アブノーマルな動画やマンガと体験談

アブノーマルなオリジナル体験談を紹介! アブノーマルな動画やマンガも紹介 スマホ用ページ最適化済み

姉と2人で対戦ゲームをして、パイズリしてもらうことになった結果 完(ブロマガ転載禁止)

姉は、今までに一度も見せたことのないような発情した牝のような顔をしている。それで、うわずったような声で、
『どうするの? やめるの?』
と、もう一度聞いてきた。僕は、イッたばかりなのに冷静になることもなく、むしろさっきよりも興奮していた。姉のイヤラシくて綺麗な裸に、口の端についたままのザーメン。見れば見るほど興奮してしまう。

「お、おっぱい触ってもいい?」
僕は、とっさにそんな事を言っていた。すると、姉は妖艶な笑みを見せ、
『好きにして良いよ。ホント、男はおっぱいが大好きなのね』
と、言った。僕は、すぐに姉のおっぱいに手を伸ばして揉み始めた。さっきのパイズリでわかっていたけど、柔らかくて大きい。でも、芯があるというか、張りのある感じもする。

僕は、今まで経験したことのない感触に夢中になっていた。すると、姉が僕のチンポを触ってきた。指先で絡めるような、微妙な触り方で触ってくる姉。カリ首回りを触られると、本当に気持ちいい。
『固いままじゃん。若いねぇ〜』
姉は感心したように言う。僕は、姉に手で責められながらも、夢中で姉のおっぱいを揉み続けた。
『ねぇ、おっぱいにも固いところがあるんだよ。そこも触ってくれるかな?』
姉は、少し興奮した顔で言う。僕は、すぐに姉の乳首を触り始めた。姉の乳首は本当に固くなっていて、勃起したチンポのような手触りだ。僕は、それを指でつまむようにして触り続ける。
『あん。気持ち良くなっちゃう。どう? どんな感じ?』
姉は、僕のチンポを触り続けながら言う。僕は、
「なんか、すごく固くなってる。興奮してるの?」
と、質問した。
『そりゃね。こんなぶっといの触ってたら、興奮するに決まってるじゃん』
姉は、妖しい目つきで言う。僕は、ドキドキしてしまった。まさか、姉とセックスまでは出来ない……と思う。でも、ここまでしてしまったら、もう今さらという感じもする。
「ねーちゃん、舐めてもいい?」
僕は、欲望に忠実にそんな事を言った。
『良いよ。好きにして良いよ』
姉は、そんな風に言った。僕は、すぐに姉の乳首にむしゃぶりついた。舌で舐め、唇で挟んだりしながら、夢中で責め続けた。
『んっ、ン、上手じゃん。エッチな舐め方……。もっと強く舐めて……んっ、フゥ、そう、軽く噛んでみて……うぅっ、あっ、上手、あぁっ、もっと強く嚙んで……うぅああっ、そう、あぁ、気持ち良いっ』
姉は、僕の愛撫に気持ちよさそうな声を漏らしていく。いつも一緒にいる姉が、そんな声を漏らしているのがすごく違和感がある。

「気持ち良いの?」
僕は、見ればわかるような質問をしてしまう。僕なんかの拙い愛撫で、感じるはずがないという思いがあるからだと思う。
『気持ち良いわよ。ひろゆきに感じさせられちゃうなんて、なんだか変な感じだよ』
姉はそんな事を言う。確かに、それはそうだと思う。僕も同じ気持ちだ。
「ねぇ、アソコ見せてよ」
僕は、思い切ってそんな事を言った。
『良いよ。……ほら、どう? 見える? グロいでしょ』
ソファに座って脚を広げている姉。アソコは丸見えだ。でも、全然グロいとは思わない。ビラビラもほぼピンク色だし、ビラビラ自体がすごく小さい。それよりも、姉のアソコが猛烈に濡れていることの方が気になった。アソコの周辺はテカテカに光っているけど、太ももの内側までテカっている。
僕が、グロくないけどすごく濡れてると指摘すると、
『そりゃね。こんなに大っきなおちんちん、入れたらどうなるのかなぁって想像したら、うずいちゃうよ』
と、姉は少し恥ずかしそうに言う。僕は、姉が僕とのセックスを想像していると思うと、ドキドキしてしまった。絶対にダメなことのはずなのに、僕も想像してしまう。

すると、姉は自分でビラビラを拡げ始めた。
『見える? これが膣口だよ。ここにおちんちん突っ込むんだよ』
姉は、そんな卑猥な解説をしてくる。僕が、生唾を飲み込みながら見えると答えると、さらに指でクリトリスの皮を剥き始めた。
『これがクリちゃんだよ。ここも、興奮すると大きくなるんだよ』
姉は、そんな説明をしてくれる。僕は、思わず姉のアソコにむしゃぶりついていた。
『あっ、ダ、ダメだって、きたいなよ、うぅ、あっ、ダメぇ、うぅあっ』
姉は、慌てて僕の頭を押しのけようとする。でも、僕は初めて舐めるアソコの感覚に、興奮して夢中になっていた。
「ねーちゃんの、汚いはずないじゃん」
さっき言われたようなことを言ってみた。
『もう……。じゃあ、もっと優しく舐めて』
姉は、甘えた声でそんな事を言った。僕は、姉のクリトリスを夢中で舐めた。グミのような、独特の柔らかさと固さがある。そこを舐めるたび、姉の口から可愛らしい声が漏れる。そして、時折ポイントに舌が当たるのか、ビクッと身体を震わせたりする。
僕は、自分の責めで姉が感じているのが嬉しかった。

『あっ、あっ、あんっ、気持ち良い。上手だよ、うぅあっ、もっと、もっと強くぅ』
姉は、どんどん声がとろけていく。本当に気持ちよさそうだ。僕は、乳首と同じように、姉のクリトリスを歯で軽く噛んでみた。
『うぁあっ! そ、それすごいぃ、もっとっ! もっと強くていいよ、うぁあっ! 気持ち良いっ! あっ、あんっ、すごいの、あぁっ!』
姉は、のけ反り気味の格好になっていく。そして、腰は微妙に浮いてきている。

そして、姉のあえぎ声を聞きながら、夢中でクリトリスを舐め続けた。すると、姉のつま先がギュッと内側に曲げられ始めた。僕は、もしかしてイクのかな? と、思い、姉のクリトリスをかなり強めに噛んだ。
『ングゥッ、あぁっ、イクッ! イクッ! イクぅっ!!』
姉はクリトリスを嚙まれると、完全に腰を浮かせてガクガクッと震えた。そして、ほんの少しだけど、アソコからピュッと透明の液体を吹き出した。それは、僕の口の周りに直撃し、口の中に入ってきた。ほとんど味も臭いもせず、熱いという感じだ。

「……イッたの?」
僕が質問すると、
『……イッちゃったよ。ひろゆきにイカされちゃうんなんて、変な感じ。どうする? もうやめとく?』
姉は、ちょっと真剣な口調で言う。さすがに、罪悪感を感じているみたいだ。でも、僕はこの状態で引っ込みがつくわけもない。
「続けたい。ねぇ……。入れてみたい」
僕は、素直に気持ちを話した。姉弟でヤバいとはわかっていても、この状況であきらめなんてつくはずがない。

『……いいの? 私が初めてで、本当に良いの?』
姉は、真っ直ぐに僕を見つめながら聞く。僕は、素直にお願いしますと言った。
『じゃあ、ちょっと待ってて』
姉はそう言うと、裸のままリビングを出た。そして、すぐに戻ってきたが、手にはコンドームを持っていた。
「そんなの持ってるんだ」
僕がそんな風に言うと、
『今どき普通だよ。だって、赤ちゃん出来たら大変じゃん』
と、姉は涼しい顔で答える。姉は、けっこう経験が豊富みたいだけど、その辺はしっかりしているみたいだ。

『つけてあげようか? つけたことないでしょ?』
姉は、好奇心いっぱいの顔で聞いてくる。僕は、素直にないと答えた。でも、それくらいは自分でやりたいと思っていたので、自分でつけると言ったが、
『私も試したいことあるんだ。ちょっとやらせてよ』
姉はそんな風に言うと、コンドームのパッケージを破り始めた。独特の匂いが広がり、僕はさらにドキドキが増す。
『やってみたかったんだ』
姉はそんな風に言うと、取り出したコンドームを口に含んだ。そして、そのまま僕のチンポをくわえていく。すぐにコンドームが亀頭にかぶさってきて、そのままクルクルと転がっていく。こんな風に口でコンドームをつけてもらうなんて、一生ない事だと思っていた。すると、竿の半分程までコンドームが行ったところで、絡まったみたいになってしまった。
『意外に難しいね。アンタのが太すぎるんだよ』
姉は、少し責めるように言う。僕は、思わず謝ってしまった。
『ふふ。謝らなくていいよ。じゃあ、手でやるね』
姉は、優しい笑みを浮かべて言ってくれる。すぐに絡まったコンドームを指でほぐし、根元まで装着していく。初めてコンドームを装着したけど、こんなにキツいとは思わなかった。

『キツキツな感じだね。サイズが合ってないね』
姉は、あきれたように言う。
「サイズなんてあるの?」
僕は、コンドームなんてワンサイズだと思っていたので驚いてしまった。
『あるよ。でも、普通はこれでOKなんだけどね。アンタのがデカ過ぎるんだって』
姉にそんな風に言われて、また謝ってしまった。
『どうする? 自分で入れる? 私が上になる?』
姉は、そんな選択肢を迫る。でも、少し緊張している感じが伝わってくる。

「う、上になってもらって良い? 自信ないし……」
僕は、緊張しながら答えた。
『わかったよ。じゃあ、ひろゆきの童貞、もらっちゃうね〜』
姉は、上機嫌だ。そして、
『じゃあ、ベッドに行こうか。こんなとこじゃ、雰囲気出ないしね』
と言って、姉は僕の腕を掴んで引っ張る。そして、二人とも裸のまま姉の部屋に移動した。電気をつけていない状態なのでかなり薄ぐらいが、表情もわかる程度には見える。姉は、ベッドに僕を寝かせると、そのまままたがってきた。
『緊張してる? じゃあ、行くよ』
姉はそう言って、僕のチンポを掴んだ。そして、自分のアソコにあてがっていく。僕は、良いのかな? と思いながらも、興奮で息が苦しくなるくらいだ。

『うぅ、太いね、あぁ、拡がっちゃう……』
姉は、声を漏らす。もう、僕の亀頭部分は姉の膣中に入ってしまっている。姉は、そのままさらに腰を落としていく。
『あぁ、太いよ、ヤバいかも……あぁ、ゴリゴリ来てるよ』
姉は、声をうわずらせて言う。僕は、包み込まれている感触に、思わずうめいた。柔らかくて熱い肉に包み込まれ、締めつけられている感覚……。アソコを見ると、僕のチンポはもう半分以上入っている。姉は、気持ちよさそうな顔で腰を降ろし続ける。包み込まれる感じと、締めつけられる感じで本当に気持ち良い。
初体験は意外に気持ち良くなかったと言う話も聞くけど、僕に関しては全然そんな事はなく、気持ち良くて声が漏れてしまう。

そして、チンポの先っぽが奥に突き当たる感じがあった。
『うぅっ、すごいね、簡単に奥まで来ちゃうんだ』
姉は、少し驚いた顔で言う。僕は、思わず、
「大丈夫? 痛い?」
と、聞いた。
『大丈夫。痛くないよ。痛いどころかメチャ気持ちいいよ』
姉は、笑顔で言う。
『しちゃったね。どう? 童貞卒業した気分は?』
姉は、ニヤけた顔で聞いてくる。僕はどう言っていいのかわからず、ありがとうと答えた。

『じゃあ、楽しませてもらおうかな? すぐイッちゃダメだからね〜』
姉はそう言って、腰を動かし始めた。姉が上下に腰を動かすと、ゾワワワッと鳥肌が立つような快感が走る。
『うぅ、こ、これヤバいかも、あっ、んっ、んっ! ん〜っ! 当たってるよ。奥にメチャ当たる』
姉はそう言って、腰を上下に動かし続ける。Fカップの胸がユサユサ揺れるのがド迫力だ。まさか、ここまでしてしまうとは思っていなかったけど、本当に気持ち良い。

『ヤバい、イキそう。ホントこのちんちんヤバいって、あっ、あっ、アァンッ、イクッ、イクッ! うぅっ!』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


姉と2人で対戦ゲームをして、パイズリしてもらうことになった結果(ブロマガ転載禁止)

「ねーちゃん、味薄すぎるって!」
僕は、姉の作った夕ご飯を食べて、なにか入れ忘れてるのかな? と思った。
『え? そう? じゃあ、ソースでも入れたら?』
姉は、スマホをいじりながらそんな事を言う。姉はこの薄味の夕ご飯を、スマホを見ながらパクパクと食べ続けている。料理を作るのも下手だけど、味覚音痴でもある姉は、こんな病院の食事みたいな夕食でも平気で食べ続けている。

「いや、野菜炒めにソースは入れないでしょ」
僕は、半分あきらめながら言う。今日は父も母もいないので、姉が夕ご飯を作る事になっていた。いまだにラブラブは父と母は、たまにこうやって2人で旅行に行ってしまう。多分、僕らが邪魔でセックスが出来ないからだと思う。
両親の仲が良いのは嬉しいが、セックスの声が聞こえてくるのは正直キツいので、こうやって旅行に行ってくれるのはありがたいと言えばありがたい。

『今頃、エッチしてるのかな?』
姉は、急にスマホを置いてそんな事を言ってきた。
「知るかよ。そんなのいいから、もうちょっと味付け濃くしてよ」
僕は、姉の口からエッチのことが出てきて、かなり動揺していた。まだ100%ピュアな童貞の僕に対して、姉はけっこう経験をしている感じだ。彼氏と一緒にいるのを見たこともあるし、コンドームを持っているのを見てしまったこともある。

姉は19歳の女子大生で、顔はまぁ可愛い方だと思う。ぱっちりした二重まぶたなので、多少のことはそれでカバー出来てしまっている感じだ。でも、顔の事なんてどうでもよくなるほど、エロい身体をしている。
胸は、こっそりブラジャーをオナニーに使ったときにタグを見たらFカップだった。少しムチッとした感じの身体は、どこも柔らかそうな感じだ。そして、いまも穿いているホットパンツみたいなボトムを穿くことが多く、むっちりと白い太ももがエロすぎる感じだ。

『あんまり濃い味付けばっかり食べてると、インポになるよ』
姉は、下品な顔で言う。黙っていれば上品に見える感じなのに、とにかく口が悪い。僕は、うるさいとだけ言った。

『そうだ、食べたら久しぶりにゲームしようよ』
姉は、そんな誘いをしてくる。最近はやっていなかったけど、姉と僕はPS4で対戦格闘ゲームをしたりする。姉は意外にゲーマーで、たいてい僕が負けてしまう。僕は別にやりたくないとか言っていたけど、強引にやらせられることになった。
姉はリア充っぽいイメージの割に、ゲームも漫画もアニメも好きで、ゲーム系はなにをやらせても上手い。今日も、結局いつもみたいに僕がボコられる展開になっていた。

『弱すぎるでしょw もっと本気だしなって』
姉は、明らかに手加減しながら言う。それでも勝てない……。
「もういいじゃん。どうせ勝てないって」
僕は、少しスネながら言う。すると、姉がハンデマッチを提案してきた。スーパーコンボの使用禁止という内容で、それならばけっこう良い勝負になると思った。僕が承諾すると、
『じゃあ、負けたら脱ぐルールね』
と、おそよ女とは思えない提案をしてきた。
「何でだよ。別にねーちゃんの裸なんて見たくないし」
僕は、内心ドキドキしながら言った。
『ウソばっかり。ホントは見たいんでしょ〜。ほら、こんなに大っきいんだよ〜』
姉は、おどけた口調でそんな事を言いながら、Tシャツの上から自分の胸を持ち上げるようにする。そして、ユサユサと揺らすような動きを始めた。その柔らかい動きを見る限り、ブラジャーを着けていない感じがする。

「べ、別に見たくないって! 気持ち悪い」
僕は、本当は目が釘付けのくせに思わずそう言った。すると、姉は悲しそうな顔になり、
『お姉ちゃん、気持ち悪い?』
と、言った。僕は、慌ててそんな事ないと言って謝ると、すぐにニヤけた顔に戻り、
『はい、じゃあ開始〜』
と言って、ゲームを始めてしまった。なんと言うか、完全に乗せられてしまったなと思いながら対戦を始める。
『お、これはけっこう……ヤバいっ』
姉はさっきよりも追い詰められながらも、やっぱりリードを続ける。でも、スパコンがないので、こっちも思い切って攻められる。でも、けっこう接戦だったけど結局僕が負けた。

『はい、かちぃ〜。ほら、脱ぎなってw』
姉は、心底楽しそうだ。僕は、
「マジで脱ぐの? 別にそんなの無しでイイじゃん」
と言ってみたが、姉に強引にシャツを脱がされてしまった。
『アンタ、ちょっと痩せすぎじゃない? もっと食べないと』
そんな事を言われてしまった。
「ねーちゃんこそ、太りすぎだろ? もっとダイエットしろよ」
僕は、ムキになって言う。
『はいはい。子供にはわからないかなぁ。このエッチな身体は。評判良いんだよ〜』
姉は、そんな事を言う。僕は、姉がセックスしているのを想像してしまい、気恥ずかしくなってしまった。
『なに顔赤くしてるの? 想像しちゃった?』
からかうように言う姉。僕は、うるさいなと言って次の対戦に入った。でも、結局連敗で、パンツ一枚になってしまった……。
「もういいよ。僕の負けで良いよ」
そう言って、僕はゲームを終了しようとした。
『まだ1枚残ってるじゃん。ほら、続けるよ〜』
姉はさっさと対戦を始めてしまった。
でも、さっきまでと違い姉は集中出来ていないようで、入力ミスなんかもしてあっけなく負けてしまった。

「よし、もうやめようよ。僕、お風呂入ってくる」
僕は、そう言ってゲームを切り上げようとした。姉は、薄着なのでなにを脱いでもほとんど裸になってしまうと思ったからだ。姉の裸は正直見たいけど、気恥ずかしいという気持ちもある。でも、姉はあっさりとホットパンツを脱いでしまった。
「ちょっ、なに脱いでんだよ! なんだよ、そのパンツ……」
僕は、大慌てで言った。姉は、ヒモみたいなパンツをはいていて、お尻なんか丸見えだ。股間の部分はかろうじて隠れてるけど、サイド部分なんかは何もないに等しい。僕は、急激にチンポが固くなるのを感じていた。


『え? ヒモパンツって、知らないの? これだと、脱がせやすいんだって』
涼しい顔で言う姉。どれだけセックスをしているのだろう?

「ヤリマンかよ! 普通の穿けって! 母さん悲しむだろ!」
僕は、勃起したチンポを気取られないように腰を引きながら言った。
『え? だって、これ母さんが買ってくれたんだよ』
姉は、そんな事を言った。僕は、母さんならやりかねないなと思った。

『ほら、続けるよ。アンタも早く脱ぎたいんじゃない? なんか、窮屈そうだけどw』
姉は、ニヤけながら言った。僕は、勃起がバレてしまったと思い、顔を真っ赤にした。

そして、次の勝負はけっこう接戦だった。と言っても、2人とも全然集中出来てなくて、泥仕合もいいところだったけど、なんとか僕が勝った。
『やるじゃん。じゃあ、見せてあげようかな? どっち? おっぱい? あそこ?』
姉は、ニヤけながら聞いてくる。でも、少し顔が赤くなってるし、声もうわずり気味だ。僕は、勃起がバレたことで半ば開き直った気持ちになり、
「おっぱい……」
と、答えた。すると、姉はさっさとTシャツを脱いでしまった。すると、真っ白なメチャクチャ形の良いおっぱいが姿を見せる。乳輪は凄く大きいけど、ビックリするくらいピンク色で、乳首も同じピンク色だった。白人の綺麗なヌードみたいで驚いていると、
『どう? 良いおっぱいでしょ〜』
と、胸を突き出しながら言ってくる姉。相当自信を持っているみたいだ。
僕は、別にと言って対戦を続けた。でも、本当はメチャクチャ良いおっぱいだと思ってるし、チラチラ盗み見しまくっていた。

姉弟でパンツ一枚で対戦をする……。小学生でもしないんじゃないかと思う。僕は、姉の予想外の100点おっぱいに、完全に勃起してしまっていた。コントローラーを操作するたびに揺れまくる胸。メチャクチャ柔らかそうだ。
『はい、死亡〜。おっぱい見すぎ〜』
姉は、そう言って必殺技を叩き込んできた。僕は、パンツ一枚の状態で負けてしまった。
「うぅ、マジで脱ぐの?」
僕は、動揺しながら聞いた。
『脱ぐの。ほら、潔く。それでも武士か』
姉は、変なテンションになっている。僕は、手でチンポを隠しながら、パンツを脱いでいった。

『わっ、メチャ勃起してるじゃん。ねーちゃんので興奮したの?』
姉は、僕の股間を凝視しながら聞いてくる。
「う、うん。だって、そんなエロいオッパイしてるなんて思ってなかったし……」
『へぇ、ねーちゃんので興奮してくれるんだ。ほら、こんなのは?』
姉はそう言って、腕をクロスするようにしておっぱいを挟み込んだ。すると、胸が寄せて持ち上げられ、谷間が凄いことになる。
「すごい……大っきいね」
僕は、股間を隠しながらそう言った。もう、100%どころか、120%くらい勃起してしまっている。

『ひろゆきも見せてよ。隠すのはズルイでしょ』
姉はそんな事を言う。確かに、そうかもしれない。でも、肉親に勃起したチンポを見られるのは、相当ハードルが高くて恥ずかしい。

まごまごしていると、姉が急に僕の両腕を掴んで左右に拡げてしまった。
『うわっ、デカっ!』
姉は、剥き出しになった僕のチンポを見て、びっくりした顔になった。僕は、慌ててチンポを隠そうとしたが、姉は全力で腕を握りつけてくる。
『いや、コレは……。マジで大きいよ。友達に言われるでしょ』
姉は、僕のチンポに目が釘付けだ。
「う、うん。たまにね……」
僕は、恥ずかしくて耳まで真っ赤になっていると思う。
『いやいや、こんなのは見たことないよ。まさか弟が、こんなにデカチンとはねぇ』
姉は、不思議そうな顔で言う。

「……もういいでしょ?」
僕は、もうマジでヤバいと思ってそう言った。
『いいの? まだ、これ残ってるじゃん』
姉はそう言って、ヒモパンのサイドのヒモを引っ張る。するするほどけていき、もう少しで外れて脱げてしまいそうだ。
僕は、もうこうなったら恥ずかしがっても仕方ないなと思い、対戦を始めた。すると、姉はビックリするくらいミスが多く、ストレートで負けてしまった。
『あん。負けちゃった〜。恥ずかしいなぁ』
姉は、おどけた仕草で言う。でも、全然恥ずかしそうではない。多分、わざと負けたんじゃないかと思う。姉は、スッとヒモを引っ張った。すると、小さな布がふわっと外れた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


プロフィール

管理人:寝取られ好き
アブノーマルな体験談や、変態体験談を紹介します。このブログオリジナルの物です。

寝取られ電子書籍
強気な姉さん女房が寝取られ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
644位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
23位
アクセスランキングを見る>>