・このブログのオリジナルコンテンツ一覧

「PR」本ブログはアフィリエイト広告を利用しています

大好きな彼女は、先輩のセフレだったー完ー(マガブロ 転載禁止)

「フフ、出ちゃったね。早いよ。ちょっと待ってて、もっと楽しむから」
 葵ちゃんは、あっさりと射精してしまった僕に微笑みかける。そしてすぐに、若い男性にキスをし始めた。なまめかしく動く腰、響くうめき声。葵ちゃんは、初対面の男性とのセックスに没頭している。
 僕は、慌ててペニスを仕舞いながら、周りを見回した。幸い、周りに人は増えていない。さっきの男性達は射精が終わるとすぐにいなくなった。葵ちゃんが、性欲処理の穴扱いされているのは、許せないと思う気持ちが大きい。でも、やっぱり興奮してしまう……。


「気持ちいい。オマンコ気持ちいいの。全身オマンコになったみたいだよ。ねぇ、気持ちいい? 私の穴、緩くない?」
 心配そうに男性に聞く葵ちゃん。
「気持ちいいです。お姉さんのオマンコ、メチャ気持ちいい」
 若い男性は、満足げだ。でも、恐らく葵ちゃんの方が年下だと思う。
「いつでも出して。オマンコ溢れさせて。彼が見てる前で、性欲処理の穴みたいに使って」
 葵ちゃんは、声が震えている。やっぱり、僕が見てることで興奮が増すみたいだ。
「出ちゃいそう。中に出しますよ」
 男性は、余裕のない声で言う。こんな風に、葵ちゃんみたいな可愛らしい女の子とセックスが出来るなんて、とてもラッキーなはずだ。いつも、こんな風に覗きに来ているのだろうか?
「出して。彼が見てる前で溢れさせてっ」
 葵ちゃんは、そう言って腰を加速させた。すぐに男性はうめきながら射精を始める。葵ちゃんは、夢中で舌を絡めるキスをしながら、身体を震わせた。男性はしばらくキスをしていたが、すぐに葵ちゃんを上からどかして行ってしまった。
 やっぱり、射精したらもう用はないという態度だ。葵ちゃんは、ベンチに座ったままグッタリしている。でも、妖艶な笑みを浮かべて僕を見つめる。そして、ベンチの座面に両脚を乗せ、M字開脚にした。
「ゴメンね、こんなに出されたよ。優一くんじゃない人のザーメン、いっぱい中に出されちゃった」
 膣から精液を溢れ出させながら、挑発するように言う葵ちゃん。可愛らしい姿のまま、卑猥なことをしている。あまりにも現実味がない。でも、さすがにこれ以上はマズいと思い、葵ちゃんを促して公園を出た。

 駅に着くと、
「ゴメンね……溢れてきた……」
 と、顔を真っ赤にしながら言う彼女。ミニスカートから覗く太もも、溢れた精液が垂れてきてしまっている。葵ちゃんは、そのままトイレに向かった。僕は、ドキドキしながら彼女が戻るのを待った。
「お待たせ……ゴメンね、やり過ぎちゃった」
 葵ちゃんは、すっかりと元の可愛らしい感じに戻っている。でも、僕はまだ興奮したままだ。まさか、目の前で葵ちゃんが他の男達に回されるとは思っていなかった。
 電車の中でも、葵ちゃんは楽しそうだ。今日のデートを振り返り、また来たいねと言っている。公園での出来事は、なかったみたいに触れもしない。
 そして、帰宅した。もう、ほぼ同棲状態なので僕の家だ。
「お風呂入るね。まだ、中に入ってるから……ゴメンね、本当にやり過ぎちゃった」
 葵ちゃんは、恥ずかしそうに浴室に行こうとする。でも、僕は彼女を抱きしめてキスをした。そのまま彼女を押し倒し、服を剥ぎ取っていく。
「ダ、ダメ。シャワー浴びてから……溢れちゃうから」
 恥ずかしそうに言う葵ちゃん。でも、さほど抵抗はない。僕は、一気に彼女を全裸に剥いた。膣からは、まだ精液が溢れていてひどい状態だ。僕は、それでも興奮して服を脱ぎ、すぐに挿入した。
「ダメ、汚れちゃうよ……うぅっ、優一くん、ダメっ」
 葵ちゃんは、恥ずかしそうに言う。でも、僕を押しのけようともしていないし、むしろ嬉しそうに見えてしまう。そのまま腰を動かし始めると、すぐに精液が掻き出されてくる。生臭い臭いが広がり、公園での出来事がよみがえるようだ。
「あっ、うぅっ、固いよ。優一くん、凄く固い。興奮してる? 思い出してる?」
 葵ちゃんは、すでに気持ちよさそうな顔に変わっている。僕は、夢中で腰を動かした。葵ちゃんを取り戻そうとするように、メチャクチャに腰を振った。
「掻き出して……今日、大丈夫な日じゃないの。ゴメンね、我慢できなくなっちゃったの」
 葵ちゃんは、とんでもないことを言う。確かに、赤ちゃん出来ちゃうから中に出さないでというようなことを言っていた。でも、本当は大丈夫な日だと思っていた。

 僕は、妊娠したらどうするつもりなのかと聞いた。誰の種かわからない。
「産むよ。優一くんと結婚する。してくれるよね?」
 葵ちゃんは、声がうわずっている。彼女が何に興奮しているのか、もはやわからなくなってしまった。僕は、もちろんだと答えた。でも、このタイミングで妊娠したら、僕ので妊娠したとはとても思えない……。
「結婚した後は、どうしたら良い? もう、あんなことはしない方が良い? それとも、優一くんが見てる前で、回された方が良い?」
 葵ちゃんは、僕の耳元で挑発するように言う。これが、葵ちゃんの本来の姿なのだろうか? 小悪魔みたいな顔で微笑む彼女に、僕はキスをした。絡みついてくる舌……気のせいか、まだ生臭い感じがある。他人の精液を飲み干し、膣中にも射精をされた。今、葵ちゃんの胃の中や子宮の中は、他人の精液でいっぱいのはずだ。
 それを想像した途端、僕はあっけなく射精してしまった……。
「フフ、出たね。いっぱい出してくれて嬉しいな……愛してる」
 葵ちゃんは、そう言ってキスをしてくれた。僕は、幸せを感じながらも、不安でいっぱいだった。

 結局、妊娠はしていなかった。あれだけ膣内射精をされたのに、妊娠しなかったのは運が良かったのだと思う。そして、葵ちゃんとの生活は、公園でのプレイをきっかけに変化してしまった。
 今日も、葵ちゃんとデートをしている。地方のローカルな遊園地だ。葵ちゃんは、短いなと思うくらいのミニスカートに、可愛らしいキャミソールっぽい服を着ている。今日の彼女は、髪をツインテールにしてメイクもナチュラルだ。少女っぽさが強調されて、可愛らしい。
「めっちゃ揺れるね。小さいジェットコースターなのに、面白いね!」
 無邪気に笑っている姿を見ると、とても淫乱な本性があるとは思えない。ここは、設備も古いし人もまばらだ。でも、これはこれで楽しいと思える。係の人も少ないので、乗り物の所に来ると、違う乗り物の所の係の人が走ってくる。そんな事も楽しくて、ずっと笑いっぱなしだ。

 観覧車に乗ると、急に葵ちゃんは表情が変わった。妖艶な雰囲気……彼女はキャミソールをまくり上げ、ブラジャーをしていない胸をあらわにした。
「触って」
 興奮したような声で指示をする彼女。僕は、すぐに胸を揉んで乳首をいじる。すぐに勃起して固くなった乳首を、夢中で触り続ける。葵ちゃんも、僕の股間を触り始めた。
「フフ、固い。カチカチだよ。おちんちん、出してみて」
 葵ちゃんに言われて、すぐにペニスをさらけ出した。小ぶりだが、もう完全に勃起している。葵ちゃんは、すぐにフェラチオを始めた。
 さすがに、周りが気になる。前後のゴンドラには人は乗っていないので大丈夫だと思うが、それでも気が気ではない。僕は、緊張しながらも手を伸ばして胸を揉んだ。葵ちゃんは、軽くうめきながらフェラチオを続ける。そして、スカートの中に手を入れてまさぐり始めた。

「んっ、うぅっ」
 悩ましいうめき声を上げながら、夢中でオナニーをする葵ちゃん……可愛らしい見た目からは、想像もつかないくらいに淫乱だ。そして、葵ちゃんは僕に背を向けるようにしたまたがり、そのまま挿入した。
「固い。おチンポ固いよ。優一くん、早くしないと見られちゃうよ」
 葵ちゃんは、楽しそうに腰を振り始めた。僕は、こんなところで挿入までしてしまったことに怯んでいる。誰かに見られているのではないか? そんな危機感でいっぱいだ。
「早くしないと……着いちゃうよ。フフ、普通のエッチじゃ、早漏じゃないんだね。私が回されるの見ないと興奮できなくなっちゃった?」
 葵ちゃんは、妖艶に微笑む。
「この後、また公園行く? この近くにも、そういう公園あるんだよ」
 葵ちゃんは、なまめかしく腰を動かしながら言う。僕は、想像してしまった。葵ちゃんが複数の男性に性欲処理の穴扱いされる姿を。その途端、あっけなく射精してしまった……。
「フフ、おチンポで答えたね。良いよ、いっぱい回されるね」
 葵ちゃんは、笑顔で言った。僕とのセックスでは、葵ちゃんは感じる素振りも見せない。今も、ほとんどあえぎ声は出なかった……。

 下に着くと、慌ててゴンドラを出た。葵ちゃんは、僕の手を握ってグイグイ歩いていく。
「早く回されたい……」
 葵ちゃんは、声がうわずっている。でも、今日は安全日なんだろうか? 僕もすでに中に出してしまっている。あの時の公園でのプレイ以後、すでに5回も同じような輪姦プレイをした。複数の男性に性欲処理の穴扱いをされ、葵ちゃんは狂ったようにイキまくっていた。
 そして、毎回のように、結局中出しをされている。それでも妊娠をしていないのは、実はちゃんと安全日だからなのだろうか? それとも、ピルを飲んでいる? それを聞くと、
「飲んでないよ。飲んだら、ドキドキしないでしょ? 優一くんじゃない人に孕まされちゃうって思うと、ドキドキするの。ダメなのに、中に出して欲しいって思っちゃう……ゴメンね、淫乱で」
 その言葉に、強い衝撃を受けてしまう。
「安全日かどうかも、調べてないよ。だって、ドキドキ出来なくなるから……」
 葵ちゃんは、声がうわずりすぎてかすれている。興奮しきっているみたいだ。キャミソールには、乳首がクッキリと浮いてしまっている。そして、太ももには、溢れた僕の精液が垂れ流れている。可愛らしい姿からは、想像も出来ない酷い状態だ。

 遊園地を出ると、バスに乗って移動した。葵ちゃんは、すでに下調べをしていたみたいだ。葵ちゃんと付き合うまでは知らなかったが、露出プレイや覗きで有名な公園は、そこかしこにある。あの時、葵ちゃんは最初からああなることがわかっていて、僕を公園に連れて行ったのだと思う。
 そして、公園に着いた。すでに日が落ちて、人影もまばらだ。葵ちゃんは、興奮した顔で歩いている。奥の方まで移動すると、遊歩道的な設備しかないような寂れた場所に着いた。
 葵ちゃんは、キャミソールをまくり上げて胸を丸出しにすると、そのまま乳首を触ってオナニーを始めた。大胆な行動に驚かされるが、僕もすでに興奮している。葵ちゃんは、スカートもまくり上げてクリトリスの辺りをまさぐり始めた。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

バブリーボディコンギャル肉弾七変化


新レーベル「バブル(日常的な職業×パツパツボディコン)」第1弾!!イケイケでムチムチビッチな女・葉月菜穂がおくる肉弾バラエティ!暴力団魔黒組の組長の女の葉月菜穂!毛皮コート&パツパツボディコン&Tバック&ピンヒール!態度がでかく舎弟を従えるが、舎弟たちとの禁断のSEX!挑発!極ミニキャンペーンガール姿でティッシュ配りのバイトをする葉月菜穂!超ミニボディコンで誘惑された男性にぐちょフェラサービス!温泉旅館で闇取引き先の社長を接待する肉感コンパニオン!乳と巨尻がプリプリの女と濃厚な入浴エロサービスで密着接待!

女装美少年 20


凛々しい美少年が、長身でスラリと伸びる脚線美が扇情的な華麗なる女装子へと魅惑の変身写真を撮られて、まんざらでもない様子で自分の姿を鏡で見てうっとりするまではよかったが例によって変態オヤジの巧みなエロ攻撃に陥落。性器を弄ばれ、肛門に異物挿入される時点で心まで女へとチェンジ。後半は衣装替えして本格的な倒錯の世界に陶酔。舐めて舐められ挿入で悶絶、肛門性交の後はオヤジにシゴかれて大射精。この興奮をあなたにも伝えたい!!

大好きな彼女は、先輩のセフレだった5(マガブロ 転載禁止)

「えっ? もう出ちゃった? 興奮しすぎじゃない?」
 葵ちゃんは、僕のペニスを握ったままニヤニヤ楽しそうに言う。僕は、恥ずかしさと申し訳なさでなにも言えなくなってしまっている。
「私が妊娠してた方が、興奮するの? イヤじゃないの?」
 葵ちゃんは、不思議そうな顔で聞く。僕は、実際どっちなの? と聞いた。気になって仕方ない。でも、正直今さらだと思う気持ちもある。こんな風に黒人と複数プレイまでしている姿を見て、何があったとしても不思議ではないと思う。
「フフ、本当に知りたいの? 知らない方が良いこともあるんじゃない?」
 葵ちゃんは、煙に巻くように言うばかりだ。そして、本当に葵ちゃんは教えてくれないまま、動画も終わった。見ない方がよかったのかもしれないが、少なくてもモヤモヤは軽くなった。


 葵ちゃんとの毎日は、本当に楽しい。普段の彼女は、あんなに酷いことをしていたとは思えないくらいに、無邪気で可愛らしい女の子だ。映画を見に行ったり、テーマパークに行ったりと、ごく普通のカップルのデートを繰り返した。
「ここ、初めて来た。凄く楽しいね」
 葵ちゃんは、無邪気に言う。でも、こんなにもメジャーな遊園地に来た事がないという事に、違和感を感じてしまう。先輩と、どんなデートをしていたのだろう? でも、考えてみれば、葵ちゃんは先輩のセフレだった。ろくにデートなんてしていないという事だと思う。
 手をつなぎながら歩くだけで、本当に幸せな気持ちになる。こんなに可愛い葵ちゃんが、僕と交際してくれているということが、いまだに信じられないくらいだ。
 先輩とは、こんなデートはしなかったの? と質問すると、
「うん。してもらえなかった……公園とか行っても、恥ずかしいことさせられてた」
 葵ちゃんは、遊園地の会話としてはふさわしくないような話を始めた。僕は、変なこと聞いてゴメンと謝りながらも、なにをされたのかと聞いてしまった。好奇心と嫉妬、独占欲が僕を狂わせる。
「えっ? 恥ずかしいな……外でおしっこさせられたり、人がいる前で裸にされたり……色々な人に貸し出しされたりしたよ……」
 葵ちゃんは、少し言いづらそうだ。でも、聞いたことは素直に何でも答えてくれる。隠し事をしないという方針のようだ。そして、やらされていた内容に、ショックを受けてしまう。でも、葵ちゃんは話の途中から顔が明らかにトロンとしてきた。
 遊園地でするような顔ではない……発情しているみたいだ。
「ゴメンね、淫乱で……」
 申し訳なさそうに言う彼女。僕は、そんな事はないと言った。でも、そんな事はないという事もないなと、暗い気持ちにもなってしまった……。

 そして、移動型のお化け屋敷的な乗り物に乗った。すると、すぐに僕の股間をまさぐりながら、
「さっきも、大きくしてたでしょ? 私が貸し出されるの想像してたの?」
 葵ちゃんは、耳元でささやくように言う。息遣いも荒くなっているし、興奮しているのが伝わってくるようだ。僕は、先輩の前で貸し出されているときは興奮したのかと聞いた。
「うん。興奮した。頭真っ白で、イキまくった……人が来るかもしれないのに、大きな声出ちゃってた」
 葵ちゃんは、僕のペニスをまさぐりながら言う。興奮した声は、葵ちゃんが高ぶっているのを伝えてくる。思い出しているのだろうか? 物みたいに扱われていた過去を。僕は、アトラクションそっちのけで想像して、興奮してしまっている。
「ねぇ、してあげる。興奮してくれて嬉しいもん」
 そう言って、彼女はファスナーを降ろして僕のペニスを直接しごき始めた。慌ててやめさせようとしたが、そのままくわえられてしまった。

 こんな人目に付くかもしれない場所で、フェラチオされている……ヤバいという気持ちが膨らむが、あっけないほど簡単に射精しそうになってしまう。葵ちゃんのフェラチオは、上手すぎる。経験がないので比較できないが、風俗嬢並に上手い気がする。
 葵ちゃんは、こんな風に初対面の男性のペニスもくわえていたはずだ。こんなにも可愛らしい女の子なのに、オナホのように扱われていた。そう思うと、悔しくて仕方ない。でも、射精感はさらに高まってしまうし、想像するだけでドキドキしてしまう。
 ふと気がつくと、葵ちゃんはスカートの中に手を差し込んでまさぐっている。フェラチオしながらのオナニーなんて、あまりにもはしたないと思う。でも、僕はほとんどあらがうことも出来ずに搾り取られるように射精してしまった……。同時に、葵ちゃんも身体を震わせながら果てた。
 葵ちゃんは、口を閉じたまま僕を見つめる。イタズラっぽい笑みを浮かべながら、ジッと見ている。すると、アトラクションがゴールに着いた。二人でベルトコンベアに降りてアトラクションを出ると、葵ちゃんは口を開けて中を見せてきた。
 たっぷりと精液が湛えられている。今にも溢れそうだ。そして、葵ちゃんは口を閉じるとゴクンと飲み干してくれた。
「フフ、いっぱいだったね。興奮しすぎだよ。優一くんの寝取られ性癖、どんどん悪くなってくね。でも、そんな優一くんも大好きだよ」
 そう言って、頬に軽くキスをしてくれた。そのままデートは続き、楽しい時間が過ぎる。でも、ふと気がつくと、葵ちゃんの太ももに透明の何かが垂れているのがわかった。ミニスカートの中から伝ってきているような感じだ。指摘すると、
「ゴメンね、溢れて来ちゃった。さっきから、ずっと想像してたの。公園で回されてたときのこと」
 葵ちゃんは、息遣いが荒い。僕は、先輩に嫉妬しながらも興奮している。そんな葵ちゃんを見たいとすら思ってしまう。

 そして、夕食を食べた後、
「ちょっと、公園に行かない? 夜景が綺麗なんだよ」
 と、葵ちゃんが言い始めた。まだ閉園までは時間があるが、もうけっこう良い時間になってきている。多少の名残惜しさは感じながら遊園地を出ると、葵ちゃんと電車に乗って臨海の公園まで移動した。かなり大きな公園だが、この時間だとさすがに人もあまりいない。
 葵ちゃんは、僕の手を引っ張ってグイグイ歩いていく。公園のかなり外れの方まで来ると、
「ここで色々させられたの。悠真さんとの思い出の場所だよ」
 葵ちゃんは、イタズラっぽく笑う。僕は、嫉妬に包まれながら葵ちゃんを抱きしめてキスをした。葵ちゃんは、舌を絡めながら股間をまさぐってくる。
「フフ、カチカチだよ。興奮してるね」
 葵ちゃんは嬉しそうに言うと、僕をベンチに座らせてファスナーを降ろし始めた。こんな公園でペニスが剥き出しになって慌ててしまったが、葵ちゃんは何食わぬ顔でフェラチオを始めた。
「ドキドキするね……見られちゃうかも」
 葵ちゃんは、そんな風に言いながらも股間をまさぐっている。スカートの中に差し込まれた手は、かなり激しく動いている感じだ。
「んっ、うぅ」
 うめき声を上げながらフェラチオを続ける彼女……やっぱり、人が来ないか気が気ではない。すると、葵ちゃんは上もまくり上げてブラジャー丸出しにした。着痩せするタイプなので、ギャップを感じるくらいの豊かな胸の谷間が見える。
 葵ちゃんは、ブラジャーもすぐに引き下げてしまうと、乳首を触り始めた。色素の薄い、綺麗な乳首……でも、少し大きく感じる。先輩の調教で、肥大した乳首……そう思うだけで、悔しくて仕方ない。

 葵ちゃんは、僕のペニスをくわえながら両乳首を摘まみ始めた。
「んっ、うぅ~っ」
 葵ちゃんのうめき声は大きくなり、フェラチオも激しくなる。葵ちゃんの乳首の触り方は激しく、グニョっと変形するくらいに摘まんでいる。ほとんどあえぎ声をあげているのに、葵ちゃんはフェラチオを続ける。舌が絡みつき、強烈なバキュームをされると、一気に射精感が強くなる。

「こんな風に、このベンチで何人ものおチンポくわえさせられたんだよ。いっぱいお口の中に出されて、顔にもかけられた。ドロドロいなってもやめてもらえずに、何人もの人にかけられたよ。お口に出されたのは、全部飲まされた……初めて会った人のザーメン、全部飲まされてたの」
 葵ちゃんは、苦しげに言う。酷い扱いだ。でも、ほのかちゃんのスカートの中からは、さらに蜜が溢れ出て太ももを濡らしている。明らかに興奮した状態の彼女……僕は、言葉もない。
 すると、葵ちゃんはすぐに僕にまたがって挿入していく。ズブズブと、僕のペニスが葵ちゃんの生膣に消えた。
「固いよ、カチカチになってる。本当に、ヘンタイだね。こんな事で興奮しちゃうんだ」
 ほのかちゃんは、妖艶に微笑む。そして、腰を動かし始めてしまった。おっぱい丸出しで腰を振る彼女……僕は、やっぱり想像している。ほのかちゃんがたまたまそこにいた男性のペニスをくわえている姿を。

 ふと気になって周りを見た。すると、木陰に男性がいた。しかも、三人もいる。三人とも股間をまさぐるようにしていた。慌ててほのかちゃんに伝えるが、ほのかちゃんは気にもしていない。そのまま腰の動きを続けている。
 三人の男性に、ほのかちゃんの胸を見られてしまっている。強いショックを受けながらも、ますます射精感は増していく。すると、ほのかちゃんは僕に背を向けた状態でまたがり腰を下ろしてきた。スカートの中で、僕のペニスがほのかちゃんの秘部に当たる。でも、そのままぬるっと入ってしまった。
「うぅっ、固い。カチカチだよ。興奮してるね」
 ほのかちゃんは嬉しそうに言う。そして、腰を動かし始めた。三人の男性に見られながら、なまめかしく腰を振るほのかちゃん。声も漏れてしまっていて、あえぎ声になっている。

「ドキドキする……見られてるのに、興奮しちゃう。ゴメンね、淫乱な女の子で」
 葵ちゃんは、腰を上下に激しく動かしている。かろうじてスカートが隠しているので、秘部は見えてない状態だ。でも、揺れる胸は丸見えで、とろけた顔も見られてしまっている。
 葵ちゃんのこんな顔は、僕しか見られないものになったはずだ。でも、葵ちゃんはかまわずに腰を動かし続け、あえぎ声を漏らし続けている。
「気持ちいいよ。見られてるとすごく気持ちいいの」
 葵ちゃんは、恥じらいもなく腰を動かし続ける。僕は、どうしても3人の男性が気になってしまう。すると、一人が凄く近くまで移動していることに気がついた。しかも、ペニスを剥き出しにしてしごいている。慌ててそれを葵ちゃんに告げると、葵ちゃんもその男性のことを見た。
「凄い……大きい……」
 葵ちゃんは、思わず声を漏らす。その言葉に、僕も彼が巨根だと気がついた。彼は、大きなペニスを握ってしごいている。見たところ、中年のサラリーマンだ。ルックス的にはどこにでもいそうな人畜無害っぽい見た目だが、とにかくペニスが大きい。
 握った手からは大きくはみ出ているし、指もギリギリ回っているような太さだ。そして、溢れた先走りでペニスはヌラヌラ濡れて光っていて、より大きく見える。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

女装美少年 26 莉奈


長身で肉感的な美少年「ナリオ」くん。プロの手によって女装をするとグラマーな女装子「莉奈」ちゃんに変身。完全なノンケだった莉奈ちゃんに監督と変態中年の魔の手が忍び寄る。肛門未経験者なのに弄くられると勃起が止まらない。女性化して吸い付く様な肛門は中年の陰茎をゆっくりと受け入れていく。初めてのアナル体験は大成功です。

寝取られ電子書籍

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
221位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
17位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

電子書籍出版情報

本を出しました

2話収録です

2話収録です

2話収録です

ハード系です

新刊です

姉さん女房です

新刊です

新刊です

バッドエンド


ランキング

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:マガブロの体験談は、本ブログだけのオリジナルです。
他では読むことが出来ないものだけです。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読めます。
なお、規約の変更などにより、予告なく削除されることがございます。
大変にお手数ですが、webページの保存などをしてください。
※以前購入されたブロマガが削除により購読出来なくなった方は、読めなくなった作品のタイトルをメールにてお知らせ下さい。個別で対応いたします。
netorarezuki@gmail.com

購読していただいた方の情報は、FC2より私へは一切通知されませんのでご安心下さい。
また、FC2ポイントは銀行振り込みやペイジー、コンビニ決済、銀行ATMで購入できますので、クレジットカードを利用しなくてもブロマガ購入できます。
※無断転載は禁止します。
筆者のマガブロ一覧です
http://netoraretaiken.com/blog-entry-9059.html

【クレジットカード以外でのFC2ポイント購入の方法】
http://abtaiken.com/blog-entry-3215.html

現在、VISAカードでの決済がしづらいようです。VISAカードは、アダルト系のサイトでの決済に使えなくなっているようです。楽天カードが年会費無料で、JCBやMasterカードで作れます。すでに楽天カードを持っていても、2枚目をJCBやMasterカードで無料で作れます。

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

PRエリア