このブログのオリジナルコンテンツ一覧

妻が不妊治療のため、精子を競わせようと言ってきた(ブロマガ 転載禁止)

嫁の麻友と結婚して、2年ほど経った頃から子作りを始めました。30前には生みたいと思っていましたが、当時まだ26才だったので、余裕だろうなと思っていました。
ただ、1年経ってもまったくできる気配がなく、なんとなくしていたセックスを、ちゃんと排卵周期を意識してするようになりました。
それから1年経ってもできず、さすがにおかしいなと思い始めました。ただ、なかなか不妊治療には踏み込めず、そこからさらに1年経過してしまい、あと1年で30才になるという焦りも後押しになり、クリニックを訪れることになりました。

結果は、私の方にありました。と言っても、精子がないわけではなく、活動が弱いというモノでした。ただ、自然に妊娠出来る可能性は低いと言われました。
私は、かなり強いショックを受けました。でも、麻友は、
『良かったね。精子がないわけじゃないなら、そのうちできるよ』
と、笑顔で言ってくれました。私は、麻友が子供を強くほしがっていることを知っているだけに、申し訳ない気持ちが大きくなってしまいました。

そして、不妊治療が始まりました。と言っても、精子を元気にする特効薬があるわけでもなく、食事の見直しや適度な運動、サプリメント的なクスリを飲むといった感じでした。あっという間に1年が経ち、結局授かれないまま30才を迎えてしまいました。

この頃から、ちょっとずつおかしな方向に行き始めたのだと思います。子授けの神社仏閣巡り、子宝温泉巡り、もずくや漢方、子供を作るのに効くと言われる食品やサプリメントは何でも試しました。

そんな生活が続く中、麻友は笑顔が少なくなっていき、精神的に病んでいるような雰囲気もしていました。それでも、麻友はルーティーン通りに子作りを求めてきます。
すっかりと、子供を作るためだけにしているようなセックスになっていました。正直、男の私でも少し苦痛を感じるような頻度になってもいました。

私は、人工授精などの道もあると提案しました。でも、麻友はまったく同意しません。それだけはイヤだと、そんなことをするくらいなら一生出来なくてもいいとまで言います。私は、目的のためなら多少は手段を問わない気持ちも必要ではないかな? と、言いましたが、麻友はかたくなでした。

そんなある日、麻友はとんでもないことを言い始めました。
『正樹さん、浩さんに手伝って貰えないかしら?』
思い詰めた顔で言う麻友。私は、急にいとこの名前を言われてポカンとしてしまいました。浩くんは、母方の親戚です。24才で、まだ社会人になって2年くらいしか経っていない若者です。
私とは6才離れているので、弟みたいな感じで接していて、今でも月に1回程度は食事をしたりする仲です。私は、何を手伝ってもらうの? と、脳天気に質問しました。
『うん。子作りを……。色々調べたんだけど、精子を競わせた方が受精する率が上がるんだって』
麻友は、そんなことを言い始めました。また、オカルトの類いだと思います。
「でも、競うって事は、浩くんともセックスをするって事?」
私は、頭の整理がつかなくなっていました。まさか、そんな馬鹿げたことを言うはずがないと思ったからです。だったら、どういう意味なのだろう? そんなことを考えてしまい半ばパニックでした。

『うん。そうしないと、競えないでしょ? それに、浩さんだったら安心でしょ?』
麻友は、真剣な顔で言います。と言うよりも、洗脳でもされたような目をしています。その方法が、唯一の方法……そう思っているような、思い詰めた顔です。

「イヤ、そんなのダメでしょ! それって、浮気でしょ?」
私は、少し口調が強くなってしまいました。
『違うよ。浮気じゃないよ。手伝ってもらうだけだよ』
麻友は、やっぱり真剣に言います。

麻友は、昔から思い込みは強い方でした。でも、基本的にはおっとりとした可愛らしい女の子でした。色白の清楚系な顔立ちに、小柄なのに大きな胸をしている彼女は、大学でもモテていました。
それなのに、なぜか私のようなごく平凡な男を選んで付き合い始め、結婚までしてくれました。私は、どこが好きなの? と、聞いたことがあります。すると、意外にも顔が好きだと言われました。
私は、どちらかというとブサメンの方に近い感じだと思っていましたので、彼女の言葉に本当に驚いた記憶があります。女性の好みも色々なんだな……そんなことも思った覚えがあります。

私は、そんなことはおかしいと言いました。そして、競った結果、彼の種で妊娠したらどうするつもりなのかとも聞きました。
『浩さんもO型でしょ? それに、浩さんって正樹さんによく似てるじゃない。DNA検査しなければ、どちらの子かなんてわからないと思う……』
麻友は、よどみなく言いました。きっと、何度も何度も考え、いろいろなシミュレーションを繰り返したのだと思います。
私は、仮に麻友の言う通りだとしても、麻友が他の男とセックスをするなんて、気持ち的にイヤだと言いました。
『でも、正樹さんも、手段は選んでられないって言ったでしょ?』
麻友は、前に私が言った言葉を口にしました。私は、それとこれは意味が違うと説明しました。
『……でも、それしかないと思うから』
麻友は、真面目な顔で言います。私は、そんなことは同意出来ないと言い続けましたが、いきなりインターホンが鳴りました。
『あっ、来たみたい』
麻友は、笑顔で言います。私は、理解が追いつきません。麻友は玄関に行き、ドアを開けました。すると、浩くんがいました。
「こんばんは。お邪魔しま~す」
彼は、いつもと変わらない感じで入ってきました。いつも明るい彼らしく、笑顔です。でも、あまりにいつも通りなので、麻友は説明をしていないのかな? と、思いました。私は動揺しながらも、いつも通りに接しました。

そして、麻友もいつも通りに彼を出迎え、夕食が始まります。
「イヤ、全然そんな余裕ないですよ。仕事が忙しくて、友達と遊ぶヒマもないですから。恋人なんて、当分ムリじゃないかな?」
麻友の質問に、彼はそんな風に答えました。麻友は、大変ねと言いながら、結婚のこと、子供のことなんかも話題にしていきます。
すると、浩くんは、子供はまだ作らないんですか? と、質問してきました。不妊治療のことなんかは、彼には一切話していないので、単にまだ子供を作るつもりがないと思われているのだと思います。
麻友は、待ち構えていたように不妊治療のこと、そして、それが上手く行ってないことを説明しました。
「そうだったんですね。ごめんなさい。変なこと聞いちゃって」
反省している感じの彼。麻友は、畳みかけるように子作りに協力して欲しいと話し始めました。具体的に、私の代わりにセックスをして欲しいと言うことまで説明する麻友。
「え? 冗談……ですよね?」
彼は、麻友の真意がわからず、戸惑った感じです。でも、麻友は真剣な顔で本気だと言うことを説明します。

「で、でも、正樹さんはどう思ってるんですか? まだ、何か方法とかあるんじゃないんですか?」
浩くんは、相当動揺している感じです。ムリもないと思います。私は、不思議なもので、浩くんさえ良ければ協力して欲しいと言っていました。さっきは、あんなに強く抵抗していた話なのに、麻友が浩くんに説明をしている姿を見て、心が動かされてしまいました。

「そんな……」
絶句する彼。麻友は、今日は排卵日直後でとても妊娠する可能性が高い日だと説明をします。
「えっ? きょ、今日ですか?」
浩くんは、あまりのことに声が裏返っています。私は、1時間ほど外出するので、よろしく頼むと言いました。
「そんな、まだ心の準備が、えっ? 本当に行っちゃうんですか?」
激しく動揺している彼に背を向け、私はリビングを出ました。そして、そのまま家を出ると、目標も決めずに歩き始めました。本当に、するのだろうか? 彼は、協力してくれるのだろうか? 麻友も、気持ちの変化なく実行してしまうのだろうか? そんなことを考えながら、ひたすら歩き続けました。立ち止まると、悪い考えが浮かんできそうで、止まることが怖いと思って歩き続けました。

そして、30分ほど歩いた後、私は引き返しました。家に着けば、ちょうど1時間経過するはずです。

私は、イヤなイメージが浮かんできそうになるのを抑えながら、無心で歩き続けました。

帰宅すると、すでに彼はいませんでした。終わったのか、それとも実行することなく帰ってしまったのかは、まだわかりません。私は、リビングに入りました。すると、麻友は食卓に座っていて、
『あ、お帰りなさい』
と、言葉少なに言います。私は、どうだった? と、いう言葉が喉まで出ていますが、なんとなく言えずに食卓につきました。麻友は、黙っている私に、どこに行っていたのか質問してきます。私は、ただ歩いていたと答えながら、麻友の様子を観察していました。
どこか、変わったところはないか? セックスをした痕跡はないか? そんなことを考えながら、彼女を見ていました。でも、いつもとまったく変わった感じはありません。

すると、麻友は先に待ってますねと言ってリビングを出ました。私は、動揺しながらも、いつもの子作りの誘いだと判断し、歯を磨いて軽くシャワーを浴びました。
寝室に入ると、間接照明でほぼ真っ暗です。布団に入って待っている彼女は、いつも通りすでに全裸になっている感じです。私は、腰のタオルを外して布団に潜り込みました。

最近では、すっかりとルーティーンみたいになっていましたが、今日は彼女が抱きついてキスをしてきました。
『あなた、愛してます』
久しく聞いていなかった言葉です。私は、本当にしてしまったんだなと直感しました。すると、私の中に強い嫉妬心が生まれました。どんな理由があるにせよ、妻が他の男に抱かれた……。そう思うと、猛烈な嫉妬心が燃え上がりました。

いつもよりもかなり荒っぽく彼女を抱きしめ、キスをします。舌を激しく使い、彼女の口の中をかき混ぜると、彼女も舌を絡ませてきます。
私は、あんなに辟易としていた妻とのセックスに、猛烈に燃え上がっていました。
『す、すぐ来て。あなた、すぐ入れて欲しいです』
興奮したような声で言う彼女……。私は、無我夢中で彼女にペニスを突き立てました。すると、いつもとまったく違う感じがします。なんというか、熱くてうねっているというか、絡みつく感覚があります。私は、浩くんとセックスをした結果なのだと感じ、狂ったように腰を振り始めました。

嫉妬心……いままで、それを意識したことはありませんでした。自分が嫉妬深いとも思っていませんでした。でも、私は息が苦しくなるほどの嫉妬に任せ、狂ったように腰を振っています。
『あっ、あっ、あなた、うぅっ、すごいっ』
麻友は、思わずという感じで声をあげます。最近のセックスでは、ほとんど声もあげず、作業のようなセックスになってしまっていたので、新鮮だと思ってしまいました。

あえぎ声をあげる麻友に興奮しながら腰を振っていると、急に強い臭いが鼻をつきました。精液独特の匂い……。私は、浩くんが本当に麻友の中に注いでしまったんだなと感じました。その瞬間、私はほとんど前触れもなく射精し始めました。

すると、麻友がキスをしてきます。激しく舌を絡めるキスをする彼女……。私は、射精が驚くほど長く続くのに戸惑いながら、快感のあまりうめき声を上げていました……。

そのあと、麻友は甘えてくるような感じで私に抱きつきます。でも、浩くんのことは一切話をしません。私も、なんとなく言い出せないまま彼女を腕枕している感じでした。

少しすると、麻友はシャワーを浴びに行き、私は歩き疲れたこともあるのか、そのまま寝てしまいました。朝になると、昨日のことなどなかったように、麻友はいつも通りでした。というよりも、昔に戻ったような感じでした。最近の、暗く病んだ感じは消えてなくなり、ほがらかな昔の彼女に戻った感じでした。

私は、その姿に嬉しくなり、余計に昨日のことを聞けなくなってしまいました……。そして、日々が過ぎていき、妊娠出来たのだろうか? と、結果を気にする毎日でした。でも、麻友は何も言ってきません。
そして、1ヶ月近くが過ぎ、浩くんが遊びに来ました。彼は、特に変わったこともなく、この前のことなどなかったのかな? 夢だったのかな? と、思うほどでした。

麻友もいつも通りでしたが、食事が終わると、
『あなた、散歩の時間じゃなかったかしら?』
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

寝取られ電子書籍


強気な姉さん女房が寝取られ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
541位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
23位
アクセスランキングを見る>>

おすすめ動画

検索フォーム

ランキング

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:マガブロの体験談は、本ブログだけのオリジナルです。
他では読むことが出来ないものだけです。
姉妹サイトのNTR使える寝取られサイト、エッチな体験談や萌えた体験談ブログとは違い、アブノーマルな話だけを紹介します。

姉妹ブログとは違い、スカ、グロ、暴力、ゲイ、等々、一般受けを考えずに、好きに書いています。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読むことが出来ます。また、月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、FC2より私へは一切通知されませんのでご安心下さい。
また、FC2ポイントは銀行振り込みやペイジー、コンビニ決済、銀行ATMで購入できますので、クレジットカードを利用しなくてもブロマガ購入できます。
※無断転載は禁止します。
筆者のマガブロ一覧です
http://netoraretaiken.com/
blog-entry-9059.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。