月別アーカイブ  [ 2020年11月 ] 

≪ 前月 |  2020年11月  | 翌月 ≫

このブログのオリジナルコンテンツ一覧

嫁の浮気相手は、ハゲた中年太りのおっさんだった3(オリジナル 転載禁止)

前回の話

俺は、自分で言ったことながらすでに後悔し始めていた。久美は、嬉しそうに川井の唾液を飲み干している。それどころか、もっと欲しいというような素振りをする。
こんなにタバコ臭そうなハゲ散らかしたオッサンな相手に、どうしてこんなリアクションをしているのだろう? 俺は、まったく理解が出来ないでいる。

久美は嬉しそうに川井の唾液を飲みながら、彼の股間をまさぐっている。いつも通りにしろと指示はしたが、本当にこんなに積極的な行動に出るとは想像していなかった。唾液を飲み干した久美は、キスをねだる顔をする。すると、川井は唇を押しつけることはせずに舌を突き出した。


太い舌。見るからに、不潔そうな感じがする。でも、久美はその舌に吸い付くようにして口の中に収める。そして、強く吸いながら舌を絡めていく。こんなに卑猥なキスをする久美……。俺の知らない久美だ。久美は、強く川井の舌を吸い続ける。そして、彼の股間をまさぐり続ける。ズボンの上からでも、はっきりと盛り上がっているのがわかる。

『川井さんのおチンポ、すごく固くなってる。もう、舐めさせていただいても良いですか?』
久美は、そんな言い方をする。まるで、久美がセックスをしてもらっているような態度だ。客観的に見て、このおっさんが久美くらいのイイ女とセックスをするには、何万円か払わないといけないくらいだと思う。それが、まるで久美の方がお金を払うような勢いで奉仕しているように見える。

「良いですよ。くわえさせてあげます」
川井は、妙にカンに障る言い方をする。自分のペニスに、絶対的な自信を持っているような口ぶりだ。
『ありがとうございます。ご奉仕させていただきます』
久美は、そう言ってひざまずいて川井のズボンを脱がせていく。川井は、さっきまでの怯えたような表情は消え、ふてぶてしい感じになっている。パンツを脱がせると、ブンッ! と、音がする勢いでペニスがそそり立つ。ほとんど天井を指すほどの角度だ。そして、ヘソに届く長さと、ペットボトルかと思うほどの太さに驚く。

動画で見るよりも、大きく感じる。実際、かなりの大きさだと思う。でも、大きさよりも感じたのが、淫水焼けしたような黒さと、張り出したカリ首の造形のエグさだ。圧倒的な存在感だ。あんなモノで膣中をかき混ぜられたら、ゴリゴリに膣壁をこすられてしまいそうだ。

『あぁ、すごい……。大きい……。本当に素敵です。ご奉仕させていただきます』
久美は、とろけた顔で彼のペニスを舐め始めた。俺が見ていることを忘れてしまったような感じで川井のペニスを舐める久美。童顔で幼い印象の久美の顔が、妖艶な顔になったように感じる。

小さな舌でカリ首の周りを舐め回しながら、こそげ取るような強さで舐める久美。考えてみれば、シャワーも浴びていない。恥垢なんかもあるように見える。それでも、久美は熱心に舐め続ける。そして、大きく口を開けてくわえ込んでいく。

あんなに太いペニスを、目一杯口を大きく開けてくわえ込む久美……。その目が、発情したような感じに変わっている。くわえ込むと同時に、久美の頬がすぼまる。強くバキュームしているようだ。

「シャワー浴びてないですけど、大丈夫ですか?」
川井が言う。
『平気です。川井さんのおチンポ、汗臭くて美味しいです』
久美は、信じられない言葉を口にしながらフェラチオを続ける。
「上手になりましたね。こんなにフェラが上手くなったら、旦那も喜ぶでしょ」
川井は、俺がいるのにそんなことを言う。忠実に、いつも通りのセックスを見せているだけ……とは思えない感じだ。俺を挑発するというか、小馬鹿にしているように思えてしまう。

久美は、ひたすらフェラチオを続ける。卑猥な音を立て、頭を前後に振って奉仕を続ける。どう見ても、俺にするときよりも熱が入ったようなフェラチオの仕方だ。

「そんなにしたら、出ちゃいますよ。ほら、もっと色々舐めて」
川井が指示をする。すると、久美は彼の睾丸や竿を舐め始める。それだけではなく、睾丸を口に含んだりもする。そうしている間も、指がイヤらしく彼のペニスをしごき続ける。本当に、久美は変わってしまった。俺しか知らなかったウブな女の子……。そんな久美は、もうどこにもいないようだ。

そして、俺はやっぱり自分が激しく勃起していることを認識した。興奮する要素などないのに、異様なほどに興奮してしまっている。手も触れていないのに、射精感が湧いてくるほどだ。

『川井さんのおチンポ、ギンギンになってます。早く入れて欲しいです』
久美は、とろけた顔のまま言う。すると、川井が後ろを向いた。久美は、川井のお尻を左右に拡げるようにする。そして、そのまま彼の肛門を舐め始めた。

シャワーも浴びていないおっさんの肛門を舐める久美……。俺は、自分の嫁がここまで調教されてしまっていることに焦ってしまう。

久美は、川井の肛門を舐めながら、ペニスをしごく。細い指が、カリ首当たりに絡みつく。
「あぁ、気持ちいい。まずは、口に出しますか」
川井は、そんな風に言う。もう、すっかりと余裕が出てきているようだ。再び前を向いてペニスを誇示する川井。久美の奉仕のせいか、より大きくなっているように見える。
久美は、そのまま彼のペニスをくわえて頭を振り始めた。さっきよりもリズミカルで、バキューム音も大きい。そして、久美はフェラチオしながら、スカートの中に手を突っ込んでまさぐり始めた。

フェラチオしながらオナニーを始めた久美……。俺は、唖然としてしまった。ここまで淫乱になっている? 俺が見ているのに、ここまでする? もう、言葉も出ない。

久美は、さらに頭の動きを早くする。まるで、手でしごいているような速度で頭を振り続ける。すると、
「出ますよ。出る」
と、川井が冷静に言いながら久美の口の中にぶちまけ始めた。
『ん~っ』
久美は、うめきながら口内射精を受け続ける。そして、スカートの中の手の動きは、かなり激しい物になっている。射精を続ける川井……。口内射精を受けながらオナニーを続ける久美……。すると、久美は身体をビクンと跳ねさせた。

「ホント、すぐイッちゃいますね。淫乱すぎるでしょ」
川井は、満足げに言う。すると、久美は川井のペニスを口から吐き出す。そして、手の平に口の中の精液を垂らし始める。ドロッとして粘度が高そうな白い液体……。量も多い。

『川井さんのザーメン、飲ませていただいても良いですか?』
久美は、そんなとんでもないことを言う。
「しっかり飲むんだよ」
川井が、妙に優しい口調で言う。すると、久美は手の平の上のザーメンに口を付け、大きな音を立ててすすり始めた。そして、全てを口の中に戻すと、そのまま喉を大きく動かして飲み干してしまった……。

『ごちそうさまです。美味しかったです』
久美は、うっとりした顔で言う。そして、飲み干したそばから、再び彼のペニスをくわえ始めた。俺は、久美のそんな態度に驚かされるばかりだ。
「久美は、ザーメン大好きだね。肌がもっと綺麗になるんじゃない? 私とするようになってから、艶々になったもんね」
川井は、さも自分の手柄のように言う。一体、何回久美にザーメンを飲ませてきたのだろう?

久美は、お掃除フェラをしていると言うよりも、無理矢理勃起させようとしている感じだ。射精したばかりは柔らかくなっていたペニスも、もう回復してギンギンになっている。射精直後にフェラチオなんかされているのに、川井はくすぐったいと感じている気配もない。

『川井さんのおチンポ、大っきくなりました。入れても良いですか?』
久美は、焦れた顔で言う。さっきから、一度も俺の方を見ようともしない。もしかしたら、本気で俺の存在を忘れているのかもしれない。
「良いですよ。でも、コンドーム付けた方が良いんじゃないですか?」
川井は、チラッと私を見てから言う。さすがに、自分の立場は理解しているようだ。
『どうして? コンドームなんて付けたら、中に出してもらえないです』
不満そうに言う久美。
「だって、旦那さんが見てますよ」
川井は、少し弱々しい感じで言う。久美は、ハッと気がついたような顔になり、慌てて俺を見た。本当に忘れていた……そんなリアクションだ。罪悪感を感じているような顔になる久美。でも、すぐに川井に向き直り、
『いつも通りにしないとダメだから……。仕方ないの』
と、言いながら彼にまたがり始めた。スカートをまくり上げ、着衣のままの久美。ショーツをずらすと、生のペニスを膣口に押しつける。脱ぐ間も惜しんで入れてもらいたい……そんな姿に見える。

川井は、俺の方を見て、
「良いんですか?」
と、聞いてくる。俺は、色々な言葉が頭をよぎるが、結局なにも言えずにいる。そうこうしているうちに、久美が腰を下ろしてしまった。一瞬で、極太のペニスが久美の体内に消える。
『んぉおおっ、おチンポ大っきいっ』
久美は、下品な言葉を口にしながらあえぐ。そして、入れたそばから腰を振り始めた。くねらすように、こすりつけるように激しくグラインドさせる久美。
『あぁっあっ、あんっ、あぁっ、あぁぁ~! おチンポ気持ちいいっ! 川井さんのおチンポ、子宮に強く当たってますっ!』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

嫁がバイト先のファミレスで、高校生に本気になっていた4(オリジナル 転載禁止)

前回の話

僕は、手も触れずに射精してしまったことに驚きながらも、あまりの快感にうめき声が漏れてしまっていた。さっきは、しごいてオナニーしても射精できなかった。イキそうなのに、射精できない状態。きっと、ショックが大きすぎて心理的な要因で射精できなかったのだと思う。

それが、理香が他の男に膣中に射精されたのを見た瞬間、手も触れていないのに射精をしてしまったのは、どういうことなんだろう?


僕は、荒い息遣いのまま画面を見つめている。画面の中では、理香が両脚まで絡みつかせた状態で剛君にしがみ付いている。濃厚なキスを続けながら、理香は全力で彼を抱きしめているし、彼も同じように理香のことを抱きしめている。

僕は、理香は本気で彼のことを愛しているのだろうか? セックスを盛り上げるために、そんなことを言っているだけなのだろうか? と、考えていた。

この動画がいつの物なのかは定かではない。でも、ここ数日以内の物だと思う。それでも、最近の理香はいつも通りだった。僕に対しても、普段と何も変わらない感じで接していた。普通に、行ってらっしゃいのキスもしている。

ただ、考えてみれば、最後に彼女とセックスをしたのはいつだろう? アイツに調査を依頼したこの2週間はもちろんのこと、その前も数週間していない気がする。僕は、どちらかというとセックスには関心が薄い方だ。性欲はあるが、オナニーでも問題ないかな? と、思ってしまうような性格だ。

画面の中の剛君が、
「すごく沢山出た……。理香、愛してる」
と、優しい口調で言う。
『うん。わかったよ。ドクドクしてたね。愛してる。今までで一番気持ち良かった。どうしよう……帰りたくなくなっちゃうよ……』
理香は、彼にしがみ付いたままそんなことを言う。着衣のまま、玄関でセックスをした二人。感情を抑えきれなかった感じだ。

ただ、しばらくそのまま抱き合っていた二人だけど、理香が、
『ゴメンね、もう帰るね。怪しまれちゃうから……』
と、言い始めた。
「もう、怪しまれても良いじゃん。このまま、泊まっていけよ」
剛君は、そんなことを真剣に言う。
『……ダメだよ。そんなことしたら、剛にも迷惑かかっちゃうから』
理香は、迷ったような口調で言う。
「迷惑なんか、かからないよ!」
剛君は、そんな風に言う。
『ダメ。剛の気持ちは嬉しいけど、暴走しちゃダメだよ』
理香は、冷静に言う。それでも、剛君はだだをこねるように話を続ける。
「だって、まだ高校生でしょ? 剛の気持ちは信じるけど、やっぱりダメだよ。私も、ずっと好きでいてもらえる自信ないよ……』
理香は、色々と悩んでいるような感じだ。無理もないと思う。剛君は色々と話を続けたが、結局引き下がった。そして、しばらくキスを続けた後、理香は部屋から出て行った。動画は、そこで終わる。

僕は、強い脱力感に襲われていた。そして、不安になっていた。この後、理香は帰ってきてくれるのだろうか? 今、パートに行っている。もしかしたら、剛君と同じシフトかもしれない。

僕は、とりあえず飛び散った精液を拭き取る。そして、残りの一本を見るべきかどうか迷っている。もう、これ以上見たくない気持ちもある。知らない方が幸せなこともあると思う。

僕は、動画を削除しようとした。でも、削除を実行したが、管理権限がないのでエラーになってしまう。僕は、結局もう一本の動画を見始めてしまった。

動画は、会話の途中から始まった。
『うん。間違いないよ。赤ちゃん、出来た』
理香は、そんな言葉を口にしている。僕は、パニックになってしまった。理香は、剛君の部屋でそんな言葉を口にした。
「そうなんだ。すごく嬉しいよ。もう、俺と一緒になろうよ」
剛君は、そんな対応をする。焦ることもなく、本当に嬉しそうだ。高校生の彼が、バイト先の人妻を妊娠させた……。普通なら、かなり焦るシチュエーションのはずだ。でも、剛君は動揺することもなく、本当に嬉しそうだ。

『ダメ。剛に迷惑かけられない』
理香は、そんな風に言う。
「ど、どうして? だって、俺の子でしょ?」
剛君は、驚いた顔で言う。
『うん。そうだよ。でも、雅俊さんの子として産む』
理香は、きっぱりとそう言う。
「そんな! そんなのダメだよ。だって、そんなことしたら可哀想だよ」
剛君が慌てた感じで言う。
『可哀想? 誰が?』
理香が質問する。
「それは……旦那さんが」
剛君は、そんな風に言う。僕は、高校生に心配されて、複雑な気持ちになってしまった。
『この子のこと考えたら、それが一番良いの。剛のことは愛してる。誰よりも、愛してる。でも、ここで雅俊さんと別れたら、お腹の子も剛も不幸になる』
理香は、そんなことを言い始めた。僕は、本当に驚いてしまった。理香が、そんなことを言う……信じられない気持ちだ。ほがらかで真面目な性格。人に騙されても、騙すことなんてないタイプだと思っていた。

剛君は、当然のようにそんなのおかしいと言う。でも、理香が、
『剛の子だって言うのは、変わらないよ。私と剛は、わかってるんだもん。それで良いと思う……。こうしないと、もう剛とも会えなくなっちゃうよ』
と、言う。剛君は、意味がわからないと言う。でも、理香が僕と理香の家族のことも含めて、想定される色々なケースを説明をすると、渋々という感じながらも納得した。

「俺が働いて稼ぐようになったら、一緒になってくれる?」
剛君は、そんな風に質問する。
『その時に、まだ私のことが好きだったらね』
おどけたように言う理香。でも、無理をして笑っているような感じだ。そして、二人は吸い寄せられるようにキスを始めた。

舌を絡ませ、抱きしめ合いながらキスを続ける二人。そのまま、もつれるようにソファに倒れ込む。荒い息遣いに、絡み合う舌。理香は、彼のTシャツをまくり上げて乳首にむしゃぶりついた。興奮した顔で、彼の乳首を舐める理香。発情したような顔になっている。
「ダメだよ、赤ちゃんいるんでしょ?」
そんな風に言う彼。心配そうな感じだ。
『まだ、平気だよ。形にもなってないよ。それに、明日雅俊さんとするから……。今日は剛に抱いてもらいたい』
理香は、そんな風に言う。僕は、また動揺してしまった。明日? この動画は、いつの動画なんだろう? 

「わかった。理香が俺のを忘れないように、たくさんするね」
剛君は、そんな風に言うと服を脱ぎ始めた。
『忘れるわけないよ。もう、私のあそこは剛の形になっちゃってるもん』
理香は、照れくさそうに言いながら服を脱ぎ始めた。あっと言う間に全裸になった二人。すぐにベッドで抱き合いながらキスを始める。お互いに、相手の性器を触りながらのキスが続く。

イヤらしくペニスをしごく理香。そして、指でクリトリスをこすり続ける剛君。お互いの気持ちいいところが、よくわかっている感じだ。

どういう経緯でこんな関係になったのだろう? 話では、骨折をした彼に、ご飯を作ってあげたりしたのがきっかけなんだと思う。
でも、肉体関係になったのは、どちらかがアクションを起こしたからだと思う。どちらがアクションを起こしたのだろう? 僕は、二人の濃厚なキスを見つめながら、そんなことを考えていた。

すると、理香が彼のペニスを舐め始めた。
「あぁ、理香、気持ちいいよ」
嬉しそうに言う彼。理香は、笑顔で彼のペニスを舐め回している。顔の小さな理香がペニスを舐めていると、対比でペニスがものすごく大きく見える。僕は、劣等感を刺激されながら、夢中でペニスを舐め続ける理香を見ていた。

『フフ。剛の、すごく固い。こんなに興奮してくれて、嬉しい……。私の身体、飽きてない?』
理香は、恥ずかしそうに質問する。
「飽きるわけないよ。すごく綺麗だよ。それに、エッチな理香が大好きだよ」
剛君は、真剣な顔で言う。理香は、嬉しそうに笑いながら、彼のペニスをくわえ込んでいく。大きく口を開け、太いペニスを口に入れていく理香。

「あぁ、理香。気持ちいい。もっと奥までくわえて」
剛君が、感激したような声で言う。理香は、言われるままにペニスをくわえ込んでいく。小柄で童顔な理香。それが、嬉しそうに浮気チンポをくわえている……。
僕は、ついサイドボードの上の写真を見てしまった。結婚式の時の写真……。純白のドレスを着て、幸せそうに微笑んでいる。この時、僕と理香は永遠の愛を誓ったはずだ。そんな理香が、写真と同じ幸せそうな顔で高校生の男の子のペニスをくわえ込んでいる……。

僕は、見なければ良かったと思い始めていた。こんな動画を見たばかりに、僕は絶望感で死にそうな気持ちになっている。理香は、本当に熱心にフェラチオをしている。あんなに長いペニスを、頑張って飲み込んでいる。あれでは、喉の方まで入ってしまっているように見える。

「理香、俺も舐めさせて」
興奮した声で剛君が言う。すると、理香は彼のペニスをくわえたまま、身体を時計回りに動かし始めた。彼の顔の上にまたがるようになると、剛君はすぐに理香のアソコを舐め始めた。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

新・現実の●漢現場へ潜入vol.7 ~生まれながらのマゾ女たち~ シーン1


現代であっても、●漢が常に現れる路線が実際に存在することをご存知か?!

毎朝毎晩、●漢が終結する伝説の通勤ラッシュを目撃せよ!!

●漢ドキュメンタリーのOTK COLLECTORSが送る最高の実録映像。

生まれながらのマゾ女たちが、自分のマゾ性を認めさせる。

★愛妻をネットで募集した単独男性に貸し出し


愛妻をネットで募集した単独男性に貸し出し抱かれる妻を旦那が撮影しています。
最初は恥ずかしがり躊躇する奥さんですが単独さんの強引な責めに徐々に感じ始め正常位、後背位で激しく突かれ正常位にもどり舌を絡めた濃厚キスと大しゅきホールドで感じまくり最後は膣奥にゴム射です。

★泣く幼子をあやし隣の部屋で他人棒を咥え突かれ泣く


金を貸していた友人がまた泣きついてきました。

お子さんもいて大変なんだと言われました。

多忙だったこともあり新入りに任せました。

お子さんにミルクをやっていたのを見手本当にやっていいのか

と相談されましたが、やらせました。

途中お子さんが泣いて中断したようですが

最後までやったようです。

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
482位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
23位
サブジャンルランキングを見る>>

おすすめ動画

検索フォーム

ランキング

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:マガブロの体験談は、本ブログだけのオリジナルです。
他では読むことが出来ないものだけです。
姉妹サイトのNTR使える寝取られサイト、エッチな体験談や萌えた体験談ブログとは違い、アブノーマルな話だけを紹介します。

姉妹ブログとは違い、スカ、グロ、暴力、ゲイ、等々、一般受けを考えずに、好きに書いています。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読むことが出来ます。また、月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、FC2より私へは一切通知されませんのでご安心下さい。
また、FC2ポイントは銀行振り込みやペイジー、コンビニ決済、銀行ATMで購入できますので、クレジットカードを利用しなくてもブロマガ購入できます。
※無断転載は禁止します。
筆者のマガブロ一覧です
http://netoraretaiken.com/
blog-entry-9059.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。