.com/
blog-entry-9059.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。