アブノーマルな動画やマンガと体験談

アブノーマルなオリジナル体験談を紹介! アブノーマルな動画やマンガも紹介 スマホ用ページ最適化済み

せばらみっ!! 「男の子はね…おチンポに負けるとメスになるんだよ」


幼馴染のふたなりチンポに敗北してからというもの
彼女のおチンポに逆らえない様に調教されてしまう主人公。

幼馴染の好きな時に乳首もアナルも弄くり回され
オスとしての成長を止めてしまった主人公の躰は
少しずつメスへと変わってゆくのだった…



【続きを読む】
関連記事

僕が泥酔状態の母親を犯した時の話


僕が泥酔状態の母親を犯した時の話
打ち明けます。僕が○学生の頃
僕は泥酔状態の母親に手を出してしまった事があります…。

家事は勿論、農業を営んでいる厳格な父を仕事面でも支える
優しく大らかで包容力のある僕の母親。
そんな母がある日、冷静な状況判断もできないほど酔いつぶれた。
意識は混濁しグデグデになっている母…。
僕は…そんな母親を…
無防備にその豊満な胸を晒して酔い潰れている母の体を…
…舐り…弄りまわし続けたんです…。



【続きを読む】
関連記事

クラスで一番カワイイ女子が誕生日プレゼントに童貞の僕専用おま●こ彼女になって一日中ラブラブ子作りさせてくれた 出席番号4 姫野沙織


「おはよう…ひでちゃん♪」

教室前の廊下で呼び止められる。
振り返るとクラスで1番人気の女子、姫野沙織ちゃんが

「今日お誕生日でしょっ?はぃコレ…沙織がなんでも言うこと聞いてあげる券っ♪」

童貞ながら…爆発しそうな心臓を抑え込み…思い切ってお願いしてみる。

「え…今日一日だけ…彼女に…?
うん…いいよ…♪
今日は沙織がひでちゃんの彼女になってあげるっ♪」

「アンっ…♪もぉ~いきなりぃ~♪はぃ…見て…彼女のぉ…沙織のパンティだょ♪
沙織のお口もぉ…おっぱぃもぉ…お尻もぉ…おま○こもぉ…ぜぇんぶひでちゃんのだョ♪」

こうして、童貞の僕とクラスで一番カワイイ彼女の一日が始まった。



【続きを読む】
関連記事

貧乳甘姦


あわじひめじの三和出版初単行本『貧乳甘姦』が10月30日(金)に発売!!
幼艶な割れ目に大人の洗礼!! 全員膣ドンっ!!!
コスプレイヤー・純朴田舎美少女・天才陸上少女・格闘家娘・腐女子・
チャットガール等々、魅力的なヒロインたち全員と破瓜セックス!!

関連記事

放課後女装露出



女装癖と露出癖を拗らせた次期生徒会長の優等生少年がいけない事と思いながら女装露出して放課後の学校を徘徊してたら
知り合いの先輩に見つかって服を取り上げられてほぼ全裸で校内を歩くことになって…という内容の漫画です
オナニー以外の性行為は一切なく、ほとんど露出特化な内容です。
女装もあんまりしてないかもしれません。でもお好きな方は是非に。


【続きを読む】
関連記事

黒人チ〇ポにハマった日本人嫁たちがイキ狂う


来日5年で片言の日本語を話す黒人英語教師Bにはたくさんの日本人女性の受講生たちが集う。

黒人の20センチを超える極太黒ペニスにハマった淫乱な人妻は夫に隠れて夜の英会話にハマる・・・。

金がないためセックスはもっぱら自宅。セックス中毒に落とされた発情マンコは妊娠覚悟の生ハメ中だし・・・。

関連記事
[ 2017/10/06 12:37 ] コンテンツマーケット素人動画 | TB(0) | CM(-)

妻子惨姦


妻子が悪い男達に夫の前で何度も何度も生殖される様を丁寧に描いた
無慈悲で残酷な喪失ヴァイオレンスレイプ作品です。(チャラ気一切なし)

完全フルカラーで基本イラストにカットインを多数加えたHCG集です。(セリフ付)
凄惨な凌辱一直線の作品のため強 姦が犯罪だと現実との区別が出来ない方や苦手な方はご覧になれません。

■【ストーリー概要】

(ノベルまではいかないショートストーリー作品)
一夜にして夫婦とその娘の3人家族は男達の蛮行により崩壊する。
その家族はのどかでどこにでもあるような平凡な山での暮らしです。

事件当日の朝 娘アイリは目覚めると大好きなママが残した書置きを見ながら用意されたパンをかじっていました。
「なーんだパパもママも出かけたっちゃね~~…。」
母親は書置きにあるように川に洗濯に行き父親は狩りにいってるようでした。

そんな少女の母親 ルカ(Gカップ)はその大きな胸を揺らしながらワンピースの裾を太ももの根元までたくし上げ川に入ってじゃぶじゃぶ衣服を洗っています。

惜しげなく素肌を露出するのは山の中で他に誰もいないからで彼女にとっては日常でした。

しかし…この日はたまたま付近をウロついていた荒くれ者達の目にとまってしまいます。
その男達は訳あって久しぶりに見る女性でした。ただでさえ美しく女性の香るルカ…。
男達は興奮します…。

そして…股間をたぎらせルカの後を追っていくのでした…。



【続きを読む】
関連記事

プレイクラブ・コンプリートパック



『プレイクラブ』
ILLUSIONのエロ技術へのこだわりが可能にした「エロリアルシェーダー」を搭載。
女体の質感・胸の動き・Hモーション・液体・マップ・影・カスタム…その全てが大幅パワーアップ!
実際の女体が画面の中に存在しているかのようなキャラクター達との、恥辱と快楽のハードHをお楽しみいただけます!

「エロリアルシェーダー」で生み出された美しい顔・体全てに、今までになかった詳細なカスタマイズを施す事が可能に。
あなた好みのリアル女体で思う存分Hをご堪能いただけます。
さらにおっぱいカスタムは新たに「おっぱいスライダースペシャル(OSS)」を搭載!
大きさ・上下左右の角度・柔らかさ・重力(新)・乳首(勃起・乳輪の盛り上がり具合)等、
自由に好みのおっぱいを作り出す事ができます!

謎の館で繰り返される、淫靡な秘密クラブの宴。最初は拒絶していた女たちも、
徐々に体が感じ始め、次第に心も快楽に逆らえなくなります。
「性の虜」へと堕ちて行く女達の変化をじっくりとお楽しみください。

【続きを読む】
関連記事
[ 2017/10/04 12:22 ] アブノーマルゲーム 調教SMゲーム | TB(0) | CM(-)

ガチ露出調教中 浜崎真緒


バッティングセンター・喫茶店・ド○キホーテ・ドライブ・公衆便所×2・DVDショップ・林・公園といろんなとこ行きました。今回は、店員に怪しまれてマークされたり、VTRのデータを消去することになったりいろいろトラブルもありましたが、何とか無事に帰って来れました。彼女はどんな場所でもエロに没頭できるので、露出に向いてますね。

関連記事
[ 2017/10/03 19:14 ] アブノーマル動画 野外露出動画 | TB(0) | CM(-)

女装美少年 23 亜紀


どことなく中性的なアキラくん。その辺を歩いてそうな普通の若者が、ふとしたきっかけで女装の道に入り込んでしまう。包茎のデリケートなち○ち○を丁寧にしごかれ、菊門をいぢくられ、変態中年の陰茎を受け止める女装美少年「亜紀」女装で心と体が倒錯し男と女が交錯する。

関連記事
[ 2017/10/01 18:16 ] アブノーマル動画 男の娘NH動画 | TB(0) | CM(-)

【メス堕ち♂】男の子を金で買い続けた結果…


お金に釣られSNSで知り合った男とホイホイ出会ってしまったノンケ少年。

思春期らしい小生意気な雰囲気の少年が男に金で買われ、
次第に自分を女の子として意識。メスとして淫乱化していく内容です。


◆収録内容

最初は半ばレ〇プ気味に男同士のセックスを強要され、逆フェラやキスをされたりします。

思春期男子が騙されて一週間オナ禁!その敏感なチンコをねっとり弄られ我慢汁大量!
乳首を舐められ弄られたりとカラダを弄ばれる内に次第に女の子の感覚を意識していき…。


後半では服屋の試着室で上半身は友達と会話、下半身は男に好き放題されるという奇異な状況に!
女装して街を歩いて野外セックスや見知らぬ男達に捕まり集団セックスにまで発展…!?



【続きを読む】
関連記事

田舎といえば、セックスくらいしか娯楽がない!


田舎といえば、セックスくらいしか娯楽がない!

夏休み、ばーちゃんちにやってきた主人公・タイガくん。
ばーちゃんに促されて裏山の川へ行ってみると、
ふたりの女の子が全裸で水遊びをしていました。
都会派少女しーちゃんと、田舎派少女のんちゃん。
3人で、田舎らしい大胆なエッチ遊びを楽しみましょう!

【続きを読む】
関連記事
[ 2017/09/29 12:12 ] アブノーマルゲーム ロリゲーム | TB(0) | CM(-)

今年の夏も、いとこと巨乳で無防備な叔母が遊びに来ました2(ブロマガ転載禁止)

『良いわよ。でも、見るだけでいいのかな?』
と、小悪魔のように笑いながら言うまさみさん。僕は、ほがらかでサバサバしたまさみさんしか知らないので、こんな風に妖艶な雰囲気で言われると、ドキドキしてしまう。
僕は、射精してしまったばかりということもあってか、気弱に、
「は、はい。見るだけで充分です」
と、言ってしまった。
『そうなんだ。私が我慢出来ないかもね』
まさみさんはそう言って、パジャマの下を脱ぎ始めた。イッて冷静になっていたはずが、心臓の鼓動が聞こえるくらいドキドキしてしまっている。まさみさんのショーツは、ピンク色のごく普通の感じのものだったけど、こんな風に女性の生の下着姿なんて初めて見るので、興奮がヤバい感じだ。

『あら、やっぱりみっちゃんは下着の方が好きなのかな?』
まさみさんは、少しうわずった感じの声で言う。僕は、慌てて頭を振り、
「中身に興味があります!」
と、叫んでいた。
『じゃあ、脱がしてみる?』
そう言って、僕を見つめるまさみさん。濡れたような瞳が、すごくイヤらしく感じてしまった。僕は、緊張しすぎて返事も出来ず、うなずくだけだった。

『ふふ。なんか、緊張しちゃうわね』
まさみさんは、そんな事を言いながらも楽しそうな感じだ。僕は、緊張しながらまさみさんのショーツに手をかけた。すると、少しかがんだ感じになったので、目の前にまさみさんの胸が来る。本当に、綺麗な胸をしていると思う。とても2人の子持ちとは思えない。
いつも、まさみさんの裸を想像してオナニーしていたのに、今は目の前に本物がある。夢なのではないかと思ってしまう。

そして、ショーツに手をかけてゆっくりと降ろしていく。すぐにまさみさんのヘアが見えてきて、ビラビラのようなものも見えてくる。思ったよりもグロい感じはなく、神秘的な感じもする。
『どう? がっかりしちゃった?』
まさみさんは、少し心配そうな顔で言う。でも、僕は緊張しながら、
「もっと、脚広げて下さい」
と、言った。
『ふふ。良いわよ。みっちゃんも男なんだねぇ』
まさみさんはそんな事を言いながら、脚を広げてくれる。すると、ビラビラのところがもっとよく見えて、ピンク色の秘肉も見えた。僕は生唾を飲んでそれを見つめた。

僕は、初めて見る生の女性器にドキドキしていたが、すごく濡れていることに気がついて、
「これって、濡れてるんですよね?」
と、聞いてしまった。
『そ、そうかな? みっちゃんの見て、興奮しちゃったのかしら?』
まさみさんは、顔を一気に赤くしている。
「触っても良いですか?」
僕は、拒否されるかな? と、思いながらも質問した。
『良いわよ。好きにして良いわ』
まさみさんは、少し緊張気味に言う。まさみさんだって、甥とこんなことをするのはドキドキするんだろうなと思う。

僕は、思い切ってまさみさんのアソコに指を這わせていく。クチョっという、軽い水音を立てるまさみさんのアソコ。濡れているという感想と、熱いという感想を持った。
『ンッ、んふぅ、どう? どんな感じ?』
まさみさんは、少し恥ずかしそうに聞いてくる。僕は、すごく熱いですと答えた。
『そこのプクッとしてるところ、触ってみて。そこがクリトリスよ』
まさみさんに言われるままに、クリトリスを触り始めた。皮に包まれたクリトリスは、それでも固くなっているのがわかる。僕は、女性もこんなに固くなるんだなと思いながら、指の腹でこするように触ってみる。
『ンッ、そうよ、上手……ンッ、ンッ、あっん、気持ち良いわ』
まさみさんは、胸の時よりも甘くて可愛い声をあげている。女性の感じている声は、想像をはるかに超える程のエロさがある。僕は、いきり立つような感覚になっていた。

『上手、うぅぅ、んっ、ンッくぅ、気持ち良いわ。ねぇ、どうしたい?』
まさみさんは、うわずった声で聞いてくる。僕は、とっさに舐めてみたいと言ってしまった。
『あら、エッチねぇ。でも、こんなおばちゃんの舐めて、気持ち悪くならないかしら?』
おどけたように言うまさみさん。でも、声がうわずりすぎなほどうわずっている。僕は、まさみさんの足元にあぐらをかくように座り、顔をアソコに近づけていった。生臭い臭いもせず、ボディソープか何かのとても良い匂いがする。

僕は、舌を出してまさみさんのアソコを舐め始めた。やっぱりすごく濡れていて、なおかつ熱い感じがする。味は、思っていた感じとはまったく違い、ほとんどしなかった。微妙にしょっぱいと言えるかもしれないが、汗と同じ程度という気もする。
『あっ、ンッ、あっっ、あっ、そうよ、上手よ……。んっ、ふぅあっっんっ』
まさみさんは、僕の頭を撫でるようにしながら言う。僕は、まさみさんが感じているということが嬉しくて、さらに夢中で舐め続けた。
すると、まさみさんが可愛らしい声をあげながら、スッと片足をあげる。そして、そのまま僕のペニスを足の指でつついてくる。そんな軽い刺激なのに、僕はうめいてしまった。
『もうカチカチね。本当に大きいわ』
そう言って、まさみさんはベッドに腰掛ける。そのまま僕の頭を掴み、アソコに押し当てていく。僕は、さっきよりも舐めやすくなったなと思いながら、バター犬のように舌を使い続けた。すると、まさみさんの両脚が伸びてきて、僕のペニスを挟んでくる。足の裏の部分で亀頭やカリ首をこすられ、ゾクゾクッと背中を快感が駆け抜けた。

手や口とは違い、足の裏はちょっと硬い感じがする。でも、自分の手でしごくよりもはるかにソフトな感じで、とても気持ち良い。アソコを舐め続ける僕と、両脚でペニスをしごき続けるまさみさん。なんか、とんでもなく卑猥なことをしている感じがする。

僕は、ふと思いついて指でクリトリスの皮を剥いてみた。すると、プリッとした肉の芽が姿を現し、僕は興奮でむしゃぶりついた。
『あぁっ、ダメぇ、ひぃあぁ、それすごい、うぅっ! 気持ち良い、みっちゃん、上手よ、あぁっ、あっ! もっとしてっ! もっと強くっ! 舌で舐め取るみたいにしてっ!』
一気に余裕がなくなったみたいな声をあげ始めるまさみさん。僕のペニスをしごく脚の動きも緩慢になってきた。
僕は、自分の愛撫でまさみさんがこんなにも感じてくれているのが、本当に嬉しくて誇らしい気持ちだった。

『あぁっ、ヤバいかも……うぅっ! あっ、あ〜っ! イ、イッちゃうっ! みっちゃん、イクッ! うぅっ!』
まさみさんは、腰を持ち上げるような感じにしてガクガクッと身体を震わせた。
「だ、大丈夫ですか!?」
僕は、まさみさんが痙攣っぽい動きをしたので、ビックリして質問した。
『大丈夫……じゃないかな? ねぇ、指入れてみて』
まさみさんは、トロンとした顔で言う。もう、いつものまさみさんはいなくなった感じだ。卑猥な牝の顔で、僕に指示をしてくるまさみさん……。僕は、緊張しながらも人差し指を膣中に埋め込んでいく。すぐに熱い肉に包み込まれ、いままで経験したことのない感触を体験した。女性の体内に指が入っている……。そう思うと、すごく変な気持ちになる。

『うぅ、気持ち良いわ。どう? どんな感じ?』
まさみさんは、うわずった声で聞く。もう、気持ち良くてしたないという感じがする。実際、本当に気持ち良いのだと思う。僕は、指を抜き差しし始めた。やったことのないことなので、恐る恐るだが、僕は夢中で指を動かす。まさみさんの膣肉は、キュッと締まったり、うねるように動いたりする。

僕は、すごく締まってうねっていますと答えた。
『ふふ。なにか入れるの久しぶりだから、過剰に反応してるみたい』
まさみさんはそんな事を言う。僕は、パパさんとエッチしてないんですか? と、聞いた。
『そうねぇ。もう3年はしてないわ』
まさみさんは、何食わぬ顔で言う。
「えっ!? そうなんですか? でも、どうしてなんですか?」
僕は、まさみさんの中に指を入れたままそんな質問をした。
『子供が大きくなってくるとね。なかなか難しいのよ』
まさみさんは、残念そうに言う。
「でも、その……したくなったりしないんですか?」
僕は、女性の性欲とかはよくわからないので、そんな質問をした。
『なるわよ。でも、しかたないわ。でも、今日はみっちゃんが相手してくれるんでしょ? 欲求不満解消しなきゃね』
まさみさんは、ウィンクしてきた。そして、
『指じゃ無いのも入れてくれるかな?』
と、まさみさんは耳まで赤くしながら言う。僕は、そこまで出来るなんて思っていなかったので、一気に緊張してガチガチになってしまった。
『アレ? イヤなのかな? やっぱり、それは彼女に取っておくの?』
まさみさんは、急に真面目な顔で言う。僕は、すぐにイヤじゃないですと答えた。

『ふふ。良かった。生殺しされちゃうのかなって思ったわ。じゃあ、コンドーム……なんて持ってないよね?』
まさみさんはそんな事を言う。僕は、もちろんそんなものは持っていない。
「じゃあ、買ってきます!」
僕は、焦ってそう言った。
『う〜ん。平気だよ。今日は大丈夫な日だから』
まさみさんは、少し考えた後そう言った。大丈夫な日って言うのがどう大丈夫なのかわからないが、僕はその言葉に背中を押されてまさみさんに覆いかぶさっていった。

『あん。犯されちゃう』
嬉しそうに言うまさみさん。彼女は、いまなにを考えているのかな? と、疑問に思ってしまった。それこそ、僕を赤ちゃんの頃から知っていると思う。そんな相手とセックスをするのは、どんな気持ちなのだろう? そして、パパさんのことはどう思っているのだろう? いくら甥と叔母の関係でも、いまからしようとしているのは不倫とか浮気というものだと思う。

僕は、そんな不安や考えが頭をよぎったが、目の前でベッドに横たわるまさみさんを見て、理性なんか効くはずもなかった。大きな胸は、興奮したように桜色に染まっている。そして、すでに広げられた脚、濡れそぼったアソコ、全てが雄を誘っているようだ。

僕は、ペニスを握って狙いを定めると、そのまま押し込んでいった。
『ンッ、もっと上よ。焦らないの』
まさみさんはそう言って、僕のペニスを握った。そして、少し上に軌道を修正する。その瞬間、ヌルンという感じでペニスが熱い肉に包み込まれてしまった。
熱い塊をかき分ける感じでペニスが入っていくと、うねったヒダのようなものが絡みついてくるのがわかる。それは、いままで経験したことのない、強烈な快感だった。

さっきのフェラチオもそうだけど、本当のセックスも、想像をはるかに超えてくる快感だ。話で聞く初体験は、意外に気持ち良くないとか、期待外れだったというパターンも多いみたいだけど、まさみさんとの初体験は、コスモ(小宇宙)を感じるくらいの圧倒的な快感だった。

『どう? 童貞卒業した気分は。期待外れだった?』
まさみさんは、うわずった声で聞いてきた。僕は、メチャクチャ気持ち良いと答えた。
『良かった。子供産んじゃうと緩くなるのよね。ほら、見える? みっちゃんの太いのが、こんな奥まで入ってるよ』
まさみさんは、自分のアソコを拡げるような感じにしながら言う。僕は、身体を起こしたような状態で繋がっているので、結合部が丸見えだ。確かに、穴に対して棒の方が大きいというか、サイズが合っていない感じはする。

僕が見えると答えると、
『じゃあ、そのまま動かしてみて』
と、まさみさんが興奮した声で言う。僕は、言われるままに腰を動かしてペニスを抜き差ししてみた。
『うぅッ、あ、あぁ、すごいわ……。内臓引きずり出されちゃいそうよ』
まさみさんは、一気に顔をとろけさせた。僕は、今まで見たことのないまさみさんの卑猥な顔に、ドキドキして呼吸がどんどん荒くなっていく。僕は、ペニスが出入りしていくのを見ながら、腰を動かし続けた。

『全然違うわ。ああぁ、ヤバいかも……。ねぇ、もっと早く動かせる?』
まさみさんは、笑っているような感じの表情になっている。すごく気持ち良くて、そうなってしまっているみたいだ。

僕は、言われるままに腰の動きを早くしていく。
『うぅっ、あっ、すごいね、こんなの経験したことないわよ。うっ、そ、そう、そこ、うぅっ! 奥にグッとして』
まさみさんは、興奮のせいか抽象的な指示をしてくる。僕は、奥に当たる感触にビビってあまり奥まで挿入していなかった。痛いかな? と思っていた。

まさみさんに言われて、僕は奥まで押し込むようにしてみた。
『ひぃぅ、こ、こんな、みっちゃん、すごいよ、気持ち良いわ。んっうぅっ』
まさみさんは、奥まで入れると明らかにリアクションが変わった。僕も、締めつけられる感触に、亀頭が奥に当たる快感も加わり、一気に余裕がなくなってきた。

『ダメ……もう、余裕ないわ、あっ、あっ、気持ち良いっ、みっちゃん、もっとっ! もっと奥に強くっ!』
まさみさんは、普段のサバサバした顔は完全に消えて、牝そのものになっている。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


ヒーローの妹が悪の組織で機械でいぢられめちゃイキアルバイトをするお話


世界の平和を守るヒーローの妹である
門崎真由里(かんざきまゆり)は

なんと不良娘だった

ある日エンコーではなくまっとうに稼げと兄に言われ口論になる

家を飛び出すと都合よく電柱にアルバイトの広告が…

そのアルバイト広告の待遇の良さに早速連絡をし、職場に向かうと…


そこは、兄と敵対する悪の組織の研究所だった!!

頭の弱い真由里はろくに契約書の内容も読まず契約書に署名した
それが、イキ地獄のはじまりとは…



【続きを読む】
関連記事
プロフィール

管理人:寝取られ好き
アブノーマルな体験談や、変態体験談を紹介します。このブログオリジナルの物です。

寝取られ電子書籍
強気な姉さん女房が寝取られ
カテゴリ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
831位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
26位
アクセスランキングを見る>>