このブログのオリジナルコンテンツ一覧

嫁の浮気相手は、ハゲた中年太りのおっさんだった6(オリジナル 転載禁止)

前回の話

俺は、思わずうめいてしまった。あまりの快感に、声が堪えきれなくなる。久美は、川井の上にまたがったまま、俺の方を見ている。薄く笑っているような挑発的な顔……。目も、冷たい感じがしてしまう。

川井も、俺の声につられるように俺の方を見てきた。
「ご主人、早かったんですね。でも、ちょうど良かった。これから、奥様が妊娠します。見ててあげて下さい」
川井も、薄く笑っているような顔だ。俺は、二人に小馬鹿にされているように感じながらも、何も言えずに固まってしまっていた。


『あなた、やっぱり無理だったの。川井さんのオチンポ無しじゃ、やっぱり無理だったの。ごめんなさい』
久美は、そんな風に謝ってきた。でも、謝ってはいるものの、表情は小馬鹿にしたような表情のままだ。
「ご主人、こちらに来てもっとちゃんと見てあげて下さい」
川井も同じような表情を浮かべたままそんな事を言ってくる。俺は、何か言ってやろうと言葉を考える。でも、とっさに何も浮かんでこない。そんな俺に、久美が、
『あなた、ちゃんと見てて下さいね。川井さんが、本物のセックスを見せてくれますから』
と、言ってきた。久美はそれだけ言うと、興味がなくなったような顔になり、俺の方を見なくなる。そして、川井にキスをしながら、イヤらしく腰を動かし始めた。

俺は、迷った。川井を叩き出す。ドアを閉める。警察を呼ぶ。色々なパターンを思い浮かべた。でも、俺がした行動は、結局そのまま部屋に入る事だった。俺が横を通り過ぎても、久美は構わずにキスを続ける。川井は、ニヤけたような顔で俺を見つめている。強い敗北感を感じながらも、俺はそのまま食卓の椅子に座った。

『あぁ、ダメぇ、イク、イッちゃう。川井さんのおチンポでまたイッちゃうぅっ』
久美は、とろけきった声で叫ぶように言う。
「良いんですか? 旦那さんが見てるのに、こんなに感じちゃって」
川井は、勝ち誇ったような顔で言う。久美は、
『良いんです。だって、全然違うから。川井さんのおチンポ、本当に気持ちいいの。まさるさんの小っちゃいのじゃ、してもしても余計に欲求不満になってたの。川井さんのおチンポとは、全然違う』
と、媚びる牝の声で言う。
「それは大変でしたね。じゃあ、私の巨根でたっぷり可愛がってあげましょう」
川井は、そんな風に言いながら腰を突き上げ始める。ほとんど久美の事を抱え上げるような体勢で、ガンガン突き上げる彼。俺は、ペニスの大きさや腰の動きの力強さに気圧されたように怯んでしまう。

『好き。川井さん、好き。ずっと考えてました。川井さんのおチンポ、ずっと欲しいって思ってました』
久美は、すっかりと恋する乙女のようになってしまっている。すると、川井が久美を抱え上げるようにして身体の向きを変え始めた。久美は、川井に背を向けるような格好になる。

「ご主人、こっちに来て見てあげて下さい。可愛い奥様が妊娠する瞬間、もっと近くで見てあげて下さい」
川井は、そんなとんでもない事を言う。俺は、怒りを感じていた。でも、結局何も言えずに二人のセックスを見つめてしまう。
『あなた、もっと近くに来て下さい。川井さんのぶっといおチンポが、子宮まで犯してるの見て下さい』
久美は、興奮に震えるような声で言う。俺は、吸い寄せられるように二人に近づいていく。
久美は、俺が近づいたのを確認すると、腰を上下に動かし始めた。イヤらしく、見せつけるように動かし続ける久美。俺は、久美の膣を出入りする太いペニスに目を奪われていた。
ドロドロに濡れたペニス。所々に白い物も付着している。そして、久美は俺に見せつけるように川井とキスをし始める。後ろを振り返るようにして苦しい体勢でキスを続ける久美。すぐに身体を震わせるように硬直させる。

『またイッちゃった。川井さんのおチンポ、本当に気持ちいい。見える? おチンポ根元まで入ってる。あなた、ここ触ってみて。こんな所まで届いてるの』
久美は、自分のヘソの辺りをさすりながら言う。俺は、言われるままに久美のヘソの辺りを触ってみる。すると、確かに動いているのが伝わってくる。こんな所までペニスが入っていて、内臓はどうなっているのだろう? そんな事を考えてしまう。
『凄いでしょ? こんな所まで届いてるの。まさるさんのじゃ、絶対に届かないでしょ? 川井さんのおチンポ、子宮をギュッて押してくれるの』
久美は、そんな事を言いながら腰を上下に動かし続ける。俺は、指先に感じる川井のペニスの感触に、打ちのめされたような気持ちになっていた。

『あなた、さっきイッちゃったでしょ? 綺麗にしてあげるから、ズボン脱いでみて』
久美は、あえぎ声交じりで言う。俺は、抵抗する気持ちもなくなってしまったように、言われるままにズボンとパンツを降ろす。さっき射精してドロドロになったペニスは、まだいきり立ったままだ。

『フフ。可愛い。子供のおちんちんみたい』
久美は、そんな風に言う。でも、俺のペニスも標準サイズはあるはずだ。それでも、すでに久美はこのサイズではまるで満足出来なくなってしまっているのだと思う。

久美は、身体を折り曲げるようにして俺のペニスをくわえてくる。そして、舌で丁寧に清めてくれる。俺は、強い快感にうめき声をあげながら、すぐ目の前の川井をチラチラと見てしまう。
ニヤニヤしながら久美の事を見ている彼。俺の事は、気にもしていない感じだ。
「ご主人にも、入れさせてあげたらどうですか?」
川井は、そんな言い方をする。まるで、久美の事を自分の所有物とでも思っているような口ぶりだ。
『今はまだダメ。川井さんのザーメン、まだ出してもらってないですから。川井さんの子種、いっぱい注いで下さい』
久美はそう言うって俺のペニスを吐き出し、腰の動きを早くしていく。
『あっ、あっ、あんっ、気持ちいいっ、おチンポ気持ちいいっ。あなた、見て、またイッちゃう。イクとこ見ててっ!』
久美はそう言いながら腰を上下に激しく動かす。そして、すぐに身体を硬直させるようにして震える。同時に、膣口から透明のしぶきが少し飛び散り、俺の太ももに付着する。熱い感覚。俺は、へたり込むように床に座ってしまった。目の前には、久美のツルツルの下腹部がある。
太いペニスが突き刺さり、拡がっているのがハッキリわかる膣口。ドロドロに濡れた膣周り、太ももまで透明の液体で濡れているのがわかる。

『まさるさん、見ててくれた? これがイクって事なの。まさるさんとのセックスじゃ、こんなに気持ち良くなれなかったの。まさるさんとのセックスじゃ、一度もイッた事ないの』
久美は、そんな告白を始める。俺は、まさかと思いながらも、言われてみれば俺とのセックスで、久美はハメ潮なんて吹いた事がないなと思った。

『あなた、舐めて。クリトリス舐めて』
久美は、唐突にそんな事を言ってきた。俺は、意味が理解出来ずに呆けたようになってしまう。久美は、自分でクリトリスの皮を剥き始める。すぐに剥き出しになったクリトリス。小指の先ほどありそうな大きさだ。
『早く舐めて。今なら敏感になってるから、まさるさんでもイカせることが出来るかもよ』
久美は、トロンとしたような顔で言う。久美は、俺にこんな事を言いながら興奮しているみたいだ。一体、久美はどんな性癖なんだろう? 俺は、久美の事を何も知らなかったんだなと思い始めていた。

すると、川井が、
「早くしないと、抜いちゃいますよ。奥さんをイカせたいなら、今がチャンスですよ」
と、たいして興味もなさそうな言い方をしてくる。俺は、雄としての敗北を感じながらも、吸い寄せられるように久美のクリトリスに顔を近づけていく。そして、ぷっくりと勃起したクリトリスを舐め始めた。
『あっっ、気持ちいい。あなた、敏感になってるの。すごく気持ちいいっ』
久美は、すぐにあえぎ始めた。俺とのセックスの時には、こんなにも大きな声をあげる事はない。久美は、気持ちよさそうにあえぎながら、俺の頭を掴むようにする。
『あっ、あんっ、もっと強く。噛んでみて。うぅああっ、そう、もっと! ひぅ、あぁっ、気持ちいいっ! あなた、もっと噛んでっ!』
久美は、本当に気持ちよさそうにあえいでくれる。俺は、クリトリスを甘噛みしながら、上目遣いで久美を見つめる。すると、久美はまた川井とキスを始めた。俺にクリトリスを舐められながら、川井とキスをする……。どうしようもなく嫉妬心が燃え上がってくる。

すると、久美が腰をまた動かし始めた。さっきとは違い、くねらせるような動きだ。俺が舐めやすいようにそうしているのかな? と思ったが、久美の動きはどんどん早くなっていく。
動きすぎてクリトリスが舐めづらくなり、舐めるのをやめようとした。でも、久美が俺の頭を掴んで引きつけてくる。
『ダメ、もっと舐めてっ』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

寝取られ電子書籍


強気な姉さん女房が寝取られ

フェス帰り相部屋NTR 彼氏の愚痴を聞いてくれるバイト先の店長と性欲解消するまで中出ししまくった絶倫性交 石原希望寝取られ好きの管理人が、お勧めの間違いのない寝取られ動画や漫画を紹介しています

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
500位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
24位
サブジャンルランキングを見る>>

おすすめ動画

検索フォーム

ランキング

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:マガブロの体験談は、本ブログだけのオリジナルです。
他では読むことが出来ないものだけです。
姉妹サイトのNTR使える寝取られサイト、エッチな体験談や萌えた体験談ブログとは違い、アブノーマルな話だけを紹介します。

姉妹ブログとは違い、スカ、グロ、暴力、ゲイ、等々、一般受けを考えずに、好きに書いています。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読むことが出来ます。また、月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、FC2より私へは一切通知されませんのでご安心下さい。
また、FC2ポイントは銀行振り込みやペイジー、コンビニ決済、銀行ATMで購入できますので、クレジットカードを利用しなくてもブロマガ購入できます。
※無断転載は禁止します。
筆者のマガブロ一覧です
http://netoraretaiken.com/
blog-entry-9059.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。