このブログのオリジナルコンテンツ一覧

初めてできた恋人は、黒髪巨乳で後ろまで調教済みだった4(転載禁止)

前回の話

僕は、勃起しすぎて破裂しそうになっているペニスを、ズボンの上から掴んでしごき始めました。画面の中では、加奈子が歓喜の声をあげながら、手首と足首を連結された状態で四つん這いになっています。

『ご主人様、嬉しいです。やっと入れてもらえた』
加奈子は、あえぎ声をあげながら嬉しそうに言います。僕は、このとき電話を切って脳天気に翌日の加奈子とのセックスの事を考えていました。まさか、僕と通話中に生ペニスで貫かれているとは気がつかずに……。

「彼には入れてもらってるだろ?」
男性がまとわりつくような言い方をします。
『でも、小さいから。ご主人様のおチンポ、一番奥に当たってます。ヨシ君のじゃ届かないところまで届いてます』
加奈子は、興奮しきった声で言います。僕は、そんな風に言われているのに、ひたすらにペニスをしごき続けてしまっています。
自分でも、どうしてこんなに興奮するのかわからないまま、ズボンの上からのオナニーを続けています。

「気持ちいいのか?」
男性は、腰を振りながら質問します。
『気持ちいいですっ。ご主人様、愛してますっ。もっと、もっと強くしてぇ』
拘束具で無理矢理四つん這いにされているような格好なのに、加奈子は本当に気持ちよさそうにあえぎ続けています。すると、男性はペニスを入れたまま加奈子の手首と足首を連結しているベルトのようなものを外しました。

「自分でしてみろ」
男性はそう言うと仰向けに寝転がりました。天井に向けてそそり立つ大きなペニス。僕は、ズボンとパンツを降ろしました。そして、画面の中のペニスと見比べます。

まるで、大人と子供……。そんな感じがするほどに、大きさに圧倒的な差があるようです。加奈子は、制服姿のまま、彼にまたがりました。この前の僕とのセックスの時、彼女は同じ格好をしてくれました。僕とのセックスのために、昔の制服を持ってきてくれた……。そんな風に考えていました。

僕は、当たり前のように避妊具無しのペニスにまたがってしまった彼女を見て、自分が悪い夢の中にいるような感覚になっていました。さっき、彼女はその男性に膣挿入をしてもらうために、急いで彼氏を作ったと言いました。
僕は、加奈子の気持ちがわからなくなってしまいました。僕の事を、本当に愛しているのだろうか? そんな疑念がわいてきます。でも、それ以上に、この動画を見た後で彼女との交際を継続出来るのだろうかという疑問もあります。

『あぁぁ、深い、奥まで届いてるぅ』
加奈子は、深い快感の声をあげます。そして、すぐに腰を上下に激しく動かし始めました。僕とは、一度もした事のない騎乗位……。いつも、恥ずかしそうにされるがままの彼女……。
画面の中では、慣れた動きで腰を上下に動かし続けています。

『あっ、あっ、気持ちいいっ、ご主人様のおチンポ、本当に気持ちいいですっ!』
僕は、見た事もないはしたない彼女の姿を見ながら、オナニーを始めました。少ししごいただけで、あっという間に射精感がこみ上げてきます。

「彼のじゃ満足出来ないのか?」
男性がからかう口調で質問します。
『出来ないです。だって、ちっちゃいし、すぐイッちゃうから』
加奈子は、そんな風に言います。
「どうせ誰でも良い彼氏なら、チンポ大きなヤツにしとけば良かったか?」
男性は、そんなひどい事を言います。
『そ、それは……。そんな事はないです。ヨシ君優しいし……好きです』
加奈子は、困ったような口調で言います。僕は、少しだけ救われた気持ちになりました。

「じゃあ、もうやめるか? 彼氏にしてもらえば良いだろ」
男性は、ぶっきらぼうに言います。もしかしたら、少し嫉妬をしたのかもしれません。

『ダメです。このおチンポが良いっ。ご主人様のおチンポ、全然違います。気持ちいいのっ、全然違うのっ』
加奈子は、そんな言葉を口にしながら猛烈な勢いで腰を振り続けています。加奈子の腰の動きは、上下のピストン運動から前後のグラインドに変わっていきます。ヘソから下だけを器用に動かす加奈子……。まるで、AV女優のような滑らかな動きです。

『あぁ、イキそう。イッてもいいですか? ご主人様、イッてもいいですか!?』
加奈子は、本当に気持ちよさそうに叫びます。男性は、自分からは動く事はなく、加奈子を黙って見つめています。
「彼氏に謝りながらイケ」
男性は、楽しそうに言いました。
『ヨシ君、イッちゃうっ、ヨシ君じゃないおチンポでイッちゃうっ! ゴメンね、気持ちいいのっ! ヨシ君のよりずっと気持ちいいのっ! イッてもいい? 良いよね? イクっ! イクっ! うぅあああぁっ! イクぅっ!!』
加奈子は、そんな言葉を吐きながら身体を震わせました。僕は、他の男のペニスでイッてしまった加奈子を見ながら、勢いよく射精を始めていました。

加奈子は、そのまま彼の胸に倒れ込んでいきます。そして、加奈子の方からキスを始めます。むさぼるようにキスをする加奈子。男性の方は、自分からはほとんどなにもしていないようです。
加奈子は、
『ご主人様、愛してます。中に出して欲しいです。ご主人様ので、オマンコいっぱいにして下さい』
と、卑猥な言葉を口にしながら腰なまめかしく動かしています。キスをしながら腰を動かし続ける加奈子……。僕は、イッたばかりのペニスが、すでにカチカチに勃起しているのを感じていました。

「中に出しても大丈夫なのか?」
男性は、そんな質問をします。
『大丈夫です。ご主人様のなら、いつでも大丈夫です』
加奈子は、すぐにそんな回答をしました。
「妊娠したらどうするんだ?」
男性は、そんな風に聞きます。
『ご主人様にご迷惑はおかけしません。その時は……ヨシ君と結婚します』
加奈子は、ボソッと言いました。僕は、ドキンとしながらも、なぜか異常なほど興奮してしました。

「ひどい女だな。彼は、他人の子供を育てるのか」
男性は、楽しそうに言います。
『だって、ご主人様は結婚してくれないでしょ?』
悲しそうに言う加奈子。
「まぁな。よし、じゃあ、しっかりと種付けしてやるか」
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

妻が不妊治療のため、精子を競わせようと言ってきた2(ブロマガ 転載禁止)

前回の話

麻友は、ただ微笑んでいるだけです。でも、なんとも言えないあふれ出るような妖艶な雰囲気がある気がします。
『お疲れ様。大丈夫? すぐ出来ますか?』
麻友は、少し恥ずかしそうに言います。私は、すぐに始めようと答え、そのまま寝室に移動しました。シャワーを浴びるのももどかしく、私は麻友を抱きしめました。
『あなた、愛してる。すぐに来て下さい』
麻友は、服を脱ぎながら言います。間接照明に浮かび上がる彼女の裸体は、まだどこもたるんでいない感じで、とても美しく見えます。でも、脱いだ途端に広がった精液の匂いに、私は嫉妬で息が苦しくなりました。

そして、私もすぐに服を脱ぐと、彼女を押し倒すようにして挿入しました。
『あぁんっ、あなた、すごく固い』
麻友は、気持ちよさそうに声をあげます。私は、いつもとは違う膣の感触に嫉妬心を大きくしながら、彼女にキスをしました。舌を絡ませながら腰を振ると、驚くほど早くイッてしまいました……。離れようとすると、
『待って、このまま。全部子宮に吸収してから……』
と、言いました。私は、そこで気がつきました。さっき、麻友は浩くんにも同じことを言っていました。浩くんとのセックスは、あくまで私の精液が彼の精液と競うための当て馬的なものだったはずです。
さっきの麻友は、浩くんの精液を子宮に吸収させようとしていた感じでした。浩くんの精液で妊娠する……。それは、あってはいけないことのはずです……。

『あなた、きっと妊娠できたよね?』
少し不安そうな顔で言う麻友。私は、きっと大丈夫だよと答えました。にっこりと笑いながらうなずく麻友……。私は、正直辛いなと思っていました。

しかし、やっぱり妊娠は出来なかったようで、1ヶ月後にまた浩くんが遊びに来ました。麻友も浩くんも、特に変わったところはなく、とてもセックスしている間柄には見えないです。

『そんなに慌てて食べなくてもいいよ。おかわりもあるから』
麻友は、ガツガツ夕ご飯を食べる彼に、優しく言います。麻友は、本当に優しい顔になっていて、まるで息子を見つめる母親のようです。
「ホント、麻友さんのご飯って美味しいです」
浩くんは、そんなことを言いながらおかわりをしました。私は、子供が出来るとこんな感じになるのかな? と、想像してしまいました。そのまま楽しい夕食の時間は続き、子作りの事を忘れていました。すると、
『あなた、食後のお散歩の時間じゃない?』
と、麻友に言われてしまいました。麻友は、落ち着いた顔です。とても、これから浩くんとセックスをするようには感じられない表情です。私は、そうだねと言いながら、リビングを出て玄関に向かいました。

結局、妊娠出来なかったんだなと少しがっかりしながらも、ホッとする自分もいました。今の状況で妊娠したら、それはきっと浩くんの種で妊娠したと言うことになると思います。私の精子では、確率は非常に低いからです。

私は、外に出ると、そのまま公園を目指します。歩きながらスマホを操作し、寝室に隠して設置したカメラにアクセスしました。イヤホンを耳につけ、公園のベンチに座ると、画像が表示されました。

テストしたのでよくわかっていますが、本当に鮮明に写っています。このためだけに、スマホのパケットプランも50ギガのものに変更しました。パケット量を気にせず、動画を見るためです。

ベッドの上には、腰にタオルを巻いた状態の浩くんが映っています。彼は、ベッドの中央であぐらをかくように座っています。麻友は、身体にタオルを巻いた状態でベッドの縁に座っています。
「なかなか妊娠って、しないもんなんですね」
浩くんがそんなことを言いました。
『そうね。でも、まだ2回でしょ? そんなに簡単に出来ないわ』
麻友は、そう答えます。その口調に緊張の色はなく、すっかりとこの状況にも慣れてしまった感じです。
「今日は、どうしますか?」
『もし浩くんがイヤじゃなかったらだけど、その……恋人とするみたいに……して欲しい』
麻友は、本当に恥ずかしそうに言います。顔も、赤くなっているのがわかる感じです。
「え? どうしてですか?」
戸惑う浩くん。
『うん。その方が、身体が受精モードになるんじゃないかなって。気持ちが入らないと、身体も反応しない気がするの』
「でも、正樹さんに悪くないですか? それに、僕とするのは競わせるためなんでしょ? 僕としてるときに受精モードになったら、本末転倒じゃないですか?」
浩くんは、そんなことを言います。確かに、彼の言うとおりだと思います。

『そんなことないわ。正樹さんとするときに最初から受精モードになってた方がいいでしょ?』
麻友は、そんな風に言います。
「そうですか……。じゃあ、どんな感じがいいですか?」
『任せるわ。彼女とするつもりでしてくれればいいから』
麻友は、そんな風に言います。すると、浩くんはそっと麻友の頬に手の平を当てました。そして、麻友の顔を上に向けます。少し見つめた後、そのままキスをしました。はじめはソフトに……そして、情熱的に舌を使ったキスが始まりました。

麻友は、何の抵抗もなく、それどころか自分からも舌を絡めて大人のキスをしています。私は、二人はすでにセックスまでしているというのに、たかがキスで信じられないほどのショックを受けてしました。嫉妬、怒り、悲しみ、いろいろな感情が渦巻くのがわかります。

でも、二人のキスは激しくなるばかりで、お互いに抱き合うような格好になってキスをしています。浩くんは、いったん唇を離します。そして、舌を突き出します。すると、麻友は彼の舌をついばむように舐め、口の中に入れて吸ったりしています。
どう見ても、キスを楽しんでいる……そうとしか見えない感じです。セックスして中に出される……それも異常な状況ですが、まだ許せるというか、子作りのためには仕方ないと思える私がいます。でも、キスは不要のはずです。ただ精液を競わせるのが目的ならば、事務的にするだけでいいはずです。

すると、今度は麻友が舌を突き出し始めました。浩くんは、麻友の舌に舌を絡め、同じように口に含んで吸ったりします。麻友は、嫌がるどころか嬉しそうです。

そして、浩くんはキスをしたまま麻友のタオル越しに胸を揉み始めました。小柄なのに、胸は大きい彼女。タオルの上からでも、柔らかい大きな胸が複雑に形を変えるのがわかります。麻友の息遣いが荒くなってくると、麻友は同じように浩くんのペニスをタオル越しに握り始めました。
二人は、キスをしながらお互いを愛撫し続けています。そのうちタオルも外すと、直接刺激を始めました。激しく舌を絡めながら、お互いを愛撫する二人……。本当に、恋人同士のような感じになってしまっています。

荒い息遣いの麻友。他の男の手で、感じさせられている……。私は、夫として強いショックを受けながらも、さっきから戸惑うほどに勃起しています。興奮する要素など何もないはずなのに、怒りや嫉妬よりも興奮が高まっていることに自己嫌悪すら感じそうです。

麻友は、彼の唇から唇を離すと、そのまま彼の乳首を舐め始めました。乳首を舐めながらペニスをしごく麻友……。私は、やっぱり強いショックを受けてしまいます。
「気持ちいいです。あぁ、ヤバい」
気持ちよさそうな声をあげる浩くん。本当に気持ちよさそうなのが伝わってきます。
『もっと、気持ち良くなって』
麻友は、そんなことを言いながら彼の乳首を舐め続けます。
「でも、僕が気持ち良くなっても意味ないんじゃないですか?」
浩くんは、そんなことを言います。
『そんなことないわ。浩くんが感じてるの見ると、私も興奮しちゃうもの』
麻友は、興奮気味の声で言います。妻が他の男に対して欲情するのを見るなんて、夢にも思っていませんでした。すると、浩くんはいきなり麻友の股間あたりに手を滑り込ませました。
『キャッ、ダ、ダメよ』
慌てる麻友。彼は、すぐに手を抜きました。
「ホントですね。麻友さんもメチャ興奮してる」
浩くんは、指先を麻友に見せながら言いました。彼の指先は、スマホの小さな画面でもわかるほど濡れて光っています。麻友は、恥ずかしそうに顔を赤くしながら、
『だって、浩くんのすごく固くなってるから。この前のこと思い出しちゃったよ』
麻友は、完全に雌の顔になっている感じです。夫の親族に見せる顔ではない感じです。
「じゃあ、続けますね。いっぱい気持ち良くなって、受精モードになって下さいね」
浩くんはそんな風に言って麻友をベッドに仰向けに寝転がらせる。そして、麻友の乳首を舐め始めました。
『うぅっ、あっ、んっ、気持ちいい』
麻友は、とろけたような声で言います。浩くんは、もう片方の胸も指で触りながら、乳首を舐め続けています。麻友は、声のトーンがさらに高くなり、なんとも言えずなまめかしい声になっています。

しばらく乳首を責め続けていた浩くんは、そのまま下に下がっていきます。麻友のお腹にキスをしたり、ヘソを舐めたりしながら下腹部に移動していくと、麻友はスッと脚を広げてしまいました。
浩くんは、麻友のアソコに顔を近づけ、舌を這わせていきます。麻友は、抵抗することも恥ずかしがることもなく、浩くんにアソコをさらけ出しています。

ピチャピチャという湿った音が響き、麻友の声もどんどん大きくなっていきます。
『うぅっ、あっ、アンッ、気持ちいい、ダメ、イッちゃうわ、もう、来て、入れてっ』
麻友は、余裕のない声で叫びました。すると、彼は舐めるのをやめ、麻友の横に座りました。
「今度は、麻友さんが舐めてよ」
大きなペニスをさらけ出しながら、そんな指示をする彼……。それにしても、立派なペニスです。太さも長さも、私の比ではない感じです。

『イジワル。じゃあ、舐めるわよ』
麻友は、少しだけ不満そうに言うと、すぐに彼のペニスを舐め始めてしまいました。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

興味本位で姉の制服に袖を通したことから人生が大きく変化してゆく


○され願望女装少年
一見女の子にも見えるがれっきとした♂な主人公アユム。ある日興味本位で姉の制服に袖を通したことからアユムの人生が大きく変化してゆくことになる…

■制服で輪○、水着で野外セッ○ス、メイド姿で調教etc

基本CG17枚+差分37枚。
台詞無し差分54枚+高解像度版108枚
おまけの服無し差分108枚など、合計324枚を収録。

画像はjpgで通常版(900×675)のほかに高解像度版(1800×1350)
の2種類収録されています。

オンマウスで効果音消去可能。
TOPページから好きなシーンに飛ぶ事が出来ます。

続きを読む

ふたなりエルとルドガーの愛棒スープ


テイ○ズオブエク○リア2、ふたなり逆アナル本。

カナンの地へ行くと約束したル○ガーとエ○、一緒に生活してるうち仲が深まっていくがまだ知らない事もあった…!?

ふたなり巨根ロリに青年が押し切られて掘られてしまう…
逆手コキ、食ザー、逆フェラ、逆アナル。ふたなりだったエ○に翻弄されまくる漫画です。

着衣のみで露出はありませんのでご注意ください、逆転一切無しです。
ネタバレはないので元ネタを知らずとも読める構成となっております。

続きを読む

寝取られ電子書籍


強気な姉さん女房が寝取られ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
451位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
18位
アクセスランキングを見る>>

おすすめ動画

検索フォーム

ランキング

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:マガブロの体験談は、本ブログだけのオリジナルです。
他では読むことが出来ないものだけです。
姉妹サイトのNTR使える寝取られサイト、エッチな体験談や萌えた体験談ブログとは違い、アブノーマルな話だけを紹介します。

姉妹ブログとは違い、スカ、グロ、暴力、ゲイ、等々、一般受けを考えずに、好きに書いています。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読むことが出来ます。また、月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、FC2より私へは一切通知されませんのでご安心下さい。
また、FC2ポイントは銀行振り込みやペイジー、コンビニ決済、銀行ATMで購入できますので、クレジットカードを利用しなくてもブロマガ購入できます。
※無断転載は禁止します。
筆者のマガブロ一覧です
http://netoraretaiken.com/
blog-entry-9059.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。