・このブログのオリジナルコンテンツ一覧

「PR」本ブログはアフィリエイト広告を利用しています

スーパー銭湯でパートしている嫁が、セクハラされていた5(オリジナル 転載禁止)

前回の話

俺は、完全に世界が変わってしまったなと思っていた。嫁の秘密も知ってしまったし、久美さんにアナルの気持ちよさを教えられてしまった……。

久美さんに教えられる前は、アナルの快感なんて信じていなかった。男は、入れる側。入れてこそ快感がある。そんな風に思っていた。あのペニスバンドで犯されて以来、あの時のことを想像してしまうようになっていた。


そして、嫁の行動を気にする日常になってしまった。今頃、客に性的なマッサージをしているのだろうか? それとも、あの男とホテルか何かに行ってプレイをしているのだろうか? そんな想像をし、なおかつあの男のクラウドストレージも毎日のように確認するようになった。

もしかしたら、嫁のファイルがアップロードされるのではないか? そんな期待と不安を感じながら……。ただ、なかなかアップロードされない。俺は、彼の他の動画を見るようになっていた。彼は、久美さんに対しては責められる側だが、他の女性に対してはなかなかの凄腕だった。

カメラが映し出す彼のペニスは、かなりのサイズだ。画面で見ると、余計に大きく見えるものなのかもしれない。そのペニスを生かして、女性を追い詰めるように感じさせる姿……。私は、雄としての能力の差に、落ち込んでしまうような感じだ。

ただ、彼の動画を見ていると、女性に挿入しているときよりも、久美さんに犯されているときの方が気持ちよさそうに見える。俺は、ますます久美さんの事を想像するようになってしまった。

そして、結局lineのIDから彼女に連絡を取ってしまった。すると、久美さんは本当に俺のことを気に入ってくれていたのか、かなり積極的に返信があり、すぐ明日、会うことになった……。

俺は、こんなのは完全に嫁に対する裏切りだな……と思った。でも、嫁も同じようなことをするつもりだし、あのペニスバンドの快感をもう一度味わいたいと思ってしまった……。

待ち合わせ場所には、すでに久美さんがいた。上品なワンピースを着た彼女は、銭湯で会うときと違ってメイクをしている。汗で落ちたりするからか、銭湯ではほとんどノーメイクっぽかった久美さん……。メイクをしただけで、まるで別人のように若々しく美しく見える。
人の良さそうな愛嬌のあるおばさん……。そんなイメージから、人妻系素人AV女優のような感じになった。

『フフ。やっと会えた。ずっと待ってたのよ。ホント、いい男ね。今日は、たっぷり可愛がってあげるわ』
久美さんは、銭湯の時とはモードが違う。完全に、S女モードだ。その冷たいまなざしに、ドキドキしてしまう。

そして、すぐ横のラブホテルに入室した。嫁以外の女性と、こんな場所に入るなんてもうないと思っていた。緊張しながらソファに座ると、
『じゃあ、脱いでごらん。時間もったいないから、すぐに浣腸するわよ』
久美さんは、カバンから色々なグッズを取り出しながら命令をしてきた。俺は、なぜか反抗する気持ちも起きず、素直に服を脱ぎ始めた。全裸になると、久美さんに四つん這いになるように命令を受けた。すぐに床に四つん這いになると、久美さんは浣腸をしてきた。
『力抜きなさい。いっぱい入れてあげるからね。漏らしたらお仕置きよ』
そう言って、浣腸器で次々に溶液を注ぎ込んでくる彼女……。俺は、まだ部屋に入って10分も経っていないのに、こんな状況になっていることに戸惑ってしまう。

そして、お腹が痛くなりトイレに行って排泄をする。こんな風に女性に排泄をコントロールされるなんて、屈辱的な気持ちもわく。でも、ドキドキしている私もいる……。

そして、3回それを繰り返されると、俺も少し疲れを感じる。お腹の中を綺麗にするのに、こんなに手間がかかるんだなと思いながら、俺は未知の体験への期待にドキドキしていた。

部屋に戻ると、すでに久美さんはペニスバンドを装着済みだった。そそり立つペニス……。この前使ったヤツよりも大きい。そして、久美さんは革のビスチェというのだろうか? いかにもSMの女王様という衣装を身につけている。胸の谷間が目一杯強調されているそれは、とても卑猥な感じに見える。

『綺麗になった? じゃあ、始めるわよ。ほら、そこにひざまずいてくわえなさい』
久美さんは、慣れた口調で命令をしてくる。俺は、言葉の圧に押されるように、言われるままにひざまずく。すると、すぐにペニスバンドを俺の口に押しつけてきた。俺は、反射的にくわえてしまった。

目一杯口を開け、戸惑う俺。久美さんは、そのまま腰を動かし始める。俺は、えずきそうになりながらも無抵抗で耐える。喉の奥まで犯されて、俺は今までに感じたことのない感情を持っていた。牝になったような感覚……。

『ほらほら、ちゃんとご奉仕しなさい。天国に連れて行ってくれるおチンポなんだから』
久美さんは、楽しそうに俺の喉を犯し続ける。俺は、気がつくと勃起していることに気がついた。こんな風にされているのに、興奮してしまう……。

すると、久美さんは俺のペニスを踏みつけてきた。
『こんなにしちゃって。ホント、淫乱な牝だわね』
久美さんは、俺のペニスをグイグイ踏みつけながら楽しそうに言う。俺は、感情の整理がつかないままに喉を犯され続けた。

『じゃあ、ベッドに寝てごらん。脚を抱えてケツマンコ見えるようにしてみなさい』
久美さんは、滑らかに指示をする。マッサージをしているときとは、まるで違う顔だ。この顔が本来の彼女の顔なのだろうか? そう考えると、嫁の本当の顔はどれなんだろう? と思ってしまう。久美さんは、ローションを指に塗りたくると、まったく躊躇なく俺のアナルにねじ込んできた。指二本が、あっけなく入ってしまう。少しだけ痛みを感じたが、すぐに前立腺の快感で声が漏れてしまう。

久美さんの指は、最初から前立腺を強く刺激してくる。弾くような、不思議な指の動かし方だ。俺は、痺れるような快感に、声がこらえきれない。
『あらあら、すっかり牝になったのねぇ。気持ちいい? もっと狂わせてあげるから』
久美さんは、そんな風に言いながら巧みに前立腺を責め続ける。俺は、どうしてこんなに気持ちいいのだろう? と、怖くなりつつあった。この瞬間、俺は嫁の不倫のことは頭にない。それを忘れてしまうほどの快感に、完全に囚われている。

久美さんの指は、前立腺を弾いたりひっかくように動いたりする。その度に、今まで経験したことのない、内側から広がっていく快感を味わっている。これが、女性の快感なのだろうか?

『あら、どうしたの? こんなにダラダラ漏れてるじゃない』
久美さんは、そう言いながら俺のペニスを掴む。そして、ガマン汁があふれてドロドロになっている亀頭をこすりあげていく。俺は、さらに快感が大きくなり、完全にあえぎ声をあげていた。出そうと思っているわけではないのに、女みたいにあえぎ声を上げてしまっている……。

すると、久美さんは満足げに笑いながら指を引き抜く。そして、ペニスバンドにローションを塗りつけ始める。
『ほら、脚抱えてごらん。入れて欲しいんでしょ?』
久美さんは、冷たく言う。俺は、ほとんど条件反射的に両脚を抱えるようにして開脚する。久美さんは、口の端を持ち上げるようにして冷笑すると、ペニスバンドを押しつけてきた。

アナルに押し込まれる感覚。一気に大きなペニスバンドが体内に入ってきた。俺は、悲鳴に近いような声を上げながら、強すぎる快感を感じていた。

久美さんは、雑にペニスバンドを奥まで入れると、すぐにピストンをしてきた。慣らすとかそういう感じはまるでなく、いきなり力強いピストンをする。前立腺をこすられる強い快感と、奥まで押し込まれて奥の方を圧迫される違和感。でも、違和感はすぐに快感に変わってしまう。

俺は、両脚を抱えたまま犯され続けている。どうしてこんなに気持ちよくなってしまうのだろう? 男がこんな快感を感じる必然性はないはずだ。子作りにも影響はないし、なぜ気持ちよくなるのだろう? 人体のバグではないか? そんな事を考えながらも、俺はほとんど女の子のようにあえぎ続けている。

『フフ。可愛い声。もう、すっかり女の子ねぇ。後で、女装させてあげるわ』
久美さんは嬉しそうに言いながら腰を振り続ける。俺は、まさか40を超えて新しい扉が開くなんて想像もしていなかった。女装させられた俺をイメージしながら、あえぎ続けていると、久美さんがキスをしてきた。荒々しく俺の口の中をかき混ぜる彼女……。男が女にしているようなキスの仕方だ。自分が牝の立場でキスをされる……。俺は、一気に自分がオンナになっていくのを感じながら、夢中で彼女に抱きついた。

『フフ。気持ちいいの? 可愛いわねぇ』
久美さんはそんな風に言いながら腰をガンガン使う。俺は、気持ちいいですと叫びながらあえぐ。
『じゃあ、自分の乳首触ってごらん』
久美さんが笑いながら指示をしてくる。俺は、言われるままに両乳首を指先で転がし始めた。すると、今まで感じたことのない強い快感を感じてしまい、さらに声が出てしまう。

『あら、いい声。もっと触りなさい。もっと感じて狂っちゃいなさい』
久美さんは嬉しそうに言いながら腰を動かし続ける。俺は、怖くなってしまった。こんなに強い快感……。下手したら普通のセックスよりも気持ちいい。牝の快感を知ってしまったら、戻れなくなってしまうのではないか? そんな不安を感じる。

『フフ。白いのも混じってきたわ。射精しちゃいそうね』
久美さんは、俺のペニスを握りながら言う。確かに、ガマン汁に混じって白いモノが出てきている。精液が、出そうになっているのだろうか? 俺は、自分の身体に起こっている事が信じられない。

腰を振りながらペニスをしごき始めた久美さん。俺は、快感が強すぎて腰が引けてしまう。でも、久美さんは手を離さない。そのまましごき続ける。俺は、快感に頭が真っ白になりそうになりながらも、乳首を触り続ける。

『ほらほら、もっと感じてごらん。女の子にしてあげる』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

スーパー銭湯でパートしている嫁が、セクハラされていた4(オリジナル 転載禁止)

前回の話

俺は、強い快感に少しボーッとしながらも、隣のブースを覗き続ける。嫁は、客の男のペニスをくわえながら前立腺マッサージまでしてしまっている。その上、このまま射精するか他の何かをするかという質問までしている。
俺は、一体どんなことをするつもりなのだろう? と、ドキドキしっぱなしだった。もしかして、久美さんみたいに本番までしてしまうのだろうか? 口でしてしまったと言うだけでも信じられないのに、それ以上のことをする? 俺は、どうしたら良いのかわからないまま、黙って隣を見続ける。


久美さんは、飛び散った俺の精液をあらかた飲み干すと、
『いっぱい出たわね。美味しかったわ。じゃあ、マッサージ始めるわね』
と言って俺の上にまたがり、背中をマッサージし始めた。当然、こちらが本職なので上手だ。こりがほぐれていくのを感じながら、それでも俺は隣を盗み見し続ける。施術台の位置を多少変えたのが効いて、嫁の行動がよく見える。

嫁は、男のアナルの中に入れた指を動かしながら、亀頭周りを舌で舐めている。こんなのは、スーパー銭湯のマッサージの仕事ではない。完全に、風俗嬢の仕事だ。

俺は、自分の嫁が風俗嬢まがいのことをしているのを見て、申し訳ない気持ちが大きくなっていた。俺がもっと稼げれば……。そんな気持ちで胸がいっぱいになる。

嫁の客は、嫁の”どうしますか? このまま出しちゃう?”と言う質問に対して、
「まだ出さないよ。今日は、あっちの方が良いな」
と言った。俺は、ドキドキしすぎて息が荒くなってしまう。久美さんは、ひたすら俺の背中をマッサージしてくれている。それも気持ちよくて声が出そうだ。

嫁は、
『フフ。じゃあ、準備しちゃいますね。リラックスしてて下さい』
と言って、彼のアナルから指を引き抜く。そして、部屋の隅のカバンから何かを取り出して準備をする。嫁は、男性のペニスにコンドームを装着し始めた。俺は、まさか……と思いながらも、ドキドキとしてしまっている。久美さんは、ひたすら背中のマッサージをしてくれている。本当に上手で疲れが取れていくようだ。

嫁は、客にコンドームを装着すると、
『高橋さんの、カチカチになってる』
と、嬉しそうに言う。そして、久美さんが俺にしたように、あっけなく男性にまたがってしまった。
『うぅ、あぁ、大きい』
嫁は、声を必死にこらえながら言う。でも、こらえているのはわかるが、はっきりと聞こえてきてしまっている。日頃から、こんなリスキーなことをしているのだろうか? 俺は、もしかしたらこのスーパー銭湯のマッサージは、暗黙の了解でこういうことをするのが普通になっているのだろうか? と、思った。でも、台湾でもあるまいし、こんな町中のスーパー銭湯で、そんな事があるはずがないとも思う。

嫁は、ゆっくりと腰を動かす。音が出るのを気にしてか、ピストンをするような動きではなく、膣口をこすりつけているような動きだ。
『うぅ、うぅ、あっ、んっ、うぅ』
嫁は、あえぎ声をこらえながら腰を動かし続ける。本当に気持ちよさそうな声だ。

すると、いきなり久美さんが施術台と俺の身体の間に手の平を滑り込ませる。そして、俺の乳首を刺激し始めた。後ろからこんな風に乳首を触れると、驚くほど気持ちよくて声が出そうになる。
『あらあら、カチカチ。もっと気持ちよくなりたい?』
久美さんは、俺の耳たぶを甘噛みしながら聞いてくる。俺は、嫁のことが気になりながらもうなずいてしまった。すると、久美さんはさらに激しく乳首を責めてくる。俺は、すぐにペニスがガチガチに勃起するのを感じながら、それでも嫁の方を見続ける。

嫁は、小さな動きで腰を動かし続ける。声を必死で抑えながら、夢中で動かしているように見える。俺は、まさかと思いながらも、予想が的中してしまったなと感じていた。

それにしても、やっぱりやり過ぎだと思う。ここまでする必要があるとはとても思えない。指名のためにここまでしても、割に合うとは思えない。

嫁は、腰を動かし続ける。声を潜め、動きも小さくしているが、甘いうめき声のようなものが漏れ続ける。感じているのは間違いないと思う。

もしかしたら、これはセックスを楽しむためにしているのではないか? 欲求不満の解消のためにしているのではないか? そんな風にも思えてしまう。

すると、急に久美さんが責めるのをやめた。俺は、時間かな? と思って備え付けの小さな時計を見るが、まだまだ時間はかなり残っている。なぜ? と思いながら久美さんを見ると、久美さんはペニスバンドを装着していた。驚く俺に、
『フフ。任せておいてね。あなた、素質あるから。私に委ねなさい』
と言ってくる。俺は、久美さんの言っていることがよくわからないし、こんなものまで用意している彼女が信じられなかった。

俺は、慌てて拒否しようとした。でも、ここで拒否したら嫁の様子を覗き見ることが出来なくなってしまいそうだ。俺は、黙って身を委ねる。すると、久美さんは満足そうにうなずき、ペニスバンドにローションを塗り始めた。ぱっと見、そこまで大きなペニスバンドではない。でも、一般的な日本人よりはかなり大きいかもしれない。

『力抜いておいて。さっきほぐしたから、きっと平気よ』
久美さんは、やたらと息遣いが荒い。このプレイに、心底興奮しているように見えてしまう。
すると、ペニスバンドが俺のアナルに押しつけられてきた。俺は、一瞬身を固くしてしまうが、すぐに力を抜いた。それと同時に、ペニスバンドが入ってきた。思っている以上にすんなりと入ってくるペニスバンド……。俺は、痛みを感じないことに驚く。そして同時に、指で前立腺を責められているときよりも遙かに大きな快感を感じてしまった。

久美さんは、そのまま荒っぽく腰を動かし始める。俺は、未知の感覚に恐れおののいてしまう。でも、確実に快感はある。俺は、アナルを犯されて感じてしまう自分に驚いていた。
『そうよ、力抜いててね。気持ちいいでしょ? あんなにクッキリした前立腺してたら、気持ちいいに決まってるわよね』
久美さんは、そんな風に言いながら腰を動かし続ける。その腰の動かし方は単純なピストン運動ではなく、緩急をつけたり浅く入れたり深く入れたりを繰り返している。俺は、うめくような声で気持ちいいと告げる。

『フフ。良いわよ。もっと感じてね』
久美さんは、可愛らしく言いながらもエグい腰の使い方をする。俺は、中のものが引きずり出されてしまいそうだと思いながらも、快感にうめきそうになっている。俺は、自分が夢の中にいるのかと思った。スーパー銭湯で、ペニスバンドで犯される……しかも、隣では嫁が他の男とセックスをしている……。こんなことが、あるはずがない。そんな風に思いながらも、前立腺がもたらす快感に声が漏れそうになってしまう。

嫁は、腰を機械的に動かし続けながら、声が少しずつ大きくなっている。声を抑えきれない……。そんな感じだ。すると、嫁は身体を男性に倒しこんでいき、キスをし始めた。

俺は、強烈に嫉妬心を燃やしてしまう。嫁が、他の男とキスをしながら腰を振っている……。許せるような状況ではない。でも、俺は久美さんにアナルを犯され続けていて、動くこともままならない。

うめき声を上げながら腰を動かし続ける嫁。動きは、さっきよりも大きく激しくなっているように見える。しかし、キスをしたことで声は漏れなくなっている。俺は、嫁がどんな顔でキスをしているのか見たくて仕方ない気持ちになっている。でも、角度的に見えないし、見えてしまったら、向こうからも俺が見えると言うことになる。

『んっ、うぅ~っ、うぅっ!』
キスをしながら腰を動かしていた嫁が、大きくうめく。そして、身体を一瞬ビクンと跳ねさせた。まさか、イッてしまった? こんな状況の中、イッてしまった? 俺は、とても信じられない気持ちだ。でも、俺自身もイキそうになってしまっている。

『フフ。良いわよ。出して。出ちゃいそうなんでしょ? お尻犯されて、イッちゃうんでしょ?』
久美さんは、まるでS女になったような感じで言う。気の良い愛嬌のあるおばちゃん……そんなイメージだった。でも今は、女王様キャラみたいだ。

俺は、うめきながら頭を左右に振る。まだ、イクつもりはない。嫁の状況を見守りたい気持ちが大きい。嫁は、ひたすらキスをしながら腰を動かし続ける。すると、また身体を跳ねさせるようにして震わせた。

「由美ちゃん、イキすぎだよ。こんなところで2回もイッたらダメでしょ?」
男性は、からかうように言う。
『だって、高橋さんの凄すぎるから……。ダメだよ、こんなの。反則』
嫁は、甘えたような声で言う。まるで、媚びているように見えてしまう。俺は、あまりに親密な二人の感じに危機感を感じる。

「由美ちゃん、敏感だからね。どうする? 代わろうか?」
男性がそんな風に質問すると、嫁はすぐに、
『はい。その……後ろから……』
と、恥ずかしそうにモジモジと言う。
「わかってるよ。バック好きだもんね」
男性はそんな風に言いながら、嫁を施術台の横に立たせる。そして、立ちバックの体勢でハメてしまった。こんな場所で、あまりに大胆だなと思う。でも、嫁は施術台を掴むようにしながらうめく。声を必死にかみ殺しているようだ。

俺は、射精感が信じられないくらいに大きくなるのを感じていた。そして、射精しそうになると前立腺がより強くペニスバンドに当たるのを感じる。快感が一気に増し、女の子みたいなあえぎ声が出そうだ。俺は、なんとかそれをこらえながら射精をこらえる。でも、こらえればこらえるほど、前立腺に強く当たるように感じる。もしかしたら、射精しそうになると前立腺の位置関係が変わるのかな? と、思ったりもした。

『フフ。良いわよ。出して』
久美さんは、妖艶な笑みを浮かべた顔で言う。こうやって男性を犯すことに、本当に快感を感じるようだ。人は見かけによらないと言うが、久美さんは本当にギャップがすごいなと思う。

俺は、うめきながら射精をした。今まで、こんなにも快感が大きい射精を経験したことがない。しかも、射精がいつもよりも長い。俺は、射精の快感が長く続くことが、こんなにもヤバいものだとは思ってもいなかった。
これがもう少し長く続いたら、俺は女の子みたいな声を上げてしまっていたと思う……。

荒い息遣いの俺に、久美さんが、
『抜くわよ。少しゆっくりしてて』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

スーパー銭湯でパートしている嫁が、セクハラされていた3(オリジナル 転載禁止)

前回の話

嫁は、想像以上に性的なサービスをしていた。セクハラをされてしまっている……。そう思っていたのに、どう見ても自分から積極的に射精させるようなサービスをしているような状況だ。

俺は、どうしたら良いのだろう? と、悩んでいた。普通にパートに出ていると思っていた嫁が、風俗嬢まがいのことをしている……。当然、すぐに止めるべきだと思う。でも、嫁の収入はいまの生活にとっては必須と言えるような状況だ。


俺の稼ぎが少ないばかりに、嫁にこんなことをさせてしまっている……。そう思うと、何も言えなくなってしまう自分がいる。そして、俺も久美さんに、あんなことをして貰っている。もう、嫁のしていることに文句を言える立場にもない……。

『パパ、どうしたの? ボーッとしてるよ。疲れてる?』
夕食の時、嫁が心配そうに言ってくる。俺は、そんな事はないと告げる。逆に、嫁に疲れていないかと聞いた。
『平気だよ。そうだ、たまにはパパもマッサージしてあげる!』
嫁は、明るく言う。俺は、そんなの悪いからいいよと言ったが、嫁は、
『いいからいいから』
と言って俺をベッドにうつ伏せに寝かせる。そして、背中や腰をマッサージし始めてくれる。
『あれ? あんまり固くなってないね。こってないんだ。ストレッチとかしてるんだっけ?』
俺の身体をもみほぐしながらそんな事を言ってくる嫁に、俺は罪悪感を感じてしまう。嫁は、本当に上手に揉みほぐしてくれる。俺は、
「いつも、こんな感じでしてるの?」
と、聞いてみた。
『うん。でも、アカスリの方が多いかな? びっくりするくらい、アカが出るんだよ』
嫁は、そんな会話をしながらマッサージを続けてくれる。当然、セクシャルなマッサージはない。ただひたすら、太ももや腰のあたりをほぐし続けてくれる。俺は、申し訳ないなと思いながらも、久美さんの事や嫁のマル秘サービスのことを思い出し、勃起してしまっていた。

嫁は、どこまでのサービスをしているのだろう? 久美さんは、前立腺マッサージまでしてきた。あんなことまでしているのだろうか? そもそも嫁は、すでに口に出された精液を飲んでしまっていた。あまりにもリスクが高い気がする。病気の心配はしていないのだろうか?

俺は、そんな事を考えているくせに、嫁が犯されている姿まで想像して興奮している……。
『パパ、またいつでもしてあげるね』
嫁は、優しくそんな風に言ってくれる。俺は、勃起しているのを気がつかれないようにしながらお礼を言った。すると、
『あれ? パパの、大きくなってる』
と、楽しそうに言う嫁。俺は、慌てて股間を隠すようにした。でも、嫁が、
『フフ。そんなに気持ちよかった? じゃあ、もっとしてあげる。仰向けで寝てみて』
と、指示をしてくる。俺は、もう隠しても仕方ないなと思い、隠さずに仰向けで寝転がる。すると、嫁は指で俺の股間をつつきながら、
『若いね』
と、言った。そして、そのまま俺の身体を揉みほぐしてくれる。太ももや腕、胸のあたりをマッサージしてくれる嫁。俺は、乳首舐めをしている嫁を想像し、さらに興奮してしまう。

すると、嫁は俺のパジャマを脱がせてくる。そして、指で乳首を触り始めた。
『フフ。ここはこってるね。カチカチだね』
そんな風に言いながら乳首を触り続ける嫁……。俺は、覗き見た嫁のマッサージを思い出しながら、異常なほどに高ぶっていた。

嫁は、すぐに俺の乳首を舐め始めた。そして、ズボンごと股間を握ってくる。俺は、快感に声が漏れそうになる。でも、今日は息子達もいる。俺は、声をこらえながらなすがままになっていた。

すると、嫁がパジャマの下も脱がせてくる。そして、剥き出しになったペニスをしごいてきた。
『ここは、もっとこってるね』
そんな風に言いながら乳首舐めと手コキをしてくれる嫁……。俺は、実際にお客にこんなことをしていた嫁を思い出し、さらに興奮を強めてしまう。

『気持ちいい?』
小さな声で聞いてくる嫁。やっぱり、息子達がいることを気にしているのだと思う。俺は、黙ってうなずく。すると、嫁は俺のペニスをくわえてくれた。絡みついてくる舌、バキュームされる感覚……。俺は、一気に射精感が高まる。

嫁は、俺の乳首も指で触りながら口での奉仕を続けている。俺は、嫁が他の男にこんなことをしている現実に、暗い気持ちになる。でも、そんな事を考えれば考えるほど、さらに興奮は増してしまう。

もう、イキそう……。そう思っていると、嫁は急にフェラチオをやめた。そして、興奮した顔でパジャマの下と下着を脱ぐ。驚く俺にかまわず、嫁はまたがって挿入してしまった。
『うぅ、パパの固い』
小さな声で言う嫁。声を出さないように気をつけているんだなと思う。俺は、コンドームをつけていないことを告げる。
『今日は平気……。パパ、いっぱい気持ちよくなってね』
そんな風に言いながら、腰を上下に動かし始めた嫁。俺は、一気に射精感が限界近くになってしまう。

『パパ、まだダメ……もっと頑張って』
嫁は、とろけたような顔で言いながら腰を動かし続ける。でも、ベッドのきしむ音が気になるのか、動きはおとなしい。俺は、想像してしまった。嫁は、こんな風に最後までしている時もあるのだろうか? あの時の若い男性は、スペシャルサービスがあると言っていた。
俺は、嫁が他の男の上で腰を振っている姿を想像してしまった。その瞬間、一気に射精をした……。

『あっ、パパ、出ちゃったの?』
嫁は、前触れもなくイッてしまった俺に驚いたような声を上げる。俺も、自分自身驚いていた。こんなにも一気に、爆発的に射精をした経験はない……。

『フフ。溜まってたんだね。今度は、もっと頑張ってね』
嫁は、上機嫌に言う。俺は、嬉しそうな嫁を見て少しホッとしていた。たぶん、いくらなんでも最後まではしていない……そう思った。

そして、また2週間くらいたったあと、俺はまたスーパー銭湯に行ってみた。この前のように久美さんを指名すると、この前と同じブースに通された。そして、俺は久美さんが来る前に施術台の位置を少し動かした。

『あら、また来てくれたのね~』
久美さんは、嬉しそうに言ってくれる。ムッチリした感じの体つき。愛嬌のある笑顔。2回性的なサービスを受けたせいか、最初に会ったときよりもいい女に感じる。俺は、今さらだけど久美さんが意外に巨乳なのに気がついた。

『じゃあ、脱いじゃって』
そう言って、浴衣を脱がせてくる久美さん。俺は、あっという間に全裸に剥かれた。
『今日は、どうする? 最初からスペシャル?』
久美さんは、妙に色っぽい顔で聞いてきた。俺は、その表情にドキドキしながらうなずく。そして、施術台に仰向けで寝転がると、久美さんは両手にたっぷりとオイルを塗って俺の乳首あたりをマッサージし始めた。

『お兄さん、男前ね。また来てくれて嬉しいわ』
久美さんは、そんな風に言いながら乳首を責め続けてくれる。俺は、快感に声が漏れる。すると、久美さんは俺のペニスもしごき始めた。オイルまみれの指で乳首を触りながらの手コキ……。一気に快感が増す。

『気持ちいい?』
久美さんは、優しい笑みを浮かべながら言う。俺は、黙ってうなずく。もう、嫁の様子を覗きに来たという目的を忘れてしまいそうな状況だ。すると、久美さんは顔を俺の顔に近づけてくる。
『本当にいい男ね。私好みだわ』
荒い息遣いでそんな事を言う久美さん。そして、そのまま唇を押しつけてきた。予想もしていなかったキスに、俺は動揺してしまう。でも、そんな俺にかまわず、久美さんの舌が俺の口の中に飛び込んできてかき混ぜてくる。キスをしながらの手コキは、快感が一気に増すような感じだ。

すると、隣のブースに男性客が入ってきた。そして、施術台に座る。さすがに、3回連続で嫁が隣に来るはずないなと思いながらも、俺は隣を気にする。でも、久美さんはそんな俺にかまわずにキスを続ける。

少しすると、隣から、
『お待たせしました~。今日も、ありがとうございます』
と、元気の良い嫁の声が響く。俺は、意外にマッサージする女性は少ないのかな? と、感じた。

「由美ちゃん、今日も元気だね」
『はい、高橋さんが会いに来てくれたから、元気になっちゃいました』
二人は、親しげに会話を続ける。自分の嫁が他の男と仲良く会話をしているのは、それだけでかなりの嫉妬心を燃え上がらせる。

久美さんは、荒い息遣いでキスをしながら、
『いやだわ。発情しちゃった』
と、はにかみにながら言う。その表情が、妙に可愛らしいと思ってしまった。久美さんは、急に施術台の横に立つ。そして、キュロットパンツみたいな制服の下を脱ぎ始める。俺は、あっけにとられながらそれを見つめた。すると、ショーツまで脱いでしまった久美さんは、そのまま施術台の上に乗っかって俺にまたがってきた。

久美さんは、人差し指を口の前に立ててシーッと言う。そのまま彼女は、俺のペニスを挿入してしまった。包み込まれる膣肉の感触……。俺は、まさかここまでするとは思っていなかったので動揺してしまう。

『ん、んぅ、うぅ』
久美さんは、ごく小さなうめき声を上げながら腰を動かし続ける。気持ちよさそうな顔にドキドキしてしまう。
『気持ちいい?』
久美さんは、そんな風に言いながら腰を動かし続ける。俺は、黙ってうなずく。そして、思い出したように隣を見た。

嫁は、マッサージをしている。でも、男性は仰向けで全裸だ。すでに股間ははち切れそうに勃起している。嫁は、オイルまみれの手でそれをしごいている。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

寝取られ電子書籍

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
237位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
16位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

電子書籍出版情報

本を出しました

2話収録です

2話収録です

2話収録です

ハード系です

新刊です

姉さん女房です

新刊です

新刊です

バッドエンド


ランキング

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:マガブロの体験談は、本ブログだけのオリジナルです。
他では読むことが出来ないものだけです。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。
なお、規約の変更などにより、予告なく削除されることがございます。
大変にお手数ですが、webページの保存などをしてください。
※以前購入されたブロマガが削除により購読出来なくなった方は、読めなくなった作品のタイトルをメールにてお知らせ下さい。個別で対応いたします。
netorarezuki@gmail.com

購読していただいた方の情報は、FC2より私へは一切通知されませんのでご安心下さい。
また、FC2ポイントは銀行振り込みやペイジー、コンビニ決済、銀行ATMで購入できますので、クレジットカードを利用しなくてもブロマガ購入できます。
※無断転載は禁止します。
筆者のマガブロ一覧です
http://netoraretaiken.com/blog-entry-9059.html

【クレジットカード以外でのFC2ポイント購入の方法】
http://abtaiken.com/blog-entry-3215.html

現在、VISAカードでの決済がしづらいようです。VISAカードは、アダルト系のサイトでの決済に使えなくなっているようです。楽天カードが年会費無料で、JCBやMasterカードで作れます。すでに楽天カードを持っていても、2枚目をJCBやMasterカードで無料で作れます。

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

PRエリア