アブノーマルな動画やマンガと体験談

アブノーマルなオリジナル体験談を紹介! アブノーマルな動画やマンガも紹介 スマホ用ページ最適化済み

今晩泊めて下さい! 神待ち少女と、そこそこ巨根の俺

”今晩泊めて下さい!”そんな書込みを見ても、珍しいとも思わなくなった。いわゆる、神待ちとかいう、家出少女が増えたからだ。
あ、先に言っておくけど、これは大昔の話。だから、とっくに時効の話だから間違えないようにw 

俺は、スマホを見ながら(どこが大昔の話だよとか言わないようにw)神になろうとしていた。ある意味買い手市場なので、選択肢は掃いて捨てるほどある。もちろん、声をかけてきた神の中から、一人を選ぶ権利は女の子にあるので、必ずしも選ばれるとは限らないのだけど、俺はほとんどいつも選ばれている。

俺が、そこそこイケメンだからだ。イケメン界の中では最下位程度だと思うけど、出会い系界の中ではぶっちぎりのトップランカーになれるようだ。

今日も、俺の好みのロリっぽい子を選び、メッセージを入れた。もちろん、キメ顔の自撮り画像付きでw
すると、すぐに返事が来て、1時間後にアポが取れた。俺は、部屋を片付けて、ワックスで髪を決めてから家を出た。

俺は、彼女を作るつもりはないが、けっこう寂しがりなところがあるので、女の子をウチに泊めるのが好きだ。セックスがメインという訳ではなく、色々おしゃべりしたり、一緒に飯を食べるだけでも楽しいと思ったりする。

そして、待ち合わせ場所に行くと、子供みたいな女の子がいた。特徴はメールの通りで、他に人もいないので間違いないと思うが、あまりにも幼いその子を見て、間違えたかな? と思った。でも、その子が俺に気がつくと、良い笑顔になって駆け寄ってきた。
『雄一さんですよね? すっご〜い。実物の方がイケメンなんですね!』
と、嬉しそうに言ってきた。俺は、男なんて髪型と服さえしっかりすれば、たいてい雰囲気イケメンになれると思っている。俺も、髪型と服でごまかしているようなものだと思う。

「めぐちゃん?」
俺は、念のために聞いた。18歳の女子校生……のはずだけど、目の前にいるのはどう見てもJCくらいに見える。
『はい、めぐです! 今日はよろしくお願いします!』
と、元気いっぱいのめぐちゃん。神待ち少女は、けっこうテンション低めな子が多いので、めぐちゃんの真っ直ぐな元気の良さは新鮮だった。

めぐちゃんは、掲示板のプロフとはけっこう違って見える。身長は150cmもなく、140cm程度に見える。体重も間違いなく30kg台だし、胸もCカップどころか、ぺったんこのまな板みたいな感じだ。
服は、ポップティーンやセブンティーンの女の子みたいに、短すぎるスカートに春っぽいキャミソールを着ている。
でも、ぱっと見の印象は、小学〇みたいだ。

俺は、思わず説教みたいな事を言いかけるが、グッとこらえた。出会い系を利用している俺が、そんなことを言ってもキモいだけだからだ。

「お腹すいてる?」
俺は、いつもの調子でそう聞いた。
『はい。ペコペコです』
ちょっと恥ずかしそうに言うめぐちゃん。めぐちゃんは、小さなリュックというか、デイパックのようなカバン一つを持っているだけだ。そこに、家出キットが入っているのかな? と思った。
最近は、神待ち少女は小型のキャスター付きキャリーバッグを持っていることが多いので、珍しいなと思った。

「じゃあ、なに食べたい?」
『えっと、回転寿司が良いです』
と、はっきりと好みをリクエストするめぐちゃん。顔をよく見ると、凄く可愛らしいことに気がついた。でも、さすがに性欲は湧かない。俺は、今日はセックス無しだなと思った。

「いいよ。じゃあ、行こうか」
『ホントに!? ありがとう。嬉しいなぁ』
めぐちゃんは、嬉しそうに言う。そして、歩き出すと、めぐちゃんは小さな手を繋いできた。

妙に暖かく、体温が高い感じだ。本当に、子供かよ……と思ってしまう。でも、可愛いと思う俺もいる。性の対象ではなく、妹みたいな感覚だ。
『雄一さんって、ホント格好いいですね』
手を繋いで歩きながら、こんな事を言ってくるめぐちゃん。
「めぐちゃんもすごく可愛いよね」
『そんなことないですよぉ! 雄一さんは、よくこんな風に会ったりするんですか?』
めぐちゃんがそんなことを聞いてくる。神待ち少女の方からこんな質問をしてくるなんて、初めてだ。普通は、神側から質問をして、ウザがられるのが普通だと思う。

「う〜ん。たまにね。めぐちゃんは?」
『しょっちゅうです。でも、雄一さんみたいなイケメンは初めてです』
めぐちゃんは、キラキラした目で言う。俺は、こんな幼い少女が、しょっちゅう家出していることに驚いたし、さすがにまずいだろと思っていた。

「めぐちゃんって、何歳なの?」
『え? じゅ、18歳ですよ』
動揺して言うめぐちゃん。
「いや、プロフ用じゃなくて、本当の年は?」
『その……○○歳です』
と、渋々答えるめぐちゃん。俺は、ゴルゴかよと思いながら、
「マジで? 半年前までラン〇セル背負ってたの?」
と聞いた。
『ランド〇ルは5年でやめたから、違いますよw』
と、笑いながら言うめぐちゃん。すごく楽しそうだ。


「ビックリだよ。俺が会った中で、最年少記録だ」
『ダメですか?』
少しおどおどしながら聞くめぐちゃん。
「いや、構わないよ。それに、今から他探すのも大変でしょ」
『ありがとう! 雄一さん優しい!』
俺の手をギュッと握りながら言うめぐちゃん。可愛いものだと思う。
そして、回転寿司屋に着いて、カウンターで一緒に食事をした。めぐちゃんは、玉子やネギトロ、サーモンなんかが好きみたいで、すごく安上がりな子だった。
「いいよ、もっと色々なもの食べても。好きなの食べな」
俺がそう言っても、大学芋やフライドポテトを食べる感じだったw 
『この後はどうするの?』
口の端にケチャップをつけたまま聞いてくるめぐちゃん。どうしてかわからないが、俺は泣きそうな気持ちになってしまった。どんな家庭環境なんだろう? 箸の持ち方も変だし、食べ方も汚い。こんなに可愛い顔をしているのに、不幸なのかな? と思うと、俺らしくもなくセンチメンタルになってしまった。

「めぐちゃんはどうしたいの?」
『雄一さんの部屋に行きたいな。ゆっくりしたい』
「いいよ。じゃあ、コンビニ行って、お菓子とか買っていこうか?」
『うん! ありがとう〜』
ニコニコと上機嫌で言うめぐちゃん。笑うと、本当に子供そのものだ。まぁ、こんな日もあるか……今日はエッチなしだな……そんなことを思いながら、コンビニに向かった。

めぐちゃんは、さっきと同じようにギュッと手を繋いでくる。
『雄一さんは、色々と聞いてこないんですね』
めぐちゃんは少し不思議そうに聞いてくる。
「え? 何を?」
『どうして家出するのかとか、エッチ出来るの? とかです』
「あぁ、そういうことか。そういうの聞いても、ホントのことなんて言うわけないじゃん。今楽しく過ごせればそれでいいかなぁって」
『クールですね』
この年頃の子が、クールという言い方をするのに違和感を感じて笑ってしまった。

『あれ? 私変なこと言っちゃいました?』
「そんなことないよ。ただ、可愛いなって思っただけだよ」
『あ、ありがとうございます』
めぐちゃんは、うつむいて頬を赤くした。こんなに可愛い顔なのに、褒められ慣れていないようなリアクションに、正直、ちょっと萌えてしまったw

コンビニでは、ハッピーターン200%とか、チョコバットを買うめぐちゃん。お菓子を選ぶのにしゃがんだりする度に、チラチラとパンツが見えてしまう。なるべく見ないようにしたけど、綿100%みたいな子供っぽいのじゃなく、ピンクのレースっぽいパンツだった。俺は、そのギャップにちょっと興奮してしまった。

そして買い終わってコンビニを出る。手を繋いで歩きながら、
『パンツ見てたでしょw』
と、めぐちゃんがいたずらっ子の顔で言う。
「ちょっとだけね。意外と大人っぽいのはいてるんだね」
俺は、とくに慌てることもなくそう言った。実際、見てたのだから慌てる必要もない。
『やっぱりクールですね。わざと見せてたんだよw』
めぐちゃんはそう言って、俺に腕を絡めてきた。俺の腕がめぐちゃんの胸に当る。服の上からはぺったんこに見えたが、触れると意外にあるなという感じだった。でも、Aカップ程度のレベルだと思う。

そして俺の部屋に着いた。オートロックを開けてエレベーターに乗り込む。
『すっご〜い。綺麗なマンションですね。雄一さんって、お金持ちなんですか?』
無邪気に聞いてくるめぐちゃん。
「そんなことないよ。会社で借り上げてるから、安く住めるだけだよ」
『そうなんだ。私といるところ、会社に人に見られちゃっても、へーきなの?』
そんなことをすぐに思いつくなんて、めぐちゃんは意外と頭の回転が速いなと思った。

「へーきだよ。このマンションには、会社の人は俺以外一人しか住んでないから」
『全部じゃないんですね』
「そんな大きな会社じゃないからね。あちこちに、ちょっとづ借りてる感じだよ」
『へぇ』
そんな会話をしながら、部屋に入れた。ソファに座る俺。めぐちゃんは、カーペットの上にペタンと座る。そして、テーブルの上にお菓子を置いて食べ始める。男の部屋に入ることに、慣れすぎていて怖い気もした。

ペタンと座っているので、パンツがチラチラ見えている。コンビニの時とは違い、距離が近いのではっきりと見えてしまう。やっぱり、大人びた感じのパンツだ。ランジェリーという方がしっくりくる感じだ。

「パンツ見えてるって。いつもそんな大人っぽいの穿いてるの?」
俺は、ハッピーターン200%は濃すぎるなと思いながら、そんなことを言った。
『だって、こういうヤツの方が、男の人喜ぶもん』
そう言って、スカートをぴらっとめくるめぐちゃん。レースの透けた感じのランジェリーが丸見えになる。ランジェリーメーカーのCMなんかの外人さんが穿いているような感じのセクシーなヤツだった。

「コラコラ。子供がそんなことするんじゃないよ」
俺はそう言って、ハッピーターン200%を食べ続けた。
『子供じゃないもん!』
ムキになって言うめぐちゃん。そういう年頃なのかもしれない。
「ゴメン。それよりさ、チョコバットって、こんなんだったっけ?」
『これ、大人のチョコバットですよ。ほら、書いてある』
そう言って、袋を見せてくるめぐちゃん。確かに大人と書いてある。クランチが入っていて、おいしさアップしている感じだ。

「なるほどね。確かにめぐちゃんは大人だねw」
俺がからかうように言うと、
『もう! イジワル』
と言って、少しすねるめぐちゃん。でも、楽しそうな感じもする。

『私も食べる〜』
そう言って、俺が食べかけの大人のチョコバットを奪い取るめぐちゃん。すると、それを口にくわえてフェラチオみたいな事をし始めるめぐちゃん。バットの横の方を舐めたり、先っぽをチロチロ舐めている。急にめぐちゃんが大人びて見えた。

「なにやってんだよ。チョコ溶けちゃってるじゃん」
俺は、そんな風に言った。すると、めぐちゃんはバリバリと音を立ててチョコバットを食べた。
『雄一さんのバットは大きいですか?』
めぐちゃんはニヤニヤ笑いながら聞いてくる。俺は、彼女にペースを握られてしまったなと思いながらも、正直ドキドキし始めていた。

「チョコバットよりはね。ていうか、めぐちゃんエロいね」
『エロい子は嫌いですか?』
「そんなことないけど」
『雄一さんのバット、見せて下さいよぉ』
めぐちゃんは、甘えた口調で言ってきた。俺は、エロい展開無しだなと思っていただけに、動揺してしまった。

「そんなのいいよ。ほら、ゲームとかしようぜ」
俺はそう言って、PS4を指さした。
『もしかして、雄一さんってホモさんなんですか?』
不思議そうに聞いてくるめぐちゃん。
「ち、違うよ! 何でそんなこと聞くの?」
『だって、エッチな事してこないから。いつもなら、とっくにやられちゃってるもん』
めぐちゃんは、幼い顔からとんでもないことを言う。
「いや、俺だって性欲強いけどさ、さすがにめぐちゃんは子供過ぎるって」
『んんっーっ! 子供じゃないもん! ちょっと待っててよ!』
めぐちゃんは、ご立腹気味にリビングを出ると、隣の部屋に行ってしまった。追いかけて謝ろうかと思ったけど、待てと言われたので待っていると、少ししていきなりドアが開いた。

すると、めぐちゃんが入ってきた。めぐちゃんは、下着姿になっていた。それも、さっきチラチラ見えていたのとは違う、赤色のセクシーなランジェリー姿だった。
ガーターベルトに、太ももの中程までのストッキング、ブラはカップの部分がないタイプのブラで、小さなおっぱいが丸見えになっている。そして、乳首の部分には星形のシールみたいなものが張ってある。ニプレスみたいなものだろうか? でも、素材が薄すぎるせいか、乳首の形がクッキリと浮いてしまっている。
おまけにショーツは、穴あきショーツだった。

『どう? 子供じゃないでしょ?』
めぐちゃんは、どや顔で言ってきた。俺は、
「いや、全然似合ってないし。無理すんなよw」
と、軽くいなした。でも、内心メチャクチャ興奮していた。基本ロリ気味な俺なので、めぐちゃんさえ嫌がらなければ、エッチなこともしたいなと思ってたりする。

『無理してないもん! 雄一さん、大きくなってるじゃんw ホントは興奮してるくせに』
めぐちゃんは、俺の股間を凝視しながらそんな指摘をする。めぐちゃんのことを子供だとは思っていても、さすがにそんな格好を見せられたら勃起する。それに、俺も格好つけていても、しょせん出会い系で家出少女を漁るような男なので、すでに気持ちは変わりつつあった。

「でも、俺のデカいよ。めぐちゃんじゃ、入らないってw」
『そんな大きいの!? 見せてよぉ』
めぐちゃんは、大人な格好をしていながら、好奇心いっぱいの子供の顔で言ってくる。
そして、俺のすぐ目の前まで歩み寄ってきた。子供がこんな下着を身につけていて、違和感が凄いが、ギャップがやたらとエロい。こういうエロ下着は、歳を取って弛んだりしてきた女性が、ごまかすために着るものだと思う。めぐちゃんの歳では、まったく不要なもののはずだ。そもそも、よくサイズがあったなと思う。

「驚くなよ〜」
俺はおどけながらズボンを脱ぎ、パンツ一枚になった。俺のチンポは勃起していて、横向きにしとかないとパンツの上からはみ出てしまう。いま俺のものは、ボクサーパンツの中で窮屈そうに横向きになっていて、クッキリと形が浮かび上がっている。

『凄いっ! こんなの見た時ないよ! なんか入れてるの? 本物?』
めぐちゃんは、本当に驚いた顔をして見ている。
「触ってみる?」
『うん!』
めぐちゃんは、ノータイムで触ってきた。俺は、ちょっとヤバいくらいに興奮していた。エロ下着の子供が、小さな手で俺のものをさすっている……。
『すっご、本物だ! 大っきいのにカチカチだね』
めぐちゃんは、パンツの上から俺のものをにぎにぎとしてくる。小さい手が、俺のモノを握って撫で回していく。理性が飛んでいく。目の前に、めぐちゃんの淡い膨らみが見える。服を着ている時は真っ平らに見えていたが、このオープンカップのブラのせいもあるのか、思いのほか膨らんでいる。そして、シールで隠された乳首。はっきりと見えているよりも、はるかにエロい感じだ。
こんなのは、AVでも見たことがない。
山文京伝(http://netoraretaiken.com/blog-entry-7198.html)のエロマンガでしか見たことがないような姿だ。

俺は、我慢しきれずにシールの上から乳首を触ってみた。
『んっ、エッチぃ♡ 子供相手にエッチなことしちゃダメなんでしょ?』
めぐちゃんは、小悪魔そのものの顔で言う。可愛い顔の女の子が、意地悪なことを言うのは、凄くイイ。美少女の特権だと思う。

「めぐちゃんだって、カチカチになってるよ」
『へへ。だって、こんなの初めて見たから……。興奮しちゃったw』
俺のを握りながら、可愛らしく言うめぐちゃん。この歳で、どれだけの数経験しているのだろう?

「脱ぐよ」
俺はちょっとだけ緊張しながら、パンツを脱いだ。ビンッ! と、俺のモノが勢いよく立ち上がる。そして、少し揺れた後、ヘソにくっつくくらい反り返った。俺も、いつも以上に興奮しているようだ。

『ヤバい。ちょっと凄すぎだって』
めぐちゃんが、俺のモノを指でツンツンとつつきながら言う。その度に、俺のモノが左右に揺れる。

「でしょ。やっぱり入らないんじゃない?」
『かもねw でも、手ならできるよ』
そう言って、めぐちゃんは手コキを始めてくれた。めぐちゃんの小さな手では、指が回りきっていない。でも、めぐちゃんはすごく上手に手コキをする。

小さな指が、俺のカリ首を撫で回し、絡みついてくる。
『ホントに固いんだね。ふふ。お汁出てるしw』
そう言って、俺の我慢汁を塗り伸ばしていく。小さな手の平で、我慢汁を塗りつけた亀頭を撫で回す。くすぐったいと感じるほどの強い快感が走る。

「上手すぎでしょ。めぐちゃん○○さいなのに、ヤバくない?」
『へへ。よく言われるw 気持ちいい? 舐めてあげようか?』
めぐちゃんは、可愛らしい顔でそんなことを言ってくる。俺は、もう理性が効かなくなっていた。

「マジで? お願い」
『子供にこんなことさせて良いの?』
「うぅ……。ゴメン。めぐちゃんは大人だよ」
『うん!』
めぐちゃんは、無邪気に笑いながらうなずいた。こういうところが子供だなぁと思いながらも、俺はなにも言わなかった。

めぐちゃんは、なんの躊躇もなく、俺のチンポに舌を這わせ始めた。竿の横の部分から舐め始め、そのまま上に移動していく。カリ首に舌が這い回り、凄く気持ち良い。小さな舌が、縦横無尽に這い回る。
俺は、今まで経験した中で、一番興奮している。やっぱり、ギャップというか、背徳感がそうさせているのだと思う。

『大きい。ホントに大きいよ。なんか、ドキドキしちゃうよぉ』
めぐちゃんはそんなことを言いながら、夢中で舐めていく。そして、大きく口を開けて、俺のモノを飲み込んでいく。唇や歯が当たる感覚がするが、それでもなんとか口の中に入っていく。半分ほど口の中に収めると、舌が絡みついてくる。それだけではなく、頭を前後に動かし始める。どうしても歯が当たってしまうが、それでも凄く気持ち良い。

たぶん、俺が経験してきた中で一番のテクだと思う。めぐちゃんは、嬉しそうに俺のモノをフェラする。それにしても、小さな身体だ。きゃしゃと言うレベルではなく、やっぱり子供の体つきだ。たぶん、クラスの中でも小さい方なのだと思う。

俺は、手を伸ばしてめぐちゃんの乳首を触り始めた。シール越しでも、カチカチなのがわかる。豆粒みたいに小さなそれを、俺は指で強めにこすり始めた。
『んっ、んーっ、ふぅ』
めぐちゃんは、一生懸命にフェラしながら、あえぎ始めていた。俺は、正直イキそうな感じが強くなってきていたが、負けずに乳首を責め続ける。めぐちゃんは、どんどん息づかいが荒くなり、顔も紅潮してきた。

『まだイカない? 雄一さん凄いね。みんな、すぐイッちゃうのに』
めぐちゃんは、ちょっとだけ悔しそうだ。
「いや、歯が当たってなければ、とっくにイッてるよ」
『そっかぁ、太すぎるんだね。ホント、凄い』
めぐちゃんは、子供の顔ではなく、牝の顔で言う。俺は、ドキドキしてたまらない気持ちになってきた。
「俺も舐めてあげようか?」
『うん。いっぱい舐めて♡』
めぐちゃんはそう言うと立ち上がる。そして、そのまま前に動いて、俺の顔の前にあそこを持って行く。目の前に、パンツの穴越しに、まったく無毛のあそこが見える。成人女性のあそことは違い、ぷっくりと肉厚な感じのあそこ。ぷにぷにと柔らかそうだ。でも、クリトリスだけは、思いのほか大きめだった。すでに包皮から半分程度顔を覗かせているクリトリス。豆粒のような乳首と比べて、大人びて見える。

めぐちゃんは、自分であそこを広げていく。ピンク色の内壁がウネウネとしているのまで見えてしまう。
『いっぱい舐めて♡』
めぐちゃんはそう言うと、クリの皮までむいてしまった。剥き出しになった、肉の芽。俺は、吸い込まれるように口をつけた。そして、ぷにぷにのロリマンを、狂ったように舐め始めた。
『んっ、ふぅ♡ クリ気持ちイイぃ、んっ、あっ、あっんっ! ハァ、あぁっ、んっ♡』
めぐちゃんは、すぐにあえぎ始めた。本当に気持ちよさそうだ。少し塩気を感じる蜜。でも、生臭さなんかはゼロだ。俺は、本当に夢中だった。ガーターベルトにも興奮するし、少し上を見ると、シールを貼ったエロいおっぱいまで見える。○○歳の女の子にこんな事をしているだけでもヤバいと感じるのに、こんなエロい格好をさせていると思うと、背徳感が凄い。

俺は、剥き出しになったクリを舐め続ける。
『あっ、あっ、イクっ、イッちゃう! クリ気持ち良いぃっ! イッちゃうっ! おにいちゃんイクっ! イクっ♡』
めぐちゃんは、立ったまま身体を震わせた。俺は、おにいちゃんという言葉に、やたらと興奮した。俺は、蜜でドロドロになった口の周りを腕で拭いながら、
「イッちゃったね。めぐちゃんは、エロい女の子だねw」
『うん。エロいよ。おにいちゃんは?』
「俺もエロいよ。ていうか、おにいちゃんって?」
『え? あぁ……。そう言うと、みんな喜ぶからだよ。雄一さんは? どっちが良い?』
クリクリとした大きな目で見つめながら、俺に聞くめぐちゃん。吸い込まれそうだ。

「お、おにいちゃんでイイよ」
俺は、少し照れながらそう言った。女兄弟のいない俺には、おにいちゃんと呼ばれるのは、新鮮ですごく良かった。
『わかったよ。おにいちゃん♡』
そう言って、めぐちゃんはキスをしてきた。小さな舌が飛び込んでくる。でも、上手すぎる手コキやフェラと比べて、キスはメチャクチャ下手だった。歯がガチンと当たり、
『ご、ごめんなさい』
と、慌てて謝るめぐちゃん。

「キスは苦手なの?」
『うん。ほとんどしたことないから』
「え? どうして?」
『キスはイケメン限定だから』
「なんで?」
『だって、キモいじゃん』
「セックスはできても?」
『うん。セックスは別だよ♡』
「そういうもんなんだ……。何人くらいしたの?」
『えぇ? おにいちゃんは、今まで食べた魚の数、数えてる?』
「えっ? 魚? 数えてないよ」
『そういうことだよ。私も数えてないw』
「マジかw」
めぐちゃんにとってのセックスは、食事のようなものということなんだろうか? 驚きすぎて声も出ない。

『ねぇ、入れてみたい? 子供おまんこに、入れてみたい?』
Purchase and enjoy Blomagas!
This content is a Blomaga (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is Blomaga?
[ 2016/03/08 17:31 ] 神待ち少女と、そこそこ巨根の俺 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

管理人:寝取られ好き
アブノーマルな体験談や、変態体験談を紹介します。このブログオリジナルの物です。

寝取られ電子書籍
強気な姉さん女房が寝取られ
カテゴリ
カウンター
更新案内
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1021位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
35位
アクセスランキングを見る>>
おすすめ動画