月別アーカイブ  [ 2020年09月 ] 

≪ 前月 |  2020年09月  | 翌月 ≫

このブログのオリジナルコンテンツ一覧

嫁がバイト先のファミレスで、高校生に本気になっていた2(オリジナル 転載禁止)

前回の話

理香は、彼の精液を飲み干した後、特にうがいをしに行ったりもしない。ごく普通に、食事を再開した。剛と呼ばれていた男の子も、いったんズボンを穿いて食事を再開した。本当に、慣れた感じというか、いつもこんなことをしているんだろうなと感じる。

『この前、かっこ良かったよ。あんなに速く走るんだね。でも、気をつけてね』
理香は、そんなことを言い始めた。この前、僕と一緒に遊びに行ったときの話だと思う。すごく楽しい一日だったけど、いま思えば剛君のことを見に行くためだったんだと思う。僕は、完全にダシにされてしまったんだなと悲しくなる。

「ありがとう。ピットに来てくれたらよかったのに」
剛君は、そんな風に言う。
『それは無理だよ。だって、一緒だったし……』
理香は、すごく言いづらそうな感じになっている。
「あっ、そっか……。じゃあ、仕方ないね。でも、いつか来てよ。来てることわかったら、もっと燃えるからさ!」
剛君は、力強く言う。
『うん。楽しみにしてる』
理香は、ニコニコ笑いながら言う。本当に、楽しそうな笑顔だ。僕は、ふと思ってしまった。最近、理香はこんな風に笑っているだろうか? 僕も、理香が横にいるのが当たり前に思って、昔みたいにお姫様に接するような態度ではなくなっているのではないか? そんな反省をしてしまう。

2人は、そのまま楽しく食事を続ける。バイクの話と、バイト先の話が多い。共通の話題があるというのは、やっぱり強いんだなと感じる。

楽しそうに食事を続ける2人。さっき、フェラチオをしたことなんてなかったような感じだ。僕は、ドキドキしながらも動画を見続ける。どうやってこの動画を撮ったのか気になるが、それはこの際気にしないことにする。

そして、食事を終える2人。すると、理香が甘えたように彼にもたれかかる。そして、彼は優しく理香の髪を撫で始める。理香は、まるで猫のように甘えた感じで彼の腕に頭をもたれかからせている。

『ねぇ、したくなっちゃった。ダメ?』
甘えたような声で聞く理香。どう見ても、理香の方が積極的だ。
「ダメなわけないじゃん。理香、愛してるよ」
そう言って、キスを始める彼。僕は、愛してるという言葉に、ドキッとしてしまった。ただのセックスフレンド……そんな感じではないのだろうか? 彼は、若くてルックスも抜群に良い。わざわざ、人妻なんかに本気になる必要などないはずだ。

理香は、嬉しそうにキスをしている。濃厚に舌を絡め、積極的にキスを続ける。すると、剛君が理香を押し倒すようにし始める。でも、理香が抵抗して、
『ちょっと待って。今日は、良いもの持ってきたんだ。ベッドで脱いで待ってて』
理香は、そう言ってカバンを持って浴室の方に行く。剛君は、なんだろう? と、不思議そうな顔で待っている。

少しすると、浴室から理香が出てきた。彼女は、レースクイーンの格好をしていた……。ただ、時代なのか、ハイレグの水着とか、布が小さすぎてはみ出そうな感じではない。
チューブトップのブラに、ホットパンツという格好だ。すごく健康的な感じに見える。でも、ホットパンツは短すぎてお尻の肉がはみ出ているように見えるし、チューブトップのブラも、胸の谷間が見えるようにハート型の穴が開いている。

「それ、ど、どうしたの!? すごいじゃん!」
剛君は、かなり慌てている感じだ。
『……変? 剛が喜ぶかなって……。だって、いつもこんな人達がいるでしょ?』
顔を真っ赤にしながら言う理香。すると、剛君が笑い始める。
「いや、いないって。ああいうのがいるのは、レースの時だけだよ。練習走行の時は、誰もいないって」
剛君が、理香の勘違いを楽しそうに笑いながら指摘する。
『そ、そうなんだ……。可愛い子がこんな格好してたら、剛が好きになっちゃうんじゃないかなって、心配だったんだ……。安心した』
理香は、ホッとしたように言う。僕は、本当に強い危機感を感じ始めていた。理香は、本気になっているように見える。この若い男の子に、本気で惚れているように見える。

ただの、バイト先の若い男の子との火遊び……。そんな感じではないのかもしれない。僕は、一気に不安になってしまう。

「大丈夫だって。どんな子がいたって、理香が一番に決まってるよ。愛してる。理香だけだよ」
剛君は、真面目な顔で言う。理香は、嬉しそうな顔で、
『私もだよ。愛してる』
と、言った。僕は、冷水をぶっかけられたような気持ちになってしまった。愛してる……確かにそう言った。僕は、脚が震えてしまっている。

「じゃあ、せっかくだからその格好でしてもらえるかな?」
剛君は、恥ずかしそうに言う。理香は、
『フフ。良いよ。いっぱい興奮してね』
と、言いながらベッドに上がる。そして、レースクイーンの格好のまま、彼の乳首を舐め始めた。気持ちよさそうな声をあげる剛君。理香は、乳首を舐めながらペニスをしごき始める。みるみる勃起していくペニス。

理香は、イヤらしく舌を使いながら乳首を舐め、ペニスをしごき続ける。
『気持ち良い?』
そんな風に質問しながら、責め続ける理香。剛君は、
「最高に気持ち良いよ。その格好、本当に興奮する」
と、興奮した口調で言う。
『フフ。もっと興奮して。剛が興奮することなら、何でもしてあげる』
理香は、そんな風に言う。想像以上に、マズい状況……。僕は、まさか浮気なんて……と、思っていた自分がバカのように思えてしまう。
「じゃ、じゃあ、口でしながらオナニーしてくれる?」
剛君は、慌てた感じでリクエストをした。理香は、
『良いよ。いっぱい興奮してね』
と、言いながらホットパンツの中に手を滑り込ませた。剛君にフェラチオをしながら、ホットパンツの中でアソコをまさぐる理香……。僕は、最悪の状況なのに、おかしな程興奮してしまう。

『んっ、うぅ、んっふぅ』
理香は、ペニスをくわえたまま吐息みたいな声を漏らす。
「あぁ、エロいよ……。理香、すごくエロい」
剛君は、興奮した声で言う。レースクイーンが、オナニーをしながらフェラチオをする姿……。それは、間違いなくエロいと思う。でも、それをしているのが自分の妻だと思うと、強い焦燥感を感じてしまう。

そのまま、そんな状況が続く。理香の吐息もさらに大きくなっていて、あえぎ声も漏れている。
『剛、もう我慢出来ない。入れて欲しい』
理香は、うわずった声でおねだりをする。すると、剛君が理香を仰向けに寝転がらせ、上から覆い被さってキスをし始めた。

すぐに抱きつくような動きをする理香。長いキスが続く。そして、キスをしながらチューブトップの中に手を入れる彼。理香は、胸をまさぐられ、気持ちよさそうな声をあげる。

そして、剛君はチューブトップを下にずらしていく。あらわになる胸。細身の身体なので、胸はさほど大きいわけではない。でも、チューブトップに下から支えられているせいか、いつもよりも大きく見えている。

剛君は、理香の乳首を舐め始めた。すぐにあえぎ声をあげる理香。
『剛、気持ち良い。剛に舐められと、それだけでイッちゃいそうだよ』
理香は、甘えきった声で言う。剛君は、舌で舐めながら指でも触り始める。その滑らかな愛撫は、経験豊富さを物語っているようだ。これだけのルックスの彼なら、当然経験は多いのかもしれない。

「良いよ、もっと感じて。俺とじゃなきゃ、満足出来なくしてあげるよ」
剛君は、そんなことを言いながら愛撫を続ける。理香は、甘えたような声であえぎ続ける。まるで、媚びているように見える。僕は、理香の知らなかった一面を見せつけられているような気持ちになってしまう。どちらかというとしっかり者という感じの理香。でも、剛君の前では可愛らしい女の子みたいになっている。

『あっ、ンッ、気持ち良いっ、もうダメ、入れて。我慢出来ない。剛、愛してる』
理香は、切なげな顔で言う。もう、少しも我慢出来ない……そんな切羽詰まった感じが伝わってくる。僕は、理香にこんな顔をされたことがない。

剛君は、理香のホットパンツを脱がせにかかる。短くて、異様にフィットしているそれは、脱がせずらそうだ。でも、理香が腰を浮かせて脱がせやすくしている。そんな理香の仕草にも、嫉妬を感じてしまう。

ホットパンツを脱がせ、ショーツも脱がせていく彼。理香は、恥ずかしそうにしている。
「こんなになってるよ。興奮しすぎだって」
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

オッパブ好きの友人が遊びに来て、嫁と3人で飲んでいたら完(オリジナル 転載禁止)

前回の話

僕は、大量に射精をしてしまい放心状態みたいになっていた。望も、アナルの中に射精をされて小刻みに震えているような状況だ。四つん這いになったままの望。祐介は、目一杯奥まで押し込んだ状態のまま、
「あぁ、ヤバい。気持ち良すぎる。望ちゃん、最高だよ」
と、本当に満足げな顔で言う。祐介は、本当に最高に気持ち良かったというような顔になっている。

『……中に出したでしょ。ダメって言ったのに』
望は、そんな風に言う。でも、怒っているような感じではなく、少しトロンとしたような感じになっている。


「ゴメン。でも、お尻なら妊娠しないし……」
祐介は、謝りながらもそんなことを言う。
『そう言うんじゃなくて……。中に出して良いのは、たっちゃんだけだよ。気持ちの問題なんだからね』
望は、少しすねたような口調で言う。
「そうなんだ……でも、アナルセックスはしたことないんでしょ? 先にしちゃって、悪いね」
祐介は、少し得意気な感じで言う。
『ホントだよ。オプション代、高いからね!』
望は、そんな風に言う。でも、僕はオナニーをして射精までしてしまっている。祐介のことを責める資格もないような気がする。

「もちろん! じゃあ、続けてしていいかな? まだ、ギンギンなんだよね」
祐介は、そんなことを言い始める。
『え? 出したばっかりなのに?』
望は、驚いた顔で言う。
「うん。望ちゃんとアナルセックス出来るなんて、最高だからね。じゃあ、次は正面向いてしようよ」
祐介は、望を抱えるようにして態勢を入れ替え始める。アナルにペニスを入れたまま、器用に正常位に移行する彼。望は、腸内でペニスが暴れるのか、うめいたり身体をのけ反らせたりしている。
「じゃあ、動くよ」
そう言って、祐介は腰を動かし始めた。ここに至るまで、一切僕に許可を求めていない。僕の存在など、ないように思ってるのだろうか?

『あっ、うぅっ、あっ、んっ、やっぱり気持ちいい。お尻初めてなのに、気持ちいいのっ』
望は、戸惑ったような顔で言う。初めてのアナルセックスで感じてしまうことに、罪悪感のようなものを感じているみたいだ。
「良いよ、もっと感じてよ。感じてくれた方が、お尻の中うねって気持ちいいからさ」
そう言って、腰を動かし続ける祐介。望は、アナルに入れられているので、脚をいつもよりも高く上げるような格好になっている。その体勢が苦しいのか、両脚を自分で抱えるような姿になっている。

僕は、ごく普通にアナルセックスを受け入れ、立て続けに2回目もしてしまっている望に、強い不安を感じている。新しい扉が開き、ハマってしまうのではないか? そんな不安を感じてしまう。

『うぅっ、あっ、あっ、この格好だと、前の気持ちいいところにも当たる、うぅぁっ、あっ、気持ちいいっ! ダメぇ、すごく気持ちいいのっ!』
望は、本当に気持ちよさそうな声をあげながら、両脚を抱え続ける。祐介は、嬉しそうな感じで腰を動かし続ける。僕は、このままでは本当に取り返しがつかなくなってしまうのではないか? そんな不安で苦しくなる。

「すごいね、こっちもすごく勃起してるじゃん」
祐介はそう言って望の乳首を摘まみ始める。
『うぁあっ、ダメぇ、乳首気持ちいいっ!』
望は、軽い悲鳴のような声をあげる。祐介は、乳首がギュッと変形するほど強く摘まんでいる。でも、望は痛そうな感じはなく、とろけた顔に変わっている。
全身が敏感になっている……。そんな風に思える。僕とのセックスでは、そんな風にならない。僕とのセックスでは、リミッター解除にはならないという事みたいだ。

「望ちゃんも乳首触ってよ」
祐介が、望に指示をする。すると、望はあえぎながら自分の乳首に指を持って行く。
「イヤ、そうじゃなくって、俺の乳首触ってよ」
祐介が、笑いながら言う。
『あっ、ご、ごめんね。そっちか……』
恥ずかしそうに、耳まで真っ赤にしている望。おずおずと祐介の乳首に指を伸ばす。そして、祐介の乳首をイヤらしい指使いで触り始めた。
「あぁ、気持ちいい。望ちゃんの指、最高に気持ちいいよ」
祐介は、そんな風に言いながら望の乳首を触り続ける。僕は、お互いに乳首を触りながらアナルセックスを続ける二人を見て、異様なほど興奮してしまった。そして、もう一度ペニスをしごき始めてしまった。
自分の妻が、他の男とアナルセックスしてるのを見ながらのオナニー……。常軌を逸していると思う。でも、あまりに気持ち良く、すぐに射精感が湧いてきてしまう。

『ダメぇ、イッちゃう、イッちゃうよぉ』
望は、可愛らしい声で言う。さっきから、祐介に対する態度が媚びるような感じになってきている。僕は、さらに焦燥感が強くなってしまう。

祐介は、いきなりキスをした。腰を振りながら、激しく舌を使う彼。望も、すぐに舌を絡め始めてしまった。祐介に抱きつきながら、夢中で舌を使う望。祐介は、長いストロークでペニスを抜き差しし続ける。
キスで口を塞がれたまま、うめき、のけ反り、しがみつく。ついさっき初体験をしたばかりのアナルセックスで、こんなにも快感を感じることがあるんだろうか? 僕は、望の淫乱な面を見せつけられているような気持ちになってしまった。

僕は、二人の結合部を見ながら夢中でペニスをしごき続ける。強い快感に、すぐに射精寸前になってしまいながらも、オナニーの手がとめられない。

「あぁ、ヤバい。メチャ気持ちいい」
祐介が、本当に気持ちよさそうに言う。望は、祐介の乳首にむしゃぶりつくように吸い付き、舐め始める。
「望ちゃん、それヤバい。気持ち良すぎる」
祐介は、一気に余裕のない声になっていく。アナルをガンガン責められながら、乳首舐めをする望……。オッパブ代わりに少し胸を揉ませるだけだったはずが、全力の風俗プレイになってしまっている。

祐介は、杭を打ち込むような動きで腰を動かし続ける。夢中で乳首を舐めていた望が、
『もうダメっ、イクっ、イッちゃうっ、お尻気持ちいいのっ! イクぅっ! うぅっ!!』
と、とろけきった顔で叫び始める。
「良いよ、イッて。俺もイクから。中に出すよ!」
そう言って、スパートをかけ始めた祐介。肉がぶつかる鈍い音が響き続ける。
『イクっ! イクぅっ! うぅああぁっ! イッくぅっ!』
望は、しがみつきながら叫ぶ。祐介は、腰を奥まで押し込んだまま、体をブルッと震わせた。
『うぅああぁ、熱いの出てるよ、あぁ、すごい』
望は、腸内深く精液を注ぎ込まれ、うっとりしたような顔でうめくように言う。祐介は、吸い寄せられるように望にキスを始めた。

絡み合う舌……。望は、脚を上げるのに疲れたのか、脚を祐介の身体に巻き付けるようにしている。その状態で、むさぼるように舌を使い続ける二人。僕は、再びうめきながら射精を始めてしまった……。

少しすると、
「ありがとう。なんか、本当にありがとう」
と、祐介が照れたように言い始める。そして、ペニスを引き抜く。望は、なとも言えないなまめかしい声を出す。
『ううん。良いよ。私も、すごく良かったし……』
望は、やっぱり媚びたような感じの仕草だ。二人の仲が、急速に近づいていくのを感じながら、僕は慌ててペニスをしまった。

そこからは、一気に空気が変わった。恥ずかしそうにペニスをティッシュで拭き、服を着ていく祐介。望は、布団の上でグッタリとしたまま寝転んでいる。でも、視線は祐介の股間のあたりに注がれているような感じがする。

『もう、おしまいなの? もう、出来ない?』
望は、上気したような顔で言う。まだ足りないのだろうか?
「え? う、うん。さすがに、もう悪いし……。交代した方が良いんじゃないかな?」
祐介は、チラチラと僕の方を気にしながら言う。
『ダメだよ。パパもいっぱい出しちゃったから、交代なんて出来ないよ』
望は、そんな風に言う。確かに、僕のペニスはすっかりと縮みきってしまっている。
「え? そうなんだ。でも、さすがにそんなにお金ないし……」
祐介は、少し言いづらそうな顔で言う。
『そんなの良いよ。サービス。私も、欲しくなっちゃってるし……。ねぇ、このおちんちん入れて欲しいの……。我慢出来ないよ』
望は、甘えたような声で言う。僕は、望の媚びた仕草と甘えた声に、クラクラしてしまった。僕以外の男性に、そんな姿を見せる……。普通に生きていたら、絶対に経験出来ないような状況だと思う。

「マジで? そういうことならお願いしたいよ」
祐介は、そんな風に言う。すると、望は服を着ている途中だった彼を布団に押し倒す。穿きかけだったズボンを剥ぎ取るように脱がす望。その顔は、いたずらっ子のように目がキラキラしている感じだ。

望は、パンツごと祐介のペニスをくわえ始めた。パンツを穿いていても、もっこりと盛り上がった感じのペニス。望は、パンツごと甘噛みするような感じで弄んでいる。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

10年間精液を溜め続けた男の援交SEX -るな編-


ふとした思いから10年間の禁欲生活を過ごした中年男性の「おじさん」と援○交際をすることになった少女「るな」との濃厚なセックスを描いたフルカラーコミックです。

初めはいつも通りの小遣い稼ぎだと思っていたるなでしたが、優しい雰囲気とは裏腹なおじさんの激しいプレイと絶倫の精力に逆らえず、それまで味わったことのない快感に涙を流し、ヨダレを垂らし、全身をふるわせながら潮を吹いてイキまくります。


【収録内容】

本編ファイルは、1ページが1920×2720ピクセルのJPG画像形式です。

・手マン・クンニ・子宮いじりからの潮吹き
・コンドームが膨れ上がるほどの大量射精
・子宮をいっぱいに満たす中出しセックス
・女の子を快楽漬けにしてからの子宮姦
といった内容を主に収録しております。

続きを読む

ネトラレたママは好きですか?~教育ママと家庭教師~


優しい夫と利発な息子。
『松波 香織』にとって家族はかけがえのない宝物。
誰からも羨まれる幸せな日々。

だが……。

穏やかで幸福な生活も、ある事を機に少しずつ変わり始める。
その原因は――
息子に家庭教師をつけた事。

★愛妻をネットで募集した単独男性に貸し出し


愛妻をネットで募集した単独男性に貸し出し抱かれる妻を旦那が撮影しています。
最初は恥ずかしがり躊躇する奥さんですが単独さんの強引な責めに徐々に感じ始め正常位、後背位で激しく突かれ正常位にもどり舌を絡めた濃厚キスと大しゅきホールドで感じまくり最後は膣奥にゴム射です。

寝取られ電子書籍


強気な姉さん女房が寝取られ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
328位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>

おすすめ動画

検索フォーム

ランキング

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:マガブロの体験談は、本ブログだけのオリジナルです。
他では読むことが出来ないものだけです。
姉妹サイトのNTR使える寝取られサイト、エッチな体験談や萌えた体験談ブログとは違い、アブノーマルな話だけを紹介します。

姉妹ブログとは違い、スカ、グロ、暴力、ゲイ、等々、一般受けを考えずに、好きに書いています。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読むことが出来ます。また、月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、FC2より私へは一切通知されませんのでご安心下さい。
また、FC2ポイントは銀行振り込みやペイジー、コンビニ決済、銀行ATMで購入できますので、クレジットカードを利用しなくてもブロマガ購入できます。
※無断転載は禁止します。
筆者のマガブロ一覧です
http://netoraretaiken.com/
blog-entry-9059.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。