このブログのオリジナルコンテンツ一覧

年上の嫁を寝取ってもらうために、友人のアレを型取ってディルドを作った完(ブロマガ転載禁止)

前回の話

ソファに座った嫁のアソコを、イケメンの彼が必死で舐めているのが映っている。嫁は、ブラジャーだけの姿で、ソファに大きく足を広げて座った状態だ。

『そう、上手だよ。あぁ、気持ちいい。そこ、皮剥いてみて』
嫁は、うわずった声で指示をする。男の子は、恐る恐るという感じで嫁のクリトリスを剥き始める。
「い、痛くないんですか?」
心配そうに聞く彼。

でも、嫁は気持ちよさそうな顔で、
『痛くないよ。気持ちいいわ。ほら、はやく舐めて』
と、せかすように言う。男の子は、慌てて剥き出しになったクリトリスを舐め始めた。舌が触れた途端、ビクンと体を跳ねさせる嫁。
『そうよ、あぁ、気持ちいいっ、上手よ、もっと強く、うっくぅっ! 気持ちいいわっ』
嫁は、本当に気持ちよさそうに声を上げながら、男の子の髪をグチャグチャにしている。私は、激しく嫉妬を感じてしまった。秋雄の時とは違う感覚だ。秋雄の時は、まだ流されて受動的に抱かれてしまったという感覚があったが、これは違う。嫁が主導で、男の子をコントロールしてセックスをしている。

男の子は、とにかく一生懸命に嫁のクリトリスを舐め続けている。嫁は、本当に気持ちよさそうな声をあげながら、男の子の耳たぶを指でもてあそんでいる。

それにしても、こうやって動画で見ると、本当にイヤラシい体をしていると思う。大きな胸に、すらっと伸びた脚。肉感的な感じなのに、ウェストはくびれている。グラビアアイドルみたいな体だなと思う。これで顔がもっと美人なら、100点満点だなと思う。

『あっ、うぅっ、そうよ、もっと舌で弾いてっ、うぅあっ! うぅ~っ! イ、イクっ、イクっ! うぅっ!』
嫁は、腰を浮かせるようにして叫ぶ。男の子は、びっくりした顔で舐めるのをやめ、
「だ、大丈夫ですか?」
と、心配そうに嫁に聞いた。
『平気よ。童貞君に、イカされちゃったわ。じゃあ、入れてみる?』
嫁は、自分でアソコを拡げ、妖艶な笑みを浮かべて言った。男の子は、すぐに入れたいですと答える。私は、この動画はいつのものだろう? と、気になっていた。おそらく、スマホで撮影しているのだと思う。どこかに置いて、固定アングルで撮っているのだと思う。
でも、こうやってデータで送ってきていると言うことは、すでに終わった後と言うことになる。今は、何をしているのだろう? 泊まるつもりなのだろうか? そんなことばかりを考えてしまう。

動画は、ここで終わってしまった。私は、続きが気になって仕方ない。すぐに秋雄にメッセージを送った。恥も外聞もなく、続きはないのかと聞いた。すると、動画のデータが転送されてきた。ただ、容量が大きいせいか、クラウドボックスのようなところからダウンロードする形だった。

ダウンロードに時間がかかり、私は焦れていた。早く見たい……。そんな気持ちでダウンロードバーが進むのを見つめていた。

その間、私はずっと考えていた。今、嫁は何をしているのだろう? 当然、セックスをしているのだろうなと想像していた。私は、自分の寝取られ性癖のことを考えた。どうしてこんな性癖を持ってしまったのだろう? 自分でも、いまいちわからない。
もしかしたら、持って生まれたものなのだろうか? そんなことすら考えてしまう。
すると、ダウンロードが完了した。私は、すぐに再生を始めた。すると、場所がベッドに変わっていた。ベッドの上では、全裸になった嫁が寝ている。また、固定アングルの動画だ。

『いいわよ。入れてごらん』
嫁は、興奮しきったような声で言う。男の子は、吸い寄せられるように嫁に近づき、覆い被さっていく。ペニスを握ると、それを嫁の膣口に押しつけていく。
こうやって、明るいところで見ると驚くような大きさだ。秋雄の巨根ほどではないかもしれないが、間違いなく私のものよりは大きい。私は、劣等感を感じながらも、とうとう童貞を奪ってしまうんだなと思って見つめていた。

男の子は、ペニスをこすりつけるようにしている。私は、ここで気がついた。彼は、コンドームを装着していない。私は、さすがにマズいと思ったが、これはすでに終わった過去の動画だ……。

「本当に、いいんですか? コンドーム、つけた方がいいんじゃないですか?」
男の子は、心配そうに聞く。
『いいの。だって、初体験でしょ? 初めての時くらいは、何もなしでした方がいいんじゃない? だって、一生の記念でしょ?』
嫁は、そんな風に言う。
「ありがとうございます! 嬉しいです!」
男の子は、ハイテンションで言う。私は、逆にいいのかな? と、思っていた。彼は、奥手なだけで驚くほどのイケメンだ。わざわざ40歳目前の女性で初体験をしなくても、いくらでも相手はいるはずだ。

男の子は、そのまま腰を押し込んでいく。
『そうよ、あぁ、そのまま、うぅっ』
嫁は、気持ちよさそうな声を漏らしている。男の子のペニスは、もうほとんど入ってしまっている。
「き、気持ちいいです。全然違います」
男の子は、興奮した声で言う。
『全然違う? 何と比べて?』
嫁は、不思議そうな顔で聞く。すると、男の子はものすごく焦った感じで、
「そ、その……テンガと比べてです」
と、言った。私は、一瞬何のことかわからなかった。でも、嫁がニコニコしながら、
『そんなの使ってるんだ。キミなら、いくらでも相手がいると思うけどな。今度からは、そんなの使わなくてもいいからね。私がいつでも相手するから』
と、言った。男の子は、嬉しそうな顔で、
「本当ですか! ありがとうございます。めちゃ嬉しいです!」
と、言う。すると、嫁は男の子を抱きしめてキスをした。イヤラシく舌を使い、男の子の口内をかき混ぜるようなキスをしながら、腰を動かし始める嫁……。正常位でつながりながら、女性の方が腰を動かすのはとてもはしたなくてエロい感じがする。

「あぁ、すごいです。本物は、こんなに気持ちいいんですね」
感激したような口調の男の子。
『そうよ。本物はすごいのよ。でも、おちんちんも同じよ。ディルドなんかよりも、ずっと気持ちいいわ』
嫁は、そんなことを言った。私は、秋雄のディルドのことを怒られているような気持ちになってしまった。

嫁は、正常位の下側でイヤらしく腰を動かしながら、男の子の乳首も触ったりしている。本当に、童貞君の相手をするのが楽しくて仕方ないようだ。

私に寝取られ性癖があったように、嫁にもこんな性癖があったんだなと思った。誰にもいえない性癖……。でも、こんな風に夫婦間でオープンに出来るのは、もしかしたら幸せなのかもしれない。

『じゃあ、次はキミが動いてみて。好きなようにしていいわ。あっ、でも、中に出しちゃダメよ。赤ちゃん出来ちゃうわ』
嫁は、そんな風に言う。その声は、興奮のためかうわずって聞こえる。

「はいっ! わかりました!」
力強く返事をして、腰を振り始める男の子。がむしゃらに腰を振っている。
『んっ、あっ、あっ、そうよ、あぁんっ、気持ちいいわ。上手よ、あぁ、本当に気持ちいいわっ』
嫁は、幸せそうな顔であえぎ始める。私は、私とのセックスでも、秋雄とのセックスでも見せなかった嫁の表情に、ドキドキしてしまった。

「すごいです。本当に気持ちいいです。美冬さんも気持ちよくなって下さい」
男の子はそんなことを言いながら、腰を振り続けていく。長いペニスを生かした、ロングストロークで責め続ける彼……。私は、素直にうらやましいと思ってしまった。あんな動きは、真似したくても出来ない。私のペニスでは、その半分のストロークしかないと思う。

『いいわ、そうよ、気持ちいいわ。あんっ、あんっ、うぅっあっ!』
嫁は、気持ちよさそうにあえぎながら、自分でクリトリスをまさぐり始めた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

年上の嫁を寝取ってもらうために、友人のアレを型取ってディルドを作った5(ブロマガ転載禁止)

前回の話

嫁は、獣の雄叫びのような声をあげながら、見たことがないようなイキ方をしてしまった。秋雄のディルドで感じているときも恐ろしく乱れてしまっていたが、それ以上だ。
私は、手も触れていないペニスが射精をしてしまったことに動揺しながらも、あまりの快感にうめいていた。

秋雄は、自分はまだイッていないが、動きを止めた。
「大丈夫?」
彼は、ぐったりしている嫁に心配そうに声をかけた。

『大丈夫なわけないだろ……。なに入れてんだよ。合意がないセックスは、犯罪だろ……』
嫁は、いつもの強気な言葉を口にする。でも、その声は弱々しく、まだトロンとしたような顔のままだ。
「ゴメン。でも、すごく気持ちよかったでしょ?」
秋雄は、少しからかうような口調だ。
『まぁまぁかな。ほら、早くどけって』
嫁は、強気な言葉を繰り返す。でも、秋雄はペニスを抜かない。それどころか、奥に押し込んでこすりつけるように腰を動かす。
『うぅあっ、こ、こらっ、やめろって、もう十分だろ!』
慌ててそんなことを言う嫁。でも、顔が紅潮して上気したような感じになっている。
「十分なの? まだ、足りないんじゃない?」
秋雄は、そんなことを言いながら腰を微妙に動かす。回すような動きで、あまり動きはないが、嫁は足の指が開いたり閉じたりしている。
『た、足りてる。いいからどけって、うぅくぅ』
嫁は、抵抗しながらも声が漏れている。さっきまで、あんなに激しく感じていたので、体中が敏感なままなのだと思う。

「またまた~。ここはそう言ってないじゃん。キュンキュン締め付けてきてるし」
秋雄は、楽しそうにそんなことを言う。嫁は、とろけた顔のまま、それでも抵抗を続ける。
『もう、いいって! 早くどけよ。アンタも、なに見てるんだよ。とめろって!』
嫁は、私にも矛先を向ける。でも、私はパンツの中で暴発してしまい、ズボンにまでシミが出来ているような情けない状態だ。
『はぁ? またイッたの? 触ってもないのに? この、どヘンタイ』
嫁は、あきれたような顔で言う。私は、小さくゴメンとしか言えなかった。
「ほら、アイツも楽しんでるんだから。美冬ちゃんも楽しまないと損だって」
秋雄は、そんなことを言いながら動きを大きくしていく。すると、嫁の両足がピンと伸び、つま先がギュッと内側に曲げられ始めた。秋雄のディルドでわかったことだが、嫁は本当に気持ちいいと、こんな動きをする。私と普通にセックスをしていたときは、わからなかったことだ。
『うぅっ、うぅ~っ! あぅ、だめぇ、もう、あぁっ! あんっ、うぅっ』
嫁は、やめろとは言わなくなった。でも、さっきみたいにあえぐことは拒否しているようだ。声を必死で抑えながら、なんとも言えない表情で私を見つめている。怒っているようにも、困惑しているようにも見える。もしかしたら、助けを求めているのかな? とも思う。

「素直に感じればいいのに。身体はめっちゃ反応してるじゃん。子宮も、指で触れるくらい降りてきてるよ」
秋雄は、そんなことを言いながら腰を動かし続ける。単純な動きから、動きの読めない複雑な動きに変わってきている。

『うぅっ、ち、違う、そんなこと、ひぃぅ、ないから、うぅあっ!』
嫁は、苦しげな声で言う。私は、必死で声を抑えようとする嫁に、私への愛情を感じた。でも、これは私の仕組んだことなので、申し訳ない気持ちが大きくなる。そして、
「あっちの部屋にいるから。我慢しなくていいから」
と、嫁に言って隣の部屋に移動を始めた。
『な、なに言ってんだよ! そんなの、うぅっ、だ、だめ、あっ、あっ、うぅっ』
私の方を見て、そんなことを言い続ける嫁。でも、私は部屋を出て扉を閉めた。しかし、隣の部屋には移動せず、ドアに耳をくっつけて中の様子を聞き続ける。室内の薄いドアなので、ほとんど声は丸聞こえだ。

「ほら、もう平気でしょ? 声我慢しなくていいから」
秋雄は、そんなことを言う。そして、嫁はどんどん声が大きくなっていく。
『うぅあっ、あっ、そこ、うぅっ、気持ちいいっ、もっと強く、うぅあっ、あっ、そう、そこっ!』
嫁は、秋雄に注文まで始めてしまった。やっぱり、私が見ていることで声を我慢していたんだなと感じた。
「ここでしょ? わかりやすいな」
秋雄は、楽しそうに言う。そして、嫁はさらに声が大きくなっていく。
『イ、イクっ、イクっ! イクゥッ! んおおぉおおおぉおっ!』
嫁は、獣の雄叫びのような声をあげる。でも、まだ秋雄は動きを止めないようだ。

「ほら、舌出して」
秋雄はそんな指示をする。そして、急に声が聞こえなくなる。私は、不安に感じてドアを薄く開けた。すると、ベッドの上には、正常位で繋がりながら、濃厚にキスをする二人がいた。秋雄が舌を差し込み、かき混ぜるようにしている。そして、嫁の舌も控えめながら動いていて、秋雄の舌に絡ませているようだ。

私は、棒で頭を殴られたようなショックを受けた。すでに、嫁は秋雄とセックスをしているのに、今さらキスくらいでとも思う。でも、他人とキスをする嫁を見るのは、信じられないほどの衝撃を私に与えた。

やめてくれっ! と、私は叫びそうになった。でも、それ以上に私は興奮している。さっき射精したばかりのペニスが、脈を打つようにビクンビクンと跳ねている。

秋雄は、キスをしたまま杭を打つように打ち下ろすピストンを続ける。機械で種付けをしているような動きだ。
嫁は、キスをしたままうめき声を漏らし続け、そして、堪えきらなくなったように秋雄に抱きついた。こんなに濃厚なセックスをするなんて、想定もしていなかった。まるで、恋人同士みたいだ。

一度もキスを解くことなくセックスを続ける二人。すると、嫁の脚も秋雄の身体に絡みついていく。両手両脚で絡みつくように抱きつく嫁は、種付けされるのを望んでいるようにしか見えない。

「あぁ、出そう。イクよ、もう限界」
秋雄が、やっとそんなことを言い始めた。私なら、とっくにイッてしまっていると思う。

『イ、イッてっ! もう、だめっ、おかしくなるっ! 一緒にっ! 私もイクっ! イクっ! イクぅ~っ!』
嫁は、泣きそうな声で叫ぶ。そして、秋雄はスパートをかけ始めた。嫁は、秋雄の激しい動きに、声にならない声に変わる。
『んおぉおおおぉおお゛お゛お゛っ』
断末魔の声のようなものをあげながら、嫁は痙攣し始めた。秋雄は、うめきながら射精を始める。そして、どちらからともなくキスを始めた……。

私は、そっとドアを閉じた。そして、キッチンに向かう。冷蔵庫を開けて缶ビールを開けて飲み始めた。アルコールの酩酊感が、少し冷静にさせてくれた。

私は、缶ビールを二本手に持つと、寝室に戻った。少し大きめの足音を立てて近づき、ドアを開けると、嫁と秋雄は離れた位置に座っていた。

『途中でいなくなるなよ! バカッ!』
嫁は、私に怒鳴ってきた。秋雄は、涼しい顔で私と嫁を見つめている。私は、二人に缶ビールを渡した。
「おっ、サンキュー」
秋雄はそう言ってビールを飲み始める。嫁も、渋々という感じでビールを開け、飲み始めた。
『まったくもう……。たくらんでただろ』
納得できないという顔で言う嫁。私は、素直にゴメンと謝った。
「どうだった、俺のチンポは?」
笑顔で質問する秋雄。
『どうって、大きかったよ』
「痛くなかった?」
秋雄が質問を続ける。
『別に痛くはないけど……』
「じゃあ、気持ちよかったってこと?」
『う、うん。まぁ少しは……』
「美冬ちゃん、最近ディルドにこってるでしょ」
『なっ! なんでそんな……。雄太! アンタだろ!』
嫁は、顔を真っ赤にしながら怒鳴る。私は、思わずごめんなさいと謝っていた。

「まぁまぁ、あれって、俺のチンポで作ったんだよね」
『はぁ? 作った?』
嫁は、意味がわからないという顔になっている。秋雄は、どんな風に作ったか説明をした。

『……手の込んだことしたんだ。ホント、その情熱を他に生かせないのかねぇ……』
妻は、怒ることもなくあきれたように言う。私は、怒ってないの? と、質問した。
『別に怒ることでもないし。ただ、どうして? なんでそんなに他の男に抱かせたがるの?』
嫁は、直球で質問をしてきた。私は、正直、そんな風に言われると返答に困ってしまった。

『興奮するってこと? 私が、他の男と浮気するのが……』
釈然としないという顔で嫁が言う。私は、素直に興奮してしまうと言った。
「まぁ、いろんな性癖があるからさ。美冬ちゃんもあるんじゃない? こんな状況だからさ、言ってみれば?」
秋雄は、そんなことを言い始めた。私は、そういえば嫁の秘めた性癖については、考えたこともなかった。誰にでも、人に言えないことはあると思う。

『別にないよ。私はヘンタイじゃないし』
嫁は、私を冷たい目で見ながら言う。
「そんなことないでしょ。今だって、アイツが見てるからいつもより興奮したんじゃない?」
秋雄が言う。
『ま、まぁ、少しはあるかも』
嫁は、珍しく言いよどむ。
「でしょ? ほら、こんな時じゃないと言えないんだから、願望とか言ってみなよ」
秋雄は、そんな風に嫁を誘導していく。
『まぁ、願望というか、童貞の男の子としてみたいって思ったりはするかな?』
嫁は、少し照れくさそうに言う。
「へぇ、なんか、イメージ通り。童貞の男の子を食べちゃうとか、メチャ似合いそうじゃん」
秋雄はそんな風に言う。私は、想像してしまった。嫁が童貞の男の子相手に、イヤらしい個人レッスンをしている姿を……。

『うっさい。でも、想像するだけだから』
嫁は、顔を赤くしながら言う。いつも強気で、姉さん女房みたいな嫁が恥じらっていると、それだけで妙に興奮してしまう。

「なんで? やれば良いじゃん。それって、寝取られ好きのコイツも喜ぶし、美冬ちゃんも喜ぶしでwinwinってやつじゃない?」
秋雄は、良いこと思いついた! みたいな言い方をした。
『それはそうだけど、相手なんかいないし』
嫁は、まだ恥ずかしそうに言う。でも、乗り気になっているのを感じる。
「いるよ。俺の職場に、イケメンだけど女と付き合ったことないヤツが」
『そ、そうなんだ。でも、どうして? イケメンなのに童貞って、おかしいでしょ』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

年上の嫁を寝取ってもらうために、友人のアレを型取ってディルドを作った4(ブロマガ転載禁止)

前回の話

私は、想像以上に事が進んでしまい、今日はもうお開きにしようという気持ちが強かった。でも、床に飛び散ったザーメンを拭いている秋雄は、
「嫁さんにマッサージしてその気にさせるからな」
と、やる気満々で私に言ってきます。嫁は、少しすると戻ってきました。
『床、拭いてくれた? ホント、出し過ぎだっつーの』
嫁は、口汚く言う。嫁がこんなしゃべり方をする時は、意外に弱気になっている時だと思う。
秋雄は、綺麗に拭いたよと答えた。
『でも、臭いが残ってる。ホント、臭いなぁ』
嫁は、そんな事を言いながらも、結局ソファに座った。

「美冬ちゃん。じゃあ、マッサージ始めようか」
秋雄は、すぐに切り出す。
『あ、うん。肩揉むだけだろ?』
嫁は、ちょっと疑念を感じている口調だ。
「せっかくだし、脚とか腰もするよ。俺、資格持ってるんだ」
秋雄は、落ち着いた口調で言う。でも、そんな話は聞いたことがない。
『そうなの!? じゃあ、してもらおうかな』
嫁は、何の疑いもなく信じてしまった。考えてみれば、普通はそんなウソをつく理由はないと思う。疑わないのが当たり前かもしれない。

「じゃあ、うつぶせで寝てもらえる?」
秋雄は話をどんどん進めていく。
『あ、うん。でも、ここじゃ痛いか。あっち行こうか』
嫁は、そんな風に言うと、さっさと寝室に移動してしまった。慌てて後を追う私と秋雄。寝室に入ると、嫁はすでに上半身裸でうつぶせになってベッドに寝ていた。下はスカートを穿いたままだが、私は強い衝撃を受けてしまった。

「おっ、準備早っ」
驚く秋雄。
『ほら、さっきので余計に肩こってるんだから、さっさと始めなよ』
嫁は、ぶっきらぼうに指示をする。秋雄は、了解と言いながらベッドの上に上がり、嫁の上にまたがった。そして、肩をさするように揉み始めた。
『んっ、ん、本当に上手なんだ。気持ちいい』
嫁は、少し驚いた口調で言う。
「でしょ~。ほら、リラックスしてね」
秋雄は軽い感じで話しながら、マッサージを続ける。嫁は、吐息のようなものを漏らしながら、本当に気持ち良さそうだ。秋雄は、真面目に嫁の肩をマッサージし続ける。真剣に揉んだりさすったりしているせいか、秋雄の額には汗が光っている。

秋雄は、腕や腰のあたりもマッサージをしていく。
『あぁ、本当に気持ち良い。お店でしてもらうより気持ちいいかも』
妻は、本当に気持ち良さそうだ。私は、秋雄の隠れた特技に驚いていた。そして、秋雄は嫁のふくらはぎのあたりを揉み始める。痛気持ち良い感じなのか、嫁は逃れるように脚を開いたり閉じたりしている。スカートがいつの間にかずり上がっていて、ほとんど下着が見えそうな感じになってしまった。
秋雄は、嫁の太ももをマッサージし始めた。嫁は、吐息を漏らしながら気持ち良いと言い続ける。秋雄の手は、徐々に上に上がっていく。かなり際どいところまでマッサージをしている感じだ。
『んっ、んふぅ、ん、うぅ』
嫁は、吐息を漏らし続けるが、少しトーンが変わってきた。あえぎ声とまではいかないにしても、妙にセクシーな音色だ。秋雄は、太ももの付け根あたりを揉み続ける。嫁は、いつの間にか脚が開いていて、ショーツが見えてしまっている状態だ。

私は、思わず嫁のショーツを凝視してしまった。見慣れた嫁の下着姿も、こんな形で見えていると、不思議なほど興奮してしまう。
そして、よく見ると、嫁のショーツのアソコ部分にシミが出来ているのがわかる。濡れすぎなほど濡れてしまっている? そう思うと、秋雄のマッサージの効果の凄さがわかる。

秋雄は、際どいところを揉み続けていたが、急に動きを止めた。そして、ほとんど強引に、嫁をあおむけにしてしまった。大きな胸が、ブルンと揺れる。
『ちょっ、なにやってんの!』
慌てて胸を隠す嫁。
「胸が重くて肩こるんでしょ? こっちもマッサージしないと意味ないし」
そう言って、秋雄は嫁の胸の上部を揉み始めた。嫁は手で乳首と乳輪を隠しているが、秋雄はかまわずにマッサージを続ける。

『んっ、気持ちいいけど……。見えちゃうし』
嫁は、戸惑ったように言う。
「別に、見られてもいいじゃん。減るわけじゃないし」
秋雄は、おどけてそんな事を言いながら揉み続ける。嫁は、
『う、うん。それはそうだけど……』
と、あまり納得はしていない感じながらも、抵抗はやめた。私は、ここで秋雄をフォローした。ハンドタオルを持ってきて、嫁の胸にかぶせた。手で隠されているよりは、この方が融通が利くと思ったからだ。

『ありがとう。じゃあ、よろしくね』
嫁は、タオルで胸が隠れたので、胸から手を離して秋雄に声をかけた。
「了解。リラックスしてよ」
そう言って、秋雄は胸を揉み続ける。甘い感じの混じった吐息を漏らしながら、嫁は目を閉じて気持ち良さそうな顔をしている。

秋雄は、徐々に手の平を乳首の方に近づけていく。胸を平手で押しつぶすような感じのマッサージだ。ぱっと見は、ちゃんとしたマッサージみたいに見えるが、本当はどうなんだろう? もしかしたら、性感マッサージ的なテクニックなのかな? と、思ってしまった。

目を閉じたままの嫁は、少し顔が赤くなっているように見える。息遣いも、微妙に荒くなっていると思う。なによりも、タオルに乳首が浮いてしまっている。
そして、秋雄の手の平が嫁の乳首を押さえ始めた。でも、乳首を触るというよりも、手の平で乳首ごと押している感じだ。
『んっ、うぅ、んっ、ふぅ』
嫁は、少し眉間にシワを寄せながら、吐息を漏らし続ける。声のトーンがさらに甘くなり、一気に空間がエロい感じになった気がする。

秋雄は、しばらく手の平で押すような動きをしていたが、次第にさするような動きに変わっていく。
『うぅ、んっ、んっふぅ、あっ、ん、あっ』
嫁は、あえぎ声のようなモノが混じり始めている。秋雄は、額に大粒の汗を光らせながら、嫁の胸をマッサージし続けていく。

すると、秋雄はいきなり嫁の乳首を伸ばしたままの人差し指と中指で挟み始めた。
『うぅうっ~っ! んっ、うぅ、うぅ~っ』
嫁は、歯を食いしばるような顔になっている。秋雄は、さするようにマッサージしながら、伸ばしたままの指で乳首をつまみ続ける。乳首の形の変化で、秋雄がけっこう力を入れて乳首を責めているのがわかる。

『んっ、あっ、んあっ、あぁんっ』
嫁は、ほぼあえぎ声に変わっている。秋雄は、嫁の胸のタオルを外した。そして、直に指でつまんだりさすったりし始める。
『あぁっ、くぅ、んっ、うぅっ! あぁ~っ』
嫁は、完全にあえぎ声に変わってしまった。乳首を指で触り続ける秋雄。もう、マッサージと言うよりは、愛撫みたいになっている。
嫁は、目を閉じ、眉間にシワを寄せながらあえぎ続ける。私は、あまりにあっさりとこの状態になった事に驚いていた。秋雄は、確かに一生懸命にマッサージをしていたと思う。でも、あの強気な嫁がほとんど無抵抗という事が信じられない。

『んっ、んふぅっ、ン~~ッ!』
嫁は、ひときわ強く声を漏らした後、ビクンと体を跳ねさせた。まさかイッた? と、私が思うよりも早く、秋雄の手は嫁のアソコに移動していた。ショーツの上から、こするように動く秋雄の手。

『だっ、だめっ、うぅっ! イヤ、あぁっ! あんっ、あぁんっ!』
嫁は、目を開けて慌てて秋雄の手を引き剥がそうとする。でも、秋雄は左手で嫁の動きを制しながら触り続ける。クチョクチョという大きめの水音が響く中、嫁の抵抗が小さくなり、声は大きくなっていく。

『だ、だめっ、本当に、うぅっ! だめっ! うぁうああっ!』
嫁は、また叫びながら身体を震わせる。秋雄は、真剣な顔で嫁のショーツを脱がせにかかる。あっという間に膝まで降ろされたショーツ、秋雄は、嫁のアソコを直に触り始める。嫁は、慌てて秋雄の手を振りほどこうとするが、力が入らないのかほとんどなにも出来ずにいる。

「すごく濡れてるね。興奮しちゃったの?」
嫁のアソコをまさぐりながら、秋雄が質問する。
『ちっ、違うっ』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

年上の嫁を寝取ってもらうために、友人のアレを型取ってディルドを作った3(ブロマガ転載禁止)

前回の話

私は、自分でも信じられない思いだった。手も触れず、しごいてもいないのに射精してしまう……。私は、自分がどれほど興奮状態だったのかと驚いていた。

嫁は、確かに本物の巨根に犯されたいと叫んだ。そして、彼女は床にへたり込むようにして女の子座りをしている。床から生えている秋雄のディルドは、ほぼ全部が嫁の膣内に消えている。

『イッちゃったの? 触ってないよね?』
嫁は、トロンとした顔のままそんな事を言う。驚いている感じだが、それ以上に快感でとろけているみたいだ。

私は、黙ってうなずいた。そして、
「気持良かった?」
と、興奮したままの気持ちで質問した。
『うん。凄かった……。すごすぎて怖かった』
嫁は、いつもの強気がウソのように、弱気な顔で言う。
「その……。本当にしてみたいの?」
私は、緊張しながら質問した。
『え? してみたいって?』
嫁は、キョトンとした顔で言う。本当にピンと来ていないような顔だ。
「ほら、巨根の人と……本物と」
私は、怒られるんじゃないかとビビりながら言った。
『そ、そんなわけないじゃん。バカじゃないの!』
嫁は、ムキになったような感じで言う。
「でも、さっき言ったでしょ?」
私が指摘すると、顔を真っ赤にしながら、
『言ってない! わけわかんなくなってたから、覚えてない!』
と、言った。私は、それ以上言えなくなってしまった。

『……ほら、続けるよ。まだ出来るでしょ?』
嫁は、ゆっくりと立ち上がりながら言う。ディルドが抜ける時、嫁は何とも言えない悩ましい声をあげた。そして、床に生えているディルドを見て、
『なにこれ……。なんか、生々しいね。こんなのどこで買ったの?』
嫁は、怪訝な顔になっている。でも、目は好奇心で光っているようにも見える。私は、曖昧に誤魔化した。

『ふ~ん。じゃあ、どうする? もう一回入れる? 出しちゃったみたいだけど、続けて出来る?』
嫁は、ベッドに寝転がりながら質問した。私は、さすがに射精したばかりで、続けては無理だと答えた。

『じゃあ、回復するまで雄太がしてよ』
嫁は、モゴモゴと恥ずかしそうに言う。私は、いじわるな気持ちで、
「どのオモチャ使えばいいかな?」
と、質問した。すると、嫁はさらに顔を赤くしながら、
『ど、どれでもいいよ。好きなの使いなよ』
と、言う。私は、最初に使ったMサイズのディルドを手に取った。
『それ使うの?』
嫁は、わかりやすく不満そうだ。私は、秋雄のディルドも手に取りながら、
「こっちがいい?」
と、質問した。
『べ、別に。どっちでも同じだよ』
嫁は、強がりを言う。私は、Mサイズの方のディルドを嫁のアソコに押し当てた。
嫁は、不満そうな顔を見せたが、Mサイズのディルドが入っていくと、
『うぅあぁ、こすれてるぅ』
と、とろけた声をあげ始めた。私は、こんなオモチャで感じてしまう嫁を、複雑な気持ちで見ていた。私よりも太いオモチャ……。明らかに、私のペニスを入れた時よりも反応がいい。

私とするよりも感じてしまう嫁……。オモチャにすら勝てないのかと思うと、悲しい気持ちになる。でも、私では与える事が出来ない快感にあえぐ嫁を見るのは、信じられないほどに興奮する。

私は、リズムよくディルドを動かし続けた。嫁は、最初は控えめにあえいでいたが、私が奥に押し込んで子宮口を刺激し始めると、
『ダメッ! 雄太っ、ダメぇっ! そこダメなの、気持良くておかしくなっちゃうっ!』
と、激しくあえぎ始めた。私は、のけ反りながらあえぎ続ける嫁を見て、秋雄とセックスをしたらどうなるのだろう? と、そんな想像ばかりしてしまった。

私は、いったん動きを弱くした。そして、秋雄のディルをも手に取り、嫁に握らせた。
「どう? やっぱりこっちの方がいい?」
私は、そんな風に質問した。
『そ、それは……』
口ごもる嫁。私は、口ごもる嫁に無性に興奮してしまった。やっぱり、大きい方が気持ち良い……。きっと、嫁に関してはそうなのだと思う。女性によっては、巨根が痛い人もいると思う。でも、嫁は奥が本当に気持ち良いようだ……。
嫁は、口ごもりながらも秋雄のディルドをしごくような素振りを見せている。無意識でそうしているのかもしれないが、とても物欲しそうに見える。

「じゃあ、こっちのは捨てていいの?」
私は、嫁の弱気な姿を見て、いつもとは違い強気な感じで聞く。
『ダ、ダメ、もったいないよ』
嫁は、慌てている。私は、ゆっくりと嫁の膣中のMサイズのディルドを引き抜いた。
『うぅっ』
思わずうめく嫁。私は、すぐに秋雄のディルドを膣口にあてがった。
「欲しいんでしょ?」
そろそろ怒られるんじゃないかとドキドキしながらも、私はそんな風に言ってみた。
『……うん。欲しい……。入れて』
嫁は、焦れた顔で言う。私は、ゆっくりと秋雄のディルドを押し込んでいった。実際に、秋雄のペニスが入っていくところをイメージしながら、ゆっくりと押し込んでいった。
『拡がってる。あぁ、太いよ、大きすぎるぅ』
嫁は、気持ち良いと言うよりは戸惑っているように見える。さらに押し込んでいくと、強い抵抗を感じる。嫁の膣は、締まりが良いと思う。私は、いつもすぐにイッてしまうくらいだ。

ディルドが、突き当たる感じになる。でも、私はさらに押し込んでいく。
『うぅっ、当ってる、子宮潰れてるぅ』
嫁は、気持ち良さそうに声を震わせる。私は、さらにディルドを押し込んでいった。
「気持ちいい? 大きいおチンポ、気持ちいいの?」
『気持ちいいっ。このおチンポ、本当にすごいの。入れてるだけでイッちゃいそうになるのっ』
嫁は、泣きそうな顔で私を見つめる。私は、嫁にキスをした。すると、嫁の舌が勢いよく飛び込んできて、私の口の中をメチャクチャにかき混ぜる。こんなに激しいキスは、初めてだと思う。

私は、嫁と激しく舌を絡めながら、ディルドを動かし続ける。嫁は、私にしがみつくように抱きつきながら、キスを続けている。

『雄太、イクっ! 気持ちいいっ! おチンポ気持ちいいっ!』
嫁は、卑猥な言葉を口にしながら高まっていく。
「欲しいんだろ? 大きなおチンポ欲しいんだろ? 本物がいいんだろ!?」
私は、叫ぶように言う。
『ほ、欲しいっ! おチンポ欲しいっ! 本物が良いのっ!』
叫ぶ嫁。私は、秋雄に抱かれる嫁のイメージでいっぱいだった。そして、嫁は激しく身体を震わせながら果てた……。

『……変な事言わせるなよ。バカ……』
嫁は、すねたように言う。可愛いなと思いながらも、秋雄と実際にセックスをする日は近いなと思った。

そして、私は次のステップに移行した。息子を実家に泊りに行かせた金曜日の夜、秋雄を自宅に招いた。
「こんばんは。ご無沙汰です」
秋雄は、涼しい顔で嫁に挨拶をする。嫁も、機嫌良く挨拶をしている。私は、1人でドキドキしていた。オモチャとはいえ、嫁はすでに秋雄のペニスを経験している……。激しくあえぎ、何度もイッてしまっていた。

そして、軽く食事をしながら飲み始めた。
『へぇ、まだ独身なんだ。どうして?』
嫁は、不思議そうに質問する。確かに、秋雄は結婚相手にするには、条件が良い方だと思う。ルックスも悪くないし、腹も出ていなければ頭も薄くなっていない。なによりも、話が面白い。

「なかなかいないんだよね~。美冬ちゃんみたいなイイ女ってさ」
褒める秋雄。でも、嫁は”はいはい”と言って取り合わない。確かに、嫁は美人と言い切れるようなルックスではない。身体こそエロくて100点だと思うが、顔は、まぁ平均だ。

「あとさ、アレの相性が合う子がいないんだよね」
秋雄は、早くも仕掛けてきた。私は、生唾を飲み込んでなりゆきを見守った。
『え? アレって?』
ポカンとした顔の嫁。秋雄は、軽いノリで、
「エッチの。なんか、痛がる子が多くてさ」
と、言った。
『痛がるって、アンタが下手なんじゃないの?』
小馬鹿にしたように言う嫁。下ネタに、抵抗はないようだ。
「そんな事ないって。大きさが合わないだけだし」
『またまた~。ちゃんと丁寧にしないから、痛がるんだよ。どうせ、すぐに入れちゃうんでしょ?』
嫁は、ビールで酔っているせいもあるのか、下ネタを話している。私は、それだけでもドキドキしていた。嫁が、他の男と話をする……。そんな光景を見る事自体が少ない。しかも、下ネタだ。私は、それだけで嫉妬してしまっていた。

おかしなものだと思う。私みたいに独占欲の強い男が、寝取られ性癖を持つ……。まるで、矛と盾だ。

「そんな事ないって。めっちゃ前儀するし。ちゃんと指でほぐしたりもするから」
少しムキになっているような感じの秋雄。でも、それは演技だと思う。次の展開を考えての言動のはずだ。

『そんなに大きいって事? でも、痛いくらい大きいなんて、嘘くさいな~』
嫁は、端から信じていない口ぶりだ。
「じゃあ、見る? 見ればわかるし」
秋雄は、トントン拍子に話を持ってきた。
『そんなのいいよ。見ても仕方ないでしょ? 私が見たところで、何も変わらないでしょ?』
嫁は、冷静に答える。確かに、言うとおりだと思う。でも、秋雄も引き下がらない。
「いや、そこまで言われたら見てもらわないと。なんか、悔しいし」
ムキになった感じで言う明雄。
『雄太、どうすればいい? 超セクハラ受けてるんだけど』
嫁は、困ったように質問する。
「別に、見るくらい良いんじゃない?」
私は、声が震えるのを必死で抑えながら言った。
「ほらほらっ! 旦那がOKって言ってるんだから!」
雄太は、たたみかける。
『なに? そんなに見せたいの? それなら、電車とかで見せれば良いじゃん』
嫁は、あきれたような顔で言う。

「そんなの、ヘンタイじゃん」
秋雄はそう言った。
『いや、実際ヘンタイでしょ。友達の嫁におちんちん見せたがるなんて、どう考えてもヘンタイじゃん』
嫁は眉間にシワを寄せて言う。
「でも、見てくれないと俺が嘘つきみたいになっちゃうでしょ」
秋雄は必死で言う。
「そうだよ。見るだけ見たら? もしかしたら本当かもしれないでしょ」
私も、そんな風にアシストする。
『ふ~ん。まぁ、そこまで言うならね。じゃあ、見せてみてよ』
私は、ガッツポーズを取るところだった。

「見て驚くなよ~」
秋雄はそう言って、さっさとズボンを脱ぐ。そして、パンツも勢いよく降ろした。
『わっ、本当に脱いだ! ……確かに大きいね。でも、痛いくらい大きいかな?』
嫁は、あまり興味が無いという感じで言った。でも、さっきから一度も秋雄のペニスから視線を外していない。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

年上の嫁を寝取ってもらうために、友人のアレを型取ってディルドを作った2(ブロマガ転載禁止)

前回の話

秋雄のアドバイス通り、嫁に大人のオモチャをだまし討ちのように使ってみた。結果、信じられないくらいに上手くいった。
私のペニスよりも大きくて固いディルドに、嫁はあっさりと夢中になってくれた。もともと、嫁は大人のオモチャを使う事に悪いイメージしかなかったそうだ。でも、今では普通に受け入れてくれるどころか、無言でリクエストしてくるような感じだ。

そして、今日はMサイズのディルドをナイショで買ってきている。息子が朝から遊びに出かけると、嫁がソワソワした感じで、
『じゃあ、先にシャワー浴びちゃうね』
と、言いながら浴室に向かう。

もう、息子がいない休日はセックスをするのがお約束のようになっていた。私としては、秋雄のアドバイス通りに徐々に大きなディルドに慣らしていき、最終的には嫁を秋雄に抱かせたいと思っている。
でも、今の嫁との性生活もとても上手くいっている気がするし、寝取られプレイなどしなくても、ディルドで充分かもしれないと思い始めてもいた。

そして、私もシャワーを浴びて寝室に入ると、嫁が全裸で待っていた。すでに潤んだような目をしていて、発情気分のようだ。
『もう……遅いよ。なにやってんの?』
嫁は、潤んだ目のままそんな事を言ってくる。はにかみながらキレるというのも、妙に可愛らしい。私が、ゴメンと謝りながらベッドに上がると、腕を掴まれて強引に引きずり込まれた。そして、嫁は私にキスをしながらパジャマを脱がせていく。
『きょ、今日は先に雄太が入れなよ。先にアレでしちゃうと、わけわかんなくなっちゃうから……』
嫁は、恥ずかしそうに言う。最近では、ディルドを使う事に抵抗がないどころか、こんな風に積極的とも言える感じだ。

私は、言われるままにコンドームを装着して嫁に挿入した。
『固い。最近、前より固くなったよね?』
嫁は、嬉しそうに言う。私は、興奮しながら腰を振り始めた。嫁は、気持ち良さそうな声を上げる。確かに、以前よりもお互いにセックスは良くなったと思う。でも、私の頭の中は、嫁を秋雄に抱かせる事でいっぱいだし、嫁の頭の中も、この後のディルドの事でいっぱいなのだと思う。

そして、腰を振り始めて3分も経たないうちに、私はいつもと同じであっけなくイッてしまった。
『相変わらず、早いね。じゃあ、目隠しするよ』
嫁は、期待に声を震わせながら自分で目隠しをしてしまう。まさか、嫁がここまで大人のオモチャにハマるとは想像もしていなかった。この分なら、秋雄に抱かせる事も不可能ではないかもしれない……。そんな期待を持った。

私は、こっそり入れ替えておいたディルドを手に取る。やはり、SサイズからMサイズに変わると、かなり大きさが変わる。
子供から大人になったくらいの変化だ。私は、濡れすぎなほど濡れている嫁の膣に、Mサイズのディルドを押し当てた。
『早く……。焦らさないで。一気に奥まで……』
嫁は、うわずった声で言う。本当に焦れている感じだ。こんな風におねだりをするようになった嫁に、ドキドキしてしまう。

私は、一気にディルドを押し込んだ。大きくなったので、痛いかな? と、不安を感じたが、嫁はのけ反りながらとろけきった声を上げた。
『凄いよ、あぁ、当ってる、奥まで……。いつもより、大きく感じる』
嫁は、いつも以上に乱れている。でも、ディルドが入れ替わっているとは思っていないようだ。膣は、意外に鈍感だとも聞く。私は、痛がっていない事を確認出来たので、いつものようにディルドを抜き差しし始めた。
さすがに、太くて抵抗が強い。でも、私はハイペースで動かす。
『ウゥッ、あっ、あっ、ダ、ダメぇ、もうイキそう、うぅっ! いつもより気持ち良いっ! もっと……もっと強くぅっ!』
嫁は、本当に気持ち良さそうだ。爪先までピンと伸びていて、反り返っているほどだ。そして、声もより感極まったような泣き声のような声になっている。

秋雄のペニスは、これよりもさらに大きい。アイツので型取って作ったというディルドは、私の机の奥で、出番を待っている。出番は、近いと思う。

『イクぅ! イクっ、イクっ! ダメぇ、おかしくなるっ! イヤァっ!!』
嫁は、腰を持ち上げてブリッヂの姿勢に変っていく。でも、私はさらに強くディルドを動かし続ける。太いディルドが、激しく出入りしているのがハッキリと見える。
多分、このMサイズは日本人なら巨根と言われるサイズだと思う。Sサイズの時とは感じ方がまるで違う。ペニスは、大きければ良いというものでもないと聞くが、少なくても嫁は巨根の方が感じるようだ。

『ああぁっ! あぁあ゛あ゛ぁっ! イクっ! イッてるっ! もうダメ、おかしくなるっ! イヤァ~~ッ!!』
嫁は、見た事もない激しい果て方をする。私は、さすがに怖くなってディルドを止めた。そして、大丈夫かと聞くと、
『大丈夫じゃない……。ねぇ、変えたでしょ。こんなに大きくなかったよね?』
嫁は、トロンとした顔のまま質問してくる。私は、嫁の膣からディルドを抜き取った。嫁は、カリ首部分が抜ける時、ビクンとのけ反るように震えた。またイッてしまったみたいだ。

『やっぱり……。勝手な事するなよな……』
嫁は、少しすねたような顔で言う。私は、
「ゴメンね。じゃあ、捨てとこうか?」
と、言ってみた。
『い、良いよ。もったいないから。せっかく買ったんだろ?』
嫁は、慌てて言う。私は、少しニヤけてしまった。
「そんなに気持ち良かったの?」
『別に。ほら、早く片付けなよ。ちゃんっと洗っとけよ』
嫁は、いつものぶっきらぼうな感じで言う。でも、実は機嫌が良いと言うのが伝わってくる。

そして、嫁はこのディルドにもハマってしまった。それだけではなく、このディルドのおかげなのか、嫁と私の力関係も微妙に変わってきた。いつも私を尻に敷いている姉さん女房の嫁が、妙に可愛らしくなっていた。そして、セックスの時はかなり私の提案を飲んでくれるようになっていた。

『自分で入れるの? こんな所にあるのを? 立って入れるって事?』
嫁は、壁の柱に吸盤で張り付いてディルドを見ながら、驚いた顔で言う。ディルドは、ちょうど私の腰の位置くらいの高さだ。柱からディルドが生えているような見た目だ。
「うん。自分で入れて動いてみてよ。どんな風に動かしたら気持ち良いのか、参考にしたいし」
私は、そんな言い方をした。本当は、嫁のオナニーのようなプレイを見てみたいだけだ。参考にすると言えば、嫁の性格上断らないなと思っての発言だ。

『う、うん。じゃあ、入れるよ。なんか、恥ずかしいな……』
嫁は、モジモジと言いながらディルドの前に立った。私は、異常なほど興奮していた。いつも、ディルドであえぐ嫁を見て、他人棒で感じている嫁をイメージしていた。それはそれで興奮するものだったが、結局ディルド動かしているのは私だ。なので、そこまで他人にやられているという感じはしない。

でも、壁から生えたディルドを入れようとしている嫁は、まさに他人のペニスを入れようとしているみたいだ。私のペニスは、制御系が壊れてしまったようにビクンビクンとなんどもなんども脈打っていた。

嫁は、背を向けたままディルドを掴んだ。そして、立ちバックのような格好でアソコに導いていく。
『うぅ……太い……』
嫁は、うめくように言う。すでに、ディルドの半分ほどが入ってしまっている。まるで、立ちバックでハメられてしまっているように見える。
「動いてみたら?」
私は、緊張気味に嫁に言った。
『う、うん』
嫁は、少し戸惑ったような感じで腰を動かし始めた。
『ウゥッ、うぅ、あっ、うぅ』
嫁は、恐る恐る腰を前後に動かしている。でも、勢いよく動かす事は出来ていない。嫁は、吐息のようなあえぎ声を漏らしながら腰を動かし続けている。私は、彼女がオナニーをしているところを見た事がない。そもそも、オナニーをするのかどうかも知らない。
嫁は、はしたなく腰を動かし、ディルド相手にオナニーをしている。私は、とにかく興奮が大きくなりすぎて、射精感すらわき上がっていた。

「もっと早く動かさないと」
私は、興奮と緊張で震える声で言った。すると、いつもの彼女からは信じられないほど素直に言う事を聞いてくれた。
嫁は、腰を早く動かす。すると、あえぎ声も大きくなるし、姿勢もよりのけ反ったようになっていく。
『ウゥッ、あっ、あっ、気持ち良い。こんなので、うぅ、気持良くなっちゃう……あっ、あっ、あんっ、ダメ……』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

年上の嫁を寝取ってもらうために、友人のアレを型取ってディルドを作った(ブロマガ転載禁止)

自分には、きっかけは忘れたが寝取られ性癖がある。いつの頃からかも定かではないが、大学生の頃にはそんな性癖に気がついていたと思う。

でも、歴代の彼女達には言えず、妄想の中だけで終わっていた。そんな性癖があっても、いざ実際に自分の彼女を他人に抱かせるのは、かなりハードルが高いと思う。

社会人になり、嫁の美冬と結婚し、すぐに子供も出来てセックスの回数が減り、寝取られ性癖のことも忘れていた頃、久しぶりに大学の頃の友人と再会した。

友人の秋雄は、37歳になった今でもまだ結婚をしておらず、お腹も出てきた私とは違い、若々しいままの姿だ。
「へぇ、上手く行ってるんだな。社会人2年目で結婚するとか、マジかよって思ったけどな。考えるよりも行動って事か」
秋雄は、感心したように言う。確かに、自分でも思いきったなと思う。でも、当時共働きだったこともあり、結婚してもなんとかなると思っていた。まさか、避妊に失敗してすぐに子供が出来るとは想定していなかった……。
でも、子供は可愛いし、嫁も良い嫁だと思う。美冬は、正直美人でもないし、可愛らしいという感じでもない。でも、愛嬌があるタイプで、意外にモテる。
ただ、ルックス的にはそれほどではなくても、身体は100点だと思う。服の上からでもハッキリとわかる巨乳に、スラッと伸びた足。むっちりしているようで、意外にくびれてたウェスト。本当に、フェロモンが溢れているような感じがする。

秋雄との話は、昔話から近況報告のようになる。秋雄は、相変わらず遊びまくっているそうだ。いわゆる、出会い系サイトで遊んでいるとのことだ。
「最近、人妻がヤバいぜ。お前も、嫁さんのことちゃんと見てないとヤバいぞ」
秋雄は、脅すようにそんな事を言う。私は、ウチに限ってそれは心配ないと言った。
「甘いなぁ。マジで最近の人妻は、貞操観念ないからな。しかも、罪悪感がないから、全然バレないみたいだし」
そんな風に脅す彼。でも、私は彼と話をしながら、忘れていた寝取られ性癖のことを思い出していた。

そして、ふと、秋雄にその話をしてみた。
「おっ、マジか。お前も寝取られ性癖なんだな」
秋雄は、そんなに驚いた感じはない。秋雄のリアクションのことを聞くと、
「最近、メチャクチャ多いんだよ。出会い系とかで、旦那がメッセージ送ってくるんだよ! 嫁を寝取ってくれとか言って」
と、あきれたように言う彼。私は、そういう時、どうするんだと聞いてみた。すると、彼はあっさりと、旦那の前で奥さんをヒィヒィ言わせてると答えた。

「あいつら、嫁さんが感じれば感じるほど、興奮するんだよ」
少し小馬鹿にしたように言う彼。寝取り側の彼にしてみれば、寝取られて喜ぶ男なんて信じられないのかもしれない。
そんな話をいくつか聞いているうちに、私は願望が限りなく大きくなっていくのを感じた。そして、嫁に寝取られプレイを同意させるには、どうしたらいいのかとアイデアを尋ねた。

「マジでするつもりか? 後悔しないか?」
心配そうに聞く彼に、私は後悔なんてしないと告げた。
「そっか。まぁ、普通はそんな事言い出したら、嫁さんに離婚だって言われるわな。だから、徐々に慣らしていくしかないだろ」
彼は、そんな事を言う。私が詳しく聞くと、彼は細かく説明を始めた。彼が言うには、大人のオモチャを使って慣らしていくのが良いそうだ。
本物と違って、あり得ないほどカリ首が張り出ていたり、人体ではあり得ないくらい固かったりするので、最初は抵抗感があってもすぐに夢中になるそうだ。

「でも、オモチャに夢中になったって、寝取られプレイに同意させるのは難しいんじゃないの?」
私は、そんな疑問を口にした。すると、彼は得意気に、
「平気だって。俺のが、オモチャ以上にすごいから。一回オモチャに夢中になった女は、より強烈な快感を求めるもんだからさ」
と、説明をする。私が、そんなにすごいのかと聞くと、
「まぁな。ちなみに、たまたま今日は持ってるけど、コレが俺ので型取りしたディルドだよ」
と、カバンの中を見せてきた。周りに見えないようにコソコソとだが、カバンの中はよく見えた。

そこには、リアルなペニスが入っていた。血管がうねるところや、微妙に右曲りで反っているところまで再現されている。色こそ、少し濃すぎる気がするが、パッと見本物に見えてしまう。
「コレ、本当にお前ので型取りしたの? いくら何でも大きすぎるだろ』
私は、そんな事を言っていた。それは、あまりにも大きくて太いサイズだったからだ。黒人並とでもいえば良いのだろうか? 私の3倍はありそうなサイズだ。
それに、よく見ると、カリ首が張り出しすぎていてコブラみたいだ。

「いや、マジだって。見せても良いんだけど、ここじゃな。トイレ行くか?」
彼はそんな風に言う。私は、好奇心に釣られて、彼とトイレに行った。そして、小便器でおしっこをするような振りをする。すると、確かに彼のペニスは規格外の大きさだった。さすがに勃起はしていないが、それでも十分にわかるほどの大きさだ。

「お前って、外国の血が入ってるんだっけ?」
思わず聞いた私に、
「いや、入ってないと思うけど。でも、たどれば少しはあるかもな。確かに、自分でもデカすぎるって思うよ」
と、少し照れながら言った。私は、今まで彼に対して感じたことのない感情を持ってしまった。敗北感というか、畏れのような感情だ。

なんとなく、今後の方針みたいなモノは決まった。でも、現実的に、嫁に大人のオモチャを使うのは難しいと思った。ただでさえ、年上の嫁には頭が上がらないところがある。大人のオモチャを使いたいなんて言ったら、ど突かれてしまいかねない。
そんな心配を秋雄に告げると、
「そんなの、目隠しでもして強引に入れちゃえよ。入れて動かしたら、すぐ気持良くなるって。騙されたと思ってやってみな」
秋雄は、自信たっぷりに言う。どこからそんな自信が湧いてくるのか教えてもらいたいくらいだ。それに、彼には学生の頃、騙されたと思ってと言われて実行し、本当に騙されたことが何度もある……。

彼と別れた後、色々と考えた。そして、秋葉原の例の大人のオモチャビルでディルドを見てみた。その種類の多さにビックリしながら、やっぱりアイツのは以上にデカいんだなと感じた。
アイツのと同じくらいのサイズや、アイツ以上のサイズもあるにはあるが、棚の奥に押しやられている感じで、本当に売れている商品ではない感じだ。

ちなみに、彼が自分のペニスを型取ったディルドを持っていた理由は、セフレにプレゼントするためだそうだ。そんなものをもらって嬉しいのかな? と、思うが、きっと秋雄の巨根に夢中なんだろうなと思う。

私は、そんな中で、私のモノよりも少し大きいサイズのモノを買ってみた。ちなみに、その商品はシリーズもので、私が買ったモノはSサイズと記載してあった……。

買ったディルドは、圧倒的な大きさ……と言うことはなく、私のより少し大きい程度だ。でも、固さは人体ではあり得ない固さだし、カリ首の張り出し方がえげつないレベルだ。これさえ入れることが出来たら、きっと嫁も夢中になるはず……そんな妄想をした。

そして、私はチャンスをうかがいながら生活をした。ただ、そもそものセックスの回数自体が激減してしまっている。家の中に中学生の息子がいると、なかなかセックスしようという感じにならない。仕方の無いことだとは思う。

そんなある日、息子が朝から出かける日があった。私は、夜じゃないけどどうかな? と、嫁にお誘いをした。
『珍しいね。朝からしようなんて。でも、なんか嬉しいな』
予想に反して、嫁は上機嫌になった。考えてみれば、もともと嫁はセックスが好きな方だった。妊娠前は、嫁の方からのお誘いも多かった。
『じゃあ、シャワー浴びてくるね! あっ、それとも一緒に浴びちゃう? 久しぶりにさ』
少し照れながら言う嫁。可愛らしい仕草だが、やはりそれほど可愛くはない。でも、愛嬌のある笑顔が私はとても好きだ。

そして、一緒にシャワーを浴びた。今さら恥ずかしがる関係でもないので、さっさと服を脱ぐ2人。お腹が出てきた私に対して、嫁は時間の進行が止っているのかな? と、思うほど昔と変わらない身体をしている。
大きな胸に、長い足。ウエストのくびれもまだ無くなっていない。
『ほら、洗ってあげるよ』
嫁は、上機嫌で私の身体を洗ってくれる。私は、もしかして、嫁はセックスをしたいと思っていたのかな? 私が誘わないのを、不満に思ってたのかな? と、思って反省した。

そして、私も嫁の身体を洗い始めた。手の平にボディソープを取り、彼女の身体に塗り広げていく。
『恥ずかしいじゃん。良いよ、自分でやるから』
照れる嫁。私は、かまわずに彼女の身体を洗い続ける。そして、大きな胸も洗い始めた。手の平に乳首が触れ、彼女がビクンと体を震わせる。私は、重点的に乳首をこすり続けた。
『ダメだって。洗うだけでしょ? 気持良くしてどうするの?』
嫁は、色っぽい顔で言う。久しぶりということもあるからか、すっかりと火がついているように見える。
嫁は、私のペニスを握ってきた。
『カチカチじゃん。どうする? ここでしちゃおっか』
嫁は、ウキウキしたような口調になっている。私は、さすがに朝っぱらからこんな場所ではマズいと言った。
『そっか、まだ朝だったね。じゃあ、ベッド行こうか』
嫁に促されて寝室に移動すると、嫁から抱きついてキスをしてきた。さっきの乳首への愛撫で火がついているのか、驚くほど積極的だ。そのままベッドにもつれるように倒れ込むと、嫁が私のペニスをくわえてきた。本当に興奮した感じで頭を振り、舌を絡めてきてくれる。
私は、このまま流れに乗って普通にセックスをしてしまいそうになった。でも、せっかく買ったディルドのことを思い出し、私が嫁の上に覆いかぶさる体勢になった。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

寝取られ電子書籍


強気な姉さん女房が寝取られ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
478位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
24位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ランキング

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 220

紹介文:ブロマガの体験談は、本ブログだけのオリジナルです。
他では読むことが出来ないものだけです。
姉妹サイトのNTR使える寝取られサイト、エッチな体験談や萌えた体験談ブログとは違い、アブノーマルな話だけを紹介します。

姉妹ブログとは違い、スカ、グロ、暴力、ゲイ、等々、一般受けを考えずに、好きに書いています。

また、このブロマガは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のブロマガは全て読むことが出来ます。また、月が変わっても、購入した月のブロマガはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、FC2より私へは一切通知されませんのでご安心下さい。
また、FC2ポイントは銀行振り込みやペイジー、コンビニ決済、銀行ATMで購入できますので、クレジットカードを利用しなくてもブロマガ購入できます。
※無断転載は禁止します。
筆者のブロマガ一覧です
http://netoraretaiken.com/
blog-entry-9059.html

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。