アブノーマルな動画やマンガと体験談

アブノーマルなオリジナル体験談を紹介! アブノーマルな動画やマンガも紹介 スマホ用ページ最適化済み

社内恋愛で結婚して新婚1年目、帰宅すると嫁が金髪に廻されてた完

前回の話

目が覚めると、金髪もマサオもすでにいなくなっていた。嫁のみゆきは、いつも通りの部屋着に着替え、夕ご飯を作っていた。さっきの寿司は、ゴミも含めてどこにも見当たらない。

『あっ、起きた? お疲れだったのね。夕ご飯出来てるよ』
みゆきはそんなことを言ってくる。私は、さっきのは夢だったのかな? と思いながらも、部屋に微妙に残る生臭い臭いや、真っ赤に充血したみゆきの目を見て、あれは夢ではなかったはずだと思った。

でも、ニコニコと笑いながら夕ご飯を用意していくみゆきを見て、私は何も言えないでいた。
「ありがとう。頂きます」
私は、並べられた夕ご飯を前に手を合わせ、頂きますと言って食べ始めた。いつもと同じで、美味しい夕ご飯。何も変わらない、幸せな一時みたいだ。でも、ついさっきみゆきはアナルで狂わせられていた。あそこにピアスまでつけられて、ヘアも綺麗に剃られてしまっていた。

私は、鼻歌交じりに夕ご飯を並べていくみゆきを見て、現実と悪夢の境目がわからなくなってしまった。

「みゆき、大丈夫?」
私は、なんと言って良いのかわからずに、そんな抽象的な質問をした。
『大丈夫だよ。どうしたの? 変な雅治さん』
みゆきは、楽しそうに笑いながら言う。私は、金髪とマサオのことは触れてはいけないんだなと判断した。

そして、極力楽しい話を心がけ、楽しく過ごす努力をした。きっと、みゆきは忘れたいという気持ちなんだなと判断した。そして、いつも通りの食事をして、いつも通りに風呂に入った。私の方が先に入り、先に寝室に行く。いつもとかわらない流れだ。

しばらくすると、みゆきが入ってきた。私は、みゆきに声をかけようとして言葉を失った。みゆきは、全裸で入ってきた。少し大きめの胸も、ヘアのないあそこも丸見えだ……。そう、やっぱりあそこにはヘアがなかった。それだけではなく、あそこのビラビラに開けられたピアスから、鎖が伸びているのも見える。

さっきのはやっぱり現実だったんだ……という衝撃だけでも凄いものがあったが、みゆきの恥丘を見て絶句した。みゆきの恥丘部分には、小さな蝶が羽ばたいていた。シール? と思いたかったが、赤黒く腫れていて、少し血もにじんでいる。私が気を失う前、確かに金髪は道具があるから入れ墨を入れるというようなことを言っていた。でも、本当にやるとは思っていなかったし、こんな短時間で入れられるものとも思っていなかった。

『雅治さん、エッチしよ?』
そう言って、私に近づいてくるみゆき。入れ墨のこともピアスのことも触れずにニコニコとしている。そして、ベッドに潜り込んでくると、
『今日は、私がするね』
と言って、私に覆いかぶさってきた。そのままみゆきは私の服を脱がしていく。みゆきは、いまは外しているが、普段は眼鏡をしていて真面目そうな感じだ。そして、実際に真面目だと思う。でも、意外とエッチは好きで、むっつりスケベという言葉が似合うような感じだ。そんなみゆきでも、こんな風に私の服を脱がせてくることはなかった。

みゆきは、淡々と私の服を脱がせていき、あっという間に全裸にした。すると、すぐに私のペニスを口にくわえてフェラチオし始めた。すぐに強烈なバキュームと共に、舌が絡みついてくる。あっという間に勃起させられてしまった私は、どうリアクションして良いのかわからなかった。

あんな過酷なレイプをされた直後なのに、セックスをしようとするみゆき。正直、怖かった。精神的に壊れてしまったのか? とか、嫌な記憶を消したいのかな? など、色々な想像が頭をよぎる。
みゆきは、あそこのピアスをジャラジャラ言わせながら熱心にフェラチオしてくれる。私は、あんなことがあった後なのに、気持ち良すぎてイキそうになってしまった。
「みゆき、もうイッちゃうよ」
情けない声で告げると、
『雅治さん、私のも舐めてくれる?』
と、いつもとは違う口調で言ってくるみゆき。いつもは、もっと丁寧語というか、尊敬語みたいな感じで言うはずだ。

私は、違和感を感じながらも、みゆきのあそこを舐めようとした。でも、恥丘の痛々しい入れ墨や、ラビアのピアスが目に入り、固まってしまった。どちらからも、まだ少し出血している。

『イジワルしないで。早く舐めて』
甘えた声でおねだりするみゆき。何もかもがちぐはぐで、パラレルワールドとか、世にも奇妙な物語に迷い込んでしまった気持ちになる。

でも、みゆきを悪夢から救いたいという一心で、みゆきの改造されてしまったあそこに舌を這わせた。クリトリスを舐め始めると、
『んっ、ふぅ♡ 雅治さん、気持いいぃ♡』
と、すぐに甘くとろけた声を出すみゆき。いつもとはまったく違うリアクションだ。

でも、私は泣きそうな気持ちだった。痛々しいラビアのピアスを間近で見ると、どうして外さないのだろう? と思ってしまう。それに、恥丘の蝶は、アップで見るとかなり雑だ。所々歪んでいて、短時間で慌てて彫った感じが伝わってくる。皮膚科で除去手術をしなければ……と思うのだが、この事に触れていいものなのかもわからない。みゆきは、何もなかったように振る舞っている。

私は、現実逃避をするようにみゆきのクリトリスを舐め続ける。
『あっ、んっ! んっ! んふぅ♡ もっと! もっと強く舐めてぇっ! 噛んでもいいからぁ!』
みゆきは、いままで言ったことのないようなことまで言う。私は、さらに舐め続ける。すると、みゆきの膣から、ドロッとした白いモノが流れ出てくる。生臭くて、嗅ぎ慣れた臭い。私は、これが金髪の精液なのかマサオの精液なのかわからないが、激しくショックを受けていた。

慌てて顔を離そうとすると、
『ダメぇ、もっと舐めて。膣の方も舐めて欲しい』
と、甘えた声で言ってくるみゆき。私は、背筋に冷たいものが伝うのを感じた。そして、言われるままに舐めた……。他人の精液なんて、気持ち悪いし不味いに決まっている。でも、みゆきが受けたダメージを思えばたいしたことはない……。そう思って、私は舐め続けた。すると、みゆきはさらにとんでもないことを言ってきた。

『お尻の方も舐めて♡』
甘えた声で言うみゆき。でも、いままで一度もそんなリクエストをしてきたことはない。みゆきは、太ももを抱えるようにして腰を持ち上げる。すると、みゆきのアナルがはっきりと見えてくる。それは、無惨なものだった。太すぎるモノを突っ込まれ、かき混ぜられたからだと思うが、少し開いたままになっている。そして、痔みたいに、肛門の中の肉がはみ出ているというか、正常な位置に戻っていないというか、飛び出た格好になっている。

私は、金髪の言葉を思い出していた。マサオは、過去に何人かの括約筋を切ってしまったことがあり、オムツをしないといけない身体にしてしまったことがあると……。私は、激しい焦燥感を感じていた。でも、切れて垂れ流しになっているような感じはない。かろうじて、括約筋切断はまのがれたのだと思う。

でも、アナルの方も膣と同じで、白いモノが流れ出てきた。私は、吐き気を堪えながら、そこに舌を這わせ始めた。何とも言えない生臭い臭い。そして、口の中に広がる嫌な味……。でも、これがみゆきを救えなかった私の罰だと思い、必死で舐め続けた。

すると、可愛らしい声であえいでいたみゆきが、いきなり私のペニスを掴んだ。
『どうして? こんなことさせられてるのに、どうしていつもよりも固くなってるの?』
みゆきは、さっきまでの甘えた声をなくし、冷たい口調で聞いてきた。

私は、ビクビクしながら謝った。
「謝らなくてもいいよ。ねぇ、こっちに入れてみて」
みゆきはそう言うと、アナルを指で拡げ始めた。すると、すでに漏れ出していた精液が、さらに流れ出てくる。血が混じっているのもはっきりと分かる状態だ。

みゆきのアナルは、つぼみみたいに小さくて綺麗な形だったはずだ。それが、いびつに歪んでしまっている。私は、メガネの奥のみゆきの目が、凄く冷たいことに気がついた。こんなにいやらしい姿をさらして、セックスをねだっているのに、感情がないような冷たい目をしている。

私は、怖くなって目をそらした。そして、言われるままにみゆきのアナルにペニスをあてがう。ローションなんて何もつけていないが、あふれ出てくる精液がローション代わりになっているようで、すんなりと入っていく。他の男の精液をローション代わりにして、嫁のアナルに入れていく……。私は、気が狂いそうだった。

でも、初めて入れるみゆきのアナルは、驚くほどキツくて、気持ち良いと思ってしまった。こんなに無惨に拡げられてしまったように見えても、キツキツのアナル……。思わず声が漏れてしまいそうだ。

『うぅ、あっ、入った♡ 雅治さん、どう? 気持いい?』
みゆきは、とろけた声を出す。でも、目は冷たいままだ。私は、快感と恐怖で訳がわからなくなってしまった。
「気持いい。みゆきは? 痛くない?」
そうやって聞いてみると、みゆきは冷たい目のまま、
『平気だよ。小さいから、全然痛くないよ』
と言った。私は、小さいといわれたショックを感じながらも、痛くないと言っていることにホッとしていた。
『良いよ。動いてみて』
みゆきに言われて、私は腰を振り始めた。ローションではないので、少しきしむ感じはあるが、それ以上に締め付けてくるアナルの快感に、我を忘れそうだった。

『んっ、んっ、気持いいよ。もっと動いて。あっ、んっ、んふぅ』
みゆきは、私の腰の動きにあわせてあえぐ。でも、全然気持ちよさそうには聞こえない。醒めた目で私を見ながら小さくあえぐみゆき。
失神前に見た、金髪やマサオとのセックスの時とはまったく違うリアクションだ。

私は、屈辱を感じながらも、あっけなくイキそうになってしまった。
「ゴ、ゴメン、イク……」
『え? もう? 良いよ、イって。外に出してね』
と、気だるそうに言うみゆき。私は、彼女の中で決定的に私の価値が落ちたのを感じた。でも、射精は止めることが出来ず、慌ててペニスを抜いてみゆきのお腹に射精した。

『ふふ。いっぱい出たね。じゃあ、シャワー浴びてくるね』
みゆきはそう言って、寝室を出ていった。私は、情けない気持ちでいっぱいになりながらも、キスすら出来なかったなと思った。そして、私はペニスをティッシュで拭いた。色々な汚れがついてしまったが、疲れ果てた私はすぐに寝てしまった。

朝になると、みゆきはいつも通りに戻っていた。おはようと言ってくる顔も、ニコニコと上機嫌だ。目にも、感情が戻っていた。一瞬、昨日のことは夢だった? と思った。でも、みゆきの唇の端の傷を見て、夢じゃなかったんだなと思った。

『今日は遅くなるの?』
みゆきは少し不安そうに聞いてくる。私は、昨日の恐怖を思いだしているのかなと思った。そして、警察に届けようと言おうとした。でも、みゆきは続けて言った。
『遅くないなら、夕ご飯食べに行かない? ちょっと買い物もしたいし』
みゆきは、明るい笑顔で言う。私は、また言葉が出せなかった。何もなかったことにした方が良いのだろうか? もう、触れない方が良いのだろうか?

そんな私を尻目に、みゆきは話を進める。そして、夕方に駅で待ち合わせることになった。そしてそのまま買い物をして、食事に行く流れになった。

私は、いつも通り会社に行ったが、不安で胸が押しつぶされそうだった。もしかして、またあいつらが……。そんな不安にさいなまれた私は、みゆきに電話をした。でも、携帯は電源が入っていない状態だった。慌てて自宅にかけてみるが、コールが鳴るだけで誰も出ない。私は、冷や汗が吹き出していた。

上司に無理を言って早退をすると、すぐに家を目指した。もう、嫌な予感しかしない。

そして、ほとんど走るような感じで家に帰るとドアを開けた。すると、鍵もかかっていない。その上、玄関には男の靴が二組あった。私は、声も出せずに震えながらリビングに急ぐ。

『もう〜。本当に壊れちゃうと思ったんだから。まだ血が出てるのよ』
ドアを開ける寸前、みゆきの明るい声が聞こえてきた。そして、ドアを開けると、3人の顔が私に向く。

「あ、お邪魔してま〜す」
金髪がぺこっと頭を下げて言う。マサオは無言で頭を下げる。
『雅治さん? どうしたの? 早かったね』
みゆきがキョトンとした顔で言ってくる。みゆきは、乱暴されているわけでもなく、服も着たままだ。

「な、なんで? どうして?」
状況がまったく飲み込めない私。

『遊びに来てもらったんだよ。夕方までヒマだったから』
みゆきは、ごく普通の口調で言う。
「びっくりしたぜ。まさか昨日の今日でお呼びがかかるなんてよw」
金髪は、グラスの飲み物を飲みながら言う。完全に、お客さんという感じだ。一瞬で恐怖がよみがえり、足がすくむ私。

『だってぇ、いつでも呼べって言ったから』
甘えた声で言うみゆき。
「じゃあ、早速頼むかな?」
と言いながら、金髪がズボンを降ろし始める。すると、あっという間にペニスが剥き出しになる。あらためて見ても、やっぱり立派なペニスだ。太くて長くて、カリ首も張り出している。マサオのペニスと比べると小さく感じてしまうが、充分すぎる大きさだと思う。

『やっぱり大っきいね♡』
そう言って、みゆきはすぐに金髪のペニスをくわえた。なんの躊躇もなかった。
「おぉ、ヤベぇ。気持いいわ。旦那さん、またみゆきちゃん借りるわw」
金髪は、軽い感じで言う。罪悪感とか、そういったものは持っていない感じだ。マサオは、無言でビデオカメラを取り出すと撮影を始めた。

私は、崩れ落ちるように床に座り込んでしまった。その目の前で、みゆきがフェラチオをしている。大きなペニスを丹念に、心を込めて舐めてくわえるみゆき。

「どうだ? 昨日はやってみたのか? もう、旦那のじゃ全然ダメだったろw」
みゆきにフェラチオさせながら、にやけた顔で言う金髪。すると、みゆきが一旦ペニスを口から出して、金髪のペニスを手でしごきながら、
『はい。ミツル様のおチンポと比べたら、全然小さいからダメでした。それに、すぐイッちゃうし』
みゆきは、媚びるような口調で金髪に言う。私は、目を疑った。目の前の光景が、とても信じられなかった。あの、おとなしくて、私しか男性経験のないみゆき……。それが、私をバカにして、巨根の金髪に媚びる姿。私は、気を失いそうなほどの衝撃を受けていた。

「俺のチンポ、そんなに好きか?」
『はい。好きです♡』
「旦那のよりも?」
『もちろんです。ミツル様のおチンポ、奥まで届いて気持いいから♡』
「ひでぇなw マサオのは?」
『だ〜い好きです♡ ミツル様のより大っきいから、本当に大好きです♡』
「まぁ、そうなるわなw あいつには勝てねーわw マサオも混じれよ。カメラ旦那さんに渡せ」
金髪がマサオに指示をする。すると、マサオは無表情で私にカメラを渡してきた。私は、黙って受け取る。私には、拒否する勇気もない。まだ、みゆきが泣き叫んで抵抗でもしていれば、私にも勇気が出るのかも知れない。でも、みゆきは完全に向こう側についてしまっている。それに、金髪達を呼んだのも、嫁の方からだと言う。

私は、カメラを受け取ると、そのままみゆき達を撮し続ける。私は、現実から逃れるように、みゆきのフェラチオを撮し続けた。

マサオはすぐにズボンを脱ぎ始める。あっという間に下半身裸になるマサオ。すでに、マサオの規格外に大きなペニスは勃起していた。普通の大きいというのとは違い、病的な大きさ。末端肥大症とかそんな感じがする。

その棍棒みたいなペニスを見た途端、みゆきは顔をほころばせた。まるで、目がハートになったように熱い目で見つめるみゆき。金髪がマサオと入れ替わる。
『ホントに凄い……。私の手首より太い……。あぁ、ダメぇ、欲しいぃ』
みゆきはそう言いながら、マサオのペニスをくわえた。本当に夢中という感じでフェラチオをするみゆき。目一杯口を開けても、なかなか入っていかないくらいにマサオのペニスは太い。ここまで大きいと、奇形という感じがするが、みゆきは心奪われてしまったようにフェラチオを続ける。

金髪は、夢中でフェラチオをするみゆきの服を脱がせいく。面倒になったのか、引き裂くようにはぎ取ったりする。あっという間に下着姿になったみゆき。大きめの胸が、ブラでより強調された谷間を作り、凄くセクシーだ。私は、そんなところまでカメラで撮し続ける。

すると、金髪がみゆきのショーツをはぎ取った。ビリビリッと引き裂かれる音ともに、みゆきの白くて綺麗なお尻が丸見えになる。そこには、見慣れないものがあった。みゆきのアナルを隠すような感じで、黒いゴムのようなものが見えている。

「お、偉いな。ちゃんと突っ込んであるじゃん。拡げとかないと、また血が出るからなw」
そう言って、無造作にみゆきのアナルのゴムのようなものを掴み、引っ張る金髪。
すると、みゆきがマサオのペニスを口から出して、
『んっ、おぉおうぅぁっ!』
と、苦しげな声を上げた。それと同時に、みゆきのアナルから大きめのプラグが抜き取られていった。ズルンという感じで引き抜かれたアナルプラグは、1度入れたら抜けないように、真ん中あたりが膨らんでいる感じだ。そして、根元にフタみたいなものがついていて、全部は入っていかないようになっている。

一番膨らんでいるところの直径は、5cm近くはありそうだ。みゆきは、朝からそんなものを腸内に収めたまま過ごしていたのだろうか?

プラグを引き抜かれたみゆきのアナルは、ポッカリと穴が空いたようになっている。そして、ヒクヒクとうごめいている。昨日は無惨な状態になっていたみゆきのアナルも、今は穴が空いている以外は元に戻っている感じだ。

『も、もうダメ、入れて下さい。みゆきのケツマンコ、壊れちゃってもいいからつっこんでぇ♡』
みゆきは、自分でアナルをさらに拡げながら言った。私は、みゆきのその言葉を聞いて、絶望的な気持ちを感じながら、信じられない程に興奮してしまった。

みゆきも私も、現実から逃れ、精神が壊れないように、脳が保護機能を発揮してこんな風になってしまったのかも知れないと思った。犯されることに喜びを感じる妻に、犯される妻を見て興奮を感じる夫……。通常なら、あり得ないはずだ。

「まったく、欲しがり屋さんだなぁw」
金髪はふざけた感じで言いながら、カバンから大きな注射器みたいな物を取りだした。それは、注射器ではなく、浣腸する道具のようだった。金髪は慣れた動きでそれにボトルの液体を注ぎ、みゆきのアナルに差し込んでいった。
『イ、イヤァ、トイレで……。お願いしますぅ』
浣腸器を差し込まれ、一気に泣き声になるみゆき。でも、金髪はシリンダーを押し込んだ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


[ 2016/05/21 00:00 ] 新婚1年目、帰宅すると嫁が廻されてた | TB(-) | CM(-)

社内恋愛で結婚して新婚1年目、帰宅すると嫁が金髪に廻されてた3

前回の話

失神から目覚めると、マサオはみゆきに規格外の大きさのペニスをくわえさせたまま、太い指をアナルに差し込んでかき混ぜていた。みゆきは、痛そうに顔をしかめながらも、必死でフェラチオを続けている。顔に青あざを作りながら、涙や鼻水でグチャグチャの顔で、必死で口での奉仕を続ける。

マサオのペニスは、血管がうねって浮き出ている。そして、大きいだけではなく、バナナのように反り返っている。金髪のペニスも圧倒的だったが、マサオのペニスは出来の悪いCGのように、違和感を感じるほどだ。

そして、マサオの指はとても太い。末端肥大症とか、そんな感じなのかもしれない。
下手したら、彼の中指は私のペニスよりも大きいかもしれない。さっき、強制的にみゆきとセックスをさせられたが、私のものではまったく奥に届かないと思い知らされた。みゆきも、こんな事がなければ、私のペニスが小さいと知らないままでいられたはずだ……。

マサオは、ガラス玉のような感情を感じさせない目でみゆきの事を見ながら、黙々とアナルの中を指でかき混ぜている。みゆきが痛そうにしていても、まったく気にする事なくそれを続ける。まるで、幼児が悪意なく虫の羽や脚をむしり取るような感じだ。

もしかしたら、マサオは少し知的障害があるのかもしれない。私は、ふと気になって金髪の方を見た。すると、金髪はあくびをしながらスマホをいじっていた。出すだけ出したので、みゆきにはもう興味を失ったのかもしれない。

マサオは、執拗に指でみゆきのアナルをこね回した後、指をずぼっと抜いた。そして、みゆきのアナルから引き抜いた指の臭いをかぎ始めた。
『嫌っ! 嗅いじゃダメッ! イヤぁぁーっ!』
と、みゆきは羞恥で顔を真っ赤にして叫ぶ。すると、マサオが左手でみゆきの頭をガシッと掴み、ペニスのところに強引に移動させた。フェラチオを続けろという、彼の意思表示のようだ。ここまで、マサオはひと言も口をきいていないような気がする。もしかしたら、しゃべる事が出来ないのかもしれない。マサオは、左手でみゆきの頭を掴んだまま、アナルに入れていた指の匂いを嗅ぎ続けている。そして、ニヤッと薄気味悪く笑うと、その指を口にくわえてしまった。そして、アイスキャンディーでも舐めるように舐め続けるマサオ。みゆきは、それを見ながら泣いていた。そして、泣きながらあきらめたように、フェラチオを再開した。

マサオは、美味しそうに指を舐め続ける。無邪気な子供のようだ。そして、しばらくすると、今度はみゆきのアナルに指を二本突っ込んだ。唾液程度しか潤滑剤がない状態で、力任せに指を突っ込むマサオ。みゆきは、極太をくわえたまま、悲鳴のようなうめき声をあげている。そして、また執拗なアナルいじりが始まった。無垢な幼児のような執拗さで黙々とみゆきのアナルを拡張していくマサオ。アナルがどんどん拡がって行ってしまう……。

性器ではなく、ただの排泄器官なのに、こんな風にいたぶられ続けるみゆき。眉間に寄ったしわが、痛みの大きさを物語っているようだ。すると、人差し指と中指を束ねてアナルに入れていたマサオが、親指をみゆきの膣の方に突っ込んだ。
『んっぐぅっーっ! ん、ふぅっ!』
みゆきは、突然の事に、驚いたようにうめく。マサオの親指は、見るからに私のペニスより太かった。長さこそ、さして長くないのだが、それでも私のものと同じくらいの長さがあるように見える。

マサオは、膣とアナルに入れた指を、ガシガシと掻き出すような感じで動かす。
『んんっ! ンフゥ、おぉッ! んっーっ! んっーーーっ!』
嫁は、両穴をグチャグチャにされて、悲鳴のようなうめき声をあげ続ける。でも、さっきまでとは違い、眉間のしわがなくなっていた。それどころか、明らかに気持ちよさそうな顔に変わっていた。

この状況で、感じるはずがない……。そう思う私だが、逆に、こんな状況なので、感じてしまうのかもしれないと思い始めていた。生命の危機を感じ、子孫を残すためにセックスの快感が倍増する……。そんな事があるのだろうか?
私は嘘だと思うが、レイプの被害者が被害届を出さないのは、信じられないほどの快感を感じて、イキまくってしまったので、それを警察に言いたくないからだと聞いた事がある。あり得ないと思いながらも、目の前のみゆきの姿を見ると、もしかして本当なのかな? と、思ってしまう。

マサオは、まったく手加減する事なく、指をガシガシ動かし続けている。みゆきを感じさせようとか、みゆきを辱めようとか、そんな気配は一切ない。ただ、子供がおもちゃに夢中になっているような、ある意味ピュアなものを感じる。


『んんっーーっ!! んっ! んーっ!』
みゆきは、とうとう身体を震わせて大声でうめいた。どう見ても、オルガズムに至ってしまった感じだ。
背中をのけ反らせ、ガクガクと震えているみゆきに、マサオは一切興味がないようだ。まったくペースを変える事なく、二本の指でアナルをかき混ぜ、極太の親指で膣中をほじくり返している。

もう、みゆきのアナルは柔らかそうにほぐされてしまったように見える。すると、今度はマサオがアナルに指をもう一本追加で入れようとし始めた。
一瞬耐えたみゆきだったが、すぐにガバッと顔を上げ、
『痛いっ! ダ、ダメ、裂けちゃうぅっ! イヤぁぁ、止めて、止めて下さいぃっ!』
身をよじって、アナルから指を外そうともがくみゆき。必死という感じだ。指を三本も入れられては、痛いだろうし、切れてしまうのではないかと思う。でも、マサオは一切感情を動かされる事がないようで、無慈悲に指をもう一本突っ込んでいく。四本……。入るはずがないと思う。
『イヤぁぁーーっ! ホントに裂けちゃうぅっ! お願いします、許して下さいぃっ!』
みゆきは、本気で絶叫している。でも、これだけ叫んでも、周りに家がないので、誰も助けに来てくれないと思う。私は、どうしてこんな場所を選んでしまったのだろうと、激しく後悔をしていた。

マサオは、一切手を緩める事なく、強引に指を入れていく。しばらくあがいていると、キツキツな感じで指が4本入ってしまった……。
みゆきは、狂ったように叫んでいたが、バシンと一発ビンタをされて、急に静かになってしまった。みゆきは、うつろな目で虚空を眺めている。あまりの痛みと、救いのない絶望的な状況に、精神が壊れてしまったように見える。

すると、マサオは指を一気に引き抜いた。そして、さっきと同じように匂いを嗅ぎ、それを美味しそうに舐め始めた。すると、金髪がいつの間にか近くに来ていて、ローションボトルをマサオに渡した。マサオは、すぐに中身を手に取ると、それをみゆきのアナルに塗り広げていく。ポッカリと、穴が空いてしまったような感じのアナルの中にも、丹念に塗り込んでいくマサオ。

すると、
「じゃあ、初物頂くわw」
と言って、みゆきのアナルにいきり立ったペニスを突っ込んだ。金髪は、なんの躊躇もなく根元まで突っ込む。バックではめたまま、すぐに腰を振る金髪。
『ううっぎぃっ! ヤアァァァッ! で、出ちゃいそう! 出ちゃいそうなのぉっ!』
と、涙で顔をグチャグチャにしながら叫ぶみゆき。でも、金髪は何も聞こえていないような感じで、腰を動かし始めた。
『うぅっ! んおっっ! ダメぇっ! で、出ちゃうっ! イヤぁっ! ダメぇっ! おぉおッ! ううあぁっ!』
みゆきは、泣きながら叫ぶ。でも、初めてアナルにペニスを突っ込まれたのに、痛がっている感じはない。一時間近くもマサオにアナルをいじられ続け、拡がってしまったのかもしれない。

「なんだよ。ユルユルじゃねーかw 拡げすぎなんだよw」
マサオに向かって、笑いながら言う金髪。私は、目の前でみゆきのもう一つの処女を奪われたのに、身動き一つ取る事が出来ない。

「旦那さん、もうガバガバだわw」
金髪は、腰を振りながら私に言ってくる。でも、すぐに吹き出しながら、
「てか、なんで立ってんだよw みゆきちゃん、お前の旦那、クソ変態だなw」
と、笑いながら言った。私は、自分でも無自覚だった。でも、言われて視線を落とすと、確かに私のペニスは勃起していた。私も、精神が壊れてしまったのだろか? みゆきは、涙でグチャグチャのひどい顔で私の方を見る。そして、勃起している私のペニスを、恐ろしく無表情で見ていた……。

金髪は、さらに力強く腰を振る。パンっ! パンっ! と、肉を打つ強い音が響く。
『ダメッ! ダメッ! ダメぇっっ! 出ちゃうっ! 出ちゃうっ! やめてぇっ!! やめてぇーっ!!』
と、金切り声で叫ぶみゆき。おとなしい彼女が、こんな声を出せるんだと驚くほどの声だ。

それでも金髪は、パンパンと腰を打ちつけ続ける。泣きながら叫ぶみゆき。すると、金髪がいきなりペニスを抜いた。同時に、みゆきのアナルから吹き出すように腸内のものが排泄されてしまった……。激しい音と臭い……。
『イヤぁぁぁっーーっ! 見ないでっ! 見ないでぇぇーーっ! おねがいぃっ! うぅあぁぁぁっ!!』
絶叫しながら、それでも出し続けてしまうみゆき。指で拡張されてしまい、止める事が出来なくなってしまっているのかもしれない。

「可愛い顔で、すっごいの出すねぇw」
金髪は顔をしかめながら言う。
『嫌っ! 嫌っ! 見ないでっ! 見ちゃダメぇっ! お願い! うぅああぁあぁーっ!』
みゆきは絶叫しながら排泄し続ける。床がひどい事になっているし、部屋中臭いが充満している。でも、マサオは気にする様子もなく、いつの間にかビデオカメラで撮影をしている。

みゆきは、一番恥ずかしい姿を見られ、その上撮影までされている。みゆきは絶叫していたが、次第に弱々しい声に変わり、すすり泣く声だけになった……。

「こんな姿撮られちゃって、もう俺達に逆らえないねぇw」
と、金髪がにやけた顔で言う。みゆきは、魂が抜けたような顔でぼんやりしている。もう、精神が壊れてしまったのかも知れない……。

そして、いきなり私は解放された。
「じゃあ、また来るわw 奥さん綺麗にしてやれよ〜w」
と、金髪は笑顔で家を出て行った。マサオも無表情のままあとを追って家を出て行った。私は、慌ててみゆきに駆け寄る。そして、大丈夫かと声をかける。警察を呼ぼうとも言った。
『イヤぁぁっ! ダメ、こんなの言えないぃっ! 呼んじゃダメっ!』
と、ヒステリックに叫ぶみゆき。私は、とりあえず彼女を浴室に連れて行った。そして、すぐにシャワーで彼女を洗い始める。お尻の周りを綺麗に流し、身体もボディソープで洗い流していく。その間中、みゆきはほとんど身動きせず、まるで人形のようだった。そして、あそこも洗い始める。でも、流しても流しても、中から精液があふれ出てくる。私は、恐る恐る彼女の膣中に指を差し入れ、掻き出すように洗い始めた。そんな事をされても、みゆきは無抵抗で人形のようだ。

そして、彼女の身体にタオルを巻き、私は脱衣場から出た。私はバケツとぞうきんを持ち、ひどい状態の床を掃除した。掃除しながら、悪い夢なら醒めてくれと念じ続けたが、やっぱり夢ではなかった。

床を綺麗にすると、すぐにみゆきのところに戻った。でも、みゆきはすでに寝室に行っていて、ベッドの中で眠っていた。私は、どうしていいのかわからなかった。警察に行くべきだと思う。でも、あんなビデオまで撮られている。ネットにばらまかれてしまったら、もう生きていけない……。

私は、どうしていいのかわからないまま、みゆきの横に滑り込み、彼女の身体を抱きしめた。そのまま、気がつくと朝になっていた。ずっと縛られていたので、身体の節々が痛い。でも、横にみゆきがいない事に気がつき、私は青くなってベッドを飛びだした。自殺してしまうのではないか? そんな恐怖を感じながらリビングに行くと、コーヒーの良い匂いが漂ってきた。どうして? と思う間もなく、
『雅治さん、おはようございます。朝ご飯出来てますよ』
と、にこやかに言ってくるみゆき。私は、一瞬固まってしまった。みゆきは、凄くにこやかで上機嫌な感じだ。まるで、昨日の事なんてなかったように、いつも通りのみゆきだ。でも、顔の青あざや、唇の端のかさぶたが、昨日の悪夢が現実だったと伝えてくる。

私は、大丈夫? とか、警察に行こうか? などという言葉が喉まで出かかるが、あまりにみゆきが普通の態度をし続けるので、言葉が出せなかった。

『今日は帰り遅くなる?』
みゆきが少し心配そうに聞いてくる。
「いや、とくに何もないから、6時過ぎには帰るよ」
『じゃあ、夕ご飯食べに行く?』
みゆきは、本当にいつも通りだ。でも、そんな顔のみゆきを外に連れ出すのは良くないと思った。
「いや、たまには寿司でも買って帰るよ。金曜の夜だし、どこも混んでるでしょ?」
『本当!? じゃあ、上寿司でお願いします』
嬉しそうに言うみゆき。私は、怖くなってしまった。みゆきが壊れてしまった? それとも、私が壊れてしまって、実際には有りもしないみゆきがレイプされたという記憶が生まれてしまったのだろうか? でも、私の手首には、はっきりと縛られた痕が残っている……。

そして、私は会社に出かけた。家を出ると、後ろでドアの鍵がガチャリとかかる音がした。いつもは鍵を閉めないみゆき……。やっぱり、昨日のアレは現実だったんだと確信した。そして、鍵をかけたと言う事は、みゆきも壊れてはいないはずだ。みゆきは、すべてをわかった上で、何もなかった事にしようとアピールしているのだと思った。

私は、自分の無力さに今さら涙が出てきた。私は、みゆきが廻されていいるのに、結局何も出来なかった。それどころか、勃起すらしてしまった。そんな私を、あの時みゆきは冷たい目で見ていた……。

私は、結局いつも通り過ごした。会社に行き、仕事をし、同僚と談笑したりした。でも、心に穴が空いてしまったように、気力が湧いてこなかった。

私は、病院に行った方が良いのではないかと思った。避妊もしていなかったし、かなり無茶な事をされた。性病も怖い。でも、それを言い出す勇気があるか、自信がなかった。

私は、駅ビルで寿司を買うと、重い足取りで家路についた。そして、ドアにキーを刺し、鍵を開けて家に入る。
「ただいま〜」
努めて明るい口調で言った私だが、みゆきの声がしなかった。私は、嫌な予感で鼓動が早くなった。まさか、自殺? 大慌てでリビングに入ると、そこには金髪とオマサオがいた……。
「お帰り〜。アレ? 寿司じゃん。ちょうど腹減ってたんだよな。気が利くねぇw」
そう言って、笑いかけてくる金髪。彼は、ソファに座ってみゆきのアナルを犯していた……。みゆきは、ツインテールにさせられて、ブレザーの女子校生の制服を着せられていた。スカートは穿いておらず、金髪の極太がアナルにはまり込んでいるのが丸見えになっていた。

みゆきは、私が入ってきた事に気がつかないような感じで、無心に腰を上下に動かしていた。
「よし、声出して良いぞw」
金髪がそう言うと、
『イグイグぅっ! ケツマンコでイグぅっ!!』
と、みゆきがとろけきった顔で叫んだ。そして、ガクガクッと身体を震わせる。みゆきは、それでも腰の動きを止めない。
『んおおぉっ! またイグッ! ううぉおお゛お゛お゛ぉっ!』
みゆきは、獣みたいにあえぎながら、腰を大きく振り続ける。

「どうした? 早く寿司用意しろって。テーブルに並べて、お茶も入れろよ。お吸い物も忘れるなよw」
と、金髪はニヤけながら言う。そしてマサオも、ガラス玉のような感情のない目で、じっと私を見つめていた。私は、一気に脚が震えだした。昨日とは違い、私は縛られていない。声も出せるし、身体も自由に動かせる。でも、私は言われたとおりに寿司の準備を始めた。

震える手で寿司の準備をする私。その後ろでは、みゆきが見た事もないほどの激しいイキ方でイキまくっている。私は、ひと言もしゃべる事が出来ないまま、寿司の準備を終えた……。

「お、良い匂いだな。よし、出すぞ。オラ、くわえろ!」
金髪がそう言うと、みゆきは慌ててペニスをアナルから抜き、ひざまずいて金髪のものを口に含んだ。アナルに入っていたものを、躊躇なくくわえたみゆき。男はすぐにみゆきの口の中に射精した。

「まだ飲むなよ。ちょっと待ってろ」
金髪はそう言って、食卓に歩み寄る。そして、寿司桶の中から玉子を掴む。

「よ〜し。ここに出してみろ」
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


[ 2016/04/08 17:24 ] 新婚1年目、帰宅すると嫁が廻されてた | TB(-) | CM(-)

社内恋愛で結婚して新婚1年目、帰宅すると嫁が金髪に廻されてた2

前回の話

ベール越しに見えるみゆきの顔。私のことを潤んだ目で見つめている。メガネも外して、コンタクトレンズを入れているみゆき。そして、メイクもプロにしてもらっているからか、いつも以上に美しく見える。
普段会社では、みゆきはメイクも薄く、野暮ったいメガネをかけているので、まったく印象が違って見える。
式が始まって、そこかしこで、”あんなに綺麗だったっけ?”、”気がつかなかった”、”うっそ、ヤバい”等々、驚きの声を聞いた。

私みたいなパッとしない男に、もったいないくらいの可愛い嫁だと思う。そして、ベールを上げて誓いのキスをする。その時、みゆきの目から涙が一筋こぼれた。本当に嬉しそうな顔で泣いているみゆき。私は、一生大切にしようと思った。

そして、急にベッドに裸のみゆきがいた。結婚式から急に? と思いながらも、あぁ、夢を見ているのか、と理解した。

みゆきは、恥ずかしそうに私のことを見つめている。間接照明だけで薄暗く、そこまではっきりと顔も身体も見えないが、不安そうな感じなのはわかる。そして、思いのほか大きな胸に驚く私がいた。

私は、みゆきの頭を撫でながら、優しくキスをした。ギュッと身体に力が入るみゆき。そのまま、思い切って舌を差し込んだ。結婚式をした今日まで、清い関係ではあったが、キスは何回かしていた。でも、舌を差し込むキスは初めてだった。みゆきは、ギュッと私に抱きつき、身体を固くしている。そのまましばらくディープキスを続けた後、みゆきはすっかりと興奮した顔で、
『キスって、凄いんだね……。雅治さんのこと、もっと好きになった♡』
と、可愛らしく言う。そして、みゆきの方からキスをしてきた。小さな舌が私の口の中に入ってきて、ぎこちなく動き回る。そのぎこちなさが嬉しかった。私としかキスをしたことのないみゆき……。一生私しか知らずにいてくれるはずだ。

すると、白いもやがかかったみたいにみゆきの姿が消えていく。いつの間に寝てしまったのか、私はボーッとする頭で考えていた。でも、考えるよりも先に、金髪とキスをしているみゆきの顔が目に飛び込んできた。私の目の前で、顔を後ろに向けて金髪とキスをしているみゆき。表情はよく見えないが、絡み合う舌が見えた。
みゆきは、立ちバックの姿で金髪に貫かれている。そして、みゆきの両手は、私の左右の肩に乗せられていて、ギュッと掴んでいる感じだ。私の肩を支えに、立ちバックで犯されながらキスをするみゆき。
幸せな夢を見ていた直後だけに、とても現実とは思えない。まだ、夢の中にいるような気持ちだ。

すると、金髪が私に気がつき、キスをやめて、
「お、旦那さん、おはよ。借りてるぜw」
と、にやけた顔で言った。すると、慌ててみゆきが私の方を向き、
『ダ、ダメぇ、見ないで、うぅっ! んっーっ!』
と、泣き顔で叫ぶ。みゆきの可愛らしい顔は、目の周りに青あざが出来ていて、唇の端が少し切れてしまって赤く腫れ上がっている。典型的な、殴られた顔だ。

「いいタイミングだな! みゆきちゃん、ちょうどイクところだぜw 見ててやれよ!」
金髪がニヤけた顔で言う。肩や胸にあるタトゥー、耳のピアスと金の太いネックレス。どこから見ても、チンピラというかDQNだ。

『やめてぇ! もう、あぁっ! 雅治さん、見ないでっ! うぅっ! あぁっ! あーっ! イヤぁぁっ!!』
みゆきは、泣いて謝りながら、私の肩を握りつぶすくらいに強く握りながら、身体をガクガクッと震わせた。そして、スコンと腰でも抜けたように、床に座り込むみゆき。
目の前に、男のペニスが見える。それは、天井を向くくらいに反り返っていて、ヘソに当っているような感じだ。ヘソまで届くことにも驚くが、その異様な太さにも驚かされる。
でも、なによりショックなのは、そのペニスが真っ白になっていることだった。これが噂に聞く本気汁? と思うと、私はみゆきが犯されているのに感じてしまっているのかな? と、疑いの気持ちを持ってしまった。

すると、男は床に這いつくばる嫁を蹴り上げる。思いきりではないが、みゆきがうめき声をあげるほどの強さだ。
「ほら、どうするんだっけ? 寝てんじぇねーよ」
金髪が冷たく言うと、
『ごめんなさいっ! ひどい事しないでぇっ!』
と、みゆきは怯えた顔で言い、すぐに金髪のペニスを舐め始めた。丹念に、ペニスの全周を舐めていくみゆき。
「汚したら、お掃除するのが主婦の常識だろ? なぁ、旦那さんもそう思うだろ?」
と、笑いながら聞いてくる金髪。私は、猿ぐつわで声も出せず、男をにらみつけていた。すると、嫁の顔を拳で殴る金髪。さほど力はこもっていないが、女性を拳で殴るなんて、とても信じられない。
『きゃぁっ! イヤァ、ぶたないでッ! 許して下さいぃ……』
泣きながら言うみゆき。
「そんな目で見てんじゃねーよ。顔面崩壊させっぞ。あの女子プロレスラーみたいによw」
と、楽しそうに言う金髪。私も、ネットのニュースで女子プロレスラーの顔面崩壊の画像は見た。美貌に嫉妬した、美に恵まれない対戦相手が、拳で美人レスラーの顔面をボコボコにした事件だ。見ていて目を覆いたくなるほどの顔面崩壊だった。みゆきをあんな風にされてしまったら……と思ったら、私の中の反抗心や怒りは全て消えて、怖れだけになった。

「そうそう。最初からそうしてろってw 抵抗しなけりゃ、みゆきちゃんも気持ち良いし、あんたもみゆきちゃんのイキまくる姿が見れるんだから、winwinじゃねーかよw」
楽しそうに笑いながら言う金髪。でも、それよりも怖かったのは、金髪の言葉にまったく表情も変えず、撮影をし続けるオタクっぽい男性の存在だった。まったく無感情に、撮影を続ける男。二人の関係もよくわからない。二人は、まったくキャラクターが違う。

すると金髪は、みゆきを立たせて、また立ちバックでハメた。もちろん、避妊具などつけてくれるはずもない。私が、一回も入れたことのない生の膣……。何回汚されてしまったのだろう?

『うぅっ、イヤァ、抜いて下さい……』
苦しげにうめくみゆき。でも、痛そうな感じも、不快そうな感じもない……。

「ここはそう言ってないぜ。キュンキュン締め付けて来てんぞw」
『そ、そんなことない……違うの……雅治さん、違うのぉ!』
金髪にハメられたまま、私の顔を見て言うみゆき。でも、金髪の言うとおり、みゆきの顔に快感の影が見えている。

「よし、自分で動いてみろ。旦那に、上手になったところ見せてやれよw」
金髪は自分では一切動かず、みゆきに命令をする。すると、みゆきは怯えた顔ですぐに腰を動かし始めた。立ちバックで繋がったまま、みゆきが腰を前後に動かす。ぎこちないという感じではなく、スムーズな動きだ。私は、どれくらいの時間、気を失っていたのだろう? 30分? 1時間? それとももっとなのだろうか。みゆきは、すっかりと上手に腰を振れるようになっていた……。

『い、いや、ダメ、あぁ、んっ、んっ!』
みゆきは、床を見たままうめき声をあげ続ける。すると、金髪がみゆきの髪を掴み、顔を強引に上げさせる。
『イヤぁぁっ! み、見ちゃだめっ! 見ないで……お願いぃ……うぅっ! うっ! あっ! あぁっ! イヤぁぁーっ!』
みゆきは、そんなひどいことをされながらも、腰の動きを止めない。恐怖に支配されているのか、それとも、快感に支配されているのか……。私は、そんなことを考えてしまっている自分に驚いていた。

「見ないでぇ〜w って、よく言うぜ。さっき、寝てる旦那の前でイキまくってたろw」
『ち、違うっ! そんなの、あぁっんっ、違うのぉ、雅治さん、うぅあっ!』
強引に顔を上げさせられたまま、みゆきは叫び続ける。もう、その顔には、はっきりと快感を感じているのが見て取れる。

「ほら、自分で腰振りながらイッてみろよw 雅治さぁ〜ん、ごめんなさぁ〜いって言いながら、イケよw」
『イヤぁぁーっ! そんなの、い、言えない、言えないですっ! うぅっ! あっ! あーっ!』
みゆきは、そんなことを言いながらも腰の動きがどんどん速くなっていく。私は、自分の目を疑った。犯されているのに、感じてしまい、腰を狂ったように振るみゆき……。

「うぉ、すっげぇ締まってきたぞw ヤベ、イクわw」
『うぅあぁぁっ! ダメっっ! 中は、あぁっ! こ、こんな……あっぁっ! どうして、あぁっ! あっ! あーっ!!』
みゆきは、すっかりととろけてしまった顔で私を見つめながら、腰を強く振る。ビタン、ビタンという音がするくらいに、お尻を金髪にぶつけている。

「おぉ、スゲぇ、イクぞ、孕めよw 強い子産んでくれぇ〜w」
金髪はそう言うと、みゆきの腰をガシッと掴み、思いきり引きつけて身体を震わせた。
みゆきは、極太を奥まで突っ込まれ、そのまま中に出されてしまった。電気ショックを受けたように体をビクンと跳ねさせ、のけ反りながら、
『うぅあぁぁぁっっ!! イックゥッ!! うぅぅーーっ!!』
と叫ぶみゆき……。

「おぉスゲぇ。うねって搾り取ってんじゃんw くっそ淫乱だなw」
『うぅあぁ、ゴ、ゴメンなさいぃ……雅治さん、ゴメン……なさい……』
と、震える声で言うみゆき。その顔には、申し訳ないという感じはなく、ただ牝犬のようにとろけた表情が浮かんでいた。金髪は、思いきり押し込んだままみゆきの腰を固定している。そして、微妙な動きで腰を回している。
『ひぃぃっ、あぁ、ダメぇ、う、動かないで、あぁっ! ダメぇ、止めてぇ……下さいぃ、うぅっ! あぁっ! あっ!』
男の微妙な動きに、激しく反応するみゆき。時折、身体がビクンと脈打つように動く。

「ヤベえなw 子宮に入っちまいそうだぜw」
男はみゆきの腰をガシッとホールドして離さない。そして、腰を回しながら、時折突くような動きも始めた。
『うっ、うぅっ! ううアァッ! ダメぇ、もう……あぁっ! み、見ないで……。雅治さん、見ないで下さいぃ……もう、ああっ! ダ、メェ……んっくっ! ふぅ、ふぅあぁっ!』
みゆきは、私のことをとろけた顔で見つめながら、何度も謝ってくる。私は、みゆきがイキそうなのを理解した。

「スゲぇな、子宮口開いてきてるのわかるぜw 入っちまうぞw」
金髪は、微妙な動きを繰り返しながらそんなことを言う。子宮にペニスが入るなんて、絶対にないとわかっていても、本当かもしれないと思ってしまう。それくらい、今のみゆきはとろけさせられてしまっている。

『うぅっ! うぅーーっ! ダ、メ……イクっ! イクっ! うぅあぁあぁっ!!』
みゆきは一際大きく叫ぶと、全身を痙攣させながら果てた……。
「あ〜あ、イッちまったw 旦那の目の前で、よくイケるよなw みゆきちゃんって、見た目と違ってビッチなのかな?w」
金髪は笑いながら言う。でも、ガッチリとホールドしたみゆきの腰は離そうとしない。

『ゴ、ゴメンなさ、いぃ……雅治さん、ゴメンね、許して……』
みゆきは、ひどい顔で謝ってくる。反省している顔ではなく、発情した牝の顔で……。すると、男が力強いピストンを始めた。
『うぅぐっ! うアァッ! ダメっ! 死ぬっ! 死んじゃうぅっ! 止めてっ! あがぁぁぁっ! イヤぁぁぁっ!!』
みゆきは、私の顔を見つめたまま絶叫する。痛みや苦しさではなく、大きすぎる快感で絶叫するみゆき。私は、気持ち良すぎて絶叫することがあるなんて、想像もしていなかった。

「オラッ! イケっ! 牝豚!」
金髪は、みゆきのお尻をバチンと叩いた。
『ひっぐぅっ、あぁぁああぁっ! あっ! あーっ! ダメぇっ! ゴメンなさいぃっ! イクっ! イクっ! おぉおおぉおおぉッ!!』
みゆきは、もう体を支えきれず、私に抱きつくような格好になりながら叫ぶ。金髪のピストンの振動が、ダイレクトに伝わってくる。そして、みゆきが私に抱きついた分、前屈みになったので、男のペニスがみゆきの膣に出入るするのが背中越しにはっきりと見えてしまう。

私では絶対にする事の出来ないロングストロークで、みゆきのまだ経験の少ない膣を責め抜いていく。すると、男はバックでガンガン突きながら、みゆきの頬をビンタした。
『ひぃっあっ! うぅっ! イクっ! くぅっ! うぅあああっ!』
「殴られながらイクなよw 牝豚!」
そう言って、さらにみゆきの頬を張る男。バチンと強い音が響き、みゆきの腕にギュッと力が入る。私にしがみつきながら、身体をガクガクッと震わせるみゆき。

『イクっ! もうイヤぁぁっ! イキたくないぃっ! 死んじゃうっ! んおおぉっ! おぉおおおっ♡ イクっ! イクイクイクっ!!』
みゆきは、絶叫しながら何度もイク。私とのセックスで、やっと中イキ出来るようになったと思っていた。でも、今のみゆきのイキ方から考えると、イッたと思いこんでいただけだとわかった。私は、みゆきをイカせたつもりになって浮かれていただけだとわかった……。

すると、男は腰の動きを止めるどころか、ロングストロークをやめて、短く速いピストンに切り替えた。残像が残りそうなほど速い腰の動きに、みゆきは泣き叫ぶようにイキまくる。そして、ビチャビチャビチャっ!と、水音が響き始めた。そして同時に広がるアンモニア臭。

「くっせ〜。お漏らしすんなよw」
金髪はふざけたような言い方で言った後、みゆきの尻を叩く。パチンと乾いた音が響く。それでも、みゆきのお漏らしは止らない。
『見ないで……。見ないで……。雅治さん、ゴメンなさい、もう、私、あぁぁっ、止らないよぉ……見ないでぇ……』
泣きながらお漏らしを続けるみゆき。もう、止めようにも力が入らないのだと思う。

金髪は、イキなりペニスを抜く。すると、みゆきは腰が抜けたように床にへたり込み、女の子座りになった。
「見てみろよw 旦那、勃起してんぞw みゆきちゃんがやられちゃってんのに、ヒデーなw」
金髪にそう言われて、私は慌てて内股にしようとした。でも、縛られていて身動きが出来ない。確かに、私のペニスは勃起していた。自分でも驚くし、最低だと思う。みゆきは、目を見開いて私のペニスが勃起しているのを見ていた。

金髪は、私のズボンのファスナーを降ろし始めた。そして、抵抗の出来ない私のペニスを、ファスナーから剥き出しにした。
「ちっちゃいなw 我慢汁でドロドロだぜw」
金髪はバカにしたように言う。私は、猛烈な恥ずかしさと、みゆきへの申し訳なさで死にそうに辛かった。

『雅治さん……。どうして……』
みゆきは、泣きそうな顔で私のペニスを見つめている。生理反応だと言っても、きっと理解してもらえないと思う。私は、決定的にみゆきの信頼を失った気がした。

「口でしてやれよ。みゆきちゃんばっかりイッて、ズルいって顔で見てたぜw」
金髪が心底楽しそうに言う。みゆきは、私の顔を見た。一瞬、軽蔑するような目になった気がした。
みゆきはすぐに私のペニスをくわえた。なんの躊躇もなく、私のペニスをくわえたみゆき。初めて口でしてもらったが、まさかこんなシチュエーションで初体験をするとは思っていなかった。

すると、みゆきはすぐに私のペニスを吸い始めた。そして、カリ首のところを舌で重点的に舐め回す。ビックリするくらいの快感が私を襲う。同時に、みゆきのあまりのフェラチオの上手さに驚いていた。私が気絶している間に、殴られながら仕込まれた……。そう思うと、気絶なんかして逃げてしまったことが申し訳なくなる。

「オラ、ちゃんと教えたようにやれって」
金髪がみゆきに冷たく指示する。すると、みゆきは私のペニスをフェラチオしながら、自分の股間をまさぐり始めた。みゆきは、私と付き合う前は、ほとんど毎日オナニーをしていたという。でも、当然そんな姿は見たことがなかった。

みゆきは、慣れた動きで自分の股間をまさぐりながら、熱心に私のペニスを口でしてくれる。私は、こんな状況なのに、あまりの興奮にもう限界だった。
でも、イキそうだと伝えることも出来ず、私は猿ぐつわの中でうめき続けていた。そして、みゆきの口の中で、あっけなく射精してしまった。それは、信じられないことに、今までのどの射精よりも気持ち良かった。腰が抜けるような快感に包まれながら、私は大量の精液をみゆきの口の中に注ぎ込んでしまった。

そして、みゆきは私から離れる。口を閉じたまま私を見つめるみゆき。感情が読み取れない顔になっている。

「飲むなよ。飲んで良いのは俺のだけだぞ」
金髪が指示すると、みゆきは口の中の精液を、おしっこでビチャビチャになっている床に吐き出した。驚くほど大量の精液が、みゆきの口から流れ出る。それは、清楚で真面目なみゆきがしているとは思えないほど淫靡な光景だった。

「よし立ってみろ」
金髪が指示をすると、みゆきはすぐに立ち上がる。命令に遅れると、殴られるという恐怖に支配されているようだ。
「よし、少し足広げて見ろ」
金髪に指示された通り、私の目の前で少し足を広げて立つみゆき。私と目をあわせようとしない。

「よし、力んで出してみろ」
『は、はい……んっ……』
そう言って、力を込め始めたみゆき。すると、みゆきの膣口から、ドロッと精液が流れ出す。そして、そのまま床に液だまりを作っていく。
「あ〜あ、こんなに入ってたのかよ。妊娠確定だなw 旦那さん、名前考えときなw 女の子だったら、処女もらってやるよw」
ゲスな事を言いながら、心底楽しそうな金髪。

「よし、出たヤツ飲め」
金髪が命令をする。するとみゆきは、すぐに床に這いつくばり、自分の膣からあふれ出た精液をすすり始めた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


[ 2016/03/22 15:58 ] 新婚1年目、帰宅すると嫁が廻されてた | TB(-) | CM(-)

社内恋愛で結婚して新婚1年目、帰宅すると嫁が金髪に廻されてた

嫁のみゆきとは、今日で結婚1年経った。あっという間の1年で、つい昨日のような感じもする。
みゆきとは、職場で知り合った。私が3年ほど働いていた会社に、大学を卒業したばかりの嫁が入ってきた。少し地味だけど、可愛らしい子が入ってきたなと思ったのを良く覚えている。

そして、立場上、彼女に色々と教える立場だった私は、次第に彼女に慕われるようになっていった。お互いに一人暮らしで、しかも同じ京王線沿線に住んでいるという事もあり、週に1回2回は夕食を一緒に食べるようになっていった。

みゆきは、長野のけっこう田舎出身で、大学の4年間でもそれほど東京に染まらなかったようで、よく言えば清楚な感じ、ぶっちゃけると、垢抜けない田舎娘という感じだった。
身長は160cm、体重はたぶん50kg前後だと思う。取り立てて特徴があるわけではない。そして、顔は地味な感じがするが、それは単に髪型がイケていないのと、野暮ったいメガネをかけているからだ。
でも、会社で接する機会が多かった私は、実はみゆきが可愛らしい顔をしている事に気がついていた。それは、今思えばラッキーだったのだと思う。会社の他の男達が、みゆきの事を狙ったりする事がなかったからだ。

『高橋さんは、気になってる人いないんですか?』
会社帰りに、みゆきと二人で食事をしていると、そんな質問をしてきた。その時は、まだみゆきの事をそういう目で見ていなかったし、他に気になる女性もいなかったので、素直にいないと答えた。
『そうなんですね。高橋さんって、けっこう人気あるんですよ』
「え? 人気って?」
『会社の女の子達の間でですよ。みんな、結婚するなら高橋さんが良いって言ってますよ』
「マジで? からかってるでしょ。俺なんか、なんにも良いとこないじゃん」
『そんな事ないですよ。ほら、高橋さんって、真面目で浮気しなさそうって感じですから』
「浮気するほどモテないって話でしょ」
私は、褒められる事に慣れていないので、茶化すように言った。
『でも、私も高橋さんが上司で良かったなって思ってますよ。優しいし、変な事言わないですから』
確かに、会社の男達は、ちょっと下ネタに走りがちだ。

「みゆきさんはどうなの? 彼氏とかいないんでしょ? 気になるやつとかっていないの?」
私は、褒められてくすぐったいので、話を変えてみようと思ってそう聞いた。

『え? いますよ。ずっと片思いです』
みゆきは、少しおどけたような感じで言った。私は、それを聞いて少しがっかりしたのを覚えている。みゆきを彼女にしたいとか、そんな風には思っていなかったが、みゆきに好きな人がいると聞いて、なぜかがっかりした。

「へぇ、そうなんだ。会社の人?」
『はい。会社の人です』
「マジで? 俺も知ってるヤツ?」
『よく知ってる人です』
みゆきは、なぜか顔を真っ赤にしながら言った。
「そっかぁ、全然気がつかなかったよ。上手く行くと良いね」
『……聞かないんですか? 誰かって、気になりませんか?』
みゆきは、妙に深刻な顔で言った。
「え? それは気になるけど、聞いちゃダメかなぁって思って。言いたくないんだろうなって思ったから」
『本当に、優しいですね。そんな高橋さん、好きです』
みゆきは、凄く優しい顔で言った。
「あ、ありがとう。じゃあ、聞いても良いかな? 誰なの?」
『ふふ。やっぱり内緒です』
みゆきはイタズラっぽくそう言うと、話を変えてしまった。私は、鈍感すぎて、その時にはみゆきの気持ちに一切気がつかなかった。

そんな感じで、二人で過ごす事が増えていったが、そのうち私もみゆきに恋愛感情を持つようになっていた。でも、立場の事なんかを考えて、何も行動に移せなかった。パワハラやセクハラになってしまうのを恐れたのだと思う。

そんな私とは逆に、積極的に行動を取るようになったみゆき。映画に、友達と行く予定だったのにドタキャンされて、チケットがあるから一緒に行って下さいとか、父の日のプレゼントを買うのに、何がいいのかわからないから付き合って下さい、というような感じで、みゆき主導で休日にも会うようになっていった。

鈍感な私も、もしかしたらと思い始めていた。そして、私自身、気持ちが抑えきれなくなってきたので、浦安のテーマパークに私の方から誘った。
駅で待ち合わせ、電車で浦安に向かう間、いつもとは違って緊張気味だったみゆき。
『なんか、これってデートみたいですね』
と、恥ずかしそうに言ってきた。私は、
「デートのつもりなんだけど、ダメかな?」
と、ガチガチに緊張しながら答えた。
すると、一瞬キョトンとした顔になったみゆきだったが、すぐに私の腕に腕を絡ませてきて、
『ダメじゃないです』
と、恥ずかしそうに言ってくれた。そして、耳まで真っ赤になっていたみゆきは、最高の笑顔を見せてくれた。

テーマパークでは、それまでとは違い、思い切って手を握ってみたりした。みゆきは嫌がることなく、嬉しそうにニコニコとしてくれた。でも、しばらくすると、
『ちょっとごめんなさい』
と言って握った手を外し、ハンカチで手の平を拭い出したりした。
『男の人と手を繋いで歩くの初めてだから、手汗かいちゃった……。ごめんなさい』
と、焦ったようにハンカチで汗を拭くみゆきを見て、私は結婚したいと思った。

それからは、デートを重ねるようになり、職場の上司から恋人にランクアップし、お互いに結婚を意識するようになっていった。でも、今時信じられないと思われるが、結婚を意識するようになっても、肉体関係は結ばなかった。

デートを重ね、私が結婚を前提に付き合おうと言った後、やっとキスをした程度だ。たぶん、私の方から迫れば、すんなりとセックス出来たのだと思うが、みゆきの清楚な雰囲気と私の真面目すぎる性格がそれを遠のけていた気がする。

そして、1年前に結婚した。社内恋愛での結婚なので、多少色々あったが、大勢の人に祝福されて結婚する事が出来た。新婚初夜、私達にとっては本当の意味での初夜だったが、それは感動的なものだった。この日まで、みゆきの裸はおろか、下着姿すら見たことがなかったので、みゆきの裸を見たときは童貞の高校生だった頃のように興奮した。

シーツに付いた血を見て、
「痛くなかった? 大丈夫?」
と聞く私に、
『大丈夫。最初は体が裂けちゃうかと思ったけど、最後の方は気持ち良かった』
と、恥ずかしそうにみゆきは言った。それは、私に気を使って言ってくれているだけだと思ったのだが、実際に本当に気持ち良かったようで、この日からほとんど毎日のようにセックスをするようになった。顔を真っ赤にして、恥ずかしそうにエッチをしようと誘ってくるみゆきに、私は最高の嫁を手に入れたなと喜んでいた。

みゆきに、結婚後かなり経ってからカミングアウトされたのだけど、結婚前はほとんど毎日オナニーをしていたそうだ。真面目そうな女の子の方が、実はエッチだと言うが、その通りだったんだなと思った。

『雅治さんと初めて会社で会った日、お家に帰ってから雅治さんのこと考えて自分でしちゃったんだよ』
と、嬉しいことを言ってくれるみゆき。その言葉の通り、一目惚れでずっと私のことを好きでいてくれたそうだ。

そして、毎朝行ってらっしゃいのキス……ではなく、仲良く手を繋いで出勤するようになった。

みゆきとのセックスは、フェラチオもクンニもしない、ごくおとなしいセックスだったが、みゆきは本当に気持ちよさそうにしてくれて、最近やっと膣中でもイケるようになってきたみたいだった。
クリイキではなく、膣中でイケるようになると、みゆきはもっと積極的になっていった。

しばらくするとみゆきは、もともと、むっつりスケベみたいなところがあったからか、エッチな下着を着て私を興奮させるようになった。カップ部分がなくて、フレーム部分だけしかないブラを着て、おっぱい丸出しで誘ってきたり、スケスケのビスチェやネグリジェを着て誘ってきたりするようになった。

私は、まだ全然みゆきに飽きてもいないし、倦怠期の気配もないのに、そんな下着を着なくてもいいのにと思いながらも、やっぱりエッチな下着姿に凄く興奮したりした。

そんなエッチな下着を身につけて、私のものを口でしようとするみゆき。でも私は、
「いいよ、汚いし……。そんなことしなくても充分興奮してるから。もう我慢出来ないよ。入れるね」
と言って、口でしようとするみゆきをさえぎるように、彼女に覆いかぶさったりした。
『してあげたいのになぁ……。雅治さんのだったら、全然汚くないのに』
少し頬を膨らませて、すねたように言うみゆき。私は、本当に幸せだなと思っていた。

『じゃあ、先に帰って夕ご飯作っておくね!』
と、小声で言うみゆき。今日は、まだ私は仕事が終わりそうになかった。
「うん。なるべく早く帰るから、待ってて」
私も小さな声で言う。周りに気を使わなくても、夫婦なので別に問題はないのだが、何となく社内ではこんな感じになってしまう。でも、それもまたスパイスというか、二人の愛を増している気がする。

そして、みゆきは会社から出るとき、私の耳元で、
『デザートは私だからね。新しい下着も用意したから、いっぱい食べてね♡』
と、耳まで赤くしながら言って、出ていった。私は、夜のことを想像すると、勃起してしまいそうになり、慌てて他のことに意識を集中した。


そして、仕事を終えて自宅に帰ると、ドアに鍵がかかっていなかった。私は、鍵がかかっていると思って鍵を刺して廻したが、逆に鍵がかかってしまった。そそっかしいみゆきらしいなと思いながらも、物騒だなと思った。私達の家は、一軒家だ。と言っても、かなり古い一軒家で、駅からもちょっと遠い。そして、公園や水道局の設備の間という感じなので、人気が少ない感じだ。でも、そのかわりとても静かな環境で、今後の子育てにもいいなと思って、ここに決めた。賃料は、駅近のマンションを借りるよりは安かったので、色々な意味で良い物件だったなと思っていた。

「ただいま〜。また鍵かかってなかったよ。物騒だから——」
私の意識は、ここで途切れた。途切れる間際、バチバチッという、電気がスパークするような音が聞こえた気がした。

そして、私が目を覚ますと、複数の人の気配がした。なんだろうと思って顔を上げると、目の前で、みゆきがフェラチオをしていた。
みゆきは、初めて見るおっぱいが丸出しになったビスチェを着て、網タイツにガーターベルトという、エッチすぎる格好をしている。そして、そんな格好をしているみゆきが、膝立ちの状態で男のペニスを口に含んでいた……。あまりの事に、理解が追いつかない私は、言葉も身動きも出来なかった。

「オラ、もっと大きく開けろって! 歯が当たってんぞ。人妻のくせに下手すぎだろw」
そう言って、みゆきにペニスをくわえさせている男が腰を振っている。みゆきは、フェラチオをするというよりは、口をオナホのように使われている感じだ。そしてみゆきの目には涙があふれていて、鼻水まで垂れているような状況だった。みゆきは、泣きながら口を犯されている。嗚咽が響いている。

男は、茶髪というか、ほとんど金髪の若い男で、ひと言で言うとホストっぽい感じだ。そして、もう一人男がいる。そちらは、どちらかというとオタク系のメガネをかけた男で、ずっとカメラを廻して、二人の事を撮影しているようだ。

私は、やっと状況を理解した。みゆきがレイプされている! 慌てて立ち上がって、怒鳴りつけようとした。でも、私は椅子に縛り付けられていて、しかも口にも猿ぐつわのようなものをはめられていた。

すると、金髪が私の方を見て、
「お、起きたか。あんたさぁ、もっと嫁にフェラ仕込んどけよ。下手すぎるだろw こんなエロ下着着てるくせによw」
私は、大声を上げながらじたばたしていた。でも、声も猿ぐつわのせいで全然出せていない。
そして、みゆきは男のものをくわえさせられたまま、怯えたような顔で私を見ている。みゆきは、初めて男のものをくわえたはずだ。しかも、こんな形で……。気持ち悪くて怖くて仕方ないのだと思う。私は、生まれて初めて他人に殺意を覚えていた。

「でもよ、あそこはいい締まりしてたぜw 思わず中出ししちまったよw ほら、見て見ろよw」
そう言って金髪はみゆきの口からペニスを引き抜き、みゆきの身体の向きを変えようとする。
『雅治さん、助けてっ! イヤぁぁっ!』
と、大声で叫ぶみゆき。すると、金髪が躊躇なくみゆきの頬をビンタした。それは、フルスイングと言ってもいいくらいの勢いで、バチンという音と共に、みゆきは横に吹き飛んだ。そして、声を殺して泣きながら床を見つめて震えていた。よく見ると、みゆきの顔には青あざが出来ている。すでに何度も殴られたあとのようだ。

「だから、黙ってろって。どうせ誰も来ねーし、無駄だぞ。次はマジでグーでいくからな」
金髪はそう言って、握り拳をみゆきの顔の前に突き出す。
「ご、ごめんなさい……殴らないで……。もう、殴らないで……」
怯えきったみゆき……。私は、夢なら醒めろと念じ続けていた。

すると、床に崩れ落ちているみゆきの身体を持ち上げ、強引に四つん這いにさせる金髪。みゆきのあそこを強引に押し広げる。すると、みゆきのあそこがはっきりと見えてしまう。こんなに明るい状況で見たことなどないし、みゆきを四つん這いにさせたこともない。
「ホラ、超あふれてるだろ? 俺のつえーから、妊娠したかもなw」
金髪は楽しそうに言う。みゆきのあそこからは、男が言うとおり真っ白のドロッとしたものが大量にあふれて流れ出ている。

私は、思わず目を閉じてしまった。中に出されてしまった……。私が、生で入れたことすらないみゆきの膣中に、見たこともない男が、たっぷりと注ぎ込んでしまった……。とても見ていられなくて、固く目を閉じた私。

すると、またビンタしたような音と、みゆきの悲鳴が聞こえた。ビックリして目を開けると、
「おっさん! 目閉じたら、ビンタねw みゆきちゃん、ボコボコになっちゃうぜw」
金髪は、心底楽しそうだ。私は、信じられなかった。この状況もそうだが、女性を平気で殴れる男のメンタルに、心底ビックリしていた。

すると金髪は、ソファにドカッと座った。男はすでに全裸になっている。肩や胸のところに、小さなタトゥーが彫ってある。どこから見てもチンピラなのだが、私はビビってしまっていた。今まで生きてきた中で、このたぐいの人間とは一切交流したことがなかったので、心底怯えてしまっていた。でも、それはみゆきも同じはずだ。
怯えて絶望を感じているはずだ。でも、何一つ出来ない私……。

「よ〜し、じゃあ、さっきみたいに自分で入れろ。旦那が見てる前で、生チンポ入れちゃえよw」
金髪は、心の底から楽しそうだ。
『で、出来ない……です……』
怯えながらも、そんな風に言うみゆき。すると、男がいきなり私の方に歩み寄り、グーで殴ってきた。鼻の奥にツンとした鋭い痛みを感じた私……。生まれて初めて人に顔を殴られてしまった。金髪としては、軽く殴った程度なのかもしれないが、私は痛みとショックで涙が流れていた。

「みゆきちゃん、イヤって言ったら、旦那がボコられるだけだぞ〜」
ニヤけながら言う金髪。でも、さっきからこの金髪は、一切目が笑っていないことに気がついた。死んだサカナのような目で、無感情に見ている感じだ。
『ごめんなさいっ! します! 雅治さんのこと殴らないで! お願いします! お願いしますぅっ!』
泣きじゃくりながら言うみゆき。私は、鼻の痛みと、みゆきの泣き声で、気が狂いそうだった。

「じゃあ、とっとと入れろって」
男はそう言って、自分のペニスをジョイスティックのようにもてあそぶ。私は、男のペニスがやたらと大きいことに気がついた。細身でチャラい見た目とは裏腹に、男らしくて太い剛直が、天井を向くほどそそり立っているのがわかる。

『い、いま入れます……ごめんなさい』
みゆきは、必死で謝りながら、男のものを手に掴む。そして、そのままぎこちない動きで自分のあそこに持って行き、またがろうとする。みゆきは、男に背を向けたまま自分の膣中にその大きなペニスを収めようとあがく。
対面ではなく、背面座位というような格好でみゆきは入れようとするが、なかなか上手く出来ないようだ。私は、あんなに大きなモノを入れたら、みゆきが壊れてしまう……そんな恐怖で胸が張り裂けそうだった。

「まったくよ……オラ!」
そう言って、男が腰を突き出した。すると、あの大きなモノがみゆきの中にずっぽりと入ってしまった。
『んぐっ! うぅあぁ、イヤァ、み、見ないで……』
みゆきは、見ず知らずの男に貫かれたまま、私の方を見て泣きながら言う。

「目ぇ、閉じんなよ! またぶん殴るぞ」
金髪は、先回りしてそんなことを言う。私は、目を閉じることも出来ず、みゆきの姿を見続けた。

「あぁ、すっげぇ締まるし。みゆきちゃん、腰振ってくれよ。さっきみたいに、頑張って振れよw」
そう言って、手を頭の後ろで組み始めた金髪。凄くリラックスしている感じだ。

そして、オタクの方の男は、ひと言もしゃべらずに、カメラで結合部やみゆきの顔を映し続けている。もう、私はどうしていいのかわからなくなってしまった。

『うぅ……。見ないで……。ごめんなさい……』
みゆきは、泣きながら腰を上下に動かし始めた。ぎこちない動きで、男の上で腰を上下に動かすみゆき。レイプされているのに、美由紀がエッチな下着を穿いて上になって動いているので、合意のセックスのように見えてしまう。

私は、男の極太が出入りするのをただ見ていた。精液でグチョグチョになっているみゆきのあそこは、極太が出入りする度に、めくれ上がりそうになっている。

男は、頭の後ろで手を組んだまま、みゆきのぎこちない動きをニヤニヤしながら見ている。みゆきは、謝りながら、泣きながら腰を上下に動かし続ける。すると、男がおもむろにみゆきの乳首をつまんだ。
『んっ! ヤァァ……やめて、下さい……』
力なく言うみゆき。
「なんで? カチカチじゃん。気持ちいいんだろ? もっと気持ち良くしてやるよw」
男はそう言うと、みゆきの両乳首をつまんでもてあそび始めた。

『き、気持ち良くなんてない……。お願い、やめて下さい!』
みゆきがそう言った途端、男はギュッとみゆきの乳首をつまんだようで、みゆきの乳首が男の指の間で変形した。
『うぅっぐぅっ! ぅあぁ、やめてぇ、うぅ……』
みゆきは、うめくように言う。
「ほらほら、カチカチだし、中キュンキュン締まってくるぜw 感じてんだろw」
『ち、違う! 違うの! 雅治さん、違うのぉっ!』
みゆきは、必死で私に訴えかけてくる。

「違うのぉ〜〜w って、なにがだよw おっさん、俺のチンポ見てみろよ。本気汁べったりついてるだろw」
金髪は、心底楽しそうに私に言ってくる。
『見ちゃダメぇっ! 違うの、本当に違うのぉっ!』
みゆきは、ほとんど叫ぶように言う。私は、男の言うとおり、結合部を見た。そして、確かに男のペニスに、精液とは違う感じのドロッとした白いモノが付着しているのを確認した。

「なっ? だってよ、俺が押し売りに来たとき、みゆきちゃんこの下着着てオナニーの真っ最中だったんだぜw 淫乱すぎんだろw」
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


[ 2016/02/22 22:56 ] 新婚1年目、帰宅すると嫁が廻されてた | TB(-) | CM(-)
プロフィール

管理人:寝取られ好き
アブノーマルな体験談や、変態体験談を紹介します。このブログオリジナルの物です。

寝取られ電子書籍
強気な姉さん女房が寝取られ
カテゴリ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
892位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
27位
アクセスランキングを見る>>