このブログのオリジナルコンテンツ一覧

電車で出会ったまるで天使のような痴女


電車で出会ったまるで天使のような痴女

なんの変哲も無い、ごく普通のサラリーマンである俺。
出張で中部地方の得意先に電車で向かっている時に
それは…起きた。
平日の昼過ぎには似つかわしくない
セーラー服姿のあどけない表情の美少女…。
そんな彼女がなんと、おもむろにスカートをたくしあげ…
そして、露出した○成熟なワレメを俺に見るように懇願してきたではないか!

「もっと見て!食い入るように見てください」

見た目は純真、清純無垢のように見え、
天から舞い降りた天使とも思えるほどの美少女。

続きを読む

初めてできた恋人は、黒髪巨乳で後ろまで調教済みだった完(転載禁止)

前回の話

僕は、ペニスを握ったまま完全にフリーズしていました。ドアが開いた音すら気がつきませんでした。加奈子は、妖艶な笑みを浮かべたまま近づいてきます。僕は、言い訳のしようもない状況に、ただ固まっていました。

『やっぱりオナニーするんだね。私が他の人とエッチしてるのって、そんなに興奮するの?』
加奈子は、すでに僕のすぐ横にいます。僕は、慌てて動画を止めようとしました。でも、加奈子は僕からリモコンを取り上げ、
『良いよ、続けて。私も見たいから、一緒に見ようよ』
と、言いました。加奈子は、僕の横に座ると、本当に画面を見始めます。画面の中では、男の子とイヤらしいキスをしながら正常位で繋がる加奈子が映っています。

『あんなに本気でキスしてたんだ。ゴメンね。気持ち良すぎて夢中になっちゃったみたい』
加奈子は、そんな風に言います。僕は、どうして良いのかわからないまま、ペニスを握り続けています。
『ねぇ、動かさないの? オナニーしてるところ、見せてよ』
加奈子は、楽しそうに言ってきます。僕は、逡巡しましたが、結局ペニスをしごき始めました。加奈子に見られながらオナニーをする……それは、今まで感じた事のない快感を感じるオナニーでした。

加奈子は、楽しそうに僕のオナニーを見ながら、画面の方も見ています。画面の中では、とろけた顔の加奈子が、
『気持ちいい。奥にガンガン当たってるよ。ねぇ、もっと押し込んで。うぅっ、そう、気持ちいいっ! おチンポ大きくて気持ちいいよっ』
と、声をうわずらせながら卑猥な言葉を言います。僕は、思わず握っている自分のペニスを見ました。手の平に、ほとんど隠れてしまっているペニス……。画面の彼と比べると、短すぎて悲しくなります。

『ヨシ君のじゃ届かないところ、いっぱい突いてもらったんだよ。ねぇ、知ってる? 私、奥が気持ちいいんだ』
加奈子は、いじめっ子の顔で言います。僕は、加奈子はどちらかというと奥手で、SかMで言ったら間違いなくMだと思っていました。でも、それは完全に思い込みだったみたいです。

僕は、あえぐような口調で、どんな風に気持ちいいの? と、質問していました。
『幸せな気持ちになるんだよ。子宮におチンポ当たるたびに、天国が近づいてくるの。ヨシ君は、一回も連れて行ってくれないけどね』
加奈子は、そんな風に言います。でも、馬鹿にしている感じもなければ、僕を嫌いになった感じもありません。僕は、僕とのセックスは気持ち良くないの? と、質問しました。
『そんなことないよ。大きなおチンポと比べると全然ダメだけど、気持ちいいよ。ヨシ君、愛してる。私の事、嫌いになった?』
加奈子は、さっきまでの小悪魔っぽい顔が消えて、少し心配そうです。僕は、嫌いになってないと言いました。そして、愛しているとも言いました。
『良かった。でも、こんなの見ても嫌いにならないなんて、ヨシ君ってすごいね』
加奈子は、感心したように言います。僕は、確かに自分でも異常だと思いました。

『ねぇ、ヨシ君の入れても良い? 見てたら、したくなっちゃった……』
加奈子は、顔を真っ赤にして恥ずかしそうに言います。僕は、画面の中の加奈子と、目の前にいる加奈子が同一人物とは思えないような気持ちになりました。僕は、画面と加奈子を交互に見ながら、黙ってうなずきます。すると、加奈子はすぐに服を脱ぎ始め、完全に全裸になるとまたがってきました。

加奈子はためらいもなく対面座位で挿入すると、
『やっぱり、届かないね。全然短いよ。でも、大好きだよ』
と、言いながらキスをしてくれます。僕は、すぐに射精してしまいそうになりながらも、夢中で舌を絡めました。

画面からは、加奈子のあえぎ声が響き続け、僕はより興奮が高まっていきます。
『イクっ! イクっ! おチンポイクぅっ!』
加奈子は、可愛い顔からは想像も出来ないような卑猥な言葉を口にし、身体を震わせます。僕とのセックスではまず見ないような激しい感じ方です。僕以外の男性とセックスをし、僕とするときよりも感じてしまう加奈子……。でも、興奮は高まるばかりです。

『ゴメンね。ヨシ君のじゃないので、イッちゃった』
加奈子は、僕の耳元でセクシーな口調で言います。僕は、そんなに気持ち良かったの? と、質問しました。
『うん。見てたらわかるでしょ? ヨシ君のじゃ、届かないところたっぷり可愛がってもらったんだ』
加奈子は、そんな風に言いながら、腰をグイグイと押しつけてきます。でも、僕のペニスは奥に突き当たる感触がありません。世の中、本当に不公平だなと感じます。ペニスの大きさ……。それを、こんなにも意識した事はありません。

画面の中では、加奈子がイヤらしく腰を振っています。でも、急に動きを止めると、加奈子は四つん這いになりました。
『ねぇ、こっちにも。我慢出来なくなっちゃった。ガバガバだけど、許してね』
加奈子はそう言って自分でアナルを押し広げていきました。カメラの角度的に、アナルの状況は見えません。でも、拳すら入るアナルです……。きっと、ポッカリと穴が開いたようになっているんだと思います。
「え? 良いんですか? 痛くないんですか?」
男の子は、戸惑ったような顔で言います。
『平気。綺麗にしてあるし、ローションも中に入ってるから。早くぅ、そのぶっといおチンポ、ハメて』
お尻を振りながらおねだりをする加奈子。その淫乱ぶりは、僕の知っている加奈子からはほど遠いです。

男の子は、戸惑いながらもペニスを押し当てます。そして、ぐいっと一気に腰を突き入れました。
『うぅあぁっ、気持ちいいっ! おチンポ大っきいよぉ』
加奈子は、嬉しそうにとろけた声をあげます。そして、男の子は腰を振り始めました。
『アンッ、あっ、気持ちいいっ、ケツマンコ気持ちいいっ! オマンコより気持ちいいのっ! もっとしてっ! ガンガン突いてっ』
加奈子は、卑猥な言葉を口にし続けます。

すると、僕と対面座位で繋がっている加奈子が、
『ヨシ君もお尻に入れてみる?』
と、少し恥ずかしそうに聞いてきます。僕は、この恥じらっている加奈子と、アナルにハメられて卑猥な言葉を口にする加奈子が、同じ人間とはとても思えません。
僕は、入れてみたいと答えました。すると、加奈子はスッと腰を上げ、そのまま少しだけ身体をずらすと、ストンと腰を落としました。膣よりも熱い肉に包まれる感触……。僕は、思わず声を漏らしました。
『どう? ガバガバで気持ち良くないでしょ』
加奈子は、恥ずかしそうに言います。僕は、確かに緩いと感じていました。なんとなく、イメージではアナルは強烈に締まるものだと思っていました。でも、実際に挿入してみた加奈子のアナルは、使い古したオナホのようにほとんど感触がありません。僕は、こんなに拡がって大丈夫なの? と、質問しました。

『うん。オムツとかは必要ないよ。でも、両手が入るようになったら、必要になっちゃうかな?』
加奈子は、やっぱり恥ずかしそうに言います。恥じらいながら話す加奈子ですが、話している内容は恥じらいとは無縁の恐ろしい内容です。

「ま、まだ拡げるつもりなの?」
僕は、激しく動揺しながら質問しました。今ですら、もう後戻り出来ない身体になっているのに、さらにそれ以上?
『うん。ご主人様がしたいって言うから』
加奈子は、そんな風に言います。僕は、彼の事が好きなのかと聞きました。
『うん。好き。でも、ヨシ君の事も好きだよ。ヨシ君と結婚したい』
加奈子は、そんな風に言います。僕は、どうして彼と結婚しないのかと聞きました。
『そういうのじゃないの……。ヨシ君と、幸せな家庭を作りたい。ご主人様は、恋人じゃないから。ご主人様は、ご主人様なの』
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

妻が不妊治療のため、精子を競わせようと言ってきた4(ブロマガ 転載禁止)

前回の話

『フフ。あなた、きっと妊娠したと思う。なんか、手応えがあったよ』
麻友は、幸せそうな顔で言います。私は、当然手応えなどありません。でも、麻友の幸せそうな顔を見て、きっと大丈夫な気がしていました。

ついさっきまで、浩くんと激しいセックスをしていた麻友……。でも、そんなことはまるでなかったように、麻友は私に抱きつき、甘えた仕草を見せています。


麻友は、浩くんとセックスをしているとき、私の目を気にして声を抑えていました。私以外の男性とセックスをしているのに、感じてしまうことに罪悪感を感じているようでした。でも、私は正直に言って、麻友が他の男とセックスをする姿に興奮していました。
私とする時よりも感じる麻友に、嫉妬を感じながらも興奮を感じていました。どうしてそんな風に感じるのかわかりませんが、今までの人生で感じたことのないほどの興奮を感じていました……。

そして数日経過し、麻友に生理が来てしまいました。でも、不思議と麻友は落ち込んでおらず、
『次はきっと大丈夫だよ!』
と、明るい笑顔で言います。浩くんとこんなことを始める前の麻友は、いつも暗い表情でした。思い詰めたような雰囲気でした。私は、麻友に明るさが戻ったことを喜びながらも、もしかして浩くんとのセックスが楽しみになっているのではないか? と、疑念も感じていました。


そして、次の周期、いわゆる危険日が来ました。浩くんは昼前にはウチに訪れ、一緒に昼ご飯を食べました。
楽しそうに食事をしながらも、会話は子作りのことばかりです。
「今日は、交互に何回もしてみたら良いんじゃないかな? お互いに一回だけだと、確率が下がるんじゃない?」
浩くんは、そんな意見を言います。
『そうね。でも、あなた、出来ますか? 休憩長めに取れば平気?』
麻友は、心配そうに質問してきます。確かに、私は一度射精してしまうと、なかなか回復しません。でも、麻友が浩くんとしているのを見るときは、違うようにも感じます。

「じゃあ、シャワー浴びてきますね」
食事が終わると、早速浩くんがそんなことを言います。麻友は、
『朝浴びたんでしょ? 時間もったいないし、そのままで良いわ。寝室行きましょ』
と、そんな風に言います。そして、食器を片付けるのもそこそこに、移動が始まります。寝室に入ると、間接照明に切り替える麻友。私は、一気に緊張が高まります。何度見ても、自分の妻が他の男とセックスをしようとするのは、ショックが大きいです。

麻友は、なにも言わずに服を脱ぎ始めます。ムードもなにもなく、さっさと脱いでいく麻友。同じように、浩くんも服を脱いでいきます。

「今日は、どんな風にすれば良いですか?」
浩くんは、緊張している様子もなく質問します。
『そうね。今日は何回もしないといけないから、なるべく省エネでいこうか。もう、すぐ入れて良いわ。浩くんも、我慢しないですぐに出しちゃってね』
麻友は、ベッドに寝転がりながら言います。
「でも、少しは準備しないとじゃないですか? 濡らさないと痛いでしょ?」
浩くんは、そんな風に言います。
『もう、準備出来てるわ。それ見たら、すぐに濡れちゃうわよ』
麻友は、浩くんのペニスを指さしながら、おどけたように言います。私は、思わず麻友のアソコを見てしまいました。確かに、薄暗い中でも麻友の膣周りが光っているのがわかります。

「あっ、本当ですね。なんか、嬉しいな。じゃあ、入れますね」
嬉しそうに言いながら、麻友に覆い被さる浩くん。慣れた動きで、あっという間に挿入してしまいました。
『うぅっ、が、我慢しなくて良いから、すぐに出してね』
麻友は、そんなことを言います。でも、入れられただけで、すっかりととろけた顔になっているのがわかります。

寝室で、妻が他の男と繋がっている……。それなのに、私はおかしな程興奮しています。嫉妬や悲しみのような感情もありますが、やっぱり興奮が高まる一方です。

「はい。じゃあ、動きます」
浩くんは、そんな風に言うと、すぐに腰を振り始めました。
『うぅっ、うぅあっ、あっ、すごく固いわ。溜めてきたの?』
麻友は、嬉しそうな感じで質問します。
「はい。すごく濃いの注ぎますね」
浩くんは、すでにあまり余裕のない感じです。
『うん。浩くんの濃いヤツ、一番奥に注いでね』
麻友は、声が興奮に震えているような感じです。私は、二人のセックスを見ながら、勃起したペニスが何度も何度も縦に揺れるように動くのを感じていました。

『あっ、あっ、んっ、うぅっ! き、気持ち良くなっちゃう。早くイッて。身体、もたなくなっちゃう』
麻友は、弱々しく言います。そして、正常位で腰を振る浩くんの乳首を触り始めました。すると、浩くんは小さくうめき、腰の動きをさらに早くします。

ベッドのきしむ音、そして、湿った水音……。私は、息が苦しくなるほど興奮しています。
「あぁ、ヤバい。出そう」
浩くんは、あっけないほど早くそんなことを言い始めました。
『イッてっ! 中に出してっ!』
麻友は、短く叫びます。すると、浩くんが腰の動きをさらに早くしました。
『うぅあっ、あっ、ダメっ、気持ちいいっ、イッちゃう、ダメぇ』
麻友は、必死で声を抑えているような感じながら、身体はのけ反り気味になってきています。
「あぁ、出る」
浩くんは、あえぐように言うと、麻友にキスをしました。すると、すぐに麻友の舌が絡みついていくのが見えました。その直後、浩くんは身体を震わせ、麻友の膣奥深く射精を開始しました。

『もう……。最初からこんなに激しくしたら、身体もたなくなっちゃうでしょ』
麻友は、少しすねたような顔です。浩くんは、ごめんなさいと言いながら、すぐに麻友の上からどきました。
『あなた、すぐ来て……』
麻友は、妖艶な顔で言ってきます。だらしなく拡がった脚、膣口からは、浩くんの精液がダラダラと漏れ出してきています。私は、他人の精液あふれる妻の膣に、いきり立ったペニスを差し込みました。
『あなた、すぐイッてくださいね』
麻友は、そんなことを言います。浩くんが挿入したときとの違いに、私は落ち込んでしまいました。でも、わずかな可能性でも、私の精子で受精させたいという気持ちで、腰を動かし始めました。

『あなた、早く……負けちゃうわ』
麻友は、そんな風に言ってきます。私は、麻友は本当に私の精子で妊娠したいと思っているんだなと、少し嬉しくなりました。そして、私は腰の動きをさらに早くしていきます。

一気に射精感が高まるのを感じながらも、麻友がほとんどあえいでいないことに申し訳ない気持ちにもります。確かに、私とのセックスでは射精モードに切り替わらないのかもしれないです……。

腰を動かすたびに、麻友のアソコがグチョグチョと音を立てています。そして、精液独特の匂いも漏れ出しています。私は、急がないとと思いながら必死で腰を振り、あっけなく射精をしました。
『あなた。愛してる』
麻友は、私のことを見つめながらそんなことを言ってくれます。私は、愛してると言いながら彼女にキスをしました。舌を絡めながらキスをしていると、幸せな気持ちになります。でも、ふと横を見ると、浩くんがすでに勃起した状態でスタンバイしています……。

「じゃあ、代わりましょうか」
浩くんは、そんな風に言ってきます。私は、思わず麻友を見ました。私は、休憩しながらするものだと思っていました。
『え? もう? フフ。準備出来てる感じね。良いわ、来て』
麻友は、まだ私と繋がったままなのに、そんな風に言いました。私は、慌てて麻友の上からどきます。すぐに浩くんが麻友に覆い被さり、その大きなペニスを挿入してしまいました。

『うぅっ、やっぱり凄いわね』
麻友は、思わずという感じで声を漏らします。
「今度は、ちゃんと気持ちよくなって下さいね。ちゃんと感じてくれないと、身体が受精モードにならないですよ」
浩くんは、そんな風に言って身体を動かし始めます。
『あっ、んっ、気持ちいいわ。あなた、ごめんなさい。乱れちゃうかも』
麻友は、私を見ながら言います。浩くんは、ストロークの長いピストンをしながら、麻友の乳首を舐め始めました。
『あぁっん、あっ、気持ちいいっ、乳首気持ちいいっ』
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

グラビアアイドル羞恥のSM地獄


最近、人気が低迷し仕事が選べない状況のグラビアアイドル・静香
SMシーンの撮影中「こんな馬鹿らしい撮影」っと振り下ろしたムチが、
S嬢の顔面にヒット…
謝罪の言葉もなく逆ギレする静香にSM嬢達の怒りが爆発し、
「あの女、やっちゃおうよ」っと復讐を決意。
撮影終了後、静香をSM拷問部屋に誘き出し、そこで信じられないような
羞恥地獄が始まるのだった。

続きを読む

快楽を求めて貪り合う、コスプレ巨乳美女の濃厚SEX 天音ありす


天然Hカップ女優「天音ありす」がスク水、眼鏡っ子、ネコミミ、体操服など様々なコスプレ姿で濃厚に絡み合う!愛液で溢れたまんこに蓋をするようにバイブを挿入されながら、頬を窄めて一心不乱に男のモノを咥える天音ありす。そのまま挿入されると淫らに腰を振り、身体にオイルをまぶされながら歓喜の嬌声をあげる!濃密かつ濃厚な時間の中で、発情した女はダラダラと体液を垂れ流し、互いに性器を貪り合う……!

高級風俗行ったら俺を振った幼馴染の母親がいたので、、、


高級風俗行ったら俺を振った幼馴染の母親がいたので、、、
○月×日
俺は○稚園からの幼馴染に告白し見事に玉砕した。
○学校になったあたりから疎遠になり○校正には話もしなくなったが
照れているとばかり思っていたのに『顔がタイプじゃない』ってなんだよ!

そんな悲しい醜男が男が振られた腹いせに小遣いはたいて高級風俗にいくと
そこには、自分を振った幼馴染の母親が、、、、

続きを読む

まんざらでもないぽっちゃり母とイチャイチャH


Hカップのぽっちゃり母にスケベなおねだり!
断られるかと思いきや陽気な母はまんざらでもない様子
ふわふわもっちりな母のスケベボディに耐えられなくなった息子のおねだりはエスカレートして…

続きを読む

神になったゲス男がムチムチ女子と催眠ガチギメS○Xするだけの話


30まで童貞を守り魔法使いになって早十年
そこからの人生は世界が変わったように充実したものとなった
近所にかわいい娘がいればすき放題に犯し
飽きれば他の男が使えないようにズルズルマ○コに拡張し放流
彼氏持ちなら男の前で妊娠するまで犯し続け精神を破壊

そんなクズ男が見つけた今回の獲物は、、、、

続きを読む

★教え子ちんぽ2本を同時にハメて性欲のままに乱れ狂うビッチ教師


若者がYoutuber気取りで高価なビデオカメラを購入、セクシー男優に憧れてハメ撮りを撮ってみた・・・

最近ではよくある話です。

今回の投稿は生徒とSEXをするとんでもない人妻教師まさみ先生の続編になります!

SDカードの中身には更に破廉恥行為を楽しむ人妻であり教師の姿が

やっぱりコスプレーヤーは多かれ少なかれ露出狂なんですかね?


コスプレ露出少女玲奈 2日目

露出好きな少女がコスプレイベントで露出するお話の続編です。

前作「コスプレ露出少女玲奈」の続きで、イベント2日目のお話となります。
(前作のあらすじがありますので、知らなくても問題ないです。)


今回は最初からエッチな衣装で登場します。

前半は羞恥心と露出願望で心揺れ動く少女が見どころです。
後半は女性レイヤーのレイカにイかさちゃうまで。

本番はありません。
羞恥心をメインにした作品となります。

続きを読む

寝取られ電子書籍


強気な姉さん女房が寝取られ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
451位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
18位
アクセスランキングを見る>>

おすすめ動画

検索フォーム

ランキング

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:マガブロの体験談は、本ブログだけのオリジナルです。
他では読むことが出来ないものだけです。
姉妹サイトのNTR使える寝取られサイト、エッチな体験談や萌えた体験談ブログとは違い、アブノーマルな話だけを紹介します。

姉妹ブログとは違い、スカ、グロ、暴力、ゲイ、等々、一般受けを考えずに、好きに書いています。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読むことが出来ます。また、月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、FC2より私へは一切通知されませんのでご安心下さい。
また、FC2ポイントは銀行振り込みやペイジー、コンビニ決済、銀行ATMで購入できますので、クレジットカードを利用しなくてもブロマガ購入できます。
※無断転載は禁止します。
筆者のマガブロ一覧です
http://netoraretaiken.com/
blog-entry-9059.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。