このブログのオリジナルコンテンツ一覧

元彼に嫉妬してEDになった私と、罪悪感から寝取られる妻(マガブロ 転載禁止)

『あなた、準備出来ました。入ってきて下さい』
ひな子は、寝室のドアの向こうにいる夫の夏彦に、少し大きめの声で言った。寝室のドアの前で、焦れた様子で待っていた夏彦は、すぐにドアを開けて寝室の中に入った。

寝室の中では、ブラとショーツ姿のひな子が、ベッドの上で座っている。恥ずかしそうな仕草で、入ってきた夏彦を見つめる彼女。薄暗い室内でも、頬が赤くなっているのがなんとなくわかる。

ブラジャー姿のひな子は、まるでグラビアアイドルのような迫力のある胸の谷間をさらしている。子供を産み、母乳で育てた影響もあるのか、Gカップにまで育った胸……。30間近の年齢もあり、多少垂れてきているが、ブラジャーをしている分にはそれもわからない。

そして、ベッドの端には、全裸の男性が座っている。入ってきた夏彦の方を見ている彼は、どう見ても10代の若者だ。夏彦は、彼の視線を受け止めながら、
「妻を好きにして下さい」
と、震える声で言った。男の子は、緊張した顔でうなずきながら、すぐにひな子に近づいていく。

夫婦の寝室……そのベッドの上に、妻と夫ではない男性が乗っている。普通なら、異常事態だ。でも、ひな子も夏彦も、慌てた様子はない。何度も同じことを繰り返してきた……そんな感じが伝わってくる。

そして、男の子はひな子にキスをした。ぎこちなく、唇を重ねるだけのキス……。でも、夏彦は目を大きく見開きながら、荒い息遣いでそれを見ている。

こんなことをするようになったのは、2年ほど前からだ。妊娠出産を経て、セックスレスになった二人。夏彦は、自分でオナニーをして性欲を処理していた。そんなある日、たまたまひな子が昔の彼氏との写真を持っていたことが発覚した。
それは、別に大切に取っていたわけではなく、アルバムにたまたま挟まっていただけの事だった。でも、夏彦は強く嫉妬心を燃やした。怒って責めるわけではないが、色々と話を聞く彼に、ひな子は強い罪悪感を感じているようだった。

そして、ひな子は聞かれるままに、元彼とのことを話すようになった。初めは、なれそめや、どこでデートをしていたかなど、当たり障りのないことを聞いていたが、そのうち、どんなセックスをしていたのかまで聞くようになっていった……。

「こんな風にされてたの? 気持ち良かったの?」
夏彦は、ひな子から聞いた元彼のやり方でひな子を抱く。ひな子は、元彼のことを言われるたびに、罪悪感で泣きそうな顔になる。そして、夏彦の求めに応じ、元彼とのセックスのことを話し始める。

夏彦は、元彼とのセックスの話を聞くと、あっという間に射精をしてしまうようになっていった……。
『ゴメンね。怒ってる? でも、パパとの方が気持ちいいよ』
セックスが終わると、罪悪感からか、ひな子はそんなことを言う。夏彦は、その言葉を信じられずにいた。彼は、自分が早漏と言うことをわかっているし、ペニスも標準よりも小さいと言うこともわかっている。

ここで彼は、ひな子に対して、
「嘘だ」
「元彼との方が気持ちいいんでしょ?」
「元彼と、またしたいって思ってるでしょ?」
等と言うことを言うようになってしまっていた。もちろん、ひな子は否定するばかりだが、夏彦はその言葉を信じられずにいた。

そして、そんなことを繰り返しているうちに、夏彦は勃起しなくなってしまった。ひな子が必死で勃起させようと手や口で頑張っても、まるで勃起しなくなってしまった。
『ゴメンね。私が変なこと言ったからだね』
ひな子は、本当に悪いと思っているような感じで謝る。そして、EDの原因が心的なものなのか肉体的なものなのかを調べた。結果、睡眠中には勃起していることがわかり、心的な要因だとわかった。

何度も勃起させようと頑張るひな子。でも、夏彦は勃起することがなかった。
『どうしたら良いかな? どうしたら、治るかな?』
ひな子は、泣きそうな顔で質問する。なかなか良いアイデアが出ない中、AVを見ながらしてみようという話になった。ただ、実際にAVを見ながらセックスをしようとしても、確かに夏彦は興奮はするが、勃起には繋がらなかった。それでも色々なAVを見ながら試していると、夏彦が反応し、完全ではないまでも勃起することが出来るAVがあった。それは、いわゆる寝取られものだった。

その日から、寝取られジャンルのAVを見ながらセックスをしようと試みる日々が続いた。ひな子は、次第に夏彦の性癖を理解し、元彼のことを話して勃起させようとするようになった。

『浩一さん、いつもいっぱい舐めてくれたんだ。イキすぎて、もう死んじゃうって叫んでも舐めるのやめてくれないの』
ひな子は、顔を真っ赤にして恥じらいながらも、元彼とのことを言う。そして、夏彦はその言葉にほとんど完全に勃起する。

慌てて挿入しようとコンドームを装着すると、挿入前に柔らかくなってしまう……。そんな感じだった。

『でも、もう少しだね。きっと、もうすぐ治るよ!』
ひな子は、希望に満ちた顔で言う。でも、夏彦は複雑な心境だった。そして、何回か同じように挿入寸前で失敗してしまった後、夏彦はとんでもないことを言い始めた。

「他の人としている姿を見せて欲しい」
夏彦は、緊張で喉がカラカラになりながら言った。ひな子は、一瞬驚いた顔になるが、すぐにうなずく。
『きっと、それで治るね。でも、私のこと嫌いになっちゃダメだからね』
ひな子は、妙に明るい声で言う。でも、よく見るとひな子は涙目になっていた……。

ただ、いざ他人にひな子を抱かせることが決まっても、幼児のいる二人には、どこで誰とすれば良いのか見当もつかなかった。

そんなある日、ひな子が夏彦に提案した。それは、出張マッサージだった。もちろん、マッサージと言っても普通のマッサージではなく、性感マッサージと呼ばれるタイプのものだ。

夏彦は、自宅に性感マッサージ師を呼ぶことに強い抵抗を感じたが、高まりきってしまった寝取られの欲求に勝てず、その提案を承諾した。

出張マッサージ師が来る日、子供を早めに寝かしつけると、すぐに準備を始めた。和室に布団を敷き、下着姿のひな子が寝そべる。その上から布団をかぶるひな子……。不安そうな顔で夏彦のことを見ている。

『やめて欲しくなったら、やめてって言ってもいいんだよね?』
ひな子は、そんなことを言う。夏彦は、もちろんだよと言いながらも、すでに勃起しかけていた。普通のセックスでは、ピクリとも反応しなくなってしまったペニスが、固くなりかけている……。夏彦は、複雑な気持ちで自分の股間を意識していた。

すると、メールが着信する。インターホンを鳴らすと、子供が起きてしまうかもしれないのでメールで到着を知らせることになっていた。
夏彦は、すぐに玄関に移動する。そして、ドアを開ける。そこには、温厚そうな50がらみの男性が立っていた。メールで何度もやりとりしていて、写真も見せてもらっている。でも、実際に会ったマッサージ師は、写真よりも誠実そうに見えた。

夏彦は、ホッとしながらリビングに招き入れる。そして、最終的な確認を始めた。ペニスの挿入やキスはしない。嫌がることはしない。メールでも確認したことを、再度確認していく。

夏彦は、彼と話しながら、動揺とか後悔の気持ちで苦しくなっていた。でも、夏彦のペニスはほとんど完全に勃起している。もしかしたら、このまま和室に入ってひな子を抱くことも出来るかもしれない。そんなことが脳裏をよぎる。でも、夏彦はそうはせず、マッサージ師に始めて下さいと頭を下げた。

「了解しました。では、失礼させて頂いて」
彼は、そんな風に言って服を脱ぎ始める。よく日に焼けた浅黒い肌、そして、筋肉がたくましい裸体だ。ゴツゴツとした感じの身体ではなく、少し脂肪が乗ったような感じの身体だ。

彼は、服を脱ぎ続け、パンツ一枚になった。ビキニのパンツ……かなり布の小さなタイプのパンツだ。そして、股間は大きく盛り上がっている。勃起している感じはないが、それでもはみ出てしまうのではないか? と、思うほどに膨らんでしまっている。

彼は、タオルやオイル、ローションなどを入れた袋を手に持ち、和室のふすまを開けた。そして、中に滑り込んでいく。ふすまは、開けられたままだ。夏彦は、ひな子からは見えない場所に立ち、中をうかがう。

「初めまして。間宮です。今日は、よろしくお願いします」
間宮は、温和な表情で挨拶をする。ひな子は、布団をかぶったまま、よろしくお願いしますと言った。

そして、準備を始める彼。失礼しますと言って布団を剥がすと、ブラとショーツだけの姿のひな子が現れる。相変わらず、大きな胸だ。
でも、間宮は表情を変えることもなく、すぐにひな子をうつ伏せに寝転がらせる。寝転がらせる前、大きめのバスタオルを敷いた彼……。オイルやローションで汚れないようにだろうか? と、夏彦は考えた。

間宮は、
「失礼します」
と、言うと、慣れた動きでブラジャーを外す。そして、それを優しく引き抜いた。夏彦は、他の男の手でひな子のブラジャーが外されたのを見て、完全に勃起していた。それも、これまでにないほど固く……。

間宮は、ひな子の背中をマッサージし始める。でも、まだ普通のマッサージのようだ。さするように、もみほぐすようにマッサージを続ける彼。ひな子は、性感の気持ちよさではない感じで気持ちよさそうだ。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

続きを読む

妻が不妊治療のため、精子を競わせようと言ってきた完(ブロマガ 転載禁止)

前回の話

麻友は、さっきからずっと浩くんとキスを続けています。対面座位で繋がったまま、動くことをせずにキスだけを継続しています。本来の趣旨ならば、浩くんとキスすることなど不要のはずです。

でも、麻友は感情のこもったようなキスを続けています。もう、子作りのためとかそういったことも関係なく、心の通ったようなキスを続けています。私は、不安な気持ちと嫉妬で胸がモヤモヤしながらも、限界まで固く勃起していました。

すると、キスだけをしていた麻友が、微妙に腰を動かし始めました。堪えきれなくなったように、腰をくねらせるように動かす麻友……。徐々に、吐息というか、うめき声のようなものが漏れてきます。


そして、少しすると、やっと麻友はキスをやめました。
『も、もうイキそうなの』
麻友は、余裕のない声で言います。その顔は、確かにとろけきっているような感じで、私とのセックスでは見せてくれないような顔です。
「良いよ、イッちゃいなよ。受精モードになれるって」
浩くんは、そんな風に言います。
『う、うん。イッちゃうね』
麻友はそう言って、腰の動きを加速しました。がむしゃらに腰を振る麻友。もう、子作りのためとか言う建前もなく、快感のためにしているようにしか見えません。
『イ、イクっ、イクっ! イクぅっ!』
麻友は、浩くんにしがみつくようにして身体を震わせました。
「敏感になってるね」
浩くんは、優しい口調で言います。あんなにおどおどしていた浩くんが、まるで年上のように話しています。
『だって、あんなにいっぱいキスしたから……』
麻友は、恥ずかしそうに言います。その仕草は、まるで浩くんに恋をしている女の子みたいです。
「じゃあ、もう受精モードになったはずだから、交代しようか?」
浩くんは、そんな風に言います。
『まだイッてないでしょ? 中に出してもらってからじゃないと、競えないから』
麻友は、そんな風に答えます。そもそも、競う必要があるのだろうか? 私は、そんな疑問を感じました。
「じゃあ、体位変える?」
浩くんは、そんな質問をしました。すると、麻友は腰の動かし始め、
『このままする。このまま中に出してもらいたいの』
と、言います。
「疲れちゃうよ。大丈夫?」
心配そうに浩くんが言いました。
『大丈夫。このまま、私がイカせたいの』
麻友は、心のこもったような声で言います。やっぱり、感情的なものがかなり入ってきているようです。

「じゃあ、お願いするね」
浩くんはそう言って、リラックスした格好をし始めました。ひたすら腰を振る麻友。あえぎ声を漏らしながら、一心不乱で腰を動かし続けます。さすがに、すでに射精をしている浩くんは、なかなかイク気配はありません。すると、麻友は身体を折り曲げるようにして浩くんの乳首を舐め始めました。
「あぁ、気持ちいい。麻友さん、すごく気持ちいいです」
浩くんは、気持ちよさそうに言います。麻友は、苦しい体勢のまま乳首を舐め、腰も振り続けます。

私は、こんなにも浩くんに対して中出しを求める麻友に、心配な気持ちばかりが強くなっていきます。浩くんは、ギュッと力を入れたような感じです。早く射精出来るように、集中しているように見えます。
『あぁ、ダメぇ、またイッちゃう。私ばっかりイッちゃうよ』
麻友は、気持ちよさそうな声をあげます。もう、限界のようです。すると、浩くんが、
「僕もイキそう。一緒にっ!」
と、余裕のない声で言いました。麻友は嬉しそうな顔になり、
『イッてっ! 私でイッてっ! 私もイク、一緒に、うぅっ、イクっ、イクっ、イクぅっ!!』
と、叫びながらガクガクッと身体を震わせます。すると、浩くんもうめきながら射精を始めました。
『うぅあぁ、熱い、妊娠しちゃうぅ』
麻友は、声を震わせながら、うわごとのように言いました。浩くんは、すぐに麻友にキスをします。そして、舌を絡めるような濃厚なキスが続きます。

私は、きっと妊娠したんじゃないかな? と、思いながらも、早く交代したいと思っていました。少しの可能性でも、私の種で妊娠させたい……そんな気持ちです。そして、麻友はたっぷりと5分ほどキスを続けた後、
『交代しないと……』
と、ハッと気がついたような顔になり、慌てて立ち上がりました。すると、麻友の膣から精液が大量に流れ出てきます。床に液だまりを作りながら、ゆっくりと私に近づいてくる麻友。そして、そのまま私にまたがってきました。
『早く出してね。負けちゃうわ』
麻友は、真剣な顔で言うと、そのまま対面座位で繋がりました。他人の精液があふれ出る膣……そこに挿入するのは抵抗があります。でも、根元まで挿入されると、気持ちよさに声が漏れてしまいました。

『あなた、急いで。負けちゃう……』
麻友は、激しく腰を振りながら言います。さっきまで、ハードに浩くんの上で動いていたのが信じられないくらいに、疲れ知らずで力強く腰を振っています。私は、すぐに射精感が湧き上がってしまいました。
私は、麻友にキスをしました。対抗心を燃やしているわけではありませんが、激しく舌を使ってキスをします。麻友も、同じように激しく舌を絡めてくれます。私は、麻友が積極的に舌を絡めてくれて、ホッとしていました。
もしかしたら、もう私とはキスをしてくれないのではないか? そんな心配をしていました。麻友は、私とキスをしながら、指で乳首まで触ってきます。私の射精感はさらに高まり、ほとんど限界になってきました。
『固くなってる。イッて。妊娠させてっ』
麻友は、力強く言います。私は、その声に背中を押されたように、射精をしてしまいました。すでに何度か射精をしているのに、あっけないほど簡単に搾り取られるように射精をしていました。

『あなた、いっぱい出た?』
麻友は、そんな風に聞いてきます。浩くんの射精とは違い、どれだけ出たか良くわからないみたいです。やはり、膣中深くに出すのとでは、感覚の差が大きいようです。

結局、私と浩くんは、3回ずつ麻友の中に射精をしました。長い時間かけるはずが、思いのほか短時間に終わってしまいました。合計で6回も中に出された麻友……。さすがに、疲れた顔になっています。

「どうする? まだ、続ける?」
浩くんが、そんな風に質問します。もう、完全に主導権を握っているような感じです。
『さすがに疲れたわ。ちょっと休憩しましょ』
麻友は、そんな風に言います。そして、
『ねぇ、流れ出ちゃうともったいないから、入れておいてくれる?』
と、浩くんに背を向けるように寝転がり、お尻を突き出します。すると、浩くんは勃起していないペニスを、麻友の膣に押し込みました。
『んっ、うぅ、そう。これで大丈夫』
麻友は、甘い声で言います。浩くんは、そのまま後ろから麻友のことを抱きしめました。腕枕の状態で密着している2人。精液が流れ出ないためとは言え、挿入した状態です。私は、疎外感を感じながらも、ソファに座りました。

麻友は、甘えた声で、
『フフ。大きくなってないのに、子宮に届いてるね。なんか、変な感じ。好きになっちゃいそうよ』
と、言います。年下の浩くんに、牝の顔で甘える麻友……。私は、2人の関係がさらに恋人同士のようになってしまったなと感じながらも、なぜか興奮が収まりません。体も心も奪われてしまいそうな状況に、こんなにも興奮してしまう……。私は、自分自身のことが理解出来ない気持ちでした。

浩くんは、動くことなく挿入したままです。でも、手持ち無沙汰になったのか、後ろから麻友の乳首を指で転がし始めました。
「カチカチじゃん。休むんでしょ? 感じちゃダメだよ」
からかうように言う浩くん。麻友は、トロンとした顔で、
『だって、子宮にずっとキスされてるから……。うずいちゃうんだもん』
と、答えます。そして、微妙に腰を動かし始める麻友……。なまめかしい動きに、思わず生唾を飲み込んでしまいました。

「全然休んでないじゃん」
浩くんは、からかうような口調です。
『うん。ダメ、欲しくなっちゃう……。このおちんちん、気持ち良すぎるの』
麻友は、耳まで真っ赤にしながら言います。麻友は、前回までのセックスでは、もっと事務的だったと思います。子作りのために仕方なくと言う建前を、もっと守ってくれていた記憶です。

でも、今の麻友は、このセックスを楽しんでいる……。快感に流されているように見えます。
「正樹さんの前で、そんなこと言っていいの?」
浩くんは、少しイジワルな口調で言います。
『だってぇ……。こんなの知らなかったし……。正樹さんも私が感じてるの見て、興奮してるみたいだし……』
麻友は、申し訳なさそうに言います。私は、2人に急に見られて、ドギマギしていました。しかも、完全に勃起しているので言い訳も出来ません。

「そうなんだ。麻友さんが僕ので気持ち良くなって、興奮しちゃうんだ」
不思議そうな顔で言う浩くん。麻友は、腰をくねらすように動かしっぱなしです。
『うん。嫉妬なのかな? だから、もっと気持ち良くさせてくれる? 正樹さんも興奮した方が、精液もいっぱい出るでしょ?』
麻友は、モジモジしたように言います。
「じゃあ、もう始めちゃう? 休憩するんじゃなかったっけ?」
浩くんは、からかうように言います。そして、彼は腰を動かし始めました。でも、さっきまでみたいに激しく動かすわけではなく、ゆっくりとした動きです。こすりつけるように、押し込むように動かすと、麻友は甘い声を漏らし始めます。
『子宮に擦れてるよ。気持ち良くておかしくなっちゃう』
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

「ママには内緒だよ。」パパと2人きりずぼずぼ中出し旅行


「ママには内緒だよ。」パパと2人きりずぼずぼ中出し旅行
娘の処女は1か月ほど前に私が奪ったばかりだ。それ以来、「ぱぱ、ぱぱ。」となついてくるようになった。娘はまだ、この関係を、よくある普通のことだと信じている様子だ。そして今日は、娘に学校を休ませて、二人きりで旅行に出る。

女の子に渡すと中出しOKになる魔法のプレミアムクーポン


つかおう! 地域淫行券!!~このマークをつけた地元の女の子に中出しできます~
財政難に喘ぐ地方自治体が、子種バラマキ政策で町おこしを画策!
女の子に渡すと中出しOKになる魔法のプレミアムクーポンで、地域も下半身も活性化!


■あらすじ
仕事に疲れた主人公が偶然訪れた温泉街。
ふらりと入った風俗案内所で、
主人公は【地域淫行券】なるものを発見する。

曰く地域淫行券とは、3日間この町でのみ自由に使える、
18禁版地域振興券という。

案内人に勧められるがまま淫行券を購入した主人公は、
早速おっぱいパブで淫行券を使用。
それはそれは夢のようなおっぱい体験を堪能した。

続きを読む

じゃあ先輩(♂)が彼女になってくださいよ!


先輩(♂)彼女(仮)
「じゃあ先輩が彼女になってくださいよ!!」
綺麗で優しい先輩は、俺にとって憧れの的。
気になってしょうがないけど、先輩は紛れも無く男…。
そんな心のモヤモヤが思わず口から溢れてしまった!

「彼女(仮)」になった先輩にあれやこれやのおねだりを!
引き締まった身体に大きなお尻、そしてだらしなく蕩けた顔…。
もう性別なんて関係ない!いや、むしろ…!


後輩視点で物語は展開します。
Hシーンは
女子制服、黒タイツ、剣道着、男子制服、競泳水着、
エロレオタード、マイクロビキニ、セクシーランジェリー、全裸
です。

続きを読む

ショタに乗り輪姦されて…


子供の性玩具となったデカ乳妻は四つん這いで雌犬の如く扱われ、勃起した少年ナマペニスに穴という穴を塞がれると、終いには膣中にドロッドロのショタ汁を注入される。【脅迫中出し性交】マ●コ内を指と生ペニスで掻き回されてしまう。【玩具責め】裸の杏に跨がってお馬さんごっこする雄太。【雄太の遊び相手~中出しSEX】杏の口にチ●ポをねじ入れて更に大きくすると、そのまま本能で女性器に挿入して中出し童貞喪失。

続きを読む

時間停止でいっさい気付かないうちに少女たちへ口内射精や中出し


ストッピング!!!10 炎のアスリート編

「ストッピング!!!10 炎のアスリート編」は時間停止能力を持った男が
無抵抗の少女相手に好き放題しまくるアニメーションノベル作品です。
美しい肉体を持つアスリートたちが、どんどん汚されていくさまを、お楽しみいただけます。
Hシーンは全て手描きアニメーションでお楽しみいただけます。
時間停止ならではの特殊な体位とシチュエーションで、
いっさい気付かないうちに少女たちが口内射精、中出しされてしまいます。
また今回も時間停止解除後のリアクションもご用意いたしました。
女の子の多彩な反応を、音声付でご堪能ください。
声の出演:大山チロル

続きを読む

彼の目の前で、陵辱され続ける「まいさん」


寝取られ願望を持った彼氏・・・。
その彼氏の夢?を叶えるため、「まいさん」が勇気を出して寝取られ輪姦に初挑戦!!

彼の目の前で、陵辱され続ける「まいさん」。
彼以外の男性に、こんなに反応しちゃうなんて・・・。
 
背徳感を感じながらも、何度も絶頂に達しちゃう!!
そんな「まいさん」の姿を見て、彼氏も大満足??

泥酔させれば楽勝セックス~叔母編~


「もっとぉっ!もっと若いオチンチンっ…叔母さんにちょうらいぃっ!あはぁあんっ……!」

お正月の夜深く。居間にいるのは、泥酔して眠っている美人な叔母と従姉、そして、僕…。
これはすごいチャンスだ、でも…どうしよう…どっちにしよう…?
う~ん……

→叔母
従姉

「よし、叔母さん!君に決めた!!」

サークル「ソーラレイ」モーションコミックシリーズ第2弾!泥酔しきった親戚に、Hなイタズラ仕掛けちゃえ!大ヒット泥酔姦ADVゲーム、またもやsurviveが動かしちゃいました!
今回のターゲットは熟れはじめの豊満ボディーが魅力の叔母、「麻里子」さん!!
夜ごとに激しさを増すあなたのイタズラに、眠っていたはずの叔母さんもいつしか…!?

続きを読む

結 -ゆい-


クラスでも目立たないタイプの少年「結」は
女装というひそやかな趣味を持っていた

一人で女装オナニーしながらずっと期待していたこと
経験豊富な相手に自分の中の犯されたいという期待を暴かれ白状させられながら
敏感な体をいじられ激しく犯される
期待と羞恥の中のはじめての体験にとまどいながらも結は未知の快楽に流されていく

【メス堕ち♂】男の子を金で買い続けた結果…


お金に釣られSNSで知り合った男とホイホイ出会ってしまったノンケ少年。

思春期らしい小生意気な雰囲気の少年が男に金で買われ、
次第に自分を女の子として意識。メスとして淫乱化していく内容です。


◆収録内容

最初は半ばレ〇プ気味に男同士のセックスを強要され、逆フェラやキスをされたりします。

思春期男子が騙されて一週間オナ禁!その敏感なチンコをねっとり弄られ我慢汁大量!
乳首を舐められ弄られたりとカラダを弄ばれる内に次第に女の子の感覚を意識していき…。


後半では服屋の試着室で上半身は友達と会話、下半身は男に好き放題されるという奇異な状況に!
女装して街を歩いて野外セックスや見知らぬ男達に捕まり集団セックスにまで発展…!?

続きを読む

絶倫老人たちに孕ませ輪姦されイキまくる巨乳嫁


結衣は夫と義父との3人暮らし、生活自体に不満はなかったが… ある日、夫からうちあけられた「俺、種ナシだって医者に言われた」子供が欲しい妻はショックを隠せない。2人で相談した結果、常識では考えられない結論に。それは、義父と妻が性交渉を行い子供を作るというものだった。戸惑う義父だが、美人でスタイル抜群の嫁を女として意識していき、興奮して嫁を抱く。しかし、その行為を覗いていた義父の友人2人は「俺たちにも子作りを手伝わせてくれ」と義父にもちかける。

僕らはヤりまくる、気持ちいいから


「俺の学校は、この世のカワイイJ○ばかり集めまくったような学校。
あきらかに不自然だった。

同級生はみな、大人よりもでかい乳と尻を持っていた。
アイドルというよりは、完璧にセックス向きのカラダばかり。

それもそのはず。どこか大きな組織が、
偉い大人たちの快楽のために、
若くて、きれいて、可愛くて、
外見とは裏腹にエッチなこと大好きな女の子ばかり
俺の学校に集めていたのだ。

クラスメイト、後輩、先輩、
おっさん共に食われてたまるか…
こいつらみんな…おれの物にしてやる!!!!」

続きを読む

寝取られ電子書籍


強気な姉さん女房が寝取られ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
415位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
16位
アクセスランキングを見る>>

おすすめ動画

検索フォーム

ランキング

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:マガブロの体験談は、本ブログだけのオリジナルです。
他では読むことが出来ないものだけです。
姉妹サイトのNTR使える寝取られサイト、エッチな体験談や萌えた体験談ブログとは違い、アブノーマルな話だけを紹介します。

姉妹ブログとは違い、スカ、グロ、暴力、ゲイ、等々、一般受けを考えずに、好きに書いています。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読むことが出来ます。また、月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、FC2より私へは一切通知されませんのでご安心下さい。
また、FC2ポイントは銀行振り込みやペイジー、コンビニ決済、銀行ATMで購入できますので、クレジットカードを利用しなくてもブロマガ購入できます。
※無断転載は禁止します。
筆者のマガブロ一覧です
http://netoraretaiken.com/
blog-entry-9059.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。