月別アーカイブ  [ 2020年12月 ] 

≪ 前月 |  2020年12月  | 翌月 ≫


このブログのオリジナルコンテンツ一覧

嫁がバイト先のファミレスで、高校生に本気になっていた完(オリジナル 転載禁止)

前回の話

僕は、精液まみれの自分の手を見ながら、どうしてこんな事になっているのだろう? と、考えてしまった。仕事も順調で、理香のお腹の中には赤ちゃんもいる。どこから見ても、幸せな家族という感じだと思う。

それなのに、理香は大きなお腹で剛君とのセックスを続けている。アナルセックス……本当にしてしまうのだろうか? 当然僕ともしたことがないし、するつもりもなかったことだ。


『そ、そんなの無理だよ。恥ずかしいし……』
理香は、剛君の言葉に反応してそう答える。アナルの中を綺麗にする……それは、浣腸をするという意味だと思う。理香は、顔を真っ赤にして拒否している。

「でも、綺麗にしないと余計恥ずかしいことになると思うけど」
剛君は、そんな風に言う。
『そ、それはそうだけど……。でも、どうやって? したことないよ』
理香は、やっぱり恥ずかしそうに言う。なかなか浣腸なんて経験するものではないと思う。
「薬局で買っておいた……」
剛君はそう言って引き出しから小箱を取り出す。
『そ、そうなんだ……。準備良いんだね。今日は、最初からそのつもりだったって事なの?』
理香が質問すると、剛君はすぐに、
「結構前から買ってあったんだ。理香の初めてになりたいなって思ってたから……。理香、愛してるよ」
優しい声で言う彼。理香は、嬉しそうな顔で、
『私も愛してるよ。わかった……。剛に初めてを捧げたいから……。待っててね。綺麗にしてくる』
そう言って、理香は小箱を手に取ってトイレの方に移動していく。さすがに、トイレの中にまではカメラはしかけられなかったようで、画面は切り替わらない。……でも、本当にそうなんだろうか? もしかして、アップロードしていないだけで、アイツは撮影動画をもっているのではないだろうか? 理香の恥ずかしい姿を、独り占めしているのではないだろうか?

画面では、剛君が落ち着きのない様子でスマホをいじったりしている。結構な時間が経過していく。すると、理香が戻ってきた。
『ゴメンね、お待たせ……』
理香は、少し元気がない感じだ。
「大丈夫だった?」
剛君が質問すると、
『う、うん。多分平気』
理香は、妙にモジモジしている。すると、剛君が理香を抱き寄せてキスを始めた。嬉しそうにキスをする理香。本当に、幸せそうな顔になっている。そのまま、長い時間キスが続く。こんなに感情を込めてキスをする二人を見るのは、胸が苦しくなる。でも、コントロールを失ったように勃起してビクンビクンと揺れるペニスを、僕はまたしごき始めてしまった。

剛君は理香とキスをしながらも、たまに醒めた顔になっている感じがする。理香は相変わらず、恋する女の子の顔でキスを続けている。二人の間に、温度差が生まれているように感じる。そして、理香はキスをしながら剛君のペニスをしごき始めた。すでに大きくなっているペニスを、さらに大きくしようとするように激しくしごき続けている。

しばらくしごいた後、理香はまたフェラチオを始めた。
『すごく固い。興奮してくれてる? 私に飽きてない?』
理香は、そんな言葉を口にしながらフェラチオを続ける。
「飽きるはずないよ。すごく興奮してるよ。愛してる」
剛君はそんな風に言葉をかける。理香は、嬉しそうにフェラチオを続ける。大きなお腹で、一生懸命に奉仕をする理香。妊婦がこんな風にフェラチオをしている姿は、卑猥さと神聖さが入り交じったような不思議な光景に見える。僕は、興奮したままオナニーを続ける。理香が他の男にフェラチオをする姿は、どうしてこんなに興奮するのだろう? 僕は、僕自身もすっかりと変わってしまったなと思いながらしごき続ける。

『ねぇ、もう入れて欲しい。くわえてるだけで、我慢できなくなっちゃう』
理香は、甘えた声で言う。
「じゃあ、四つん這いになってみて」
剛君が指示をする。すると、理香は言われるままに四つん這いになる。大きなお腹の理香が四つん這いになる姿……。僕は、色々と心配になってきてしまう。

すると、剛君がいきなり理香のアナルを舐め始めた。
『ダッ、ダメッ! 汚いよ、ダメだって、うぅっ』
慌てて逃れようとする理香。でも、剛君は、
「理香の身体に汚いところなんてないよ。それに、誰にも舐められたことないでしょ? 俺が初めてになるよ」
と言う。理香は、
『うぅ、そ、それはそうだけど……』
と、戸惑った感じで弱々しく言いながら抵抗をやめた。剛君は、抵抗がなくなったことで舐め続ける。理香は、恥ずかしそうにうめきながらもなすがままにされている。
剛君は、ひたすら理香のアナルを舐め続ける。いくら理香の身体の一部だとしても、僕は舐めようとは思えない。なんとなく、理香を思う気持ちで負けたような気になってしまう。

『うぅ、あっ、んっ、うぅっ、あっ、くぅ』
理香は、うめき声に気持ちよさそうな響きが混じり始めた。
「気持ちいい?」
剛君が質問すると、
『き、気持ちいい。恥ずかしいのに、感じちゃう……』
と、理香が本当に恥ずかしそうな声をあげる。剛君は、理香のアナルを舐めながら膣の方も触り始めた。理香は、
『あっ、あぁっ、気持ちいいっ、剛、すごく気持ちいいよ』
と、あえぎ始める。そのまま責められ続ける理香。少しすると、剛君が理香のアナルを触り始めた。

『うぅ、うぅあっ、んっ』
理香はやっぱり恥ずかしそうな感じのままあえぐ。剛君は、ローションのボトルを手に取ると、それを指につける。そして、理香のアナルに指を入れていく。
「力抜いててよ」
剛君はそんな風に言いながら指を挿入していく。理香は、
『うぅ、イヤァ……』
と、恥ずかしそうに声を漏らし続ける。
「もう、全部入ったよ。痛くないでしょ?」
剛君は、人差し指を全部挿入した状態で言う。理香は、
『う、うん。痛くない……でも、すごく違和感あるよ。指でもこんななのに、剛の大きなおちんちん、入るのかな?』
理香は、不安そうな声を漏らす。
「じっくりほぐせば平気だよ。動かすよ」
そう言って、指を動かし始める彼。理香は、うめくような声をあげながら、抵抗せずにアナルをほぐされ続ける。じっくりと、人差し指を抜き差ししたりしながら理香のアナルをほぐしていく彼。理香は、モジモジと恥ずかしそうにしながらも、アナルをほぐされ続けている。理香の初めてがまた奪われる……それは、夫の僕としては泣けそうなほどツラい。でも、僕は興奮しきった状態でペニスをしごき続ける。

「指、1本増やすよ」
そんな声をかける剛君。理香は、黙ってうなずいている。剛君が指を二本にすると、
『うぅっ、あぁ、ダメぇ』
と、思わず声が出る理香。剛君は、力抜いて等と言いながら理香のアナルをほぐしていく。ペニスを入れるために、二本の指でアナルをほぐされる理香……。僕は、ますますドキドキしながらペニスをしごき続ける。
剛君に初めてを捧げるために、必死で耐え続ける理香……。激しい嫉妬を感じてしまう。でも、考えてみればすでに理香を妊娠させられてしまっているので、今さらという気持ちもある。

「よし、じゃあ、ゆっくり入れてくよ。息吐いてリラックスしてね」
そんな風に言いながら、ペニスを理香のアナルに押しつける彼。いよいよ奪われてしまう……そんな気持ちにもなるが、あんなに太い物が本当に入るのだろうか? そんな心配も感じる。

『うぅあぁ、む、無理だよ、入らないよ。大きすぎるもん』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

嫁の浮気相手は、ハゲた中年太りのおっさんだった4(オリジナル 転載禁止)

前回の話

俺は、久美の言葉に、ハッと気がついたような股間から手を離した。久美に見られているのに、股間をまさぐっていた俺……。久美は、とろけた顔のまま、
『あなた、ちゃんと見てて下さいね。川井さんとのセックスは、こんなもんじゃないですから。いつも通りにしますから……』
と、俺に宣言してくる。とろけた顔になっているが、少し挑発的な感じもする。すると、川井が久美のことを抱えたまま、
「どうぞどうぞ、遠慮なさらずに。チンポ出してしごいて下さい。私は、気になりませんから」
と、丁寧な口調で言ってくる。さっきの少し慌てたような感じは消えていて、余裕を感じるような態度になっている。俺は、ムカッとしながらも、股間をまさぐっていたことを見られている事に動揺してしまっている。


すると、川井が久美を床に降ろし、自分はソファに座ってしまった。当たり前のように、我が家のソファに座る彼。あまりにも堂々としている。

すると、久美はひざまずいてフェラチオを始めた。
『ご奉仕させていただきます』
久美は、そんなことを言いながら極太ペニスに舌を這わせる。何というか、不倫と言うよりは調教……そんな関係に見える。久美は、心を込めてペニスを舐め続ける。さっきまで、自分の膣中に入っていたペニスを、イヤがることなく舐め続ける。

小柄で童顔の彼女……。俺とセックスをするまでは処女だった。恥ずかしがりでセックスにもそれほど積極的ではなかったし、貞操観念も高かったはずだ。

そんな久美が、イヤらしい舌遣いでこ汚いおっさんのペニスを舐め続けている。俺は、目を疑うような久美の行動に、ただただ目を奪われている。そして、二人の視線が外れたこともあり、再びペニスをまさぐり始めた。ズボンの上からまさぐるだけで、驚くほどの快感が走る。
俺は、どうしてこうなった? と、自分の事ながら驚いている。そして久美は、川井の睾丸やアナルを舐めながら奉仕を続け、
『もう、おチンポ入れても良いですか? 我慢出来ないです』
と、切なげな顔で言う。川井は、
「私はかまいませんが、旦那さんはどうでしょう? 許可もらったらどうですか?」
と、言う。久美は、
『いつも通りにしろって言われてるから……』
と言いながら、川井にまたがり始める。そして、極太を手に握ると自ら膣口に導いていき、そのまま一気に腰を下ろした。極太が一瞬で消える。
『んうぅっ! おチンポ太いぃ』
久美は、とろけた顔で言う。俺が見ていることなんて、まるで気にしていない感じだ。そして、すぐに腰を上下に動かし始める。肉がぶつかる音が響き、久美はのけ反るような感じになっていく。
『気持ちいいっ、おチンポ気持ちいいです! 子宮に入っちゃう。おチンポ子宮に入っちゃいそうです』
久美は、とろけた声で叫ぶ。もう、開き直ったように腰を動かし、あえぐ久美。俺に対する罪悪感は、消えてなくなったように見える。

「そんなに感じて、良いんですか? 旦那さん、見てますよ」
川井が言う。久美は、俺の方を見ながら、
『あなた、見てて。気持ちいいの。このおチンポ、全然違うの。あなたのより大っきくて、すごく気持ちいいの。あなたもオナニーして良いよ。おチンポ出して、直接しごいて良いよ』
と言ってくる。俺は、いつの間にか主導権を握られてしまっているなと感じていた。
川井は、何も言わずにニヤニヤしている。久美は、ひたすら腰を上下に動かしながら俺の方を見ている。馬鹿にしているようにも見える表情だ。

俺は、思わずうつむいてしまった。浮気の現場を押さえて、二人に謝罪させる。そして、二度とそんなことをさせないようにする。そんな展開になるはずだった。

『あなた、早く。おチンポ出して直接しごいて』
久美は、そんなことを言いながら腰を動かし続ける。俺は、まるで催眠術にでもかかったようにペニスを出してしごき始めてしまった。

『そう、いっぱいオナニーして。あなたにも気持ち良くなってもらいたいの』
久美はそんな風に言う。俺は、久美の意図もわからずにペニスをしごき続ける。間男の前で、妻の痴態を見ながらのオナニー……。我ながら、なにをやっているのだろう? と、思ってしまう。

川井が、
「旦那さんも、楽しんで下さいね。私に遠慮しないで下さい」
と、声をかけてくる。俺は、すでに怒りを感じる事もなくなっていた。

『あなた、見える? 太いおチンポ、ズボズボ入ってるの。あなたのと違って、奥まで届くの。気持ちいいの、全然違うのっ』
久美は、そんな風に言いながらどんどん高まっていく。激しく腰を動かすので、胸がユサユサ揺れている。すると、すぐに久美は、
『イクっ、イッちゃうっ、あなた、見てっ! イクとこ見てっ!!』
と、叫ぶ。俺は久美がイク姿を見ながら、激しくオナニーを続ける。あまりの気持ちよさに、戸惑ってしまう。普通にオナニーをする……もしかしたら、久美とのセックスの時よりも気持ちいいかもしれない。圧倒的な快感を感じながら、俺はペニスをしごき続ける。

久美は、俺のことを見つめたまま腰を激しく動かし、
『イクっ、あなた、イクっ! 川井さんのおチンポでイクっ!』
と、叫びながら身体を震わせる。すると、川井がニヤけた顔で、
「あ~あ、またイッちゃった。旦那さんが見てるのに、感じすぎじゃないですか?」
川井のからかうような声が響く。久美は、
『だって、川井さんのおチンポ、気持ち良すぎちゃうんだもん。ねぇ、イッて。中に出して下さい』
と、甘えた声で言う。俺は、オナニーをしながらそれを見つめている。
「良いですよ。じゃあ、いつもみたいにおねだりして下さい」
川井が余裕の顔で言う。久美は、俺の方をチラッと見た後、
『川井さん、妊娠させて下さい。久美のオマンコに、いっぱい中出しして下さい』
と言った。すると、川井が体勢を入れ替え始める。久美をソファに寝かせると、すぐにペニスをこすりつけ始める。膣口にペニスをこすりつけられ、気持ちよさそうな顔になる久美。
「旦那さんが見てる前で、妊娠させてあげますよ。ほら、脚を抱えて入れて下さいって言ってごらん」
川井は、そんなことを言う。すると、久美はすぐに両脚を抱えるようにした。川井の趣味で剃られてしまったツルツルの下腹部。久美は、とろけた顔で、
『川井さんのおチンポ、早く入れて下さい。いっぱい子宮に当てて下さい。妊娠しても良いから、いっぱい出して下さい』
と、おねだりをする。すると、川井は一気に極太を根元まで入れてしまった。
『んぅうう゛っ! ダメぇ、イッちゃったぁ。川井さんのおチンポ、入れただけでイッちゃいましたぁ』
久美は、可愛らしい声で言う。俺は、とろけきった顔の久美を見て、暴発気味に射精を始めてしまった。うめき声をなんとか抑えながら射精を続ける俺。でも、久美は俺の方に視線を向けてきた。

射精しているのを見られ、俺は恥ずかしさで顔が赤くなるのを感じている。久美は、射精した俺に何も言わず、スッと川井にキスをした。キスをした状態で、正常位で責められ続ける久美。でも、目は俺の方を見ている。

『んっ、うぅっ、ん~っ』
キスをしたままうめく久美。ずっと俺を見つめている。俺は、精液でドロドロになった手のまま、ペニスを握り続けていた。川井は、そんなことなど知らないように腰を動かし続ける。力強い動きで、久美の膣中を責め続ける彼。でっぷりと出た腹、薄い頭髪。どうしてこんな男とキスをしているのだろう? 久美は、嫌悪感を感じないのだろうか? 

「そろそろ出そうです。どこに出して欲しいですか?」
腰を振りながら質問する川井。久美はすぐに、
『中に出して欲しいです! オマンコの中に出して下さいっ。川井さんのザーメン、全部中に出して下さいっ』
と言った。川井は、そのまま腰の動きを早くする。スパートをかけたような感じだ。久美は、さらにあえぎ声を大きくしながら責められ続けている。

どうしてこんな事になってしまったのだろう? あらためて俺は後悔をしていた。余計なことをさせなければよかった……。目の前でセックスしろなんて、言うべきではなかった……。

「あぁ、イクぞ。出すぞ。孕めっ!」
川井は、イク間際に言葉が荒くなる。久美は、
『イッてっ! 中に出してっ! 孕ませて下さいっ!!』
と、目を剥くような顔で叫ぶ。すると、川井はそのまま思い切り腰を押し込んだ状態で射精を始めた。
『んおぉおっ!! 出てるぅ、ザーメンオマンコに出てるぅ』
久美は、とろけた顔でうわごとのように言う。川井は、射精を終えると、あっさりとペニスを引き抜いてしまった。
「ほら、脚抱えて。ちゃんとオマンコ見せてみろ」
川井は、命令口調で言う。久美は、言われるままに両脚を抱えて脚を拡げた。

久美の膣……。見てわかるほど拡がっている。そして、とめどなく流れてくる精液。本当に、中に出されてしまった。俺が見ているのに、中に出してしまった……。」

川井が、
「今日は、出来る日なの? 妊娠出来るの?」
と、質問する。久美は、
『出来ます。でも、そんなに可能性は高くないです』
と、申し訳なさそうに言う。


Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

嫁がバイト先のファミレスで、高校生に本気になっていた5(オリジナル 転載禁止)

前回の話

理香は、嬉しそうに妊娠したことを報告してきた。僕は、何度もシミュレーションしていたので、上手に驚いたフリを出来たと思う。そして僕は、喜んだ演技をしながら、理香に笑顔で嬉しいよと言った。

『私も嬉しい。でも、一回で出来ちゃうなんて、ビックリだね。雅くんと私、やっぱり相性が良いんだね』
理香は、本当に嬉しそうに言う。僕は、笑顔でそうだねと言いながら、心底怖いなと思っていた。理香のお腹にいるのは、どう考えても僕の種ではない。剛君の種で妊娠したとしか考えられない。


でも、結局僕は何も言えずにこの状況を受け入れる選択をした。理香が、浮気をして剛君の赤ちゃんを身ごもりながらも、僕から離れない選択をした……。僕は、それで充分だと思ってしまったからだ……。

不思議なもので、いったん受け入れると、徐々に気にならなくなってきた。無邪気に生まれてくる赤ちゃんのことを話す理香に対しても、本当に可愛いなと思うようにすらなっていった。

理香から生まれてくるなら、それは二人の子供だと思えるようにもなっていた。そして、理香のお腹も大きくなっていき、順調に育ってきているのがわかる。

なにも問題なく進んでいるような感じだが、理香は妊娠しても剛君と会うことをやめなかった。それがどうしてわかるかというと、結局僕はアイツに引き続き動画を盗撮してくれとお願いしたからだ。他の男に理香のセックス姿を見られるのは抵抗を感じるが、背に腹は代えられない。アイツも、理香の盗撮コレクションが増えることに、すごく喜んでいた。でも、同時に、
「マジで離婚しないのか? まぁ人それぞれだから別に良いけど。裁判とかする気になったら、言ってくれよ。協力するからな」
と、言ってくれた。ヤバいヤツだけど、僕との友情は感じてくれているみたいだ。

日々増えるコレクション。新しい動画を見始めると、お腹が大きい理香が、イヤらしいランジェリーを身につけてソファに座っていた。ピンク色のレースがやたらとヒラヒラした下着。
でも、生地が薄くて乳首の形もはっきりと見えてしまっているし、ツルツルに剃り上げられた下腹部も丸見えだ。
診察しやすいように剃ったと説明した理香。でも、実際は剛君の希望で、剛君に剃ってもらっていたのもわかっている。

パイパン状態で婦人科に診察に行く理香……。きっと、恥ずかしいと思う。でも、理香は剛君の希望はなんでも聞くような感じになってしまっている。

剛君は、理香のお腹をさすりながら、
「大きくなってきたね。なんか、嬉しいな。名前、考えないとね」
と、笑顔で言う。
『うん。良い名前、考えようね。パパ』
理香も、満面の笑みだ。最近、理香は彼をパパと呼ぶようになっていた。剛君は、理香の大きなお腹をなで続ける。そして、お腹にキスをし始めた。
理香は、なんとも言えない幸せそうな顔になりながら、剛君の頭を撫でている。僕は、この時点でもう完全に勃起してしまっている。興奮しながら、二人がじゃれつくのを見つめるばかりだ。

剛君は、ランジェリーの上から理香の乳首を舐め始めた。
『あっ、うぅ、気持ちいい』
理香は、すぐに声を漏らす。表情も、一気にトロンとしてしまっている。お腹の大きな妊婦が、乳首を舐められてあえぐ姿……。マニアックなアダルトビデオを見ているような気持ちになる。

理香は乳首を触られながら、剛君のペニスを握り始める。すでに完全に勃起した状態の彼のペニスは、やっぱり大きい。なによりも、勢いよくそそり立っていて、見るからに固そうな感じだ。
僕は、それほど自分のペニスが小さいとは思っていないけど、彼と比べると劣等感を感じてしまう。
『パパの、もうカチカチ。ねぇ、舐めさせて』
理香はそう言って彼をソファに座らせると、ひざまずいてフェラチオを始めた。妊婦がフェラチオをしている。その光景は、かなり衝撃的な感じがする。理香はイヤらしく舌を使いながら、彼のペニスを舐め上げていく。
『フフ。本当に大きい。どうしてこれが雅くんについてないのかな?』
理香は、そんな風に言いながらフェラチオを続ける。剛君は、
「でも、これが旦那さんについてたら、俺とはこうなってなかったんじゃない?」
と、理香に指摘する。
『それもそうだね。ちっちゃくてよかったのかもね』
理香は、そんなことを言う。僕は、ただただツラい気持ちになってしまう。

そして理香は、
『今日は、最初にお口に出して。剛のザーメン、飲ませて欲しいな』
と、可愛らしくおねだりをする口調で言う。でも、おねだりの内容は少しも可愛くない。本当に、理香は淫乱になってしまったと思う。剛君のエッチなリクエストを受け入れているうちに、本当に淫乱なオンナになってしまったみたいだ。

「じゃあ、あれやってよ。パイズリ」
剛君がリクエストをする。理香は、どちらかというと細身なので、胸もそれほど大きくなかった。でも、妊娠がして以来、徐々に大きくなっていき、今ではパイズリ出来るほどになっていた。
『良いよ。いっぱい挟んであげる』
理香はそう言って、ブラを外す。あらわになった胸は、妊娠前よりもかなり大きく見える。そして、乳輪と乳首は、少し色が濃くなっていた。
妊婦の身体。順調に育っているみたいだ。でも、お腹の子は僕の種ではない……。そう思うと、やっぱり悲しくなる。でも、大きなお腹でパイズリを始めた理香を見て、僕は我慢しきれずにオナニーを始めてしまった。

理香は、最近はパートを休んでいる。家にいることが多い。なので、僕は個室ビデオ店やネットカフェでアイツの盗撮動画を見るのが多くなっていた。

理香は、おっぱいでペニスを挟んでしごく動きをしている。自分の嫁が、他の男にパイズリをする光景……。何度見ても、強烈すぎるインパクトがある。

「あぁ、最高。メチャ気持ちいい」
剛君は、本当に気持ちよさそうな声をあげる。理香は、嬉しそうにパイズリを続けていく。そして、挟むだけではなく、ペニスの先を舐め始めた。ある程度の長さがないと、出来ないことだと思う。理香は、嬉しそうな顔で舐め続け、パイズリをし続ける。
「ホント、上手になったね。気持ちいいよ。旦那さんにもしてあげたら?」
剛君は、そんな風に言う。
『無理だよ。短くて上手く挟めないもん』
理香は、そんな風に言う。
「そっか。最近、旦那とはしてるの?」
剛君は、パイズリをされながら質問をする。僕は、急に自分の話題になり、ドキドキしてしまう。
『してないよ。だって、お腹大きいでしょ?』
理香は、そんな風に言う。
「大きいって、俺とはしてるじゃん」
剛君は、不思議そうに言う。
『パパは良いの。だって、パパだもん』
理香は、答えになっていないような返答をしながら、ペニスの先っぽをくわえてしまった。パイズリしながら、フェラチオもする理香。剛君は、時折うめくような声をあげる。本当に気持ちいいみたいだ。
「あぁ、理香、出るよ。イク、飲んでっ!」
剛君は、そんな風に言いながら体をブルッと震わせる。理香は、彼のペニスをくわえたまま、口内射精を受け入れている。そして、射精が終わると、剛君は脱力した。

理香は、そのまま身体を起こし、
『ごちそうさま。美味しかったよ』
と、笑顔で言う。口の中はすっかりと空っぽのようで、全部飲み干してしまったみたいだ。僕は、他人の精液を飲み干した理香を見て、あっけなく射精をしてしまった。

理香のお腹の中に、他の男の精液がある……。そう思うと、激しい嫉妬心が燃える。僕は、最近セックスどころか口や手ですらしてもらったことがない。これでは、どちらが夫なのかわからないなと思ってしまう。

『どうする? 続けて出来る?』
理香は、発情した牝の顔で聞く。射精した剛君とは違い、理香はまだ責めてもらってもいない。性欲が高まっているのだと思う。
「出来るけど、ちょっと待って。オナニーしてよ」
剛君は、理香にそんなリクエストをする。理香は、
『恥ずかしいよ……』
と、モジモジしながら言う。でも、結局すぐにソファに座って足を上げた。ソファでM字開脚になった理香。スケスケのショーツを脱ぎ捨てると、クリトリスの辺りをこすり始める。

『んっ、うぅ、あっ、うぅ』
理香は、短くうめきながらオナニーを続ける。理香の膣回りはすでに濡れて光っていて、触ったことで中からさらに蜜が溢れ出てきているような感じだ。

「すごく濡れてるね。そんなにセックスしたかったの?」
剛君が、からかうような口調で言う。でも、理香は真面目な顔で、
『したかった。剛のおちんちん、欲しくて毎日考えてた』
と、答える。
「旦那とすればよかったのに」
剛君は、意地悪く言う。
『ダメ……剛のじゃなきゃダメなの。ねぇ、もっと見て。剛に見られてると、すごく気持ちいいの』
理香は、そう言ってクリトリスをまさぐる指の速さを加速する。
「見てるよ。理香がイクの見てるからね」
剛君は、そんな風に言って理香を見つめる。理香は興奮しきった顔になり、指を膣に挿入した。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
397位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
サブジャンルランキングを見る>>

おすすめ動画

検索フォーム

ランキング

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:マガブロの体験談は、本ブログだけのオリジナルです。
他では読むことが出来ないものだけです。
姉妹サイトのNTR使える寝取られサイト、エッチな体験談や萌えた体験談ブログとは違い、アブノーマルな話だけを紹介します。

姉妹ブログとは違い、スカ、グロ、暴力、ゲイ、等々、一般受けを考えずに、好きに書いています。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読むことが出来ます。また、月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、FC2より私へは一切通知されませんのでご安心下さい。
また、FC2ポイントは銀行振り込みやペイジー、コンビニ決済、銀行ATMで購入できますので、クレジットカードを利用しなくてもブロマガ購入できます。
※無断転載は禁止します。
筆者のマガブロ一覧です
http://netoraretaiken.com/
blog-entry-9059.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。