このブログのオリジナルコンテンツ一覧

寝取られ系や男の娘、女装子の動画の探し方(ブロマガ)

今月は、時間がなくてブロマガが2本しかアップできませんでしたので、動画の検索の仕方を紹介します。

ネットで動画を探すとき、違法なサイトや、やたらと広告が出てきてしまうサイトがあります。

私は、エロタレストと言うサイトで動画を探したりしています。そこで、サンプルを見てDMMで購入すると言うことが多いです。

ブロマガ部分では、外国の動画の探し方をご紹介します。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

部活の競泳女子を睡眠薬で眠らせて肉人形と化した教え子にやりたい放題!


元日本代表の競泳選手だった俺は、引退後は地元で競泳女子の顧問をしていた。
その教え子の中に片桐遥香(かたぎりはるか)というお気に入りの生徒がいる。

片桐は黒が髪ぱっつんな俺好みの生徒で、コーチング中には何度も片桐を襲いたい
欲求との戦いで毎日下半身を押さえる精神修行の日々だった。

俺はそんな欲求不満にピリオドを打つには、と考えに考え抜いた末に…。
睡眠薬入りドリンクで眠らせることを思いついた。

これからが片桐という競泳女子を肉人形(オナホ)にして弄ぶ俺の時間の始まりだ♪

続きを読む

年上の嫁を寝取ってもらうために、友人のアレを型取ってディルドを作った4(ブロマガ転載禁止)

前回の話

私は、想像以上に事が進んでしまい、今日はもうお開きにしようという気持ちが強かった。でも、床に飛び散ったザーメンを拭いている秋雄は、
「嫁さんにマッサージしてその気にさせるからな」
と、やる気満々で私に言ってきます。嫁は、少しすると戻ってきました。
『床、拭いてくれた? ホント、出し過ぎだっつーの』
嫁は、口汚く言う。嫁がこんなしゃべり方をする時は、意外に弱気になっている時だと思う。
秋雄は、綺麗に拭いたよと答えた。
『でも、臭いが残ってる。ホント、臭いなぁ』
嫁は、そんな事を言いながらも、結局ソファに座った。

「美冬ちゃん。じゃあ、マッサージ始めようか」
秋雄は、すぐに切り出す。
『あ、うん。肩揉むだけだろ?』
嫁は、ちょっと疑念を感じている口調だ。
「せっかくだし、脚とか腰もするよ。俺、資格持ってるんだ」
秋雄は、落ち着いた口調で言う。でも、そんな話は聞いたことがない。
『そうなの!? じゃあ、してもらおうかな』
嫁は、何の疑いもなく信じてしまった。考えてみれば、普通はそんなウソをつく理由はないと思う。疑わないのが当たり前かもしれない。

「じゃあ、うつぶせで寝てもらえる?」
秋雄は話をどんどん進めていく。
『あ、うん。でも、ここじゃ痛いか。あっち行こうか』
嫁は、そんな風に言うと、さっさと寝室に移動してしまった。慌てて後を追う私と秋雄。寝室に入ると、嫁はすでに上半身裸でうつぶせになってベッドに寝ていた。下はスカートを穿いたままだが、私は強い衝撃を受けてしまった。

「おっ、準備早っ」
驚く秋雄。
『ほら、さっきので余計に肩こってるんだから、さっさと始めなよ』
嫁は、ぶっきらぼうに指示をする。秋雄は、了解と言いながらベッドの上に上がり、嫁の上にまたがった。そして、肩をさするように揉み始めた。
『んっ、ん、本当に上手なんだ。気持ちいい』
嫁は、少し驚いた口調で言う。
「でしょ~。ほら、リラックスしてね」
秋雄は軽い感じで話しながら、マッサージを続ける。嫁は、吐息のようなものを漏らしながら、本当に気持ち良さそうだ。秋雄は、真面目に嫁の肩をマッサージし続ける。真剣に揉んだりさすったりしているせいか、秋雄の額には汗が光っている。

秋雄は、腕や腰のあたりもマッサージをしていく。
『あぁ、本当に気持ち良い。お店でしてもらうより気持ちいいかも』
妻は、本当に気持ち良さそうだ。私は、秋雄の隠れた特技に驚いていた。そして、秋雄は嫁のふくらはぎのあたりを揉み始める。痛気持ち良い感じなのか、嫁は逃れるように脚を開いたり閉じたりしている。スカートがいつの間にかずり上がっていて、ほとんど下着が見えそうな感じになってしまった。
秋雄は、嫁の太ももをマッサージし始めた。嫁は、吐息を漏らしながら気持ち良いと言い続ける。秋雄の手は、徐々に上に上がっていく。かなり際どいところまでマッサージをしている感じだ。
『んっ、んふぅ、ん、うぅ』
嫁は、吐息を漏らし続けるが、少しトーンが変わってきた。あえぎ声とまではいかないにしても、妙にセクシーな音色だ。秋雄は、太ももの付け根あたりを揉み続ける。嫁は、いつの間にか脚が開いていて、ショーツが見えてしまっている状態だ。

私は、思わず嫁のショーツを凝視してしまった。見慣れた嫁の下着姿も、こんな形で見えていると、不思議なほど興奮してしまう。
そして、よく見ると、嫁のショーツのアソコ部分にシミが出来ているのがわかる。濡れすぎなほど濡れてしまっている? そう思うと、秋雄のマッサージの効果の凄さがわかる。

秋雄は、際どいところを揉み続けていたが、急に動きを止めた。そして、ほとんど強引に、嫁をあおむけにしてしまった。大きな胸が、ブルンと揺れる。
『ちょっ、なにやってんの!』
慌てて胸を隠す嫁。
「胸が重くて肩こるんでしょ? こっちもマッサージしないと意味ないし」
そう言って、秋雄は嫁の胸の上部を揉み始めた。嫁は手で乳首と乳輪を隠しているが、秋雄はかまわずにマッサージを続ける。

『んっ、気持ちいいけど……。見えちゃうし』
嫁は、戸惑ったように言う。
「別に、見られてもいいじゃん。減るわけじゃないし」
秋雄は、おどけてそんな事を言いながら揉み続ける。嫁は、
『う、うん。それはそうだけど……』
と、あまり納得はしていない感じながらも、抵抗はやめた。私は、ここで秋雄をフォローした。ハンドタオルを持ってきて、嫁の胸にかぶせた。手で隠されているよりは、この方が融通が利くと思ったからだ。

『ありがとう。じゃあ、よろしくね』
嫁は、タオルで胸が隠れたので、胸から手を離して秋雄に声をかけた。
「了解。リラックスしてよ」
そう言って、秋雄は胸を揉み続ける。甘い感じの混じった吐息を漏らしながら、嫁は目を閉じて気持ち良さそうな顔をしている。

秋雄は、徐々に手の平を乳首の方に近づけていく。胸を平手で押しつぶすような感じのマッサージだ。ぱっと見は、ちゃんとしたマッサージみたいに見えるが、本当はどうなんだろう? もしかしたら、性感マッサージ的なテクニックなのかな? と、思ってしまった。

目を閉じたままの嫁は、少し顔が赤くなっているように見える。息遣いも、微妙に荒くなっていると思う。なによりも、タオルに乳首が浮いてしまっている。
そして、秋雄の手の平が嫁の乳首を押さえ始めた。でも、乳首を触るというよりも、手の平で乳首ごと押している感じだ。
『んっ、うぅ、んっ、ふぅ』
嫁は、少し眉間にシワを寄せながら、吐息を漏らし続ける。声のトーンがさらに甘くなり、一気に空間がエロい感じになった気がする。

秋雄は、しばらく手の平で押すような動きをしていたが、次第にさするような動きに変わっていく。
『うぅ、んっ、んっふぅ、あっ、ん、あっ』
嫁は、あえぎ声のようなモノが混じり始めている。秋雄は、額に大粒の汗を光らせながら、嫁の胸をマッサージし続けていく。

すると、秋雄はいきなり嫁の乳首を伸ばしたままの人差し指と中指で挟み始めた。
『うぅうっ~っ! んっ、うぅ、うぅ~っ』
嫁は、歯を食いしばるような顔になっている。秋雄は、さするようにマッサージしながら、伸ばしたままの指で乳首をつまみ続ける。乳首の形の変化で、秋雄がけっこう力を入れて乳首を責めているのがわかる。

『んっ、あっ、んあっ、あぁんっ』
嫁は、ほぼあえぎ声に変わっている。秋雄は、嫁の胸のタオルを外した。そして、直に指でつまんだりさすったりし始める。
『あぁっ、くぅ、んっ、うぅっ! あぁ~っ』
嫁は、完全にあえぎ声に変わってしまった。乳首を指で触り続ける秋雄。もう、マッサージと言うよりは、愛撫みたいになっている。
嫁は、目を閉じ、眉間にシワを寄せながらあえぎ続ける。私は、あまりにあっさりとこの状態になった事に驚いていた。秋雄は、確かに一生懸命にマッサージをしていたと思う。でも、あの強気な嫁がほとんど無抵抗という事が信じられない。

『んっ、んふぅっ、ン~~ッ!』
嫁は、ひときわ強く声を漏らした後、ビクンと体を跳ねさせた。まさかイッた? と、私が思うよりも早く、秋雄の手は嫁のアソコに移動していた。ショーツの上から、こするように動く秋雄の手。

『だっ、だめっ、うぅっ! イヤ、あぁっ! あんっ、あぁんっ!』
嫁は、目を開けて慌てて秋雄の手を引き剥がそうとする。でも、秋雄は左手で嫁の動きを制しながら触り続ける。クチョクチョという大きめの水音が響く中、嫁の抵抗が小さくなり、声は大きくなっていく。

『だ、だめっ、本当に、うぅっ! だめっ! うぁうああっ!』
嫁は、また叫びながら身体を震わせる。秋雄は、真剣な顔で嫁のショーツを脱がせにかかる。あっという間に膝まで降ろされたショーツ、秋雄は、嫁のアソコを直に触り始める。嫁は、慌てて秋雄の手を振りほどこうとするが、力が入らないのかほとんどなにも出来ずにいる。

「すごく濡れてるね。興奮しちゃったの?」
嫁のアソコをまさぐりながら、秋雄が質問する。
『ちっ、違うっ』
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

ぽっちゃり爆乳ご奉仕ワイフ アイドル級のパイパン天使


大人気のありすちゃんが夢のパイパン妻になってアナタのエッチな願望、ぜ~んぶ叶えます。従順で可愛くてドスケベで…。まさに最高のご奉仕ワイフありすちゃん登場!ありすは愛するご主人様に日々尽くします。お帰りなさいませのフェラはもちろん、お風呂での洗体奉仕、さらにはベッドの上で自らの豊満なカラダを存分に使った癒しを提供します。極上の癒しの数々、どうぞご覧あれ!

嫁が子作りを始めたいと言ってきたので、寝取られ性癖を告白した完(ブロマガ転載禁止)

前回の話

僕は、典子に、
「本当に、明日お客さんと会うつもりなの?」
と、質問した。典子は、服を着ながら、
『うん。だって、お店じゃ集中できないし。明憲も見たいんでしょ?』
と、ニヤけた感じで聞いてきた。僕は、そんなことはないと言おうとしたが、その言葉がどうしても言えなかった。
『やっぱりね。じゃあ、明日は明憲の前で、いっぱい楽しんじゃうね。でも、イヤになったらすぐ言ってね。すぐやめるから』
典子は、そんな風に言うと、さっさと寝てしまった。あっという間に寝息を立て始める典子。今日は、4人もお客さんを相手にして、クタクタなのだと思う。

僕は、ティッシュでペニスを拭うと、とりあえずパジャマを着た。典子はさっき食べたのかもしれないが、僕はまだ夕ご飯を食べていない。
すっかりと冷めてしまった夕ご飯を食べながらも、頭の中はさっきの動画のことでいっぱいで、味も何もわからない。

明日、本当に典子はお客さんと店外デートをするつもりなのだろうか? プレイ中の一時のことだと思うが、典子はあのお客さんのことを好きになったと言っていた。もしかして、本気になってしまうようなことはないのだろうか?

僕は、不安でいっぱいだった。でも、不安が大きければ大きいほど、なぜか激しく勃起してしまう。オナニーをしようか迷いながら、結局明日のために我慢してしまった……。

次の朝、典子に起こされた。寝ぼけた頭で典子を見ると、典子はほとんど準備を終えていた。
典子は、肩までの髪をしっかりとカールして、ふわっとした感じにしている。そして、薄手のニットにピンク色のミニスカートをはいていた。胸元がざっくりと開いた感じのニットは、巨乳の典子が着ると、破壊力がすごい。少しかがむと、豊かな胸の谷間がチラチラと見えてしまいそうだ。

ミニスカートは、お気に入りのかわいい感じのフレアスカートで、太ももがなまめかしく見える。僕とのデートでも、こんなに気合いを入れることはなくなっていると思う。僕は、やる気満々の姿を見て、すでに嫉妬心が湧き上がっていた。

『ほら、早く準備しないと。置いてっちゃうよ〜』
可愛らしい笑顔で言う典子。僕は、典子がいつも以上に可愛く見えた。

僕は、慌てて顔を洗って歯を磨いた。典子は、鼻歌交じりに朝食を作っている。コーヒーのいい匂いと、ソーセージの焼けるいい匂いがしてくる。

そして、朝食を食べ始めると、
『どうする? 本当に見学するの?』
と、典子が少し不安そうな顔で聞いてきた。僕は、
「うん。見学したい」
と、すぐに答える。
『絶対に、嫌いになっちゃダメだからね。約束して。何があってもずっと一緒だって』
典子は、真面目な顔で言ってくる。僕は、もちろんだよと言った。
『ダメ。ちゃんと言って』
典子は、真剣な顔のままだ。僕は、何があってもずっと一緒だと言い直した。すると、典子は子供のような無邪気な笑みを浮かべ、ありがとうと言った。

でも、そんな可愛らしくて一途な典子はすぐに消え、僕を挑発するような感じに戻ってしまった。ソーセージをフォークに刺して僕の方に向けながら、
『明憲のって、これくらいだよね。今日の新藤さん、これの3倍はあるんだよ』
と、ソーセージをいやらしい舌使いで舐めた。僕は、典子のニットに乳首が浮いているのに気がついた。ブラジャーをしていないのかと質問すると、
『うん。だって、どうせすぐ脱いじゃうから』
と、いたずらっぽく言う典子。僕は、今日はどうなってしまうのだろう? と、不安でいっぱいだった。

そして、車で出かけた。典子の指示通りナビをセットし、運転を始める。少しすると、典子のスマホに電話がかかってきた。

『あ、新藤さん、おはようございます。今日は、よろしくお願いしますね』
そんな風に会話を始めた典子。僕は、典子がほかの男……しかも、風俗店のお客と通話し始めたのを聞き、嫉妬で気持ちが乱れてしまった。lineでメッセージのやりとりをするだけではなく、通話までしてしまう……。僕は、なぜだか泣きそうな気持ちになってしまった。

『はい。予定通りですよ。見学したいって』
典子は、楽しそうに会話を続ける。
『そうですよね〜。ヤバいですよね』
楽しそうに会話を続ける典子。僕のことが話題になっているようだ。
『気にしなくていいですよ。新藤さんの好きなようにしてくださいね。えっ? もちろん不要ですよ』
典子はそんな風に言う。
『だって、全然違うんだもん。ヘヘ。そうですよ。淫乱ですよ』
典子は、本当に楽しそうだ。そして、興奮してもいるようだ。すると、典子はスカートの中に手を突っ込んでまさぐり始めた。すぐに息づかいが荒くなる典子……。
『どうしよう。もう我慢できなくなっちゃった。新藤さんのおちんちんのこと考えたら、うずいちゃうよぉ』
典子は、荒い息づかいでオナニーをする。助手席で、ほかの男と通話をしながらオナニーをする典子……。僕は、興奮しすぎておかしくなりそうだった。

典子は、男性と会話をしながらオナニーを続けていく。どんどん息づかいが荒くなり、あえぎ声も漏れっぱなしになっている。
『新藤さん、イッちゃう、もう、イキそうなの』
典子は、甘えた声で言う。
『い、いじわる言わないで。だって、もうイクの、イキそうなの』
典子は、切なげな声で言う。でも、典子は手を止めた。そして、電話を切ると、
『まだイッちゃダメだって。イジワルされちゃった』
典子は、切なげな声で言う。そして、乱れたスカートを戻し、指先をティッシュで拭う。
すると、目的のホテルに到着した。ラブホテルだが、かなりおしゃれな感じだ。一見、シティホテルに見えなくもない。

駐車場に車を停め、中に入る。入ってすぐにフロントがあり、人がいた。無人のパネルで選んで部屋に入ると思っていたが、普通のホテルのようなシステムだ。典子は、予約したことを告げる。すると、すでにお連れ様は到着していますと言われた。
典子とエレベーターに乗り込み、階数ボタンを押す。
『さっきの人、どう思ったかな? 3Pするって思ったかな?』
典子は、興奮を隠しきれない感じだ。確かに、どう思われたのかは気になる。でも、今時こんなケースはよくあるんだと思う。

ドアをノックすると、すぐに返事があってドアが開いた。
「こんにちは。どうぞどうぞ」
男性は、少し緊張気味の顔で私たちを招き入れてくれた。
「今日は、よろしくお願いします。奥様、お借りしますね」
男性は、まっすぐに僕を見ながら言う。僕は、すでに萎縮してしまっていた。彼は、すでにバスローブ姿だ。逞しい身体がチラチラと見えている。
見るからに、肉食系というか、ガテン系の雰囲気だ。僕とは正反対の男性だと思った。

僕は、こちらこそよろしくお願いしますと言った。すると、男性はすぐに典子を抱き寄せ、僕に見せつけるようにキスをした。そのまま、舌を差し込んで典子の口の中をかき混ぜ始める彼……。遠慮なしだ。

典子は、一瞬僕の方を見たが、すぐに男性に腕を回して抱きつき、舌を使ってキスを始めた。
まだ、部屋に入って1分もたっていない。それなのに、二人は濃厚なキスをしている。絡み合う舌、そして、クチョクチョという湿った水音。僕は、圧倒されてしまった。

典子は、男性とキスをしながら彼の股間をまさぐり始めた。典子は、激しくキスをしながら、男性のズボンの上から股間をまさぐっている。そして、キスをしたまま器用にズボンのファスナーを降ろしていく。

典子は、キスをしたまま彼のズボンとパンツを膝まで降ろすと、すぐにひざまずいてペニスをくわえてしまった。もう、我慢出来ないという感じだ。
「おぉ、いきなりかよ。ホント、旦那が見てるのに淫乱だな」
彼は、勝ち誇ったように言う。僕は、悔しいと思いながらもすでに興奮しきっていて、恥ずかしいほどに勃起していた。

典子は、一言も口を聞かないままフェラチオを続けていく。典子の舌が、信じられないほど大きなカリ首をいやらしく舐め回していく。

まだ一日しか働いていないが、すでにヘルス嬢としてのテクニックを身につけたように見える。
「そんなにガッついたら、すぐイッちまうよ」
男性は、半ばあきれたように言う。典子は、彼の睾丸の根元を舐めながら、
『良いよ、いっぱい出して。熱い精液、顔にかけて欲しい』
と、興奮した口調で言う。顔にザーメンをかけられるのを望むなんて、確かに淫乱すぎると思う。
すると、男性はわかったと言って自分でペニスをしごき始める。そして、すぐに典子の顔めがけて射精を始めた。大きいペニスだからか、飛び出すザーメンの量も驚くほど多い。

典子は、まぶたや頬、鼻筋にザーメンをかけられながら、荒い息遣いをする。そして、いつの間にかスカートの中に手を入れて、激しくまさぐっていた。

「ふう、ノリコちゃん、ヤバいね。マジで淫乱すぎるでしょ」
男性は、満足げに言う。そして、僕の方を見て、
「いきなり、すんません。今日は、遠慮無くオナニーして下さいね」
と、軽く笑いながら言う。僕は、バカにされた気持ちで怒りを感じたが、何一つ言い返す事が出来ずに奥のソファに座った。

典子は、
『すっごくいっぱい出たね。顔にかけられて、イッちゃった』
恥ずかしそうに言う典子。その顔は、ザーメンまみれだ。自分の妻が、他人のザーメンでドロドロになっている姿は、あまりにも衝撃的だ。

「全部飲めよ」
男性は、短く命令する。すると、典子はトロンとした顔になり、顔に飛び散っているザーメンを指で口にかき集め始めた。口いっぱいになったザーメン。典子は、急に僕の方を見た。そして、大きく口を開けると、口の中のザーメンを見せてくる。
僕は、驚きと興奮で息が止りそうになった。典子は、そんな僕をあざ笑うように口を閉じ、それを飲み干してしまった。

典子は、ニコッと笑いながら口を開ける。口の中はすっかりと空っぽで、全部飲んでしまったようだ。

『飲んじゃった。美味しかったよ』
典子はそんな事を言う。そして、すぐに男性に向き直ると、
『どうしますか? 続けて出来ますか? それとも、一回シャワー行く?』
と、典子はうわずった声で聞く。男性は、射精してもまだ勃起したままのペニスを誇示しながら、
「すぐ欲しいんだろ?」
と、言った。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

ガニ股調教 美咲ゆう


ニセ芸能事務所の所属タレント募集に応募してきた女はファッション誌のモデル志望。そんな女に芸能業界のコネをチラつかせ卑猥なガニ股のポーズを強要。夢へ直向きな女につけ込み強制的にガニ股にさせイラマチオや玩具責めで調教開始。快楽を与え続け徐々に身も心も支配していく。

快楽を求めて貪り合う、コスプレ巨乳美女の濃厚SEX 天音ありす


天然Hカップ女優「天音ありす」がスク水、眼鏡っ子、ネコミミ、体操服など様々なコスプレ姿で濃厚に絡み合う!愛液で溢れたまんこに蓋をするようにバイブを挿入されながら、頬を窄めて一心不乱に男のモノを咥える天音ありす。そのまま挿入されると淫らに腰を振り、身体にオイルをまぶされながら歓喜の嬌声をあげる!濃密かつ濃厚な時間の中で、発情した女はダラダラと体液を垂れ流し、互いに性器を貪り合う……!

泥酔させれば楽勝セックス~叔母編~


「もっとぉっ!もっと若いオチンチンっ…叔母さんにちょうらいぃっ!あはぁあんっ……!」

お正月の夜深く。居間にいるのは、泥酔して眠っている美人な叔母と従姉、そして、僕…。
これはすごいチャンスだ、でも…どうしよう…どっちにしよう…?
う~ん……

→叔母
従姉

「よし、叔母さん!君に決めた!!」

サークル「ソーラレイ」モーションコミックシリーズ第2弾!泥酔しきった親戚に、Hなイタズラ仕掛けちゃえ!大ヒット泥酔姦ADVゲーム、またもやsurviveが動かしちゃいました!
今回のターゲットは熟れはじめの豊満ボディーが魅力の叔母、「麻里子」さん!!
夜ごとに激しさを増すあなたのイタズラに、眠っていたはずの叔母さんもいつしか…!?

続きを読む

ちちざかり


花の盛りを迎えたフーターズをチチから一杯抱き締める胸熱短編集です。
二日酔いをセックスで解消する酔いどれカノジョや腰振るき良き日本のおもてなしを実践するパツキン母娘ほか、感度計を振り切る絶品チチオトメを爆乳荷。
食べても食べてもなくならないオパイ得な1冊です。

カネが欲しい彩音は、新婚の身にも関わらず、中年オヤジとの○交に


危険日なかだしギャル妻援交
今回、なじみの○交相手である美香が連れてきたのは、‘センパイ’の彩音だった。

日焼けした肌にムチムチとした身体、きわどい恰好の彩音はギャルそのもの。
旦那の稼ぎが悪いのか、彩音の金遣いが荒いのか……
とにかくカネが欲しい彩音は、新婚の身にも関わらず、中年オヤジとの○交に手を染める。

意外にも、旦那との淡泊なセックスしか知らなかった彩音だが、中年オヤジのねちっこいテクニックに溺れ、危険日にも関わらず執拗に中出しを求めるドエロな女へと変わってゆく――

続きを読む

【メス堕ち♂】男の子を金で買い続けた結果…


お金に釣られSNSで知り合った男とホイホイ出会ってしまったノンケ少年。

思春期らしい小生意気な雰囲気の少年が男に金で買われ、
次第に自分を女の子として意識。メスとして淫乱化していく内容です。


◆収録内容

最初は半ばレ〇プ気味に男同士のセックスを強要され、逆フェラやキスをされたりします。

思春期男子が騙されて一週間オナ禁!その敏感なチンコをねっとり弄られ我慢汁大量!
乳首を舐められ弄られたりとカラダを弄ばれる内に次第に女の子の感覚を意識していき…。


後半では服屋の試着室で上半身は友達と会話、下半身は男に好き放題されるという奇異な状況に!
女装して街を歩いて野外セックスや見知らぬ男達に捕まり集団セックスにまで発展…!?

続きを読む

ビッチな男の娘にならむしろしてやられたい


素顔はV系美少年な緒方ひかる君は、何ともエロい目をしたヤラしい男の娘に変身!まだまだ女装慣れしてなくて、照れや恥じらいも残るなか、自ら腰振る小柄でスレンダーな体はどんどん敏感に。やっぱり本性は、掘られても起っちゃうガチガチンポから濃厚オチンポミルクびゅくびゅくなエロい娘です。

結 -ゆい-


クラスでも目立たないタイプの少年「結」は
女装というひそやかな趣味を持っていた

一人で女装オナニーしながらずっと期待していたこと
経験豊富な相手に自分の中の犯されたいという期待を暴かれ白状させられながら
敏感な体をいじられ激しく犯される
期待と羞恥の中のはじめての体験にとまどいながらも結は未知の快楽に流されていく

神になったゲス男がムチムチ女子と催眠ガチギメS○Xするだけの話


30まで童貞を守り魔法使いになって早十年
そこからの人生は世界が変わったように充実したものとなった
近所にかわいい娘がいればすき放題に犯し
飽きれば他の男が使えないようにズルズルマ○コに拡張し放流
彼氏持ちなら男の前で妊娠するまで犯し続け精神を破壊

そんなクズ男が見つけた今回の獲物は、、、、

続きを読む

ヲタサーの姫。01 長谷川るい


プレステージ専属女優『長谷川 るい』がアニメ研究会に入部!待望の女子部員となった彼女は、女性に免疫がないオタクたちにとってお姫様!オタクたちの願いを叶えつつ、あざとくおねだりする彼女は部員たちを悩殺!終電を逃してしまった姫を自宅に泊めてあげた部長。オタクであることに後ろめたさを感じていたふたりは、慰めあうようにセックスへ!ある日道端で出会った男性に姫は恋をしてしまう。サークルを休んで彼と会う姫の姿を見た部長は、部員たちとともに姫への制裁を決意する…。

寝取られ電子書籍


強気な姉さん女房が寝取られ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
478位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
24位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ランキング

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 220

紹介文:ブロマガの体験談は、本ブログだけのオリジナルです。
他では読むことが出来ないものだけです。
姉妹サイトのNTR使える寝取られサイト、エッチな体験談や萌えた体験談ブログとは違い、アブノーマルな話だけを紹介します。

姉妹ブログとは違い、スカ、グロ、暴力、ゲイ、等々、一般受けを考えずに、好きに書いています。

また、このブロマガは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のブロマガは全て読むことが出来ます。また、月が変わっても、購入した月のブロマガはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、FC2より私へは一切通知されませんのでご安心下さい。
また、FC2ポイントは銀行振り込みやペイジー、コンビニ決済、銀行ATMで購入できますので、クレジットカードを利用しなくてもブロマガ購入できます。
※無断転載は禁止します。
筆者のブロマガ一覧です
http://netoraretaiken.com/
blog-entry-9059.html

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。