・このブログのオリジナルコンテンツ一覧

出張先で見た妊婦物動画には、見慣れたリビングが映っていた7(オリジナル 転載禁止)

前回の話

孝弘は、射精しながら必死で声を押し殺していた。彼の拳は、まださゆみの膣中に入ったままだ。この状態で声を出せば、薬が効いていないことがバレてしまう。孝弘は、今までに経験したことのないくらいの強い快感に襲われながら、必死で声をこらえて寝たフリを続けていた。

さゆみは、身体を痙攣させている。そして、まだ潮吹きを続けている。ビチャビチャという湿った音。すると、さゆみは、
『んおぉおおっ、おぉおおぉっ! 死ぬ、死んじゃうっ』
と、うめきながら腰を動かし続ける。

まるで、孝弘の拳がディルドになったような状態だ。そして、さゆみはうめきながら何度も男性とキスをする。孝弘は、それを薄目で見ながら絶望的な気持ちになっていた。

とうとう、こんなことまでしてしまったさゆみ……。孝弘はこの先どうなってしまうのだろう? と心配になっていた。それでも、彼は起きている事を気取られないように脱力し続ける。

さゆみは、快感が大きくなりすぎたのか慌てるようにして孝弘の拳を引き抜く。大きくうめきながらベッドに突っ伏すさゆみ……。
「凄いな。こんなにビチャビチャにしたら、交換しないとマズいでしょ」
男性は、淡々とそんな事を言う。孝弘は、ドキドキしていた。寝ているフリ……バレていないだろうか? 射精してしまったので、シミになっていないだろうか? そんな心配で胸が苦しくなる。でも、さゆみは淡々とシーツを交換し始める。寝ている孝弘を上手く移動させ、テキパキと交換していく。

『本当に、ぐっすりなんですね。あんなことしても起きないなんて、ビックリです』
さゆみは、感心したような声だ。
「朝まで効いてるはずだよ。どうするの? まだ続ける?」
男性は、そんな風に質問する。
『はい、まだしたいです。孝弘さんの前で、もっと狂わせて下さい』
さゆみは、興奮しきったような声でおねだりをする。
「本当にさゆみはドヘンタイだね。どうする? どうやってされたい?」
男性は、落ち着いた声で質問する。さゆみは、
『お尻に下さい……』
と、うわずった声で言う。
「でも、お尻だと妊娠しないでしょ?」
男性は、意地悪っぽい口調だ。
『でも、まだ出来るでしょ? 朝まで時間ありますから。まずは、お尻で狂わせて下さい』
さゆみは、甘えたような声で言う。孝弘は、自分の妻が他の男に媚びた態度を取っていることに、どうしようもないほどに興奮してしまっている。よく見ると、股間は少し盛り上がっている。彼の小さなペニスでも、勃起していればそれはわかる。

「じゃあ、ケツマンコ拡げておねだりしてごらん」
男性がそんな指示をすると、さゆみはすぐに、
『先生のおチンポ、さゆみのケツマンコにハメて下さい』
と、あっさりと卑猥な言葉でおねだりをした。孝弘は、もう後戻りなんて出来ないんだなと感じながらも、さらに興奮が増すのを抑えられない。

「じゃあ、旦那さんの顔の上にオマンコ持って行きなさい。そしたら、ハメてあげるよ」
『そ、そんな……ダメ……そんなのダメ』
さゆみは、そんな風に言いながらも口調は信じられないくらいにとろけきっている。
「早く。さゆみだって、そうしたいんでしょ? そんな演技はいいから」
男性がそんな風に言うと、さゆみは素直に動く。目を固く閉じている孝弘は、状況がわからない。でも、顔のすぐ上に気配がある。
『あぁ、ダメぇ、孝弘さん、ごめんなさい』
さゆみの声が聞こえてくると、孝弘は堪えきれずにごくごく薄く目を開ける。すると、すぐ目の前にさゆみの膣があった。まだ穴が空いたようになっている膣……。所々に白い液体が付着している。すると、すぐに男性のペニスがアナルに押しつけられていく。目の前に、男性のペニスまである状態……。孝弘は、慌てて目を閉じる。

『うぅあぁ、おチンポ入ってるっ。ケツマンコに入ってます。孝弘さんの目の前で、ケツマンコ犯されてます』
さゆみは、卑猥な言葉であえぐ。男性は、そのまま腰をゆっくうごかし始めた。
『うぅっ、あっ、あっ、気持ちいいっ。先生、ケツマンコ気持ちいいですっ』
さゆみは、卑猥な言葉であえぎ続ける。孝弘は、いまだにさゆみの口からそんな下品な言葉が出ていることが信じられない。

揺れるベッド、あえぐさゆみ……。孝弘は、ますます興奮が高まっていく。でも、心配もしていた。この状況だと、さゆみの顔は自分の股間あたりにある……。勃起していることがバレないだろうか? 射精してしまっているのがバレないだろうか? そんな心配で、脚が震えそうになる。

すると、孝弘は自分の額や頬に熱いものが落ちてきたことに気がついた。
『あぁっ、ダメッ、垂れちゃうっ、孝弘さんの顔に、かかってる』
さゆみは、快感と困惑で言葉がうわずる。でも、男性はかまわずに腰を動かし続ける。孝弘は、顔にさらに精液が落ちてくるのを感じながら、それでも寝たふりを続けた。間男の精液が顔にかかっている……。あまりにも屈辱的な状況だ。でも、孝弘は呼吸も出来なくなるくらいの強い快感を感じてしまっている。

降りかかってくる精液、さゆみのとろけきったあえぎ声……。孝弘は、とうとう堪えきれずに薄目を開けた。信じられないくらいに太いペニスが、さゆみのアナルを出入りする光景……。孝弘は、見たくないと思いながらも目が離せないでいる。アナルにペニスが出入りするたびに、膣の方も不思議な動きをしている。そして、垂れてくると言うよりは、飛び散ってくる精液……。
孝弘は、さゆみの野太いようなうめき声を聞きながら、ただただ敗北感にまみれ続ける。

「あ~あ、ひどいね。旦那さんの顔、精液まみれになってる」
男性のその言葉に、孝弘は慌てる。顔を見られてる? 薄く目を開けていることに気がつかれてる? 孝弘は、再び目を閉じた。
『孝弘さん、ごめんなさい。でも、気持ちいいの。本当は、見てもらいたい……さゆみの本当の姿、見てもらいたい』
さゆみは、声を震わせながら言う。本当に興奮しきっているとしか思えない声だ。そして少しすると、孝弘は顔を舐められて驚いてしまった。でも、必死で動かずに寝たフリを続ける。
さゆみは、孝弘の顔中に飛び散ってしまっている精液を舐め回す。孝弘は、顔を舐め回されてドキドキし、興奮もしてしまっている。さゆみは、荒い息遣いのまま孝弘の顔を舐め続ける。

孝弘は、目を閉じていても振動を感じていた。さゆみは、こんな状況でもアナルを犯され続けている……。そう思った途端、さゆみは孝弘にキスをしてきた。強引に舌をねじ込んでくるさゆみ……。精液の味が口に広がり、孝弘は怯みそうになる。でも、寝たフリを続けるしかない彼は、そのまま寝たフリを続行する。

『孝弘さん、ごめんなさい。お尻におチンポハメられてるの。孝弘さんのじゃないおチンポで、気持ちよくなってるの。ごめんなさい。イキそうです……。あぁ、ダメぇ、イッちゃう。孝弘さんの目の前で、先生のおチンポでイッちゃうっ』
さゆみは、興奮しきった声で言いながらまたキスをする。孝弘は、自分のペニスが異常なほど固くなっているのを感じながらも、やっぱり寝たフリを続ける。
「旦那さんとキスしながら他の男のチンポでイケるなんて、夢が叶ったね」
男性は、少し小馬鹿にしているような口調だ。でも、さゆみはその言葉にも強く反応し、
『イ、イクっ、孝弘さん、イクっ、先生のおチンポでイクっ! 孝弘さんのより、100倍気持ちいいおチンポでイクっ!』
と、声を震わせながら言う。そのまま孝弘にキスをするさゆみ……。孝弘にしがみつくようになっている。

孝弘は、いくらなんでもやり過ぎだと思った。これでは、薬を飲ませていても起きてしまうのではないか? そんな風に感じる。さゆみは、孝弘の心配をよそにメチャクチャに舌を使う。孝弘は、精液の味が口いっぱいに広がるのを感じながらも、嫌悪感よりも興奮を感じている。そして、さゆみはうめきながら身体をガクガクッと大きく震わせた……。

「派手にイッたね」
男性は、動きを止めて言う。
『凄かった……。頭真っ白になっちゃった……。今までで一番気持ちよかったです』
さゆみは、甘えたような声で言う。
「それは良かった。でも、旦那さんが起きてる方が、もっと興奮するんじゃないの? 起こしてみる?」
男性は、そんな提案をし始めた。
『え? でも、薬が効いてるんでしょ?』
さゆみは、驚いたような口調だ。
「軽いヤツだから、下手したらもう起きてるかも」
男性は、楽しそうに言う。
『そ、そんな……。朝までぐっすりだって……』
明らかに動揺し始めたさゆみ。
「冗談だよ。でも、本当は見てもらいたいんでしょ?」
男性は、そんな事を言う。孝弘は、心臓がドキドキしすぎてその音が聞こえてしまうのではないかと心配するくらいになっている。

『ビックリした……。でも、凄く興奮しちゃいました……。いつか、見てもらいたいな……。孝弘さんの見てる前で、先生といっぱいエッチしたい……』
さゆみは、そんな事を言う。孝弘は、さゆみの性癖に驚くばかりだ。孝弘自身、自分に寝取られ性癖があったことに驚いている。さゆみにまで、異常な性癖があったことにさらに驚いてしまう。似たもの夫婦なのかな? そんな事を自虐的に思う彼。

「じゃあ、今度話してみたら? 意外にすんなりOKになると思うよ」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

寝取られ電子書籍


強気な姉さん女房が寝取られ

フェス帰り相部屋NTR 彼氏の愚痴を聞いてくれるバイト先の店長と性欲解消するまで中出ししまくった絶倫性交 石原希望寝取られ好きの管理人が、お勧めの間違いのない寝取られ動画や漫画を紹介しています

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
262位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
15位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

ランキング

マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 220

紹介文:マガブロの体験談は、本ブログだけのオリジナルです。
他では読むことが出来ないものだけです。
姉妹サイトのNTR使える寝取られサイト、エッチな体験談や萌えた体験談ブログとは違い、アブノーマルな話だけを紹介します。

姉妹ブログとは違い、スカ、グロ、暴力、ゲイ、等々、一般受けを考えずに、好きに書いています。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読むことが出来ます。また、月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、FC2より私へは一切通知されませんのでご安心下さい。
また、FC2ポイントは銀行振り込みやペイジー、コンビニ決済、銀行ATMで購入できますので、クレジットカードを利用しなくてもブロマガ購入できます。
※無断転載は禁止します。
筆者のマガブロ一覧です
http://netoraretaiken.com/
blog-entry-9059.html

マガブロ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。