・このブログのオリジナルコンテンツ一覧

僕しか知らない恋人を調教サイトでしつけてもらった3(マガブロ 転載禁止)

前回の話

 涼子が中村さんとホテルに行ってから、僕たちのセックスはまるで変わってしまった。もともとコスプレなんかはしていたが、器具を使うようになった。
 涼子の気持ちいいところをもっと刺激するためだ。僕とのセックスで、中村さんに仕込まれた感じるポイントにこすりつけるようにしながら腰を振っていたが、どうしても僕のものでは刺激が薄いようだ。

 僕のペニスは細くて仮性包茎なので、カリ首がそれほど発達しているとは言いがたい。指でも刺激をしようとしたが、僕の指も短いようだ。
 小柄な僕と、比較的大柄な中村さんとでは、指の長さも太さも違うのだと思う。


 今日も、コンドームをつけて挿入すると、涼子の感じるポイントにペニスの先端をこすりつけるようにしながら腰を振った。
「あっ、アンッ、気持ちいいっ。雅くん、もっとっ! ウゥッ、そここすってっ!」
 涼子は、可愛らしい顔を快感に歪ませながら叫ぶ。こんなに清楚な美少女の顔をしているのに、本当にセックスには貪欲だ。
 僕は、なるべく角度を付けるようにしながら腰を振り続けるが、やっぱりそれほど強く膣壁を刺激出来ていないなと感じている……。
「ウゥッ、あっ、アンッ、雅くんキスしてっ!」
 涼子は、切なげな顔で言う。すぐにキスをすると、小さな舌が飛び込んできてメチャクチャに激しく動き回る。
 まるで搾り取られるような感覚になりながら、なんとか射精を堪えて腰を振り続ける。でも、どうしてもリアクションの薄さが気になってしまう。

 中村さんとのプレイでは、指だけで涼子は信じられないほどに乱れていた。いつもの可愛らしい甲高いようなあえぎ声だけでなはく、野太いようなうめき声のようなあえぎ声まで漏らしていた。

 僕は、キスを止めて身体を起こし、角度を付けてペニスを動かし続ける。涼子は、気持ちよさそうな顔であえぎ、自分で乳首を刺激し始めた。
 あの日以来、すっかりと淫乱が目覚めてしまったのか、そんなことまでするようになってしまった。正常位で突かれながら、自らの乳首を刺激する姿は、あまりにもはしたなくて卑猥だ……。

 僕は、視覚的な刺激にもやられ、あっけなく射精してしまった……。
「あぁっ、ダメ、まだっ」
 思わず不満を漏らす涼子……僕は、ゴメンと謝りながらペニスを引き抜く。涼子の膣周りは濡れて光っているが、したたるほどではない。
 中村さんとの違いに、敗北感を感じてしまう……。そして、すぐに、
「あれ、使う?」
 と、確認した。聞くまでもなく、使うことはわかっている。それでも、毎回のように確認してしまう。もしかしたら、今日は僕のセックスだけで満足出来たかもしれない……そんな淡い期待からだ。

 涼子は、顔を赤くしながらうなずく。本当に恥ずかしそうにしているが、その目はトロンとしていて、発情しているような雰囲気も漂っている。
 ついさっきまで僕が必死で責めていたのに、そんなことはなかったように期待のこもった顔で僕を見つめている。それは、僕を求めている顔ではなく、アダルトグッズの快感を求めている顔だ……。

 僕は、すぐにサイドチェストからグッズの入った袋を取り出した。細くて長い棒の先に、小さなシリコンのボールのようなものがついている器具。
 電動で、ボール部分が振動するタイプだ。バイブやディルドのような感じではなく、見た目は可ピンク色で可愛らしい。
 これを使えば、涼子の感じるポイントをダイレクトに刺激が出来る。

 涼子は、何の指示もないのにベッドに仰向けで寝転がり、脚を拡げてM字開脚のようにした。顔は真っ赤で恥ずかしがっているが、あまりに積極的な態度だ。
 僕は、すぐにグッズを押し込むように挿入した。それほど大きなボールではないが、それでも僕のものよりも直径は大きい。
「ウゥッ、ヒィ、あぁ、雅くん、気持ちいいよ」
 涼子は、入れただけですでにとろけた顔になる。僕が必死で腰を振っていた時よりも、気持ちよさそうに見える。
 僕は、涼子の感じるポイントを探りながらグッズを動かし始めた。膣壁のお腹側をこするように動かすと、涼子は悲鳴のような声をあげながら背中を反らし始める。
「ウゥッ、あっ、アンッ、雅くん、そこ気持ちいいっ」
 涼子は、正解を教えてくれる。僕は、教えられたポイントをかきむしるようにしてグッズで責め続けていく。
「あっ、あぁ〜〜ッ、雅くん、もっとっ!」
 涼子は、すでに我を忘れかかったような顔になっている。僕は、もっと膣壁を強くこする。涼子は、脚がピンと伸びてきた。爪先まで真っ直ぐに伸びていて、力が入っているのがわかる。
「あぁっ! イクっ、イッちゃうっ、雅くん、ごめんなさいっ!」
 涼子は、すでに余裕のない声をあげる。僕は、とにかく夢中で動かし続けた。そして、涼子が腰の辺りをガクガクッと震わせん
「イクゥ〜〜ッ」
 と、叫ぶようにして果てた……。動きを止めて涼子を観察すると、本当に気持ちよさそうにグッタリしている。だらしなく半開きになった口、トロンとした目、脚も力が入らないのかだらしなく拡げられたままだ。

 小ぶりな胸は、寝ていても形を変えない。本当に張りのあるみずみずしい乳房だ。今は、乳輪も乳首も勃起しきっているみたいで、ぷっくりと膨らんだように見えるほどだ。
 薄くて幼い印象のヘア、小ぶりな膣からはグッズが飛び出ている。僕は、この姿を見ているだけで射精しそうな感覚に襲われる。
 涼子は、僕をジッと見ている。それは、おねだりしているような、なんとも言えない甘えて媚びたような顔だ。中村さんに対しても、そんな顔をした……あの時、涼子は挿入して欲しくて仕方ないという顔をしていた。
 中村さんの大きなペニス……それを、渇望しているような顔だった。僕は、敗北感と興奮の中、グッズのスイッチを入れた。
 ビーンという低い音が、涼子の膣の中から響いてくる。
「うぅうあぁっ、あっ、ああぁっぁっ、うぅあぁぁっ」
 涼子は、うめくような声をあげ始める。グッズで膣壁をこすっている時とは違い、低めの声でうめきっぱなしになっている。
 快感の種類が違うのかな? と思うが、どちらにしても僕が腰を振っている時は比較にならないほど感じているのは間違いない。

 僕は、激しく感じている涼子に、乳首を触ってごらんと言った。涼子は、はにかんだような顔でうなずくと、また両乳首を触り始める。
「ぁあぁっぁっ、あっ、イクイクっ、んあっ、おぉっ、んぉっ」
 涼子は、中村さんの時のような野太い声もあげ始める。両乳首を強く摘まみ、脚をピンと伸ばしながらあえぐ涼子……。僕は、堪えきれずにペニスをしごき始めた。

 そのまま涼子のあえぎ声が響く。そして、
「ダメェッ! 出ちゃうっ!」
 と、切羽詰まったような声をあげながら涼子が潮を吹き始めた。中村さんに潮吹きをさせられた時、信じられない気持ちだった。
 潮吹きなんて、アダルトビデオの中だけのものだと思っていた。それが今は、このグッズを使うと100%潮吹きをするようになった。
 シーツの下には、バスタオルを敷いてある。涼子は、腰を持ち上げ気味にしながら潮吹きを続ける。
「ダメぇ、イクイクイクッ! 雅くん、もうダメェッ!」
 涼子は、ほとんど悲鳴を上げている。僕とのセックスでは絶対に見せない姿を目の当たりにしながら、あっけなく射精をしてしまった……。

 強すぎる快感を感じ、うめいてしまう。涼子は、完全に腰を持ち上げて太ももを震わせている。僕は、慌ててスイッチを切った。
 グッタリと横たわる涼子……。
「気持ちよかった……雅くん、愛してる」
 涼子は、さっきまでの獣のような乱れ方からは信じられないくらいに、清楚で可愛らしい顔になっている。僕は、愛していると言ってキスをした。

 穏やかに絡み合う舌……もう、セックスの興奮は収まっている。でも、僕はイメージしていた。こんなグッズよりもはるかに太くて長かった中村さんのペニスが挿入されたら、涼子はどうなってしまうのだろう?

 あれからもう3ヶ月経った。幸せそうに僕に抱きついている涼子に、そろそろ中村さんと連絡を取る? と聞いてみた。
「えっ? う、うん……雅くん、土曜日誕生日でしょ? 誕生日プレゼントがあるんだ。楽しみにしててね」
 涼子は、話題を変えてしまった。正直、びっくりした。あの時、涼子は中村さんとまたしたいと言った。かなり興奮した顔で、そんな態度を取っていた。

 てっきり、中村さんとのプレイを熱望しているものだと思っていた。それなのに、僕の誕生日のことを言った。僕は、申し訳ない気持ちでいっぱいになりながら、ありがとうと告げた。

 もう、グッズで満足したので中村さんとのプレイは不要なんだろうなと思った。考えてみれば、いくらなんでも異常な行為だった。
 キスも挿入もなく、ただ指でイカされてフェラチオしただけで終わったのは、良かったのかもしれない。
もし、涼子が他の男に挿入されてキスをしながらイカされてしまったら、僕は彼女のことを好きで居続けることが出来なくなった可能性もあるはずだ……。

 傷が浅いうちに異常なプレイを止めたのは、良かったのだと思う。そして、日常が流れていき、あっという間に土曜日になった。
 昼過ぎにウチに来た涼子……。いつもよりも可愛らしい服を着てメイクも髪もバッチリだ。どこからどう見ても美少女で、ドキッとしてしまう。

「お待たせ。誕生日おめでとう」
 涼子は、そう言って部屋に入ってきた。涼子は、なんとなく緊張しているような雰囲気だ。気のせいかもしれないが、動きもぎこちない。
 何かサプライズがあるのかな? と、ドキドキしてきた。涼子は、まずはケーキを準備し始めた。小さめのホールケーキだ。二人で食べるには充分なサイズだと思う。

 ろうそくを立て、ハッピーバースデーの歌を歌ってくれた。無邪気な笑顔ではしゃいでいる。
「あっという間に2年経ったね。いつも一緒にいてくれて、ありがとう。バイクも上手になったし、雅くんのおかげだよ。愛してる」
 涼子は、恥ずかしそうだ。はにかんだ笑顔を見せる涼子は、本当に可愛らしい。いつも笑顔が可愛らしい彼女だが、今日は際立っているように感じる。

「美味しい?」
 僕が食べる姿をジッと見ながら聞く彼女。愛しているという気持ちが溢れているようで、嬉しくなってしまう。そして、ケーキを食べ終えると、
「雅くん、プレゼントがあるんだ。ソファに座って」
 と、移動を促してきた。涼子は、急に緊張した顔になった。かなり緊張しているみたいだ。こんな涼子は、初めて見たような気がする。

 バイクの大会に出た時よりも、ガチガチに緊張しているみたいだ。涼子は、緊張しやすい性格だ。バイクの大会の時も、緊張しすぎてスタートで反対に走り始めてしまったこともある。右回りでパイロンにアプローチするところで左から行ってしまい、パニクって同じ所をグルグルと回ってしまった姿は、本当に可愛らしかった。

 ソファに座った僕の前に立った涼子。以外に短いスカートなんだなと思った。涼子は、ゆっくりとスカートをまくり上げていく。
 想像していなかった展開に、ドキドキしてきた。太ももがあらわになると、なまめかしくて一気に興奮してしまう。少しムッチリした感じのある太もも……バイク競技をしているせいだろうか?
 でも、そんな涼子の太ももを見るのが大好きだ。涼子は、さらにスカートを持ち上げていく。すると、下着が見えた。それは、想像もしていなかった卑猥なランジェリーで、肝心の部分にスリットが入っていて秘部が丸見えだ。

 清楚な見た目の彼女が、こんなに卑猥な下着を身につけている……それだけで、僕の興奮は最高潮だ。一気に勃起してしまい、呼吸も荒くなる。

 涼子は、耳まで真っ赤にしながらスカートをさらに持ち上げていく。すると、何か風船のようなものが3つ見えてきた。それは、ショーツの腰のゴムの部分に巻き付けられて垂れ下がっている。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

僕しか知らない恋人を調教サイトでしつけてもらった2(マガブロ 転載禁止)

前回の話

「ンッ、フゥ、ン、あっ、うぅ」
 涼子は、吐息を漏らしながらクリトリスを触り続ける。どう見ても、慣れた動きに見える。やっぱり、日常的にオナニーをしていたとしか思えない。
 別に、オナニーしている事をとがめるつもりもないし、とがめるようなものでもない。むしろ、涼子がオナニーをしているという方が、興奮するし親近感もわく。


 涼子の膣周りは、中村さんが言うように本当に良く濡れている。まるで、オイルでも塗ったようにヌラヌラ光っているのがわかる。
「あっ、ンッ、アンッ、ダメぇ、声出ちゃう。イヤッ、あっ、アンッ」
 涼子は、あえぎ声をあげ始めた。夢中でクリトリスをまさぐりながら、泣きそうな顔で中村さんを見ている。すでに、涼子はマインドコントロールでもされているような感じがする。

「指、入れてごらん」
 中村さんは、落ち着いた口ぶりだ。すると、涼子は人差し指と中指をまとめて膣に入れてしまった。そしてそのまま、掻き出すように動かし始めた。
「ンッ、アンッ、あっ、アンッ、イヤッ、イクっ、イッちゃうっ」
 涼子は、やっぱり泣きそうな顔で言う。カメラを見つめたまま、膣に入れた指も動かしっぱなしだ。この動きも、とても初めてとは思えない。
 僕は、ずっと手を握ってきている涼子を見た。涼子は、顔を真っ赤にしながら、
「ごめんね、オナニーしてるの……」
 と言った。もの凄く申し訳なさそうだが、別謝ることではないと言った。画面の中では、涼子のオナニーが続く。そして、
「イクっ、ンあっ、あっ、イクっ!」
 と、叫んだ。そして、ブルブルッと身体を震わせると、動きを止めた。

「感度は良いみたいだね。じゃあ、私のを口でしてみて」
 中村さんは、ズボンを脱いでパンツも脱いだ。ダランと垂れ下がったペニスがあらわになる。涼子の激しいオナニーを見ても、勃起していない……興奮しないのだろうか?

「はい。下手くそですけど……」
 涼子は、恥ずかしそうに彼のペニスを握った。そして、手でしごくように動かす。さすがに、オナニーの時とは違ってぎこちない。
「大きい……これ、まだ大きくなってないんですよね?」
 涼子は、かなり驚いている。でも、気のせいか好奇心が刺激されているようにも見える。
「はい。まだ勃起していないです。年のせいか、最近反応が悪くて」
 彼がそんな説明をする。でも、まだ40前後の彼が、年のせいで勃起しづらいとも思えない。おそらく、こういうことを日常的にしているので、女性の裸や痴態を見慣れてしまっているのだと思う。

「舐めますね……」
 涼子は、緊張した顔だ。でも、その割にあっさりと舐め始めた。涼子の舌が、他の男性のペニスに触れている……それだけでも、棒で殴られたようなショックを感じる。

 涼子は、まるでアメでも舐めているようにペロペロと舐めている。フェラチオをしているという感じではない。涼子は、カリ首辺りも舐め始めた。すると、やっとペニスが大きさを変え始めた。
 ムクムクと大きくなっていくペニス……。漫画のように持ち上がっていく。
「すごい……こんなに」
 涼子は、勃起したペニスを見てかなり驚いている。大きくなるにも程がある。涼子は、さらに舐め続けている。舐め方に熱がこもったような感じだ。

 涼子は、夢中で舐めているように見える。目が好奇心で光っているようにも見える。そして、涼子は大きく口を開けてくわえ込んだ。
 さすがに、くわえきれないほどの太さではない。でも、歯が当たるのではないかと思うくらいに、ギリギリな感じはある。涼子は、くわえると頭を前後に振り始めた。
 やっぱり、どう見てもぎこちない動きだ。でも、中村さんはすごく満足そうだ。
「良いですね。ぎこちない感じが、とても可愛い」
 中村さんは、本当に満足げだ。そのまま、フェラチオは続く。ぎこちなかった動きも、滑らかになってきた。より深く、より早く動かしている。

「中村さんの、大きすぎて歯が当たっちゃうの。でも、くわえてるとドキドキしちゃった……」
 涼子は、恥ずかしそうに言う。僕の手を握っている手も、汗でぐっしょりだ。まさか、涼子と涼子のあられもない動画を見るとは思っていなかった。

「もう充分ですよ。じゃあ、ちょっと責めますよ。イヤなことがあったら言ってください」
 中村さんは、そう言って涼子を仰向けにした。恥ずかしそうに内股気味になっている涼子は、顔が真っ赤だ。中村さんは、そっと脚を拡げていく。
 涼子は、黙って脚を拡げられるに任せていて、グショグショに濡れた膣をさらけ出している。
「濡れてるね。したたってるよ」
「恥ずかしいです……」
 涼子は、モジモジと恥ずかしそうにしている。中村さんは、おもむろに膣を舐め始めた。
「うぅっ、あっ、ダメぇ、恥ずかしいです。汚いです!」
 涼子は、耳まで真っ赤にしている。中村さんは、クリトリスの辺りを舐め続ける。舌で弾くように、つつくように舐めている。

「あっ、アンっ、気持ちいい。すごく気持ちいいです」
 涼子は、あっさりと感じ始めた。涼子は、不安そうな顔でカメラを見ている。でも、声は抑えきれないみたいだ。
 中村さんは、リズミカルに舐め続ける。僕とはまったく違う舐め方だ。そもそも、涼子は恥ずかしがるので、こんな風に舐めることも少ない。

 涼子は、脚を拡げたままあえぐ。気持ちよさそうな声であえぎながら、腰を持ち上げていく。中村さんは、さらに激しく舐める。湿った水音も大きく響いている。

「ダ、ダメっ、イッちゃうっ、イヤッ、イクっ、うぅっ!」
 涼子は、腰を持ち上げるようにして果てた。そして、グッタリと力なく横たわっている。だらしなく拡がった脚、濡れすぎてワックスを塗ったようになっている秘部。
 もう、これで充分だと思ってしまった。これ以上は、後戻り出来なくなる。そんな危機感でいっぱいになってきた。
「リラックスしてきたね。じゃあ、本格的に責めるよ」
 そう言って、彼はクリトリスの包皮を剥き始めた。
「うぅっ」
 うめき声をあげる涼子。すっかりととろけた顔を晒している。こんな顔を他の男に見られてしまった……嫉妬と危機感でいっぱいだ。

 中村さんは、剥き出しになったクリトリスを舐め始めた。さっきとは違い、焦らすような感じの舐め方をしている。
「うぅっ、あっ、ンッ、クゥ、ヒィアッ、あっ、もっと……イヤァ、焦らさないで……うぅあっ」
 腰を持ち上げながらあえぐ。太ももが震えていて、力んだり弛緩したりを繰り返している。脚がピンと伸びると、ガクガクッと震えた。
 中村さんは、興奮している様子もなく舐め続ける。ふと見ると、勃起していたペニスは柔らかくなっている。涼子がこんなにも感じているのに、中村さんは興奮していない……涼子が、軽い扱いを受けているような気持ちになってしまう。

「ダメぇ、イッちゃうっ、もうイッちゃうっ!」
 叫ぶ涼子。もう、イキっぱなしになっているみたいだ。
「もっとイッてごらん。もっと感じて良いから」
 中村さんは、やっぱり冷静な口ぶりだ。涼子は、また腰を持ち上げて身体を痙攣させた。
「イキやすいね。じゃあ、続けるよ」
 中村さんは、あくまで冷静だ。中村さんは、指を二本入れた。
「うぅあっ、ダメぇ、イッてる……もうイッてるのにっ」
 涼子は、腰を持ち上げながらうめく。中村さんは、指を入れただけで動かそうとしない。でも、涼子はビックリするくらいにあえぎ声を大きくする。
 中村さんは、挿入した指を動かしているみたいだ。
「ここだね。わかりやすいよ」
 中村さんは、そんなことを言って責め続ける。でも、動きはない。膣中の指を動かしているだけだ。それなのに、涼子は激しく感じている。

「ダメっ、ダメェッ! 止めてっ、イヤッ、あっ、アンッ、ダメェ〜ッ!」
 涼子は、必死の顔で叫ぶ。そして、身をよじって逃れようとする。でも、中村さんは片手で涼子を押さえながら、膣中の指を動かし続ける。
「ここが感じるみたいだね。良いよ、もっと声出してごらん」
 涼子の声は、さらにワントーン高くなった。涼子の感じる場所を、正確に把握しているような責め方だ。すでに、僕以上に涼子の事を知っているようで、負けた気持ちが高まる。

 思わず、そんなに気持ちよかったのかと聞いてしまった。
「すごかった……自分でも、知らないことだったよ。あんな所に、気持ちいいポイントがあるなんて知らなかった」
 涼子は、声がうわずってしまっている。涼子の表情は、丸っきり発情した牝だ。こんな顔を見せられて、僕は切なくなってしまう。この顔は、中村さんのことを思い出しての顔だ。
 涼子の心の中に、違う男がいることが悲しい……。でも、僕はさっきから射精しそうな程にいきり立っている。
「ごめんね、違う人の指で感じちゃった……舌でもイカされちゃった……ダメだって思ってるのに、中村さん上手だったから……。こんな私、嫌いになった?」
 涼子は、罪悪感にまみれた顔だ。僕は、その言葉で思い出した。そもそも、涼子が違う人にエッチなことをされても、感じないかどうかを見たいという理由でしたことだった。
 すでに、答えは見えている。涼子は、感じないどころかイキまくっている。でも、僕は趣旨を忘れて興奮しながら画面を見ていた……最低だと思う。

 僕は、色々なことが頭を巡って答えが言えなかった。動揺もしている。すると、涼子は小さな声で、
「雅くん、興奮してる? よね?」
 と、言ってきた。僕は、慌てて否定しようとしたが、涼子は僕の股間を凝視している。こんなにも勃起している股間を見られては、興奮していないなんて言えない。
「もしかして、そういうので興奮しちゃうの? 寝取られ?」
 涼子は、やっぱり小さな声で言う。画面の中では、大きな声であえぐ涼子が映っている。僕は、素直に興奮していると白状した。
 ただ、寝取られ性癖はよくわからないと告げた。今の時点で寝取られ性癖があるとは言いづらい。僕が怒っているという前提でしていることなので、実は寝取られ性癖のためだったとは言いづらい。

「あっ、あっ、あぁ〜〜っ、で、出そうです、出ちゃうっ、ダメっ! ストップ、止めてっ! いやぁっ!」
 涼子は、泣き声で叫ぶ。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

僕しか知らない恋人を調教サイトでしつけてもらった(マガブロ 転載禁止)

「雅くん、どうしてもしないとダメなの? 本当に、私のこと嫌いにならない?」
 恋人の涼子が、不安そうに聞いてきた。僕は、もう指定されたホテルにまで来てしまっているので、今さら止めるつもりはない。どうしてもして欲しいと言うことと、絶対に嫌いにならないし、結婚すると約束した。
「……わかった。本当に、後悔しないんだね」
 涼子は、少し悲しそうに言った。


 涼子とは、交際を始めて2年経過した。社会人になったばかりの僕が、まだ大学生になったばかりの涼子を口説いて付き合い始めた。
 涼子とは、バイクの練習会で知り合った。ジムカーナ競技という、かなりマニアックなヤツだ。車のジムカーナはそれなりに知名度があるが、バイクのは世間の認知度も低い。
 人に聞かれると、白バイがやっているようなヤツですと説明する感じだ。そんな中、涼子はジムカーナをするためではなく、スムーズにUターンが出来るようになりたいという程度の理由で練習会に参加していた。

 涼子は、アイドルかと思うようなルックスなので、色々な人が競うようにアドバイスをしたり教えたりしていた。でも、たまたま同じバイクを乗っている僕に、色々と質問してくるようになった。
 そして、ツーリングに行ったりしているうちに、思い切って口説いた。僕は、基本的には草食系の男なので、あまり女性との交際には興味がなかった。でも、涼子はあまりにも可愛かった。
 さすがの僕も、このチャンスを逃したら次はないだろうなと思った。そしてそれは上手く行き、今はバイクだけではなく涼子にも乗る日々を送っている。

 涼子は、ショートカットがよく似合う、パッチリとした二重まぶたが印象的な女の子だ。マジで恋する5秒前な感じの美少女だ。
 僕は、ルックス的にはごくごく平凡で、ただバイクが上手いという一点だけで、涼子に好きになってもらったように思っている。

 初めてセックスをした日のことは、よく覚えている。涼子は、恵まれすぎたルックスをしているのに、処女だった。勝手なイメージで、男性経験はそれなりにあると思っていたので、初めてをもらえた幸運に自分でも驚いた。
 そして、涼子はとにかく尽くすタイプで、僕が望むことは何でもしてくれるような従順な女の子だった。こんなに可愛らしいのに、なんで僕なんかをそこまで好きになってくれたのだろう? 不思議に思う。

 ただ、最初の方こそ涼子と付き合える幸運に感謝していたが、それが当たり前になり、色々と涼子にさせるようになっていった。
 最初は、軽いコスプレみたいな感じだった。可愛らしいランジェリーを着てもらったりしていた。でも、それもエスカレートして、ドンキで買ったナースやJKの制服姿でセックスをするようになったりした。

「興奮する? なんか恥ずかしいな……」
 そんな風に恥ずかしがりながらも、卑猥なコスチュームを着て相手をしてくれる。こんなにミニスカートのナースなんているはずもないが、ゾクゾクしてしまう。
 涼子は、恥ずかしがりながらも積極的に責めてくれる。小さなお口を一生懸命に使って、僕のペニスに奉仕をしてくれる。男性経験のなかった涼子は、フェラチオなんて当然したこともなかったので下手くそだった。
 でも、真面目で研究熱心な涼子は、すぐに上達した。上目遣いで僕を見つめながら、熱心にフェラチオを続けている。この上目遣いでのフェラチオが、もの凄く興奮する。

「気持ちいい? いつでも出して良いからね」
 セクシーすぎるナース姿の涼子が、ペニスを弄ぶように触りながら言う。すぐに舌が絡みつき、たまらなく卑猥に見える。涼子は、僕なんかと付き合わなくても、いくらでもいい男を捕まえられると思う。
 それなのに、ここまでしてくれる。最高の気持ちのまま、涼子の可愛らし顔を見つめる。すると、涼子の指が乳首にまで伸びてきた。
 あまりの快感にうめくと、
「気持ちいい? もっと気持ちよくなって欲しいな」
 と、恥ずかしそうに言いながらペニスをくわえてくれる。すぐに舌が絡みつき、強烈なバキュームも始まる。乳首を触られながらここまでされると、少しも我慢出来ずに搾り取られるように射精をしてしまった……。

「ん〜〜」
 軽くうめきながら口内射精を受け止める涼子。僕は、慌てて謝りながらペニスを引き抜く。ティッシュを取る前に、涼子は僕のことを見つめたまま飲み干してくれた。
「飲んじゃった。今日も、いっぱい出たね」
 涼子は、本当に嬉しそうに言う。ここまでしてくれることに感動してしまう。
 そして、僕は卑猥なナース姿の涼子を押し倒していく。涼子は、興奮した顔で僕を見つめている。素肌に着たナース服、浮き出た乳首がクッキリと見えている。
 僕は、それを指で触り始めた。
「うぅっ、あっ、雅くん、気持ちいいよ」
 涼子は、すぐにとろけた声をあげる。本当に気持ちよさそうで、幸せそうな顔をしている。凄く恥ずかしがりなのに、卑猥な姿で乳首を触れてあえぐ涼子……ギャップに僕の興奮も高まる一方だ。

 ナース服に浮き出た両乳首を、夢中で責め続けた。さらに乳首の固さは増していき、カチカチになってきている。僕は、強めにそれを摘まんだ。
「うぅっ、あぁ、ダメぇ、気持ちいい」
 涼子は、さらに顔をとろけさせている。本当に気持ちよさそうで、切なげな顔になってきている。僕は、さらに夢中で触り続けた。
「ンッ、あっ、アンッ、雅くん、もう来て……欲しいよ」
 涼子は、焦れたような顔になっている。僕は、短すぎるスカートをまくり上げ、ショーツを引き下ろした。薄いヘア、そして小さな陰唇。
 溢れた蜜が膣口周りをしっとりと濡らしている。すごく濡れてると告げると、
「は、恥ずかしいよ……見ないで」
 と、顔を真っ赤にして恥ずかしがる。その可愛らしさに、ドキドキしながら指を近づける。そして、クリトリスの辺りを触り始めた。
 充分すぎるほど濡れそぼった膣口、クチョッと小さな音を立てる。
「うぅっ、雅くん、もう入れて欲しい」
 さらに焦れた声を出す彼女。すでにカチカチになっているクリトリスを触り始めた。
「あっ、ンッ、アンッ、気持ちいいっ。雅くん、もっとっ!」
 涼子は、可愛らしい声であえぎ始める。さらにクッキリと浮き出てきた乳首、切ない顔。僕も、すっかりと回復して勃起しきっている。

 僕も我慢出来なくなり、コンドームを装着して挿入した。ナース姿のままの涼子を、正常位で犯すように抱くと、
「あっ、アンッ、雅くん、もっとっ! 気持ちいいよ。愛してるっ」
 と、すぐにあえぎ始めてくれた。痛いくらいに締め付けてくる膣。昔陸上部だったことも影響しているのだろうか? 泣きそうな目で僕を見つめながらあえぐ涼子……快感が強すぎて、僕はすでにイキそうな感覚になってきている。
 可愛らしい控えめな声であえぐ涼子を見ながら、また色々な妄想をしてしまっている。まだ大学生の涼子は、身の回りに男性も多い。
 あまり積極的に参加はしていないが、ツーリングサークルみたいなものにも所属している。本当は、あまり参加して欲しくないという気持ちもあるが、逆にもっと参加して他の男と仲良くなって欲しいという、異常な願望も持っている。

 寝取られ性癖とまでは行かないと思うが、嫉妬で興奮する気持ちを昔から持っている。オナニーする時も、ライトな寝取られ物を使うことが多い。
 涼子が、他の男に性的な目で見られることに興奮するのだと思う。涼子が、他の男を好きになるとか、そういうことではない。涼子が他の男を好きになってしまったら、さすがに耐えられないと思う。

 夢中で腰を振りながら、卑猥な姿であえぐ涼子を見ている。こんな卑猥なコスプレ姿を、サークルの男子が見たらなんと言うだろう?
 僕は、涼子が他の男のオナニーのオカズになっているのを想像しながら腰を振り続けた。そして、あっけなくイキそうになってしまった。
「雅くん、固いよ。カチカチになってきた。イクの? キスして、キスしながらイッてっ!」
 涼子は、興奮しきった声で叫ぶ。僕は、キスをしながらスパートをかけた。すると、あっけなく射精してしまった……。

 相変わらずの早い射精……早漏は、いつまで経っても治らない。口でしてもらってからのセックスでも、3分以上保ったことはないと思う。
「雅くん、気持ちよかった?」
 甘えた顔で聞いてくる涼子。本当に可愛くて、何度もキスをしてしまう。すると、涼子はコンドームを外してお掃除フェラを始めてくれた。
 そんなのしなくていいよと言っても、したいのと言ってしてくれる涼子……本当に幸せを感じる。でも、この状況でも、涼子が他の男にこんな事をする姿を想像し、強いヤキモチを焼いていた……。

 そんなある日、涼子が泣きそうな顔で謝ってきた。話を聞くと、ツーリングサークルのツーリングで、ドタキャンが続いてサークルの男性と二人でツーリングに行ってしまったそうだ。
 別に、やましいことはなかったそうだが、二人きりで行ったことに強い罪悪感を感じているようだ。僕は、不安と嫉妬を感じながら、どうして中止にしなかったのかと聞いた。
「そ、それは……仲のいい子だったから……。彼の方が年下だし、先輩として引っ張らないとダメかなって思って……」
 涼子は、本当に強い罪悪感を感じているみたいだ。僕は、確かにヤキモチは焼いているが、本当に何もなかったんだろうなと思っている。
 こんなに罪悪感を感じなくても良いのに……と、思っていたくらいだ。でも、僕は急に悪い考えが浮かんでしまった。怒ったフリをしながら、そんなのダメじゃん、浮気みたいなものだよと言った。
「……ごめんなさい。そうだよね……雅くん、本当にごめんなさい」
 涼子は、ほとんど泣いているような顔になっている。僕は、怒って帰って行ったような演技をしながら涼子の部屋を出た。涼子は、慌てて引き留めようとしたが、僕は罪悪感を感じながらもそのまま帰った。

 電話やラインで反省しているメッセージが届く。こんなに必死になってくれることに嬉しくなりながらも、ウソをついて申し訳ないという気持ちももたげてくる。
 そして翌日、ずっと考えていたことを告げた。他の人にエッチなことをされても、感じないか見せて欲しいと言うことを。
「えっ? 他の人と、エッチなことするの? どうして?」
 涼子は、まったく意味がわからないという顔になっている。僕は、本当に僕を好きなら、他の人としても感じないはずだと告げた。
 当然、涼子はまったく理解しない。当たり前だと思う。言っていることはメチャクチャだ。でも、涼子が後輩と二人でツーリングに行ってしまったという弱みを利用して、説得をした。

「本当に、それで許してくれるの? でも、他の人とエッチなことして、嫌いにならない?」
 涼子は、とうとう承諾した。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

寝取られ電子書籍

電子書籍出版しました

本を出しました


フェス帰り相部屋NTR 彼氏の愚痴を聞いてくれるバイト先の店長と性欲解消するまで中出ししまくった絶倫性交 石原希望寝取られ好きの管理人が、お勧めの間違いのない寝取られ動画や漫画を紹介しています

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
232位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
14位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

電子書籍出版情報

本を出しました

2話収録です

2話収録です

2話収録です

ハード系です

新刊です

姉さん女房です

新刊です

新刊です

バッドエンド



ランキング

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:マガブロの体験談は、本ブログだけのオリジナルです。
他では読むことが出来ないものだけです。
姉妹サイトのNTR使える寝取られサイト、エッチな体験談や萌えた体験談ブログとは違い、アブノーマルな話だけを紹介します。

姉妹ブログとは違い、スカ、グロ、暴力、ゲイ、等々、一般受けを考えずに、好きに書いています。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読むことが出来ます。また、月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、FC2より私へは一切通知されませんのでご安心下さい。
また、FC2ポイントは銀行振り込みやペイジー、コンビニ決済、銀行ATMで購入できますので、クレジットカードを利用しなくてもブロマガ購入できます。
※無断転載は禁止します。
筆者のマガブロ一覧です
http://netoraretaiken.com/
blog-entry-9059.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。